武蔵野 線 運休。 武蔵野線

JR武蔵野線 運行状況に関するリアルタイム情報|ナウティス

武蔵野 線 運休

tags: , , , , , , , , , 東京エリアをぐるりと回るJR武蔵野線。 旅客列車は府中本町駅から出発しますが、正式な起点はJR東海道本線と接続する鶴見駅です。 鶴見~府中本町間は貨物列車用で、通称「武蔵野南線」。 旅客化の構想もありました。 リニア工事の貨物列車も走行 東京エリアの郊外をぐるりと回るJR武蔵野線。 JR南武線と接続している東京西部の府中本町駅(東京都府中市)を起点に、埼玉南部の南浦和駅(さいたま市)や千葉北西部の新松戸駅(千葉県松戸市)などを経由して千葉西部の西船橋駅(同・船橋市)に至る、全長71. 8kmの路線です。 武蔵野南線の梶ヶ谷貨物ターミナル駅付近では、リニア中央新幹線の工事が進む(2019年3月21日、草町義和撮影)。 しかし、武蔵野線の起点は正式には府中本町駅ではなく、同駅から南東へ28. 8km進んだところにある神奈川東部の鶴見駅(横浜市鶴見区)で、JR東海道本線(京浜東北線)に接続しています。 路線の長さも正式には鶴見~西船橋間の100. 6kmです。 ですが、駅や列車内などに掲出されている路線図を見ても、鶴見~府中本町間を結ぶJR線は描かれていません。 これは鶴見~府中本町間が貨物線で、貨物列車しか運転されていないため。 ただし臨時の旅客列車や団体向けの旅客列車は時々運行されており、記者(草町義和:鉄道ライター)も2019年3月21日(木・祝)、団体列車で利用しました。 府中本町駅を13時40分ごろに通過した団体列車は、しばらく南武線の線路に並行して走行。 多摩川を渡った先で南武線の線路が左カーブして離れていくと、貨物線を進む団体列車はすぐにトンネルへ入りました。 その後も京王相模原線との交差地点などを除き、ほとんどトンネルを走行。 車窓は真っ暗な状態が続きます。 府中本町駅を通過してから10分ほど経過したころ、窓の外が明るくなりました。 進行方向の左側には、コンテナが多数置かれた梶ヶ谷貨物ターミナル駅(川崎市宮前区)が見えます。 この駅の下では、リニア中央新幹線の地下トンネルが建設中で、背の高いクレーンが林立。 ちなみに、この工事で発生した土砂は、梶ヶ谷貨物ターミナル駅から貨物列車で運び出されています。

次の

首都圏277万人に影響=JR東、在来線3800本運休-台風15号:時事ドットコム

武蔵野 線 運休

JR京葉線と武蔵野線は互いに同じ線路を走る区間がある。 どちらも東京駅を発着している列車が設定されているため、違いにはなかなか気づかないケースが多い。 特に遠方から来て初めて乗る場合には戸惑いを感じてしまうところではないだろうか。 東京駅始発の場合、京葉線でも武蔵野線でも遠距離ユーザーの目的地である割合が高い東京ディズニーリゾートのある舞浜駅に停車する。 赤い電車(京葉線)もオレンジの電車(武蔵野線)も舞浜駅へ行ける。 同じ線路を走行するのは、東京~市川塩浜と南船橋~海浜幕張の区間である。 本当の武蔵野線という路線は西船橋~府中本町までの線路であり、それ以外は京葉線という路線名となっている。 形式的には、武蔵野線は京葉線へ直通運転を行っているという形をとっている。 武蔵野線には乗らないディズニー客! JR東京駅の京葉線地下ホームへ行くと、発車票(電光掲示板)には「武蔵野線直通」と記載されている。 ところが、東京駅からディズニーリゾートへのアクセスは「京葉線」と書かれている例が多い。 そのため、首都圏の鉄道網にあまり詳しくない人は、武蔵野線には乗ってはいけず、必ず京葉線でなければ舞浜駅には行けないと思っている人が多いようだ。 武蔵野線直通のオレンジの電車が先発列車でその後に京葉線の赤色の電車が出発するようなタイミングであっても、遠方からディズニーへ行く乗客は京葉線蘇我方面に行く列車に乗り込む姿がいつも見られるが、理由はそのためである。 武蔵野線直通だと舞浜駅の手前で京葉線の線路から分離していくのではないかと考えてしまう人が多いためなのだ。 見分けるのはとても簡単 京葉線と武蔵野線の違いを見分ける方法はとても簡単である。 まず電車の塗装の色が絶対に違う。 使用されている車両もすべてE233系もしくは209系である。 かつては水色の電車も存在していたが、現在は新しいものに置き換えれているため存在しない。 一方の武蔵野線へ行く電車はすべてオレンジ色の塗装となっている。 使用されている車両は205系または209系である。 オレンジの電車が蘇我方面へ行くということは絶対にない。 行き先についても、京葉線の下り場合は蘇我・海浜幕張・新習志野・上総一ノ宮・君津などである。 武蔵野線は府中本町・東所沢である。 おすすめ記事•

次の

JR武蔵野線 遅延に関するリアルタイム情報|ナウティス

武蔵野 線 運休

JR東日本は9日、台風15号の首都圏直撃により、在来線の運休が3837本に上り、約277万7000人に影響したと発表した。 9日始発から首都圏の在来線全てで運転を見合わせ、通勤・通学客の足に大きな影響が出ていた。 JR東は8日、運転再開時刻の見通しを9日午前8時ごろとしていたが、台風のスピードが想定より遅かったほか、設備破損や倒木、飛来物などの被害が確認される路線もあったため、大幅にずれ込んだ。 横須賀線は送電設備の故障で逗子-久里浜間が、中央・総武線の各駅停車は架線に支障物が触れた影響で幕張-千葉間がいずれも終日運転見合わせとなるなど、9日中に再開できなかった線区もあった。 東海道線大船駅や武蔵野線西船橋駅、中央線武蔵小金井駅など入場を規制した駅も相次ぎ、利用者は長時間待機を余儀なくされた。 JR東海も、9日に東海道新幹線の上下線で20本が運休し、120本に遅れが出たと明らかにした。 遅れによる影響は約10万人に上ったという。 同社によると、9日朝、同新幹線の東京-小田原間の線路上など約20カ所で、木の枝やトタンが見つかった。 枝は長いもので約5メートルあり、直径は10センチ程度だった。 台風15号の接近に伴い、東海道新幹線は8日に上下線で117本が運休。 最終列車の出発時間を繰り上げた。

次の