女の子 前髪 イラスト。 髪の毛の描き方講座。女の子の前髪・ロングのコツとは?|お絵かき講座パルミー

分け目・つむじの位置で悩まない!髪の基本的な描き方

女の子 前髪 イラスト

この講座について 今回はイラストレーターjimmyさんによる「キャラクターの個性を演出する!髪の描き方講座」です! キャラクターを特徴づける髪のバリエーションと、実際の描き方について解説しています! 2. ショート 最初に、ショートの髪型について紹介していきます。 キャラクターのイメージをかえたり、スポーツが好きなキャラクターを考える時の参考にしてみてくださいね! 内まき 内まきは、ショートカットの中でも女の子らしさを演出しやすい髪型です。 髪の毛を描く際にびっしりと描いていくのではなく、 おくれ毛などを描いてふわふわと軽そうなイメージにすると、 かわいらしい印象になります。 内まきは幼い女の子にもオススメの髪型です。 ぱっつんは髪をあまりギザギザと刻みすぎず、かつ均等になりすぎないよう気を付けながら、 ランダムにギザギザを入れていくと自然な髪型になります。 ポイントとしては、最初に一枚の紙をイメージし、その上から髪の毛を描いて、徐々に髪の毛にしていくと表現しやすいと思います。 以下のイラストを参考に適度にギザギザをいれてみてください。 ボーイッシュな髪型はクセの強い髪型ですが、常につむじと全体のバランスを意識しながら描くと、ぼざぼさし過ぎないので気を付けて描いていきましょう。 ボーイッシュはスポーツをやっていたり、活発なキャラクターによく似合う髪型ですね。 また、 髪のはね方でキャラクターに特徴を持たせることもできます。 例えば、獣耳のようなクセをつけてもキャラクター性を出すことができます。 ミディアム 次にミディアムの髪型を紹介していきます。 ストレート、ウェーブ、応用についても触れていきます。 以下のイラストで赤矢印で示した箇所です。 外側にハネる場合もありますので、キャラクターによって描き分けるといいと思います。 ウェーブは 最初にペラペラの紙をイメージして、以下のイラストのように徐々に立体感をもたせていくと描きやすいと思います。 また、何本も同じ動きだけで描くと不自然になってしまうので、ウェーブでもおくれ髪などを入れると自然な髪型になってきます。 シンプルな髪型であっても、前髪を斜め分けにしたり、上げたり、前髪の長さを変えるなどさまざまな工夫ができます。 以下のイラストの右下のように、髪の結び方によってもキャラクターの印象が変わります。 また、ピンやリボン、カチューシャなどアクセサリーを付け加えると一気に華やかな印象になります。 ロング 最後にツインテール、ポニーテールなどロングの髪型について紹介していきます。 ロングは髪が長い分、さまざまな髪型をつくれますので、ポイントを絞って解説していきます。 しばった髪の毛は結び目(以下の赤い矢印)に集まるので、そこも意識しましょう。 ツインテールの中でも、ボリュームの違いや高さの違いで印象が変わってくるので、自分好みを探っていくのも良いかもしれません。 また、 横を向いた時に生え際をしっかり描くことでリアリティを出すことができます。 女性らしさを演出したい時などにもオススメです。 ロングの場合も基本はミディアムと同じですが、見た目が重い印象にならないようにボリュームを抑えてあげると丁度良くなります。 後ろから見た ロングヘアーは、段がついていると毛先に向かうほど細くなっていき、ぱっつんだと一定の長さになります。 ウェーブはミディアムとほぼ同じ描き方ですが、ミディアムより大きく波打つ特徴があります。 波打つ数やどの高さから波打たせるかを考えて描き分けていきましょう。

次の

前髪 かわいい 女 髪型 イラスト

女の子 前髪 イラスト

ショートの髪を描くには 最初にショートの髪について解説していきます。 活発なキャラクターを描く時や、スポーツが好きなキャラクターを考える時の参考にしてみてください。 内まきの髪 内巻きは、ショートカットの中でも女の子らしさを演出しやすい髪型です。 髪の毛を描く際、一本いっぽんをびっしりと描いていくのではなく「おくれ毛」などを描き、ふわふわと軽そうなイメージを意識してみましょう。 特に束感を出したり、つむじから下に行くほどふわふわとさせて描くことで、かわいい女の子の印象をつくることができます。 幼い女の子を描く時にもオススメの髪型です。 ぱっつん前髪の髪型 続いては「ぱっつん」と呼ばれる髪型です。 ぱっつんは、前髪がほぼ一直線に揃った髪のことを指します。 描くコツは、前髪をあまりギザギザと凹凸ができるように描くのではなく、かつ均等になりすぎないよう意識することです。 前髪に少しだけランダムにギザギザを入れていくと自然な髪になります。 また、前髪以外のポイントとしては、側面の描き方です。 最初に一枚の紙をイメージし、その上から髪の毛を描いていくように表現することです。 側面の髪を一枚の紙として捉えることで、簡単に描けるようになると思います。 ボーイッシュな髪 ショートの髪の最後は「ボーイッシュ」です。 ボーイッシュな髪型はクセの強い髪型ですが、常につむじと全体のバランスを意識しながら描くと、ボサボサし過ぎないようになります。 ボーイッシュの髪はスポーツをしていたり、特に活発なキャラクターによく似合う髪型です。 また、髪の「はね」を描くことでキャラクターに特徴を持たせることもできます。 例えば、獣耳のようなクセをつけてもキャラクター性を出すことができます。 ボーイッシュな髪型は、上下左右に髪の毛をデザインすることができるので、キャラクターデザインの自由度としては高い髪型です。 ストレート・ウェーブの髪を描くコツ 次にミディアムの髪型を紹介していきます。 主にストレートとウェーブの描き方に触れていきます。 ショートの時と比べるとデザインの幅も広くなり、髪型の種類も豊富につくることができます。 ストレートの髪の毛 まずはストレートの髪型について紹介していきます。 ストレートを描く時の特徴は、肩に触れる毛先の部分が内側に入り込みやすいという点なので、そこを意識して描くことがコツです。 下のイラストにおいて、赤矢印で示した箇所がそれにあたります。 キャラクターによっては毛先を内巻きにするのではなく、外はねにすることもできますので、キャラクターによって描き分けるとよいでしょう。 ちなみに、ストレートといってもショートと比べて髪の長さがあるので、結んだり巻いたりすることでキャラクターの個性を出すことができます。 ウェーブやアレンジについても見ていきましょう。 ウェーブの髪型 ミディアムの2つめの髪型はウェーブです。 ウェーブを描く時のコツは、最初にペラペラの紙をイメージして、以下のイラストのように徐々に立体感をもたせていく描き方です。 単純な形からスタートして徐々に髪の毛らしさを出していきましょう。 たくさんのペラペラの紙がつむじから生えているとイメージするとよいでしょう。 また、すべての髪を同じ動きだけで描くと不自然になってしまうので、ウェーブでもおくれ髪などを入れると自然な髪型になってきます。 髪型の種類を簡単なアレンジで 次に、これまで見てきたストレートとウェーブの髪型の種類を紹介していきます。 様々なアレンジができますので、一例としてイラストを描く際の参考にしてみてください。 ストレートのようにシンプルな髪型であっても、前髪を斜め分けにしたり、上げたり、前髪の長さを変えるなどさまざまな工夫ができます。 下のイラストの右下の髪型のように、髪の結び方によってもキャラクターの印象を変えることができます。 また、ピンやリボン、カチューシャなどアクセサリーを付け加えると一気に華やかな印象になります。 このように、髪型をかえるだけで見る人にキャラクターの性格にまで想像させることができます。 例えば、おでこを出しているキャラクターは少し気が強めの印象を与えるといったイメージです。 オリジナルのキャラクターを描く時などの参考にしてみてください。 ロングの髪の描き方 最後にロングの髪型について解説していきます。 ロングでは主にツインテールとポニーテールについて触れていきます。 ロングはミディアムよりもさらに髪が長い分、さまざまな髪型をつくれますので、ポイントを絞って解説しています。 ツインテールのコツ ツインテールはロングの中でもシルエットにかなり特徴があり、人気の髪型でもあります。 ツインテールを描く上でのポイントは、結び目の高さを左右バラバラにせず、左右対称に描くことです。 しばった髪の毛は結び目(下のイラスト: 赤い矢印)に集まるので、そこも意識しましょう。 同じツインテールでも、髪のボリュームや高さの違いで印象が変わってくるので、自分好みを探っていくのも良いかもしれません。 髪の長さが膝くらいまで長さのある人気キャラクターもいるので、思い切って長くしてみるのもキャラクターを特徴づける方法です。 ポニーテールの描き方 ポニーテールは基本的にはツインテールと同じ考え方ですが、結び目は後ろに一つのみなので、頭のラインを考えながら描いていくようにしましょう。 普段はポニーテールでも、髪を下ろすことで綺麗なストレートにしたり、スポーツの時だけポニーテールにするなど、場面にあわせてキャラクターを演出することもできます。 また、横を向いた時に生え際をしっかり描くことでリアリな髪にすることができます。 女の子らしさを演出したい時などにもオススメです。 生え際は結んだ髪よりも面積としては小さい箇所ですが、この生え際が好き!という人もいるくらいなので、細部もしっかり描くとよいでしょう。 ストレートの種類 最後にロングのストレートについて解説します。 ロングの場合も基本はミディアムと同じですが、見た目が重い印象にならないようにボリュームを抑えてあげると良いでしょう。 後ろから見たロングのストレートヘアーは、毛先に向かうほど細くしたり、毛先をぱっつんにして一定の長さにすることもできます。 ウェーブはミディアムとほぼ同じ描き方ですが、ミディアムより大きく波打つ特徴があります。 波打つ数やどの高さから波打たせるかを考えて描き分けていきましょう。 まとめ いかがでしたか?動画講座では実践編として、より複雑な三つ編みを実際に描いていきながら解説しています。 ぜひチェックしてみてくださいね! また、パルミーでは髪の毛の『塗り方』を解説した講座もあるので参考にしてみてくださいね。

次の

キャラクターの個性を演出する髪の描き方講座

女の子 前髪 イラスト

ショートの髪を描くには 最初にショートの髪について解説していきます。 活発なキャラクターを描く時や、スポーツが好きなキャラクターを考える時の参考にしてみてください。 内まきの髪 内巻きは、ショートカットの中でも女の子らしさを演出しやすい髪型です。 髪の毛を描く際、一本いっぽんをびっしりと描いていくのではなく「おくれ毛」などを描き、ふわふわと軽そうなイメージを意識してみましょう。 特に束感を出したり、つむじから下に行くほどふわふわとさせて描くことで、かわいい女の子の印象をつくることができます。 幼い女の子を描く時にもオススメの髪型です。 ぱっつん前髪の髪型 続いては「ぱっつん」と呼ばれる髪型です。 ぱっつんは、前髪がほぼ一直線に揃った髪のことを指します。 描くコツは、前髪をあまりギザギザと凹凸ができるように描くのではなく、かつ均等になりすぎないよう意識することです。 前髪に少しだけランダムにギザギザを入れていくと自然な髪になります。 また、前髪以外のポイントとしては、側面の描き方です。 最初に一枚の紙をイメージし、その上から髪の毛を描いていくように表現することです。 側面の髪を一枚の紙として捉えることで、簡単に描けるようになると思います。 ボーイッシュな髪 ショートの髪の最後は「ボーイッシュ」です。 ボーイッシュな髪型はクセの強い髪型ですが、常につむじと全体のバランスを意識しながら描くと、ボサボサし過ぎないようになります。 ボーイッシュの髪はスポーツをしていたり、特に活発なキャラクターによく似合う髪型です。 また、髪の「はね」を描くことでキャラクターに特徴を持たせることもできます。 例えば、獣耳のようなクセをつけてもキャラクター性を出すことができます。 ボーイッシュな髪型は、上下左右に髪の毛をデザインすることができるので、キャラクターデザインの自由度としては高い髪型です。 ストレート・ウェーブの髪を描くコツ 次にミディアムの髪型を紹介していきます。 主にストレートとウェーブの描き方に触れていきます。 ショートの時と比べるとデザインの幅も広くなり、髪型の種類も豊富につくることができます。 ストレートの髪の毛 まずはストレートの髪型について紹介していきます。 ストレートを描く時の特徴は、肩に触れる毛先の部分が内側に入り込みやすいという点なので、そこを意識して描くことがコツです。 下のイラストにおいて、赤矢印で示した箇所がそれにあたります。 キャラクターによっては毛先を内巻きにするのではなく、外はねにすることもできますので、キャラクターによって描き分けるとよいでしょう。 ちなみに、ストレートといってもショートと比べて髪の長さがあるので、結んだり巻いたりすることでキャラクターの個性を出すことができます。 ウェーブやアレンジについても見ていきましょう。 ウェーブの髪型 ミディアムの2つめの髪型はウェーブです。 ウェーブを描く時のコツは、最初にペラペラの紙をイメージして、以下のイラストのように徐々に立体感をもたせていく描き方です。 単純な形からスタートして徐々に髪の毛らしさを出していきましょう。 たくさんのペラペラの紙がつむじから生えているとイメージするとよいでしょう。 また、すべての髪を同じ動きだけで描くと不自然になってしまうので、ウェーブでもおくれ髪などを入れると自然な髪型になってきます。 髪型の種類を簡単なアレンジで 次に、これまで見てきたストレートとウェーブの髪型の種類を紹介していきます。 様々なアレンジができますので、一例としてイラストを描く際の参考にしてみてください。 ストレートのようにシンプルな髪型であっても、前髪を斜め分けにしたり、上げたり、前髪の長さを変えるなどさまざまな工夫ができます。 下のイラストの右下の髪型のように、髪の結び方によってもキャラクターの印象を変えることができます。 また、ピンやリボン、カチューシャなどアクセサリーを付け加えると一気に華やかな印象になります。 このように、髪型をかえるだけで見る人にキャラクターの性格にまで想像させることができます。 例えば、おでこを出しているキャラクターは少し気が強めの印象を与えるといったイメージです。 オリジナルのキャラクターを描く時などの参考にしてみてください。 ロングの髪の描き方 最後にロングの髪型について解説していきます。 ロングでは主にツインテールとポニーテールについて触れていきます。 ロングはミディアムよりもさらに髪が長い分、さまざまな髪型をつくれますので、ポイントを絞って解説しています。 ツインテールのコツ ツインテールはロングの中でもシルエットにかなり特徴があり、人気の髪型でもあります。 ツインテールを描く上でのポイントは、結び目の高さを左右バラバラにせず、左右対称に描くことです。 しばった髪の毛は結び目(下のイラスト: 赤い矢印)に集まるので、そこも意識しましょう。 同じツインテールでも、髪のボリュームや高さの違いで印象が変わってくるので、自分好みを探っていくのも良いかもしれません。 髪の長さが膝くらいまで長さのある人気キャラクターもいるので、思い切って長くしてみるのもキャラクターを特徴づける方法です。 ポニーテールの描き方 ポニーテールは基本的にはツインテールと同じ考え方ですが、結び目は後ろに一つのみなので、頭のラインを考えながら描いていくようにしましょう。 普段はポニーテールでも、髪を下ろすことで綺麗なストレートにしたり、スポーツの時だけポニーテールにするなど、場面にあわせてキャラクターを演出することもできます。 また、横を向いた時に生え際をしっかり描くことでリアリな髪にすることができます。 女の子らしさを演出したい時などにもオススメです。 生え際は結んだ髪よりも面積としては小さい箇所ですが、この生え際が好き!という人もいるくらいなので、細部もしっかり描くとよいでしょう。 ストレートの種類 最後にロングのストレートについて解説します。 ロングの場合も基本はミディアムと同じですが、見た目が重い印象にならないようにボリュームを抑えてあげると良いでしょう。 後ろから見たロングのストレートヘアーは、毛先に向かうほど細くしたり、毛先をぱっつんにして一定の長さにすることもできます。 ウェーブはミディアムとほぼ同じ描き方ですが、ミディアムより大きく波打つ特徴があります。 波打つ数やどの高さから波打たせるかを考えて描き分けていきましょう。 まとめ いかがでしたか?動画講座では実践編として、より複雑な三つ編みを実際に描いていきながら解説しています。 ぜひチェックしてみてくださいね! また、パルミーでは髪の毛の『塗り方』を解説した講座もあるので参考にしてみてくださいね。

次の