ライキン レイアウト。 ゲームの基礎

【TCDテーマ】子テーマ作成でレイアウトが崩れる原因【1分で解決】

ライキン レイアウト

ライキンの戦力を効率よく上げる方法1:優先してレベルアップさせる施設について ライキンにはいろいろな施設がありますが、効率よく戦力を上げていくためには以下の3つの施設を優先的に強化することをおすすめします。 訓練所• 学院 理由を1つずつ解説していきます。 政庁 政庁は都市の中心であり、 他の施設のレベルは政庁のレベル以上に上げることができません。 また、政庁をレベルアップアップさせれば野蛮人や敵の都市を攻める際に編成できる 部隊数を上げることができるため、戦闘で一気に有利になります。 政庁をレベルアップさせるためには、特定の施設のレベルを一定以上に上げないといけないので、村の施設を強化していく際は「政庁をレベルアップさせるのに必要な施設」からレベルを上げていくことをおすすめします。 やみくもに施設を強化していると資源不足になって、村の発展が遅れてしまうので注意してください。 訓練所 ライキンで、もっとも戦力の増加に直結するのが 都市 に 配置する 部隊です。 そこで重要になるのが 訓練所です。 訓練所で部隊を訓練し、村に配置することで格段に戦力が上がっていくため、訓練場を強化しておかないと訓練がスムーズにできず戦力の増加が遅れてしまいます。 訓練所を優先的に強化して 訓練速度と、同時に 訓練できる兵士の数を上げておきましょう。 学院 学院のレベルを上げ、より高度な研究を行うことで、部隊を強化したり資源の入手効率を上げたりすることができます。 また、この記事の下で詳しく解説している兵士のランクアップにも重要になってくるので、政庁と共に優先的にレベルアップさせていきましょう。 加速アイテムについて また、これは個人的な意見ですが 建設加速アイテムは序盤からどんどん使って大丈夫です。 正直、後に取っておいても建設が進むと1回の施設のレベルアップや研究にかなり時間がかかるようになるので、5分や15分の加速アイテムを使う意味があまりありません。 建設時間が比較的短い序盤から使っておいて、建設時間が長くかかるようになってきたら放置で完成を待つという方法がベストだと思います。 ライキンの戦力を効率よく上げる方法2:部隊をランクアップする 戦力を上げる上で、政庁の次に重要なのが 学院をレベルアップさせて部隊のランクを上げることです。 方法1で説明したように、ライキンは部隊を訓練して村に設置することで戦力を上げていきます。 なので、 配置する部隊1人当たりの強さを上げることで戦力の伸び幅が一気にあがります。 僕も最初は初期ランクの部隊をどんどん訓練していたんですが、途中から1ランク上の部隊を訓練するようにしたところ、戦力がかなり上がりました。 部隊のランクを上げるには、ランクアップさせたい 部隊を解放(研究)する必要があります。 各部隊とのに 3回強化すると次のランクの部隊を解放することができるので、まずはランク2の部隊を解放することを目標にしてみてください。 また、部隊をランクアップさせた場合は、すでに訓練している 「ひとつ前のランクの部隊」を新しいランクにアップグレードしましょう。 訓練所より右上のアイコンをタップすることで、 部隊をあたらしいランクの兵士へアップグレードすることができます。 ライキンの戦力を効率よく上げる方法3:指揮官の強化 総戦力には指揮官戦力も含まれます。 指揮官のレベルが上がると、戦力だけでなく 部隊数の上限が上がり1度に戦いに参加できる部隊の数が増えるので、野蛮人やプレーヤーとの対戦で有利になります。 このゲームは、格上の相手でも数で圧倒すれば十分勝てるので、敵に勝てないという方はまず部隊数の上限を上げて数で勝負してみてください。 また、指揮官を強化する際は 戦闘用の指揮官と 採取用の指揮官を最低1体ずつ強化しておきましょう。 さらに、戦闘用の指揮官は天賦ポイントを 攻撃系のマスに、 採取用の指揮官は、 採取系のマスに天賦ポイントを割り振って強化しておきましょう。 ちなみに、指揮官は 酒場の宝箱からランダムで入手することができます。 いわゆるガチャですね。 宝箱を開けるための鍵は デイリーミッションなどで無料でかなり入手できるので、ここは課金しないことをおすすめします。 まとめ:兵士のランクアップは必須! 効率のいい戦力の上げ方について解説しました。 戦力を大幅に上げるには兵士のランクアップが不可欠なので、政庁のレベルを上げながら学院で兵士を研究していきましょう。

次の

【RoK】政庁のステータスと建設条件【Rise of Kingdoms】

ライキン レイアウト

私のTips 私のTips 私の「Tips」を御紹介します。 たいした内容では無いのですが、全て私が実践している例で、書籍などでもあまり紹介されていない様な便利な方法を解説・紹介しています。 中には、役に立つものもありますよ。 ホコリはレイアウトオーナー共通の悩みですね。 私は、NでもZでも「かぶりつき」なので仮にカバーがあっても運転中は外したいタイプです。 だから、多かれ少なかれホコリは付いてしまいます。 良く話題になるレールのほうはクリーニングカーもありますし、ここでも紹介している「わりばし」を使った方法もあり、さほど問題ではありません。 一方、ジオラマ上、特に樹木の上や、信号機、電柱、フィギュアなどに付着したホコリは手作業でコツコツと掃除するしかありません。 しかし、ホコリはからみついていて掃除機で吸ったくらいでは簡単にきれいにならず、結構「深刻な問題」なのです。 そんなわけで、私はいつも写真のように掃除機と絵筆を使っています。 絵筆は大きめの平筆で、できるだけ筆先の柔らかな比較的高級なものを用意します。 馬毛などの16号以上がおすすめで、高級と言っても500円程度ですから出費は惜しんではいけません。 (この写真のものは100円ショップのもの(15号)ですが、筆先が硬くて使いづらいです) 掃除機で吸いながら、吸引口の前で、筆でホコリをなで落とし(なで上げ)ます。 樹木の上のホコリはすぐには取れませんから、そぉっと、繰り返しなで落とすときれいになります。 樹木の上の掃除には特にいいのですが、ストラクチャやフィギュアの置いたプラットホーム、信号機、鉄路柵、踏切から、鉄柱、コースターフをまいた地面までこの方法できれいにできます。 レイアウトが固定の場合には、奥行きが450〜600mm程度のレイアウトでしか使えない手です。 しかし、固定でなければ大丈夫。 畳一枚サイズのレイアウトであってもレイアウトを立てかけて作業をすることで、ストラクチャの破損などのリスクも少なく、この方法が使えます。 「・・・レイアウト製作記」中でも紹介していますが、こちらにもあらためて掲載しておきます。 (一部重複しますがご了承下さい) 使用する樹木はマメツゲ(庭木ではキンメツゲが類似しています)という低木です。 公園などで丸く仕立てられているのをよく見かけるものです。 鉢植えでも育てられるようで、一株、植えておくとレイアウターさんには便利かも知れませんね。 HOnなどに使うやや大きな樹木の場合はツツジの枝もいい感じで使えます。 外へ出るのが面倒だという方はつまようじでもOKですが、つまようじの幹は塗装が必要になります。 この樹の葉は、株の表面は緑色できれいでも、中の方や下の方は枯れ枝が密集してることが多いです。 株が弱ってはいけません(笑)ので、剪定よろしく適当に間引いてあげます。 作業は、ビニール袋と剪定バサミ(又はニッパー)を持参しますと便利です。 くれぐれも、元気な枝をむやみに切ったりしないでください。 枯れ枝とか、結構株下にも落ちている枝があるのでそういうものを採集します。 このようにして採集してきた枝は以下のような感じです。 長さは適当に30mm〜100mmまでいろいろです。 持ち帰った枝は成形し、小枝などを取り除いて基本的に一本立ちの形状に仕立てます。 これに、フォーリッジクラスター(明緑色)をちぎったものをボンドG17かGクリアーで貼り付けます。 幹の塗装は不要で、できあがった樹は以下の通りです。 この写真の樹木は植えたときに20mm〜50mm程度のものです。 現在までに8年以上の使用実績があり、耐久性の面では問題無いようです。 レイアウト中に植えた様子は、各製作記のページをご参照下さい。 最近になって、キンモクセイが使えることを発見し、試しています。 キンモクセイは枝の切断面が緑色で、だめだなぁ〜と思っていましたが、1週間ほども乾燥させると白〜茶になって違和感が減少します。 下の写真の右側のものが切断直後。 左側のものは1週間放置して乾燥したものです。 横に飛び出た小枝もはぎ取り、その時ははぎ取ったところが緑色になりますが乾燥で気にならなくなります。 太さは2. 5mm〜8mm程度のものを用います。 HOnでは20cm〜60cmと運材台車にぴったりのサイズです。 我が家では庭にキンモクセイを植えていますので、この樹木はタダでできます。 以下は、運材台車に載せてみた様子です。 ただ、塗るだけでもいいのですが出来映えが単調になります。 紙粘土を塗装前に、適当に薄く塗りつけてから塗装することでより実感のあるものになります。 紙粘土には必ず少量の木工ボンドを混ぜます。 そうすることでひび割れを防ぎ、耐久性を向上できます。 ちょうど、レンガや石垣に土砂が流れたものが付着した様子とか、そういう感じの表現ができます。 この方法は、建物の壁、家の瓦屋根、わらぶき屋根、鉄橋などにもいろいろ使えます。 紙粘土のほか、プラスターでも同じ効果が得られます。 下の写真はグリーンマックスのトンネルポータルにプラスターを施した例です。 Nゲージの小型レイアウト 3 の駅ホーム前の石垣も参考にしてください。 道路標識を取り付けたり、鉄路柵やガードレールを取り付けたりするのにピンセットを使用しますが、取り付け穴もピンセットであけてしまうと作業がとてもはかどります。 工具の持ち替えが要らず、穴あけの際に木屑が散乱しないと言うメリットもあります。 ステンレス製で先の尖った、比較的安価なピンセットを別途用意します。 以下の写真のように。 樹はウッドランドシーニックス社の「針葉樹キット(42本入)」をメインに用いたのですが、このキットにはNゲージ用としても高すぎるものが含まれます。 そこで、1度植えてしまった樹を切断して、本数を都合2倍にする荒技を使いました。 手順は、以下のような感じです。 この手順で、40本ほど樹を増加させました。 既にレイアウトが完成している方には意外といい改造手法だったりしますので、要検討ですよ。 しかし、私が使用したウッドランドシーニックスのバラストもそうですが軽石や天然の石でできている小粒のバラストは、購入時は粉まみれでややほこったようになっていて、そこに、前記のボンド水をスポイトでたらしても、はじいてしまって表面張力でバラストが崩れてしまったりします。 それで、通常はボンド水の滴下前に、洗剤を加えた水を霧吹きでレイアウト全体に吹いてあらかじめバラストを湿らせるのですが、その際、ポイントなど濡らしたくないところにはカバーが必要ですし、レイアウト上だけでなく、その周辺までびっしょりと濡れてしまいます。 この対策として、一手間かかりますが良い方法がありますので紹介いたします。 ・先ず、タッパーなどの容器を用いて、水でお米を磨ぐように水に濁りが無くなるまでバラストを洗ってしまいます。 (下の写真) ・何度かゆすいで水の濁りが少なくなれば、最後に洗剤を少量加えて水を切り、乾かします。 ・乾燥は自然に放置すると1日かかるので、ドライヤーなどを使います。 (ガラスケースを使えば電子レンジも使えるようですが、少しずつ加熱する方がいいでしょう) ・そして、生乾きのところ、まだ、石の表面は水ぬれの色は残っているけどパラパラになったというところでやめ、バラストまきを行ないます。 この状態で、バラストが完全に乾いてしまう前に、前記のボンド水をスポイトで滴下すると実に良くなじんでくれます。 もし、まいている途中で容器内のバラストが乾いてしまったら霧吹きか、適当に水分を加えて混ぜ直せば生乾きに戻ります。 また、まいたバラストが作業途中で乾いてしまっても、前記の洗う作業を入れるだけでずいぶんボンド水のはじき具合は改善されます。 水に浸けるとこんなに濁るほど「バラスト粉」が混ざっています。 この写真はウッドランドシーニックスのミディアムサイズです。 Tomixのバラストは、重く表面につやがありこのような作業は必要ありませんが、Nには大きすぎるという欠点があります。 布やガーゼを直接、又は、わりばし等に止めて、クリーニング液などをしみ込ませて拭くのが通常と思いますが、私の場合は、わりばしの端面で直接線路を拭いています。 フレキではあまり問題はないかもしれませんが、私のように道床付きレールでレイアウトを構成した場合、布やガーゼがレールの接続部分に引っ掛り、クリーニング作業時の大きなストレスになります。 わりばしは布のようにクズがレールのつなぎめに残ることも無く、多少の力も入れれるのでこびりついた汚れも落とせます。 当初、わりばしの先に布を付けていたのですが、少し掃除するとすぐに布に穴が空いてしまい何のために布を付けているのやら... といった始末でした。 レールにも特に悪い影響があるとは思えませんし、気に入っている方法です。 わりばしの端面はすぐに黒い筋が付くので少しづつずらしたり、切断しながら使います。 また、この方法はレール面の塗装を落とすときにも使えます。 この場合は通常のわりばしよりも竹製のわりばしがお勧めです。 一方、前述のTomixのマルチレールクリーニングカーについても気に入って使っていますが、これはTomixの常点灯対応パワーパックでないとパワーがいまひとつです。 当初、N-500を用いていましたがディスクの回転もそこそこで、低速走行ではパワー不足でした。 N-1000-CLを使うととても強力で吸引モードでは固着が十分でなかったバラストまで吸い上げます。 それと、湿式クリーニング時の牽引は、やや大きめの機関車か重連でないとポイント部分等で少し引っ掛りが出ます。 なお、説明書にはKATO等の他メーカの常点灯対応コントローラでは使用しないようにとの注意書きがあります。 こんな感じです。 写真のように手の届かないところを磨けます。 これは、折れにくい竹製のわりばし。 蒸機など車輪の多いM車には便利でしたが、アルミフォイルは貼るのが面倒でした。 最近では裏に粘着性のある銅テープを用いたものを使っています。 銅テープは、以前は一般では入手が困難でしたが、近ごろは園芸店でナメクジよけ等として入手できます(植木鉢の周囲にぐるりと貼るとナメクジが登ってこれないんですねぇ)。 その後、大手の100円ショップ等でも「銅箔テープ」を見つけ、おどろきました。 軽いボギーのM車では、フランジの先との接触が甘く効果薄ですが、そこそこ重量のある蒸機等ではなかなか役に立ちます。 完成品が津川洋行で入手できるそうです。 どうしても接触不良は生じますので、載せるだけでは上手く動かない事が多く、動力車を軽く上から押してやるなどのオペレーション上の工夫は必要です。 でも、通常のリレーラーに比べるとずっと良いです。 それからはKATOの蒸機の大きさも気にならなくなり、むしろバランスがいいなあと感じれる様になりました。 私がレイアウト上で、意識的に実施・考慮しているデフォルメはあまり無いのですが、以下の点を意識的に実施しました。 ・樹木を大きめにしています。 一方、山上の樹は小さくしています。 ・道路をやや狭くしています。 広すぎると小さなレイアウトではかえって不自然なようです。 ・バラストはやや大きめでも違和感が無いようです。 デフォルメというのは、過ぎると下品で違和感も出てきますが、適度に取り入れることで実感が増して、とても良い効果が得れるものです。 それでも立派に標準軌で18m級の電車が走っていました。 それよりも前はR30を切るカーブが点在していたようで15m程度の電車でしたがちゃんと2輛以上で走っていました。 効果的なジオラマがあるR243に比べると、ベニヤ平原のR317の方がずっとカーブがきつく見えるもんなんです。 所詮、山の断面だったり、地面の断面であったりして、「眺める対象」ではないですから、どうでもいいはずです。 側面もレイアウトパネルのウラ面のようなものなんて思っていました。 側面はウラ面とは違って確かに目には入りますが、そこをグレーに塗ろうがブラックに塗ろうが、あるいはニス塗りしようが、それを鑑賞するわけではありませんので、私の場合、興味の対象から外れていました。 しかし、塗装をすると、製作したレイアウトがワンランク良い出来に見える事も事実です。 レイアウトの側面は、写真や絵画における額縁と考えて下さい。 是非とも、側面は塗りましょう。 色はブラウン〜グリーン系がよく、ブルー、イエローなど派手な色は逆効果となります。 また、一見良さそうに感じるグレーやブラックも、ローカル線のレイアウトではかえって人工物であるイメージが強くなりお勧めできません。 つやあり、つや消しは好みの問題で、つや消しの方がしっとりと情景になじみますが、つや有りもレイアウトを「作品」として引き立たせるのになかなか良い効果があります。

次の

【ライキン】オススメのギフトパック紹介

ライキン レイアウト

ここから記事本編です! ライズオブキングダム、指揮官の育て方 指揮官を育成するには。 経験値を稼ぐことが必要です。 経験値を稼ぐには、野人の討伐よりも。 「知識の書」を使う方法が、効率も良く、おすすめです。 天賦のスキルも上げるのは重要ですが、優先的にやりたいのは、星3昇格キャラの保有です。 星3に昇格した指揮官は、出撃時に副将をつけることが出来ます。 副将をつけると、部隊の戦力が上がります。 それと、育成効率が上がるメリットがあります。 副将をつけて、野蛮人を討伐すると、副将にも同じだけ経験値が入りますから、経験値を効率よく上げることが出来、武将を効率よく育成することが出来ます。 序盤では、レアキャラのアーチャーを育てておけば、中盤までは楽に進める事が出来ます。 公式のストアに飛ぶので、そちらでDLしてください。 もし仮に気に入らなかったら、すぐにアンインストール出来ます。 指揮官のレベルアップをするには 指揮官は経験値が一定以上たまると、レベルアップします。 経験値を獲得するには、指揮官を部隊に編成し、野蛮人を狩るか、知識の書を使う必要があるのはわかったと思います。 レアリティーの高い指揮官ほど、レベルアップに多くの経験値が必要になります。 レジェンド指揮官を複数一度にレベルアップさせるのは難しいため、1体ずつレベルアップさせるのがおすすめです。 レベルアップの上限値に達したら、星をランクアップさせます。 いわゆる限界突破です。 星のランクを上げるには、格星のランク帯の上限レベルに達している必要があります。 レベルアップで天賦ポイントを獲得します。 指揮官のレベルを上げると、天賦の習得に必要な、天賦ポイントが上がります。 レベルを上げただけでは、指揮官の能力は上がりませんので、忘れずにポイントを割り振らなければなりません。 効率よく指揮官のレベルを育成するコツとしては、先の上げたように、副将を連れて野蛮人の討伐をする事です。 星3になると、部隊に2人まで副官を編成できるために、効率よく指揮官を育成できます。 ですから、星3以上の指揮官が必要になるわけです。 パッシブスキルや天賦は「討伐」の効果で獲得経験値を増加させることが可能です。 レベルを上げたい指揮官と同時に、経験値上昇スキルを持つ指揮官を編成すれば、効率よく経験値を得ることが出来ます。 ガーディアンを討伐するという手も 聖所の周辺のガーディアンから、野蛮人討伐よりも多くの経験値を売ることが可能です。 ガーディアンを攻撃した指揮官全員が経験値を得ることが出来るので、多くの仲間を集めて攻撃しましょう。 そうすれば、より効率的に経験値を得て、指揮官を育成することが出来ます。 更にガーディアン討伐で効果を得るには、ガーディアン討伐後に出現する「ルーン」を採取することです。 ルーンは様々な効果を得ることが出来ます。 中には経験値アップの効果があるルーンも存在しますので、確実に採取しておきましょう。 さらに、斥候を派遣し、マップ上の靄を晴らすと、村や洞窟を発見できますが、発見した村から「知識の書」が発見できるために、戦闘などと並行して、探索することも必要です。 商人からアイテムの購入と、野蛮人の集落を討伐 宿場を訪れている「神秘な商人」から、「知識の書」を、購入することが出来ます。 レベルの高い「知識の書」は、購入には多くの資源が必要になります。 割引もあるので、購入しておいても損は無いです。 更に、野蛮人の集落を討伐すると、大量の「知識の書」を得ることが出来ます。 レベルに応じてですが、多くの「知識の書」が、獲得できるので、できる限りレベルの高い野蛮人の集落を、仲間と協力して、討伐していきましょう。 効率よくアイテムを手に入れて、レベルアップ育成に使っていきましょう。 このゲームは、無課金でも充分に面白いですが、課金要素もありますので、課金はよく考えてから行いましょう。 最後までご覧いただき、ありがとうございます。 この記事が、あなたのゲームのお役に立てれば良いと思っています。

次の