トップ ナイフ ネタバレ。 トップナイフ|最終回 ネタバレ*感想【深山と真実の別れ】|Lyfe8

ドラマ『トップナイフ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

トップ ナイフ ネタバレ

もくじ• 神の技術と人間の苦悩、医師のすべてを描くリアル・ドクターストーリー。 林宏司さんの脚本といえば、フジテレビ系の「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」や「医龍」など、大人気で話題になった医療ドラマや「BOSS」がありますから、楽しみです! 林宏司さんは、10年ほど前から脳外科医のドクターと一緒にトップナイフの構想を練っていました。 その時すでに主人公は、天海祐希さんのイメージで書いていたそうです! トップナイフの小説は、12月下旬に発売されます。 ちなみにですが、演出は衝撃的で話題になった天海祐希さんのドラマ「女王の教室」の大塚恭司さんです。 スポンサーリンク ドラマ「トップナイフ~天才脳外科医の条件~」のキャストと予想 天海祐希、初の脳外科医役でドラマ主演 「BOSS」「女王の教室」スタッフと再タッグ<トップナイフ> — モデルプレス modelpress 深山瑤子(50)天海祐希 東都病院の脳神経外科の脳動脈瘤のスペシャリストです。 外科部長の部長の今出川から脳外をまとめるように言われる、管理職的役割。 自分の実力一つで患者の人生が変わるのが脳外科医だと実感して、患者の命を第一に考えて手術しています。 しかし、トップナイフになりたいから、私生活では家族を捨てたという過去を持っていて、罪悪感を抱えています。 「世界のクロイワ」の異名をとり、マスコミにもたびたび取り上げられるスター脳外科医。 自分第一主義で、仕事で散々人の命を救っているのだから、それ以外はすべて自分を優先してもいいと考えています。 キャストがドラマ「BOSS」の竹野内豊さんのイメージしかない! 小机幸子(26)キャストは広瀬アリス 東都病院の脳神経外科、専門研修医です。 幼い頃から神童ともてはやされて、何事も一番が当たり前でトップ中のトップになる人生を歩んできました。 今出川孝雄(61)三浦友和 東都病院の脳神経外科部長で、深山に脳神経外科をまとめるように指示します。 医者としては平凡ですが、人の適材適所を見分ける能力に長けています。 周りに気を使って場を和ませようとしゃべると、着眼力で鋭いので、その人が一番言われたくないことまで言ってしまいます。 実は、天才医師たちをこの脳外科に集めた秘密を知っている重要人物! スポンサーリンク 医師の他にも注目キャスト 来島達也(30)古川雄大 医師たちの行きつけのBAR「カサブランカ」のオーナーです。 東都病院の近くにあるので、多くの医師たちの憩いの場となっているバーです。 とにかく軽くて、女性を口説くことしか頭にない! そんな来島の醸し出す陽気な雰囲気で、医師という仮面を外した深山たちは歌ったり踊ったりと意外な一面を見せます。 病院でキャリアを重ねて、管理職的な立場になって、外科部長から 脳神経外科をまとめて欲しいと頼まれます。 ドクターXの大門未知子(米倉涼子)のように「いたしません」とは言えない立場! 天海祐希さんのBOSSキャラなら、上手くまとめられそうですが・・・! しかし、脳神経外科の医師たちは、天才ともてはやされて生きてきたくせ者揃いです。 自分第一主義の黒岩健吾(椎名桔平)やド新人だけど神童と言われてきた小机幸子(広瀬アリス)、孤高の医師・西郡琢磨(永山絢斗)がいて、強烈な個性に翻弄されます。 深山瑤子(みやまようこ・天海祐希)は、病院では天才脳外科医ですが、私生活では家族を捨てたという罪悪感を抱えています。 広瀬アリスさんは、ドラマが始まる1月には25才になっています。 幼い頃から神童ともてはやされて、何事も一番が当たり前でトップ中のトップになる人生を歩んできました。 そして偏差値が最も高く、最も難しい医療だからという理由で脳外科医になっています。 しかし、医局に入ると、実技がダメな新人と噂されますが、本人にその自覚はない。 プライドが高いのか?鈍感力があるのか?本当に天然なのか? 私生活では、26歳にして恋愛経験がゼロで、初恋を経験してこじらせていく! トップにこだわってきた小机幸子が、誰に初恋をするのか、楽しみです! 自分より上の天才医師なのか?意外とダメ男に恋するかもしれません! ドラマ「ラジエーションハウス」では、新人検査技師でしたが、トップナイフでは天才研修医が楽しみです!.

次の

トップナイフ9話あらすじネタバレ感想動画・保の父親は黒岩ではなかった|みやびカフェ

トップ ナイフ ネタバレ

最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。 そして、脳外の医師が一人辞めるという噂を今出川 三浦友和 に問い質すも、サラッと逃げられてしまう。 朝の会議で小机は、自分が執刀した手術をアピルールするも、犬飼 福士誠治 に「研修医でもできる手術」と言われてしまう。 先日搬送された滝野 原沙知絵 という患者について、経過入院中だが、見舞客が絶えないようで、入院中でもできる仕事にも余念がなかった。 そんな時、深山の娘の真実 桜田ひより が母の様子を見に病院をこっそりと訪れる。 犬飼と小沢 森田望智 と小机に見つかりその事を話をするも、自分が教えてあげる!と張り切る小机。 小机の様子に不安を覚える真実だった。 一方では深山が西郡 永山絢斗 に小机のことを任せていた。 「なんで俺が」と鬱陶しそうに呟く西郡だが、部屋の外で真実を連れた不審すぎる小机に遭遇。 小机は、自分が深山の右腕だと真実に告げるも、声で深山に気付かれ、患者の様子を見るように釘を刺されるのだった。 滝野の部屋を訪れた深山は、人の顔が分からないと不安げに告げる滝野の言葉を聞く。 滝野のスマホに映る写真を見せるも、やはりどれも顔の部分が霞んで見え、判別が出来ないと沈むのだった。 相貌失認と判断された瀧野。 相貌失認とは、顔を見た時に人間は紡錘状回に記憶を蓄えるが、その引き出しが極端に少ない状態との事。 この症状は治るのかと不安げに深山に尋ねる滝野。 先天性ではないので治る可能性はあると告げる深山。 人の顔を変えるのが仕事なのに、顔がわからないなんて…バチがあたったかな、と落ち込む滝野。 みんなそうだと告げる深山は、そのおかげで見舞客が来ていると告げられる。 真実を連れて簡単な医師の仕事を教えながら院内を歩く小沢。 深山が自宅でまったく仕事の話をしないという真実だが、深山は弱い部分を見せないからじゃないか、と告げる。 脳の手術を終えた前川 金田明夫 とその妻 原日出子 の元を訪れた西郡は、スケッチが出来たと告げる前川の絵を見て驚く。 右半分しか描かれてなかったのだ。 滝野が相貌失認であると知った深山は、誰かが付き添うよう提案する。 一方、前川の様子をすぐ見るように小机に告げる深山。 その時、前川の様子を心配した妻が尋ねるも、西郡は「半側空間無視」が出ていることを告げる。 心配する妻を小机に任せるも、明後日の方向の意見を告げる小机に、小沢が術後の後遺症で珍しくはなく、程なく戻ることもあるとフォローする。 「ありがとう、先生」と小沢に告げる妻に動揺する小机だった。 真実の様子を見る犬飼は、家庭の事情をさりげなく尋ねてみる。 別れた夫の両親は仕事を優先する深山を嫌っている様子だったと告げる真実。 その様子を今出川に見つかるも、知らないふりを続ける小机だが、真実が深山の様子を見に来ていることを明かすのだった。 滝野の病室を訪れた深山は、滝野の元を訪れる西川 夙川アトム と池谷 木村了 がずっと病院内にいることを明かす。 そして滝野は子宮内膜症などを患っており、おそらく子供は望めない。 その事もあり色々と悩んでいたのだった。 黒岩 椎名桔平 は保の小学校を訪れていた。 保の母が帰ってこず、児童相談所に相談していると明かす黒岩。 担任は今まで全く母が来なかったことを明かし、ネグレクトの兆候があった事を聞く黒岩。 窓の外に見える保を見て思い悩む黒岩だった。 真実と話す今出川は、病院の食堂で美味しいと言われるモンブランを真実と食べていた。 真実の新しい母は自然のものを食べなさいと手作りのものを毎回出すのだと言う。 いいひとアピールがすぎる継母を見て、真実は深山が気になった様子だった。 ようやく落ち着いた真実は病院を後にした。 外に出たいという滝野を心配する深山だが、体を動かしたいという滝野の言葉に許可をする。 外でふらつく滝野は、転落した夜の事を思い出し「誰かに突き落とされた」と告げながらも恐怖に震えていた。 安静させるために滝野を眠らせ病室を後にする深山と西郡。 突き落とした相手は逆光で見えず、ネックレスが見えたことを告げていた深山。 それを聞いていた池谷はネックレスを外し、目を覚ました滝野と行方をくらませた。 西川だ、と認識した滝野の言葉に頷いて。 ところがバアルを持って襲いかかる池谷に、西川が助けにやってきた。 なんとか駆けつけた警備員と深山に助けられた滝野。 負傷した西川も病院で世話をすることになった。 池谷は振り向いてもらえなかった腹いせに、滝野を襲ったようだ。 手術を終えた西川は「病室が空いてなかったから」という理由で、滝野の部屋に運ばれてきた。 そこで、これからもよろしくと手を繋ぐ西川と滝野だった。 早く帰るよう告げる今出川に従う深山だが、同居の娘さんはどうするのかと訪ねる今出川に「いずれ返すつもりですが?」と言われる。 答えは急がなくてもいいんじゃないかと告げる今出川の言葉を聞きつつ部屋を後にする深山。 小机が手術した患者が、編み物が出来るようになったと嬉しそうに告げて「ありがとう、先生」と告げた。 その言葉に思わず涙をこぼす小机だった。 深山の自宅では真実がご飯を準備して待っていた。 病院でリサーチしたものを一通り揃えていたのだった。 そしてその時、カサブランカには謎の女が現れていた。 後日、前川の様子を見に行く小机は、奥さんに愛されてますね、と告げるも、愛してるのはこいつだ、と前川は自分の左腕を手にした。 無駄な人材が増えすぎたと告げた今出川は、集合写真をじっと眺めるのだった。 転落した後遺症で、他人の顔が判別できなくなった滝野。 それは、自分を突き落とした人物も、恋人も、分からなくさせるほどでした。 しかも、あえてなのかたまたまなのか、滝野を突き落とした犯人だった池谷と、滝野の恋人の西川はかなり似た服を着ていました。 顔の判別が出来ないから、あえて同じような服を着ていた可能性もありますが、声さえ聞かなければ分からない状態の滝野には、かなり恐ろしい状況でしたね。 危ないところで助かってよかったです。

次の

【トップナイフ】の視聴率と最終回ネタバレ!天才脳外科医たちの人に言えない秘密とは?

トップ ナイフ ネタバレ

【よる10時】「 -天才脳外科医の条件- 04」身元不明で搬送された患者・喜和子 の事を何やら知っている様子の西郡。 深山 は、2年前西郡の手術が原因で喜和子が記憶をなくした事を知る。 名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡(永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。 患者の娘・千春(三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。 誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。 手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。 さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。 そんな中、60代の男性・山口清(本田博太郎)が幼馴染の内田正(綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。 記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。 彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。 今出川(三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。 西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。 一方、来島きじま(古川雄大)への思いを持て余す幸子(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が! 記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく・・・。 「トップナイフ 天才脳外科医の条件」第4話のネタバレ ここからはネタバレ含む内容をご紹介します。 二人の健忘症患者 救急搬送された老女は逆行性健忘で、自分の名前も分からず、身元がわからないでいました。 しかしこの老女が運ばれてきて以降、西郡(永山絢斗)がどこかそわそわした様子です。 一方で、山口清(本田博太郎)に付き添われ内田正(綾田俊樹)が脳外にやってきます。 今出川(三浦友和)は、院内でたまたま歩いている二人に遭遇し、内田が落とした受付票を拾ってあげました。 すると内田は今出川に向かって、「ありがとう、おじさん」と言ったのです。 今出川は同世代のはずの内田に年齢を聞くと33歳だと言いました。 二人はそのまま立ち去り、今出川は 「コルサコフ症候群」と呟くのでした。 西郡の母親 西郡は廊下で深山(天海祐希)に声をかけ、老女についての話をします。 するとそこへ一人の女性が駆け寄ってきて「お母さんは?」と西郡に聞き、その流れで 西郡は深山にあの女性が自分の母親だということを告げました。 先ほど駆け寄ってきたのは西郡の妹・千春(三浦透子)で、千春は母・山田貴和子(中尾エミ)は、女性心臓外科医の第一人者として活躍していたことを深山に話します。 続けて、以前貴和子に脳腫瘍が見つかり、前に西郡が勤務していた病院にかかりましたが、摘出がとても難しい場所にあるため、誰も手術をやりたがらなかったところを西郡自ら執刀しましたが、腫瘍の全摘出はできず、術後目が覚めた時には誰のことも分からない状態になってしまったことを話しました。 千春は西郡が母親から兄弟の中でも特別厳しくされていたことを恨んで殺すつもりだったんだと疑っていたのです。 深山は過去に西郡がやった手術の判断は正しかったと庇いますが、黒岩(椎名桔平)は貴和子の逆行性健忘は摘出しきれなかった腫瘍が原因だと考え、「俺なら全部取る」と西郡を責めました。 そんな内田は逆行性健忘と診断され、入院することになりました。 付き添いに来ていた山口は、内田に親戚のおじさんだと話しますが、本当は幼馴染で、複雑そうな表情で内田を見つめています。 山口は内田と二人きりになると、内田に昔のことを聞きます。 内田は高卒で証券会社に就職し、大卒の人たちに負けないように必死で働きましたが、バブルがはじけると同時にリストラされ、やっとの思いで取引先だった投資会社に拾われ働いたことを話しました。 しかしそれ以降のことは思い出せず、気がつけば記憶はまた30年前に戻ってしまいます。 内田は深山に本当は全部覚えているのに分からないふりをしているんじゃないかと相談しますが、深山はそんなことはないと思うと答えました。 山口と内田の間には何が? 内田は山口を外に連れ出し、「はっきりさせよう」と昔の話を始めます。 山口は内田が投資会社に入ってからやっていた企業買収で、自分の父親の旅館を潰され、そのせいで父親が自殺をしたことを恨んでいたのです。 しかし逆行性健忘の内田にはそのことが全く分かりません。 ついに山口は腰に差していた出刃包丁に手をかけます。 そこへ深山が駆けつけ止めに入り、大事には至りませんでした。 病院に戻り深山は山口に事情を聞き、復讐しようと思ったと話す山口に深山は、山口が傍にいるときの内田は落ち着いていて、山口のことを慕っているのが伝わってくると話しました。 そして山口は内田のいる病室に戻りリンゴを剥いてあげると、 内田は昔幼馴染とよくリンゴを食べた話をして、「あいつ元気かな?」と懐かしみ、山口は涙をこらえながらリンゴを頬張りました。 おじさんふたりに泣かされる — AKI 9tSffh5yW6YgmCf 貴和子の手術 一方で、千春は貴和子の手術を断っていましたが、西郡は悩んだ末、黒岩に頭を下げ手術を頼みました。 その姿を見て黒岩は手術を引き受け、脳腫瘍摘出手術が始まります。 出血が多いため、1分間心臓を止めてその間に全て摘出するという黒岩。 見事1分間で全てを取り終え手術は無事終了しました。 その頃自宅に帰った深山は、帰りが遅い真美(桜田ひより)に対して怒りますが、真美は自分を捨てたくせにと話を聞きません。 そんな真美に対して深山は、捨てたわけではなく、自分のやるべき仕事のために自ら出て行っただけで、娘として今も愛していることを伝えます。 それを聞いた真美は深山の気持ちを理解し、門限を約束するのでした。

次の