この 曲 は 現在 この 国 または 地域 で 入手 できません。 徹底解決!Apple Music「項目は使用できません」の解決策

AppleMusic「この曲は現在、この国または地域…」の対処方法!

この 曲 は 現在 この 国 または 地域 で 入手 できません

SPONSORED LINK 作業の手順 iPhoneにおいてApp StoreからGoogle Play Musicのアプリがダウンロード出来ない理由はApp Storeに登録している居住地情報が日本になっているからです。 Appleでは居住地の状況に併せて、App Storeで表示されるアプリを変更しているわけです。 ですので、 日本向けにて提供されていないアプリをダウンロードするには居住地情報を一時的に変更(偽装)すればよい、ということになります。 おおまかな手順としては次のとおり。 App Storeに登録している居住地情報を変更(国外のものへ偽装)する• アプリをダウンロードする• 変更していた居住地情報を元に戻す 居住地情報を変更するにあたって、現在登録している住所と支払い方法(クレジットカード情報)を一旦削除することになります。 作業終了後に居住地情報を元に戻す際はいずれの情報も手入力することになりますので、そういった手間がかかることを認識した上で作業を始めるようにしてください。 居住地情報の変更手順 iPhoneにて App Store を起動します。 画面下にある Apple ID の部分をタップ。 表示される項目内にある Apple IDを表示 をタップ。 お支払情報 をタップ。 ここでお支払方法の種類を なし で選択し、画面右上の 終了 をタップ。 次に 国または地域名 をタップ。 国または地域を変更 をタップ。 インストールしたいアプリが提供されている国または地域を選択します。 今回はUnited States(アメリカ)を選択。 国または地域を選んだら、画面右下の 次へ をタップ。 先ほど支払情報を設定した画面が英語表記で表示されます。 まずはPAYMENT TYPE(支払方法の種類)がNONE(なし)になっていることを確認。 NONEになっていなければ、NONEをタップして選択します。 次にその下へ偽装する住所情報を入力。 ただしここはある程度適当でも大丈夫なため、実在するホテルの住所、あるいはを用いて生成した仮想の住所を入力すればOKです。 入力できたら画面右上の Done をタップします。 App Storeの表示がこのように英語表記に変わっていれば、設定はできているはずです。 通常では検索しても出てこないGoogle Play Musicのアプリもきちんと見つけることができました。 他にも写真共有・保存サービスのFlickrなども、純正アプリは日本ではダウンロードすることができませんが、今回のような設定を施せば検索で発見・ダウンロードすることが可能です。 なおGoogle Play Musicに関しては、一度アプリ内で設定が完了すれば、その後App Storeの居住地情報を日本に戻しても問題なく使用することが可能です。 最後に Flickerなど日本で利用している人を多く見かけるサービスでも、実は公式アプリが日本向けには提供されていないということもあります。 Androidの場合はapkファイルを入手する方法がいくらでも存在するのであまり困ることもありませんが、iOS(iPhone)に関してはそう簡単にはいかないので、こういった方法もある、ということは覚えておいて損はないと思います。

次の

【備忘録】iPhoneのApp Storeで日本向けに提供されていないアプリをダウンロードする手順

この 曲 は 現在 この 国 または 地域 で 入手 できません

iPhone のミュージックアプリを開いて音楽を聞こうとしたところ、 いくつかの楽曲で「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示され、聞けなくなる不具合が発生しました!今回はこの問題の対処法について、記事を書こうと思います。 やり方は簡単! iPhone 内の楽曲を一旦全削除し、Mac と同期するだけです。 これで私の場合、聞けなくなっていた楽曲もすべて聴けるようになりました。 当然のことながらこのやり方は、 Mac に事前に iPhone 内の楽曲がバックアップされていなければなりません。 また試してないので正確なところは分かりませんが、Windows PC の iTuens でもたぶん大丈夫だと思います。 あと私の場合ずっと iPhone と Mac の楽曲データの同期は「オートフィル(手動)」に設定していました。 なので最初「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示され聞けなくなった曲だけを削除して、Mac に繋いで「オートフィル」で同期を実行し、問題の楽曲だけを戻そうと考えました。 しかし調べたところかなりの楽曲が「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示されたので、一旦 iPhone 内の楽曲をすべて削除してから「オートフィル」で同期したところ、かなりの楽曲が追加されませんでした。 おそらく追加されなかった楽曲は「この曲は現在、この国または地域では入手できません」と表示されるものだったのではと思われます。 そこでまた iPhone 内の楽曲をすべて削除し、同期方法を自動同期に変更してミュージックライブラリ全体の同期を実行しましたが、これでもなぜかかなりの楽曲が追加されませんでした。 そこで仕方なくまた iPhone 内の楽曲をすべて削除し、今度は 「ビデオを含める」のオプションを外してミュージックライブラリ全体の自動同期を実行したところ、すべての楽曲が同期(iPhone 内に復活)できました! posted by ちなみに私の使用環境は、iOS が 13. 2、Mac が macOS Catalina 15. 0 です。 なので、。 どの楽曲がこうなるかは不明 & 今年4月頃から発生? あとこの問題について調べて分かったことについて、以下に補足しておきます。 この問題に関して Twitter 検索したところ、他にも同様の問題をツイートしてる方が多数いました。 CD から取り込んだものがなったり、 iTunes Store で購入した曲でもこの問題が発生してる方もいるようなので、どの楽曲がこうなるのかは不明です。 ・ この曲は現在、この国または地域では入手できません。 「この曲は現在、この国または地域では入手できません」順番のままだと聴けるけど、飛ばして聴こうとタップすると聴けない。 」 の件、他の方にも同様のエラーが出ているようですね。 私の場合は、iTunesで曲を購入した音源や、CDからの取り込み音源をAppleの端末で聴いています。 Apple Musicは自発的には利用していません。 こちらを見ても、どの楽曲がなるかは本当不明です。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ あとちょうど今は iPhone の iOS も Mac の macOS も新しい OS がリリースされたばかり。 しかも両方とも不具合が多いので、てっきりこれらが原因なのかと思っていましたが、Twitter 検索の結果や Apple サポートコミュニティのページ検索結果などを見ると、OS がリリースされる数ヶ月前から問題の発生を訴えてる方がいるので、OS のアップデートとは関係ないのではと思われます。 ちなみにもっとも古い書き込みは両方とも今年(2019年)4月になっているので、この問題は4月頃から発生しているようです。 ・・・・この問題に関しもっとも古いと思われる書き込み。

次の

この曲は現在、この国または地域では入手…

この 曲 は 現在 この 国 または 地域 で 入手 できません

App Storeに接続できない・繋らない App Storeを開こうとしたときに、「App Storeに接続できません」というエラーメッセージ表示され、接続できなくなりました。 その場合には、こちらの解決を参考にしてください。 方法 1:インターネットへの接続を確認する App Storeに接続してアプリをダウンロードしたり、アップデートしたりするため、インターネットへの接続が必要です。 なので、「App Storeに接続できません」といったようなメッセージが届く際、まずはインターネットへの接続を確認してみてください。 方法 2:システム状況を確認する Apple の「システム状況」ページにアクセスして、ご利用の国や地域でサービスの中断が起きていないか確認してください。 方法 3:デバイスを再起動する iPhoneには軽い不具合が発生した場合、再起動すれば、だいたい解決されます。 ですから、App Storeに接続できない不具合があっても、再起動を試してもいいです。 方法 4:正しい日付・時刻・時間帯に設定していることを確認する iPhoneで正しい日付・時刻・時間帯に設定できないなら、App Storeに接続できなくなります。 なので、その場合には、これらの設定をチェックして正確に設定してください。 設定 > 「日付と時刻」という順でタップして自動設定をオンにしてください。 そして、もし時刻を確認できない場合、これをオフにしてもう一度オンにしたらよろしいです。 方法 5:Apple IDをサインアウトし、もう一度サインインする AppleIDのサインイン状態でApp Storeに接続できない問題が発生したら、一度サインアウトして、もう一度サインインしましょう。 Step 1:設定 > iTunes StoreとApp Storeという順でタップしてください。 Step 2:自分のApple IDをタップします > 「サインアウト」をタップしてください。 Step 3:Apple IDをもう一度サインインします。 方法 6:App Store自体が不具合しているかどうかを確認する たまには、App Store自体には不具合が発生し、App Storeをアクセス・接続できないこともあります。 その場合には、Appleにお問い合わせてください。 App Storeの反応が遅い・遅延 App Storeの読み込みがすごく遅くて、反応も遅延したことがありませんか。 その場合、次の対策を参考して解決してみてください。 方法 3:一定的な空き容量を確保する iPhoneにはアプリをダウンロードしたり、アップデートしたりして、一定的な容量を消費しています。 なので、もし空き容量が不足になって、App Storeが遅くなります。 その時、iPhoneの容量を確保してください。 そして、もしデバイスには大切なデータを削除したくないなら、パソコンに移行して保存してみてください: 方法 4:App Storeを一度ログアウトして再度ログインする Step 1:設定 > iTunes StoreとApp Storeという順でタップしてください。 Step 2:自分のApple IDをタップします > 「サインアウト」をタップしてください。 Step 3:Apple IDをもう一度サインインします。 方法 5:iOSを最新バージョンにアップデートする デバイスのバージョンが最新ではない場合、App Storeの反応が遅延する可能性があります。 従って、デバイスのバージョンを最新にアップデートしてください。 設定 > 一般 > ソフトウェア・アップデートの順でiOSの最新バージョンに更新しましょう。 方法 6:アプリを削除してから再インストールする App Storeでアプリの更新・ダウンロードが遅い時、アプリを削除して再インストールしてみてください。 方法 7:iPhone・iPadを再起動する 方法 8:iPhone・iPadを初期化する 方法 9:Appleサポートセンターにお問い合わせください 3. App Storeにサインインできない iPhone・iPad・iPodでApp Storeを開いて、サインインできないケースもあります。 その場合どうすればよいのでしょうか。 次の記事では、この問題の解決策をご紹介します。 そして、もしMacパソコンでApp Storeにサインインできないなら、こちらの記事を参考にしてください:> 方法 1:ネットワークへの接続を確認する App Storeにサインインするには、ネットワークへの接続が必要です。 なので、もしApp Storeにサインインできないことが発生したら、まずはデバイスとネットワークの接続を確認してください。 方法 2:App Storeを一度ログアウトして再度ログインする Step 1:設定 > iTunes StoreとApp Storeという順でタップしてください。 Step 2:自分のApple IDをタップします > 「サインアウト」をタップしてください。 Step 3:Apple IDをもう一度サインインします。 方法 3:iPhoneを再起動する 方法 4:Appleにお問い合わせください 4. App Storeでアップデートが表示されない iOS 12にアップデートしてから、App Storeでアップデートが可能なアプリが表示されなくなって、アップデート覧に更新情報も表示されなくなりました。 その場合には、次の対策をご参照ください。 方法 1:アップデートボタンを10回以上連続でタップする これはアプリのアップデート情報が公開されているのに、App Storeに表示されていない場合、一番簡単に解決する方法です。 アップデートボタンを10回以上連続でタップしたら、キャッシュをクリアでき、アップデート情報が表示されます。 方法 2:デバイスバージョンを最新版にアップデートする 方法 3:バックグラウンドアプリをすべて終了させる 方法 4:デバイスを再起動する 5. App Storeでアプリをインストールできない iPhone・iPad・iPodでアプリをインストールしたいですが、App Storeのエラー、アプリ本体の不具合、デバイスのバグなどでインストールできなくなります。 その場合には、ここで、こちらの記事を参考にしてください: 6. App Storeから購入履歴を削除する iOS 12&iOS 11デバイスでApp Storeの購入履歴を人にバレないようにするため、どうすればよいのでしょうか。 ここで、App Storeから購入履歴を削除・非表示する方法を詳しくご紹介します。 iOS 11以前のバージョンでApp Storeから購入履歴を削除することができません。 Step 1:App Store画面に入る > アカウントをタップ > 購入済みをタップしてください。 Step 2:履歴を削除したいアプリを左へスライド > 非表示ボタンが表示されます。 これをタップしたら、App Storeから購入履歴を削除しました。 App Storeを日本語に戻す iOS 12にアップデートしてから、App Storeの表示言語は英語・中国語などに変化しました。 日本語に戻らないと、アプリのダウンロードやアップデート、また、App Storeのサービスを使えなくなって困っています。 そのようなことにあったら、ぜひ次の解決策を参考にしてください。 方法 1:iOSデバイス本体の言語設定に「日本語」を選ぶ 方法 2:App Storeにサインインし直す 方法 3:Apple IDの国または地域名設定に「日本」を選ぶ 具体的な解決策を参考にしたいなら、こちらの記事を参考にしてください: 8. App Storeが開かない Mac・iPhone・iPadなどでApp Storeが開かなく、機能もしていないことがありますか。 ここで、ただ3つの方法でこの問題を解決できます。 ここで、MacでApp Storeが開かない問題を説明します。 方法 1:「日付と時刻の設定」をチェックします。 方法 2:シリアル番号をチェックします。 方法 3:証明書のキャッシュをリセットしてから再起動してください。 Step 1:Finder が選択された状態でMac画面の上部にあるメニューから、「移動」 > 「フォルダへ移動」の順でクリックします。 db」および「ocspcache. db」というラベルが付いたファイルをゴミ箱にドラッグします。 Step 3:入力画面が表示されたら、管理者のパスワードを入力します。 Step 4:コンピュータを再起動してから、App Store への接続をあらためて試してください。 ご希望のアイテムは現在日本のStoreではご利用いただけません ちゃんとストアにあったはずのiOSアプリにアクセスしたところ、「アイテムを利用できません。 ご希望のアイテムは、現在日本の Store ではご利用いただけません。 」というダイアログが出て、アクセスできなくなります。 その場合には、どうすればよいのでしょうか。 ここで、もっとも有効な方法 - 「App Storeにサインインし直す」をご紹介します。 Step 1:設定 > iTunes StoreとApp Storeという順でタップしてください。 Step 2:自分のApple IDをタップします > 「サインアウト」をタップしてください。 Step 3:Apple IDをもう一度サインインします。 このApple IDはApp Storeで使用されたことがありません Mac、またはiデバイスでApp Storeをサインインしようとした時、「このApple IDはApp Storeで使用されたことがありません」という趣旨のエラーもといアラートが出てしまいました。 その場合には、次の対策をご参照ください。 方法 1:パスワードの入力間違いか確認する 方法 2:クレジットカードを登録する クレジットカードを登録しないと、App Storeをサインインする際、「このApple IDはApp Storeで使用されたことがありません」エラー・バグが表示されます。 なので、この問題が発生したら、エラー画面の指示に従って、クレジットカードを登録してください。 「このappはApp Storeで入手できなきなりました」エラー App Storeでアプリをダウンロードしようとすると、「このappはApp Storeで入手できなきなりました」というエラー・バグメッセージが表示され、入手できなくなりました。 その場合には、ここでの解決策をご参考ください。 方法 1:iPhoneの空き容量を確認する 方法 2:ネットワークをオフにしてからオンにする 方法 3:高速なWiFiに接続してみる 方法 4:iPhoneを再起動する 方法 5:App Storeをログインし直す 12. 「このアイテムは利用できなくなりました」エラー App Storeで新しくLINE&ゲームアプリをインストールしようとした際や、アップデートしようとした際に「このアイテムは利用できなくなりました」と表示されてインストールもアップデートもできないという問題が発生したことはありますでしょうか。 この問題の原因について、次の2つと考えられます: 1. アクセスが集中している 2. App Store側の問題 では、ここで、この問題に悩んでいる方に、いつくかの有効な方法をご紹介します。 方法 1:時間が経てば解消される 方法 2:App側にお問い合わせください 13. 「あなたのApp Storeはロックされます」バグ あなたも、Apple Storeを名乗る「あなたのApp Storeはロックされます」というようなフィッシングメールが届きますか。 もしこのようなメールが届いたら、何もタップしないで、返信もしないでください。 そして、もしこのようなメールを見破れたいなら、こちらの記事を参考にしてください: まとめ 以上はApp Storeは利用中、よく発生した12つの不具合・エラー・バグです。 いかがでしたか。 もしあなたもバージョンアップ、機種変更などをしてから、上述の問題があったら、せひこの記事を参考にしてください。 そして、もしiOS 12の情報をもっと知りたいなら、ぜひ次の関連記事を参考にしてください。

次の