男 に は 自分 の 世界 が ある。 男には自分の世界がある

男には自分の世界がある。

男 に は 自分 の 世界 が ある

いい男はいばらない 基本、いばる人は虚勢を張っています。 自分を大きく見せて、自分の強さをアピールする人ほど、実際は「自分は弱い人間なのだ」というコンプレックスを抱いているものです。 逆を言えば、本当に強い人ほど、腰が低いものなのです。 自分よりも立場の弱い人間に対して、無礼な態度をとる人は、「いい男」とは言えません。 日常生活において、店員さんに偉そうな態度をとらないか、さらにタクシーの運転手さんに横柄な言動をしないか、は要チェックですよ! 「いい男」がしないこと2:自己中な言動ばかりする 自己中で、自分本位な言動ばかりする人は、人を振り回したり、不愉快にしたりします。 でも、本人は自分の立場でしか物事を考えられないので、人に迷惑をかけていることすら気付かないことも多いのです。 例えば、自己中な性格で忙しい日々を送っている人は、自分のスケジュールに相手が合わせることばかり求めます。 そんな人は、「仕事が忙しいのだから、仕方がない」という言い分を持っています。 でも、それは自分の都合であり、相手の都合ではありません。 誰にでも1日24時間を平等に与えられているので、それをどのように使うかは、自分次第なのです。 たとえ仕事が忙しくても、自分の意思で自分の時間を仕事に費やしているのだから、「自分の責任」でもあるのです。 それが嫌なら、もっと時間に余裕のある仕事に転職することだってできるのです。 この「時間」を「お金」に置き換えてみてもいいでしょう。 「時間がない」と嘆いている人は、与えられたお金を自分の意思で使っているにもかかわらず、被害者意識を持って、「お金がない」と言っているのと、そう変わらないのかもしれません。 もちろん仕事の環境によっては、自分の思い通りにならないことも多いでしょう。 そんなときは自分の都合に合わせてくれる人に感謝の気持ちを持てるかどうかだけでも、随分、変わってきます。 逆を言えば、「相手は、忙しい自分の都合に合わせるのが当然」だという態度をとるような人は、「いい男」とはいえませんよ! 「いい男」がしないこと3:保身のために逃げる 自分のやったことにきちんと責任を持てるかどうかで、その人の人間力が問われるものです。 そんなとき、人に責任を押し付けて逃げてしまう人は、弱い人間です。 むしろ部下に対して「僕が責任をとるから、君は思う存分やってほしい」と言えるような上司は、「いい男」ですよね。 でも、世の中には自分の責任すら、部下に押し付ける上司もいるので、困ったものです。 また「自分の発言」にきちんと責任をとれる人かどうかも重要です。 感情に振り回されて、言うことがコロコロ変わるような人の発言は、真に受けるとダマされることもあるので、信用しない方がいいでしょう。 そんな人はどんなにカッコよくても、エリートであっても、「いい男」どころか「女性の敵」だと思いましょう。 本来は、「人を幸せにしたい。 喜ばせたい」と思える人が、「いい男」です。 自分の快適さのために人を不幸にしている場合ではありません。 こんなダメ男がいたときは、女性はさっさと縁を切りましょうね。 「いい男」がしないこと5:パートナーを不安にさせる 本来、パートナーは、自分が守るべき大切な存在です。 そんなパートナーを不安にさせても平気な人は、相手の立場に立って物事を考えられない人です。 例えば、男性の中には、メールや電話での連絡がマメではない人も多いもの。 もちろん苦手な人もいるでしょう。 それでも相手が不安になるほどにまでケアできない人は、思いやりのある人とはいえません。 またメールにきちんと返事をしない人もいます。 もちろんメールの内容にもよりますが、相手が返事を求めているような内容なのに返事をしない場合は、ある意味「相手を無視している」ということであり、失礼な態度なのです。 つまり、単に連絡下手なことだけが問題ではなく、「相手に対して思いやりや礼儀があるのか?」という話なのです。 パートナーを不安にさせないためにも、普段からきちんとコミュニケーションをとることは大切なこと。 逆を言えば、きちんと意思疎通ができない男性は、いい関係を築けないことが多く、パートナーは寂しい思いをさせられることが多いでしょう。 「いい男」がしないこと6:自分の意見ばかりを押し通す 「いい男」は折り合いをつけられる! 相手の意見を聞けない人は、独りよがりな行動をしがちです。 すべてが同じ価値観の人など存在しないし、生まれ育った環境が違うことで習慣や常識が違うこともあります。 そういった違いを理解した上で、相手と自分の事情の「折り合いをきちんとつけられる人」でいるのは、人間関係において大切なことです。 自分の意見ばかりを押し通す人と付き合うと、パートナーが我慢せざるを得なくなり、ストレスがたまることが多いでしょう。 だから、恋人選びのときは、きちんと折り合いを付けられる人かどうかは、要チェックですよ。 「いい男」がしないこと7:手に入らないものや失ったものに執着する 大人になれば、「いくらほしくても、手に入らないものがある」ことをきちんと理解することは重要です。 それを分かっていない人が、恋愛においては、ストーカーになってしまうこともあります。 「こうでなければ、幸せになれない」と、こだわりの強すぎる人ほど、新たな幸せを掴めないまま、ずっと手に入らないものに執着し続けてしまいます。 世の中、何が起こるか分かりません。 正社員でもリストラに遭うこともあれば、会社がつぶれることだってあります。 そんなときも、気持ちを切り替えて、今、自分の持っている能力、環境を生かして、新たな仕事を手に入れられる人であれば、どんな状況でも楽しく過ごせます。 そんな男性をパートナーにした方が、幸せになれますよ! 「いい男」がしないこと8:裏表のある態度をとる 自分を偽り、人前では「いい人」を演じている人は意外といるものです。 そんな人は、大事なことを分かっていません。 人生はいつだって「自分との戦い」であることを。 人が自分をどう思おうが、自分が自分をきちんと認められるようになることの方が大切なのです。 また自分では気が付かなくても、意外と周りの人は気付いていることも多いものです。 そんな男性は信じられるし、傍にいることで、自分自身も内面が磨かれるでしょう。 「いい男」がしないこと9:人や環境のせいにする 大人になっても、「自分がこんな性格になったのは、親のせいだ」なんて言ったり、自分が成功できない理由を社会の仕組みのせいにしたり、恋愛がうまくいかないのを、恋人や片思いの相手のせいにしたりする人がいます。 自分を顧みて、反省し、改善(成長)しようとしない人は、ずっと同じ失敗を繰り返します。 もちろん自分だけのせいではなく、世の中には意地悪な人もいるし、理不尽な出来事もあるし、運の流れもあります。 でも、同じような状況でもうまく乗り越えていける人もいます。 その違いは、「知恵」と「人間力」と「積極性」なのです。 自分の置かれた状況に受け身の人は、トラブルを上手に切り抜けられないし、いつまでたっても、自分の環境、そして人生を変えることができません。 自ら動いて、うまくいかない状況を打破できる人でありたいものですね。 「いい男」がしないこと10:人によって態度を変える 誰に対しても分け隔てなく付き合える人は、魅力的ですし、人から人気があります。 恋愛においては特に、「美人ではない女性や年配の女性にも優しい男性」なのかどうかは、見ておくといいでしょう。 女性は「私だけに優しい男性」を求めがちですが、そんな人は誤解をしています。 本当に優しい人は、誰にでも優しいのです。 誰に対しても思いやりを見せられる男性こそが、本当の「いい男」ですよ! いい男は、出世しやすい! ここまで『「いい男」がしないこと』を10個紹介してきました。 こういう行動をしない人は、人に好かれ、引き立てられることが多いので、出世することも多いでしょう。 もちろん今回挙げた10個のことを自分はしてしまっているのに、相手にはしないことを求めても、そんな男性はあなたを選んでくれないでしょう。 だから、こういう「いい男」と縁を深めたければ、自分も今回挙げた10個のことをしないように気を付けましょうね。 【関連記事】• 【お知らせ】• が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!• 幸せになりたい女性に向けたを配信中!• 毎週金曜日23時に更新!• 今回のコラムをさらに掘り下げて解説!を毎日更新中!.

次の

男は女が必要。女は男が不要。

男 に は 自分 の 世界 が ある

男性にとっても、女性にとっても異性とは気になる存在である。 女性はアクセサリーや服装にお金を掛けて美しくオシャレをして男性の気を惹こうとするし、男性も女性にいいところを見せようと格好をつけてデートで奮発したり、贈り物をしたりする。 好きな人ができれば眠れぬ夜を過ごさなければならないし、失恋すれば、何日も落ち込まなければならない。 それもこれも、男と女という存在があるからなのだ。 男と女は謎に満ちている。 それは、「男心や女心がわからない」とか「恋は異なものなど」という意味ではない。 そもそも、どうして、この世の中に男と女はいるのだろうか。 動物にも鳥にも虫にもオスとメスとがある。 植物にだって雄しべと雌しべがある。 しかし考えてみれば、オスとメスとがあるのは、けっして当たり前のことではない。 どうして、生物にはオスとメスという性があるのだろう。 バラエティに富んだ子孫を産むために 38億年前に思いを馳せてみよう。 それは地球に生命が誕生した頃である。 その頃、誕生した単細胞生物には、雌雄の区別はなかった。 単純に細胞分裂をして増えていたのである。 オスとメスとがいるのは、子孫を残すためだと思うかも知れないが、別にオスとメスとがなくても、子孫を残すことはできるのだ。 細胞分裂をして増殖していくということは、元の個体と同じ性質を持つコピーを作り続けていくことになる。 つまり、すべての個体が同じ性質であるということは、どんなに増えても弱点は同じということになってしまう。 そのため、もし環境が変化してしまうと、個体が全滅してしまうということが起こりうるのだ。 一方、色々な性質の個体があれば、環境が変化しても、どれかは生き残ることができる。 そのため、生物が同じ性質の個体が増えていくよりも、性質の異なる個体を増やしていったほうが、生物種として生き残っていくには有利なのである。 それでは、どのようにすれば自分とは異なる性質を持つ子孫を増やすことができるのだろうか。 自分の遺伝子だけで子孫を作ろうとすれば、自分と同じか、自分と似たような性質を持つ子孫しか作ることができない。 自分と異なる子孫を作ろうと思えば、他者から遺伝子をもらうしかない。 つまり、遺伝子を交換すれば良いのである。 しかし、せっかく手間を掛けて交換するのであれば、自分と同じような相手と遺伝子を交換するのは残念である。 たとえば、せっかく異業種交流会に参加しても、自分と同じ業界の人としかしかいなければ名刺交換しなかったとすれば、意義は小さい。 それならば、業界ごとにグループを作り、見た目でグループが違うようにしたらどうだろう。 そうすれば、効率よく異業種の人を選んで名刺交換ができることだろう。 オスとメスという二つのグループも、同じしくみである。 異業種交流が新しい世界を生むように、オスとメスとが遺伝子を交換することによってバラエティに富んだ子孫が産まれるのだ。 それならば、オスとメスだけでなく、いくつもグループを作った方が良いような気もするが、グループが多すぎると組み合わせが多すぎて、結局、うまく子孫を残せないグループができてしまう。 結果的には、二つのグループで交流する方がもっとも効率良く、確実に子孫を残すことができるのである。 つまり、オスとメスである。

次の

男は女が必要。女は男が不要。

男 に は 自分 の 世界 が ある

人と群れない• 物静かである• 服装のセンスなど独自のこだわりがある• 大人しくしていても存在感がある• 自分なりの考えをしっかり持っている• 長いものに巻かれない• お金儲けよりもやりがい• 読書好き• 考え事が多い• 集中力が高い• 夢中になったら寝食を忘れる• どこか浮世離れしている• 好き嫌いがはっきりしている• 情緒が安定している• 恋愛が長続きしないイメージ• まとめ 1. 人と群れない 自分の世界観がある人というのはそこまで他人に興味ない人です。 無関心といってもいいかもしれません。 人と無理に合わせる意味もわかりません。 ですから合わないと思えば一緒にいることもなく一人でいます。 安易に人と群れない、また一人でいる様子がさまになるのも特徴です。

次の