貴重 な タンパク 源 です。 川魚は貴重なタンパク源 昔の生活を考える

究極のやりすぎサバイバル!動物の睾丸、ウジ虫もパクリ!「貴重なタンパク源です」な映像公開

貴重 な タンパク 源 です

昆虫が持つ栄養素は、基本的に半分以上はたんぱく質です。 サイズは違えども、昆虫も動物の種類に入るのでたんぱく質を多く含んでいることは当然と言えます。 また、必須アミノ酸や鉄分などのミネラル・ビタミンも豊富に含んでいるため、昆虫は一種の完全食品といっても過言では無いでしょう。 なぜこれほど昆虫は栄養豊富なのか? ではなぜ、これほどに昆虫は栄養が豊富に含まれているのでしょうか? その理由は、「昆虫食は、昆虫の体を維持するための栄養分を摂取することが出来るから」なのです。 人間も、体を維持するために必要な栄養分を血液中や内臓などに蓄えています。 昆虫食は昆虫が蓄えた必須栄養素を無駄なく摂取することが出来るのです。 昆虫食のメリット 例えば、牛一頭が自分の体を維持するために蓄えている栄養の全てを摂取するには、肉だけでなく内臓・骨・血液などを食べきらなければなりません。 しかし牛一頭あたりの大きさは全長2m前後、体重300kg以上にもなるので、牛一頭からから必須栄養素を摂取するのは不可能であると言えるでしょう。 しかし、昆虫の場合は元々の大きさが平均10cm前後で重量は100g程度に収まるので、昆虫が蓄えている必須栄養素を丸ごと取ることができます。 これが、「3kgのビーフステーキを食べるよりも、3kgのバッタを食べる方が摂取できる栄養価が高い」の理由なのです。 昆虫食を見直す また、昆虫食には通常の肉食よりも優れた点がもう一つあります。 それは育成効率です。 一般に、動物性たんぱく質を1g育てるのに植物性たんぱく質は約13. 5g必要とされています。 また、牛・豚・鳥を食肉に加工できるようになるまで育てる期間は一年から三年と長期に渡ります。 それに対して、昆虫の場合食べた量の40%を自身の体を質量に変換できます。 また、昆虫は卵生のため一度に生まれる幼虫の数が多く成虫になるまでの期間は半年足らずという成長速度を持っています。 つまり、昆虫は食料資源として少ないコストと時間で食料に出来る段階まで養うことが出来る、優れた動物性タンパク源なのです。 今後起こると考えられている世界的な人口増加の際には、昆虫が食糧供給の要になるとも考えられています。 昆虫食の栄養学的なメリットとデメリットとは? では、昆虫食を行うことは栄養学的な観点から見てどのようなメリット・デメリットを持っているのでしょうか? 昆虫食は良質なたんぱく質を摂取できる! まず、最初にあげられるのが動物性タンパク源としての価値です。 高たんぱく低脂肪の昆虫食は、コレステロール値も低くとてもヘルシーな食品であると言えます。 コレステロールは、消化やビタミンDの合成に欠かせない大事な物質ですが昆虫にはコレステロールを合成する力がありません。 その為昆虫は、体内に共生している微生物や植物に含まれる脂質を使ってコレステロールを確保しているのです。 一方、昆虫のたんぱく質は乾燥重量の50%以上を占めていることもわかっています。 昆虫はビタミン・ミネラルが豊富! 昆虫の多くは食植生を持ち、植物からビタミンやミネラルを摂取しています。 食肉性の昆虫は食植生昆虫や小動物を捕食し、捕食した相手が植物などから得たビタミンやミネラルを摂取しています。 この食性の特長によって、昆虫は常にビタミンとミネラルを豊富に蓄えているのです。 昆虫はビタミン・ミネラルを豊富に蓄えているため、100g辺りの含有量は肉・魚よりも高いことがわかっています。 昆虫食はサプリメントに匹敵する栄養補助食品としても有効な食品なのです。 昆虫にはアミノ酸が豊富! 人間をはじめとする動物は、消化・吸収・血液の循環などの身体の機能を維持するためにアミノ酸が必要になります。 動物にはアミノ酸を合成する力が無いので、アミノ酸を摂取するためには植物から得なくてはなりません。 昆虫のほとんどは幼虫時代を食植生で過ごすため、アミノ酸を豊富に摂取しています。 このため、昆虫食において幼虫や蛹を食べるのは、栄養分の不足を補うための昔の人の知恵と考えられています。 昆虫食は高カロリー いい事尽くめのように見える昆虫食ですが、デメリットがあります。 それは高カロリー食品であると言うことです。 昆虫やネズミのように体の小さい動物は、体格に比して消化器官も小さいため一度に摂取できる食べ物の量が少ないのです。 その為、一日に何回も食事して身体に次の食事までのエネルギーを溜め込んでいます。 昆虫は基本的に高カロリーになりがちです。 昆虫の100gあたりのカロリー量は、大豆の180calを上回るという結果が出ています。

次の

いなご甘露煮(佃煮)は信州の貴重なタンパク源!お酒のおつまみにも|あずさ屋

貴重 な タンパク 源 です

ベア・グリルス帰還! 今回も役立つサバイバル術が満載だ! - C 2013 Discovery Communications, LLC. 過酷な環境下におけるサバイバル術を、自ら危険に飛び込んで紹介する人気番組「サバイバルゲーム」のDVDボックス第2弾発売を記念して、壮絶な食事シーンやサバイバル術を収めた特別動画が公開となった。 本番組のホストであるは、英国特殊部隊(SAS)に勤務した後に冒険家として活動し、英国登山家最年少でエベレスト登頂、世界初ジェットスキーによる連合王国一周を成功させるなど、数々の偉業を成し遂げた人物。 番組ではそんな彼があらゆる所に落下傘で降下、「普通の旅行者が最も過酷な環境下に置かれたとき」のサバイバルテクニックを披露する。 [PR] テレビ番組といってもその挑戦は過酷そのもの。 ワニの生息する沼地の中を歩き、マイナス40度の水中に飛び込むのは序の口。 灼熱の砂漠でのサバイバルでは、腐ったラクダの死体を食し、腸内から水分を摂取し、最後には気温が下がる夜シェルターとして使用する様子が捉えられている。 また、生きるためにはクモやウジ虫でさえ「貴重なタンパク源です」と食するベアの衝撃的な食事シーンと苦悶の表情は、番組の名物となっており、映像でも、そのすさまじい場面の一端を紹介。 ヘビにシマウマ、果てはヤギの睾丸まで生でパクリといってしまうベアの姿に戦慄さえ覚えそう!? 生き残るために栄養の補給は欠かせないとはいえ、死んだほうがマシ! と思ってしまいそうなほど過酷な挑戦には、感服するなかり。 8月に日本発売されたシーズン1の好評を受けて発売となる今回のボックスでは、そんな食事シーンだけにスポットを当てた特典映像「サバイバルグルメ編」を収録。 アウトドアに役立つ知識もふんだんに紹介されているほか、ベアがさまよう大自然の景色にも心を奪われる。 日本のテレビ番組に飽き飽きしたという視聴者にもこそオススメしたい、あらゆるエンターテインメント要素がつまった番組となっている。 (編集部・入倉功一) 「サバイバルゲーム MAN VS. WILD シーズン2 DVD-BOX」は2013年3月6日発売 税込み価格 1万1,550円 発売元:TCエンタテインメント.

次の

川魚は貴重なタンパク源 昔の生活を考える

貴重 な タンパク 源 です

contents• 今回は、 栄養豊富なスーパーフードとして注目されている「スピルリナ」を紹介していきたいと思います。 スピルリナは地球上に生命が現れた時から現在までずっと生き続けている微細藻類で、アルカリ性の環境の真水で育ちます。 単細胞らせん状藍藻に属しており、 「スピルリナ」という名前はらせん状の形状に由来しているといいます。 古代の藻やプランクトンなどの生命体は、他の生命の食糧源になってきましたが、スピルリナもそのひとつで、食物連鎖の基盤であり、また、始まりでもあります。 また、 中南米やアフリカでも、湖に自生するスピルリナが古くから貴重な栄養源として利用されてきました。 そのスピルリナには、生命にとって必要な、クロロフィル、タンパク質(アミノ酸)、ビタミン類、ミネラル類、必須脂肪酸、核酸、多糖類、抗酸化物質など、非常に多くの栄養素が含まれています。 そのため、栄養豊富なスピルリナはNASA(航空宇宙局)でも理想的な宇宙食として研究・開発されているほどです。 スピルリナに期待できる効果・効能• 抗酸化作用• アンチエイジング効果• ストレス対策• うつを予防する効果• 造血作用• 免疫力を高める効果• 炎症を抑える効果• アレルギーを抑える効果• 太古から存在していたスピルリナに含まれる抗酸化物質は、紫外線からDNAを守る目的で発生したとされているため、スピルリナを摂取すると、細胞レベルで紫外線から守られるようになるといいます。 またが激しい運動や過度のストレスによって増えすぎてしまうと、病気や老化が加速してしまいます。 しかしビタミンCやカロテノイド、ポリフェノールなどには、活性酸素による細胞のサビつきを防ぐ働きがあるため、抗酸化物質が多く含まれている食材を摂るようにすることは、老化を防ぐアンチエイジングや生活習慣病の予防につながります。 スピルリナには、ベータカロテン、クロロフィル、ゼアキサンチン、スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)、スピルリナ特有の青色に起因するフィコシアニンなど、多種多様な抗酸化物質が含まれているとされています。 貴重なタンパク質源「スピルリナ」 また、 スピルリナはタンパク源として非常に優れているといえます。 スピルリナのタンパク質成分含有比は65~70%であるとされており、しかも、動物性のタンパク質より素早く吸収されるといわれているのです。 実はタンパク質は吸収率の問題があるため、肉や魚を食べても、すべてのタンパク質がアミノ酸として体内に吸収されるわけではありません。 さらに、動物由来のタンパク質は、その動物自体がどんな生育環境にあったのか、加工過程でどのような処理がなされたのか、ということが問題になるため、動物性食品からタンパク質を摂取しようとする場合、化学薬品やホルモン剤、抗生物質の課題が付随してきてしまいます。 そのため動物性食品だけからタンパク質を摂ろうとすると、健康に対して、(生産者をきちんと自分で選ばない限り)ある程度のリスクを背負うことになるのです。 したがって、タンパク質に関しては、アミノ酸として効率よく安全に吸収されることが、健康維持のために大切になってくるのですが、そういう意味では、 スピルリナは、アミノ酸の摂取に効果的なスーパーフードだといえるのです。 なお、ほかにアミノ酸を効率的に摂れるスーパーフードには、、ユーグレナ、、などがあります。 スピルリナには免疫力を高める効果もある? それに加えて、スピルリナは免疫系に効果的だとされています。 リビングフードのカリスマ、デイヴィッド・ウォルフ氏は『スーパーフード』のなかで、 スピルリナが免疫系を支援することについてふれています。 スピルリナは免疫系にとって効果的な強壮剤です。 ヒト、マウス、ラット、ハムスター、鶏、七面鳥、猫と魚を使った科学的な研究では、食事にスピルリナを加えると免疫機能が一貫して高まりました。 スピルリナはインターフェロンやインターロイキン等の抗体とサイトカインの増殖に寄与することで体液性、免疫系の生成が加速し、侵入する病原菌やウイルスから体は一段と保護されるようになります。 (デイヴィッド・ウォルフ『スーパーフード』 高城剛 監訳 医道の日本社 p145~146) また、氏によればスピルリナは抗がん活性があるNK細胞の増殖も助けるといいます。 スピルリナでアレルギー緩和。 それに加えて、スピルリナの鉄分が多く含むことや、造血作用があるクロロフィル、血液の生成を促進するとされるフィコシアニンなどを豊富に含むことが、血液の質を改善することにつながるといいます。 また、貧血の緩和にも効果を発揮するとされています。 「アラキドン酸」は脳の発達に必要な脂肪酸だとされていますが、その一方でロイコトリエンやプロスタグランジン、トロンボキサンなどのホルモン様物質を生成すると言われています。 そして、これらのホルモン様物質は体内で炎症を引き起こすため、かゆみやアレルギー症状の原因になると言われています。 デイビッド・ウォルフ氏はこのことに関して、「スピルリナはアレルギーを抑える作用が確認されていますが、GLAがそれに寄与している可能性があります」と述べており、「関節炎の炎症症状に対応する際に役立つ素晴らしいスーパーフード」だともしています。 そのため、アレルギーやなど、体内の慢性的な炎症に悩んでいる方は、スピルリナを一度試してみるのも良いかもしれません。 スピルリナの選び方・注意点とは? もしスピルリナを食生活に採り入れる場合は、スピルリナの粉末(パウダー)や錠剤がサプリメントとして多く販売されていますので、粉末状や錠剤のものから摂ることが手軽です。 しかし100%スピルリナのものもあれば、クロレラや他の食材を混ぜたものもありますので、成分をよく確認してから購入されることをおすすめします。 また、 どのような場所でどのような方法によって生育したのか、スピルリナの生育環境や生産方法にもこだわることも、スピルリナを選ぶ際は大切です。 以上ここまで、太古からの栄養源であり、としても注目の「スピルリナ」について述べてきました。 栄養豊富なスピルリナの効果・効能に関心がある方は、サプリメントなどを利用して、スピルリナを毎日の健康生活に採り入れてみてはいかがでしょうか?.

次の