共通 類語。 「心苦しい」の意味と使い方は?類語や敬語・例文が気になる!

「懇切丁寧」の意味とは?目上への使い方や例文・類語も解説

共通 類語

「共感(きょうかん)」とは、「他人の考えや意見・主張に対して、そうだと感じること」を意味する言葉です。 共感は日常生活でも頻繁に使われる言葉なので、何となくわかったつもりで使ってしまっている方も多いのではないでしょうか。 しかし、あなたの使い方によっては間違っている可能性があります。 正しい意味でボキャブラリーを高めていきたいとあなたも考えているはず。 そこで今回は、 共感の本来の意味や定義を解説するとともに、例文や使い方についてわかりやすく解説していきます。 また、類語・言い換え語との違い、対義語の意味についても触れていきます。 「共感の意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• 共感とは?|意味と定義をわかりやすく解説! 「共感」にはどのような意味・定義があるのでしょうか? ビジネスシーンでも日常生活でも、あなたの周りでは使われることが多いはずです。 だからこそ、「共感」と検索窓に打ち込み、意味を調べようとしているのではないでしょうか。 しかし、共感の意味・ニュアンスや内容は状況や個人の使い方によって異なります。 そのため、もともとの意味、本来の定義をおさえておくことが大切になります。 共感の本来の意味・定義を知れば「こんな使い方があったのか!」「もともとこんな意味があったのか!」ということが分かるようになります。 もちろん、気になるポイントだけをかいつまんで見てみるだけでもOK。 ぜひ活用してください。 共感の類語・言い換え語 「共感」には複数の類語・言い換え語があります。 シチュエーションによっては、共感を使うよりも適切な言い換え語を使うべきタイミングがあります。 ここで共感と近い意味を持つ言葉や、言い換えに使える言葉を把握しておきましょう。 共感の類語・言い換え語1|同感(どうかん) 「その人と同じように感ずる、または考えること」を「同感」と表現します。 共感は、その人の考えや意見に対して「その通りだと思う」と同じ意見を持つことを指しますが、「同感」の場合は、その人と同じような感覚を覚えたり考えたりすること自体を指します。 また、「同感する」と使うだけではなく「私はAさんと同感だ」と、同じ感情や意見を持っていることを表現する使い方もあります。 I have empathy for the way you think. (私はあなたの考えに共感する。 ) 共感の意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、共感の本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。 「失業リスクがある」• 「これまでに積み重ねた経験・キャリアがムダになる」• 「転職すると給料が下がる」• 「新しい環境に慣れるのが大変そう」 しかし、この4つの不安は下記の「4つのコツ」で解消することができます。 転職したいと考えているけど、不安を解消できないと感じる方はぜひ参考にしてください。 1 転職活動に失業リスクはない! 転職活動を始めるにあたって最も不安なことは、 「転職活動をすると、失業するのではないか?」というものだと思います。 一般に、仕事を辞めたり、退職して他の仕事を始めたりすることには、ネガティブなイメージを持つ方も大勢います。 大手転職サービスを運営している「リクナビ」が公開しているデータには、こう書かれています。 20代では76%が「転職経験なし」という結果となっています。 30代になると「転職経験なし」の割合は一気に減少し、半分以上の人が転職を経験。 4人に1人は「転職1回」、そして約3割の人が「2回以上の転職」を経験しているという結果になりました。 引用: 20代では「10人中3人以上」、30代では「4人中1人以上」の人が転職活動を経験しています。 つまり、今では転職活動自体はそれほど珍しいことではなく、むしろそれが当たり前になってきているのが現状です。 ではなぜ、転職活動をすることができる人が増えているのでしょうか?理由は大きく2つあります。 理由1 「中途採用を積極的におこなう企業が増えた」 人材市場・転職市場の動向をアンケートをもとに調査しているリクルートワークスが公開したデータでは、近年は中途採用を積極的におこなう企業が増えたことが示されています。 2018年度の中途採用の見通しについては、「増える」(18. 引用: つまり、転職市場は「売り手市場」で、人手不足は飲食業界・情報通信業界(IT)・不動産業界を中心に 活発に採用活動が行われていることを示しています。 理由2 「転職活動を在職中にできるサービスが増えた」 転職市場が売り手市場だといっても、「実際に自分のもとに内定が来るかは分からない」という不安は残りますよね。 しかし、その点についても心配いりません。 今では、「働きながら転職活動をすること」がふつうです。 たとえば、一昔前までは、下記のすべての転職準備を、自分で調べながらやる必要がありました。 求人を探す• 履歴書・職務経歴書を作成する• 面接準備をして面接日程を応募企業と調整する• 面接を1次〜3次まで突破する• 給与条件や入社日を人事側と調整する• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。 でも今は、 「転職エージェント」を活用することができます。 転職エージェントとは、あなたの代わりに希望条件に合った求人を選び、人事側とスケジュール調整をしてくれたり、履歴書や職務経歴書の添削サポートをおこなってくれたりする無料サービスです。 そのため、 転職するために仕事を先に辞める必要はありませんし、会社にバレる心配がありません。 また、自分で準備するのは最小限にしたうえで転職活動をおこなうことができます。 … 以上2つの理由から、転職活動にリスクがないことがおわかりいただけたのではないかと思います。 転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方は下記記事をご覧ください。 おすすめ記事: 2 これまで積み重ねてきた経験・キャリアは転職で活かせる 転職するときの悩みのひとつとして多くあげられるのは、 「これまで積み重ねてきた経験・キャリアがムダになってしまうかもしれない」という不安です。 特に、30代前後である程度長く職場で働いてきた方や、エンジニアや金融・不動産などの専門的な営業をしてきた方は、そう感じることも多いでしょう。 これまで得てきた経験を活かすには、 「同じ業界・職種/業種で活躍することができる仕事」を探すことが大切になります。 「同じ業界・職種/業種」で活躍することができる仕事を探すには、 「業界・職種/業種に特化した転職エージェントや転職サイトを使うこと」をおすすめします。 あなたの経験・キャリアを正しく評価してくれる職場であれば、今の給料よりも高い金額を提示してくれます。 もしなかったら、そのときは転職をしなければ良いのです。 業界・職種/業種専門の転職エージェントや転職サイトとは、たとえば「IT業界に特化した転職サービス」「広告業界に特化した転職サービス」「看護師・保育士・介護などの転職サービス」など様々です。 業界特化型の転職サービスや、特定業界に強い転職サービスは、TOPページで掲載しています。 3 転職しても給料は下がらない 「転職すると給料が下がる」と何となく悪いイメージを持っている方はいないでしょうか? それはあくまでリストラなどが行われた過去の話です。 今でもリストラの危険性がまったくないわけではないですが、 自発的におこなう転職活動で給料が下がることはありません。 それはなぜかといいますと、最初に給与条件を検索できる転職サイトや、給与条件を代わりに交渉してくれる転職エージェントは無数に存在するからです。 特に、あなたの代わりに給与交渉をおこなってくれる転職エージェントに依頼することで、年収アップが可能です。 年収アップ転職をしたいと考えているなら、下記に掲載されている転職エージェントのうち、特に自分に会っていそうなものを順位1位から見てみることをおすすめします。 おすすめ記事: 4 新しい環境と今の環境の比較はカンタンにできる 転職活動自体はスタートでしかなく、本当に大切なのは 「実際に内定をもらい入社したあとに後悔しないか?」という不安を解消することですよね。 「こんな職場に転職するくらいなら、以前の職場にいたほうが良かった…」という後悔をしたくない方は、転職活動に後ろ向きなはずです。 しかし、今の職場に不満を持っている方こそ、転職エージェントを使うべきです。 それはなぜかといいますと、 転職エージェントでは応募先企業の内情や上司の情報、会社の雰囲気や残業時間の実態などについて詳しく教えてくれるからです。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 おすすめ記事:.

次の

オペレーションの意味とは?例文、飲食業での使い方、類語と英語表現

共通 類語

「オペレーション」とは、「操作・運転」「作戦や外科手術などの動作」などを意味する言葉です。 なんとなく意味は分かりそうですが、使われる文脈やシーンによっては、何を意味するのかいまいち分からなくなることも多い言葉ですよね。 業界やビジネスシーンによって様々な意味合いを持つ言葉を適切に理解するためには、できるだけ本来の意味に近いところから意味を学ぶことが大切。 そのうえで、ビジネスでの使われ方や用例を学べば、状況によって使い分けたり、正しい意味を理解できるようになります。 そこで今回は、 オペレーションの本来の意味や定義を解説するとともに、ビジネスシーンでの例文や使い方について解説していきます。 「オペレーションの意味、ちょっとあやふやだな」という方はぜひ参考にしてください。 INDEX• オペレーションの意味とは? オペレーション(英:operation)には複数の意味があります。 ひとつは「操作・運転」といった機械の動作に関わるものです。 ふたつめは「作戦や外科手術などの動作」のことを指します。 辞書的な意味合いにおいては、下記4つの説明がなされています。 オペレーション(operation) 1 機械などの操作。 2 中央銀行(日本では日本銀行)が手持ちの有価証券を売買して金融を調節する市場操作。 3 作戦。 軍事作戦行動。 4 外科手術。 引用: 機械を操作・操縦したりすることをオペレーションと呼ぶだけではなく、中央銀行が市場操作をすることもオペレーションといいます。 また、医療分野で手術という「オペ」と表現しますが、これもオペレーションの略語です。 このように、様々な働き・動作・作用にオペレーションという言葉が使われています。 ただ、専門分野におけるオペレーションとは異なるかたちで利用される場合があります。 ビジネスシーンにおいては、業務や仕事の運営や管理、手順を決めて実行することを指します。 要するに、仕事に取り掛かるための動作を決めて実行する一連の流れを「オペレーション」と表現するのです。 特に、現場の管理職などよりもさらに上の経営層・経営陣が会社の方針を決めて各事業・各部署に指示をだすことをオペレーション企画・オペレーション設計などと呼ぶ場合もあります。 平たく言ってしまえば、仕事が上手に進むように計画を練って、実行することと言う意味が近いでしょう。 手術も機械操作もオペレーション手順が決まっていないとできないように、日々の仕事や会社経営もオペレーションを練っておく必要があるということですね。 オペレーションの語源・由来・英語表現 オペレーションは、すでに解説した通り「操作・運転」という意味のほか、運営や経営、手術、そして単なる作業までを表す広い意味を持つ言葉です。 言うまでもなくオペレーションは英語で、「operation」からカタカナ語としてそのまま日本でも利用されています。 operationの意味を見てみましょう。 operationとは 主な意味 運転、作動、運行、動き方、運営、経営、会社、企業、手術、作業 引用: 「operation」は名詞なので、「オペレーションをおこなう」などという使い方は本来誤りです。 しかし、ビジネス上では無意識に使ってしまう利用方法でしょう。 英語のoperationの動詞は「operate」と「作動する」「操作する」という意味合いがあります。 ただ、日本では「オペレートする」ということはまずないでしょう。 operationのそもそもの語源についてですが、もともとはラテン語「operari(日:働く・作業する・作動する)」という意味を持つ言葉です。 「opera(日:働く)」+「ate(日:する)」という英語が組み合わさり、「operate」という言葉が使われるようになりました。 もともと働くという意味があるので、ビジネスシーンで使われるのもおかしくはないといえるでしょう。 ビジネス現場でのオペレーション• 経営手法のオペレーション 以下で、2つのオペレーションそれぞれの意味について解説していきます。 ビジネス現場でのオペレーション 会社で働くすべての従業員・経営者にとって共通して必要なのは何でしょうか? ピンとこないかもしれませんが、企業で働く人にとって全員に必要なのは 「ビジョン(経営理念)」「経営戦略」「オペレーション」の3つです。 経営理念や経営戦略がなければ、働く従業員の給料を出すことだって、長期的にはできない会社になってしまいます。 また、戦略がなければ日々の仕事も無くなっていきます。 しかし、理念や戦略だけではなく、実際に日々の仕事をこなす従業員が、オペレーションに基づいて動かなければ、企業は立ち行きません。 実際に手を動かして仕事をする人や、顧客に対して製品・サービスを売る人、そして事務作業で企業経営を効率的にまわす人全員が、オペレーションを担う必要があります。 オペレーションを担うというのは、仕事のひとつひとつの手順を決め、実際に仕事をする役割を部署や従業員一人ひとりに割り振り、目標を達成していくということです。 ビジネス書などで「仕事を効率的に終らせる」というノウハウがたくさん書かれていますが、どれも仕事のオペレーションを効率的にすることと同じ意味だといえるでしょう。 経営手法としてのオペレーション ビジネス現場のオペレーションというと、「仕事のやり方・進め方」というざっくりとした意味合いになってしまいます。 ただ、ビジネスシーンではそういうざっくりした意味合いだけではなく、きちんとした経営手法としてオペレーションという概念が使われています。 会社経営者が、企業で働く人や企業のお金、情報、モノを効果的に動かすには「マネジメント」が必要ですが、マネジメントとオペレーションという言葉には深い関わりがあります。 マネジメントという言葉は、日本語では「経営管理」などと訳されますが、一般に人材・カネ・モノ・情報を適切に管理することとされています。 経営手法としてのマネジメントには「戦略的マネジメント」「オペレーションマネジメント」の2種類があるため、両方をそれぞれ解説していきます。 1 戦略的マネジメント 戦略的マネジメントとは、会社の経営トップや経営陣が考える「会社としてどのような立場を取っていくか?」という戦略や目標を立てることを言います。 戦略は、一人ひとりの社員にまでしっかり浸透していてこそ効果を発揮します。 たとえば、「〇〇市場で瀬谷No. 1を取る製品を作る」という計画があっても、No. 1を取るために何をするべきかが分かっていなければ、社員が動くことはできません。 そこで、経営層から管理職、社員へと「KPI(重要業績評価指標)」を定め、No. 1を取るための計画を数字に落とし込んで社員全員が目標へ向かうことができるようにマネジメントすることが求められます。 「〇〇市場でNo. 1をとる」はあくまでも例ですが、シェア率No. 1を取るにはかなり長い時間がかかることが多いです。 戦略的マネジメントは、そういった長期的な戦略を立てるマネジメント手法であるといえます。 2 オペレーションマネジメント オペレーションマネジメントとは、20世紀半ばまで主に製品メーカーで使われていた考え方で「生産マネジメント」と呼ばれることが多い概念です。 ただし、今ではメーカー以外でも広く使われるマネジメント手法になっています。 戦略的マネジメントが長期的な目線に立ってマネジメントをおこなう手法であるのに対して、 オペレーションマネジメントでは短期間に目標を達成するための業務効率化や業務計画を立て、調整することを指します。 業務効率化のためにプロセスを分析したり、品質や在庫管理、スケジュール管理などをおこなうことを指すのが一般的です。 飲食業界におけるオペレーションの意味 ビジネスシーンの中でも、オペレーションが仕事現場でよく使われるのが「飲食業界」です。 飲食業界におけるオペレーションも、「仕事の手順」という意味では同じです。 飲食業はいかに効率的なオペレーションで店舗経営ができるかが勝負になるため、ほかの業界よりもかなりオペレーション改善に力を入れているところが多いです。 特に、「店舗オペレーション」という考え方で、オペレーションという言葉が使われています。 店舗オペレーション 店舗オペレーションとは、レストランやカフェなどの店舗を運営していくために、スタッフの作業手順、人員配置などを定めることを指す言葉です。 オペレーションが決まっていないと、働くスタッフが効果的に役割分担をすることができなくなりますし、その分お客様へのサービスもおろそかになってしまいます。 店舗オペレーション 特定の店舗を運営して行く上での、スタッフの作業の手順や配置などを含めた運営業務の全般を指す表現。 引用: 飲食業におけるオペレーションは、ある程度役割が決まっており、主に3つのオペレーションに分けることができます。 キッチン(調理)オペレーション:厨房・キッチンでの業務• フロア(ホール)オペレーション:接客・オーダー受付の業務• バックヤードオペレーション:在庫管理・事務などの裏方業務 飲食店全体で利益を上げるためには、この3つのうちすべてがきちんと調整され、業務効率が整っていなければなりません。 イメージしやすいと思いますが、厨房で料理を作るシェフがいくら早く料理を作れても、ホールの注文を取るのがすごく遅かったら、意味がないですよね。 このように、3つそれぞれが独立して改善していきつつも、バランスのとれたオペレーションをくんでいくことが求められます。 3つそれぞれの意味について解説していきます。 1 キッチン(調理)オペレーション キッチンオペレーションとは、料理をいかに効率的に作ることができるかを分析し、改善していくことを指します。 また、料理のミスや失敗を減らすための解決策を見つけることも含まれます。 たとえば、仕込みのタイミングや繁忙期の効率的な料理の方法、料理手順のマニュアル化などをおこなうことで、ひとつひとつ順番に料理をおこなうより素早く料理を作り、お客様に届けることができます。 すでにマニュアル等が整っている店舗がほとんどですが、それはもともと何もないところからひとつひとつ改善点を出していき、従業員全員が誰でも使えるようにした努力の結晶ともいえますね。 2 フロア(ホール)オペレーション お店の人に注文をしようとしても、声が届かず恥ずかしい思いをしたことのある人は多いかもしれません。 お客様にそういう苦労をさせないように、店舗内をくまなく周り、注文をスムーズに取れるようにするのが、フロアオペレーションです。 また、注文をするときに押す呼び出しベルの設置なども、フロアオペレーションを効率化するための一つの方法ですね。 このように、ムダな動きを少なくしつつ、効率的にフロア内を回れるようにするオペレーションのことを指します。 また、キッチン側に注文をまわすときの工夫や、在庫管理との兼ね合いなども考えなければいけないため、調整するべきことが一番多く、臨機応変さが求められるオペレーションでしょう。 3 バックヤードオペレーション バックヤードオペレーションとは、店舗経営のかなめとなる在庫管理や注文管理、店舗のキャンペーン案の考案と実行、様々な事務作業を効率化することです。 キッチンもフロアも、バックヤードがきちんと成り立っているからこそ、効率化を図ることができます。 そのため、店舗にとって最も重要なオペレーションであるといえますね。 ビジネスの経営手法である「オペレーションマネジメント」と同じ意味です。 アパレル業界のうち、服飾品を開発し製造するアパレルメーカーにおける生産管理とは、販売計画から実際の製造過程の管理をおこなうことを言います。 製造工程までがきちんとオペレーションされていないと、よりお客様や販売店に近い営業部門やバックオフィス(バックヤード)である事務・財務などの部門と適切な連携が取れず、会社の当初の計画通り製品を販売することができません。 また、製造工程の管理とは効果的な製造タイミングや設備・生産能力の分析も当てはまるため、アパレルメーカーの経営と切り離すことができないものであるといえます。 金融業界におけるオペレーションの意味 金融業界においてもオペレーションという言葉が使われます。 ただ、意味が広範囲に及ぶことがほとんどなので、現場の状況や業務に合わせて、あなた自身が意味を解釈しなければ行けない難しさがあります。 金融事務などの仕事を指す 金融業界における「金融事務」は、ほかの業界の事務職よりも専門知識を必要とする仕事です。 そして、金融事務の仕事全般をオペレーションということにも注意が必要です。 金融事務の仕事は、営業部門がおこなった取引の内容チェックや営業サポート、取引関係書類の作成など専門知識を必要とするもの。 そのため、会社の経営を左右する概念として「オペレーション」と呼ばれても、何らおかしくないのかもしれません。 日本銀行の公開市場操作(買いオペレーション・売りオペレーション) 金融業界に近いものとして、日本銀行がおこなう「公開市場調査」でオペレーションという言葉が使われます。 具体的には、「買いオペレーション」「売りオペレーション」という2つの言葉で用いられます。 買いオペレーションとは、中央銀行が、民間の金融機関が保有する国債・手形を購入することで市場に資金を供給することを指します。 一方、売りオペレーションとは、日本銀行が持っている国債や手形を民間の金融機関へ売却することで、市場の資金を回収することです。 金融政策で執り行われるオペレーションとして、覚えておきましょう。 IT業界におけるオペレーション IT業界におけるオペレーションは、他業界と比べ専門的な意味合いで用いられている…と思いがちですが、実は基本的な意味はあまり変化しません。 下記では、IT業界におけるオペレーションの事例について解説していきます。 ソフトウェア管理・運用 IT業界におけるオペレーションで最も利用されることが多いのが「ソフトウェアの管理・運用」という意味のオペレーションです。 皆さんがパソコンで使っているソフトウェアは、すべて細かな調整や修正が重ねられ続けています。 たとえば、動作の不具合や特定の状況でのみ起こる不安定な動作、そしてコンピュータウイルスによる被害などです。 ソフトウェアは一度出して終わりではなく、細かな改善を行うことによってよりよいものになり、利用者側が便利に使える機能が追加されたり、より安定して使えるものになっていきます。 そのための調整・改善を行うことを「オペレーション」「オペレーション業務」と呼ぶことがあります。 その他業界・分野で使われるオペレーションの意味 その他の分野で用いられるのが、軍事作戦や軍事行動という意味でのオペレーションです。 一般に「オペレーション・〇〇」という呼び方をされます。 軍事作戦・軍事行動 前述の通り、「オペレーション(operation)」には、軍事的な作戦という意味があります。 軍事行動なので、国際情勢の不安定や戦争・紛争といったネガティブなイメージがあります。 ただ、東日本大震災が発生した際に米軍が緊急救援活動をおこなった「オペレーション・トモダチ(通称:トモダチ作戦)」のように、紛争や戦争などの作戦以外の意味も含まれます。 オペレーションの例文・使い方 オペレーションは本来名詞ですが、ビジネスシーンで活用されるに当たっては、動詞のように活用されることが多いです。 ただし、業界によってオペレーションの意味が変わることは、すでに様々な業界・分野でオペレーションという言葉が使われていることからも明らかです。 そのため、属している業界や関係者の所属する業界、専門分野によって、オペレーションの意味が大幅に変わることに注意しましょう。 オペレーションをおこなう• オペレーションを組む• オペレーションを磨く• オペレーションを回す もし、取引先や顧客、上司と会話する中で、「オペレーション」という言葉を使われた場合、具体的に何を指すのかをしっかり確認したほうが良いでしょう。 しかし、「オペレーションとは具体的にどんなことですか?」と聴くと相手の気分を害する可能性があるので、 「オペレーションとは〇〇ということでよろしいですか?」と一言添えるように質問するのが良いでしょう。 では、頻繁に使われるオペレーションの使い方・例文をそれぞれご紹介、解説していきます。 「オペレーションを行う」 ビジネスシーンで「オペレーションを行う」と表現する場合、特定の業務を実際に実施することを指します。 また、何らかの操作を行うことも意味に含みます。 設計した業務フローにしたがってオペレーションを行う。 「オペレーションする」 「オペレーションを行う」と同様に、特定の業務を実際に実施することを「オペレーションする」と表現することもあります。 オペレーションする前に業務フローの見直しが必要である。 「オペレーションを組む/構築する」 実際のオペレーション(業務や操作など)を行うための流れを整理して実行できるように取り決めることを「オペレーションを組む」「オペレーションを構築する」と表現することがあります。 ボトルネックが発生しないオペレーションを構築する(組む) 「オペレーションミス」 操作や業務手順などにミスが発生することを「オペレーションミス」と表現します。 ヒューマンエラー(人為的なミス)などと同一の意味を持つこともあります。 オペレーションミスにより、生産ラインが一時的にストップする状態となった。 「オペレーションを回す」 「オペレーションを回す」は、主に2つの意味で用いられます。 ひとつは、「オペレーションを行う」と同じ「実施する」というニュアンスです。 もうひとつは、「オペレーションを問題点を改善しながらぐるぐるとなんども実施する」と言うニュアンスになります。 改善のPDCAサイクルの各行程を踏みながらオペレーションを回す。 「オペレーションを磨く/改善する」 「オペレーションを磨く」「オペレーションを改善する」は、どちらも「業務手順や運用方法、操作方法などをよくしていくこと/問題点を洗い出してもっと効率的なものにしていくこと」を意味します。 業務プロセスにおける改善なども、この「磨く」「改善する」に含まれます。 オペレーションを磨き上げ、さらに効率的な運用ができるようボトルネックを解消していく。 オペレーションを改善し、社員一人あたりの生産性が劇的に高まる。 オペレーションの類語・言い換え語 オペレーションの類語は様々です。 すでに解説しているものもありますが、シチュエーションによって大きく異るオペレーションの意味を理解するうえで便利なので、ここで一覧で掲載します。 演算・計算・データ処理• 医療行為・手術• 軍事行動・作戦・戦法・軍略・兵法• 作用・働き・作業• 運転・操作• 運営・経営・操業 オペレーションという言葉をあなたが使う場合、シチュエーションや相手によって、上記の類語で言い換えると良いと思います。 良くも悪くも広い意味の用語なので使い分けが大切になります。 下記では、具体的なオペレーションの言い換え語をご紹介、解説しています。 オペレーションの類語|マネジメント マネジメントは、経営資源を使い組織の経営管理をおこなうことで、「マネージャー」「管理職」などの役職を持つ人の職務内容の一般的な呼び方になります。 内容はオペレーションと同様に各業界で業務が異なりますし、企業によっても権限や職務範囲は様々なものがあります。 しかし、経営層と現場の橋渡しを行う点では、オペレーションと職務内容が重なり合う部分があります。 また、「オペレーションマネジメント」と呼ばれる、オペレーションの構築から実施を管理する役職が存在する場合もあります。 オペレーションの類語|ディレクション ディレクションとは、ビジネスシーンにおいては「製作指導」「進行管理」などを意味する管理職・マネジメント層の職務内容を指します。 進行管理はオペレーション自体を管理することと同じ意味を持つことがあるほか、部下やチームメンバー、プロジェクトメンバーの指揮をとる役割を担うこともあります。 オペレーションの類語|コントロール 「コントロール」と言えば、「制御」「調節」を意味する言葉となります。 オペレーションには、「操作」などの意味がありため、コントロールと意味を同じにする場合があります。 ニュアンスの違いとしては、オペレーションは業務の流れを全体的に捉えるのに対して、コントロールは「オペレーションの一部を調節し問題点を解消する=コントロールする」などで用いる点が挙げられます。 オペレーションの類語|ハンドルを握る 「ハンドルを握る」もしくは「ハンドリング」などと表現されることがあります。 組織における管理やオペレーションの指揮、管理などを行うことを一般的に指しますが、「チームの指揮をとる」「リーダーとしてメンバーをまとめ上げる」「業務の中心の役割を担い、プロジェクトの手綱を握る」などと言い換えることもできる言葉です。 オペレーションの類語|その他言い換え表現一覧 その他、オペレーションに関連する言葉や、ときとして言い換え語として活用できる言葉一覧は下記の通りです。 手綱を握る• 操縦する• 運用する• 制御する• 舵を取る• 業務デザインを行う オペレーションの対義語|シミュレーション オペレーションの対義語は「シミュレーション(練習・模擬実験)」などのことを指します。 現場での働きや作業ではなく、あくまでも模擬・仮想上で試してみることをシミュレーションといいます。 こちらはオペレーションより使いやすい言葉です。 シミュレーション(英: simulation)は、何らかのシステムの挙動を、それとほぼ同じ法則に支配される他のシステムやコンピュータなどによって模擬すること[1]。 simulationには「模擬実験」や「模擬訓練」という意味もある[2]。 なお「シミュレイション」と表記することもまれにある[3]。 引用: 「シミュレーションで予測や算段を立てたのち、オペレーションを組む」といった使い方ができるでしょう。 ここまで、オペレーションの意味や定義、そしてビジネスシーンにおける使い方を解説してきました。 また、数多くの業界・分野でオペレーションという言葉が使われていることも、同時にご紹介してきました。 シチュエーションによって大きく意味が異なる言葉なので、類語などを参考に正しく理解するようにしましょう。 転職したい?希望条件の転職先を探すための方法とコツ ここでは、転職を少しでも検討している方に向けて、転職活動を始めるにあたって必ずおさえておくべきことをご紹介していきます。 1 転職サイト選びは慎重におこなう これから転職活動を少しでも始めたいと考えている方の中には、まだ実際に求人情報を探し始めていない方がほとんどだと思います。 転職活動でいちばん大切なことは「どうやって転職求人を探すのか?」ということです。 しかし、転職サイトといっても様々なものがありますし、利用できる転職者のターゲットや、効果的な活用法が異なります。 転職サイト選びに悩んでしまう理由は、 「そもそもなぜ転職サイトを使うべきなのか?」という根本が分からないからです。 下記記事では、転職サイトのランキングをご紹介しつつ、効果的な活用法や注意点について解説しています。 転職サイトを通じて求人を探したい方は、ぜひ下記記事を参考にして、自分に合った転職サイトを見つけてみてください。 おすすめ記事: 3 転職が初めてなら、「転職エージェント」を使うべき! 転職活動の流れは知っているけど、それでもまだまだ転職は不安…そう感じてしまう人もいるのではないでしょうか? 頭では分かっていても、実際に転職に踏み出す勇気がなかなか出ない人もいるでしょう。 また、単純に仕事が忙しく、転職したいけどできないという方もいると思います。 ただ、そんな人でも転職活動をおこなうことは可能です。 忙しい人や一人で転職活動を始めるのが不安な方は、求人紹介や転職相談、面接対策や日程調整まで様々なサポートを無料でしてくれる「転職エージェント」を活用しましょう。 在職中に転職活動を始めれば、リスク無しで好条件の求人を探すことができます。 もちろん、良い転職先が見つからないのであればムリに転職先を選ぶ必要はありません。 下記記事では、あなたにおすすめの転職エージェントが見つかるよう、転職エージェントランキングをご紹介しています。 ぜひ、自分に合った転職エージェントを見つけてください。 おすすめ記事:.

次の

「認識」の意味と使い方をわかりやすく解説!類語「認知、意識」との違い、英語も紹介

共通 類語

「懇切丁寧」の意味とは? 「懇切丁寧」の意味は「手厚く親切」 「懇切丁寧(こんせつていねい)」とは「細かいところまで配慮されていて、手厚く親切であること」を意味する四字熟語です。 「懇切」が「心が行き届いていて親切なこと」を、「丁寧」が「礼儀正しいこと」をそれぞれ意味しています。 漢字「懇」の書き方に注意 「懇切丁寧」の「懇」は日常的に多用される漢字ではありません。 とくに「懇」の「豸」という部分は、画数が多いこともあって間違えられやすい傾向にあります。 「豸」はカタカナの「ノ」「ツ」と書き始めることで、書き間違えを防ぎましょう。 「懇切丁寧」の使い方と例文 「懇切丁寧」は目上・目下に使える 「懇切丁寧」は目上・目下どちらへも使用できます。 とくにビジネスシーンでは、目上の相手から親切にしてもらう状況で多く使われます。 「懇切丁寧」自体は四字熟語であるため、目上の相手へ使う場合は敬語表現をくわえて使用しましょう。 「懇切丁寧に教えていただき」は敬語を加えた表現 「懇切丁寧」の使い方の1つが「懇切丁寧に教えていただき」です。 「懇切丁寧に教えていただき」は敬語をくわえた表現で、目上への使用に適しています。 手厚く親切に教えてもらった状況で使用しましょう。 例文 ・宿泊先の懇到切至な対応のおかげで、心から安らぐことができた。 ・先生の懇到切至な説明のおかげで、初心者のわたしでさえ理解できました。 「親切丁寧」と「懇切丁寧」は違う 「懇切丁寧」と似た言葉に「親切丁寧」があります。 「懇切」と「親切」の意味に大きな違いはないものの、「懇切丁寧」は四字熟語なのに対し、「親切丁寧」は正しい四字熟語ではありません。 「親切丁寧」は「親切・丁寧な接客をこころがける」のように、「親切」と「丁寧」の2つに分けて使われていました。 次第に「親切丁寧」の形で使われるようになりましたが、辞書には「親切丁寧」という四字熟語は記載されていません。 そのため、人によっては「親切丁寧」は誤用だと捉える人もいるため、使用には注意しましょう。 「懇切丁寧」の英語表現とは? 「懇切丁寧」は英語で「Polite」 「懇切丁寧」の英語表現に適しているのが「Polite」です。 「Polite」とは「丁寧」「礼儀正しい」を意味する単語で「Polite explanation(丁寧な説明)」のように使用できます。 ただ、「Polite」は「説明自体が丁寧で理解しやすい」という意味ではなく、「説明する態度が丁寧であるさま」を表します。 説明する態度ではなく、説明自体がわかりやすく丁寧であることを表したい場合は、「Comprehensible」を使用しましょう。 「Comprehensible」は「わかりやすいこと」を意味しているため、「Comprehensible explanation(わかりやすい説明)」と使うことで丁寧であることを表せます。 まとめ 「懇切丁寧」とは「とても手厚く親切であること」を意味する四字熟語です。 目上・目下どちらへも使用でき、「懇切丁寧に教える」や「懇切丁寧な対応」のように表します。 類語には「懇到切至」が適しているため、「懇切丁寧」以外の表現を使いたい場合は言い換えてみましょう。

次の