クラウドライブラリに接続中 終わらない。 iCloudミュージックライブラリの更新が途中で止まる・進まない場合の改善方法6つ

iPhoneをiCloudにバックアップできない原因と対策

クラウドライブラリに接続中 終わらない

学習中のエラーについて コース内のExcelやWordの資料ファイルが開けません。 お使いのPCの設定によりコース内のExcel、Wordの資料ファイルが開けない場合がございます。 その場合は、以下の対応策をお試しください。 なお、お会社によっては、セキュリティルールのため設定変更できない 場合もございますので 事前に貴社担当者様にご確認をお願いします。 <対応策> 1. 【マイコンピュータ】または【エクスプローラ】を起動します。 【ファイルの種類】タブをクリックします。 【登録されているファイルの種類」より拡張子【XLS】または【DOC】を選択します。 (エクセルの場合は【XLS】を、ワードの場合は【DOC】を選択してください。 ) 5. 【詳細設定】ボタンをクリックします。 【ファイルの種類の編集】が表示されますので 【ダウンロード後に開く確認をする】と【同じウィンドウで開く】のチェックを外します。 【OK】をクリックします。 なお、上記の対応策でも開かない場合は、お手数ですが eラーニングライブラリ ヘルプデスク()までお問い合わせください。 資料集をダウンロードできるページをご紹介いたします。 資料集のPDFが開けません。 お使いのPCの設定によりコース内のPDF資料集が開けない場合がございます。 各項目の資料集をひとつのPDFファイルにまとめたライブラリエッセンス(学習資料集) をご利用ください。 <ライブラリエッセンス利用方法> 1. ライブラリにログイン後、「コース案内」メニューをクリックしてください。 [研修検索]画面から、該当コースをクリックしてください。 [研修情報(WBT)]画面の「エッセンス(学習資料集)のダウンロードはこちら」 をクリックし、ファイルをダウンロードしてください。 また、コース内の資料集(PDF)を開くには以下の対応策をお試しください。 なお、お会社によっては、セキュリティルールのため設定変更できない 場合もございますので 事前に貴社担当者様にご確認をお願いします。 <対応策1> 1. 【インターネット オプション】が開きますので【詳細設定】をクリックします。 【設定】の画面をスクロールして【セキュリティ】の設定の 【暗号化されたページをディスクに保存しない】を表示します。 【暗号化されたページをディスクに保存しない】の設定を変更してください。 (チェックがついている場合は、チェックをはずします。 ) 5. 【OK】をクリックして【インターネット オプション】の画面を閉じます。 <対応策2> 1. 環境設定画面の【インターネット】をクリックしてください。 【Webブラウザオプション】の【PDFをブラウザに表示 D 】の設定を変更してください。 (チェックがついている場合は、チェックをはずします。 ) 4. 【OK】をクリックします。 なお、上記の対応策でも開かない場合は、お手数ですが eラーニングライブラリ ヘルプデスク()までお問い合わせください。 資料集のPDFファイルが正しく表示されません。 お使いのブラウザの設定により文字が抜けるなど、正しく表示されない場合がございます。 以下の手順で資料集を保存して、正しく表示されるかご確認ください。 <資料集を保存する> 1. 対象の資料集をブラウザで開きます。 画面に表示された「コピーを保存」ボタン(赤丸部分)をクリックします。 「名前をつけて保存」ダイアログボックスが表示されますので、 保存場所は任意の場所を指定し保存します。 保存したファイルが開き、正しく表示されるかご確認ください。 「eラーニングライブラリ ヘルプデスク」に問い合わせたが、回答がありません。 携帯やスマートフォンなど、モバイル端末からお問い合わせの場合、 ご利用端末の設定によって、ヘルプデスクからの回答を受け取れない場合がございます。 ヘルプデスクからの回答がない場合は、ご利用端末の設定をご確認いただくか、 パソコンから、再度お問い合わせください。 受講画面が表示されません。 Flash Playerがインストールされていない、有効化されていない、正常に動作していない場合、 以下のような画面になり受講できない場合があります。 最新のFlash Player にアップグレードしてお試しください。 最新のFlash Playerはこちらからダウンロードできます。 1 ActiveXフィルターを無効にする場合は、 2 「信頼済みサイトへの追加」をする場合は、 解消しない場合は、以下の方法をお試しください。 <対応策1> 現在インストールしているFlash Playerを一度アンインストールし、 その後、最新のFlash Playerを再度インストールしてお試しください。 【手順】 (1)下記URLの中にある「FlashPlayer」のアンインストーラをダウンロードする。 (2)アンインストーラを実行し、FlashPlayerを削除する。 (3)削除完了後に、下記URLをクリックし最新のFlash Playerをインストールしてください。 <対応策2> Google Chromeでの受講をお試しください。 セキュリティルールのためアップグレードできない場合もございますので、 事前に貴社担当者様にご確認をお願いします。 一部の教材で音声が流れません。 Flash Playerがインストールされていない、有効化されていない、正常に動作していない場合、 以下のような画面の状態で音声が流れない場合があります。 最新のFlash Player にアップグレードしてお試しください。 最新のFlash Playerはこちらからダウンロードできます。 【Flash Playerの有効化手順】 解消しない場合は、以下の方法をお試しください。 <対応策1> 現在インストールしているFlash Playerを一度アンインストールし、 その後、最新のFlash Playerを再度インストールしてお試しください。 【手順】 (1)下記URLの中にある「FlashPlayer」のアンインストーラをダウンロードする。 (2)アンインストーラを実行し、FlashPlayerを削除する。 (3)削除完了後に、下記URLをクリックし最新のFlash Playerをインストールしてください。 <対応策2> Google Chromeでの受講をお試しください。 セキュリティルールのためアップグレードできない場合もございますので、 事前に貴社担当者様にご確認をお願いします。 Adobe Flash Playerを再インストールしてもエラーメッセージが消えません。 Internet Explorerをご利用で、Adobe Flash Playerを再インストールしてもエラーメッセージが消えない方は、以下の手順をお試しください。 ログイン画面のアドレスバーに表示されている青い進入禁止マークをクリックします。 「このサイトの一部のコンテンツがフィルターされています」メッセージが 表示されます。 「ActiveXフィルターを無効にする」ボタンをクリックします。 Internet Explorer以外のブラウザをご利用の方は、Flash Playerの有効化手順をお試しください。 Flash Playerの有効化の手順は メンテナンス作業実施予定日を過ぎても、メンテナンス画面が表示されています。 ブラウザのキャッシュが残っている場合がございます。 キャッシュのクリアをお試しください。 【PCの場合】 ・Internet Explorerのキャッシュクリアの手順は ・Chromeのキャッシュクリアの手順は ・Edgeのキャッシュクリアの手順は ・Safariのキャッシュクリアの手順は 【iPhone、iPadのブラウザ(safari)の場合】 1.「設定」をタップし、設定メニューを開きます。 2.「Safari」をタップします。 3.「履歴と Web サイトデータを消去」をタップします。 4.「履歴とデータを消去」をタップします。 5.操作後、Safariを再起動します。 【AndroidのChromeの場合】 1. Chrome メニューを表示し、[設定] をタップします。 [詳細設定]-[プライバシー] をタップします。 [閲覧履歴データの消去] をタップします。 「閲覧履歴の消去」と「キャッシュの消去」にチェックを入れます。 右下の[消去]をタップします。 Flash Playerの有効化の手順を教えてください。 以下にFlash Playerの有効化の手順をご案内致します。 尚、Flash Playerの有効化をしても現象が改善されない場合は、キャッシュのクリアを試してください。 4 Safari Ver10. 0 ~キャッシュクリアの手順~ 1. メニューバーから「Safari」を選択し、「環境設定」をクリックします。 メニューバーに追加された「開発」をクリックします。 「キャッシュを空にする」をクリックします。 TOEIC R 模試コースを学習していますが、音声が流れません。 Chromeブラウザをご利用の場合、ブラウザ右上に以下の画面が表示され、音声が再生されません。 の他のブラウザか、スマホ・タブレット端末をご利用ください。 該当は、以下の5コースです。 「Flash Playerのインストール」、「Flash Playerの有効化手順」、「キャッシュのクリア」をすべて試しましたが、『最新バージョンの Adobe Flash Player が必要です』と表示されてしまいます。 下記の方法をお試しください。 <対応策1> 『Internet Explorerの信頼済みサイトへの追加』 JMAM eラーニング ライブラリのURLを信頼済みサイトに追加することで動画を視聴できるか、ご確認ください。 手順は以下の通りとなります。 1 Internet Explorerを起動後、「ツール」の「インターネットオプション」を選択します。 2 「セキュリティタブ」から「信頼済みサイト」を選択し、「サイト」をクリックします。 3 「このWebサイトをゾーンに追加する」に以下URLを入力し、「追加」を選択します。 4 URLが追加されていることを確認して、「閉じる」を選択します。 5 「レベルのカスタマイズ」を選択します。 6 「リセット」を選択すると、「このゾーンの設定を変更しますか?」と表示されるので、「はい」を選択します。 8 Internet Explorerを再起動し、問題が解消されるか、ご確認ください。 <対応策2> 『Google Chromeでの受講』 PCで受講する場合は、Google Chromeでの受講をお試しください。 ご利用の端末にChromeブラウザがインストールされていない場合は、以下からインストールできます。 Google ChromeブラウザはFlash Playerが内蔵されているため、ブラウザ内蔵のFlash Playerで動画が視聴できる可能性があります。 FlashPlayerが正常に動作していないと再生されません。 Internet Explorerを利用していて、キャッシュをクリアしてもエラーが解消されません。 下記の方法をお試しください。 1 Internet Explorerを開きます。 2 「ツール」から「インターネットオプション」をクリックします。 3 「全般」のタブから、「閲覧の履歴」の「設定」をクリックします。 4 「インターネット一時ファイル」のタブから、「Webサイトを表示するたびに確認する」を選択して、「OK」をクリックします。 5 「OK」をクリックして、インターネットオプションを閉じます。 パソコンで学習をしています。 アニメーションは再生されますが、音声が流れません。 Internet Explorerをご利用の場合、以下の設定をご確認ください。 【設定】 「ツール」から「インターネットオプション」をクリックします。

次の

macOS Catalinaを入れてみたら:路の上で:オルタナティブ・ブログ

クラウドライブラリに接続中 終わらない

エラーコード 50:インストールに失敗しました エラーコード 50 は、インストーラーが重要なバックアップを作成できなかったため、Creative Cloud アプリケーションのインストールに失敗したことを示します。 解決策 以下の解決策を順番に試します。 解決策を試しても問題が解決しない場合にのみ、次の解決策に進んでください。 ブラウザーを終了して、アプリケーションのインストールをやり直します。 コンピューターを再起動し、アプリケーションを再度インストールします。 、インストールをやり直します。 高度なトラブルシューティング手順: ACC. log ファイルで、ロックされているパスを確認します。 デバイスでファイルまたはフォルダーを閉じて、インストールをもう一度やり直します。 ACC. log ファイルを確認するには、次の操作を行います。 ACC. log を開きます。 ログファイルで LockedFilesWithProcesses エラーを確認します。 例えば、次のように表示されます。 エラーログの最後に、終了する必要があるファイルの名前が示されます。 次の例では、 chrome. exe ファイルを閉じる必要があります。 exe• 指定されたパスを使用してファイルに移動し、タスクマネージャーでファイルを終了します。 エラーコード P50:インストールに失敗しました エラーコード P50 は、インストーラーが重要なバックアップを作成できなかったため、Creative Cloud アプリケーションのインストールに失敗したことを示します。 解決策 以下の解決策を順番に試します。 解決策を試しても問題が解決しない場合にのみ、次の解決策に進んでください。 ブラウザーを終了して、アプリケーションのインストールをやり直します。 コンピューターを再起動し、アプリケーションを再度インストールします。 、インストールをやり直します。 高度なトラブルシューティング手順: ACC. log ファイルで、ロックされているパスを確認します。 デバイスでファイルまたはフォルダーを閉じて、インストールをもう一度やり直します。 ACC. log ファイルを確認するには、次の操作を行います。 ACC. log を開きます。 ログファイルで LockedFilesWithProcesses エラーを確認します。 例えば、次のように表示されます。 エラーログの最後に、終了する必要があるファイルの名前が示されます。 次の例では、 chrome. exe ファイルを閉じる必要があります。 exe• 指定されたパスを使用してファイルに移動し、タスクマネージャーでファイルを終了します。 エラーコード 87:別のインストーラーが実行中です エラーコード 87 は、バックグラウンドで実行中のプロセスと競合したため、セットアッププロセスが中断していることを示します。 このエラーは権限不足が原因で発生することもあります。 解決策 インストールが完了するのを待ってから、アプリケーションを再インストールしてください。 次の手順に従って、現在のインストールを終了することもできます。 タスクマネージャーのオプションをクリックします。 原因となっている MSI インストーラーを選択して、「 タスクの終了」をクリックします。 他のインストールが終了したら、アプリケーションのインストールをやり直します。 エラーコード P87:別のインストーラーが実行中です エラーコード P87 は、バックグラウンドで実行中のプロセスと競合したため、セットアッププロセスが中断していることを示します。 このエラーは権限不足が原因で発生することもあります。 解決策 インストールが完了するのを待ってから、アプリケーションを再インストールしてください。 また、現在のインストールを終了することもできます。 タスクマネージャーのオプションをクリックします。 原因となっている MSI インストーラーを選択して、「 タスクの終了」をクリックします。 他のインストールが終了したら、アプリケーションのインストールをやり直します。 エラーコード 117:ダウンロードファイルが破損している可能性があります エラーコード 117 は、ダウンロードファイルが破損している可能性があることを示します。 アドビのアプリケーションをダウンロードしてアップデートするには、インターネット接続が必要です。 解決策 1. ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のインターネット接続を試す:Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 ハードウェアファイアウォールまたはプロキシを設定する:社内ネットワークの場合、外部からの不正アクセスを防止するために、ファイアウォールハードウェアやプロキシサーバーが導入されていることがあります。 ハードウェアソリューションは、社内ネットワークのすべてのコンピューターに適用されます。 通常、一般家庭でファイアウォールハードウェアやプロキシサーバーを使用することはありません。 自社の IT 部門に連絡して、ファイアウォールまたはプロキシの情報を確認します。 アプリケーションを再インストールする エラーコード C117:ダウンロードファイルが破損している可能性があります エラーコード C117 は、ダウンロードファイルが破損している可能性があることを示します。 アドビのアプリケーションをダウンロードしてアップデートするには、インターネット接続が必要です。 解決策 1. ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のインターネット接続を試す:Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 ハードウェアファイアウォールまたはプロキシを設定する:社内ネットワークの場合、外部からの不正アクセスを防止するために、ファイアウォールハードウェアやプロキシサーバーが導入されていることがあります。 ハードウェアソリューションは、社内ネットワークのすべてのコンピューターに適用されます。 通常、一般家庭でファイアウォールハードウェアやプロキシサーバーを使用することはありません。 自社の IT 部門に連絡して、ファイアウォールまたはプロキシの情報を確認します。 アプリケーションを再インストールする エラーコード 118:インターネットに接続していない エラーコード 118 は、サーバーとの接続に問題があるか、インターネット接続が利用できないことを示します。 解決策: 1. インターネットに接続しているかどうか確認する:アプリケーションのダウンロードと更新にはインターネット接続が必要です。 インターネットに接続していることを確認し、「 再試行」をクリックします。 ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のインターネット接続を試す:Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 アプリケーションを再インストールする エラーコード C118:インターネットに接続していない エラーコード 118 は、サーバーとの接続に問題があるか、インターネット接続が利用できないことを示します。 解決策: 1. インターネットに接続しているかどうか確認する:アプリケーションのダウンロードと更新にはインターネット接続が必要です。 インターネットに接続していることを確認し、「 再試行」をクリックします。 ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のネットワークを試す:別のインターネット接続が利用できる場合は、それを試してください。 Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 アプリケーションを再インストールする エラーコード 127:ファイルを展開できません エラーコード 127 は、インストーラーがデバイス上の一時的な場所に zip ファイルを展開できないことを示します。 この問題は、ディスク容量が不足しているか、必要な権限がない場合に発生する可能性があります。 一時ディレクトリでの抽出がウイルス対策ソフトウェアによってブロックされている可能性もあります。 解決策 次の操作を行い、アプリのインストールをやり直してください。 adobetemp フォルダーのアクセス権を確認します。 このフォルダーは次の場所にあります。 ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にしてから、もう一度ダウンロードを試してください。 エラーコード C127:ファイルを展開できません エラーコード C127 は、インストーラーがデバイス上の一時的な場所に zip ファイルを展開できないことを示します。 この問題は、ディスク容量が不足しているか、必要な権限がない場合に発生する可能性があります。 一時ディレクトリでの抽出がウイルス対策ソフトウェアによってブロックされている可能性もあります。 解決策 次の操作を行い、アプリのインストールをやり直してください。 adobetemp フォルダーのアクセス権を確認します。 このフォルダーは次の場所にあります。 システムでウイルス対策ソフトウェアを無効にします。 エラーコード 133:ディスク容量が不足しています エラーコード 133 は、お使いのデバイスに十分なディスク容量がなく、ハードディスクの空き容量がほとんどないことを示します。 解決策 1. エラーダイアログボックスで「 詳細」リンクをクリックします。 表示されたダイアログボックスで「 エラーログを表示」をクリックして、エラーの詳細を表示します。 エラーの詳細で、アプリケーションのインストールに必要な容量を確認します。 以下に例を示します。 macOS で空き容量を増やす方法については、「」を参照してください。 Windows で空き容量を増やす方法については、「」を参照してください。 アプリケーションを別の場所にインストールするか、ディスク容量を増やします。 アプリケーションを再インストールします。 問題が解決しない場合は、デバイスを再起動し、アプリケーションのインストールをやり直します。 エラーコード C133:ディスク容量が不足しています エラーコード C133 は、お使いのデバイスに十分なディスク容量がなく、ハードディスクの空き容量がほとんどないことを示します。 解決策 1. エラーダイアログボックスで「 詳細」リンクをクリックします。 表示されたダイアログボックスで「 エラーログを表示」をクリックして、エラーの詳細を表示します。 エラーの詳細で、アプリケーションのインストールに必要な容量を確認します。 以下に例を示します。 アプリケーションを別の場所にインストールするか、ディスク容量を増やします。 macOS で空き容量を増やす方法については、「」を参照してください。 Windows で空き容量を増やす方法については、「」を参照してください。 アプリケーションを再インストールします。 問題が解決しない場合は、デバイスを再起動し、アプリケーションのインストールをやり直します。 エラーコード 146:ファイルを移動できません エラーコード 146 は、インストーラーが最初のダウンロード先の一時フォルダーからファイルを移動できない場合に発生します。 解決策 1. エラーメッセージで「 詳細」リンクをクリックします。 ポップアップダイアログボックスで、「 エラーログを表示」をクリックします。 表示されたエラーログで、ファイルの正確なパスをか確認します。 エラーログとファイルパスは次のように表示されます。 アプリケーションを再インストールします。 問題が解決しない場合は、影響を受けるファイルまたはフォルダーの名前を変更し、アプリケーションのインストールをやり直します。 詳細については、「」を参照してください。 エラーコード C146:ファイルを移動できません エラーコード C146 は、インストーラーが最初のダウンロード先の一時フォルダーからファイルを移動できない場合に発生します。 解決策 1. エラーメッセージで「 詳細」リンクをクリックします。 ポップアップダイアログボックスで、「 エラーログを表示」をクリックします。 表示されたエラーログで、ファイルの正確なパスをか確認します。 エラーログとファイルパスは次のように表示されます。 アプリケーションを再インストールします。 問題が解決しない場合は、影響を受けるファイルまたはフォルダーの名前を変更し、アプリケーションのインストールをやり直します。 詳細については、「」を参照してください。 エラーコード 156:シンボリックリンクを作成できません エラーコード 156 は、インストーラーの設定で定義されたショートカットを作成できなかったことを示します。 解決策 1. エラーメッセージで「 詳細」リンクをクリックします。 ポップアップダイアログで、「 エラーログを表示」をクリックして、影響を受けるファイルのパスまたはレジストリ値を確認します。 指定したディレクトリとその親ディレクトリに対する権限を確認します。 同じ名前の古いショートカットが存在する場合は削除します。 「 再試行」をクリックして、アプリケーションのダウンロードとインストールをやり直してください。 Windows 10 でエラーが発生した場合は、。 エラーコード C156:シンボリックリンクを作成できません エラーコード C156 は、インストーラーの設定で定義されたショートカットを作成できなかったことを示します。 解決策 1. エラーメッセージで「 詳細」リンクをクリックします。 ポップアップダイアログで、「 エラーログを表示」をクリックして、影響を受けるファイルのパスまたはレジストリ値を確認します。 指定したディレクトリとその親ディレクトリに対する権限を確認します。 同じ名前の古いショートカットが存在する場合は削除します。 「 再試行」をクリックして、アプリケーションのダウンロードとインストールをやり直してください。 Windows 10 でエラーが発生した場合は、。 エラーコード 189:ディスク容量が不足しています エラーコード 189 は、お使いのデバイスに十分なディスク容量がなく、ハードディスクの空き容量がほとんどないことを示します。 解決策 1. エラーメッセージで「 詳細」をクリックします。 ポップアップダイアログボックスで、「 エラーログを表示」をクリックします。 エラーの詳細で、アプリケーションのインストールに必要なディスク容量を確認します。 以下に例を示します。 インストール先に必要な容量を増やし、アプリケーションのアップデートをやり直します。 macOS で空き容量を増やす方法については、「」を参照してください。 Windows で空き容量を増やす方法については、「」を参照してください。 エラーコード C189:ディスク容量が不足しています エラーコード C189 は、お使いのデバイスに十分なディスク容量がなく、ハードディスクの空き容量がほとんどないことを示します。 解決策 1. エラーメッセージで「 詳細」をクリックします。 ポップアップダイアログボックスで、「 エラーログを表示」をクリックします。 アプリケーションのインストールに必要なディスク容量を確認します。 以下に例を示します。 インストール先に必要な容量を増やし、アプリケーションのアップデートをやり直します。 macOS で空き容量を増やす方法については、「」を参照してください。 Windows で空き容量を増やす方法については、「」を参照してください。 エラーコード 201:Creative Cloud のアップデートに失敗しました エラーコード 201 は、デバイスがサーバーに接続できないためにインストールまたはアップデートに失敗したことを示します。 解決策 1. インターネットに接続していることを確認する:アプリケーションのダウンロードとアップデートを行うには、インターネットに接続する必要があります。 インターネットに接続していることを確認し、「 再試行」をクリックします。 ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のネットワークを試す:別のインターネット接続が利用できる場合は、それを試してください。 Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 ハードウェアファイアウォールまたはプロキシを設定する:社内ネットワークの場合、外部からの不正アクセスを防止するために、ファイアウォールハードウェアやプロキシサーバーが導入されていることがあります。 ハードウェアソリューションは、社内ネットワークのすべてのコンピューターに適用されます。 通常、一般家庭でファイアウォールハードウェアやプロキシサーバーを使用することはありません。 自社の IT 部門に連絡して、ファイアウォールまたはプロキシの情報を確認します。 エラーコード P201:Creative Cloud のアップデートに失敗しました エラーコード 201 は、デバイスがサーバーに接続できないためにインストールまたはアップデートに失敗したことを示します。 解決策 1. インターネットに接続しているかどうか確認する:アプリケーションのダウンロードと更新にはインターネット接続が必要です。 インターネットに接続していることを確認し、「 再試行」をクリックします。 ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のネットワークを試す:別のインターネット接続が利用できる場合は、それを試してください。 Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ファイアウォールが原因で他のエラーが発生することもあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 ハードウェアファイアウォールまたはプロキシを設定する:社内ネットワークの場合、外部からの不正アクセスを防止するために、ファイアウォールハードウェアやプロキシサーバーが導入されていることがあります。 ハードウェアソリューションは、社内ネットワークのすべてのコンピューターに適用されます。 通常、一般家庭でファイアウォールハードウェアやプロキシサーバーを使用することはありません。 自社の IT 部門に連絡して、ファイアウォールまたはプロキシの情報を確認します。 エラーコード 205:ダウンロードしたファイルに問題があります エラーコード 205 は、ダウンロードしたファイルに問題があることを示します。 解決策 1. ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のインターネット接続を試す:Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ファイアウォールが原因で他のエラーが発生することもあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 アプリケーションを再インストールする エラーコード P205:ダウンロードしたファイルに問題があります エラーコード 205 は、ダウンロードしたファイルに問題があることを示します。 解決策 1. ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のインターネット接続を試す:Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 アプリケーションを再インストールする エラーコード 206:ネットワークまたはサーバーに接続していません エラーコード 206 は、サーバーとの接続に問題があるか、インターネット接続が利用できないことを示します。 解決策: 1. インターネットに接続しているかどうか確認する:アプリケーションのダウンロードと更新にはインターネット接続が必要です。 インターネットに接続していることを確認し、「 再試行」をクリックします。 ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のインターネット接続を試す:Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 アプリケーションを再インストールする エラーコード P206:ネットワークまたはサーバーに接続していません エラーコード P206 は、サーバーとの接続に問題があるか、インターネット接続が利用できないことを示します。 解決策: 1. インターネットに接続しているかどうか確認する:アプリケーションのダウンロードと更新にはインターネット接続が必要です。 インターネットに接続していることを確認し、「 再試行」をクリックします。 ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする:ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする方法については、ウイルス対策のドキュメントを参照してください。 別のネットワークを試す:別のインターネット接続が利用できる場合は、それを試してください。 Wi-Fi 経由で接続している場合は、有線接続を試してください。 有線接続で接続している場合は、別のケーブルを試してください。 ソフトウェアファイアウォールを設定する:ソフトウェアファイアウォールは、コンピューターへのアクセスを制限します。 プログラムがインターネットにアクセスしようとすると、ダイアログを表示するものがあります。 ダイアログが表示されたら、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのインターネット接続を許可します。 ダイアログが表示されない場合、一時的にソフトウェアファイアウォールを無効にし、これらがインターネットアクセスを阻害しているかどうかを判定します。 無効にする方法については、ソフトウェアに付属のヘルプやマニュアルを参照してください。 アプリケーションを再インストールする エラーコード 302:管理者パスワードが必要です エラーコード 302 は、システムの管理者アカウントにログインしていないため、Creative Cloud アプリケーションのアップデートまたはインストールに失敗したことを示します。 解決策 システム管理者パスワードの入力が求められたら、管理者のパスワードを入力します。 お使いのオペレーティングシステムに応じて、コンピューターの管理者アカウントを追加または変更します(必要な場合) Windows 1. netplwiz と入力して、 Enter を押します。 ポップアップウィンドウでアカウントを選択し、「 プロパティ」をクリックします。 「 グループメンバーシップ」タブに移動して、「 Administrator」を選択します。 「 適用」をクリックして、「 OK」をクリックします。 システムを再起動し、アプリケーションのインストールまたはアップデートをやり直します。 macOS 1. システム環境設定/システム/ユーザとグループの順に移動します。 画面の下のほうにあるカギのボタンを選択します。 現在の管理者のユーザー名とパスワードを入力します。 「 このコンピュータの管理を許可」オプションをクリックします。 コンピューターを再起動し、アプリケーションのインストールまたはアップデートをやり直します。 エラーコード 403:インストールまたはアップデートに失敗しました エラーコード 403 は、Creative Cloud アプリケーションのインストールまたはアップデート中に問題が発生したことを示します。 解決策• Creative Cloud デスクトップアプリケーションを開きます。 (タスクバー Windows /メニューバー macOS で アイコンをクリックします)。 すべてのアプリ/ アップデートの順に移動します。 右上隅にある 3 つのドットアイコン をクリックして、「 アップデートを確認する」を選択します。 アップデートを確認したら、アプリケーションのインストールまたはアップデートを実行できます。 エラーコード 504:パッケージのデプロイがブロックされています エラーコード 504 は、次のことを示します。 アプリケーション制御ポリシーにより、パッケージのデプロイがブロックされました。 「特殊なプロファイルでの展開操作を許可する」ポリシーにより、パッケージのデプロイがブロックされました。 解決策 このパッケージをネットワーク上のユーザーにデプロイできるように、移動ユーザープロファイルを設定してください。 ユーザーアカウントに移動ユーザープロファイルを設定する方法については、「」を参照してください。 必要であれば、システム管理者に連絡してください。 システムにポリシーが設定されていないときにこのエラーが発生した場合は、一時プロファイルでログインしている可能性があります。 ログアウトして再度ログインし、操作をやり直してください。 エラーコード C504:パッケージのデプロイがブロックされています エラーコード C504 は、次のことを示します。 アプリケーション制御ポリシーにより、パッケージのデプロイがブロックされました。 「特殊なプロファイルでの展開操作を許可する」ポリシーにより、パッケージのデプロイがブロックされました。 解決策 このパッケージをネットワーク上のユーザーにデプロイできるように、移動ユーザープロファイルを設定してください。 ユーザーアカウントに移動ユーザープロファイルを設定する方法については、「」を参照してください。 必要であれば、システム管理者に連絡してください。 システムにポリシーが設定されていないときにこのエラーが発生した場合は、一時プロファイルでログインしている可能性があります。 ログアウトして再度ログインし、操作をやり直してください。 エラーコード 505:権限の引き下げに失敗しました エラーコード 505 は、アプリケーションに必要な権限がないことを示します。 解決策 この問題を修正するには、次の回避策を行います。 Beyondtrust Powerbroker をアンインストールします。 デバイスを再起動します。 すべてのシステム更新に適用します。 Admin Console パッケージを使用してリモートデプロイを行う場合は、パッケージがローカルシステムのコンテキストで実行されるようにします。 Secondary Logon Windows サービスが無効になっている場合は、このサービスを有効にします。 パッケージがインストールされたら、再度無効にします。 エラーコード C505:権限の引き下げに失敗しました エラーコード C505 は、アプリケーションに必要な権限がないことを示します。 解決策 この問題を修正するには、次の回避策を行います。 Beyondtrust Powerbroker をアンインストールします。 デバイスを再起動します。 すべてのシステム更新に適用します。 Admin Console パッケージを使用してリモートデプロイを行う場合は、パッケージがローカルシステムのコンテキストで実行されるようにします。 Secondary Logon Windows サービスが無効になっている場合は、このサービスを有効にします。 パッケージがインストールされたら、再度無効にします。 エラーコード 507:ボリュームがオフラインのため、製品のアップデートをインストールできません エラーコード 507 は、インストールされたファイルのストレージボリュームがオフラインか、削除されているため、インストールを完了できなかったことを示します。 ボリュームとは、インストールされるファイルがデフォルトで保存されるシステム内の場所です。 ハードディスク、DVD ドライブ、フラッシュメモリドライブなどのことです。 解決策 アプリケーションがインストールされているボリュームがオンラインで、アクセス可能であることを確認します。 次の操作を行います。 スタート/コントロール パネル/システムとセキュリティ/管理ツール/コンピューターの管理/ストレージ/ディスクの管理の順に移動します。 アプリケーションがインストールされているドライブを選択します。 「 オンライン」と表示されているかどうか確認します。 ドライブにアクセスできない場合は、インストールされているアプリケーションをアンインストールして、アプリケーションを再度インストールしてください。 エラーコード C507:ボリュームがオフラインのため、製品のアップデートをインストールできません エラーコード C507 は、インストールされたファイルのストレージボリュームがオフラインか、削除されているため、インストールを完了できなかったことを示します。 ボリュームとは、インストールされるファイルがデフォルトで保存されるシステム内の場所です。 ハードディスク、DVD ドライブ、フラッシュメモリドライブなどのことです。 解決策 アプリケーションがインストールされているボリュームがオンラインで、アクセス可能であることを確認します。 次の操作を行います。 スタート/コントロール パネル/システムとセキュリティ/管理ツール/コンピューターの管理/ストレージ/ディスクの管理の順に移動します。 アプリケーションがインストールされているドライブを選択します。 「 オンライン」と表示されているかどうか確認します。 ドライブにアクセスできない場合は、インストールされているアプリケーションをアンインストールして、アプリケーションを再度インストールしてください。 エラーコード 508:アプリケーションパッケージのレジストリが壊れているため、製品をインストールできません エラー 508 は、パッケージリポジトリが破損していることを示します。 解決策 まず、レジストリキー PackageRepositoryRoot が存在しているかどうか、壊れているかどうかを確認する必要があります。 キーが存在しないか、壊れている場合は、Microsoft Store をリセットし、キャッシュをクリアする必要があります。 詳細については、「」を参照してください。 エラーコード C508:アプリケーションパッケージのレジストリが壊れているため、製品をインストールできません エラー C508 は、パッケージリポジトリが破損していることを示します。 解決策 まず、レジストリキー PackageRepositoryRoot が存在しているかどうか、壊れているかどうかを確認する必要があります。 キーが存在しないか、壊れている場合は、Microsoft Store をリセットし、キャッシュをクリアする必要があります。 詳細については、「」を参照してください。 エラーコード 509:このファイルシステムではインストールパッケージがサポートされていないため、製品をインストールできません エラー 509 は、アプリケーションをインストールするボリューム(C: ドライブ、D: ドライブなど)のファイルシステムフォーマットにアプリケーションのパッケージタイプが対応していないことを示します。 アプリケーションパッケージをインストールするには、NTFS(New Technology File System)が必要です。 NTFS は、Windows オペレーティングシステムがハードディスク上のファイルを簡単に保存、整理、検索できるようにするファイルシステムフォーマットです。 解決策 アプリケーションをインストールするボリューム(C: ドライブ、D: ドライブなど)のフォーマットが NTFS であることを確認します。 ボリュームが NTFS でない場合は、インストール済みのパッケージの保存先を別のボリュームに変更してから、アプリケーションのインストールをやり直してください。 ボリュームのファイルシステムが NTPS かどうか確認するには 1. アプリケーションパッケージがインストールされているボリュームに移動します。 ボリュームを右クリックして、「 プロパティ」をクリックします。 ボリュームが NTFS の場合、 ファイルシステムが NTFS と表示されています。 ボリュームのファイルシステムが NTFS でない場合は、インストール先を NTFS ファイルシステムのボリュームに変更します。 インストールファイルの保存先を変更するには• スタート/設定/システム の順に選択します。 左側のペインで「 ストレージ」をクリックします。 「 その他のストレージ設定」で「 新しいコンテンツの保存先を変更する」をクリックします。 「 新しいアプリの保存先」ドロップダウンで、NTFS ファイルシステムのボリュームを選択します。 完了したら、アプリケーションのインストールをやり直します。 エラーコード C509:このファイルシステムではインストールパッケージがサポートされていないため、製品をインストールできません エラー 509 は、アプリケーションをインストールするボリューム(C: ドライブ、D: ドライブなど)のファイルシステムフォーマットにアプリケーションのパッケージタイプが対応していないことを示します。 アプリケーションパッケージをインストールするには、NTFS(New Technology File System)が必要です。 NTFS は、Windows オペレーティングシステムがハードディスク上のファイルを簡単に保存、整理、検索できるようにするファイルシステムフォーマットです。 解決策 アプリケーションをインストールするボリューム(C: ドライブ、D: ドライブなど)のフォーマットが NTFS であることを確認します。 ボリュームが NTFS でない場合は、インストール済みのパッケージの保存先を別のボリュームに変更してから、アプリケーションのインストールをやり直してください。 ボリュームのファイルシステムが NTPS かどうか確認するには 1. アプリケーションパッケージがインストールされているボリュームに移動します。 ボリュームを右クリックして、「 プロパティ」をクリックします。 ボリュームが NTFS の場合、 ファイルシステムが NTFS と表示されています。 ボリュームのファイルシステムが NTFS でない場合は、インストール先を NTFS ファイルシステムのボリュームに変更します。 インストールファイルの保存先を変更するには• スタート/設定/システム の順に選択します。 左側のペインで「 ストレージ」をクリックします。 「 その他のストレージ設定」で「 新しいコンテンツの保存先を変更する」をクリックします。 「 新しいアプリの保存先」 ドロップダウンで、NTFS ファイルシステムのボリュームを選択します。 完了したら、アプリケーションのインストールをやり直します。 エラーコード 1004:Creative Cloud アプリケーションのアップデートに失敗しました エラーコード 1004 は、管理者アカウントにログインしていないため、Creative Cloud アプリケーションのアップデートに失敗したことを示します。 解決策: 「 再試行」をクリックして、Creative Cloud デスクトップアプリケーションのアップデートをやり直します。 システム管理者パスワードの入力が求められたら、管理者のパスワードを入力します。 お使いのオペレーティングシステムに応じて、コンピューターの管理者アカウントを追加または変更します(必要な場合) Windows 1. netplwiz と入力して、 Enter を押します。 ポップアップウィンドウでアカウントを選択し、「 プロパティ」をクリックします。 「 グループメンバーシップ」タブに移動して、「 Administrator」を選択します。 「 適用」をクリックして、「 OK」をクリックします。 システムを再起動し、アプリケーションのアップデートをやり直します。 macOS 1. システム環境設定/システム/ユーザとグループの順に移動します。 画面の下のほうにあるカギのボタンを選択します。 現在の管理者のユーザー名とパスワードを入力します。 「 このコンピュータの管理を許可」オプションをクリックします。 コンピューターを再起動し、アプリケーションのアップデートをやり直します。

次の

iCloudバックアップが遅い場合時間を短くする6つの方法

クラウドライブラリに接続中 終わらない

iTunesでiPhoneが同期できない・認識しない場合は、まず以下の対処方法を行ってください。 iPhoneとiTunesが同期できない時基本対策 1、物理的条件を変更することで、iTunes同期できない状況を解消 iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続している場合、USBケーブルの不具合で同期できないケースもあります。 一度USBケーブルを外してから再度接続、または別のApple純正のUSBケーブルを試しましょう。 接続している周辺機器がある場合は、これらの機器が影響して正常に動作していないことを回避するように、それらのものも外してください。 ほかに、USBポートが故障をしている可能性も考え、別のUSBポートも試してください。 この方法でiTunes同期エラーを解決できない場合、下記の方法をお試しください。 2、ストレージ不足によるiPhone同期問題を解決 iPhone・iPad・iPodのストレージがいっぱいになっていると同期ができないことがあります。 もしもストレージがいっぱいになっていたら、不要なファイルをiPhoneで削除して、空き容量を確保してから再びiTunesで同期を行ってください。 ティップス:より直感的にiPhoneのファイルを整理できる「」を使えば、iPhoneストレージ整理も、データ転送も楽々になります。 3、iTunesと同期する前に、「iCloudミュージックライブラリ」をオフ 時々Apple Musicがオンになっていることが原因で、iTunesとiPhoneが同期できないことがあります。 その場合は、iPhone・iPad・iPodの設定を開き、「ミュージック」に入り、一度「iCloudミュージックライブラリ」をオフにしてください。 解決方法は意外に簡単かもしれませんね。 ただ、この方法はダメの場合、次の方法をチェックしてみましょう。 4、iTunesで「音楽の同期」を再設定 iTunesでiPhoneへ音楽を同期するには、「音楽の同期」にチェックを入れる必要があります。 すでに「音楽の同期」にチェックを入れたが同期できない場合は一度このチェックを外してから、再度チェックを入れて同期を試します。 ステップ1:iPhoneをPCに接続してiTunesを開、左上にあるiOSデバイスのアイコンをクリックして端末の管理画面に入ります。 ステップ2:「ミュージック」を選び、「音楽を同期」のチェックを外します。 警告が表示されたら「削除」をクリックしてください。 ステップ3:再び「音楽を同期」にチェックを入れて、「適用」をクリックします。 上記の方法でiTunesとiPhone・iPad・iPodの同期できない状況を解消できない場合、次の方法でしましょう! システム修復より、iPhone同期できない不具合を解消 5、iTunesを修復して、同期できない不具合を解消 iTunesの同期ができない時にはまず、iTunesのバージョンアップをお試しください。 単純にiTunesのバージョンが古くてiPhoneと同期ができない、という簡単な理由の場合も多いのです。 ですから、まずiTunesのバージョンアップをしてみて、iPhoneと同期が可能か確認します。 それでも解決できなければ、iTunesを無料修復しましょう。 「」はiTunes向けの修復ソフトです。 iOSデバイスとiTunesが同期できない問題が、たった3ステップで解決できます。 是非一度お試しください。 ただ、iTunesの動作が重くて、よくクラッシュする場合、「Tenorshare TunesCare」より、おすすめします。 6、iPhoneのiOSを最新にして、iTunes同期を再試行 iPhoneのiOSが古いバージョンのままでも本来同期はできるはずですが、たまに古いiOSを搭載するとiPhoneとiTunesが同期できない不具合も発生しますので、iPhoneのiOSは最新のバージョンにアップデートします。 iPhoneのiOSをバージョンアップするだけで簡単に解決してしまうこともあります。 iTunes同期できない問題を確実に解決できる方法 7、iTunesを使わずにiPhoneへ音楽を入れる方法 以上の対処方法を行ってもiTunesとiPhoneが同期ができない問題を解決できない場合、またはより便利なiPhoneデータ転送方法を探しているなら、iTunesを代替できる転送ソフト「」の使用をおススメします。 iTunes同期と異なって、Tenorshare iCareFoneを使ったデータ転送はiPhone内の既存データをが上書きされてしまうことがなく、直接に追加することができます。 データ転送のほかに、iPhoneのデータ管理や、バックアップ、iOS簡単修復ももできます。 まず下記ボタンより「Tenorshare iCareFone」を無料ダウンロードして、パソコンにインストールしましょう。

次の