眉ティント 危険性。 【眉ティントって?】危険性の有無は?オススメのやり方も解説!

眉ティントの危険性

眉ティント 危険性

2016年10月6日、韓国消費者院が行った品質のサンプリング検査報告によると、韓国で流通している化粧用品の顔料で基準値を超えるものが多数見つかった。 中国中央テレビ(CCTV)が伝えた。 問題となっているのは 眉毛やアイラインのタトゥーの際に使われる顔料。 一般的に真皮に色が入れられ、半永久的に皮膚に顔料が残るため安全性は非常に重要。 報告では、市場に流通している25商品の顔料のうち、12商品が重金属含有量の基準値を超えていた。 中には基準値の30倍のものもあり、さらに 発がん性リスクが高いカドミウムやヒ素が基準値の5倍を超える商品も見つかった。 また、商品名・成分・生産日などの表記が不適切な商品も多かった。 韓国の美容は中国人にも人気で、美容目的で韓国を訪れる中国人も少なくない。 だが、韓国では関連商品の無許可製造や販売が横行しており、先般には無許可でタトゥー用の麻酔薬を販売していた会社が取り締まりを受けた。 韓国では眉やアイラインにタトゥーを入れたことで炎症や視力障碍といったトラブルが起きており、2016年上半期で12件報告されている。 こうした施術は韓国で美容医療とみなされ医療機関での提供に限られているが、消費者はタトゥーとはいえメイクの印象が強いために美容施設に行くケースが多く業界内で混乱が生じている。 こうした現状が悪徳業者に付け入るスキを与えていると報道では警鐘を鳴らした。 色素沈着や皮膚の炎症は、 顔に傷として残ってしまう可能性が非常に高いです。 安全な方法で自然な眉毛を作りたいなら、以下の商品がおすすめです。 1回描けば7日間眉が消えない「」• 自眉のようなリアルな眉毛を作れる「」 これらの商品を使えば、描くより自然なナチュラル眉毛になり 顔の印象が変わりますよ。 でも、剃ってしまった眉毛は自然と生えてくるまで待つしかありません。 通常、眉毛は2~3ヶ月ほどで元の長さに戻ります。 「ちょっと時間がかかりすぎだなぁ・・・。 」と思われた方は、 眉毛専用の美容液を使ってみるのも良いでしょう。 眉毛専用の美容液とは、 眉毛の成長に良いとされている成分がたっ~ぷり配合されている美容液のことです。 天然由来の成分で配合されているので、眉毛が生えている皮膚の薄い部分でも 安心して使うことができます。 当サイトおすすめの眉毛美容液は、以下の記事にまとめてあります。 お読みいただくと参考になると思いますよ。 詳細はこちら: 日本で売られている眉ティントだからといって安全ではない 「日本で売られている眉ティントなら安心でしょ?」と、あなたは思っていませんか? しかし、日本で売られているからといって安心はできません。 近年では、DAISO ダイソー で売られていたマニキュアや白髪染めに 発がん性物質 ホルムアルデヒド が含まれていた事件がありましたね。 参考: 参考: DAISOの事件を見てわかるとおり、日本で売られている製品でも安心できる保証はありません。 特に、眉ティントは 韓国から輸入されたアイテムです。 韓国産の眉ティントが、日本でたくさん売られています。 一応、日本で発売されている眉ティントは 「日本の安全基準」に合格していると思います。 お店で販売されている眉ティントは、身体への危険性は低いと思います。 しかし、 「フリマアプリ」や「ネット通販」などで眉ティントを購入するのは危険です。 韓国から直接輸入して、検査を受けずにネットで販売している可能性があるからです。 また、日本の安全基準に合格していても、眉ティントは 国外から輸入されてきた製品です。 国外で安く作られて販売されている DAISOのマニキュアと同じように、 発がん性物質 ホルムアルデヒド が含まれているかもしれません。 ちょっとだけ、考えてみてください。 細眉がブームだったときに、抜いてしまった眉毛。 今、あなたは後悔していませんか? ナチュラル眉毛がブームだからといって、眉ティントを使ってしまうと・・・。 でもやっぱり気になるのは、マユライズって本当に効果があるかですよね。 マユライズは眉毛の成長に必要な栄養を眉毛の根元にいきわたらすための血行促進成分 「オタネニンジンエキス」や、眉毛にハリやコシを与える美容成分 「ビワ葉エキス」が配合されています。 さらに眉毛をイキイキさせる成分として 「加水分解卵殻膜」が配合されているんです! 加水分解卵殻膜とは、たまごの内側に存在する薄膜を分解したものです。 育毛剤にも含まれているアミノ酸成分が配合されていたり、 ヒアルロン酸やコラーゲンを作製する細胞の生産をサポートしてくれます。 色々な眉毛の形に憧れるのはわかりますが、 やっぱり自然な眉毛が一番ですよ。 『自然な眉毛でしたら、どんな眉毛の形でも対応できます。 』 最後にあなたへ向けて メッセージをお送りします。

次の

【美眉】失敗しない眉ティントの正しい使い方と選び方/危険性の有無

眉ティント 危険性

記事の内容• メイクが成功する眉の考え方• 眉ティントとは?• 眉ティントが危険な2つの理由 メイクが成功する眉の考え方 眉に対する考え方ですが、 眉は目元を輝かすために存在していると考えましょう。 なので、眉が主役になることは基本的にありません。 もちろん眉を前面に出す(メイクポイントにする)メイクもあります。 とはいえ、 日頃のメイクでは眉が主役になることを避けた方がメイクは上手くいきます。 眉は、 助演女優のようなものと考えましょう。 眉ティントとは? 「眉ティントって何?」という方もいると思います。 眉ティントとは、簡単に言うと 眉毛に染料をつけることです。 ティントとは 染料という意味ですね。 眉ティントを眉毛に塗ったら、少し時間を置いてはがすだけで自然な眉色を長時間キープしてくれるものです。 汗や水に強いので、 クレンジングや洗顔をしても落ちないのが特徴です。 さらに、アートメイクとは違うので 何日か経てば落ちます。 眉ティントの特徴は ・形を変えたいときに変える事が出来る ・色を変える事ができる ・すっぴんになっても落ちない ・メイク時間を短縮できる ということです。 なので、若い世代を中心にすごく人気があります。 使い方も簡単で、眉にティントを塗って時間をしっかり置いて剥がすだけです。 そんな大人気の眉ティントですが、メイクに長年携わってきたぼくの個人的な意見では 反対です。 眉ティントが危険な理由 眉ティントに反対な理由は、 主に2つあります。 それぞれ解説していきます。 大手化粧品メーカーは眉ティントを出していない 眉ティントが危険だと思う1番の理由は 「危険性」です。 「色素沈着をしない」とうたっていますが、ぼくは疑っています(笑) では、なぜぼくが疑っているのかと言いますと、眉ティントというアイテムは、 日本の大手化粧品メーカーは一切出していません。 もし、本当に安全安心であれば、誰もが知っている日本の一流メーカーも生産し販売すると思います。 実は、眉ティントはまだ 本当に確実な安全性の確認がとれていません。 たとえば、日本の大手化粧品メーカーと言いますと 資生堂があります。 では、なぜ資生堂がずっと化粧品業界のトップなのでしょうか? それは、 世界で1番安心安全なものを販売し続けているからです。 大手化粧品メーカーは、1つのアイテムを販売するのに数えきれないぐらいの 安全性のテストをします。 少しでも 本当にわすがなものでも 不具合があれば、販売する前に 生産は中止になります。 絶対に世に出ることはありません。 たまたま業界トップの資生堂の名前を出しましたが、おそらく誰もが知っている日本の化粧品メーカーのほとんどは同じぐらい安心で安全です。 それぐらい日本の化粧品の商品力は 素晴らしいクオリティなのです。 なぜなら、 日本の女性は化粧品を見る目が鋭いからです。 なので、ドラッグストアで売っている化粧品でもそこそこ クオリティが高いのです。 そうしないと売れないからです。 話を戻しますが、そんな一流メーカーは「眉ティント」を販売していません。 現時点では 「販売していないことが全て」だと思っています。 もちろん、今後安全性が確認される可能性は十分にあります。 眉ティントだと平面に見える さらに、反対の理由はもう1つあります。 まずは、ぼくの 眉のお手入れの考え方からお伝えします。 ぼくの眉メイクの基本は、 足りないところだけを足していくという考え方です。 必要な部分に必要なだけという意味です。 なので、まずは 「眉を思いっきり生やしてみてください」(笑) メイクイベントなどに出演させていただいて、お客様のメイクのお悩みを聞くと、ほとんどの方が 眉にお悩みがあると言われます。 そんな時、眉のアドバイスをする時に感じるのが、 眉のお手入れをしすぎている人がほとんどです。 おそらく 9割近くの方は眉をいじりすぎていると感じます。 眉が 短すぎるや 剃りすぎている、 抜きすぎていると感じる方がほとんどですね。 たとえば、眉のお悩みを聞いた時に、「せっかく描いたのに夕方には眉毛がなくなってるんです。 何かいい方法ありますか?」って聞かれる事があります。 このお悩みは、 もともとの自眉がないからです。 「眉を描くのが難しいです」と言われます。 このお悩みも 自眉がないからです。 「すっぴんとのを違いが出すぎるんです」「眉を描くのにすごく時間がかかるんです」 これらも全て 自眉がないからです。 全て自眉がないからです。 (笑) ここで、眉のお手入れの仕方を簡単にお伝えしますが、ほとんどの方が間違っているの、 眉を描いていない状態でお手入れをしています。 これが 間違いです。 眉は、 自分の理想の眉を描いてから要らない部分だけをお手入れすることがうまくいくコツです。 眉を描いていない状態でお手入れするのは、おすすめできません。 なぜなら、 お手入れしすぎてしまう恐れがあるからです。 なので、理想の眉を描いてからお手入れしましょう。 【もっと詳しい眉のお手入れ方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください】 それと、眉ティントだとどうしても 平面に見えてしまいます。 お顔は 球体、さらに 曲線なので、 眉も立体感がある方が魅力的に見えます。 たとえば30代なら 綾瀬はるかさんや 石原さとみさん、40代~50代なら 小泉今日子さんを思い出してみてください。 みなさん眉がしっかりあって 毛流れがありますよね? それが、現在の流行の 抜け感ということなります。 これは 自眉がないと出しにくいのです。 なので、まずは眉をしっかり生やしましょう。 眉ティントは、今はまだ危険だと思っています。 今までのことをもう少し簡単にお伝えすると、そもそも「眉ティントの製品が危険だ」という前に、「 眉ティントをしないといけない眉はダメです」ということです。 これは、特に年齢を重ねておられる方は意識をしましょう。 今回のまとめ 眉ティントは便利かもしれません。 しかし、ぼくの個人的な意見では反対です。 1つめの理由としては、 大手化粧品メーカーが出していないからです。 明確な安全性は確認されていません。 さらに2つめの理由として、眉ティントは 眉が平面に見えるからです。 流行の抜け感を出すには 自眉が必要です。 ぼくの眉メイクの考え方は、 眉は目元を輝かすための立役者という考え方です。 眉にお悩みの方は多いですが、そのほとんどの方が いじりすぎです。 理想の眉を描いてからお手入れをしましょう。 まずは 思いっきり眉をはやすことです。 思いっきりはやした 自眉を生かす眉メイクを心がけましょう。 その方が時短にもなるしメイクも早く済みます。 自眉が少ない方は、1度お手入れをせずに伸ばせるだけ伸ばしてみましょう。 せひ参考にしてください。 【今回の記事を動画でご覧になりたい方はこちらからどうぞ】.

次の

まだ危険な眉ティント使ってるの?眉ティント無しでナチュラルな美眉になる方法

眉ティント 危険性

Contents• 眉ティントとは 眉ティントは韓国発の便利なコスメ。 眉に塗ってはがすだけでナチュラルな眉毛がつくれます。 さらにその眉毛は 何日もキープできるという便利さ。 キープできている間は、朝のメイク時に眉を描く手間が省けるので時間の短縮にもなります。 もちろんスッピン時も眉が残っていれば、顔の印象もあまり変わらずにいられますね。 そんな便利さから注目されている眉ティントですが、ちょっと気になる点もあります。 「肌に色を染み込ませるわけでしょ?危険性はないの?」というところですね。 肌トラブルや 色素沈着があっては困りものです。 どういった仕組みなのか知ったうえで使用していきましょう。 仕組みと危険性 眉ティントの危険性について、正直なところは「まだわからない」といえます。 眉ティントは販売されてからの期間も短く、長期間使用することでどんな影響がでるのかを今の段階で断言することはできないからです。 ただ 現在では、何か問題が起こったという声は上がっていません。 色素はセルフタンニング 眉ティントは セルフタンニングによって色をつけます。 セルフタンニングとはとても面白いもので、 日に焼けていないのにまるで日に焼けたように肌が小麦色になります。 肌を小麦色にするには肌表面を紫外線にあてなくてはいけないわけですが、紫外線による肌へのダメージは相当なもの。 そこでセルフタンニングが大活躍。 肌を小麦色にしたいダンサーさん達の間ではマストアイテムとなっていました。 (セルフタンニングローション、通称 セルタンとも呼ばれています) そんなセルタンの有効成分は ジヒドロキシアセトン。 サトウキビやサトウダイコンから採取できる 天然成分で、甘い香りがするのが特徴です。 メラニンによって肌が黒くなるのとは違い、 角質層のみに色がつき、ターンオーバーによって3~7日ほどで色素がなくなります。 こういった仕組みをもつセルタンを利用して、眉ティントは色をつけるわけです。 「数日間美眉がキープできる」というわけですね。 セルタンは有効成分が天然成分なので危険性も少ないといえ、現在のところはトラブルの報告もありません。 肌がターンオーバーをしていれば色素はやがて落ちるということになるので、色素沈着の恐れもないとされています。 製品の選び方 眉ティントは韓国発ということで、韓国製の製品が多く販売されています。 韓国コスメの中には、ホルムアルデヒドといった危険な化学物質が発見された例もあります。 すべての製品が危険だというわけではありませんが、個人的な意見として 無名ブランドの「 安すぎるコスメ」は危険かなと…。 最近では日本製の眉ティントも販売されているので、日本製のほうがやはり安心感があるような気がします。

次の