マック マスタード 作り方。 癖になる自家製粒マスタード

マクドナルドのマスタードソースを再現して業務スーパーのナゲットにつけて食べる

マック マスタード 作り方

マクドナルドのマスタードソース再現レシピ マックでナゲットを注文すると付けるソースはマスタードにするかバーベキューにするのか聞かれる。 かれこれ20年以上バーベキューソースを頼んだ記憶が無い。 常にマスタードソース一択だ。 5ピース入りを購入すると小さな長方体の容器にちんまりとソースが入っている。 自分的に納得できるだけの量をナゲットにごっそりくっつけたら、間違いなく3ピース目くらいでソースが無くなる。 (ブクマでご指摘いただきましたように、当初6ピースとうっかり書いてしまいましたが正しくは5ピースです。 慎んで訂正いたします) だから悔しいけれど大人しめにくっつけて5ピースが上手く食べられるように調整する。 こんな折り合いを付けられるようになるってことが、大人になったということなんだろうと思う。 でもやっぱり好きなだけマスタードソースをつけて食べたいんじゃーーーっとなるのもまた大人なのである。 そこで今回は好きなだけマスタードソースが楽しめるように自作することにした。 ナゲットは業務スーパーで1kg入りのものを購入した。 業務スーパーのナゲットをオーブントースターで焼く 本来は油で揚げるのが一番美味しいとは思うけれど、諸々片付け等が面倒くさいので、凍ったままの状態でアルミホイルに乗っけてオーブントースターで焼いてしまう。 このナゲットは揚げ調理済みなのでトースターで焼いただけでも充分美味しい。 油で揚げたみたいなこんがりキツネ色みたいなことにはならないけれど、焼くだけでも問題なく美味しいので私はわざわざ揚げたりしない。 アルミホイルは一回軽くクシャッとして凸凹させたほうがナゲットが貼りつかなくて都合がいい。 ナゲット同士がくっつかないように隙間を空けて並べる。 焼き具合を見ながら途中で一回ひっくり返したほうがいい。 焼き時間はナゲットの個数やトースターのワット数なんかでも変わるので一概に何分ですとは言えない。 4~5分したら一回様子を見てその後は2~3分ごとに好みの焼き具合になるまで観察する。 ちなみに我が家の環境だと12個を焼く場合、最初に7分。 ひっくり返してさらに5分で両面カリッと焼ける。 実食 マスタードソースの再現レシピと書いたが、じゃあ100%再現できているのかと言うとそれは厳しい。 けれど、9割までは再現出来てるといってもいいかなと思っている。 ネットで検索すると練乳ではなくてはちみつを使っている人が多いが、これは実際にやってみるとわかるが間違いなく練乳の方が正解に近い。 マスタード、マヨネーズ、そこに練乳を入れるところまではおそらく間違っていない。 残りの1割は何が入っているのか?ということになる。 ここから先はまだ確定できていないが、おそらくスパイス類だろうと思う。 試したのは、ナツメグ、パプリカ、ブラックペッパー、ガーリックパウダー。 一番正解に近かったのはナツメグだった。 入れるスパイスの量は本当に極少量でいい。 むしろ入れ過ぎるとおかしくなるので、耳かき一杯程度で良い。 ナツメグが一番近かったけれどこれだけで正解にはならない。 こうなると複数のスパイスを混ぜたものになると思うのだが、可能性が無限に広がってしまうので流石にそこまで試せなかった。 今回のレシピだとだいたい90%位の再現率なので、残り10%がなんなのかを皆さんでぜひ探してみて欲しい。 90%の出来のこのままでも十分美味しいけどね。

次の

ビッグマックのソースは自宅で再現可能 公式が公開しているレシピを紹介

マック マスタード 作り方

マクドナルドのマスタードソース再現レシピ マックでナゲットを注文すると付けるソースはマスタードにするかバーベキューにするのか聞かれる。 かれこれ20年以上バーベキューソースを頼んだ記憶が無い。 常にマスタードソース一択だ。 5ピース入りを購入すると小さな長方体の容器にちんまりとソースが入っている。 自分的に納得できるだけの量をナゲットにごっそりくっつけたら、間違いなく3ピース目くらいでソースが無くなる。 (ブクマでご指摘いただきましたように、当初6ピースとうっかり書いてしまいましたが正しくは5ピースです。 慎んで訂正いたします) だから悔しいけれど大人しめにくっつけて5ピースが上手く食べられるように調整する。 こんな折り合いを付けられるようになるってことが、大人になったということなんだろうと思う。 でもやっぱり好きなだけマスタードソースをつけて食べたいんじゃーーーっとなるのもまた大人なのである。 そこで今回は好きなだけマスタードソースが楽しめるように自作することにした。 ナゲットは業務スーパーで1kg入りのものを購入した。 業務スーパーのナゲットをオーブントースターで焼く 本来は油で揚げるのが一番美味しいとは思うけれど、諸々片付け等が面倒くさいので、凍ったままの状態でアルミホイルに乗っけてオーブントースターで焼いてしまう。 このナゲットは揚げ調理済みなのでトースターで焼いただけでも充分美味しい。 油で揚げたみたいなこんがりキツネ色みたいなことにはならないけれど、焼くだけでも問題なく美味しいので私はわざわざ揚げたりしない。 アルミホイルは一回軽くクシャッとして凸凹させたほうがナゲットが貼りつかなくて都合がいい。 ナゲット同士がくっつかないように隙間を空けて並べる。 焼き具合を見ながら途中で一回ひっくり返したほうがいい。 焼き時間はナゲットの個数やトースターのワット数なんかでも変わるので一概に何分ですとは言えない。 4~5分したら一回様子を見てその後は2~3分ごとに好みの焼き具合になるまで観察する。 ちなみに我が家の環境だと12個を焼く場合、最初に7分。 ひっくり返してさらに5分で両面カリッと焼ける。 実食 マスタードソースの再現レシピと書いたが、じゃあ100%再現できているのかと言うとそれは厳しい。 けれど、9割までは再現出来てるといってもいいかなと思っている。 ネットで検索すると練乳ではなくてはちみつを使っている人が多いが、これは実際にやってみるとわかるが間違いなく練乳の方が正解に近い。 マスタード、マヨネーズ、そこに練乳を入れるところまではおそらく間違っていない。 残りの1割は何が入っているのか?ということになる。 ここから先はまだ確定できていないが、おそらくスパイス類だろうと思う。 試したのは、ナツメグ、パプリカ、ブラックペッパー、ガーリックパウダー。 一番正解に近かったのはナツメグだった。 入れるスパイスの量は本当に極少量でいい。 むしろ入れ過ぎるとおかしくなるので、耳かき一杯程度で良い。 ナツメグが一番近かったけれどこれだけで正解にはならない。 こうなると複数のスパイスを混ぜたものになると思うのだが、可能性が無限に広がってしまうので流石にそこまで試せなかった。 今回のレシピだとだいたい90%位の再現率なので、残り10%がなんなのかを皆さんでぜひ探してみて欲しい。 90%の出来のこのままでも十分美味しいけどね。

次の

【はちみつとマヨネーズがポイント】マクドナルドのマスタードソース 再現レシピ

マック マスタード 作り方

今回は自家製粒マスタードの作り方をご紹介します! マスタードにはマスタードシードという、からしの種が使われますが、粒マスタードはマスタードシードの形が残るように作ったものを指します。 ソーセージにつけたり、ポトフに添えたりソースに使ったりと用途は幅広くあります! そんな粒マスタードが実は家庭でも作れるのです! やはり自家製だとより一層マスタードの香りが楽しめます。 マスタードシード(イエローとブラウン) ・・・各30g• 白ワインビネガー ・・・100ml• 乾燥した状態ではかなり小さく、硬い状態ですので、ビネガーにつけてふやかして柔らかくしていきます。 イエローとブラウンのマスタードシードを軽く混ぜ、容器に白ワインビネガーを注ぎ、ラップをして 3日間くらい寝かせます。 3日ほど経ったら マスタードシードがビネガーを吸って膨らみます。 寝かせている間にマスタードシードがビネガーを全て吸っているようであれば、少しずつビネガーを足します。 どれくらい潰すかはお好みでいいのですが、 粒々感が残ってる方が美味しいと思います。 このままではまだ辛味にトゲがあり、若干苦味もあるので、 ここからまた3日ほど寝かせます。

次の