さつまいも サラダ レンジ。 【みんなが作ってる】 さつま芋 サラダ レンジのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが332万品

レンジだけでできる 海老とさつまいものサラダ

さつまいも サラダ レンジ

品種によって「ホクホク」「ねっとり」など食感に違いが出るので、いろいろ食べ比べても楽しいですよ。 さらに、甘さを最大限に引き出したいなら、掘ってすぐより寝かせるのがおすすめです。 【準備するもの】• ペーパータオル• 小さいものは加熱時間を短くする 作り方 1 さつまいもを水洗いし、濡れたままペーパータオルでくるむ 適度な水分が必要なので、全体をしっとり濡らすのがポイント。 2 1の上からラップでくるむ ラップが蒸気を閉じ込めて温度を保つので、隙間ができないようにくるむ。 200g程度の小さめのさつまいもなら1分でOK。 小さめのさつまいもなら8分程度、200Wがなければ解凍モードでもOK。 5 竹串でやわらかさを確認 ラップとペーパータオルをめくり、太い部分に竹串を刺してスッと通れば完成(さつまいもが熱くなっているのでやけどに注意)。 かたさが残っていればペーパータオルとラップを元に戻し、竹串が通るまで200Wの電子レンジで30秒ずつ、追加で加熱する。 【さつまいもの冷凍】加熱後に冷凍が美味 作った焼きいもが食べきれない場合は冷凍保存を。 解凍後に食べやすいのは、マッシュか角切りです。 やわらかくて包丁で切りにくければマッシュがおすすめ。 マッシュの場合、300gなら冷凍用保存袋Sサイズ2枚がぴったりです。 【冷凍方法】• 加熱後、粗熱が取れたら、皮をむいてマッシュか、皮つきのまま角切りにする。 冷めたらマッシュはそのまま冷凍用保存袋に入れて平たくし、空気を抜くように袋の口を閉じて、一食分ずつ菜箸などで線をつけてから冷凍する。 角切りの場合は、1食分ずつラップに包んでから冷凍用保存袋に入れ、口を閉じて冷凍する。 どちらも冷凍庫で2週間程度保存可能。 【解凍方法&食べ方】 冷蔵庫で自然解凍か、電子レンジの解凍モードで解凍する。 マッシュはポタージュやスイートポテトに。 リンゴやレーズンと一緒にマヨネーズであえてサラダにも。 角切りはそのままおやつとして食べたり、野菜サラダのトッピングに。

次の

【レンジで時短】アレンジ幅が無限大、秋冬は「さつまいも」でポテトサラダ

さつまいも サラダ レンジ

さつまいもの簡単なふかし方は? さつまいもを簡単にふかすには、どんな方法がよいでしょう。 さつまいものふかし方は蒸し器や炊飯器、オーブンなどいろいろあります。 蒸し器の場合は基本20分ほどかかりますし、鍋に水を入れたり洗ったりと片付けも大変です。 そもそも、蒸し器があるご家庭は、そう多くないと思います。 炊飯器は入れるだけでふかせますが、ご飯を炊いている時は使えません。 オーブンも、濡れた新聞紙に包んで焼くなどして20~30分はかかります。 そこで、一番手早くおいしく作れるのは電子レンジです。 電子レンジでさつまいもをふかすには 基本的な方法は、 「濡れた新聞紙やキッチンペーパで包みラップをして加熱」です。 ただ、加熱時間やワット数は、やり方がいろいろあります。 調べた中で多かった方法は、2つです。 その1: レンジ強(600W)で約3分加熱後、解凍モードで約10分加熱 その2: レンジ強(600W)で約1分加熱後、レンジ弱(160W・200W)で約10分~15分加熱 さつまいもは、じっくり時間をかけて加熱することで甘みが増すため、 低温でじっくり温める時間を作ると甘くなるようです。 ただし、レンジ強で加熱した後解凍モードを使うと、庫内温度が高温で解凍モードが使えないエラーになる場合もあります。 解凍モードとレンジ弱で違いがあるのかを試してみましたが、ほとんど違いはありませんでしたので、 「その2」のやり方のほうがやりやすいかもしれません。 電子レンジを使ったさつまいものふかし方 上記を踏まえて、一般的な電子レンジでできるさつまいものふかし方を説明します。

次の

さつまいもを使ったレンジレシピ5選(弁当おかず&おやつ)

さつまいも サラダ レンジ

もくじ• どういったメカニズムかというと、さつまいもに含まれるでんぷんが加熱することにより麦芽糖に変わります。 よって、麦芽糖の力で甘くなるのです。 温度は 60度~75度くらいがベストです! 時間は 最低でも30分。 短時間加熱では駄目! 長ければ長いほど甘くなります。 更に調理法によっては甘さが 3~5倍ほどにも増すんです。 これは本当に驚きの数字です! 次にさつまいもが甘くなるおいしいふかし方を紹介していきますが「そう言えば甘かった」とか「特別な芋を使っていると思っていた」なんて感じるかもしれませんね。 もちろん芋の種類も関係はしてきますが、1番は 加熱温度と加熱時間です。 それさえ覚えておけばさつまいもを甘く蒸すのに役立てることが出来ます。 数年前からスーパーで売られている「石焼き芋」が人気商品となっています。 昔は石焼き芋屋さんがトラックでまわってきていましたが、今はあまり見かけません。 特に年配の方がこぞって買っているのをよく見かけます。 家ではあんな美味しい石焼き芋は出来ない!と思っている方、そんなことはないですよ。 健康的なおやつにもなりますし、その他お菓子作りの材料や料理にだってなりますから。 831s. shtml それでは実際にさつまいもの甘くなるおいしいふかし方を紹介していきます。 同じさつまいもを食べるなら甘く美味しい方が良いですよね? すぐに実践出来ますので、やってみて下さい。 すべて 皮付きのさつまいもを使いますので、間違って皮を剥かないようにして下さいね。 1番はじめに蒸したいさつまいものグラムを測っておいて下さい。 重さによって加熱時間が変わってきますので、はじめに測っておくとスムーズに進めることが出来ます。 買って来たさつまいもはよく洗って、フォークなどを使って何カ所か穴をあけます。 さつまいもは特に水気は拭き取らなくても結構です。 次に新聞紙2枚を水で湿らせ、さつまいもをくるみます。 電子レンジのテーブルの下に箸を2膳おき、その上にさつまいもを置きます。 上げ底にしてあげるのです。 電子レンジ200Wで100gあたり約6分加熱をします。 ワット数はご自宅にある電子レンジで 1番低いワット数を使って下さい。 その方がじっくり加熱が出来、甘く仕上げることが出来ます。 つまいもの真ん中(その中でも太そうな部分)に竹串を刺しみてすーっと通れば出来上がりです。 材料は芋10㎝ほどを2本、ラップが必要です。 さつまいもをよく洗い、ラップできっちりと包む。 お使いの電子レンジの1番低いワット数で10分加熱する。 更に裏返して10分加熱します。 最後は竹串を刺してみてすーっと通れば出来上がりです。 ラップでも問題ないと思います。 そのまま置いて加熱するとどうしても加熱ムラがおきます。 だから、裏返すという手順が加わっているのです。 blog. fc2. html• 蒸し器に水を入れ、コンロにセットしておく。 買って来たさつまいもを洗い、蒸し器に入れる。 蓋をして、一気に強火にして沸騰させます。 (さつまいもを入れるまでは蒸し器は火にかけなくて良いです。 蒸し器が 冷たい状態から入れてじっくり温度を上げながら加熱していきます)。 蒸気が出てきたら、少し蒸気が出るような火の強さに調節し、30分蒸します。 大きさによっても時間は変わってきますので、最後は竹串を刺してみてすーっと通るようでしたら完成です。 まずは買って来たさつまいもは洗って炊飯器に入れます。 この時、さつまいもは切らずに丸のまま1本入れます。 もし炊飯器に入らないサイズの場合は切っても良いですが、 なるべく切らなくても良い長さのさつまいもを選んで下さい• 炊飯器のスイッチを入れます。 何とこれだけです! とっても簡単ですし、火加減の心配もなく蒸し器を出すこともなく便利ですね。 蒸し器がないという方にも非常におすすめの方法です。 html 何と! 米と一緒に炊飯するという方法です。 大丈夫なの?と不安に思うかもしれませんが、全く問題ありません。 そしてエコな方法です。 通常通りに米と水を炊飯器にセットします。 さつまいもは水で洗ってアルミホイルに包んでおきます。 米の上にホイルで包んださつまいもを乗せて炊飯器のスイッチを入れれば後は炊飯器任せです。 こちらの方法もとても簡単に出来ます。 更に違う楽しみ方あります! 炊飯器で蒸したおいしいさつまいもを、トースターで5分~10分焼くという方法です。 皮付きでも皮をむいた状態でもどちらでも可です! 皮付きの場合は、皮がパリパリ。 皮をむくと少し焼き色がついて香ばしく仕上がります。 お好みでどうぞ。 html• さつまいもはよく洗っておきます。 圧力鍋に洗ったさつまいもとひたひたになるくらいの水を入れて蓋をします。 火を強火にかけ、圧力がかかりはじめたら適度に火を弱め、圧力がかかってから7分~8分加熱します。 圧力を抜いて蓋を取り、お湯から取りだして完成です。 圧力鍋に1本丸ごと入らなければ切っても良いです。 ですが、小さなさつまいもは少しでも加熱しすぎると崩れ溶けてしまいます。 そのため、切るのでしたら大きさを揃えることと、 加熱し過ぎないように注意して下さい。 さつまいもはよく洗い、漉し器やザルなどに入れておきます。 (100円ショップに売っている 漉し器が便利です。 ザルだとどうしても厚みが出てしまい大きな鍋が必要になることと、丸い形のためさつまいも同士が重なってしまいます。 大きめの鍋に水を3㎝程度張ります。 その中に野菜の型抜きやプリンカップ(ステンレスのもの)などを置きます。 漉し器ごと野菜の型抜きやプリンカップの上に置きます。 蓋をして強火に火にかけます。 蒸気が出てきたら、少し蒸気が出るような火の強さに調節し、30分蒸します。 大きさによっても時間は変わってきますので、最後は竹串を刺してみてすーっと通るようでしたら完成です。

次の