爪が剥がれる。 爪が剥がれる4つの原因と処置方法を徹底解説!

爪が剥がれた時の応急処置と伸びるまで過ごし方。何科へ行くべき?

爪が剥がれる

「気がついたら爪が剥がれていた」という場合、根元でついているか、完全にはがれ落ちるかという違いから、原因をある程度推測することができます。 原因を取り除けば新しい爪は生えてきます。 いくつかの注意点を押さえておけば、時間はかかりますがきれいな爪が取り戻せます。 爪が剥がれたときの症状 爪が剥がれるといっても、その症状は人によって異なります。 剥がれ具合をよく観察することで、何が原因になっているかを判断する重要な情報にもなるのです。 爪が剥がれるというトラブルで多いのが二枚爪です。 爪が2層になって剥がれそうになるのが二枚爪ですが、これが3枚になることもあります。 爪はトッププレート、ミドルプレート、アンダープレートの3層からなっています。 トッププレートやミドルプレートが剥がれている状態です。 爪の表面が爪先から徐々に剥がれていて、その部分が先端から白くなっているのであれば、爪甲剥離症の疑いがあります。 正常であれば密着しているはずのネイルプレートが、ネイルベッドから剥がれてしまう病気です。 根元はついていて、先の方が浮き上がっている状態です。 ネイルプレートが浮いてネイルベッドとの間にすき間ができてしまうと、手洗いや水仕事のたびに水分が溜まり、皮膚が常にふやけた状態になります。 温かく湿り気があれば真菌が繁殖しやすくなり更なるトラブルを引き起こしやすくなってしまいます。 先端から剥がれてくるのではなく、全てはがれ落ちてしまうのであればちがう原因が考えられます。 感染によるものやポリッシュなどの化学的な刺激によるものかもしれません。 手足の爪がはがれてくるようならば、全身性の病気も視野に入れましょう。 甲状腺の異常によるものの場合もあるので、検査を受けてみてもよいかもしれません。 爪が剥がれる原因 二枚爪では乾燥と栄養不足が主な原因です。 保湿し丈夫な爪を育てていきましょう。 毎日こまめにキューティクルケアをし、栄養豊富な食事を心がけるようにしましょう。 爪切りの衝撃で入る亀裂から始まることもあるので、爪切りではなくエメリーボードに替えてみてもいいですね。 爪の折れや欠けを防ぐ目的で、ベースコートやポリッシュで常に保護することも効果的です。 二枚爪になってしまったらファイルで整えて、引っかからないように手当てしましょう。 爪甲剥離症の原因は指先を激しく使ったことか、事故による外傷です。 楽器の演奏で激しく手や指、爪ではじいたり叩いたりすることに起因する音楽家に多くみられるトラブルでした。 最近ではキーボードを長時間にわたり打ち続けていることで発症することもあります。 指先をドアに挟む、足の爪を思い切り踏まれるなどして、爪に大きな負担がかかった後にも爪が欠け剥がれることもあります。 また、マラソンが趣味で長距離を走り込んでいる人も、足の親指に大きな負担がかかり物理的な力で爪が剥がれる事例があります。 痛みがある場合は、しばらくトレーニングをお休みしてください。 爪の根元が腫れていなければ、そのまま直るのを待っていて大丈夫でしょう。 外的ダメージ以外では、真菌に感染することでも起こります。 真菌とは簡単にいうとカビのことで、爪に入り込むことがあります。 真菌の胞子は爪のふちから成長しますが、ささくれから入り込むこともあります。 真菌はネイルプレートのケラチンをエサとし、爪は白化もしくは黄ばんできます。 表面も荒くなり、悪化すると肥大化しもろくなり剥がれてしまいます。 ここ数年で知られるようになったのが、手足口病による爪への影響です。 発病後1~2カ月で爪が時間をかけて剥がれてくるのですが、完全にはがれることはなく痛みもあまりありません。 手足口病にり患した覚えがあるならば、驚くかもしれませんが特に治療を受けなくても問題ありません。 時間が経てば正常な爪に生え変わります。 剥がれた後再生するまでのケア方法、注意点 基本的には新しい爪が生えてくるのを待ちます。 すっかり生え変わるまでは2カ月前後かかるため、目に入るたびに気になってしまうかもしれません。 剥がれかけていれば靴下やタオルにひっかかり、痛い思いをすることもあるでしょう。 剥がれている部分が邪魔になる場合は、皮膚科で剥がれた部分を切って整えてもらいます。 自分で固定するために絆創膏やテープを巻く場合は、雑菌や汚れが溜まらないように定期的に交換しましょう。 自分で無理やり剥がすことだけは控えてください。 新しい爪が再生されるまで、洗剤やネイルは避けるようにしましょう。 指先を酷使することもしばらく控えることが大切です。 爪の根元にあるネイルマトリスクが傷ついていなければ、数カ月かかりますが新しい爪が指先を覆ってくれるでしょう。 ただし、ネイルベッド自体が炎症を起こしているとせっかく生えてきた爪が再度はがれ落ちてしまうこともあります。 安易に自己判断せずに、専門医の判断を仰ぐことが必要です。 爪が治った後も、指先をいたわるようにケアしてください。 ハンドクリームを塗ったり作業をする際には手袋で保護したり、乾燥やダメージから爪を守れます。 指先に過度に力が入る作業を行う場合には、圧迫や刺激を避けるような工夫をし、適度な休憩を挟んでください。 爪を噛む癖があると真菌による感染に冒されやすくなるので、この機会にやめましょう。 食事はバランスを重視し、おやすみ前にはクリームやローションで指先をマッサージしてみてください。

次の

二枚爪になりやすい3つの原因と6つの対策方法

爪が剥がれる

気になる所から確認してみよう• 爪が剥がれる原因 手足口病 手足口病はウイルス性の感染症で、5才以下の乳幼児がかかりやすい病気です。 手足口病の名前の通り、手や足、口などに痒い水ぶくれができます。 水ぶくれが口の中にできると痛みで食事がとりにくくなってしまうようです。 子供から大人へ感染することもありますが、水ぶくれなどの症状は1週間ほどで治まります。 その 数週間後に爪が剥がれるという症状が出る場合があり、そのために手足口病の後遺症だとは思いつかないことが多いのです。 手足口病のウイルスが爪の根元に感染すると、爪が生成される過程に影響してしまいます。 未完成なまま爪は伸びていくものの、途中で剥がれてしまうのです。 爪は剥がれるものの痛くないのが特徴です。 爪が剥がれても痛みを感じない場合は、何らかの病気が原因にあると考えていいでしょう。 ヘルパンギーナ ヘルパンギーナは夏に流行しやすい感染症で、4才以下の乳幼児がかかりやすい病気です。 高熱やのどの奥の水ぶくれなどの症状が特徴的です。 手足口病と同じくウイルスの影響で、 治った頃に爪が剥がれるという症状が出る場合があります。 手湿疹 てしっしん 別名「主婦湿疹」とも呼ばれる皮膚炎の一つです。 水や薬品に素手で触れる職業の人に多く、水仕事の多い主婦の他に美容師やアレルギー体質の人も発症します。 その原因は水や石けんなどに長時間手が触れることで、手のひらを守る皮脂が落ち、刺激に弱くなることにあります。 「ただのあかぎれだろう」と思って手荒れを放置しておくと、悪化して爪が剥がれ落ちることもあります。 掌蹠膿疱症 しょうせきのうほうしょう 手や足に、ウミをはらんだ皮疹ができる病気です。 症状が改善したり悪化したりをくり返し、最初は痒みを感じますがやがて皮がむけ酷いときは爪が剥がれ落ちます。 見た目は水虫に似ていますが無菌性で他人に感染することはありません。 原因不明ですが、細菌が作用しニコチンが症状に影響を与えることが分かっています。 爪甲剝離症(そうこうはくりしょう) 女性に多く見られる症状で、 爪の表面部分が先端から真ん中に向かって薄く徐々に剥がれ始めていきます。 根本はそのままで先端部分だけが浮き上がった状態のことをさします。 爪の色が白や黄色に変化することも特徴的です。 爪甲剝離症には主に 6つの原因があります。 【関連記事】 乾燥 季節的に冬は空気が乾燥して爪や手足も水分不足になりやすいため、爪が割れやすくなったり剥がれて二枚爪になったりします。 日々の食器洗いや掃除などで使う洗剤によって爪の水分が少なくなる場合もあるようです。 また、女性はネイルを落とす際に使う 除光液などの薬剤が原因で、爪の乾燥をひどくさせてしまうこともあります。 ケガ 怪我や事故などで爪や指先を強打したり、ドアに挟むなどして爪に大きな負担がかかった後なども、爪がもろくなって、剥がれてしまうことの原因の一つです。 足の形に合わない靴を履いたことが原因で爪が剥がれてしまう場合もあります。 爪の中で内出血が起き、変色した後に自然と剥がれ落ちることもあります。 栄養不足 爪の主な成分は繊維状のタンパク質であるケラチンと呼ばれているものです。 毎日の食事の中で タンパク質が不足しがちになると、状態の良い爪が作られなくなり、爪が未完成なまま生えてしまい剥がれやすくなってしまいます。 さらに栄養不足の時にストレスに晒されると、爪はさらに剥がれやすくなります。 妊娠中の妊婦の爪がもろくなり剥がれやすくなるのも、栄養不足によるところが大きいです。 血行不良 冷えなどにより血行不良になると、指先まで栄養がきちんと届かず、 爪を作りだす爪母(そうぼ)と呼ばれる部分の働きが悪くなり、爪の完成状態も悪くなるために剥がれやすくなります。 指先の血行を良くする簡単な運動がおすすめです。 ジャンケンのグー、パーを繰り返し、そして少し強めに行うと短時間で指先が温かくなってきます。 【関連記事】 感染症や皮膚疾患 カンジダ菌に感染しているなどの感染症や、 爪白癬(つめはくせん)などの皮膚疾患が原因の場合があります。 爪白癬は別名爪水虫とも呼ばれ、早めの治療ですぐに治せます。 逆に悪化すると完治が難しくなるので、恥ずかしがらずに早期に医療機関を受診しましょう。 全身疾患 甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)・甲状腺機能低下症・糖尿病・貧血・肺疾患・膠原病・腎臓肝臓疾患などの全身疾患などから症状が出る場合があります。 また抗がん剤を服用している場合、副作用で皮膚や爪が剥がれる場合もあります。 爪が剥がれる時の処置方法 手足口病やヘルパンギーナなどの後遺症であれば自然に治りますので、後から生えてくる新しい爪を待ちながらそのまま様子を見て大丈夫です。 気になっても触らないように注意して、指用のかぶせるだけの包帯などを付けておくのも良いでしょう。 この時に 粘着力のある絆創膏やテーピングなどは避けましょう。 爪の再生を妨げてしまいます。 爪甲剝離症の中の乾燥などによる軽い症状の場合は、保湿を念入りにしたり、ネイルを控えるなどで改善されますが、 爪が剥がれる症状と同時に身体の不調を伴う場合には、早めに医療機関への受診をおすすめします。 スポンサーリンク 爪が剥がれる。 病院は何科を受診すれば良い? ケガなどの場合 指を挟んだ、打った、ぶつけたなどのケガの場合は 整形外科を受診しましょう。 爪が剥がれかかっているけれどまだ少し指についている、などの状態はできるだけそのままにして、清潔なカーゼをあて包帯などで保護して、できるだけ早く病院に行って下さい。 爪の処置だけでなく、指などの骨の状態も調べるためにレントゲンを撮る必要がある場合もあります。 受診するまでの間、爪が剥がれかけた状態は無理に剥ごうとせず、そのままで清潔にすることだけを心がけて下さい。 雑菌が侵入すると爪周囲炎 爪囲炎とも呼ぶ を発症したり化膿したりと、皮膚のトラブルを引き起こします。 怪我が原因で爪が剥がれた場合は応急処置として患部を水道水で消毒し、清潔なガーゼで包みこれ以上動かないようにしておきます。 お風呂に入っても問題ありませんが、お風呂上がりにはやはり患部を清潔にして再度ガーゼなどをあてる必要があります。 爪甲剝離症などの場合 皮膚科を受診しましょう。 保湿不足などの爪だけに原因がある場合には、保湿剤やステロイド剤、ゲンタシン軟膏などが処方されます。 同時に内用薬としてビタミンEなどを処方されることもあるようです。 皮膚科にかかっていてもなかなか治らない時は、他の病気が関連している可能性もありますので、内科で詳しく調べてもらいましょう。 健康な爪には艶があり、半透明で、桜貝のような淡いピンク色をしています。 爪の色や形、状態が少しでもおかしいと感じる時は、自己判断をせず、できるだけ早めに医療機関に相談しましょう。 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の

爪が剥がれた時の応急処置と伸びるまで過ごし方。何科へ行くべき?

爪が剥がれる

2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。 足をぶつけた衝撃などで爪が剥がれてしまったことはありませんか? 爪が剥がれたときは適切な応急処置をして、その後きちんと病院で診てもらうことが大切です。 この記事では爪が剥がれたときの対処法と、病気の可能性について解説していきます。 爪が剥がれたときの応急処置 1. 爪が完全に剥がれている場合 爪が完全に剥がれているときは、傷の部分が汚れていないかをまず確認します。 砂や木くず、泥などが付着していたら、 流水で軽く洗い流しましょう。 汚れが取れたことが確認できたら、湿らせたガーゼなどでやさしく覆って病院へ行きます。 市販薬を使っても良い? 爪が剥がれてその下の皮膚がどんな状態であるかわからないときに、自己判断で市販薬を使うと悪化するリスクがあります。 軟膏類や、粉末状の消毒薬は使用しない方が良いでしょう。 爪の一部が剥がれている場合 爪が半分くらい剥がれて浮いているような場合は、無理に剥がしたり切ったりしないでください。 残っている爪は剥離面を保護するのに必要なので、そのまま爪をかぶせて上から包帯を巻き、病院に行きましょう。 病院での治療について 爪が剥がれたときは、形成外科を受診します。 外傷によって爪が剥がれた場合 外傷によって爪が剥がれた場合、 出血や浸出液がなくなるまで治療を続けます。 爪が生えてくる部分に傷がなければ、 基本的には新しい爪が生えてくるのを待つのみですが、患部の細菌感染を防ぐために抗生剤の軟膏を処方されることがあります。 病気が原因で爪が剥がれた場合 外傷ではなく病気の症状として爪が剥がれた場合、原因となる病気の治療を行います。 爪が剥がれる病気としては、「爪甲剥離症(そうこうはくりしょう)」をはじめとしていくつかあるので紹介していきます。 爪が剥がれる「爪甲剥離症」とは? 爪甲剥離症とは爪が自然に剥がれる病気で、原因としては次のようなものが挙げられます。 感染症 原因のひとつとして感染症が考えられます。 この場合、 カビの一種である「カンジダ感染」によるものがほとんどです。 また、梅毒なども原因のひとつです。 皮膚疾患に伴うもの 次のような皮膚疾患の症状として、爪甲剥離症が起こることがあります。 ・乾癬(かんせん)• ・接触皮膚炎• ・多汗症• ・扁平苔癬(へんぺいたいせん)• ・尋常性天疱瘡(じんじょうせいてんぼうそう)• ・薬疹 3. 全身疾患に伴うもの 全身疾患に伴って起こることもあり、次の病気が当てはまります。 ・甲状腺機能亢進症• ・甲状腺機能低下症• ・ペラグラ• ・糖尿病• ・鉄欠乏性貧血• ・肺がん• ・黄色爪症候群• ・強皮症• ・全身性エリテマトーデス 4. 薬の副作用 薬の内服によって爪甲剥離症が起こるケースもあります。 「テトラサイクリン」系統の抗生剤や、抗がん剤、経口避妊薬(低用量ピル)などが原因となり得ます。 服用によって爪甲に日光紫外線が作用することが原因とされており、「光爪甲剥離症」と呼ばれています。 爪への負担なども原因に 下記のような、爪への負傷や負担なども爪甲剥離症の原因となります。 ・怪我:爪の間にとげやえんぴつの芯が入るなど• ・指先を使う職業:料理人・美容師・タイピストなど• ・爪への刺激:マニキュア・洗剤・有機溶剤・ガソリンなど 爪が再生するまでの過ごし方と注意点 爪は少しずつ再生されますが、 以前と同じ状態に戻るまでは最低でも1ヵ月かかると言われています。 剥がれた爪が引っ掛かるようであれば、切りそろえてガーゼや絆創で覆うのが一般的です。 爪が再生されるまではダメージを受けやすくなっているので、日常生活でも十分な注意が必要です。 バランスの良い食事を 健康的な爪が生えてくるように、 バランスの良い食事を毎日摂ることが大切です。 特に硫黄は健康な皮膚や髪、爪をつくるためには欠かせません。 硫黄はアミノ酸に含まれており、さらにアミノ酸はたんぱく質を構成する栄養素です。 つまり健康的な爪の再生にはたんぱく質が重要なので、次のような食材からしっかり取り入れましょう。 ・魚類• ・肉類• ・牛乳 2. 入浴時は患部に気を遣う 患部を清潔に保つためにも入浴は必要ですが、熱いお湯はダメージになるので注意しましょう。 傷口を洗うときは、シャワーで軽く流す程度で十分です。 ただし痛みがある場合は無理に入浴する必要はないので、悪化させないよう安静にすることが大切です。 まとめ 爪が剥がれたときは落ち着いて対処することが大切です。 傷口が細菌感染を起こさないよう、汚れがあれば流水でやさしく流しましょう。 適切な治療を受けるためにも、ガーゼなどをあてて早めに形成外科を受診することをおすすめします。 2002年 福井県立藤島高等学校卒業 2002年 北里大学医学部医学科入学 2012年 北里大学医学部医学科卒業 2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医 2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医 2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職 2015年 藤沢湘南台病院 入職 2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科 形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。 小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。 学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。 女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。 執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

次の