漫画 塗り方。 漫画制作でベタ塗りをするコツを紹介!手描きではみ出さないように塗るには?

【デジタルイラスト】プロ絵師10名によるキャラクターの塗り方講座

漫画 塗り方

もくじ• はじめに:トーン部分をグレーで塗る理由 Web漫画はトーン部分がグレー(灰色)であることが多い。 紙面では白黒印刷ゆえに点の密度で濃淡が表現されているトーンですが、液晶ではその必要がないからです。 むしろ画像が拡大縮小されるため、点ではなくグレーで濃淡を表現した方が安心安全。 また、グレーにしておけば… ・後でカラーで塗りたくなったときに対応しやすい というメリットがあるし、 あとで「印刷物にしたい!」と思ったときに ・グレーからトーン化できるソフトがある ・大抵の印刷所はグレースケール印刷に対応してる ・印刷物の大きさによってトーンの大きさを変えられる と対応出来る点も安心なのです。 下記サイトを参考にすると 「グレー濃度は10%〜80%が望ましい」ことが分かります。 グレースケールで入稿される場合、きちんとアミ点として残したい部分は、10%(薄い部分)~80%(濃い部分)くらいの濃度にとどめることをお薦めします。 5%や95%のアミをそのとおり印刷で出すのはまず不可能です。 どうして印刷基準を参考にするかといえば、 もしかしたら印刷する機会があるかもしれないからです。 人生何があるかわかりません。 漫画を参考にしよう 絵に合わせて変えていこう! いかがでしたか。 自分だけのグレー濃度は決まりましたでしょうか。 わりと絵柄や漫画の傾向にもよると思うので、 とりあえず塗ってみるのが一番だと思います。 迷走してきたら いざグレーの濃度を決めたあと、 「本当にこれで良いのかな?」 「比較し過ぎて分からなくなってきた…」 となった時は、 全体のカラーを変えてみるのがおすすめ。 モノトーンではなく他の色の場合、濃度の印象も違って見えます。 気分が変わって決めやすくなるかも。 おわり。

次の

8.ベタ塗り モノクロマンガ編【PRO/EX】 by ClipStudioOfficial

漫画 塗り方

それでも、アナログ主体で活動しているイラストレーターさんがいないという訳ではありません。 漫画家さんの方でしたらアナログのみで漫画やイラストを描き上げている人はまだまだ多いです。 それでも、アナログでのイラストは徐々に減ってきている印象はあります。 そんな中でも強いアナログ画材があります。 それはTooから出ているアルコールマジックマーカーの「コピック」です。 こちらをメインに使用しているイラストレーターさんも漫画家さんもかなり多いです。 今回はそんなコピックを使ってみる事にしたいと思います。 使ってみたいけども使い方が解らない、持っているけど上手く塗れないという方に為に塗り方をメインに進めさせていただきます。 どうぞ宜しくお願い致します。 コピックとは? コピックはToo社から出ているアルコール性のマジックマーカーです。 現在は3種類出ています。 もう一つワイドという広い面積のモノがありますがこちらはインクを自分で入れて使用するモノらしいので今回は省きます。 上から ・コピック・チャオ コピックよりもインク量が少ないのでその分価格も安いので手軽に購入が出来ます。 1本250円前後(税別)ですので1000円持っていけば3本買ってもお釣りが来ます。 ・コピック・スケッチ 一般的に「コピック」と聞くとこちらを連想すると思います。 画材屋のコミックコーナー等でもこちらが一番優先的に置かれているとおもいますし…(書店等はどちらかと言うとチャオのみという場合もありますが) 筆タイプのペン先なので様々な着色に適しています。 ・コピック 実はこちらが「コピック」らしいです。 通販等で「コピック」という名称で注文をするとこのタイプが送られてくるので注意が必要です。 こちらは正統派なマジックマーカーのような印象があります。 極細のペン先とブロックタイプのペン先になります。 繊細な場所の塗りには向きませんが広い面積の塗りにはとても大活躍してくれます。 …以上がコピックの種類になります。 蓋に記してあるE00やC03等の番号は色の番号になります。 画材屋さんでコピックが配置されている場合色はこのアルファベットと番号順に配置されていますので見てみると楽しいです。 迷った場合はオススメセットとして6~12本程セットになったモノも売られている場合がありますのでそちらを購入しても良いかと思います。 コピックは保存状態があまりに酷い場合じゃなければ10年以上持つマーカーです。 ですので、あまり使わない色はチャオ、メインで使う色はスケッチ、広い面積を塗る場合にはコピックという使い分けをしても良いかもしれません。 コピックを塗る際に大事な紙とペンの相性 まずはコピックを塗る際に大事な紙、こちらはどんなモノが良いでしょうか? 気軽に手に入る紙で見て行きたいと思います。 漫画用原稿用紙もケント紙ですのでそれの裏を使用しても良いです。 染み込み、発色共々丁度良いです。 人によっては薄く感じる場合もありかもしれませんが…。 こちらを使用している人は多いと思います。 滲みも少ないのでパリっとした印象の塗りが出来ます。 次にコピー用紙です。 発色や染み込みがケント紙よりも良いですが薄い紙なのでちょっと乾きが遅い印象があります。 線画をコピーして塗るという作家さんも多いです。 個人的にはちょっとムラが出来易いかな? と思います。 最後がマルマンから出ているスケッチブックです。 書店や文具や、スーパーの文具コーナーと広い場所で手に入り易いスケッチブックです。 画用紙なので滲みが出やすいですがその分ムラが出来にくいと思います。 個人的に一番良く使っている紙ですので今回はこちらの紙を使用して説明させていただきます。 コピックはアルコール性ですので「耐水性」のインクを使用したペンならばインクを溶かし、線を伸ばす等の事故を防ぐ事が出来ます。 油性マジックや中性ボールペンですとこのような滲みの原因となってしまいます。 では、実際に塗りをしてみましょう コピックをムラなく塗ってみよう。 コピックは普通に塗り潰すだけでは色の濃い薄いが目立つ「ムラ」が出来てしまいます。 薄い色は特に目立ってしまいます。 ムラ無く塗る方法ですが。 一回インクを塗り潰した後にもう一度同じインクを乗せる「重ね塗り」 ペン先を紙に押し当てそのまま円を描くようにクルクル塗り込む「回し塗り」があります。 どちらも塗ると言う寄りはインクを紙にしみ込ませるという感覚ですね。 そしてムラ無く塗るコツは、コピックはアルコール性のインクなので乾く前に素早く塗る…という事です。 多少はみ出るかもしれませんがムラとはみ出しのどちらかを優先させるか…ですね。 素早く塗ると言っても塗り個所によって様々です。 広い場所でしたらブロックタイプのペン先を使用して広く手早くベタ塗りを行うのが大事です。 逆に細かい場所でしたら筆タイプや極細タイプで素早く塗りあげる事が大事になるので臨機応変に使っていきましょう。 コピックには0番という「無色透明」なインクがあります。 当然0番のみを使用しても当然色は付きません。 こちらは色を暈かす、色を溶かす役割があります。 先に0番を塗り込んだ画用紙に色を乗せた場合、まだインクが乾いていない状態ですので色の境目が少し滲んでいます。 水彩画で言う所の「画用紙に水を染み込ませる」にちょっと近いと思います。 次に色を乗せてから0を塗り込むと元のインクを0番が溶かしてしまうのでそこから滲みが出来ます。 こちらも水彩での濃い色の乗せた後水で伸ばす方法に近いかと思います。 コピックのコツはとにかく乾く前に塗る、手早く塗る事を、心がけるのが良いです。 後に乾いてから塗り込む、敢えてムラを作る等の方法も有りますが…それらはまた次の機会に… コピック初心者でも怖がらない!! 基本な塗り方を覚えよう まとめ まず、今回は基本的な所で説明させていただきました。 ムラ無く塗れる、コツを掴めれば次のグラデーションや混色も上手く出来ると思います。 次の機会がありましたら是非お付き合い頂けると幸いです。 ココまでお付き合い下さりありがとうございました!!

次の

漫画制作でベタ塗りをするコツを紹介!手描きではみ出さないように塗るには?

漫画 塗り方

定番のマンガ制作ソフトCLIP STUDIO PAINTを使ってマンガを描く方法を解説している書籍 サイドランチ著/ソーテック社刊 から、デジタルでマンガのトーンの貼り方が解説されている部分を抜粋して特別掲載します。 デジタルでのトーン作業は、使っても減らない、ゴミや削りカスが出ない…などメリットがたくさんあります。 デジタルでマンガ作成や仕上げ作業を行っていないという方は、ぜひ参考にしてください! トーンを貼る モノクロのマンガでは、中間色をトーンで表現します。 CLIP STUDIO PAINTでは、さまざまな方法でトーンを貼ることができます。 線数や濃度、角度などを決めて [OK]ボタンをクリックすると、キャンバスにトーンが貼り付けられます。 Point [簡易トーン設定]ダイアログボックスの線数や濃度、角度については、下記の『網点の大きさと角度を知る』を参照してください。 基本的なドットのトーンは、 [網]カテゴリに用意されています。 [素材]パレットからドラッグ&ドロップして、キャンバスにトーンを貼ることができます。 選択範囲にトーンを貼る 選択範囲を作成したときには、 [選択範囲ランチャー]でトーンを貼ることができます。 選択範囲を作成します。 選択範囲の下に表示される [選択範囲ランチャー]の [新規トーン]ボタンをクリックします。 TIPS 表示されないときは? 選択範囲を作成しても [選択範囲ランチャー]が表示されないときは、非表示の設定になっているかもしれません。 [簡易トーン設定]ダイアログボックスが表示されるので、設定して [OK]ボタンをクリックします。 ここでは [線数]を[70. 0]、 [濃度]を[20]%、 [種類]を[円]に設定しました。 トーンが貼り付けられました。 網点の大きさと角度を知る トーンが持つ網点の大きさや濃度、角度などを設定できます。 また、トーンを貼り付けた後でも、[レイヤープロパティ]パレットで設定の変更が可能です。 線数の大きいトーンは網点がぎっしりつまっており、線数が小さいトーンは網点同士の間にすき間があります。 線数が少ないほど、網点の一つひとつがよく見えるようになります。 線数が大きすぎると網点が細かくなり過ぎて、印刷したときにつぶれる可能性があります。 標準的な線数は[60]で、多くても[70]以下の線数に設定すると比較的安心です。 この線数と濃度によって、実際のトーンの目に見える濃さが違ってきます。 種類 基本的に最も使われるのが「円」の網点によるトーンで、次に「万線」「砂目」と続きます。 [レイヤープロパティ]パレットでトーンの種類を変更する場合は、 [網の設定]から選択します。 「円」にしたいときは [円]、「万線」にしたいときは [線]、「砂目」にしたいときは [ノイズ]を選択します。 角度 角度の設定では、網点の列の角度を変更できます。 TIPS トーンを重ねる トーンを重ねるときは線数と角度を合わせます。 そうしないと、印刷時にモアレが出る可能性が高くなります。 線数と角度が同じであれば、濃度の異なるトーン同士を重ねてもよいでしょう。 トーンの領域を微調整する トーンレイヤーには、「マスク」という表示範囲を決める機能があります。 マスクは[ペン]ツールなどの描画系ツールで編集できるため、簡単にトーンの領域を調整できます。 トーンレイヤー 貼ったトーンは、[レイヤー]パレットではトーンレイヤーになっています。 このトーンレイヤーを選択してトーンを編集します。 トーンレイヤーには、マスクアイコンがあります。 マスクアイコンが選択状態のときは、ブラシツールでトーンを編集できます。 Point 描画色を透明色にしたブラシツールでもトーンを削ることができます。 細部にトーンを貼る トーンで細かい影を入れたいときなどに便利な方法を解説します。 [OK]ボタンをクリックすると、トーンが貼られます。 そのまま [ペン]ツールで影を入れたいところを描画すると、描画したところにトーンが貼られます。 もし、できない場合は、 [レイヤー]パレットでトーンレイヤーが選択されているか、またトーンレイヤーのマスクアイコンが選択されているかを確認してください。 トーン削り用のツールを使う アナログの表現では、カッターでトーンを削って柔らかくぼかすテクニックがあります。 CLIP STUDIO PAINTでも、[トーン削り]サブツールを使うと同様の効果を出せます。 トーン削り 1. [ブラシサイズ]は大きめに設定します。 初期設定も大きいブラシサイズになっています。 ここでは[8]mmに設定していますが、削りたい範囲などにもよるので、適宜変更して使います。 描画色は透明色にします。 端の方を削っていきます。 このとき、描画色は透明色にします。 パソコンが苦手・初めての人でもクリップスタジオでコミックがスイスイ描ける! 下書き、ペン入れ、トーン貼り、背景、カラーイラスト、サンプルファイルと一緒に学んでいきましょう。 ・アプリを起動したところから目的別のステップで解説するので、パソコンが苦手な人でも大丈夫! ・作例はサポートサイトからダウンロードできるので、紙面通りに操作しながら各機能をマスターできます。 ・マンガや本作りに関する用語やテクニックも説明しているので、初めての人でもスイスイ読めます。 技法書プレゼント応募方法 本キャンペーンの募集は終了いたしました。 たくさんのご応募ありがとうございました。 本記事で一部内容を紹介した サイドランチ著/ソーテック社刊 を抽選で3名様にプレゼントいたします! 申込方法: 描きナビ公式Twitterアカウントをフォローしてキャンペーンツイートをリツイートしてください。 ・賞品の発送は日本国内に限らせていただきます。 ・当選者についてのお問合わせにはお答えできません。 ・当選のご連絡後6営業日以内に送付先をご連絡いただけない場合は、当選を無効とさせていただく場合がありますのでご注意ください ・当選者の権利を譲渡・換金・変更することはできません。

次の