女性 ボディ ビルダー 食事。 理想は1日6食!痩せたいならボディビルダーの食事法を学ぶべき

ボディビルダーの食事メニューや減量食をダイエットに活かそう!

女性 ボディ ビルダー 食事

「35歳を過ぎて、もう40代も近い。 そんなあきらめ女子も多いかもしれません。 そんなあなたにこそ、ぜひ今回の記事を読んでいただきたいです。 恵比寿や表参道をはじめ、全国拡大中のダイエットジム「」の代表トレーナーさんでもあります。 ボディビルに初挑戦したのは30歳を過ぎてから。 そして、 35歳にして日本一に。 しかも、 そこからなんと 大会4連覇! 「キレイも楽しいも、年齢は関係ない」自らの人生で体現し続ける豊島さん。 女性として 「40代からますます輝いていくのか」、 「年齢とともに人生のハリも失われていくか」 今回の豊島さんの記事が、あなたの人生のターニングポイントになります。 ミスフィギュア2007〜2010年4連覇チャンピオン! Who is 豊島 香奈子(とよしま かなこ)? ダイエットに挑戦している一般の方と、大会に出るためにトレーニングをする豊島さん。 ツラさで言うと同じですよね。 いや、豊島さんのほうが、追い込み度が高いのでもっとツラいと思うんです。 でも豊島さんは続けられる。 一般の方は挫折する人が多い。 この違いってなんなのでしょうか? 一言で言うと、 「なりたい姿があるかないか」ではないでしょうか。 私は、良いカラダになることではなく、 「優勝する」このためだけにトレーニングをしていました。 大会に挑戦していた当時は、朝起きたその瞬間から、「勝つための生活」を送っていました。 トレーニングをして、プロテインを飲んで。 トレーニングをしてプロテインを飲んで。 すべては優勝するために。 大会に優勝する人は、ある意味、出場者の誰よりも自分を追い込んだ人、ということも言えますから、トレーニング量、食事管理のレベルがとんでもなさそうですね。 そうかもしれないですね。 ダイエットのツラさを深いところで共感することができるのは、やはり自分が極限を経験しているからじゃないでしょうか。 もう一つがトレーナーとして大切にしていることが、 「いかに楽しんで継続してもらうか」です。 トレーニング指導中、余計な会話をせず、やることを黙々とやらせていれば、効率は良いかもしれません。 ただ、それではぜんぜん楽しくないですよね。 楽しくなければ続かない。 続かなければ効果は得られない。 だから私は、 「楽しみながら追い込む」ことを大事にしています。 うわあ。 せっかく頑張ってダイエットしたのに、幸せじゃないって、それこそ本当にツラいことですよね。 それでは悲しいですよね。 その時に私が決めたのは、 「心が満たされないダイエットは提供しない」ということです。 だからこそ、ダイエットに挑戦しようと考えている方は、まず初めに、「痩せてどうなりたいのか?」を本気で向き合ってからスタートしてほしいです。 「かわいい水着が着たい」「彼氏をつくりたい」「友達に褒められたい」「モデルになりたい」なんでもいいと思うんです。 キツいときに、支えになる動機さえ明確にあれば、ダイエットは続けられますからね。 私たちトレーナーは、 この動機を明確にするところから、サポートさせていただきます。 ここが一番大事かもしれません。 豊島さんのトレーニング指導体験! 豊島 香奈子 Kanako Toyoshima ミスフィギュア2007,2008,2009,2010の4連覇チャンピオン JPC全日本ボディビル選手権大会のなかで、女性らしい筋肉美を競う「ミズフィギュア」部門で2007年から10年まで4年連続優勝。 現在はそれらの経験を生かし、ボディメイクトレーナーとして男女問わず多くのクライアントの指導にあたっている。 ボディメイク、ダイエットセミナーの展開やそのノウハウを詰め込んだ著書『脱いでもキレイダイエット』を電子書籍化。 編集後記 「年齢はまったく関係ない。 チャレンジに遅いはない。 」 これこそ、豊島さんからの一番の学びでした。 何よりすごいなと感じたのが、ミズフィギュア4連覇という実績を、ある意味白紙に捉えていること。 ご本人の中で、純粋に次への挑戦を楽しんでいる。 普通なら、これだけの実績があれば、そこに安住するのに。 これまでの実績ももちろんですが、何より、今の豊島さんがとても素敵でした。 僕は、30代後半、そしてこれから40代を迎える女性の方にこそ、豊島さんの生き様に触れて欲しいと感じました。 年齢に関係なく、常に新しいチャレンジを。 これからダイエットにチャレンジする方には、ぜひ持って欲しい思考です。 そして、もう一つ豊島さんからの学びは、 ダイエットはあくまでも、幸せになる手段ということ。 「痩せたあとに、どんなことをしたいのか?」 ここを明確にすることこそ、ダイエット成功の秘訣です。 日本一を4回も、しかも連続で。 そんな豊島さんのお話を聞くと、 「私とはぜんぜん別の世界の人、私とは違う」と思ってしまいがちですが、そうじゃない。 豊島さんの思考自体は、誰もが真似できるはずです。 思考さえ変われば、 行動、そして結果が変わってきます。 あなたがダイエットに挑戦する理由はなんですか? あなたは、理想の体型になれたら、何をしたいですか? これまでのあなたのダイエットの挫折は、 考え方、やり方が間違っていただけです。 正しく行えば、必ず成果は出ます。 そして、それでどうしてもダメなら、 プロのダイエットトレーナーに頼ってほしいです。 今回豊島さんにお話をお聞きして確信しましたが、本気でカラダを変えたいなら、プロに頼ったほうが早くて確実です。 一人で悩んでしまい、前に進めないとしたらぜひ、プロに相談してみてください。

次の

ボディビル世界チャンピオン「フィルヒース」の、オン/オフシーズンの食事内容

女性 ボディ ビルダー 食事

ウェイトトレーニングで驚異的な回復力? ヤフー知恵袋に気になる書き込みを見つけたのでご紹介します。 プロビルダーなんてどう見ても不健康ですよね。 他のアスリートと同様に、一般人よりも短命だと思います。 ただし、ウェイトトレーニングをやっている人は、癌などの手術からの回復力が驚異的だと知り合いの外科医が言っていました。 基礎体力があるそうです また、スポーツ選手の回復力が凄いという話で言えば、 元ボクシング世界チャンピョンだった竹原さんも膀胱癌から驚異的な回復をしたのは有名な話です。 竹原さんの場合、5年生存率が25%以下と言われる ステージ4の癌進行度だと医者に宣告され、髪の毛が全くなくなるなど辛い思いをしましたが 現在は、完治して仕事復帰されています。 また、手術の回復力のみならず、筋肉量が多い人は、 一般人と比べて体温が高いため免疫力が高く、 病気にもなりにくい傾向があります。 健康的なボディービル ボディービルで、一番体に負担が掛かる事と言えば、コンテスト前の減量でしょうか。 大会に出て鍛え上げてきた体を披露する事は楽しいことですが、健康を意識してあえて大会に出場しないという 選択肢もありだと思います。 大会に出場しないことで、過酷な減量を避ける事が出来ます。 コンテストに備えて行う、減量は栄養失調状態に陥るため、 最悪の場合マッスル北村さんのような事態になりかねません。 また、コンテスト後のリバウンド食いも体に消化器に負担がかかるため、 [スポンサーリンク] 健康を意識して、体脂肪率を10%前後までしか減量しないなどと決めて 取り組むことをオススメします。 ステロイドは寿命を縮める ボディービルダーの中には、筋肉を簡単に付ける事ができる ステロイドを使う人もいますが長生きしたい人にはオススメしません。 特にボディービルダーが短命などと言われるのも、 ステロイドユーザーがそのイメージが強くしているのかもしれません。 ステロイドを使用すると、肝臓がやられる、血圧が高くなる、 乳房乳房化をはじめとする様々な副作用があります。 ただし、ステロイド自体は ボディービルダー以外にも腎臓病の治療などにも用いられていることからも むちゃくちゃ悪いというわけではありあません。 ボディービルダーの場合、筋肉増量愛から規定量を大幅に上回る量を摂取している人が多く、 規定量や、使用サイクル、休息期間などを決めて使用することで副作用の影響を少なくする事も可能です。 黒柳徹子さんは毎日スクワット50回している 黒柳さんは御歳83歳(2016年10月22日現在)でいらっしゃいますが、 徹子の部屋で見せる、元気なお姿は健在です。 その、元気に秘訣なのでしょうか、黒柳さんは80歳越えてもなお、 毎日寝る前にスクワットを50回もしているそうです。 運動不足の人にとっては、スクワット50回は結構辛いと思います。 それも、歩くのも大変になってくる80代ならなおさらですよね。 高齢になってから、スクワットをいきなりするのは大変ですし、 段階を経るといういう意味でも、今の内から、ボディービルなどの トレーニングを続けることで、高齢になった時にもスクワットをする事が出来、 黒柳さんのように長生きする事が出来るかもしません。 ボディービルダーの寿命統計は存在しない 統計データーがあればいいのですが、残念ながら、 ボディービルダーの寿命の統計データはないようです。 昔の人は、トレーニング器具が存在せず、また現代のように 充実した食事環境があるわけではないので、過去の人がどうだから、 ボディービルは体に悪いかどうかは判断するのは難しいかと思います。 結論 過度な減量、ステロイドに手を出さなければボディービルダーは 長生きする説に一票を投じます。

次の

【筋トレ】きんに君おすすめの食事メニュー例を教えて!!

女性 ボディ ビルダー 食事

ストレスを溜めない• 食べたものを全部書き出す 山野内さんは元々食べることが好きで、以前はシーズンオフになるとお酒も甘いものも、食べたいものを食べたいだけ食べていたそうです。 ケーキもワンホール食べられるのだとか。 やはりこれだけの体になれる人は、食べられるキャパが大きいというのは強みだと思います。 しかし、それだとシーズンオフに脂肪が増えてしまい、減量幅も10kgくらいでキツかったので、 「 質のいいものをバランス良く」食べるようにしました。 さらにお酒もやめられました。 それだけ食べられるので、食に関してはストレスを溜めないことが大事です。 減量中でも、「 これを食べてもしっかりトレーニングすれば大丈夫」という考え方でいるそうです。 もう1つが、「食べたものをすべて書きだすこと」です。 そうすれば、自分に何が足りないか、食べるタイミングはどうか、減量になったら何を減らせばいいか、が分かりやすくなるといいます。 山野内さんの場合は、午前中にトレーニングをするので、朝食と昼食ではお肉を300gは摂るようにして、炭水化物もベーグルやオートミールから摂るそうです。 Copyright C 2020 30代からでも遅くない!女性の為の筋トレパーフェクトガイド All Rights Reserved. php on line 524.

次の