阪神 ドラフト 2019 予想。 【プロ野球2019】阪神の戦力分析とドラフト指名予想

【超速報】ドラフト2019指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

阪神 ドラフト 2019 予想

どうもこんにちは、たかパパです。 出場校予想は外しまくっているわけですが(笑)、それだけに甲子園を目指す熱い戦いに毎日が興奮です。 その一方で秋のドラフト会議に早くも気が気でないのが野球ファンの悲しいところ…. 高校生はもちろん、大学生や社会人の有力選手がどの球団に指名されるのか、本当に興味がつきません。 というわけで、かなりせっかちですが、外れ覚悟で各球団の2019年ドラフト指名選手を大予想するとともに、2018年のドラフト入団選手の現在もあわせてチェックしていきたいと思います。 今回は激しいCS出場権争いを繰り広げている阪神タイガースです。 2018年は外れ外れ1位の近本光司(大阪ガス)、3位の木浪聖也(Honda)が即戦力の期待通りに1軍で活躍するなど、上々の成果を挙げています。 2019年の補強ポイントは先発投手、長打力のある野手になると思います。 投手が豊作なことに加え、昨年は野手中心の指名だったこともあり、今年は投手を1位指名するのではないでしょうか。 Sponsored Link 目次• 2019年ドラフト1位指名候補は誰? 今年のドラフト1位指名候補をピックアップしてみました。 佐々木朗希(大船渡・投手) 森下暢仁(明治大・投手) 奥川恭伸(星稜・投手) 及川雅貴(横浜・投手) 西純矢(創志学園・投手) 井上広輝(日大三・投手) 海野隆司(東海大・捕手) 太田龍(JR東日本・投手) 立野和明(東海理化・投手) 河野竜生(JFE西日本・投手) 石川昂弥(東邦・内野手) 佐藤都志也(東洋大・捕手) おそらく、佐々木、森下、奥川の3選手に1位指名が集中するのは確実でしょう。 中でも佐々木を何球団が1位指名するかが今年のドラフトの最大の見所ではないでしょうか。 筆者私見では佐々木は高卒投手過去最上級の素材、奥川は高卒投手過去最上級の完成度、森下は近年最上級の大卒投手即戦力クラスと、競合覚悟で突っ込む価値があります。 下手をすれば12球団この3人に競合する可能性もあります。 それだけに、抽選のリスクを避けて他の有力選手を単独指名するか、外れ1位を誰にするかで各球団は頭を悩ませることになると思います。 しかし、外野手にこだわって外れ外れ1位で俊足巧打の近本光司(大阪ガス)を指名しました。 8秒の俊足が魅力。 2018年の都市対抗では21打数11安打で橋戸賞を受賞するなど、打撃面の評価も高い即戦力の外野手です。 (1軍)91試合 97安打 7本塁打 28打点 20盗塁 打率. 265 即戦力の期待通り、開幕戦からセンターの定位置を獲得。 長打力もあるトップバッターとして活躍しています。 オールスターでは史上初の新人先頭打者本塁打、史上2人目のサイクルヒットを達成してMVPを獲得。 レギュラーシーズンでも新人王の有力候補です。 2018年ドラフト2位 小幡竜平(延岡学園) 走攻守3拍子揃った遊撃手として、根尾、小園に次ぐ存在として注目されていました。 左打席から広角に打ち分ける巧打者ですが、高校通算24本塁打と長打力も備わっています。 (2軍)66試合 44安打 1本塁打 12打点 打率. 226 高卒新人ながら2軍のレギュラーを獲得。 将来の内野の要として実戦経験を積み重ねています。 2018年ドラフト3位 木浪聖也(Honda) 内野ならどこでも守れるユーティリティプレーヤー。 堅実な守備はもちろん、長打力のある打撃も高く評価されています。 (1軍)77試合 53安打 2本塁打 19打点 打率. 235 (2軍)2試合 1安打 打率. 125 オープン戦で12球団最多の22安打を放ち、オープン戦新人最多安打記録を更新し、ドラフト1位の近本とともに開幕スタメン出場を果たしました。 その後も北條らと激しい内野のレギュラー争いを続けており、1軍には欠かせない存在となっています。 2018年ドラフト4位 齋藤友貴哉(Honda) Max153kmの直球が持ち味の大型右腕です。 リリーフ向きの即戦力として注目を集めました。 (1軍)1試合 0勝0敗 投球回2 防御率0. 47 2軍では抑えを任されており、チーム最多のセーブをマーク。 さらに結果を残して、1軍復帰を目指しています。 2018年ドラフト5位 川原陸(創成館) 直球とスライダーのコンビネーションが持ち味の大型左腕でMax141km。 高2秋の明治神宮大会では大阪桐蔭を破っての準優勝、3年春の選抜8強入りに大きく貢献しました。 現在は体作りの段階で、まだ公式戦の登板はありません。 貴重な左腕だけに数年後に期待です。 2018年ドラフト6位 湯浅京己(富山GRNサンダーバーズ) 聖光学院2年秋に内野手から投手に転向、サンダーバーズの伊藤智仁監督(当時)の指導で急成長しました。 Max151kmの直球とスライダー、カーブ、カットボール、スプリット等を投げ分けます。 26 投手歴が浅い未完の大器です。 まだ高卒2年目の年齢だけに、2軍でじっくり鍛えてみたい素材ですね。 2018年ドラフト育成1位 片山雄哉(福井ミラクルエレファンツ) 強肩に加え、打撃力と俊足も高い評価を受けています。 (2軍)49試合 29安打 4本塁打 11打点 打率. 223 2軍では4番も経験するなど、育成枠ながら正捕手争いに加わっているようです。 今季中の支配下登録が現実味を帯びてきています。 Sponsored Link 2019年ドラフト会議指名選手予想! さて、チーム状況も考慮して、今年のドラフトで阪神タイガースが指名するであろう選手を予想してみました。 そうなると、ドラフトの補強ポイントは投手は先発、野手は主軸候補になると思います。 先発陣で規定投球回数をクリアしているのは西だけですし、ベテランの糸井、福留の後継も必要です。 2018年は野手中心の指名だったので、2019年は投手を上位で指名すると思います。 河野竜生(JFE西日本) まずは佐々木や奥川を競合覚悟で1位指名すると思いますが、外れた場合は即戦力投手を外れ1位で指名することになるでしょう。 その場合は、先発左腕不足というチーム事情もあり、河野を指名する可能性は高いと思います。 河野は鳴門高のエースとして甲子園8強入り。 高卒1年目から主力として活躍、Max151kmの直球と多彩な変化球を投げ分け、マウンド度胸、制球力にも優れています。 JFE西日本・河野竜生投手(20)が先発し、7回5安打無失点と好投。 直球の最速は151キロを計測し、11個の三振を奪うなど完璧な投球内容だった。 「僕が入って2年間、自チームで都市対抗に行けていない屈辱もあるし、去年、補強選手で出させてもらったJR西日本が相手でしたし、気持ちは入っていました」。 スタンドで視察した国内11球団のスカウトは投球内容を絶賛した。 中日・米村明アマスカウトチーフは「四球で崩れることが絶対にない投手」と制球力を評価し、広島・白武佳久スカウト部長は「打者から腕が見えにくい投げ方だし、右(打者)にも左にも内角を突けるということは、指先の感覚も素晴らしいということ」と話す。 楽天・福田功プロアマスカウトアドバイザーは「(ドラフト1位の)12人には間違いなく入ってくる」と断言した。 (スポーツニッポンより) 立野和明(東海理化) 河野と同様にタイガースが高く評価しているのが、Max152kmの本格派右腕の立野です。 伸びのある直球とカットボール、カーブ、フォークをクセのないフォームから投げ込みます。 高校時代は全国的には無名でしたが、社会人1年目から頭角を現しました。 高卒3年目の若さも魅力で、まだまだ伸びしろがあると評価されているようです。 東海理化・立野和明投手(21)が先発。 6回1/3を投げ、9安打6失点と乱れたが、スカウト陣の評価は変わらなかった。 10球団、41人のスカウト陣の視線の先での投球だった。 阪神は嶌村聡球団本部副部長、和田豊テクニカルアドバイザー以下、8人体制で視察。 和田TAは「球のキレがいい。 投げっぷりもいいし、腕も振れている。 楽しみ」と話し、担当の熊野輝光スカウトは「今日は少し悪かったが、年齢も含めてまだまだ伸びしろがあるし、完成度も高い」と絶賛する。 中日は5人体制で視察。 中田宗男アマスカウト・アドバイザーは「社会人の右投手としては屈指の実力」と評した。 社会人1年目から4番を任され、公式戦6本塁打。 DHで社会人ベストナインを受賞しました。 大学時代は一塁を守り、現在はプロ入りを目指して三塁手に挑戦中。 大砲候補として上位指名があるかもしれません。 タイガースにはいないキャラの選手だけに、縦ジマのユニフォーム姿を見てみたい気がします。 パナソニックの片山勢三内野手が奈良学園大とのオープン戦に「4番・一塁」で先発。 相手のプロ注目左腕・菅田大介から4回に適時二塁打を放った。 176センチ、101キロの片山は、ルーキーイヤーの昨年は公式戦で最多タイの6本塁打を放ち、指名打者でベストナインを受賞した。 この日は西武と中日のスカウトが視察した中で、3打数1安打1打点2四球で今季初打点をマークした。 「去年より球の見え方や入り方が数段レベルアップしている」と、手応えを感じていた。 (スポーツ報知より) 東妻純平(智弁和歌山).

次の

2019年ドラフトを1人で全予想・中。広島・楽天は投手、阪神は4番候補。

阪神 ドラフト 2019 予想

阪神の2019年現在の補強ポイント まずは現在の阪神タイガースの補強ポイントを見ていきましょう。 結論的には 4番打者 センターライン レフト 先発の若手投手 になってくるのかなと思います。 まずは生え抜きの4番バッターの育成ですよね。 2016年に金本監督が就任し、当時から「生え抜きのホームランバッターを育てる」といった方針を打ち出してきたのですが、現状育っていないのが現実。 2016年には、ドラフト一位で大山選手を獲得し、ルーキーイヤーから4番で使うなど期待をかけ、他にも二軍でホームランを量産する陽川選手の起用など、様々な若手選手が起用されてきたのですが、固定できずに終わっています。 そして、現在の阪神はレフトに福留選手が固定されていますが、年齢的に代わりになる選手が必要になってくるのも事実。 糸井選手も年齢的な問題はありますが、身体能力的にはあと3年くらいは一線で戦えるので、外野でいうと福留選手の後任となるレフト、そしていまいち固定できないセンターでしょうか。 センターは高山選手、中谷選手、江越選手、ルーキーの近本選手、もしくは島田選手といったところですが、2018シーズンで頭1つ抜ける選手が出てきたら、変わってくるかもしれません。 他にも、糸原選手がセカンドのポジションで2018年に台頭しましたが、絶対的レギュラーとはいえませんし、ショートのポジションも固定できないままとなっています。 投手陣に関しては、長年チームのエースとして君臨しているメッセンジャー投手が37歳と、少し全盛期よりは陰りが見え、中継ぎ陣もベテラン投手が増えてきてはいるものの、若手投手が伸びてきていることもあり、急務な補強は大丈夫だと思うので、とりあえずは一安心と言えるでしょう。 もちろん2019年のドラフト時期には、ここに書いたポジションの誰かが台頭しているかも知れませんが、現時点でドラフト補強をしたいポジションを挙げるとすれば、センターラインが主となり、投手を獲得するなら将来性を重視する高卒ルーキーなどが良いかも知れませんね。 阪神ドラフト指名予想2019【上位指名されそうな候補選手】 ここからは先程書いた補強ポイントを加味しながら、2019年ドラフトで指名されそうな上位候補選手を予想していきたいと思います。 身長189センチ81キロの恵まれた体格で、日本球界だけにとどまらない、とてつもないスケールの大きさを感じる投手となっています。 スカウトからの評価も高く、阪神の葛西稔スカウトは 「高校生のレベルを超越している。 東北地区ではNO・1の存在。 大船渡高は佐々木君中心のチームであることは間違いありませんが、彼は気配りができるんです。 責任感、そして気持ちの強さがある」 と、野球の実力はもちろんのこと、性格まで絶賛しているんですよね。 そして何よりプロ入り後も、高卒ルーキーながら即戦力候補間違いなしの投手だと思います。 仮に阪神入団となれば、投手陣が充実しているチームではあるものの、彼ぐらいの能力があれば、1年目から先発ローテ入りも十分あり得るでしょうね。 — isgram0721 isgram0721 左腕ながらマックス153キロを投げる及川雅貴投手。 こちらの投手も高校生ながら150キロを超えるストレートを投げ、左腕ということもあり、プロ野球界からの注目が集まっています。 そして、阪神の球団関係者は 「今年のセンバツは星稜の奥川君、横浜の及川君、この2人を中心に見ていくことになります。 」 と言っていて、阪神がいかに及川投手に注目しているかがよく分かる評価ですよね。 ただ、及川投手は少しコントロールに課題を残しており、即戦力でも通用するとは思いますが、1、2年様子を見ながらの起用が良いかも知れませんね。 もちろん阪神のチーム事情から見ても、先発左腕の駒不足は深刻なので、1年目はダメでも早いうちから一軍のマウンドを経験することにはなるでしょうね。 本大会、そしてセンバツ優勝を掲げる。 【明治神宮大会二日目】 — 汗と涙。 力感のないフォームながら、早速150キロをマークし、変化球も多彩となっていて、三振の山を築きます。 阪神の筒井スカウトも 「フォームもブレないし、球の軌道もブレない。 下半身をうまく使って投げていましたね。 担当スカウトとしては、そりゃあ欲しいですよね。 後輩からも慕われていると聞きますし、頭も見た目もいいですね。 彼には勝ち運や人をひきつける魅力があります。 この一年間が本当に楽しみです」 とベタ褒めで、高校生の投手陣の中では安定感がナンバー1の投手でしょうね。 なので、プロ入り後も即戦力として通用すると思いますし、阪神入りとなれば、1年目からの先発ローテは十分狙えると思います。 最速150キロのキレのあるストレートで、奪三振数が非常に多い投手となっています。 2018年の西投手の甲子園デビュー戦で、9回を投げ16奪三振を記録し、一気に時の人となりました。 阪神の山本スカウトも 「スケールが大きい。 あれだけの直球があり、球種も豊富。 あの体は魅力。 ドラフト上位候補なのは間違いない。 もちろん追いかけますよ」 と言っていて、阪神のドラフト1位候補であることがわかります。 ただ、2018年夏の甲子園で見せたように、精神的な弱さがまだ残るため、プロ入り後は即戦力というより将来性に期待といったところだとは思いますが、それでも阪神入りとなれば、若手をバンバン使うこともあり、1年目から先発デビューの可能性はあるでしょうね。 高校生ながらリード面に定評があり、キャッチャーとしての見せ場でもある二塁送球タイムも1. 87秒を計測しています。 近江高の監督である多賀監督は 「指導してきた中では群を抜く。 こんなキャッチャーに出会うのは最初で最後」 と、言わしめるほど、キャッチャーとしての能力が高いようです。 もちろん今の阪神には、梅野選手や坂本選手など、正捕手争いをしている選手が沢山いますが、キャッチャーの育成には元々長い年月がいるので、将来を見越して有馬選手を上位指名することは十分あるのではないでしょうか。 河野竜生 JFE西日本 【18. 投げっぷりがよく、マウンド度胸のある投手で、キレの良いストレートは最速148キロを誇ります。 そして河野投手の評価なんですが、阪神のスカウト陣からは表だったコメントはないものの、河野投手の登板試合に異例のスカウト3人体制で臨むなど、間違いなく上位候補として注目はしているでしょう。 何より、社会人出身ということで、即戦力候補としての期待が高いと思いますし、チームの左腕不足とも一致するので、1年目からの先発ローテ入りの期待が高い投手となっています。 何より阪神タイガースは投手陣に定評のあるチームなので、高卒ルーキーの投手たちが入団し、どういった成長を見せてくれるのか楽しみですよね! スポンサーリンク•

次の

【プロ野球2019】阪神の戦力分析とドラフト指名予想

阪神 ドラフト 2019 予想

残っていない場合は捕手の東妻(智弁和歌山)、外野手の宇草(法政大)といったところか。 3位は加藤雅樹(早稲田)外野手か井上広大(履正社)だろう。 残っていなければ前佑囲斗投手(津田学園)。 しかし、ここで問題がある。 外れ1位候補の西純也が1位で一本釣りされていた場合、1位に外れた球団が河野に集中して指名が重なる場合がある。 その場合は石川昴(三塁手)の指名も考えておくべきだろう。 石川昴も一本釣りされていた場合は、繰り上げて捕手の海野、佐藤の指名を考えるべきだろう。 外れ1位を外すと1位指名が立野となり、2位指名に困り3位繰り上げとなるので、その失敗だけは避けたい。 2位は捕手指名となるだろう。 海野か佐藤が残っていれば指名。 残っていなければ東妻の指名となるだろう。 3位は加藤雅樹(早稲田)外野手か井上広大(履正社)だろう。 残っていれば指名したい。 2位は捕手となるだろう。 ここで海野か佐藤が取れれば大きい。 残っていない場合は投手の指名が濃厚。 及川、立野、杉山、津森、坂本、井上広輝の指名だろう。 3位は捕手。 東妻(智弁和歌山)、郡司あたりだろうか。 もしくは外れ1位での指名を検討したほうがいい場合もある。 2位は投手の及川、立野、杉山、津森、坂本、井上広輝のうちの誰かとなるだろう。 3位は加藤雅樹(早稲田)外野手か井上広大(履正社)だろう。 1位 海野(捕手)、佐藤(捕手) 2位 及川(左腕)、立野(投手)、杉山(投手)、坂本 左腕) 3位 加藤(外野手)、黒川(三塁手)、紅林(遊撃) 4位 前(投手)、井上広(外野手)、野村(外野手)、菊田(外野手) 阪神のドラフトの評価 大成功100点のドラフトとなるケース• 1位:奥川恭伸(投手)星稜高校• 2位:佐藤都志也(捕手)東洋大学• 3位:宇草孔基(外野手)法政大• 甲子園球場の広さが1番の原因だが、いま球場にホームランテラスを設置してもホームランが打てる打者がいないのでメリットはないと思う。 4年後に改装を目指して、ホームランバッターをドラフトで取る戦略に徹した方がいいのではないか。 そういう意味では1位は奥川ではなく石川昂弥を指名、2位以下も野手を指名する極端な指名を一度してみて欲しい。 西武のように4年後にホームラン20本カルテットが生まれるような夢のあるドラフトを見てみたい。 その場合は2軍打撃コーチに優秀な人を招聘しなければいけないが。 1位;石川昂弥(東邦高校)• 2位:紅林 弘太郎(駿河総合)• 3位:井上広大(履正社高)• 4位:山瀬 慎之助(星稜)• 5位:片山勢三(パナソニック).

次の