スマホ おかえし プログラム と は。 スマホおかえしプログラムは契約すべきか?ドコモ新料金プラン対策のメリット・デメリットを要確認

スマホおかえしプログラム

スマホ おかえし プログラム と は

注意点について 「スマホおかえしプログラム」を適用するにはいくつかの注意点があるのでまとめました。 docomo with• 対象端末購入で基本料金から1,500円割引• 料金プランを変更しない限り継続可能 残念ながら新料金プランの開始にともなって2019年5月31日で受付を終了しましたが、iPhone 7も「docomo with」の対象端末だったので、1,500円の割引を受けている方も多いのではないでしょうか。 docomo withは機種変更しても継続可能 「docomo with」は料金プランを変更しない限り継続して1,500円の割引を受け続けることが可能となっています。 つまり、 料金プランを変更しない限り新型のXperia 1などに機種変更しても月々1,500円の割引を継続させることができるのです。 これって、めちゃくちゃお得ですよね。 1,500円の割引を受けつつ24ヶ月分の機種代金だけでOKなんですから。 (ただし、端末は返却して機種変更しないといけないけど。 ) スマホおかえしプログラムとdocomo withは併用可能 「docomo with」と「スマホおかえしプログラム」との併用が可能となっています。 この件に関してはドコモにきちんと確認済みなので間違いないです。 「docomo with」の1,500円の割引を受けながら 「スマホおかえしプログラム」を使って月々の端末代金を抑えることができるので、端末価格の高いハイエンドスマホを比較的購入しやすい体勢になっているのかなと感じます。 クーポンを使っても継続できる 料金プランを変更すると「docomo with」の割引が継続できませんでしたが、dカードGOLDの特典で発行される「ケータイ割引クーポン」を使って機種変更してもdocomo withを継続可能となっています。 そんなクーポンあったことすら知らなかったけど、dカードGOLDカードを持っていてある時期に申し込みをすれば20,000円ほどのクーポンが発行されるようです。 docomo withの継続条件 継続の条件をまとめました。 docomo withの継続条件について• スマホおかえしプログラムなしで機種変更:docomo withを継続できる• スマホおかえしプログラムありで機種変更:docomo withを継続できる• ケータイ割引クーポンを使って機種変更:docomo withを継続できる• 新料金プランにして機種変更:docomo withを継続できない いずれにしても新料金プランに以降した時点でdocomo withが継続できなくなるので注意しましょう。 実際の月々の料金を試算 「スマホおかえしプログラム」を使って機種変更して「docomo with」を継続した場合の実際の月々の料金を試算してみました。 お一人様の場合 一人でソニーモバイルのXperia 1に料金プランそのままで機種変更した場合の料金です。 (税別表記です。 夫婦二人で使うパターンって多いと思うんですけど、新しいプランの方が高くなってしまうんですね。 ちょっと残念かも。 まとめ:スマホおかえしプログラムとdocomo withは併用可能! 「docomo with」は料金プランを変更しない限りは基本的に継続することができます。 なので、新しいスマホに機種変更してもずっと1,500円の割引を受けることができます。 一人で使う場合は新料金プランに移行してもさほど差は出ませんが、家族でシェアプランを使っている場合はdocomo withを継続した方が安くなるパターンが多くなるようです。 そして、「スマホおかえしプログラム」も併用することもできるので24ヶ月ごとに新しいスマホに機種変更していきたい方にはおすすめ。 ただ、同じスマホを長く使うのなら「スマホおかえしプログラム」を使わずに36回払いにすることで37ヶ月目以降は機種代金が0円になって通信費用だけの支払いになるので安くすることが可能となります。

次の

ドコモの新「スマホおかえしプログラム」、恩恵を受けるのはどんな人?

スマホ おかえし プログラム と は

ドコモは、2019年6月1日より新たな割引プログラム「スマホおかえしプログラム」を提供する。 ドコモが従来より提供していた「下取りプログラム」に近い内容ながら、購入方法が「36分割支払」に限られる点や、還元額は「割賦払いの最大12カ月分相当」と固定されている点(従来の下取りプログラムは下取り価格が変動した)などが違い。 2019年夏モデルの本体代金および「おかえしプログラム」による還元額の一覧は以下の通り。 加えて、本体故障や水濡れなどの事故により「スマホおかえしプログラム」での返却水準を満たしてない場合でも、ケータイ補償お届けサービスに加入している場合には税別2,000円を支払することで、通常通りプログラムのメリットが受けられるため、全体的にリスクが少ない。 一括購入でポイント還元 続いて、家電量販店にて本体代金を一括支払いした上、本体を中古屋に買取してもらうケースをシミュレーション。 本体代を一括支払いした際のポイント還元額および、おかえしプログラムでの還元額との差額は以下。 SIMロック解除による査定金額アップは考慮しない。 ただし、今回のシミュレーションでは買取における査定を「使用感はあるが目立つ傷はない」としており、これより悪い状態と査定される場合には買取金額が下がる点に注意。 反面、ドコモの「スマホおかえしプログラム」では、端末の返却によって免除される残債が固定(最大で12カ月分)であり、補償サービス「ケータイ補償お届けサービス」に加入していれば、事故が発生しても2,000円の支払いで「おかえし」の受付水準を満たせるなど、ユーザー視点ではリスクが少ないとも言える。 (あくまで、ドコモのサービスを契約し続ける前提で考えた場合。 ) シミュレーションの数字上は、「スマホおかえしプログラム」よりも、本体代を一括購入してポイント還元+中古屋に売却の方が(若干)有利な数字となっているものの、いまのところどちらを選んでも極端に差は無さそう。 という感じ。 ドコモの公式オンラインストア「ドコモオンラインショップ」は以下にて。

次の

ドコモ、「スマホおかえしプログラム」利用時のポイント充当方法を変更

スマホ おかえし プログラム と は

スマホおかえしプログラム• 36回払いで購入した端末を24ヶ月後に返却すると• 最大12回分の支払いが不要になる• ハイエンドモデルが対象機種となっている 25ヶ月後にiPhoneを返却して新しいiPhoneを買う必要があるので端末代金は支払い続けることになりますが、 24ヶ月ごとに新しいiPhoneを使いたい方にとってはありがたいサービスです。 24ヶ月ごとに新しいiPhoneに一定額を支払い続けて機種変更できるのなら、まあ悪くないのかな? 対象はiPhone 8以降 「スマホおかえしプログラム」は全てのiPhoneに適用できるわけではなく、iPhone 8以降の新しいモデルで適用することができるのでやも対象となっています。 iPhone XS Maxの端末価格(税込) モデル ストレージ容量 24回払い 36回払い 一括 スマホおかえしプログラム 実質負担額 iPhone XS Max 512GB 7,695円 5,130円 184,680円 5,130円 123,120円 256GB 7,695円 4,482円 161,352円 4,482円 107,568円 64GB 5,913円 3,942円 141,912円 3,942円 94,608円 上位モデルのiPhone XS Maxは36回払いでも高いので購入したいと思う方は限られてくると思いますが、「スマホおかえしプログラム」の組み合わせで64GBモデルなら実質94,608円で使うことができます。 Apple Storeで購入すると134,784円なので40,000円ほど安い金額となります。 旧プラン 一人で使う場合の料金(税別) iPhone XR iPhone 8 ベーシックパック 〜5GB 5,000円 5,000円 5分かけ放題 1,700円 1,700円 SPモード 300円 300円 端末代金(24回払い) 3,275円 実質400円 割引 -2,275円 購入サポート 月々の料金(〜2年まで) 8,000円 7,400円 月々の料金(3年〜) 7,000円 7,000円 でも、思ったよりも高くない印象です。 旧プランは端末代金の支払いが終わると同時に端末割引も終了するので、料金はちょっと安くなる程度です。 なので、一つの端末を長く使うのであればドコモの新プランは運用しやすい料金プランといっていいでしょう。 旧プラン 一人で使う場合の料金(税別) iPhone 7(新プラン) iPhone 7(docomo with) データ 〜5GB ギガライト:4,980円 データパック:5,000円 5分かけ放題 700円 1,700円 SPモード — 300円 端末代金 36回払い:1,100円 1,650円 割引 — -1,500円 月々の料金(〜2年まで) 6,780円 7,150円 月々の料金(3年〜) 6,780円 5,500円 月々の料金(4年〜) 5,680円 5,500円 iPhone 7を新料金プランで36回払いで購入した場合は24ヵ月までは旧プランのdocomo withとの組み合わせよりも料金が安くすることができます。 3年目以降は旧プランの方が安いですが、端末の支払いが終了した4年目以降は料金に差はないですね。 トータルで見れば少し高くなってしまいますが、思っていたよりも安い価格でiPhone 7を購入することができるようです。 24回払い・36回払いがいい人• iPhoneを長く使いたい• 長期的に料金を安く抑えたい• 古くなったiPhoneをサブ機として使う• 自分でiPhoneを売却できる ドコモの新プランは端末代金の支払いが終わったら月々の料金がグッと下がるのが分かりやすくてGoodです。 新プランは「割引が終わるから新しい端末を購入しないといけない…。 」の呪縛から解き放たれることができるのです。 また、端末をきちんと自分のモノにすることができるので新しいiPhoneに機種変更したとしても旧端末をサブ機として使ったり、子どもに譲ったり、売却することもできます。 普通にヤフオクやメルカリに売却した方がお得だと思うし。 自分でiPhoneを売却するなら24回払いでもいいかもですね。 早い方が高く売ることができるのでお得だと思います。 「スマホおかえしプログラム」のおすすめポイント 2年に1回は必ず新しいiPhoneに機種変更していきたい、売却とか自分でできないという方は「スマホおかえしプログラム」で定期的に機種変更をしていくのがいいでしょう。

次の