大田 区 避難。 気象庁 | 気象警報・注意報 | 大田区

警戒レベル4(避難勧告)発令(大田区・多摩川流域)

大田 区 避難

東京 府中市では浸水想定区域内の人口に対する避難所の収容可能率が18%で、感染対策を考えると7%と、多摩川沿いの自治体で最も低く、浸水想定区域の住民の避難が課題となっています。 府中市の多摩川沿いにあり553世帯が入る大規模なマンションでは、最悪の場合3メートル近くの深さまで浸水するおそれがあり、住民がより高い階に住む知人の家や、マンション内の施設に避難する取り組みを進めています。 実際に去年10月の台風19号では、多摩川の水位が上昇し避難勧告が発表されたため、マンションの1階に住む40世帯余りが避難することになりました。 すでに雨が強まっていたことから、避難した人の中にはマンションの上層階に住む知人を頼って避難したケースがあったということです。 また、マンション2階の「ゲストルーム」と呼ばれる部屋を開放し、10人以上が避難したということです。 自治会長の林田健一さんによりますと、このマンションでは年1回の防災訓練に加えて、日頃からお祭りを開くなどして住民同士の交流を深める取り組みを進めているということです。 林田さんは「都会のマンションは『隣に誰が住んでいるかわからない』と表現されることがあるが、それではいざという時に対応できない。 イベントなどを通じて、顔が見える関係を作ることが皆で協力して災害に対応する秘訣だと思う」と話していました。 東京 大田区では70万人余りの人口のうちおよそ60%にあたる44万人余りが、多摩川が氾濫して最大規模の浸水が起きた場合の浸水想定区域に住んでいます。 水害に備え大田区は小中学校など89か所を避難所に指定していますが、このうち60%余りの59か所は浸水区域にあり、活用できるのは建物の2階以上とスペースが限られています。 このため浸水想定区域に住む44万人余りに対し、収容できるのは11万人分ほどしかありません。 さらに、新型コロナウイルスの感染防止対策をとって1人あたりのスペースを十分に確保した場合は、およそ4万6000人と、収容できるのは全体のわずか10%にとどまります。 大田区では予備の避難所として使用できるよう区内の都立学校などと協定を結び避難所を増やす取り組みも行っていますが限界があるといいます。 大田区の甲斐康誠防災計画担当課長は「住民には、避難所以外の安全な避難先を自らで確保してもらう必要があり協力をお願いしたい」と話していました。 水害時の避難に詳しい静岡大学の牛山素行教授は、避難所での新型コロナウイルスの感染が懸念される中、避難のあり方を見直すことの重要性が高まってきていると指摘しています。 今回の調査結果について牛山教授は、首都圏など大都市部では避難所に十分な収容力がないのが現状だとしたうえで、「避難所に行くのはあくまで手段の1つであり、必ずしも全員が避難所に行く必要はない」と話しています。 そのうえで避難所以外の避難先について、「予想される浸水の深さが低いのであれば、自宅の2階やそれ以上の高い所にとどまるのも避難の1つの方法だ。 親戚や知人の家など、自宅以外のところで安全が確保できるような場所へ移動する、あるいは宿泊施設に泊まることも考えられる」と話しています。 そして避難先を考える際には、ハザードマップなどを使って自分の身のまわりではどういう種類の災害が起こりうるのかを確認しておくことが重要だとしています。 牛山教授は「避難所に行く以外の手段がなければ避難所に行くというのが選択肢の1つになる。 いざという時になると冷静な判断はできないので、気持ちが穏やかな今のうちに避難先について十分考えておくことが必要だ」と話しています。 新型コロナウイルスの感染対策を考え、避難所における1人あたりのスペースを一部の自治体の指針などで示されている4平方メートルで計算すると「収容可能率」はさらに下がり、全体ではおよそ24%でした。 家族が1つの区画に集まって過ごすことも考えられますが、状況によって変わるため、それを条件に入れず計算しました。

次の

大田区の大雨警戒情報

大田 区 避難

小中学校にいくつか犬用リードはあるが、避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの大きさは特に制限がなく、大型犬でも受け入れる。 さらに、災害で迷子になった犬の収容先まで決まっていた。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (9,097頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 渋谷区のHPでは、ペットとの同行避難マニュアルを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (11,125頭) 小動物のみとペットの受け入れ制限はあるが、区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 目黒区のHPでは、地域避難所運営マニュアルを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (9,741頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 年に一度、公益社団法人東京都獣医師会中野支部共催で、区立小中学校を会場とする「総合防災訓練」において、犬の同行避難訓練を実施している。 詳細は、区のペットの災害対策ルールに記載あり。 ペットを飼っている方は参加しておくと、災害時に混乱が防げるかもしれない。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (22,173頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 海抜が低くエリアとしても震災時の被害が大きいのではないかと想定されるため、ペットを飼っているおうちは日ごろの防災対策をきちんと考えておく必要が大いにある。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (30,033頭) 小動物(犬、猫、ハムスター、ウサギ、フェレット、小鳥、爬虫類)のみとペットの受け入れ制限はあるが、区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの災害対策マニュアルあり。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (10,123頭) 区内の全避難所でペットとの同行避難が可能だが、災害時の混乱の中、ペットの受け入れは歓迎されないかもしれないとの意見あり。 しかし、区としてマニュアルがしっかりあり、飼い主が日ごろから意識をしていれば、大きい混乱は少ないと考えられる。 放浪犬や迷子犬等の備蓄やゲージも用意しており、ペットに優しい環境を整備していると感じた。 災害マニュアルでは、災害が起こったときに家族とペットが安全に避難できるように、日ごろから話し合い準備をすることを呼びかけている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (7,643頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの防災対策ルールを区のHPで掲載しており、万一の災害で避難しなくてはならない状況になったとき、飼い主は犬猫などのペットと「同行避難」を推奨している。 また、ペットを置きざりにしたり、街に放したりしないよう呼びかけている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,890頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 ルールやガイドライン等は、避難所運営委員会でまだ検討段階とのこと。 詳しいルールや対策等は、各避難所へ事前に確認しておいたほうが賢明。 区で作成した動物愛護手帳には「災害時の動物避難」手帳があり、そちらには飼い主の防災対策が掲載されている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (7,786頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 区で配布している、としまくらしの便利帳にペットの避難について記載されている。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (1,462頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 千代田区のHPでは、避難所での適正飼育ルールを公開している。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (19,953頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 区のHPには、災害時動物救護マニュアルが掲載されており、避難所に同行できるペットの種類なども掲載。 その種類に入っていないペットを飼っている飼い主は、自宅で待機するなどの別の避難方法を考える必がある。 また、ペットの心のケアやペットの防災用品などもあり、飼い主は一度見ておくと混乱を防げるかもしれない。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (25,834頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 リードを各避難所で用意しているが、こちらは放浪犬や迷子犬のためのものだと想定するので、飼い主は自分で準備しておいた方が良い。 基本的には、犬の受け入れを想定しており、身体能力の高い猫の避難はあまり想定していない様子だった。 大田区のHPにペット災害対策ガイドラインがあり、飼い主が備えるべきことや災害時での対応すべきことなどが書いてあるので、一読しておくことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (21,266頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 自宅が危ない場合には、各震災救援所でも同行避難を前提に対応していただくように呼びかけている。 対応に関しては、各避難所で話し合って決めており、マニュアルを作ってもらっている段階。 詳しい内容は、近くの震災救援所で防災訓練に参加して訊くことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,847頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 荒川区では、飼い主のためのガイドラインがしっかりとある。 また、ペットを同行避難させることができない飼い主のために、動物救護センターを荒川自然公園内に設置され、ペットの鳴き声が大きい場合なども飼い主に了承を得たうえで救護センターに送られる仕組みがある。 飼い主の役割も定まっているので、ガイドラインを読んでおくことをオススメする。 OK 区内の全避難所で 同行避難が可能 (6,084頭) 区内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 ペットの対策に関しては、地域防災計画に一部記載あり。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (14,300頭) 一部の避難所でペットとの同行避難が可能。 (現在は77か所)各避難所ごとに同行避難の受け入れOKかを定めているので、近くの避難所に直接問い合わせてみることをオススメする。 避難所における動物飼育のガイドラインあり。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (8,327頭) 約60か所の避難所でペットとの同行避難が可能。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要があり。 災害マニュアルの作成は各避難所で行っているが、実際の避難所生活に関しては、飼い主のマナー意識が重要となる。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (11,755頭) 避難所でのペットの受け入れは52か所中、9学校が可能。 また、各避難所へ運営マニュアルを具体化するよう促進をしている。 全避難所が同行避難可能ではないため、ガイドラインに目を通した上で避難ができる場所を事前に確認しておくことをオススメする。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (37,075頭) 基本的には同行避難で受け入れの方針を示しているが、避難所ごとに受け入れを検討している。 実際の受け入れ状況については、世田谷区まちづくりセンターに確認しておくことをオススメする。 世田谷区のHPでは「災害時にペットを守るために」ページを公開している。 OK 一部の避難所で 同行避難が可能 (10,184頭) 基本的には同行避難で受け入れの方針を示しているが、現状は避難所ごとに受け入れを検討している段階。 避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、飼い主が事前に準備をしておく必要がある。 港区のHPでは、ペットの災害対策パンフレットを公開している。

次の

大田区ホームページ:避難する場所の確認

大田 区 避難

東京 府中市では浸水想定区域内の人口に対する避難所の収容可能率が18%で、感染対策を考えると7%と、多摩川沿いの自治体で最も低く、浸水想定区域の住民の避難が課題となっています。 府中市の多摩川沿いにあり553世帯が入る大規模なマンションでは、最悪の場合3メートル近くの深さまで浸水するおそれがあり、住民がより高い階に住む知人の家や、マンション内の施設に避難する取り組みを進めています。 実際に去年10月の台風19号では、多摩川の水位が上昇し避難勧告が発表されたため、マンションの1階に住む40世帯余りが避難することになりました。 すでに雨が強まっていたことから、避難した人の中にはマンションの上層階に住む知人を頼って避難したケースがあったということです。 また、マンション2階の「ゲストルーム」と呼ばれる部屋を開放し、10人以上が避難したということです。 自治会長の林田健一さんによりますと、このマンションでは年1回の防災訓練に加えて、日頃からお祭りを開くなどして住民同士の交流を深める取り組みを進めているということです。 林田さんは「都会のマンションは『隣に誰が住んでいるかわからない』と表現されることがあるが、それではいざという時に対応できない。 イベントなどを通じて、顔が見える関係を作ることが皆で協力して災害に対応する秘訣だと思う」と話していました。 東京 大田区では70万人余りの人口のうちおよそ60%にあたる44万人余りが、多摩川が氾濫して最大規模の浸水が起きた場合の浸水想定区域に住んでいます。 水害に備え大田区は小中学校など89か所を避難所に指定していますが、このうち60%余りの59か所は浸水区域にあり、活用できるのは建物の2階以上とスペースが限られています。 このため浸水想定区域に住む44万人余りに対し、収容できるのは11万人分ほどしかありません。 さらに、新型コロナウイルスの感染防止対策をとって1人あたりのスペースを十分に確保した場合は、およそ4万6000人と、収容できるのは全体のわずか10%にとどまります。 大田区では予備の避難所として使用できるよう区内の都立学校などと協定を結び避難所を増やす取り組みも行っていますが限界があるといいます。 大田区の甲斐康誠防災計画担当課長は「住民には、避難所以外の安全な避難先を自らで確保してもらう必要があり協力をお願いしたい」と話していました。 水害時の避難に詳しい静岡大学の牛山素行教授は、避難所での新型コロナウイルスの感染が懸念される中、避難のあり方を見直すことの重要性が高まってきていると指摘しています。 今回の調査結果について牛山教授は、首都圏など大都市部では避難所に十分な収容力がないのが現状だとしたうえで、「避難所に行くのはあくまで手段の1つであり、必ずしも全員が避難所に行く必要はない」と話しています。 そのうえで避難所以外の避難先について、「予想される浸水の深さが低いのであれば、自宅の2階やそれ以上の高い所にとどまるのも避難の1つの方法だ。 親戚や知人の家など、自宅以外のところで安全が確保できるような場所へ移動する、あるいは宿泊施設に泊まることも考えられる」と話しています。 そして避難先を考える際には、ハザードマップなどを使って自分の身のまわりではどういう種類の災害が起こりうるのかを確認しておくことが重要だとしています。 牛山教授は「避難所に行く以外の手段がなければ避難所に行くというのが選択肢の1つになる。 いざという時になると冷静な判断はできないので、気持ちが穏やかな今のうちに避難先について十分考えておくことが必要だ」と話しています。 新型コロナウイルスの感染対策を考え、避難所における1人あたりのスペースを一部の自治体の指針などで示されている4平方メートルで計算すると「収容可能率」はさらに下がり、全体ではおよそ24%でした。 家族が1つの区画に集まって過ごすことも考えられますが、状況によって変わるため、それを条件に入れず計算しました。

次の