八幡 ss アンチ葉山。 PC生活: ※ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡-三浦優美子ルート)

2

八幡 ss アンチ葉山

95 ID:xJe4QpPv0 八幡「なんにせよ、マジで話しかけすぎだぞ。 そのせいでなんかクラスでも変に目立ちつつあるし…」 葉山「別に俺の力じゃなくても、プロムの件で結構目立ってるよ」 八幡「え、そうなの?」 葉山「比企谷主導のイベントだって認識は結構しっかりあるみたいだね。 いろはがなんか言ったのかもしれない」 八幡「げぇー…最後の1年ぐらい静かに生きたいっつうのに…」 葉山「それに、雪ノ下さんの件もね…」 八幡「え!?嘘だろ!?基本誰にも言ってないぞ!?」 葉山「まぁ、プロムを手伝ってくれた連中はなんだかんだ察してるみたいだしな。 32 ID:xJe4QpPv0 姫菜「うっ………!!」 八幡「おい…」 葉山「すまん…」 八幡「だいたいお前はほんとどうしちゃったわけ?前みたいにゴロゴロと取り巻きも作んないし学級委員みたいなお前好みの偉そうな役職も断るし」 葉山「言い方……まぁ、思うところがあってね。 もうちょっとわがままな自分になってみようかなと」 八幡「はぁ?」 葉山「雪乃ちゃんも取られちゃったし」 八幡「馬鹿言ってんじゃねぇよ、お前が好きだったのはアイツじゃなくては……」 葉山「その先は言わなくていい」 八幡「……俺に対する態度が似すぎなんだよ。 97 ID:xJe4QpPv0 葉山「もちろん。 っていうか大きなお世話だよ。 そっちこそ最近どうなんだ?雪ノ下さんと」 八幡「うっせー、お前こそ余計なお世話だよ…」 葉山「彼女が恋愛に現を抜かすっていうのが初めてだしね。 普通にどうなるのか興味あるんだよ」 八幡「お前にはぜってーなんも言わねぇ…」 葉山「おやおや?いいのかな?腐っても幼馴染だし、色々助言できることはあると思うけど?」 八幡「なんだそれ腹立つ……結構です、自分でなんとかできますぅ~」 葉山「2人の間のことは確かにね。 33 ID:xJe4QpPv0 葉山「この先避けては通れないところだと思うよ。 君が選んだのはそういう、めんどくさい女の子なんだから」 八幡「ぐぅ……なんかあったら頼む……」 葉山「もちろん、タダでとは言わないよな?」 八幡「……金なら無いぞ」 葉山「ははは、わかってるよ、そんなもの要求する訳ないだろ?ただ、色々話してくれって事だよ」 八幡「わかったよ、きもちわるいな…あ、そういや最近三浦がよく部室に来てるぞ。 お前の文句を言いに……」 葉山「みたいだね」 八幡「いやいや、みたいだねってお前…ちゃんとケアしとけよ、去年あんだけ都合良く使っといて…これもわがままな自分ってやつの一環か?」 葉山「言い方が悪いな…比企谷には分からないと思うけど、俺にとっても優美子は結構大事な存在なんだよ。 どういう感情かはともかくね。 54 ID:xJe4QpPv0 八幡「はぁ~?なにそれカッコつけちゃってわけわかんなぁ~い?」 葉山「何キャラなんだそれは…というかお前は他の女の子を気にしてる場合じゃないだろ?自分のことだけ気にしてればいいんだよ」 八幡「三浦に刺されて死んじゃえばいいのに…ほれ、そろそろ席戻れ」 葉山「お、もうこんな時間か。 20 ID:xJe4QpPv0 おしまいボンバー コメント一覧 8• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 18:47• 海老名さんが滾ってそうwww• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 19:32• イメケン葉山と総受けメインヒロイン八幡がくっつくのは時間の問題だったはずなのに• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月02日 19:51• また、ささきさんの海老名が聞けるのが嬉しい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月03日 23:17• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 00:53• 結婚しろ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 04:50• 八幡をお嫁さんにする同人誌狂おしいほど好き• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月04日 05:28• このクラスの女子が全員腐るのはもはや時間の問題だなあ…• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2019年12月09日 10:11• ほんとにあーしさんに刺されて……ねばいいのに 物語全般を通してみると、何気にあーしさんがキーウーマンだったなあ.

次の

PC生活: ※ss select>やはり俺の青春ラブコメはまちがっている(八幡-三浦優美子ルート)

八幡 ss アンチ葉山

どこかむなしい毎日を送っていた彼女は、特に親しくもない友人に合コンに誘われる。 断りきれずにしぶしぶ参加した合コンで、あーしさんは意外な人物と再会する。 奉仕部に意外な人物が訪れ、依頼が舞い込む。 そして彼女は俺の思惑通り実行委員長として壇上に立ち、俺の思惑通りに失敗した。 その副産物として、不本意だが俺の悪名はそこそこ校内に知れ渡ることとなった。 …まあ副産物とはいっても、それは俺がそう求めたことでもある。 そして今、俺の周りはこの通り寒々しい様相を呈している。 全24話 執筆中 作(HAMELN) 「人間とは、自分の運命を支配する自由な者のことである」2人は運命に気付いたとき、果たしてその糸を手繰るのか。 全13話 執筆中 作(HAMELN) 修学旅行の後の話である。 いつも通りに俺はそこに訪れた。 でもそこにあったのは……。 全22話 完了 作(pixiv) ショートショート 全5話 執筆中 作(HAMELN) 「なぁ三浦。 私が授業中に出した課題は何だったかね?」目の前に座る美人な女教師が額に青筋を立てて怒っていらっしゃる。 彼女の名は平塚静先生。 未婚で独り身の独身女教師だ。 美人なのだが残念な先生。 所謂残念美人だ。 全21話 執筆中 作(pixiv) 女の涙というものは、醜いモノだと思っていた。 どんなことをしても、泣けば許される。 自分が悪くても、泣いたら形勢逆転。 皆味方をしてくれる。 男相手なら、なおさらだ。 意識せずとも、女の涙は己のエゴを通すための武器である。 だから、美しい涙というものはフィクションだと思っていた。 全10話 執筆中 作(HAMELN) セクメトという名前を知っているだろうか。 あぁ、別に覚える必要はない。 セクメトは『強力な女性』を意味するライオンの女神だ。 荒々しい戦いの女神だが、メスライオンと同様に強く優しく慈しむ母としての側面も持つという。 なんで俺がいきなりそんな名前を思い出したかというとですね……今、目の前には女神かと見紛うばかりの美しさを放つ半裸の…… 全19話 執筆中 作(pixiv) ヒキオの両親からお付き合いを許可してもらってから数ヵ月たったある日。 いつも通り、あーしと美咲、それとヒキオでご飯を食べ、それまたいつも通り自宅まで向かうと、目を疑う光景が広がった。 それは………白いドレスを着た美咲と同じくらいの女の子が居た。 全10話 完了 作(pixiv) 「ヒキオじゃん」奉仕部女性陣と別れ、駐輪場に向かうと、夕陽の逆光にシルエットだけが浮かび、それでも輝く金髪が、それが誰だか解らしめる、獄炎の女王がそこに現れた。 全19話 執筆中 作(pixiv) 「葉山がなんとかする」三浦がコンビニで比企谷に会ったとき海老名にちょっかいを出していることを注意したときに言った言葉だ。 この時は三浦も、隼人ならなんとかするし、と思っていた。 全6話 執筆中 作(pixiv) もしも三浦優美子の視点からこれまでの出来事を見て感じてみたらどうなるんだろう? 全5話 執筆中 作(pixiv) 合コンなんて、乗り気じゃなかった。 同僚にどうしてもって頼まれもしなきゃこんなところ……。 「……ども、比企谷です」控えめなその声と名前に思わず、「えっ?」と声を漏らす。 全てはあの日の作文からか。 俺以外に平塚先生の琴線に悪い意味で触れるものを書く奴がいるとは思わなかった。 三浦は面倒だから適当に書いたのがばれ、海老名さんは途中からいつものぐ腐腐が出たらしい。 一度引き受けたからには最後までやり遂げる。 204•

次の

SSまとめ : 八幡「俺に明日試合の助っ人に来いと?」葉山「ああ」

八幡 ss アンチ葉山

ハーレム。 男なら一度は夢を見るのではないだろうか。 なんでいきなりこんな話をしてるかって? なんか政府が、1人の男につき複数人の女性と結婚していいって案を可決したからだよ。 …いやまじで何考えてんの政府?そんなことしちゃったら葉山Gの連中がうるさいじゃん。 「葉山君は誰と結婚するのー??」 「俺は心に決めた人がいるんだ。 その人とは絶対結婚したいね。 」 「「「キャーーッ!」」」 …マジうるせえ。 隣のクラスにまで響いてきてんぞ。 …ていうか、もう婚約まで決まってるくせに。 [newpage] 奉仕部に持ち込まれた修学旅行の依頼。 そこで俺は嘘告白という手段で3つの依頼を解消したのだが… 「あなたのやり方…嫌いよ。 」 「もっと人の気持ちを考えてよ!」 …とまあ、見事なまでの拒絶を食らった。 そこまではまあ良かった。 …いや良くねえけど。 修学旅行から帰ってきた後奉仕部部室に向かうと 「もう彼にはきて欲しくないわね。 」 「そうだね…。 」 …と、俺がいない事を良いことに俺への不満をぶちまけていた。 …これはキリがいいかも知れないな。 俺はそのまま扉を開けた。 「…来たのね。 」 「…これが最後だ、安心しろ。 」 「……どういうことかしら?」 「…来て欲しく無いってんなら、こっちもごめんだって言ってんだよ。 」 「…そう。 良いわ。 2度と私に関わらないでちょうだい。 由比ヶ浜さんもそれでいいかしら?」 「…うん。 ヒッキーの顔…見たく無いかも。 」 「分かった。 それなら、2度と連絡を取れないように、今この場で連絡先を消そう。 」 「…わかった。 」 こうして俺は由比ヶ浜の連絡先を。 由比ヶ浜は俺の連絡先を消した。 「じゃあさよならだ。 お前らも2度と俺に関わるなよ。 」 そういって返事も待たずに部室を出る。 ここに来ることは2度と無いだろう。 不思議と何も感じなかった。 そこからは互いに一切干渉することなく3年になった。 勿論小町にも理由を話した。 「…小町はお兄ちゃんを信じるよ。 」 そう言って雪ノ下と由比ヶ浜の連絡先を消してくれた。 …小町マジ天使。 ハーレムじゃなくて兄妹で結婚できる法律作れよ。 雪ノ下が生徒会長になり奉仕部が廃部になったらしいが、知ったこっちゃ無い。 ついでに、葉山と由比ヶ浜も生徒会に入ったらしい。 そういえば、葉山が俺に本性をあらわしてきたな。 ララポで。 「お前より有能な俺が、これからは雪乃ちゃんも結衣も俺が守る。 安心して1人で過ごすといいさ。 」 おおよそ奉仕部から俺が居なくなって優越感に浸ってるのだろう。 「…へー。 それじゃあよろしく頼む。 」 「……え?」 「えって…どうしたんだ?」 「君は…何とも思ってないのか?奉仕部の2人を…。 」 「あの日から、お互い2度と関わらないと決めたしな。 」 「ひゃっはろー!」 …え? 「…陽乃…さん?」 「隼人もいたんだー。 何話してたのー?」 「…雪ノ下と由比ヶ浜は有能な俺が守ると葉山が息巻いていたところです。 」 「…へー。 隼人、雪乃ちゃんに全部許してもらえたんだー?」 「…ええ。 おかげで生徒会でも仲良くさせてもらってますよ。 」 「そっかー。 それじゃあ雪乃ちゃんの将来も安泰だね。 …ところで、比企谷君もらっていい?」 「言いたい事は言ったので大丈夫ですよ。 」 「ありがと。 比企谷君。 悪いけど時間少しくれない?」 …どうせ逃げても捕まえられそうだしな…。 「…いいですよ。 」 葉山に向き直り、言う。 「"修学旅行の件"を元奉仕部連中には言わないでやる。 代わりに2度と俺に関わるな。 」 「!?」 …その様子だと、修学旅行のことは隠してるみたいだな。 まあ、俺には関係ないけど。 そうして俺は、踵を返して雪ノ下さんについていった。 [newpage] 葉山side 比企谷のやつ…雪乃ちゃんや結衣を取られたにもかかわらずノーリアクションだと…? …どうせ空元気に決まっている。 まあ、俺としても比企谷には関わりたくなかったから丁度良いけどな。 あいつから修学旅行の真実が伝わることはない…。 あとは姫菜の口止めさえしておけば…。 side out [newpage] 「…さて。 ついて来てもらったわけだけど…ある程度は予想つくんじゃない?」 「…まあ、なんとなくは。 」 少し大人っぽい雰囲気のある店の角の個室…そしてシスコン魔王の雪ノ下さん。 これで間違えたら凄まじくアホだ。 「…まあ、早めに済ませてしまいましょうか。 」 「…そうだね。 じゃあ比企谷くん。 私は貴方のことが好きです。 」 「…………へ?」 「え?」 沈黙。 「あの…雪ノ下のことじゃないんですか…?」 「え?なんで雪乃ちゃん?」 ……間違えたあああ! 俺凄まじくアホだああ! 「雪乃ちゃんが2度と比企谷君に関わらないって言ってたからねー。 」 「…信じられないなら…これでどうかな?」 「何を…んむっ!?」 身を乗り出した雪ノ下さんにキスされた…っ! 「…どう?お姉さんのファーストキスは…。 仮面を被っていない私を…ね。 」 顔が熱い…クラクラする…。 「……俺なんかで…いいんですか…?」 「…むしろ君じゃないとダメだよ。 」 「……その…俺で良ければ…よろしくおねがいしましゅ…。 [newpage] 「…八幡に聞きたいことがあるんだけど…。 」 「…なんですか?陽乃さん。 」 …なんでいきなり名前呼びかって?陽乃さんの上目遣いに負けました。 「なんで八幡と雪乃ちゃん達は2度と関わらないことになったの?」 「……発端は修学旅行前ですね。 」 …そうして俺は全てを話した。 陽乃さんの顔が少し怖いとか思ってないよーホントだよ?ハチマンウソツカナイ。 「…なるほどね。 でも、よくそんなことがあったのに、雪乃ちゃんは隼人を許したね…?」 「…まあ、もう俺とアイツらは赤の他人ですし、関係ないですけどね。 」 「…それもそうだね。 」 [newpage] 葉山side 今日は総武高の卒業式だが…比企谷のやつ…。 本当に一切関わらなかったな…。 まあ、それでいい。 雪乃ちゃんも、結衣と一緒に結婚したいと言っているし…。 卒業式後の雪ノ下家主催パーティーが終われば、晴れて雪乃ちゃんと結婚できる!もう少しだ…。 side out [newpage] 陽乃side 総武高校の卒業式の日。 この日、私と八幡は籍を入れる。 ビックリしたのが、お父さんとお母さんが八幡をすぐに気に入ったことだ。 何でか聞いてみたら…都築が色々と話していたらしい。 GJ都築! ん…?あれは…。 「ひゃっはろー!隼人!雪乃ちゃん!ガハマちゃん!」 「陽乃さん、こんばんは。 」 「陽乃さん、やっはろーです!」 「…姉さん?どうかしたのかしら?」 「お父さんとお母さんに、婚前の挨拶をしに行こうとしていたんだよー。 そしたら3人を見つけたって所かな。 」 「あら、姉さんも結婚するのね…私達も3人で結婚するのよ。 よかったね、隼人。 雪乃ちゃんに許してもらえて。 」 「ああ、本当に良かったよ。 」 「雪乃ちゃんも心が広いよねー。 "2回も騙された"のに許してあげるなんて。 」 私は本気で思っていた。 雪乃ちゃんは修学旅行 のことを許しているのだと。 …でも、それにしては空気がおかしくない? 「…2回?私はいつ2回目に騙されたというの?」 「は…陽乃さん…とりあえずその辺にしておかないかい?」 「え?なんで隼人が焦っているの?全部許してもらえたって言ってなかった?」 「そ…それは…っ。 」 「…姉さん。 どういうことなのかしら…?」 「どういうことって…修学旅行で奉仕部に依頼を丸投げして解決させたことだよ?」 …さっきから何かおかしい。 「隼人。 貴方、修学旅行のこと、本当に許してもらえたの?」 「そ…それは…。 」 「……あの…どういうこと…なんですか?」 「私はね。 隼人が、雪乃ちゃんは今までのことを全部許してくれたと言っていたの。 しっかりこの耳で聞いたわ。 だから、戸部君?の告白の成功と、海老名さん?の告白阻止の2つを持ち込んで押し付けたことも許したのかと思ってたけど…。 」 「……そんな話、一切聞いていないわ!どういうことなの!?」 「……隼人。 あんた、私に嘘吐いたの?」 「…いや…その…。 」 「…じゃあ…まさか…ヒッキーが嘘告白をしたのって……。 」 「現状維持を望んだ隼人からの依頼のためだけど…。 これも知らなかったの?」 「……はい…。 」 「…なるほど。 アンタ、彼を奉仕部から排除するのが目的だったのね?」 「!違う!そんなつもりは…!」 「無いなら、なんで真相を伝えなかったの?卒業するまで一切触れなかったのはなんで?」 「…………。 」 「…ま。 いっか。 別にどうでも。 」 「……どうでもいいって…どういうこと…かしら…?」 「それはね…「すみません、待ちましたか?陽乃さん。 」こういうことよ。 」 「比企谷…?」 「比企谷くん…?」 「…ヒッキー?」 呆けてる3人を放って八幡の腕を取る。 3人ともひどく驚いた顔をしている。 」 「!貴方も私を捨てて姉さんを取るのね…!」 「いや、お前が俺を捨てて葉山を拾ったんじゃねえか。 」 「!?」 「雪乃ちゃん、ガハマちゃん、ありがとう!八幡を捨ててくれて!お陰で八幡と結婚できるよ!」 「比企谷!陽乃さん!そんな言い方はないだろう!?」 「何言ってんのよ、それが目的だったくせに。 」 「それにな。 2度と関わるなと最初に言ったのは雪ノ下だし。 お前にも言ったはずだが?2度と関わるなと。 」 「…っ!しかし、それは修学旅行のことを奉仕部に言わない事が条件だっただろう!?」 「…言ってないが?」 「…あー八幡。 私が言ったの。 隼人は全部許してもらえたって言っていたから…。 」 「…なるほどな。 それじゃあ陽乃さんに嘘吐いたお前の自業自得じゃねえか。 」 「…ぐっ……!」 「ま、今となってはもうどうでもいいけどな。 行きましょうか、陽乃さん。 」 side out [newpage] 八幡side 陽乃さんの手を引いて部屋をでようとする。 「待って比企谷くん!」 「……なんだ。 」 「ヒッキー…なんで…教えてくれなかったの…?」 「俺がいない間に陰口を叩くようなお前らと一緒にいたくなかったからだ。 本当は決別した日に言おうと思ってたんだよ。 」 「なら…言ってくれれば…!」 「…お前らは、自分がいない所で悪口を言う奴を信用できるのか?」 「「!?」」 「…まあ、そういうことだ。 これからも俺とは関わらないでくれよ… "葉山隼人"さん、"葉山雪乃"さん、"葉山結衣"さん。 」 「「「!!?」」」 …まあ、家の都合上、恐らく葉山ではなく雪ノ下だろう。 だが、葉山と結婚する現実を突きつけるために葉山で呼ぶ。 本当のお別れのために。 「それじゃあ、そろそろ婚前挨拶に行きましょう、陽乃さん。 」 「そうだねー。 」 腕を組んで部屋を後にする。 「比企谷くん!行かないで!?」 「ヒッキー!行っちゃやだよ!」 「…お前らとも、本物になれたら良かったのにな…。 折角ハーレムが合法的になったのに。 あんなことがなければ…俺はお前達に告白してたよ。 」 俺の呟きは2人には聞こえたのだろうか?聞こえなかったのだろうか? その答えを知らぬまま、俺達は部屋を後にしたのだった。 部屋には、放心した1人の男と、八幡の名前を呼びながら泣き崩れる2人の女子がいた。

次の