鬼滅の刃 煉獄 うまい。 【鬼滅の刃】無限列車編まとめ!炎柱・煉獄杏寿郎に炭治郎は何を学ぶのか?ネタバレ【鬼滅の刃】

【鬼滅の刃】無限列車編まとめ!炎柱・煉獄杏寿郎に炭治郎は何を学ぶのか?ネタバレ【鬼滅の刃】

鬼滅の刃 煉獄 うまい

『鬼滅の刃』無限列車編とは? 那多蜘蛛山戦での傷も癒え、蝶屋敷をあとにする炭治郎・善逸・伊之助の3人。 ヒノカミ神楽の情報を得るため、 炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)に会うべく無限列車に乗り込みます。 しかし、煉獄からヒノカミ神楽の情報を得ることはできず…。 しかも、 無限列車は短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているいつ鬼が出るとも限らない危険な列車だったのです!煉獄が送り込んだ剣士数名も消息を絶っているという異常事態、このため柱である煉獄自ら無限列車に乗り込むことになったのだとか。 そこで待ち受けていたのは 十二鬼月最後の下弦、眠り鬼・魘夢。 「幸せな夢」をだしに人間をたぶらかし炭治郎たちの精神の核を破壊させ、廃人にしたうえで殺害しようともくろんでいたのでした。 関連記事をご紹介! 無限列車編ストーリー1:蝶屋敷を出発! 戦ってるのは前線の兵士だけじゃない 【鬼滅の刃】 炭治郎に『俺を手助けしてくれたアオイさんはもう俺の一部だから アオイさんの想いは俺が戦いの場に持って行くし』と言われた時のアオイの表情が美しい。 束ねた髪を風に流され一人ぽつんと。 — 織田蘭世ZZ シャア専用 ODARANSE アオイたちに機能回復訓練をして貰うことで、那多蜘蛛山の傷も癒え再び鬼と戦うことができるようになった炭治郎たち。 蝶屋敷を出発する前に、そのお礼を言いにアオイを尋ねます。 しかし、アオイは「あなたたちに比べたら大したことはしていない。 最終選別を生き残っても怖くて戦いに行けなくなった腰抜けなので」とつれない態度。 しかし炭治郎は 「自分の手助けをしてくれたアオイは自分の一部」だと、そしてアオイの戦いの想いは自分が持っていくと伝えます。 アオイがいたからこそ、再び鬼とたたかうことができる、アオイもまた、鬼と戦う戦士だということでしょう! 剥くで純粋な瞳でそんな風に言われて嬉しくないはずがありません!この言葉は「鬼から逃げてしまった」と後ろめたさを感じているアオイの救いとなったことでしょう。 広い列車、それなりに乗客もいますが匂いを覚えているから大丈夫…と煉獄を探そうとした瞬間、 「うまい!」と大声で駅弁を食べながら悪目立ちしている人物が… 彼こそ炎柱・煉獄でした。 炭治郎はヒノカミ神楽について煉獄に尋ねますが、全く知らないとのこと。 炎・水・雷・岩・風を基本の呼吸とし、ほかの呼吸はこれらを基本として派生してできているのだそう。 数ある派生した呼吸のなかでも、ヒノカミ神楽にまつわるものはない…手掛かりは途絶えてしまうのでした。 しかも、炭治郎の日輪刀が黒刀だと聞いた煉獄は「それはきついな!」と更なる不安要素を語り始めます。 なんでも、 黒刀の剣士が柱になったのを見たことがなく、呼吸の系統の適正も見極めにくいのだとか。 そんな状態の炭治郎を 「俺のところで鍛えてあげようもう安心だ!」と強引ながらも面倒を見ようとする、懐が大きい煉獄なのでした。 関連記事をご紹介! 煉獄家の手記に手掛かりが? もし仮に水が月の呼吸、炎は日の呼吸を色強く受け継いでるとすると歴代の柱には必ず炎と水がいたのも納得。 そうなると始まりの剣士は5人いたみたいなので基本の呼吸にも日と月の様な上位の呼吸があってもおかしくはないかな。 煉獄は昔の夢を見た時に、 煉獄家の柱が代々記していた「手記」があることを思い出します。 それを求めて炭治郎は煉獄家を尋ねますが、ボロボロに破かれてしまっている…。 ヒノカミ神楽の情報収集は苦戦を極めているのです。 関連記事をご紹介! 無間列車編ストーリー3:鬼の影を求めて無限列車へ 煉獄が無限列車に乗っていたのは、 鬼が出るという噂を聞きつけていたから。 短期間のうちに40人以上の行方不明者をだし、しかも派遣した鬼殺の剣士も消息を絶つという異常事態…。 柱自らの出陣です! それを聞いた 善逸、たちまち顔が真っ青になり「俺下りる!」と大騒ぎ。 鬼が出る場所に向かっているんじゃなくて、鬼が出る列車に乗り込んでしまっていた…。 ただでさえ臆病なのに、覚悟もなしに鬼の巣窟に送り込まれる形となりました。 女の子が大好きな善逸、蝶屋敷という天国から一変、鬼の巣窟である無限列車への乗車…まさに 天国から地獄な展開なのでした。 無限列車編ストーリー4:乗務員は眠り鬼・魘夢の傀儡… 眠らされる炭治郎たち 善逸が「おりるー!」と騒いでいる中、顔色の悪い車掌が切符を切りに現れます。 それと同時に、炭治郎の鋭い嗅覚が異臭を察知。 次の瞬間、 列車後方から突如鬼が出現するのでした。 ここは柱の腕の見せ所。 煉獄は 「炎の呼吸 壱ノ型 不知火」で鬼を瞬殺!そして、炭治郎や善逸、伊之助から兄貴と慕われ始める煉獄…。 しかし、これはすべて煉獄の夢。 切符を斬られた瞬間、 魘夢の術により乗客すべてが眠らされてしまっていたのでした。 無限列車編ストーリー5:辛い現実と幸せな夢…ガラス細工のように脆い人間の心 いやめっちゃ意味深な台詞言ってたし回想楽しみにしてたら呆気なく殺された上に空気にされては?って感じだったんだけど魘夢 無惨様とにかく累くんがお気に入りだった説 — みかふぁる mikafaru 魘夢の言うとおりにすれば、幸せな夢を見せて貰える…それがたとえ現実でないとしても、辛い現実を受け入れることができない人間たちは幸せな夢を求めていました。 切符を切ることで炭治郎たちを眠らせた車掌が見たい夢は、死んだ妻と娘に会うことができる夢。 そして、無限列車にはそんな人間たちが多く集まっていました。 幸せな夢を見るために、魘夢のいいなりとなってしまっていたのです。 そんな人々の心の隙間に取り入り、魘夢は乗客が眠っている隙に、 魘夢は「縄」を使って夢に干渉し精神の核を壊すように人間たちに命じます。 魘夢の見せる幸せな夢はまるで麻薬。 幸せな夢を見せて欲しいがゆえに、人間たちは魘夢に言われるがままに炭治郎たちの夢へと侵入するのでした。 無限列車編ストーリー6:願望丸出し?!善逸の夢 桃の花言葉が気になって調べたら 「私はあなたのとりこ」「天下無敵」と出てきてぜんねずが尊い… 改めて7巻の善逸の夢と禰豆子ちゃんを守る善逸を見て花言葉のままだなぁと思いました…この幸せな夢が夢じゃなくて現実になる日を祈っています。 — 真夢? NLnMEGmvCJa2haA 善逸のが見た夢は、 炭治郎の妹・禰豆子(ねずこ)とデートする夢。 「白詰草で花の輪っかを作ってあげる」と絵にかいたようなキャッキャウフフを繰り広げます。 お花畑の途中に川があるというと「どうしよう善逸さん私泳げないの」と不安げな禰豆子。 これは善逸にとって超ラッキー!どんな川でも有頂天の全いつならひとっ飛び! 禰豆子をおんぶして幸せの跳躍です。 女の子を見るだけでも幸せ、触れたらもっと幸せ…そんな女の子大好きの善逸らしい夢ですね。 蝶屋敷でのはしゃぎっぷりを見ると、ハーレムのような夢を見るのかと思いきや、禰豆子とのデートの夢…。 善逸、禰豆子には本気なのかも?! 無限列車編ストーリー7:親分はオレ!伊之助の夢 みんなの幸せな夢に涙。 炭治郎の「ごめん ごめん!ごめんな」に涙。 そしてやはりこんな扱いの善逸に涙。 炭治郎の夢にもこんな善逸出てきて「禰豆子ちゃんをおいらにくれダス」とか言いそうだな…w — はちべえ hatibee 伊之助の夢は、洞窟の探検。 「俺たち洞窟探検隊!! 」と楽しそうな伊之助…冒険心をくすぐる洞窟が広がっています。 どうやら、洞窟の主を探すという設定のよう。 そして伊之助を「親分!」と慕っているのは、炭治郎似の狸「ぽん治郎」、善逸似のネズミ「チュー逸」。 そして、禰豆子似のうさ耳の「子分その3」。 ツヤツヤのドングリをだしに仲間を引き連れ、 伊之助の大冒険がスタートします。 これはこれで、結末が気になる…?!「猪突猛進!!!」がモットーの伊之助らしい、大味ながらに微笑ましい夢ですね。 無限列車編ストーリー8:もしかして過去の出来事?!煉獄が見た夢 これが煉獄さんの幸せな夢なのだから、正直弟くん死んでそうないしそれに近しいことになってそうだし、煉獄さんが千寿郎であった場合杏寿郎さんがそうなってるじゃん?しのぶさんと被っちゃうよ — Mandom mandomofthedead 煉獄が見たのは、 柱になったことを父に報告している夢でした。 しかし、父は「どうでもいい」と一蹴。 自分を熱心に指導してくれていた父、そして自らも柱まで上り詰めていた父…。 なのになぜか突然剣士を辞めてしまい無気力な人物になってしまった。 父に報告後、杏寿郎は弟・千寿郎から尋ねられます。 「私も柱になったら父上に認めて貰えるでしょうか」 少し考えた後、煉獄は正直に答えます。 父は柱になっても「どうでもいい」と言った。 でも、そんなことで 自分の心の炎が消えることはないのだと。 そして、自分と弟は違う、自分の道を歩むように言い聞かせます。 そして、どんな 道を歩んでも、千寿郎は立派な人間になると信じていると杏寿郎は熱く伝えます。 「頑張って生きて行こう!寂しくとも!」 母を亡くし、父も自分たちを見てはくれない…杏寿郎が見た夢は、彼の感じている寂しさを反映させているようでした。 炭を売って帰ると、いつものように家族が出迎えてくれたのです。 なんだか悪い夢でも見ていたみたいだ…夢の中の炭治郎は、現実世界のことを忘れてしまっているようでした。 しかし、炭治郎の潜在意識は警笛を鳴らしていました。 「起きて戦え!」その呼びかけで炭治郎は我に返り、徐々に覚醒していきます。 ずっとここに居たい。 本当なら、刀を握ることなく夢の世界のように幸せに暮らしていたはず。 それでも、この幸せな夢は既に自分が失った現実なのだと言い聞かせ、炭治郎は家族の元を去るのでした。 そして、炭治郎が夢の世界から出るために思い至ったのは 「夢の世界での死が現実の目覚め」になるという結論。 自ら首を斬りつけ、見事現実世界へと戻ることができるのでした。 無限列車編ストーリー10:怒ると怖い?!目覚めた炭治郎の底力! 目を覚ました炭治郎は禰豆子にみんなを起こすよう頼み、魘夢のいる前方の車両へと向かいます。 魘夢は幸せな夢を見せた後で悪夢を見せることが大好き。 苦しみに歪む人の顔が大好物だという悪趣味な鬼なのです。 人の心を土足で踏み荒らす所業に炭治郎は怒りに燃え、繰り出した技は水の呼吸最強の技「拾ノ型 生生流転」!向かってくる炭治郎に魘夢は「強制昏倒催眠の囁き」で再び眠らせようとします。 しかし、 炭治郎は術にかかるたびに夢の中で自決し覚醒することを繰り返し術を回避したのです。 魘夢の術を退けたのは家族への信頼 夢の中とはいえ、何度も自決を繰り返すなど並みの胆力ではありません!炭治郎がこんな行動をとることができたのは、 魘夢への強い怒りと、そして炭治郎が家族へ寄せるゆるぎない信頼あってこそ。 魘夢が炭治郎に見せていたのは悪夢…死んだ家族が炭治郎に「アンタが死ねばよかった」などの恨み言を言うものでした。 しかし、これによって炭治郎の怒りは頂点に達します。 「言うはずがないだろうそんなことを 俺の家族が!!! 」 炭治郎は家族を侮辱されたことに怒り、渾身の人たちを食らわせるのでした。 無限列車編ストーリー11:炭治郎・善逸・伊之助は最強トリオ?!向かうは先頭車両 いよいよ今週末よりTVアニメ放送開始!! 『鬼滅の刃』が表紙と巻頭カラーを飾るWJ18号、本日発売です!! 最新第152話&外伝作品『鬼滅の刃 冨岡義勇外伝 前編』が掲載中! ぜひお手逃しなく!! 今週は、TVアニメでも三人一緒に頑張る!? 炭治郎・善逸・伊之助のアイコンをプレゼント!! いまや魘夢は電車そのもの…車両全体が危険な場所と化してしまったのでした。 一人ではとても乗客全員を守り切れない!その瞬間、聞こえてきた伊之助の「猪突猛進!」の雄たけび。 いち 早く目を覚ました伊之助はさっそく暴れていたのでした。 伊之助の「獣の呼吸 伍の牙 狂い咲き」は八方を斬りつける敵に囲まれた時にうってつけの技。 電車そのものが鬼であるこの状況にぴったりです! そして、善逸は眠っている時にこそ本領発揮!禰豆子が鬼に絡めとられ身動きが取れなくなったその時善逸の剣技が火を噴きます。 「雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃 六連」は全いつの必殺技の一つ。 「禰豆子ちゃんは俺が守る」 キリッと決める善逸ですが、次の瞬間大きな鼻提灯…未だ幸せな夢の中なのでした。 無限列車編ストーリー12:これぞ「柱」の実力!煉獄の力に鬼もタジタジ?! ついに目を覚ました煉獄! 「柱として不甲斐なし!! 穴があったら入りたい!! 」と細かく斬撃を入れながら炭治郎の元へと向かいます。 煉獄の態度のデカさはとても穴には収まり切れないほど大きく堂々している…。 でもそれは確かな強さの証拠でしょう! 煉獄は、全8両の電車のうち5両を自分が守ると宣言。 残り3両を善逸と禰豆子で守りつつ、 炭治郎と伊之助で鬼の首をはねるよう指令を言い渡します。 5両を守り切るという自信と、そして瞬時に状況を判断し作戦を立てる決断力…これぞ柱の実力なのでしょう! そして煉獄の采配も絶妙。 鼻の利く炭治郎と触覚が優れ気配を察知できる伊之助は、鬼の首が前方車両の方向にあることを察知します。 そして2人は協力して鬼の首を見事切り落とすのでした。 猗窩座は煉獄を鬼にならないかと勧誘しに来たのです。 鬼になれば老いることも死ぬこともない…「至高の領域」へと足を踏み入れ、強くなれると猗窩座は言います。 その誘いを煉獄はきっぱりと断ります。 老いも死も、人間の儚い生き物の美しさなのだと。 「強さというものは肉体に対してのみに使う言葉ではない」 弱者を蔑む猗窩座は、この煉獄の価値基準と決して相いれないのです。 煉獄と猗窩座。 勝敗を分けたのは… もしかして。 童磨さんの前ではいつも不機嫌そうにしてるから。 童磨さんは猗窩座がこんな風に凄艶な表情を作るの知らなかったりしない? もしくは。 上弦に上がる前、今程強くなかった頃に1度だけ見たきりとかしない?猗窩座殿のあの顔をもう一度見たいとか思ってない?なにそれエモい…ハァハァ — ちどりーぬ chidoriamo 煉獄に断られようと、猗窩座は一歩も引く気はありませんでした。 「鬼にならないなら殺す」 その言葉を皮切りに、上弦の鬼と柱の本気の対決が始まります!力は全くの互角。 この状況で、勝敗を分けたのは治癒力でした。 相打ちとなった煉獄と猗窩座ですが、重傷を負った煉獄に対して猗窩座の傷は完治しかけている…。 鬼と人間の差をまざまざと見せつけられます。 それでもなお、煉獄は鬼になることを拒否し 「自分の責務」を全うするべく戦うのでした。 関連記事をご紹介! 無限列車編ストーリー14:煉獄が生まれ持った「責務」とは 強い者は弱い者を守るという教えは煉獄母から煉獄さんへ、煉獄さんから炭治郎へと着実に繋がり、煉獄さんが守った炭治郎は今アカザ殿とも戦える程に強くなったのはやっぱり良い。 猗窩座に致命傷を負わされながら、煉獄はこの言葉を思い出します。 そして 最期の瞬間まで「責務」を全うするべく、煉獄は猗窩座の首を落とそうと刀を振るうのでした。 こうしている間に、夜が明けようとしていました。 煉獄は猗窩座の腕で腹を貫かれていましたが、これを逆に利用し猗窩座を抑え込み、 太陽の光にさらそうと抑え込んだのです。 煉獄は自分の命が燃え尽きる瞬間まで、人を守るために戦いぬいたのでした。 しかし、無情にも猗窩座を取り逃がしてしまいます。 日光から逃げる猗窩座に炭治郎は「逃げるな卑怯者!」と精いっぱい叫びます。 「お前の負けだ!! 煉獄さんの勝ちだ!! 」 厳しい状況の中誰一人殺させることなく守り抜いた煉獄…彼が背負ってきた責務は、確かに炭治郎に伝わってたのでした。 『鬼滅の刃』煉獄の死を超えて…強くなる決意とともに遊郭潜入編へ 感想 煉獄さんの実力を認めていた音柱・天元さん。 「俺は信じない」の一言だけで一気にキャラを立ててきた蛇柱・小芭内さん。 そして煉獄さんの死に悲しむ岩柱・行冥さんと、その継子だったモヒカンくん。 なぜ彼は蝶屋敷に居たのか。 — ぐんぐにる Gungnir3228 たとえ鬼を連れていようとも、人を守るため命を賭けて戦う者は鬼殺隊。 「今度は君たちは鬼殺隊を支える柱となるのだ。 君たちを信じる」…そう遺言を残し、死んでいった煉獄。 炭治郎は目標とすべき人物と理解者を失ってしまいます。 圧倒的な力を持った煉獄が死んでしまい、自分の無力感に炭治郎は打ちのめされます。 そんな中 「信じると言われたらそれにこたえること以外考えんじゃねぇ!悔しくても泣くんじゃねえ!」と泣きながら叫ぶ伊之助。 そして炭治郎と同じように泣いている善逸…。 同じ悲しみを共有し、支え合いながら強くなろうと3人は前に進むのでした。 その後、蝶屋敷にて鍛錬を積むこと4か月。 音柱・宇髄天元の指令の下、【鬼滅の刃】遊郭潜入編がスタートします!ここでの3人は一味違う!?さらに成長した3人は必見です。

次の

鬼滅の刃映画!無限列車編ネタバレ!あらすじ!2020年公開予定

鬼滅の刃 煉獄 うまい

【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎とはどんなキャラクターか? (C)吾峠呼世晴 まずは、煉獄さんがどんな人なのか、ということをざっくりとお話します。 煉獄さんは鬼殺隊における最強の剣士・「柱」の1人。 単行本ではから登場します。 代々「炎柱」を排出する煉獄家の長男。 炎の呼吸を極めた使い手。 父の熱心な指導を受けて育ってきましたが、途中で父が育手としての責務を放棄したため、最終的には自己鍛錬によって柱まで上り詰めます。 彼と戦った上弦の鬼からも 「至高の領域に近い」とまで言わしめます。 豪快で明朗快活な性格で、どこまでもまっすぐ。 人間を愛し、民を守るために鬼を狩る、鬼殺隊士の鑑です。 鬼殺隊見聞録によるプロフィールはこちら。 【鬼滅の刃】煉獄杏寿郎のかっこよさ・登場シーン・名言まとめ 煉獄さんは~に登場して活躍します。 この3巻にかっこよさが詰まっていて、炭治郎たちに大きな影響を与えます。 彼の生き様や強さについて、詳しく解説していきますね。 柱合会議:禰豆子のことを認めない での初登場。 鬼である禰豆子とともに行動していたことがバレ、拘束される炭治郎。 目を覚ますと、柱達に囲まれ一方的に裁判が行われます。 (C)吾峠呼世晴 煉獄は人の命を奪う鬼を許さない。 「裁判の必要などないだろう! 鬼を庇うなど明らかな隊律違反!」 と即座に禰豆子のことを殺そうとします。 それは、 炭治郎や鱗滝が「禰豆子は人を食べない」と伝えてもゆらぎません。 その言葉を聞いてなお、煉獄は言います。 (C)吾峠呼世晴 「人を喰い殺せば取り返しがつかない!!殺された人は戻らない!!」。 そう、彼の「人がいい」というのは、 簡単に信念を曲げるということではありません。 「鬼から人を守る」。 その確かな軸を、信念を貫き通すことにあります。 しかし、不死川によって禰豆子が人を食べないことが証明されると一転。 「俺と禰豆子は鬼舞辻無惨を倒します!! 俺と禰豆子が必ず!悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!」 という炭治郎の言葉には 「良い心がけだ」と、先程までの遺恨を引きずらずに評価します。 煉獄さんは、 「人を助ける」ということを第一に考えている人間で、そこが一切ブレません。 だからこそ、あっさりとは禰豆子のことは認めない。 物証を見るまでは炭治郎にほだされることなく、どこまでもまっすぐに正論をズバズバと言うことが出来ます。 では、彼の 「人を守る」という価値観は一体どこで生まれたのか? それは 煉獄さんの母親からの影響が大きなものとなっています。 母・煉獄瑠火の言葉を胸に進んできた 彼の生き方を決定づけたのは、母・煉獄瑠火の言葉でした。 母は身体が弱かった。 しかし、その心は強く、そして優しかった。 自らの死期を悟った彼女は、最期に杏寿郎へ言葉を残します。 (C)吾峠呼世晴 「なぜ自分が人よりも強く生まれたのか わかりますか」 「わかりません!」 「弱き人を助けるためです 弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。 責任を持って果たさなければならない使命なのです。 決して忘れることなきように」 (C)吾峠呼世晴 母の残した最期の言葉を胸に、彼は刀を振るい続けます。 どんな窮地に立とうとも、その言葉を支えに鬼と戦い続け、救える命には手をのばす。 後で紹介する、上弦の鬼との戦いでその信念を胸に戦う場面が描かれます。 煉獄の強さと経験の深さが分かる、魘夢戦 にて再登場。 炭治郎はヒノカミ神楽について何か知らないかを煉獄へ聞くため、彼の乗り込んだ 「無限列車」へ向かいました。 (C)吾峠呼世晴 「うまい!」と連呼しながら駅弁を11個たいらげる煉獄さんの姿がそこにはあった。 ヒノカミ神楽については「知らん!」と一言叫びますが、それだけでは終わりませんでした。 (C)吾峠呼世晴 炎の呼吸の歴史を語り、炭治郎を継子(弟子)へ迎え入れようとするなど、面倒見の良さを見せます。 しかし。 すぐに鬼の手によって襲撃が始まる。 眠らせ、幸せな夢に人を閉じ込める、下弦の壱。 (C)吾峠呼世晴 炭治郎や善逸、伊之助、そして煉獄は眠りに落ちてしまいます。 しかし、禰豆子によって全員が夢から覚めて共闘。 乗客200人を守りながら、車両と一体化した魘夢を倒すべく煉獄は各人に指示を出します。 (C)吾峠呼世晴 単純な強さだけでなく、特殊な行動をする鬼への対処法が即座に出てくるのも彼の強さの1つ。 最終的に炭治郎と伊之助が魘夢の頸を落とすまで、 煉獄は全ての乗客の命を守りきったのです。 そして、戦いの末傷ついた炭治郎へ傷の治し方を教えます。 全集中の呼吸による止血。 傷を止める方法と、呼吸の応用の可能性。 それを実戦の中で炭治郎へと示すのでした。 (C)吾峠呼世晴 後進の育成にも余念がなく、理想の兄貴分なかっこよさ。 応戦する煉獄に、彼は言う。 「お前も鬼にならないか?」 煉獄の闘気を見て、至高の領域に近いと評する猗窩座。 彼は言う。 お前が至高に至れないのは、人間だから。 老いる、死ぬ。 そんな限界をもっている生き物だからだ。 しかし煉獄は迷わない。 (C)吾峠呼世晴 「ならない。 老いることも死ぬことも、人間という儚い生き物の美しさだ」 「老いるからこそ、死ぬからこそ 堪らなく愛おしく、尊いのだ」 「強さというものは、肉体に対してのみ使う言葉ではない」 だから、炭治郎は弱くない。 彼を馬鹿にするなと、淀みなく猗窩座に言い放つ。 「何度でも言おう 君と俺とでは価値基準が違う 俺は如何なる理由があろうとも 鬼にはならない」 強さが目的の猗窩座と、 強さは人を守るための手段でしかない煉獄。 絶対に鬼になるという言葉には、屈するはずもない。 一切の動揺も迷いも見せず、人間の美しさと己の信念を語る様が最高にかっこいい。 (C)吾峠呼世晴 傷ついた炭治郎と、後ろにいる列車の乗客たちを守りながら戦う煉獄。 全力を出しきれない。 傷つき、追い詰められていく。 そんな中で猗窩座はささやき続ける。 鬼になれば、すぐにこんな傷は治ると。 (C)吾峠呼世晴 「俺は俺の責務を全うする!! ここにいる者は誰も死なせない!!」 傷ついてもなお、彼は戦えない人を守るために戦う。 その闘気は追い詰められてなお、最高に高められていた。 (C)吾峠呼世晴 ぶつかり合い、胸をえぐられてしまう。 「死んでしまうぞ杏寿郎! 鬼なれ!鬼になると言え!! お前は選ばれし強き者なのだ!!」 煉獄を鬼の道へと誘おうとする猗窩座の言葉。 しかし、それを聞いて煉獄の脳裏に蘇ったのは、母の言葉でした。 (C)吾峠呼世晴 「弱き人を助けることは強く生まれた者の責務です。 責任を持って果たさなければならない使命なのです。 俺の方こそ、貴女のような人に生んでもらえて、光栄だった!) 最期の一撃は、猗窩座の動きを止めるに十分だった。 身動きが取れない猗窩座は、もうすぐ太陽が出ることに焦る。 (C)吾峠呼世晴 煉獄の決死の想いで猗窩座の頸を切り落とそうとするが、猗窩座は腕を犠牲に抜け出す。 しかし、炭治郎は叫ぶ。 (C)吾峠呼世晴 「煉獄さんのほうがずっと凄いんだ!強いんだ!! 煉獄さんは負けてない!! 誰も死なせなかった!! 戦い抜いた!! 守り抜いた!! お前の負けだ! 煉獄さんの勝ちだ!!!」 悔しさに泣き叫ぶ炭治郎。 まだ一度共に戦っただけ。 でも、炭治郎にとって煉獄は、もうかけがえのない師になっていた。 当然だ。 魘夢との戦いでは、卓越した戦いの技術を。 そして、猗窩座との戦いでは 人間として高潔に戦い続けた。 こんなにも尊敬できる人間はいない。 だからこそ、誇りもなく、太陽が出たら卑怯にも逃げ出す猗窩座が、許せなかった。 そんな彼に、煉獄は穏やかな顔で言う。 (C)吾峠呼世晴 「もうそんなに叫ぶんじゃない 腹の傷が開く。 君も軽傷じゃないんだ。 竈門少年が死んでしまったら俺の負けになってしまうぞ」 「こっちにおいで 最後に少し話をしよう」と。 煉獄が炭治郎に遺した最期の言葉…… 煉獄は炭治郎に、ヒノカミ神楽のヒントを託す。 夢で見たときに思い出した、歴代の炎柱が残した手記。 それが煉獄の生家にあると。 (C)吾峠呼世晴 「竈門少年 俺は君の妹を信じる 鬼殺隊の一員として認める」 彼は、無限列車で禰豆子が血を流しながら人間を守っているところを見た。 「命をかけて鬼と戦い、人を守る者は誰がなんと言おうと鬼殺隊の一員だ」 最初は問答の余地なく禰豆子の斬首を望んだ彼は、ちゃんと禰豆子の行いを認めたのです。 そして。 (C)吾峠呼世晴 「胸を張って生きろ」 「己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと 心を燃やせ 歯を喰いしばって前を向け 君が足を止めて蹲っても時間の流れは止まってくれない 共に寄り添って悲しんではくれない」 彼は、炭治郎たちを自分の跡を継ぐ有望な戦士と認めて、生き方を説く。 「竈門少年 猪頭少年 黄色い少年 もっともっと成長しろ そして今度は君たちが鬼殺隊を支える柱となるのだ」 「俺は信じる 君たちを信じる」 その言葉は、炭治郎たちが自分の死で歩みを止めず、立派な戦士に、人間になれるようにという想いが込められていた。 3人に自分の伝えるべきことを全て言い切ると、彼は母の姿を幻視する。 俺は、ちゃんとやれただろうか。 煉獄さんは最期まで一切折れることなく、自分の信念を貫き通しました。 死の淵に立ちながらも乗客たちを、炭治郎たちを守るために戦い続けた。 その在り方は人間としてこの上なく尊敬できるし、かっこいい。 (C)吾峠呼世晴 はもう本当に全てがかっこいいので、煉獄さんの誇り高さを見たければぜひ読んでみてください。 彼の死後、家族に遺言を伝えるために炭治郎は煉獄家へと向かいます。 そんなとき、妻に先立たれてしまう。 そのショックから酒に溺れ、育手としての責務も放棄した。 そんな中でも、杏寿郎は炎の呼吸の指南書を読んで、1人で柱まで上り詰めたという過去がありました。 弟の千寿郎に、炭治郎は言う。 「俺は杏寿郎さんのような強い柱に、必ずなります」 その言葉を聞いて、千寿郎は覚悟を決める。 彼には才能がなく、兄の後を継げない。 それに責任を感じ続けていた。 だから。 (C)吾峠呼世晴 「剣士になるのは諦めます」 「炎柱の継承は絶たれ、長い歴史に傷がつきますが 兄はきっと許してくれる」 兄ならば、きっと別の形で人の役に立てば笑って許してくれるはずだと、千寿郎は信じて新たな道を進みます。 父・槇寿郎は杏寿郎からの遺言を聞こうとしなかった。 自らのしてきたことを責める言葉を、彼は避けようとした。 しかし。 (C)吾峠呼世晴 「体を大切にしてほしい」 杏寿郎からの遺言は、それだけだった。 それを聞いて、槇寿郎は息子の顔を浮かべながら、ただ涙を流すのだった……。 自分に辛くあたってきた父を慮る遺言から人の良さや器の大きさが溢れ出ているし、 弟からも、自分が剣の道を捨てることを許してくれるはずと、信頼されています。 煉獄さんの活躍を見るなら 煉獄さんのかっこいいところをみたいなら、ぜひ原作やアニメもどうぞ。 ebookjapanで原作を一気に読む 煉獄さんの活躍を原作を見るなら、ebookjapanで~を揃えるのがおすすめです。 かなり安く買えるので、今から鬼滅の刃を揃えるならおすすめです。 FODでアニメを全話見直す FODでは、鬼滅の刃のアニメが全話見直せます。 毎月8のつく日に400ポイントがもらえるので、2冊単行本が無料で読めます。 丁度煉獄さんが活躍する6巻~8巻が無料になるのでぜひ。 まとめ 鬼滅の刃の煉獄杏寿郎のかっこよさについてでした。 人を守るために戦うという信念を、最期まで貫き通します。 最期に炭治郎たちに遺した言葉が大変エモく、彼らを大きく成長させました。 ~で彼のかっこよさが堪能できるので、ぜひ読んでみてください! 原作で煉獄さんの活躍を見るならこちら。

次の

【鬼滅の刃】無限列車編まとめ!炎柱・煉獄杏寿郎に炭治郎は何を学ぶのか?ネタバレ【鬼滅の刃】

鬼滅の刃 煉獄 うまい

作中でも不安や悲しみといった表情は見られません。 父親に柱となった事を喜ばれなかった時にほんの少しだけ戸惑いの表情が見られた程度です。 また非常にハキハキした言葉使いで発する言葉に嘘の欠片も感じられません。 自分の非をきちんと認める 社会的立場が高い人は自分の非をなかなか認められない傾向があります。 煉獄杏寿郎という剣士も鬼殺隊で上位の柱という身分ですが自分の非はきちんと認めています。 下忍の鬼・魘夢 えんむ の血気術にかかり眠ってしまった自分の失態をきっちり認め 煉獄杏寿郎のかっこいいシーン集 ここからは鬼滅の刃6~8巻で見られた煉獄杏寿郎のかっこいいシーンを 個人的見解も含まれますが ご紹介していきます。 炎の呼吸にて鬼を仕留めた時 煉獄杏寿郎の初?かっこいいシーンは汽車に現れた中級程度の鬼を「炎の呼吸 壱ノ型 不知火」にて葬った時。 鬼の頸を斬った時の横顔はそれまで弁当を「うまい!うまい!」と連呼して笑っていた明るいお兄さんとは違う雰囲気を醸し出しています。 その戦闘シーンを見た炭治郎・善逸・伊之助は「煉獄の兄貴ィ」と呼び始めます。 1ページの間だけですが… 自分がつらい心境でも 弟を励ましている 魘夢の血気術による夢の中で柱となり父親に報告したところ「くだらん…どうでもいい」と一蹴されてしまいます。 強い男ですね。 この即答具合がかっこいい+面白い 笑 せっかく猗窩座が半ページものコマ絵で誘ったのに、煉獄は1ミクロも興味が無いのが伝わってきました。 鬼になることのメリットをいくら語られようが、のちに戦いにて自分がどれだけ傷つこうが煉獄の信念は一切曇ることも迷うこと無く当たり前の事のように突き通される姿がかっこいいです。 素晴らしい剣技 戦っている鬼の猗窩座から「素晴らしい剣技」と言わしめ近くで見ている伊之助も「すげぇ!!! 」と感嘆する強さを持つ煉獄。 至高の領域に近い練り上げられた闘気。 また戦いながらも傷ついた後輩隊士を気に掛け うむ!いい心掛けだ! と炭治郎の決意を 心の中で 褒め、笑うことも一切しません。 思えた1コマでした。 考えても仕方がないことは考えるな 引用元: 柱として不甲斐なし!! 穴があったら入りたい!! 引用元: 初対面だが俺はすでに君のことが嫌いだ 引用元: たんたんと言い放つ煉獄さんが面白かったです。 老いること死ぬことも人間というはかない生き物の美しさだ。 老いるからこそ死ぬからこそ堪らなく愛おしく尊いのだ。 強さというものは肉体に対してのみ使う言葉ではない 引用元: 俺は俺の責務を全うする!! ここにいる者は誰も死なせない!! 引用元: 胸を張って生きろ 己の弱さや不甲斐なさにどれだけ打ちのめされようと心を燃やせ。 葉を喰いしばって前を向け。 君が足を止めて蹲 うずくま っても時間の流れは止まってくれない。 共に寄り添って悲しんではくれない。 引用元: 柱ならば後輩の盾になるのは当然だ 引用元: 煉獄杏寿郎の刀と必殺技~炎の呼吸 煉獄杏寿郎の日輪刀は燃える炎のような赫色の刃です。 この赫色の刃で繰り出された煉獄の必殺技は次の5つです。 考えても仕方がないことは考えるな となぜ父がそうなったのかを追求する事はありませんでした。 また煉獄家では「歴代炎柱の書」を先祖代々管理していますが、おそらくこの父がずたずたに破いてしまったとされています。 父からボコボコにされヘッドバッドをお見舞いする炭治郎 炭治郎が杏寿郎の生家を訪ね実際に彼の弟、父に対面するとなぜかボコボコにされます。 ただ最終的には炭治郎のスクリューヘッドバッドが父に炸裂しバトルは終わりました。

次の