エア アジア 株価。 エアアジア株の配当金の予定が信じられない。

エアトリ (6191) : 株価/予想・目標株価 [Airtrip]

エア アジア 株価

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 株式分割があった場合は、配当利回り、1株配当、株価収益率、1株利益、調整1株益、純資産倍率、1株純資産の各項目を表示しません。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、 、 、 、 、 、 、 からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

投資記録2月◆コロナショックで爆下げ!オリックスとエアアジア買い

エア アジア 株価

株価:3. 14MYR• 配当利回り:7. PER:6. 37 実績• EPS:0. 49MYR 実績 エアアジアはマレーシアのクアラルンプールを拠点にタイ、インドネシア、フィリピン、インドなど東南アジアを中心に運用を行う 格安航空会社です。 エアアジアはグループとして多角経営をしており子会社は旅行会社、航空機リース会社、金融、コーヒーとティーの取引会社と多岐に渡ります。 イギリスの航空サービス格付け会社Skytraxにて発表されるにて 10年連続でNO1に輝いています。 業績推移 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 売上 5112 5416 6298 6846 9710 営業利益 863 826 1596 2066 2161 営業利益率 16. 9% 15. 3% 25. 3% 30% 22% 純利益 362 83 541 1619 1571 総資産 17856 20664 21316 21986 21674 純負債 8790 11390 10186 8838 7426 売上、営業利益ともに右肩あがりで非常に良いですね。 負債を減らしながら資産を積み上げていっており、財務面では割と健全に見えます。 航空会社は利益が低いのが特徴なんですが、 エアアジアは多角経営しているせいか、営業利益率がけっこう高いのは意外です。 成長率はかなり高いです! キャッシュフロー推移 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 営業CF 961 302 2204 2167 1914 投資CF -2346 -2154 -103 -642 -1345 財務CF 509 1779 -1303 -2433 -478 ネットCF -876 -73 798 -908 91 毎年かなりの投資をしています。 航空機や原油やらで結構お金のかかるビジネスですからね。 2013年〜2014年は財務キャッシュフローがプラスになっているので、積極的に資金調達をしていたと思われます。 この設備投資にせいでか、 ネットキャッシュフローが安定しないため配当金が安定していません。 配当利回り 年 配当 MYR 2013年 0. 24 2014年 0. 04 2015年 0. 03 2016年 0. 04 2017年 0. 24 2018年 0. 16 本当に配当が全く安定していません。 2014年から2016年は設備投資をしたせいか、かなり配当金も少ないです。

次の

AirAsia

エア アジア 株価

決算について 2019年第3四半期の決算は、約60億円の赤字でした。 赤字幅は前年同期よりも拡大しており、厳しい経営状況が伺えます。 売上は約265億円となっており、こちらも6. 中国や日本向けの路線を拡大したようですが、売上には貢献しなかった様子です。 LCC業界は常に価格競争に晒されるので、かなり厳しいようですね。 株価もこの状況を受けて急降下しており、現時点での追加投資はし辛いですね。 日本ではジャパンとして就航していますが、同様に赤字が続いています。 現在は3機体制とかなり小規模ですが、2020年に向けて倍増の6機体制として、国内での路線拡大を図るとしています。 これにより2021年の黒字となる見込みのようです。 機体に投資しているので赤字化するのは必然といえますが、やはり投資回収できるかどうかがカギとなりそうですね。 名古屋に注力しているようで、中部から仙台、、新千歳、福岡の開設ということですが、どこまで取り込めるでしょうか、期待してみていきたいと思います。

次の