創価 学会 と は 分かり やすく。 創価学会員の上下関係がよく分かりません。

創価学会で知っておくべき15の常識【特集まとめ】

創価 学会 と は 分かり やすく

目次はこちら• 創価学会とは 創価学会は仏教系(日蓮・法華)の新興宗教です。 日本最大の新興宗教と呼ばれていますが、最盛期は1960〜70年代で、信者数は827万世帯と公称していますが年々と現役信者は減っていると言われています。 現在は二世三世信者が多く生まれた時から創価学会という人も少なくありません。 その世代が子となり孫となり、増えているのが実情です。 学会員は仲間内の関係を大切にする事から、外部の人との交友関係も限定的です。 そのため、新規に勧誘をしようとすると最近、知り合ったばかりの友人や知人、しばらく連絡を取っていなかった同級生などが勧誘のターゲットとなるのです。 創価学会の勧誘 創価学会の勧誘は折伏(しゃくぶく)と呼びます。 以前は相手を論破して、無理やり信仰を押し付けるというやり方でした。 しかし、最近では勧誘トラブルも減っていて、一方的な勧誘はしてはいけない、というかしない、方針となっています。 そのため、 家庭訪問する勧誘はしません。 訪問勧誘をよくしているのはエホバの証人で、同じ新興宗教ですが勘違いしないように。 新規勧誘よりも二世三世の信仰のより深い理解や、その家族の理解、また活動休止をしている会員に様子を伺うなど、勧誘をして裾野を広げるよりも内部の関係をより強化しようとしています。 そして、それが結果として地道に学会員を広げると認知されています。 どちらかというと、新興宗教にありがちな勧誘より伝統宗教の布教に一歩近づいた勧誘方法へと変化しています。 創価学会の安全な断り方 最近では、しつこい勧誘はあまり聞きません。 しかし、一度入信した後に活動再開を狙った勧誘は熱心です。 また、学会員同士の地域的な繋がりが強いのと、一度でも創価学会員になると個人情報の抹消はされないため、自宅などへの勧誘は続くかもしれません。 そこで安全な断り方があります。 基本姿勢として、 勧誘は逃げると逆効果です。 電話に出ないなど避けると相手は追いかけられてしまうのが人間の性格です。 そこで、はっきりと断る事(意思を伝える)が大切です。 友達なのか、家族なのか、知人なのか、相手との関係性によって断りづらくなってくる理由は1つ、相手の話を聞いてしまう事です。 一般的なコミュニケーションでは人の聞く耳を持たないなんて、常識が無いと思うかもしれませんが勧誘は別です。 話を聞くから断りづらくなってしまうのです。 スーパーで試食をしたら買わないといけないような気持ちになってしまうのも同じ心理が働いています。 勧誘手口 勧誘手口は簡単です。 多くの学会員は、先輩など自分よりも創価学会に詳しかったり、地域で役職のある会員(例えば地区の婦人部長など)に引き合わせるのが定番です。 そして、セミナーや講演会などに誘い、学会員だらけの場に呼ばれます。 ここで、信じる気が無くとも、勧誘を断れない人は形だけでも入会してしまいます。 多くの人がここで落とし穴にハマってしまいます。 入信すると統監カードという会員名簿があり、これは一度登録すると一生残ってしまいます。 情報が抹消されないとどうなるかはお察しの通り通りで、活動をしていないと勧誘のお声かけが永遠と続くのです。 現在の不幸は宗教的な因果があると恐怖心を煽り、勧誘するのが常套手段です。 勧誘方法 勧誘方法は戦略的です。 まず信心の有無に限らず入会をさせる事で、個人情報を合法的に入手します。 例え、活動する気が無くとも選挙前になると公明党の組織票集めで勧誘、定期的に活動再開しようと勧誘される事になります。 仮に入信したとしても、すぐに熱心な信者を期待しないから、細く長く、そして必要な時に勧誘する事ができるのです。 創価学会は公明党の母体と言ってもよく、与党となり今の日本である程度の地位と規模を確立したので、無理矢理に勧誘する必要は現在の所ないのです。 創価学会の勧誘ビデオはこちら 勧誘ビデオは今でも観れるものがあります。 すばらしきわが人生でと呼ばれるタイトルで、久本雅美や柴田理恵、岸本加世子、山本リンダなど芸能人の信者が広告塔となって出演しています。 現在は、で、勧誘ビデオならぬ勧誘動画も配信されています。 勧誘ノルマ 勧誘ノルマは基本的にありません。 創価学会に入信させることを本流と呼び、世帯数の本流ノルマがあった時代もあるようです。 今は新規勧誘よりも 復帰ノルマを掲げている地域支部もあるくらいです。 創価学会の選挙勧誘 創価学会には選挙勧誘があります。 いわゆる創価学会員の友達(フレンド)票と呼ばれ、忘れていた同級生などから選挙前になると電話など勧誘がきます。 2017年10月の衆院選では議席を6減らし、初めて比例の総得票数が700万票を割り込み、 フレンド票を集める選挙勧誘も年々厳しい状況になってきていると言われています。 まとめ.

次の

「世界に広がる創価学会」体験談ページが配信♪

創価 学会 と は 分かり やすく

目次はこちら• 創価学会とは 創価学会とは仏教系(日蓮・法華)の新興宗教です。 新宗教では日本の中で最も信者が多く、学会員と呼ばれる信者数は非公開ですがその数は827万世帯と公称されています。 退会しても名簿として個人情報が残るため、おそらく今までの総世帯数で実際に現役の信者はもっと少ないとも言われています。 しかし、公明党を国会に送りだすだけの組織票を獲得する事ができる創価学会影響力はやばいと言わざるを得ません。 一方で、創価学会の 教えは仏教らしく哲学的で人間革命とも呼ばれています。 簡単に説明すると、特別な人間を目指すのではなく、人生において直面するいかなる困難をも前向きにとらえ前進のバネにできる変革の生き方と言っても良いでしょう。 創価学会がやばい3つの理由 創価学会がやばいと言われる理由は3つあります。 そのやばい理由を言い換えれば、創価学会の強みとも言えるのかもしれません。 創価学会は人によって、やばいと思う観点が変わります。 やばい理由1;公明党 創価学会がやばい理由は公明党を実質的な傘下として管理しているからです。 世界のカルト宗教と呼ばれ危険視される団体の共通点から、フランスが世界で初めてやばいカルト宗教の基準を作り今ではカルト宗教を判断する国際基準となっています。 その基準となったではセクト構成要件の10項目として挙げられ、 1つでも該当すればやばい新興宗教だと判断されています。 精神の不安定• 法外の金銭的要求• 生まれ育った環境との断絶の教唆• 健全な身体の損傷• 子供の囲い込み• 多少を問わず反社会的な教説• 公秩序の撹乱• 裁判沙汰の多さ• 従来の経済回路からの逸脱• 公権力への浸透の試み 実際に、フランス国内に支部を持つ174の宗教団体がやばいカルト宗教だと判断され、その中には創価学会(SGI)も存在しています。 宗教団体や宗教家の政治介入は表現の自由として認められていますが、表向きは公明党支援は個人の自由と言いつつ、実態は公明党支援と信仰活動が一体になっているため、もし仮に創価学会員が公明党に票を入れなければ間違いなく非難されます。 やばい理由2;他を認めない排他的な思想 創価学会は日蓮系の宗教です。 やばいのは基本的に他の宗教を認めない排他的な思想が特徴で、立正安国論に代表されるように 対立宗派を非難し認めようとする姿勢はありません。 勿論、現代とでは時代背景が違うため(社会不安の多い時代)、やばいかどうかの賛否両論あるでしょう。 しかし、実際に創価学会を含め日蓮系の宗教では、他宗教の宗教施設に入ったり、宗教儀式(冠婚葬祭含め)に参加するのは原則禁止です。 創価学会ではその慣習も表立っては少なくなっていますが、他宗教を認めない思想はやばい兆候で軋轢を生む可能性は少なくないでしょう。 また、盲目的な信仰(あなたは他に何も知らなくて良い)を良しとする創価学会の体質が信者を助長させ、二世三世の創価学会員の退会者(アンチ)を増やし、他宗教を批判する体質はそう変わるものではありませんから、お互いに批判し合うやばい状況(カオス)となっています。 やばい理由3;地域の強い仲間意識 創価学会は地域の繋がりが強く、強い仲間意識を持っています。 創価学会は会合も多いため、意識をしないと創価学会づけとなってしまいます。 簡単に言えば、生活の土台を信仰で固めるのではなく、生活の中心が信仰生活となり、やばい状況になってしまうのです。 そうなると、周りは創価学会の友人だらけで外部と内部というような言葉で揶揄されるように、 保守的な交友関係の出来上がりです。 何がやばいのか、それは宗教観に正しさを持った仲間がいると集団ストーカーなどやばい関係へと発展しやすいと言われています。 上手くいっている場合は問題ありませんが、会合への不参加や脱会などのトラブルの種には気をつけないとやばいです。 創価学会のやばい話 創価学会にはやばい話があります。 それは、創価学会に一度でも登録してしまうと、統監カードという会員名簿に個人情報が一生残ってしまいます。 これは退会したからと言ってデータベースを抹消する事はありません。 統監カードは住民票のようなもので、入信すると12項目ほどの個人情報を登録されてしまいます。 生年月日• 入信年月日• 帰省先住所(実家)• 自宅電話番号• 携帯電話番号• 本尊の安置状況• 聖教新聞の購読状況• 会合への参加状況• 財務をしているかどうか• 歴代の統監責任者 これらの個人情報があれば、仮に退会したとしても簡単に居所を追跡されてしまいます。 創価学会に一度入ると抜けられないと言われる理由で、退会後に不定期にでも連絡が続くようであれば、かなりやばい話になります。 まとめ.

次の

創価学会がやばい3つの理由

創価 学会 と は 分かり やすく

目次はこちら• 創価学会とは 創価学会とは仏教系(日蓮・法華)の新興宗教です。 新宗教では日本の中で最も信者が多く、学会員と呼ばれる信者数は非公開ですがその数は827万世帯と公称されています。 退会しても名簿として個人情報が残るため、おそらく今までの総世帯数で実際に現役の信者はもっと少ないとも言われています。 しかし、公明党を国会に送りだすだけの組織票を獲得する事ができる創価学会影響力はやばいと言わざるを得ません。 一方で、創価学会の 教えは仏教らしく哲学的で人間革命とも呼ばれています。 簡単に説明すると、特別な人間を目指すのではなく、人生において直面するいかなる困難をも前向きにとらえ前進のバネにできる変革の生き方と言っても良いでしょう。 創価学会がやばい3つの理由 創価学会がやばいと言われる理由は3つあります。 そのやばい理由を言い換えれば、創価学会の強みとも言えるのかもしれません。 創価学会は人によって、やばいと思う観点が変わります。 やばい理由1;公明党 創価学会がやばい理由は公明党を実質的な傘下として管理しているからです。 世界のカルト宗教と呼ばれ危険視される団体の共通点から、フランスが世界で初めてやばいカルト宗教の基準を作り今ではカルト宗教を判断する国際基準となっています。 その基準となったではセクト構成要件の10項目として挙げられ、 1つでも該当すればやばい新興宗教だと判断されています。 精神の不安定• 法外の金銭的要求• 生まれ育った環境との断絶の教唆• 健全な身体の損傷• 子供の囲い込み• 多少を問わず反社会的な教説• 公秩序の撹乱• 裁判沙汰の多さ• 従来の経済回路からの逸脱• 公権力への浸透の試み 実際に、フランス国内に支部を持つ174の宗教団体がやばいカルト宗教だと判断され、その中には創価学会(SGI)も存在しています。 宗教団体や宗教家の政治介入は表現の自由として認められていますが、表向きは公明党支援は個人の自由と言いつつ、実態は公明党支援と信仰活動が一体になっているため、もし仮に創価学会員が公明党に票を入れなければ間違いなく非難されます。 やばい理由2;他を認めない排他的な思想 創価学会は日蓮系の宗教です。 やばいのは基本的に他の宗教を認めない排他的な思想が特徴で、立正安国論に代表されるように 対立宗派を非難し認めようとする姿勢はありません。 勿論、現代とでは時代背景が違うため(社会不安の多い時代)、やばいかどうかの賛否両論あるでしょう。 しかし、実際に創価学会を含め日蓮系の宗教では、他宗教の宗教施設に入ったり、宗教儀式(冠婚葬祭含め)に参加するのは原則禁止です。 創価学会ではその慣習も表立っては少なくなっていますが、他宗教を認めない思想はやばい兆候で軋轢を生む可能性は少なくないでしょう。 また、盲目的な信仰(あなたは他に何も知らなくて良い)を良しとする創価学会の体質が信者を助長させ、二世三世の創価学会員の退会者(アンチ)を増やし、他宗教を批判する体質はそう変わるものではありませんから、お互いに批判し合うやばい状況(カオス)となっています。 やばい理由3;地域の強い仲間意識 創価学会は地域の繋がりが強く、強い仲間意識を持っています。 創価学会は会合も多いため、意識をしないと創価学会づけとなってしまいます。 簡単に言えば、生活の土台を信仰で固めるのではなく、生活の中心が信仰生活となり、やばい状況になってしまうのです。 そうなると、周りは創価学会の友人だらけで外部と内部というような言葉で揶揄されるように、 保守的な交友関係の出来上がりです。 何がやばいのか、それは宗教観に正しさを持った仲間がいると集団ストーカーなどやばい関係へと発展しやすいと言われています。 上手くいっている場合は問題ありませんが、会合への不参加や脱会などのトラブルの種には気をつけないとやばいです。 創価学会のやばい話 創価学会にはやばい話があります。 それは、創価学会に一度でも登録してしまうと、統監カードという会員名簿に個人情報が一生残ってしまいます。 これは退会したからと言ってデータベースを抹消する事はありません。 統監カードは住民票のようなもので、入信すると12項目ほどの個人情報を登録されてしまいます。 生年月日• 入信年月日• 帰省先住所(実家)• 自宅電話番号• 携帯電話番号• 本尊の安置状況• 聖教新聞の購読状況• 会合への参加状況• 財務をしているかどうか• 歴代の統監責任者 これらの個人情報があれば、仮に退会したとしても簡単に居所を追跡されてしまいます。 創価学会に一度入ると抜けられないと言われる理由で、退会後に不定期にでも連絡が続くようであれば、かなりやばい話になります。 まとめ.

次の