グラブル キャバルリー lb。 【グラブル】ミオラル&ザーリリャオーの評価

【グラブル】土有利古戦場EX+2100万編成 ティタ&マグナ検証

グラブル キャバルリー lb

アビポチや鰹召喚の手間がないので非常に効率が良く楽に周回することが可能になります。 ハウンドドッグを使った タイムオンターゲット編成より装備の敷居も低いです。 さすがに武器編成が適当だとVHのワンパンすら普通に失敗します。 計算機とトライアルで調べる 土属性編(リミ武器・終末5凸無し) 武器編成 両面属性編成は通常・方陣・EXの3種類をバランス良く入れるのが基本になります。 また普段はほぼ使う機会がないゼノウォフ琴も編成に入ってくることがあります(ウォフ剣が2本ある場合は琴より剣を2本入れたほうがいいです) VHワンパン編成 奥義に属性バフがあるので2番手はサラーサではなくオクトーを配置するのがベスト。 終末武器やアストラルウェポンはなくても大丈夫なので、VHワンパンの敷居は高くありません。 EXワンパン編成 主人公はサポアビに渾身がある 銃装備キャバルリー。 メイン武器はバアル武器のマイムールヴィジョンあたりが最適。 奥義バフを撒けるオクトーを2番手に置いて、3・4番手に奥義後に追撃があるジークフリートとダーントを入れればEXもワンパン可能です(装備のハードルはそれなりに高い)。 W攻刃のプロメテ杖やガンダ拳は両面黄龍編成においては非常に優秀な武器。 非ATEXワンパン編成 かなりハードルは高いが、終末5凸・アストラル5凸に加えてキャラと武器にプラスを全振りしたら非ATでもEXを両面黄龍のワンパンで倒せるようになりました(稀に下振れで足りない時あり)。 主人公のジョブは キャバルリー一択。 銃装備時のサポアビの渾身効果がかなり強力です(下記SS) 石はとにかく高ステのガチャ石を並べます。 無凸ミカエルを入れると逆にダメージが落ちました。 炉無しなので(船は火船)団サポありなら確殺できると思います(炉無しでもランヴェがいればおそらく可能)。 敵が1体の場合(終末・アストラル・課金要素無し) 「The End of THE DOSS」のVHボスは少しHPが高め(約650万)ですが、終末・アストラル・課金キャラ・武器無しでも両面黄龍3チェでワンパン可能です。 ジークフリート等の奥義が強いキャラがいれば装備のハードルはさらに下がります。 敵が2体の場合(インドイベ時) この時は4凸プロメテ杖がまだできていなかったので5凸コロ杖を2本入れています。 敵が2体になってる時は少し面倒。 まず2番手(エッセル)と3番手(ツバサ)の奥義で上の敵を倒して、4番手(ルリア)の奥義で防デバフを入れて最後チェンバでトドメを刺す形。 ルリア3番手だと奥義のデバフが無駄になるので、ルリアは4番手に配置するのがお勧め。 終末orオメガ武器の第二スキルをCB上限にすると、チェインバーストのダメージが200万を超えるので仕留め切れるようになります。 メインにゼノ刀を装備させておくとミリ残しの時にカウンターでトドメを刺せたりします(敵の特殊が多段の場合は100%発動するわけではない)。 水属性 VHワンパン編成 通常攻刃枠:シグルズの弓・バハ武器等 方陣攻刃枠:リヴァ短剣・エウロペ琴・終末武器(CB上限)等 EX攻刃枠: ゼノコキュ琴・ゼノコキュ杖・クラリオン・バイデント等 天司枠:美と慈愛の杖 VHは終末無しエウロペ琴無しの4凸リヴァ短剣編成でも余裕でワンパンできました。 天司石(ガブリエル)は無し。 ゼノコキュ琴はメインに持つと特殊に反応して追加ダメージを与えてくれるので、持っているなら最優先で装備することをお勧めします。 非ATEXワンパン編成 水でも非ATEXワンパンできたので編成を載せておきます。 3番手はサポアビに渾身がある水着イシュミールを入れて、4番手は奥義後に無属性99万の追加ダメージが発生するヨダルラーハを入れています。 3人の奥義ダメージだけでは数%残ってしまうので、特殊技に反応して追加ダメージを与えるゼノ琴も必須級。 全員LBに奥義ダメージUPがついていても下振れするとかなりぎりぎりなので、同じキャラ・装備でもLB次第では届かないかもしれません。 加護が乗らないのでここでもミトロンの弓は出番無し。 VHワンパン編成 メイン黄龍槍のおかげで終末武器無しでもかなりオーバーキルしています。 ロボミがいなくてもソーン・ルリア・フュンフの無課金キャラ編成でも余裕で倒せます。 非ATEXワンパン編成 月末イベントの周回は基本的に非AT時にVHをワンパン周回してトリガーを集めてATにEXをワンパンするという形が一番効率がいいですが、黄龍槍やロボミで奥義火力の高い光属性に関しては非ATでも装備とキャラが揃っていればEXをワンパン周回することが可能です。 非ATEXワンパンに関しては確定クリを撒ける2番手最終ソーンと400万超えの奥義ダメを叩き出す ロボミは必須級。 終末5凸があればマグナでも非ATEXワンパンは十分可能です。 主人公のジョブは被ダメカウンターがある キャバルリーが理想。 サラは奥義ゲージが貯まりにくいので3チェインを繋げるために 必ず4番手に配置するようにしてください。 ただし現在復刻開催中のイベントボス「ベリアル」は普段のEXよりHPが少し高めなので、マグナだと武器のプラスもしっかり振らないと安定させるのは厳しい感じでした。 ゼウス装備(非有利相手可) 光には黄龍槍やロボミという奥義編成におけるオーパーツともいえる存在があるので装備が揃っていれば有利相手だけでなく非有利相手であっても両面黄龍ワンンパンが可能。 従来よりHPが高いボス(780万)であってもワンパンで倒せます。 ただし装備のハードルはかなり高め。 リミ武器や終末5凸どころかマグナ2武器無しでも余裕で達成できます。 VHワンパン編成 古戦場の2100万ワンパンなどと同様シエテは必ず2番手に配置。 武器だけでなくキャラやサブ石も含めた完全無課金編成でVHワンパンいけました。 この装備で船炉に武器のプラス無しだと稀にミリ残しすることがあるので、風船に変えたり武器にプラスを振れば確殺できるようになります(終末5凸やエタラヴがあればそこまでする必要は無し) ヴィントホーゼ無しでも無問題 ヴィントホーゼ無しでも行けるのかと不安に思われる方もいるかもしれませんが、この編成でもVHワンパンできたのでVH周回に関してはヴィントホーゼはなくても大丈夫です。 闇属性編(リミ武器無し) VHワンパン編成 通常攻刃枠:バハ武器・オメガ武器・麒麟弓等 方陣攻刃枠:アビススパイン(アバター杖)・終末武器等 EX攻刃枠:アストラルウェポン・ゼノディア刀・ゼノディア槍・麒麟剣等 天司枠:闇の子の歯牙 バザラガは被ダメに反応して奥義並みの追加ダメージを与えてくれるので、両面黄龍編成において非常に強力なキャラです。 エクストラクエスト高速周回 コラボや復刻イベントのエクストラクエスト(EXTREME)周回でも両面黄龍は使えます。 月末イベントのVHと違って2戦あるので開幕から奥義を撃つことはできませんが、主人公のジョブを 黒猫道士等の全体攻撃ができるジョブにして1戦目の敵を1ターンで倒すと、2ターン目の敵にフルチェが撃てるのでサクサク周回できます。 光属性編(リミ・終末武器無し) コラボイベに比べると1戦目の敵のHPが高めに設定されているので、装備が揃っていないと下のサメを撃ち漏らす可能性があります。 EX1戦目のHP 上のサメ:約40万 下のサメ:約54万 統べ称号が必要になりますが、4番手に十天衆を配置しておくと上の敵を倒すのにてこずった時も単奥義で下のサメを確殺することができます。 装備が揃っているなら通常全体攻撃のソーンを2番手に置く形で特に問題ありません。 ただしその場合は奥義を撃たないように統べ称号(十天光輝の楯)は外しておく必要があります。 リミ武器や終末武器などがなくても並べ方を工夫すれば余裕で討伐可能。 上のSSみたいな適当な編成でもいけるので装備のハードルはそれほど高くありません。 【THE MAYDAYSEX周回動画】 スポンサーリンク ダメージが微妙に届かない場合 リミットボーナス(奥義ダメージ)を振る 装備やキャラを最適化しても微妙にダメージが届かないことがあります。 武器のプラスを振る 武器のプラスを振ることでダメージが伸びます。 一例: 上のリンクは水の2000万チャレンジですが、武器のプラスを振ることでポチ数を1つ減らすことに成功しています。 プラスを移すのは少しめんどくさいですが一考の余地はあると思います。

次の

【グラブル】火古戦場「エッリル」95HELLフルオート攻略

グラブル キャバルリー lb

聖なる御心を胸に抱き、いつ如何なる時も清廉を忘れず、高潔であれ。 【初心者向け評価】 補助をあまり必要としない、自己完結型のアタッカー。 被弾しない限り増え続ける聖騎士Lvを最大の5に保つことで、奥義に追撃付与効果が乗るので、これを目標にしたい。 聖騎士Lvさえあればズバ抜けた火力と連撃率を誇るため、暗闇や魅了をかけるとよい。 あとは圧倒的な火力で活躍してくれることだろう。 命中率ダウンは敵の特殊技をもMISSにすることがあるので、全体攻撃に対しては狙ってみよう。 一見してありがたみの分かりづらいアビリティ構成をしているが、その真価はサポアビにある。 サポアビの聖騎士Lvを最大の5に維持するためのアビリティ構成であり、それに成功すれば、他属性と比べても最高峰のアタッカーとなるだろう。 具体的には、(SSR天司武器・スターSSR装備)聖騎士Lv5奥義を一度撃ってしまえば、通常攻撃一発で90万ダメージを超えることはザラというほど。 聖騎士Lvは自動上昇なので、奥義加速がかかっていれば、この火力には数ターンで到達できる。 ここにオメガ通常攻撃上限をつけたり上限突破バフを載せれば、さらに上を目指すことも可能になるだろう。 ただしその性質上、通常攻撃が全体攻撃の敵であったり、極端な多段攻撃持ちに対してはやや弱い。 また聖騎士Lv1でもかなりの火力を誇るとは言え、真価を発揮できるのはLv5奥義を撃った後なので、極端な短期決戦では戦果を出しにくい。 アタッカーとしては最高峰なので、起用タイミングを誤らないようにしたい。 【おすすめリミットボーナス】• 使用間隔:9 8 ターン。 【ソード・オブ・リュミエール】 ターゲットに関わらず10回光属性ダメージ。 であります!」 LBクラスアップ時 「リュミエール聖騎士団に、栄光あれ!」 LB強化時 「ちょっと背が伸びた気がするであります!」 「当然であります!」 「」 図鑑台詞 「誉れ高き栄光の騎士団、リュミエール聖騎士団の現団長、シャルロッテ・フェニヤであります!」 「バウタオーダ殿ほどの威厳が、自分にもあれば…」 「爺やは自分を、子供のように扱うので、みなの前ではあまり顔を合わせたくないであります」 誕生日限定 1(ネタバレのため反転) 「」 誕生日限定 2(ネタバレのため反転) 「」 攻撃 「せいっ」 「はっ」 「はあっ」 敵撃破 「次であります!」 アビリティ1使用 「余所見はするなであります!」 アビリティ2使用 「これが、聖騎士たるものの、覚悟であります!」 アビリティ3使用 「蝶のように舞い、蜂のように刺すであります!」 奥義発動可能 「聖騎士の矜持を、お見せするであります!」 奥義 「リュミエールの名の下に、ブリリアント・ムーン!」 奥義 SKIP時 「ブリリアント・ムーン!」 大ダメージ 「うわぁっ!?」 瀕死 「」 戦闘不能 「」 状態異常付与 汎用 「」 状態異常付与 スリップダメージ 「」 回復 「」 参戦 「」 勝利 「これが、団長の力であります!」 汎用台詞 「尊き御心のままに」 主人公敵撃破 「」 主人公奥義発動可能 「」 主人公瀕死 「」 主人公戦闘不能 「」• やっぱ団長強いね。 相手が高火力だから1アビのデバフが輝くし、防バフされてもその上からガンガン殴れる。 防御高い敵が来ると際立つね。 素殴り性能だけなら翼6のルシオよりも明らかに高い。 ゴリラなのに1アビが結構仕事するんだよな。 相手が硬くなるほどに輝く別枠100%の暴力。 今回の古戦場で初めて光団長使ったけど、フルオートで大活躍だわ。 コメント投稿を行う前に をお読みください。 誹謗・中傷・煽り・乱暴な言葉遣い・過度に卑猥・公序良俗に反する等、閲覧者が不快になるコメント、レスは控えていただきますようお願いいたします。 キャラDis、愚痴、不満についての投稿は、でお願いします。 わずかな愚痴が含まれていただけで、頭ごなしにに誘導するのはおやめください。 また、明らかに板違いの愚痴に対して、返答・誘導する場合は、言葉遣いに配慮し、板が荒れないよう気を配っていただけますようお願いいたします。 ルールを守っていただけない場合、 アクセス規制の対象とさせていただくことがございますので、ご留意ください。

次の

【グラブル】バアル(キャラ)の評価/性能検証まとめ【グランブルーファンタジー】

グラブル キャバルリー lb

ゴブロ斧4凸4本とこれ1本で片面でも確定クリになります。 ゴブロ斧4凸4本とゴブロ斧無凸以上1本でも可。 アストラル、終末は4凸。 ハングドマンは5凸です。 オクトー2番手、サラーサを3番手に置いたときの編成は金重を英雄王の槍やオールドペルセウスなどに変えて、イクサバをコンパニオンウェポンとして使用します。 まずは2ポチから検証。 全体的に上振れしてこのレベルなのでさすがに終末4凸だと遠すぎますね。 ペンギーやダーントも欲しい。 ポチはグラゼロと他心陣。 ペンギーをくれ。 デバフありなら余裕。 キャバルリーの実装で渾身がつくのも美味しい。 チェンバ発生前に倒してるので余裕です。 ジークのところにペンギーが入れば余裕でいけそうですね。 オクトーに久遠あげてもいけそう。 という短絡思考。 驚きの1ポチ達成。 絶対無理だと思ってた…。 上の武器編成だと微妙に上限届いてなさそうな感じだったので、白虎拳のところにオールドペルセウスを突っこんで素の火力を増強したところ安定しました。 楽しい楽しい 0ポチ検証。 主人公の下振れが怖いですがおそらく大丈夫なはず。 サラーサに指輪LBで奥義上限12%ついてるおかげで、ジークよりダメージが出る謎現象。 あと エーケイをメインで使用する際の注意点なのですが、 ルリアは絶対に入れてはいけません。 入れるとしても4番手のみです。 エーケイ奥義の35%デバフをルリア奥義の10%デバフが上書きしてしまうからです。 45%ダウンとはなりません。 残念ながら10%になってしまいます。 下の画像を見ると分かりますが、上と比べるとアルルとオクトーのダメージが下がっています。 デバフ10%でもダメージが変わらないなら入れてもいいですが、下がる場合はルリアを2、3番手に入れるのはやめましょう。 まとめ ペンギーは結構鍵になりそうですね。 編成によっては1ポチ分の価値がありそうです。 アストラルウェポンのおかげで大分火力の底上げが出来たのは嬉しいですね。 詳細はまだ分かりませんが7月開催のブレイブグラウンドでは、新たな土の槍、剱嶽という武器が追加されるそうですし、六竜マルチでも新しく武器が出るそうなので、そのあたりにも期待。 また追加された武器で状況が変わりそうなら追記します。

次の