ジオラマ 建物。 建物の“破壊された”姿を再現! ジオラマ模型素材の新シリーズ「ジオコレ・コンバット」が登場

ジオラマの作り方 やり方さえ分かれば初心者でも作れる

ジオラマ 建物

Sponsored Links 仕事で念願のジオラマを作ることになりましたので作り方を紹介します。 ジオラマと言えば、ガンプラや鉄道模型など一度は作ってみたいあこがれの趣味の一つ。 今回ジオラマを作るにあたり、経験がなかったので多少の不安がありましたが、初心者ながら舞台装飾の腕を生かしつつ、わくわくしながら作ることができました。 今日はジオラマや模型作りにチャレンジしたい方や子供たちの夏休みの工作のヒントに、「建物・樹木の作り方」「質感の出し方」や「色の塗り重ね」など、初心者でも簡単に挑戦できるジオラマの作り方をお伝えしようと思います。 でき上ったジオラマで遊ぶ学童クラブの子どもたち 鉄道模型など、親子で「ジオラマ作り」に挑戦するのもいいでしょう!きっと世界に一つだけのあなただけのオリジナルの「ジオラマ」を作ってみましょう!! さて、今回管理人が制作したのは架空の小さい町並みの情景模型です。 内容は昭和チックなビル・建物の街並み、道路、電柱、標識、ガードレール、樹木など、空想の街並みです。 まずは出来上がりをご覧下さい。 完成したジオラマの中をカメラで遊泳してみました。 必要な道具 「 グルーガン」:ホットボンド=熱いのりです。 瞬間的に物を接着することができ、作業がはかどります。 「 ペンチ」:針金を曲げたり、切ったりします。 「 カッターナイフ」:スチレンボードを切ります。 頻繁に切れなくなるので、替刃も買っておきましょう。 「 定規」:アクリルのものより、「削れない金属の定規」が欲しいところです。 更に定規の下にゴムが付いていると滑らずに安定して物を切ることができます。 机などを傷つけないゴム製の下敷きもあるといいです。 「 筆、刷毛」:着色・重ね塗りしますが、コンプレッサーがあれば「 ガン吹き」でたくさんの塗り面を一気に塗装できます。 高価になると思いますが、「缶スプレー(水性・ラッカー)」もいいでしょう、換気には十分に注意しましょう。 マスクは忘れずに!光沢ありと、なしがあるので使い分けましょう。 ワンポイントアドバイス 缶スプレーを吹き終わったら、逆さまにして1・2秒エアーだけを出します。 ノズル部分の目詰まりを防止できます。 必要な材料• スチレンボード厚み2~4mm: 加工がカッターで簡単に切れるので楽です。 クリアファイル(各色):中から貼ると窓ガラスぽくなります。 木の棒・竹ひご:ガードレールや電柱・標識の柱になります。 ベニア板3mm:道路や地面用に、建物と分離したほうが組み合わせが自由かも。 塗料:広い面積はネオカラーでガン吹き。 小さい箇所には缶スプレー・アクリルガッシュ• 針金・紙粘土・コケ:樹木用、市販の葉っぱもありますが、手作りが一番 Sponsored Links 意外と簡単!ジオラマ建物の作り方 ジオラマ建物の壁の作り方 建物の壁の材料はべニアやバルサ材などありますが、今回はカッターで簡単に切れる薄いスチレンボードにしました。 1、窓の作り方:スチレンボード(2. 5mmくらいの厚み)にボールペンで窓を書き、カッターでひたすらくり抜き、窓の空いた壁を作ります。 壁材は他に厚紙、バルサ材などで作ることができますが、簡単に切ったり張ったりができるスチレンボードが最適かと思います。 スチレンボードはボールペンなどで強く描くと凹みますのでレンガ調の壁や木調の板目まで出すことができます。 2、壁の接着:板壁の質感を出すためにボールペンで強めに線を引きます。 スチロールが凹んだ部分に濃い色が残り、板の感じが出てきます。 壁と壁のつなぎはスチロールなので、グルーガン(ホットボンド)で接着。 仮止めしておくと焦りません。 3、窓ガラスの作り方:グルーガンで何でも接着します。 瞬間的に簡単に着くので便利ですが、何度かやけどをしました。 (100円ショップにて3色購入) ジオラマ 色の付け方 4、色塗り前:建物が大体出来上がりました。 遠近感が出るように奥に行くほど建物など小さくしています。 5、着色の仕方:すべて「ネオカラー」(反射しない舞台用塗料)でガン吹きします。 ホームセンターに売っています。 なければつやなしの水性塗料でもOK。 アクリルガッシュでも良いのですが、広い面積には不向きです。 舞台装置に使われる塗料です。 軽さが出ないように2,3回色を違えてガン吹きしたり、塗ったりしています。 ガードレール・電柱・標識などその他の部品の作り方 6、付属品:ガードレール、樹木、電柱、標識、信号機を置いて完成です。 標識や信号、広告はすべてスチレンボードにイラストレーターで作ったのと、ネット画像から見つけたものを印刷しました。 古めかしさを出すために薄くサビ色など塗装をかけてもいいかもです。 ジオラマ 樹木・木の作り方 7、樹木の作り方:針金に紙粘土(石塑)で幹や枝を太らせます。 粘土とのくい付きを良くするために針金をよじります。 このあと、紙粘土で枝を包み、乾いたら着色します。 樹木の葉っぱですが、最初youtube動画でスポンジを刻んで着色してというのがあったので、真似したら、全然クオリティがよくなかったので、 100均ショップで コケの乾いたやつを発見、ようやく葉っぱらしくなりました。 黒を一旦塗ってから茶色でドライブラシ。 粘土に爪で付けた筋が浮き出て、樹木らしくなりました。 色の深みが出て、立体感・わび、さびなど自然の風合いが出せます。 Sponsored Links 8、完成:およそ10日間くらいかかりました。 質感の出し方・色塗りのポイント 単色の塗りではきれいすぎて実在感がでません。 必ず 2回以上色を違えての塗り重ねを心がけました。 自然な風合いにするには 原色の彩度を落とします。 色塗りの最大のポイントは先程も出てきましたが『 ドライブラッシング法』です。 一旦乾いた塗料の上から、布なので水分を取った筆で軽く違う色を重ねていきます。 ビルの水垢やガードレールの錆びなど年代が感じられるよううるさすぎず、あくまで自然に色を重ねます。 樹木など緑に茶色や黄色などを混ぜると落ち着いた色合いになります。 接着のポイント ホットボンドは木工用ボンドなどと比べると、数秒で接着できるので、作業がはかどります。 難点なのは 糸を引いて目立つので必ず取り除くこと。 電柱、標識、信号機などは100均の針金や竹ひご、木材を加工しました。 パース(奥行)のポイント 今回大きさが奥行きが2400mmでしたので、強制パース(強引な遠近法)にしました。 ガードレールも建物も標識も奥に行くにしたがって小さくしていきました。 おわりに 以上初めてのジオラマの作り方でしたが、作る楽しみが伝わったでしょうか? 仕事をしながら、ジオラマの作る楽しさを味わえたことに感謝します。 作り方にきまりはないのですが、道具や材料によってじっくり時間をかけてもいいと思いますし、100均など身近で簡単に作れる材料もありますので、趣味としては最高ではないでしょうか? あなたの工夫次第で見違える代物になっていくと思います。 又腕を磨いていつか自分の オリジナルのジオラマ(自分の住んでいるところの特徴を活かしたもの、例えば失われつつある田舎の風景など)を作ってみようと思います。 お忙しい中最後までお読みいただきありがとうございます。 尚、他の記事も是非ご覧いただけるとありがたいです! 関連ホームページ youtubeで海外のジオラマ製作動画を見つけました。 作る前に見れば良かったです。 これはかなり本格的な動画です。 ポイントは樹木の針金の数。 細い数十本の針金を寄っていきながら太い幹から枝分かれさせています。 リアルに見せるために枝の太さ・枝別れ・間隔など細かく気を配っています。 リアルな枝は幹の形で決まりますね。 根っこまで再現、色塗りも緻密です。 ホビーのことなら【ホビコム】 ジオラマ作りのDVD 鉄道ファン必見!! ジオラマ作りの本 ジオラマと言えばアラーキー氏.

次の

建物製作集,Nゲージ鉄道模型製作記

ジオラマ 建物

100均の商品で作るジオラマの作品例1つ目は、ガンプラフィギュア用ジオラマです。 土台は全て100均の商品で作られているというこちらのジオラマは、ガンプラの戦闘シーンをまさに再現したリアルな完成度です。 木粉ねんどにナチュラルモスマットを貼り付け、サイドに砂利を敷いています。 全体的に錆っぽい雰囲気が出るよう塗装を加えればあっという間にかっこいいジオラマの完成です。 ガンプラの塗装までこだわられており、陸での戦闘をしっかりと再現できています。 塗装にもこだわることで、より完成度が上がります。 塗装グッズは100均のDIYコーナーに売られているので合わせて使ってみましょう。 アルティメットコンテナを使用した格納庫は、光の当て具合によって本物さながらの格納庫に仕上がります。 周囲の壁や床もアルティメットコンテナを並べることで統一感がしっかり出せています。 まさにこれから戦闘に向かうような雰囲気が出ています。 撮影にも適しているアルティメットコンテナは、下からのアングルから撮ることでより一層リアル感が出せます。 グレーのアルティメットコンテナなら塗装の必要もないので助かりますね。 格納庫にぴったりのミニチュアアイテムを同じ色で揃えて配置することで本格的なジオラマに仕上がります。 恐竜のフィギュアがぴったりに仕上がっています。 土台は100均のお椀を使用しており、フェイクグリーンや園芸用の石を配置して恐竜がいた時代の森を表現しています。 フェイクグリーンはその大きさを生かして森の木々を表現できます。 特に多肉植物のフィギュアは、気温の高い森を表現するのにぴったりです。 高さも様々なフェイクグリーンを配置することで立体感もかなりあります。 お椀に入れて作るジオラマはインテリアとしてもよく映えます。 子供と一緒に作ることもできるので、気軽に挑戦できますね。 100均のフェイクグリーンは森の大きな木々を表現しやすいです。 地面を木粉ねんどで作った場合は乾燥する前に埋めると根元までしっかりくっつきます。 カットしたナチュラルモスマットで雑草を表現するのもいいですね。 森の中には木々だけでなく石や大きな岩もあるので、園芸用の砂利や石を使用しところとごろに配置します。 フェイクグリーンもそうですが、整然と並べるように配置すると「人の手が入った森」になります。 自然のありのままの様子を再現するなら、多少乱雑に配置するのがおすすめです。

次の

津川洋行監修 紙で作る鉄道ジオラマ(ペーパークラフト鉄道模型)駅舎

ジオラマ 建物

2018. 03 今回は木材とスチレンボードを使って、簡単な建物を作ってみたいと思います。 スチレンボードは百均で売っていますし、木材はカットされたものなので手順を覚えれば比較的簡単に作れます。 一応、木材はヒノキを使います。 ジオラマによく使われる建物ですが、プラモデルの車と組み合わせるとワンランク上の景色が出来上がります。 カット木材も500円出せば、太さの違う種類を買いそろえられます。 では、いってみましょう! ジオラマの作り方(建物編)、スチレンボードと木材でOK 今回使用する車は、アリイのマツダT-2000です。 レトロな形とボディカラーで人気です。 組み立て、塗装は終わっています。 チョット、手こずりそうです。 まず、材料ですがスチレンボードと壁紙に使う紙を用意します。 紙は厚手で少し模様の入ったものならば、何でもいいのですが私は近くの画材店で一枚100円程 のものを買っています。 薄さ2mm程のスチレンボードと同じ大きさの紙を、木工用ボンドで張り合わせます。 表裏貼り合わせたら、お好みで窓など付けていきましょう。 窓は適当にカッターでくり抜いて、そこに2mm角の木を切ってはめ込みます。 腰板は2cm幅のものを切って合わせます。 木材の着色は、なんと言っても 水性のスティンに限ります。 匂いが無く、木目を生かした仕上がりは他の追随を許しません。 ただ、爪の間などに入ると中々取れませんので、使い捨ての手袋をして作業しましょう。 これは、和信というメーカーのもので 500円以下で手に入ります。 使った筆も水で洗えますので使い勝手は最高です。 さて、今のは側面でしたので、後ろの壁も同じように作ります。 後ろの壁は、横幅が15cmほどにしました。 それぞれ木工用ボンドで貼り付けます。 多少、はみ出しても乾くと透明になりますので、ボンドは多めに付けていきましょう。 では実際に車を置いてみて、サイズの確認です。 あっ!後ろ側にも窓を付けました。 下の台は300円で売っている百均のケースです。 これに透明のフタが付きますので、作った後のホコリ除けにもおすすめです。 次に手前の支柱に取り掛かります。 屋根の支えともなる支柱です。 なので、上部は三角形にしてあります。 ここに屋根が乗ります。 さてさて、続いては入り口です。 トラックの上を木材でつないでいきます。 これで、長方形の箱になったわけです。 ちなみに 1cm幅の木材でつなげました。 余っていたデカールも貼り付け、イイ感じになってきたようです。 ここまで木工用ボンドのみで接着していますが、木と木、木と紙であれば十分な接着力を 持っていますので、焦らずに作業を進めて下さい。 では、屋根を作って載せていきます。 これを2枚作ります。 スチレンボードの上に、これも百均で売っている波型の カラー段ボールを切って張り合わせます。 私は 朽ちた納屋風にしたかったので、カッターで屋根に穴をあけました。 だんだんとバイオハザード風に近づいて来ました 笑 屋根を貼り合わせる前に、色を塗っていきます。 お好みで仕上げて下さい。 ちなみに私はこんな感じ。 穴の開いた屋根に下から2mm角の塗装していない木を渡すとまるで梁のように見えます。 ここまで来れば、もう出来たようなものです。 では、ここでコーヒーでも飲んで一息入れましょう。 ジオラマの作り方(建物編)、最後の仕上げ 今、作っている納屋はトラックを入れる事を前提に作っていますので 向かって左側面は開いた状態になっています。 普通は、ここに右側面と同じ壁を作ってもいいと思います。 では正面に取り掛かります。 入り口となる引き戸です。 今は誰も使わなくなった納屋という事で一枚だけ作りました。 これも2mm角の木をただ繋ぎ合わせただけです。 引き戸の下は2cm幅の木を使っています。 写真のように大きめの引き戸でもいいし、下の写真のように引き戸を2枚重ねてもイイ感じです。 最後に草や小物を置いて、いよいよ完成です。 地面の砂や草などは鉄道模型用のものを使用しています。 最後に プラモデルを除いて、他のものは全て木工用ボンドで接着しています。 ここで乾く前に透明のケースをかぶせるとクリアケースの内側が真っ白くなりますので、 2,3日は何もかぶせずに乾燥させてください。 あと、おまけで簡単な ホーロー看板の作り方を書いておきます。 これは非常に使えますので、 要チェックですよ。 まず、気にいった看板が印刷された紙を用意してください。 個人で楽しむ分にはパソコンの画像から好きなものをとって印刷すればいいわけです。 用意した看板の紙は大きめに切り、角を写真のように切っておきます。 そして厚紙を看板の大きさに切り、ボンドで張り合わせます。 張り終わりましたら、その上から大きめの透明セロハンテープを貼ってください。 そうしますと、写真では分かりにくいのですが、まるでホーロー看板のような つやが出るのです。 仕上げに、サビ塗装を施し終わりです。 といった感じで、今回は終了です。 お疲れさまでした! ジオラマ 建物 応用編はこちらです.

次の