ファスティング メニュー。 これが肝心!1日ファスティング後の回復食メニューまとめ

ファスティングの準備食とは?おすすめメニューも紹介!

ファスティング メニュー

sponsored link あなたは、どのような理由で断食をしていますか? わたしは、2ヶ月に1度の断食をするのですが(2-3日程度)体の体調を良くするために行なっています。 朝起きた時から体調の変化に気づき、トイレに行ってもビックリし体も軽くなり、何を食べても美味しい。 体がスッキリし心もスッキリする感じがたまりません。 ダイエット目的でも一緒だと思います。 回復食はポイントを抑えれば、そこまで慎重にならなくて良いと思います。 経験からの判断ですが。 注意点や回復食の一例、回復食で避けたほうが良い食材などをまとめてありますので、ひと通り読んでもらえばポイントが分かると思います。 ぜひ実践してみて下さいね。 その程度の日数になるとかなり緻密に断食や回復食をしないと危険ですので。 こちらは3日程度の断食です。 断食 回復食 注意点 では、まず注意点を見て行きましょう。 断食日数と同じ日数の回復食が必要。 リバウンドに注意。 質素な食事を少量で。 大きく分けるとこんな感じになりますね。 断食は人によって色々な目的があります。 ダイエット目的の方や健康な体質にする目的の方など様々ですが、回復食はどのような方も同じです。 一つづつ見て行きましょう。 週末の休みを利用して、2日や3日の断食をする方も多いと思います。 タイトル通り2日の断食であれば回復食も2日必要です。 食事をしなかった断食より回復食の方が大切とも言われますよね。 空腹が慣れてきている生活から、普段通りの生活に戻すまでには同じ日数が最低必要です。 食事の量は当然ですが、消化の機能を戻し内蔵が以前のように負担できるように。 高カロリーの食事や断食前に食べていた量の食事をしようとすると、空っぽにしていた内蔵にはかなりの負担になります。 初めて離乳食を食べる、赤ちゃんと同じと考えてください。 リバウンドに注意 今では、プチ断食と言ったりファスティングと言ったりし断食の呼び方だけでも沢山あります。 それと同時に断食の目的も人それぞれです。 最近はダイエット目的の方も多いと思いますが、断食後にリバウンドしてしまう方が本当に多い。 わたしの周りにも結構います。 我慢していた分、断食後には沢山食べたいですよね。 断食中は体の中に栄養素を入れることが少なくなるので、回復食の期間は特に今まで以上に吸収してしまいます。 そんな期間に、断食中に夢見た大好物な高カロリーな食事をすると当然リバウンドをしますよね。 今まで10食べて6の吸収だったのに、10食べたら10の吸収になりますので。 血糖値が急激に変動すればするだけ糖質などを体が欲しがるので、食欲を理性で抑えづらくなるそうです。 数日の断食でも固形物などを食べないので、当然胃も小さくなります。 小さくなった胃に合わせて食べる量をコントロールしてください。 質素な食事 数日の断食後に質素な食事と言われると、楽しさが無くなってしまいそうですよね。 ですが、断食をしたことがある人は分かると思いますが、 質素な食事がとても美味しくなります。 おかゆなんて食べた時には、今までの人生の中で一番美味しいおかゆになると思いますよ。 断食中は食事を抜いていた分、内蔵に負担を急にかけられません。 固形物などを体内に入れると消化不良をおこして、必要な栄養素を吸収できなくなります。 そして過度な調味料の刺激物なども内蔵に負担をかけます。 今までの食事に戻すまでには、内蔵の準備体操が必要です。 そしてもう一つ重要なのは、 満腹まで食べないこと。 腹八分目でも内臓からするとかなりの負担になっていますので、もの足りない量で十分です。 回復食を食べてみると分かりますが、最初は少しの量で満腹感があるので体に合わせながら食事の量をとれば問題無いと思いますよ。 sponsored link 断食 回復食 回復食メニュー では、実際に何を食べたほうが良いのか、メニューを見て行きましょう。 3日間の断食をしたメニューになります。 あくまでも一例になるので、流れやポイントを見てくださいね。 1日目 朝• 重湯(おもゆ) おかゆぐらいは最初から食べたいと思いますよね。 まだ早いです。 始めて体に入れるものは重湯がベストと言われます。 重湯はとても消化がよくて水分と糖分を効率よく吸収できますからね。 赤ちゃんの離乳食と同じですが、赤ちゃんの食事が回復食はベストです。 1日目 昼• おかゆ• 具なしの味噌汁 少しレベルが上がりますね。 おかゆに関しては、塩分がほしいようでしたら梅干しを食べてください。 味噌汁に関しては、なるべく薄味にして下さい。 まだ具材は必要ありません。 固形物を消化できるほどの内蔵ではありません。 まだ赤ちゃん。 1日目 夜• おかゆ• 具なし味噌汁 もう少し我慢です。 明日になれば、少しは固形物も食べれるようになりますので。 2日目 朝• おかゆ• 具入り味噌汁や野菜スープ 少しづつ固形物を入れていきます。 具入りと言っても消化が良いものです。 玉ねぎや大根や豆腐などにしましょうね。 回復食は消化を助けるために良く噛むことが基本なのですが、具入りのスープなどに入れる食材を調理段階から細かくしておいた方が良いですね。 2日目 昼• おかゆ• 具入り味噌汁や野菜スープ• 温野菜サラダ そろそろ固形物を慣らしていきます。 蒸した野菜でも、ボイルした野菜でも構いません。 味付けは薄味で少しの塩やポン酢などを利用して、野菜本来の旨味を味わってください。 マヨネーズとかダメですよ。 そして、よく噛んで。 2日目 夜• 具入り味噌汁• ひじきの煮物 少しづつ食事らしくなってきました。 ご飯に関しては、普段の半分程度の量にしておきましょう。 納豆は1パック食べてください。 ひじきの煮物も小鉢程度は食べて下さいね。 美味しいですよ。 3日目 朝• 冷やっこ• 具だくさんの野菜スープ 2日目の夜にレベルが上がったので、ここは無理をせず。 冷やっこは生姜も一緒に食べてください。 ご飯は半分程度にして野菜スープを具だくさんにしてお腹を満たしましょう。 3日目 昼• お蕎麦でもうどんでも• サラダ 揚げ物のトッピングを外せば、好きな具材を入れても問題無いと思います。 この時期になると内蔵も戻りつつあるので、もたれない食事を意識すれば大丈夫ですね。 久しぶりの麺類。 美味いですよー。 3日目 夜• 味噌汁• 野菜炒め• がんもどきと野菜の煮物 最後の回復食は、肉や魚などの動物性たんぱく質と揚げ物などを除いたメニュー構成にすれば問題ありません。 がんもどき程度なら大丈夫ですね。 カツ丼とかはダメです。 明日からの食事は通常の食事に戻りますが、最後の回復食を食べれば全く同じには戻せないのが分かると思います。 まず、量が食べれないですね。 そしてカロリーが高い食事を大量に食べるのも怖いと思います。 明日からは少しづつ様子を見ながらメニューを選んで下さいね。 回復食最終日の3日目の豪華ディナー。 お楽しみください。 sponsored link 断食 回復食 回復食の簡単レシピ では、簡単に作れるレシピをご紹介します。 クックパッドから探してきました。 レシピ1. 重湯やおかゆ 回復食で欠かせない重湯やおかゆ。 細かく言うと七分粥や五分粥などと段階を踏んだほうが良いのですが、こちらのレシピは全て記載があります。 ご参考に。 レシピ2. 野菜スープ 野菜の栄養素をとり消化も助けるスープは回復食で大活躍します。 レシピは玉ねぎと生姜になりますが、具だくさん野菜スープであれば食材を足して下さいね。 レシピ3. 蒸し温野菜 フライパンで簡単に作れる、蒸し方のレシピです。 ご紹介するレシピでは根菜類は不向きと記載してありますが、少しレンジで温めれば大丈夫ですよ。 レシピ4. ひじきの煮物 和食での小鉢で出てくる脇役的なひじきの煮物ですが、回復食で食べると物凄く美味しい。 ぜひ作って下さいね。 レシピ5. がんもどきの煮物 回復食最終日でご紹介したがんもどきの煮物。 煮汁を多く含んだがんも… 涙がでるほど美味しいんですよ。 作り方も簡単なので是非。 レシピ6. 肉なし野菜炒め こちらも回復食最終日の野菜炒めです。 肉を入れないのでヘルシーなんですが、最終日のご褒美にガッツリ食べれる美味しいレシピをご紹介します。 sponsored link 断食 回復食 回復食に向く・向かない食材 では、食材で回復食に向くものや向かないものを見て行きましょう。 ポイントを抑えれば、あなたの冷蔵庫にある食材だけで回復食が簡単に作れると思いますよ。 まずは、おすすめの食材から。 断食の回復食 おすすめ食材 穀物• 重湯・おかゆ・そば・うどん など。 まめ類• 豆腐・納豆・高野豆腐・豆乳・味噌 など。 梅干し・キムチの様に刺激が強くないもの。 根やさい 玉ねぎ・にんじん・かぼちゃ・じゃがいも・大根・生姜 など。 葉やさい 小松菜・ほうれん草・キャベツ・白菜・水菜・ブロッコリー・レタス類 など。 ひじき・わかめ・昆布・のり・めかぶ・もずく など。 発酵食品• ヨーグルト など。 次は、食べてはいけない食材を。 こちらの方が重要ですね。 断食の回復食 不向きな食材 動物性食品・動物性たんぱく質• 肉・魚・たまご・乳製品 など。 高カロリーな油物• 唐揚げや天ぷらなどの揚げ物・バター・マヨネーズ・スナック菓子 など。 焼き小麦粉製品• パン・クッキー・ビスケット・マフィン など。 砂糖やバターを使ったお菓子• ケーキ・パフェ・お饅頭 など。 洋菓子や和菓子全般。 カフェイン入り飲み物• コーヒー・紅茶・緑茶・烏龍茶 など。 どうでしょう。 避けたほうが良い食材は簡単ですよね。 ダイエットするときに控える食べ物や食材と考えれば大丈夫です。 ガッツリ・こってり・あま~い物を控えましょう。 sponsored link まとめ いかがでしたでしょうか。 わたしが断食をした時の回復食や、この記事を書くのに色々調べた事をまとめてみました。 回復食は断食で一番重要と言います。 内蔵を休ませ体内を改善させるのは、おおげさに言えば食べなければ良いこと。 ですが、回復食は言葉通りで回復させるまでの食事ですので、間違えると体調不良やリバウンドを起こしてしまいます。 質素な食事から少しづつですね。 初めて断食をして回復食をするとビックリしますよ。 味覚がよくなり質素な食事がとても美味しく感じますから。 それと同時に普段の食事がどれだけ体に悪いのかも気付きます。 最後の豪華回復食ディナーまで頑張って下さいね。 きっと『断食して良かった』と分かる日が訪れますから。 回復食から普段の食事の見直しを。 その他、参考サイト• ありがとう。 aki.

次の

ファスティング準備食と回復食のオススメの献立レシピ集!お家で気軽に作れる。

ファスティング メニュー

ダイエットしたいけど、「ファスティングは本当にダイエットに効果がある?」と疑問に思っていませんか? ファスティングには、脂肪燃焼以外にもあらゆる効果があります! 美意識の高い女性の中にも、ファスティングを取り入れているがいらっしゃいますよね。 実はファスティングは、脂肪燃焼にも効果的ですが、他にも美容に良い効果がたくさんあるんです! ファスティングの効果を理解しておけば、ファスティングにより美しさを自分でコントロールすることができ、いつまでも美しく健康的な生活を送れますよ! 今回はまず、「ファスティングとは何か?」について簡単に解説し、次にいつまでも美しくいたい女性必見の「ファスティングの11の効果」をお伝えします! 体本来の機能を取り戻すことで、健康な体だけでなく美しさを引き出すことができます。 現代人は有害物質がたまりがちです。 普段何気なく食べている食品の中には、食品添加物や残留農薬、有害ミネラルなど体に害のあるものが入っています。 私たちの体は優秀なので、それらを解毒する機能が備わっています。 肝臓や腎臓などの解毒機能は、体に害のあるものが入ってきたとしても、それを解毒して無害なものとして排出させます。 しかし昔と違い、現代は有害物質に晒されることが多くなりました。 そのため解毒機能だけでなく、体のあらゆる機能が疲弊してしまいます。 体の機能が正常でないと、活性酸素を多く出してしまい、細胞を傷つけ老化を促進させてしまいます。 そして体に溜まり続けた有害物質は、体調不良や慢性的な疲労、生活習慣病の原因になりかねません。 ファスティングをすると、固形物を摂取しなくなるので、消化活動が休息します。 内臓を休ませることになるので、解毒機能が十分に働くことができます。 ファスティングにより解毒機能が正常に働き、溜まっていた有害物質が排出されます。 そうすると、体のあらゆる機能が正常化していくのです。 体の機能が正常化し健康になることで、自然と本来の美しさが戻ってきます。 健康の土台があれば、そこから本来の美しさは溢れ出します。 美しさは健康体からのプレゼントなのです。 ファスティングの11の効果 毎日休みなく働き続けていた内臓をファスティングによって休ませることで、細胞や組織の修復にエネルギーを注ぐことができます。 では、具体的にどのような効果があるのかご紹介します! 脂肪燃焼 体は主に食事によって摂取した糖質をエネルギー源として使用しています。 ファスティングを行うと糖質を制限するため、脂肪を分解してエネルギー源とします。 そのためファスティングでは脂肪燃焼が促進されます。 デトックス 農薬などの有害物質は油に溶ける脂溶性のものが多いため、有害物質は体の脂肪に溜まりやすいです。 ファスティングで脂肪分解が促進されると、脂肪に溜まっている有害物質も排出されます。 そのためファスティングではデトックスも促進されます。 腸の洗浄 特に便秘の方は溜まっている便である宿便が出やすくなります。 ファスティングでは宿便を取り除き、腸をキレイにします。 滞留していた便がなくなるので、腸での栄養素の吸収もアップし体の隅々まで栄養がいきわたるようになります。 免疫力回復 私たちの体には、生まれつき備わった様々な免疫の働きがあります。 体へ侵入した細菌、ウイルスなどを発見し、攻撃、排除し体を守ることが免疫機能の役割です。 そんな免疫細胞が最も多くいる場所は腸です。 腸は皮膚などと同じように、直接有害物質にさらされる場所です。 免疫細胞の7割は腸に存在していると言われているので、腸内がキレイになることで免疫力も高まります。 味覚の正常化 食べ物が美味しく感じられるようになります。 ファスティング中は舌が白くなるのが特徴です。 これは舌苔と言います。 ファスティングでは舌からもデトックスされます。 一般的には食べかすや粘膜の細胞が剥がれ落ちたものが原因で舌が白くなります。 ファスティング中は舌からも老廃物がデトックスされるため、いつもより舌が白くなります。 肺の浄化 肺がキレイになり呼吸が楽になる、肺の浄化が行われます。 血液浄化 ファスティングによりコレステロール値が下がりますので、血液がサラサラになり血液の浄化が行われます。 肝臓の浄化 日々の解毒処理に疲れた肝臓を休ませ、解毒機能が回復し肝臓の浄化も行われます。 思考能力向上 脳の毒素を浄化し、思考がスッキリしますので思考能力の向上も期待できます。 活力の回復 活力も回復し定期的にファスティングをすることで毎日パワーに満ち溢れてきます。 美肌 ファスティングで得られる女性に嬉しい効果としては何と言っても美肌効果です。 老廃物や腸の悪玉菌の減少で、体の炎症が静まり肌がキレイになります。 体の中の有害物質は血管を通して全身へ巡りますので、それが肌に届き肌トラブルの原因になります。 肌は内臓を映し出す鏡と言われています。 不規則な生活や食べるものにより、内臓の状態が悪ければ肌にも悪影響が出てきます。 そして、肌は外的刺激に常にさらされておりとても敏感な場所です。 有害物質が肌に届くと肌トラブルとして出現しやすいです。 ファスティングにより内臓の状態がリセットされますので、肌も透明感が出てきてキレイになります。 なぜなら、ファスティングに頼った体重管理では、体調を崩してしまう可能性があるからです。 「今は太っているけど、来週からファスティングするから食べ過ぎてもいっか」とか 「ファスティングで簡単に痩せて、また好きなものたくさん食べよう」などの考えでは、 いつまでたっても痩せ体質を作ることはできず、一生ダイエットの悩みから抜け出せなくなります。 確かにファスティングでは、脂肪が燃焼されます。 ですが結局は、普段の食生活や生活習慣を見直さなければ痩せることはできないのです。 なのでファスティングで痩せることは、「オマケ」の効果くらいに思ってください。 ファスティングでは腸内環境を整える効果がありますので、その後の食生活次第で痩せやすくなります。 ダイエットの前の痩せ体質作りのために、ファスティングを活用してもいいと思います。 決してファスティングで一気に痩せよう!などの考えで始めないようにしてくださいね! まとめ ファスティングには、美と健康を保つためのあらゆる効果があることをお伝えしました。 ファスティングの11の効果とは、.

次の

ファスティングの準備食とは?おすすめメニューも紹介!

ファスティング メニュー

<目次>• 3日間以上のファスティングを始めるにあたって、必ず知っておかなければいけないことがあります。 それは、ファスティングには「準備期」、「ファスティング期」、「復食期(回復期)」と3つのステップがあるということです。 ファスティング中は栄養の詰まった発酵ドリンクを飲みながら行う方法が一般的ですが、とはいえ、普段よりはかなり摂取カロリーが少なくなります。 日頃から食が乱れている方ほど、この準備期をしっかり行わなくては、ファスティング期をスムーズに過ごすことができない可能性があります。 また、ファスティング後の復食期も同様。 突然いつも通りの食事に戻してしまうことで、今まで休んでいた胃腸が急に動き出すわけですから不調の原因となってしまうこともあるのです。 気軽に行う場合は半日や1日のファスティングをされるとよいでしょう。 3日間以上のファスティングをされる前にまずはスケジュールの確保をしましょう。 ファスティング準備に必要な日数は? ファスティングを行う前に必要な準備期。 これは、基本的にファスティングを行う日数以上だと考えて下さい。 3日間のファスティングを行う場合は、準備期間も3日間、または3日間以上。 5日間のファスティングを行う場合は、準備期間は5日間、または5日間以上必要という訳です。 日頃から外食が多かったり、食生活が乱れがちな方は、少し長めに準備期間をとるとよいでしょう。 また準備期をしっかり行ってからファスティングを実践したとしてもその時の体調によっては、スムーズにいかないこともあります。 少しでも辛く感じることがあれば、すぐに中断することをお勧め致します。 また、3日間以上の長期に渡るファスティングは、専門家のもとでしっかり学んでから行う方がより安全に実施ができるでしょう。 ファスティング準備期間の過ごし方 スポーツ前の、準備運動のようなもの。 準備期間の過ごし方は何も難しいことはありません。 これからファスティング期に入るにあたって、まずは胃腸を整えておくために、規則正しい健康的な生活をする期間なのです。 いわば、スポーツでいうと準備運動のようなもの。 ここを適当にすませてしまうことで、ファスティング期に不調、不快な状況を招いてしまうことにもなりかねません。 純和食を基本に、食べ過ぎない生活を心掛けましょう。 純和食をベースに食べ過ぎず、腹7~8分目を心掛けて• ゆっくりよく噛んでお食事しましょう• 間食やアルコールは控えましょう• 出来る限り20時までには夕食を終えるようにしましょう 準備期は上記のことに意識をし、ファスティングをスタートする前日は特に、早めに夕食をすませ、就寝しましょう。 和食生活の基本は「孫は優しい、超元気! 毎日意識したい、細胞が喜ぶ健康食。 純和食といっても、一体どのようなことに意識すれば、より体に優しい生活になるのでしょうか。 実は準備期の食事で意識して頂きたいことは、毎日の理想の食事でもあるのです。 毎日、理想の食事や規則正しい生活ができていると、準備期もなく突然ファスティングを行っても負担はかからないでしょう。 そこで、日々、小さなことに意識ができるようになるために、是非、次の語呂合わせを覚えてください。 「マゴハヤサシイ チョウゲンキ」• マ:豆類 (大豆、黒豆、小豆、味噌、豆腐など)• ゴ:ゴマ、ナッツなどの種子類 (ゴマ、くるみ、亜麻仁など)• ハ:発酵食品 (味噌、醤油、甘酒、ぬか漬け、キムチなど)• ヤ:野菜&果物類 (種類は偏りなくカラフルに)• サ:白湯 (体温以上の飲み物を)• シ:嗜好品 (時には心の栄養も。 我慢しすぎないように)• イ:EPA・DHA (青背の魚、亜麻仁油、しそ油などオメガ3系脂肪酸)• チョウ:調味料 (味噌、醤油、塩など、毎日使うものにはこだわって)• ゲン:玄米 (または分づき米。 パンより米を)• キ:きのこ類 (しいたけ、しめじ、エリンギ、なめこなど) 日本人の基本の主食はお米です。 玄米ではなくても、できるだけ、主食には米を食べるようにしましょう。 そうすると必然的に合うおかずは和食ベースになります。 パンなどのカタカナ主食にすることで、全体的なバランスが洋食になりがち。 全部は実践できなくても、ストレスなくできることから始めていきましょう。 時には心の栄養も必要です。 「嗜好品」もできれば質にこだわりたいところですが、決してストイックになりすぎず、そして、頂けることに感謝の気持ちを忘れず、食を楽しむことが大切です。 【関連記事】•

次の