楽天 モバイル アン リミット。 楽天モバイル UN

【2020年最新】楽天モバイルUNLIMIT(アンリミット)対応のおすすめ機種ランキング

楽天 モバイル アン リミット

楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」 プランは月額2980円の1つだけ 2020年3月3日に発表された、楽天モバイルの新プランは「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」というプランになります。 このプランが発表されたことにより、楽天回線では従来のプランは廃止となり、新規の申し込みは不可能となります。 「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」では楽天回線エリアでは 完全にデータ使い放題となり、追加料金がかかりません。 通常プランには2GBまでの使用料が含まれており、それ以上の通信をエリア外で行う場合は最大128kbpsに制限されます。 もし、データ制限を受けずに使用したい場合は1GB辺り、500円の追加料金が必要となります。 対象者300万人に契約から1年間は無料 「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」は、先行申込者を対象に1年間、基本使用料を無料にするキャンペーンを開催します。 対象者は先着順ではありませんが、300万人に達成した時点で終了とに記載があります。 申し込み状況により変動があると書いてあるので、申し込みした時間などによって 多少の優遇は聞くと思います。 「Rakuten UN-LIMIT」に新規お申し込み• 「Rakuten UN-LIMIT」に他社から乗り換え(MNP)でお申し込み• 「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行手続き後、お申し込み• 「Rakuten UN-LIMIT」に無料サポータープログラム「100GB無料プラン」からプラン変更しお申し込み 上記が1年間無料になるキャンペーンの対象者となります。 ただ、支払期限を守らなかったり、楽天会員を退会しているユーザーは対象外となります。 事務手数料もポイントで還元される 300万名対象として開通時にかかる事務手数料3300円を楽天ポイントとして還元すると発表されました。 対象となるのは、開通月の翌月末までに「Rakuten Link」の初回起動・登録などを完了することです。 ただ、無料サポータープログラムプランに加入しているユーザーは対象外となっています。 オンライン契約で3000ptプレゼント 楽天モバイルをオンラインで契約することで3000ptの楽天ポイントがプレゼントされます。 プレゼントを受け取ることができるのは2020年6月30日までに、オンライン新規契約で「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」に申し込んだ人のみです。 また、2020年8月31日までに「Rakuten Link」の初回起動・登録などを行う必要もあります。 Rakuten Linkを使えば通話・SMSが無料 楽天はGooglePlayより「Rakuten Link」というアプリをリリースしています。 「Rakuten Link」を使用し、メッセージや通話をすることで、世界中どこからでも無料で利用が可能です。 最大100人までと同時チャットもできるアプリで、写真や動画の交換なども行えます。 「Rakuten Link」を利用するためにはAndroidの使用と、楽天回線である必要があります。 「Rakuten Link」を使用しないで通話をした場合は、30秒辺り20円の料金が発生します。 海外にも月額980円でかけ放題 アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サンピエール・ミクロン島、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア 上記の海外66か国については、グローバル料は無料で国内とは別に2GBのデータ容量を使用することができます。 Rakuten Linkを使用し、国際電話かけ放題に加入すれば、上記の国であれば通話料は無料となります。 2GBを超えた場合は、通信速度が最大128kbpsに制限されます。 こちらもデータ制限を受けずに使用したい場合は1GB辺り、500円の追加料金が必要となります。 国際電話かけ放題の対象となるのは 日本から海外へ電話をかけた場合に限ります。 楽天回線エリアでは使い放題 「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」は楽天回線エリアでは、使い放題となります。 対象となるエリアは東京・神奈川・千葉・埼玉・愛知・大阪・京都・兵庫の一部と発表されています。 ただ上記の都道府県であっても対象外となることがあります。 自身の住んでいる地域が対象となるかは、より確認することもできます。 現在地をタップして、どこまでが対象となっているか確認してみましょう。 現時点では、楽天回線エリアはかなり絞られていますが、2021年3月までに全国に拡大する予定と発表しています。 対象となるエリアが増えれば、全国で通信量が使い放題となります。 宇宙からの通信も視野に入れている 楽天回線をカバーするエリアは、地球からではなく宇宙からのカバーも視野に入れています。 この開発が上手くいき、楽天との締結が結ばれたままであれば、宇宙からの通信環境を整備することができます。 宇宙からの通信ができるようになれば、地震や台風といった天災による影響で通信環境が乱れるといった不具合が起きません。 楽天回線で、宇宙からの通信が実現すれば、通信業界に大きな変化をもたらすといえるでしょう。 5Gプランも6月に開始される 楽天は会見で5Gプランもリリースすると発表しています。 5G元年と言われている2020年ですが、プランは6月からとなっています。 また、料金は不明となっており、今回発表された「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」とは別のプランだと予想されます。 それまでは、楽天回線の新規申し込みだけが対応しています。 また「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」が開通することによって、 従来のMVNOサービスの新規申し込みは2020年4月7日までとなっています。 ただ、サービスが停止するというわけではなく、今もMVNOサービスはしばらく継続すると発表もしています。 対象エリアで通信を行う場合や、Rakuten Linkを使用した場合は通話やSMSが無料となります。 他社のキャリアの使い放題プランと比較すると料金が安くなるのは一目瞭然です。 しかも、他社では使い放題といっても、上限が設けられています。 今後新しいプランを他社キャリアが発表する可能性はありますが、2020年3月時点では 楽天モバイルが最安値で使い放題プランを使えるといえるでしょう。 Wi-Fiがメインであれば安い料金で使用可能 通信をするときに、Wi-Fiがメインであれば、楽天モバイルが圧倒的に得になります。 指定地域でなければ通信量がかかるということはありますが、Wi-Fi接続が多いなら2GBでも十分利用はできます。 基本料金だけを見た場合でも、2980円はかなり安い価格なので、Wi-Fiをメインとして使っている場合は、 「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」がおすすめです。 気付かないうちに指定エリア外で通信している可能性もある 「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」は、対象地域が限られており、対象外の場合は月2GBと制限があります。 1GB辺り、500円で追加はできますが、追加料金がかかってしまいます。 また、対象地域にいると思っていても外れていれば気づきません。 楽天モバイルでは設定で対象エリア外になった時に、通信をオフにする機能などはありません。 知らないうちに、2GBを超えてしまい、通信制限がかかってしまう可能性もあります。 自身が対象エリアで通信しているかどうかはで随時確認する必要があるといえるでしょう。 通話料金や、メッセージ料金はRakuten Linkをダウンロードした方がいいです。 お得なキャンペーンを獲得することもできるので「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」を利用する場合は、Rakuten Linkを使用するようにしましょう。 iPhoneでは使えない 「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」はAndroidのみが対象となっています。 iPhoneで楽天モバイルは利用できますが、「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」は利用できません。 iPhoneが使えない原因に関しては、下記記事で紹介していますので、ご覧ください。 全機種SIMロックフリーで販売される 「Rakuten UN-LIMIT(らくてんアンリミット)」の対応製品を楽天は「多彩な製品をすべてSIMロックフリーで販売する」と発表しました。 SIMロックがかかっていると、他社で乗り換えの時にキャリアでSIMロックを解除してもらう必要があります。 SIMロックを解除するためには料金が発生しますが、楽天モバイルで機種を購入することで、SIMロックを解除する料金が発生してないというメリットがあります。 楽天モバイルで端末を購入した時は乗り換え先のキャリアでも簡単に使えるといえるでしょう。 新プランの申し込み方法 キャンペーン対象は2020年6月30日まで• 契約事務手数料がポイントで全額還元• オンライン契約で3000Ptプレゼント• 1年間基本使用料無料 楽天モバイルでは、キャンペーンで上記のようなメリットがあります。 このメリットを全て受けるためには、2020年6月30日が期限です。 他のキャンペーンは300万人限定となっているので、キャンペーンの対象となりたい場合はなるべく早く申し込みを行いましょう。 乗り換えやすでに楽天モバイルを契約している場合は、2020年4月8日より受付開始しています。 特設サイトにアクセスしたら「お申し込み」をタップしてください。 ページをスクロールし「申込はこちら」をタップします。 オプションを選択し「購入手続きへ」をタップして下さい。 もう一度「購入手続きへ」をタップします。 楽天会員であれば、そのままログインをしてください。 非会員の場合は「会員登録されていない方はこちら」より会員登録を済ませましょう。 会員登録を済ませ、ログインしたら「注文を確定する」をタップすると、注文は完了です。 商品が到着するまで、しばらく待ちましょう。 店舗受け付けは2020年3月4日 水 各店舗開店時より オンライン決済が出来ない場合は、店舗での契約も可能です。 ただ、店舗で契約した場合はオンライン契約特典3000ptをもらうことができません。 その場合は、直接店舗に行き、新規契約の申し込みをして下さい。 近くの店舗はより、検索が行えます。 より近くの店舗を検索し、店舗に行き契約を行いましょう。

次の

【2020年】楽天モバイル(楽天アンリミット)の実効速度・評判・デメリットを徹底解説

楽天 モバイル アン リミット

楽天モバイルは2020年4月に 自社回線の新プラン「UN-LIMIT(アンリミット)」をスタートしました。 楽天回線を使えるエリアはまだ限られているとはいえ、 1年間無料でネット使い放題(au回線は月5GBまで)とあって、話題となっています。 そんな楽天新プランですが、使える端末がかなり限定的で、iPhoneなどは動作保証外です。 現在楽天から対応機種として販売されているのは11種類。 せっかくだから新しい端末を買ってみようと思ってもどれがいいか迷ってしまいますよね。 今回はそんな の新プランに対応した端末のうち特におすすめのものを紹介していきます。 楽天アンリミットプランの詳細やレビュー(AQUOS sense3 plus)についてはこちらの記事を参考にしてください。 (参考:) このうちおすすめなもの4つと、楽天オリジナル端末であるRakuten Miniについて紹介していきます。 1位|OPPO Reno A|必要なものがそろったコスパ最高スマホの楽天限定モデル OPPO Reno A 128GB 価格 35,273円 (ポイント還元9,500円) サイズ 約158. 8(mm) 約169. DSDV(デュアルSIM)なので、楽天SIMを差しつつ、他のキャリアや格安SIMと併用できる点もポイントが高いです。 (参考:) さらに6. 優秀なCPUでRAMも大きい方が基本的に動作がサクサクできます) このOPPO Reno Aは通常だとストレージ(保存容量)が64GBですが、 楽天モバイルでは特別に128GBで販売しています。 OPPO Reno Aをメイン機に据えてがっつり使える、うれしい仕様ですね。 ただしカメラ性能だけは少し物足りないので、(とはいっても十分綺麗に撮れますが…)カメラメインでの運用を考えている場合は、次のnova5Tの方があっています。 そこそこの価格でかなり使える高コスパ• DSDV対応• 楽天限定でストレージが128GB• カメラメインの運用には不向き 2位|HUAWEI nova 5T お手頃価格なハイエンドスマホ。 最大4,800万画素の5つのカメラを搭載 HUAWEI nova5T 価格 54,364円 (ポイント還元9,500円) サイズ 約154. 理由は簡単で、3つの中で nova5TだけがDSDVに対応していて、なおかつ4~5万円ほど安くなっています。 nova5Tの魅力は 5つの高性能カメラ。 メインカメラの画素数は4,800万画素でAIが搭載されているので、場面に合わせて最適な設定で撮影ができます。 SNS用にきれいな写真を撮りたい人にはおすすめですね。 ただし おサイフケータイやワイヤレス充電には非対応。 それらの機能を重視するのであれば、Galaxy S10がいいでしょう。 ハイエンドなのに料金控えめ• DSDV対応• 計5つの高性能カメラ• 5000mAhの大容量バッテリー OPPO A5 2020 価格 26,182円 (ポイント還元9,500円) サイズ 約163. 費用対効果で考えるとかなりのコスパの良さです。 防水やおサイフケータイに非対応のため、Reno Aには劣ってしまいますが、カメラを5つ搭載しているのもポイントが高いですね。 さらに特筆すべきは 5,000mAhの大容量バッテリー。 フル充電すると1. 5日使い続けられる上、OTGケーブルがあれば手持ちのルーターやタブレットを充電することができます。 ただしOPPO A5 2020はバッテリー性能がいい分、端末が少し重く、iPhone11と同程度。 コンパクトな端末が欲しいという人は同じOPPO製品でもReno Aにするか、この後紹介するAQUOS sense liteの方があっているかもしれません。 また、電池持ちをよくするためかディスプレイの解像度が若干低くなっています。 画面の綺麗さを重視するならReno Aにしましょう。 安いのに優秀• バッテリー性能がかなりすごい• 画面解像度が低い• AQUOS sense3にはliteとplusがありますが、価格と性能を天秤にかけるとliteに軍配があがったので、こちらを4位にしました。 3位のOPPO A5 2020と同じくバッテリー性能がよく、 1日1時間程度の使用であれば充電なしでも1週間持たせることができます。 さらに、おサイフケータイや防水防塵にも対応し、ディスプレイもSHARP製というだけあって綺麗な IGZOディスプレイを搭載。 DSDVが必要なく、カメラにもこだわりがない場合は、OPPOではなくAQUOS sense3 liteがいいでしょう。 安いのにそこそこ優秀• バッテリー性能がかなりすごい• DSDV非対応• カメラが内外各1つしかなくカメラメインの運用には不向き おまけ|Rakuten Mini(楽天ミニ)はeSIM対応の楽天オリジナル端末 Rakuten Mini 価格 19,819円 (キャンペーンで1円) サイズ 約106. 小さい分電池持ちがよくないので、サブ機としての運用や普段あまりスマホを使わないという人向け。 Rakuten Miniの特徴は、物理的なSIMを持たない eSIM対応端末であること。 そのためSIMを差し込むことなくオンライン上の契約だけで使用が可能になります。 (参考:) iPhoneもXS以降eSIMに対応していますが、iPhoneは物理SIMとeSIM両方使うことができるのに対し、RakutenMiniはeSIMしか使えないので、他社のSIMを試しに入れてみるといった使い方はできない点に注意しましょう。 2020年6月17日まで楽天UNLIMIT同時契約でRakuten Miniが1円になるキャンペーンを実施中。 在庫が無くなり次第終了のため欲しい人は早めに申し込んでおきましょう。 楽天オリジナル端末• eSIMのみで物理SIMを入れられない• iPhoneは使えないの? A. iPhoneは動作保証外。 日本で人気ナンバー1のスマホといえばiPhoneですが、 残念ながら楽天モバイルのアンリミットプランでは対応していません。 楽天モバイル用の無料通話アプリ「楽天Link」もiPhone版はありません。 (参考:) しかしまったく使えないというわけではなく、iPhoneXS以降であれば通信など一部機能を使うことができます。 ただし動作保証外であることには変わりないので、万一不具合があって故障したりしても、自己責任ということはお忘れなく。 楽天回線が使えるスマホは他にないの? A. SIMカードを差し替えて使えるものが他にもあります。 楽天回線の動作保証がされているスマホは上で紹介した11種類以外にもあります。 主に楽天モバイルの格安スマホとして販売されていた端末が対象です。 OPPO Reno 10x Zoom• OPPO AX7• OPPO R17 Pro• OPPO Find X• HUAWEI P30 lite• HUAWEI nova lite 3 Q. DSDVって何? A. SIMを複数枚差せるデュアルSIMスマホのこと。 DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)はひとつのスマホに2枚以上のSIMを入れられる端末のこと。 ほかにもDSDSやDSSSなど2枚のSIMの同時処理できる機能によって種類がありますが、中でも DSDVは挿入した両方のSIMで4G回線を利用することが可能です。 楽天回線はエリア拡大中のため、エリア外ではパートナー回線であるau回線に繋がります。 ただしこのau回線は月5GBまでしか使えないので、契約を楽天回線のみにしてしまうのはちょっと戸惑われますよね。 そのため を使うなら、DSDVのスマホがおすすめ。 DSDVのスマホにしておくと、 今まで使っていたSIMと楽天モバイルのSIMを1台で切り替えながら利用することができるので、わざわざ楽天モバイル用にもう1台スマホを持ち歩く必要がありません。 DSDVについて詳しくはこちらの記事を参考にしてください。 SIMロックはかかっている?SIMフリーのものはある? A. 楽天モバイルのスマホはすべてSIMフリー。 docomo、au、Softbankなどのキャリアで購入したスマホには、そのキャリアでしか通信できないようロックがかけられていますが、楽天モバイルにはそれがありません。 そのため、他キャリアや格安SIMと入れ替えて使うことも可能です。 ただし、楽天モバイルのSIMを、他キャリアで購入したスマホに差す場合は、ロックを解除してもらわなければならないので注意しましょう。 端末だけ買うことはできる? A. 端末のみの購入も可能。 楽天モバイルでは回線契約なしで端末だけ購入することも可能。 その場合は 楽天モバイルのオンラインページではなく、 楽天モバイル楽天市場店から購入しましょう。 ただしポイント還元などの割引は、セット購入の場合のみ適用。 端末のみ購入では、特典の対象外となってしまいます。 楽天モバイルを契約しても1年間は無料で使える上、契約期間に縛りもないので、どうせなら試しに契約してしまってもいいと思います。 通常のSIMとeSIMどちらがおすすめ? A. とりあえずは通常SIMがおすすめ 楽天モバイルは通常の物理的なSIMの他に、端末にあらかじめ組み込まれたチップにSIM情報を読み込むeSIMがある、というのは先ほどRakuten Miniの項目で紹介した通り。 このeSIMはiPhoneなどにも使われているため(iPhoneXS以降)、すでに持っている端末に楽天モバイルのSIMを使いたい場合は、どちらのSIMを契約するか悩ましいところです。 しかし、楽天モバイルはまだまだ対応機種が少なく、 動作保証のある端末でeSIMが使えるのは楽天Miniのみ。 つまり、手持ちのeSIM搭載スマホで契約しても、使用できない可能性が高いのです。 通常SIMであればじゃあ違う端末で試してみるか、とできるところを、eSIMでは物理的なSIMがないため、それもできません。 悩んでいるならとりあえず無難に通常のSIM契約にしておきましょう。 分割支払いはできる? A. 24回払いが可能。 楽天カードは48回も選択できる。 端末購入は一括払いの他に、24回払いが選択できます。 ただし 楽天カードでの支払いにすると、さらに48回払いが可能なほか、分割手数料も無料。 楽天カードでは楽天ポイントも貯めることができるので、持っていない場合は同時に作ってしまうのもいいですね。 楽天モバイルはミドル・エントリーからハイエンドモデルまで種類豊富! 楽天モバイルの新プラン「アンリミット」はまだ対応端末が少なく、確実に使える端末をゲットするには、SIMとセットで購入するのが一番です。 端末購入のポイント還元キャンペーンは4月末まで。 楽天アンリミットを試してみたいという人はキャンペーン中の申込がおすすめです。

次の

楽天アンリミットはいつまで無料?料金プラン「アンリミット」を分かりやすく解説

楽天 モバイル アン リミット

APN名:任意で大丈夫です(極端な話「あ」とかでもOK)• APN:1番重要な情報です。 一字一句間違えないように。 MCC:デフォルトが440になっている端末がほとんど• MNC:デフォルトが11になっている端末がほとんど• APNタイプ〜PDPタイプ:入力しなくても動作する端末もありますが、入力推奨 検証環境 本ページの検証環境は下記の通りです。 非楽天回線エリア• auパートナーエリア内• すべての端末がSIMロック解除済みもしくはSIMフリー• SIM挿入&APN設定を行う以外の作業はしません 中には楽天回線のバンドは掴むけどauのバンドは掴まない、というケースもあるかもしれませんので、必ずしも下記の検証結果になるとは言えませんのでご注意を。 なおSIM挿入&APN設定を行う以外の作業はしません。 小難しい設定をすると使えるようになる、という情報はあちこちに落ちていますが本ページでは行いませんので物足りない方はごめんなさい。 iPhoneに挿れてみる(iPhone6s) まずは楽天SIMをiPhoneに挿れてみようと思ったのですが、手元にはiPhone6sしかなく…。 しょうがなくこれで検証。 一応公式発表では「iPhone X以前のモデルでは動作しない」と発表されています。

次の