パワプロ 査定効率 野手。 野手・投手査定表(金特、青特殊能力、基礎能力)

【パワプロアプリ】選手ランクを上げるのに一番強い金特はどれなのか検証【野手編】:ぽて子のゲーム研究所

パワプロ 査定効率 野手

ミートと捕球の上限UPは天音ひとりで埋めることができるため、その分別の上限UPを持ったイベキャラを編成できる点が非常に強力です。 また、ミートや捕球上限UPの枠をさらに増やすことで、高査定の選手を狙うこともできます。 得意練習率UPなどの複数のボーナスも併せて持っているため、 練習での性能も非常に高いです。 上限アップだけでなく獲得経験点という点でも文句の付けようがない優秀な性能です。 2位 アミティ 練習 走塁 上限UP 走力 野手金特 祝福 電光石化 投手金特 鉄仮面 優秀な金特と上限UP持ち ジャギは 2種類の金特と上限UPを持っている優秀なイベキャラです。 虹特へつながる電光石火に加え、金特の中でも悪くない性能の祝福の2つを取ることだ出来るため、効率的に査定を上げることが可能です。 世紀末北斗高校へのボーナス 特攻 を持つ サクセスの中でもトップクラスに強力な世紀末北斗高校において、ジャギはボーナス 特攻 を持っています。 他のサクセスでも十分強力なジャギが世紀末北斗高校ではさらに活躍するため、ジャギを所持している方は世紀末北斗高校でのサクセスをおすすめします。 6種上限などの特定のデッキには必須級のイベキャラのため、今後も永く使用され続ける可能性が高いです。 練習性能や優秀なコツなど総合力が高い 社長はパワー上限UP以外にも総合力が高い部分が魅力的なイベキャラです。 また、 コツイベ率が高く、チャンスやパワヒなど 優秀なコツを獲得できる点も非常に強力です。 癖の無さから 適正サクセスも多く、 テンプレとして採用されているデッキも少なくありません。 ただし、虹特につながる金特を持っていない点から一部デッキには採用しにくいイベキャラでもあるため、編成する際には注意が必要です。 練習で経験点を稼ぎやすい 冴木創は2種類の得意練習に加え、練習効果UPや得意練習率UPも持っているため、スペシャルタッグで 経験点を稼ぎやすい特徴があります。 通常冴木と異なる点は 捕球上限UPを持っている点や 走力のコツを獲得できる点です。 ジャギなどの走力上限UPキャラが強い環境では通常冴木よりも使用頻度が上がる場合も多く、使い分けがしやすい点も魅力的です。 練習で経験点を稼ぎやすい 王子冴木は2種類の得意練習に加え、得意練習率UPも持っているため、 タッグ発生率がかなり高い点が強力です。 総合力が非常に高く、トップクラスの性能を持っています。 2位 打撃練習・肩力上限 優秀なテーブルに加え、虹特の下位金特を取得できる総合力の高さが特徴です。 基礎ボナやイベが少ない点も魅力的です。 総合力も高く使いやすいキャラです。 比較的体力管理もしやすく使いやすいキャラです。 比較的体力管理もしやすく使いやすいキャラです。 総合力も高く使いやすいキャラです。 2位 筋力・守備力上限 虹特につながる金特を持ち、テーブル的にも開放や覚醒することで真価を発揮するイベキャラです。 総合力が非常に高く、トップクラスの性能を持っています。 肩力キャラランキング 順位 キャラ名 評価 1位 肩力・走力上限 圧倒的に優秀なテーブルや査定が高い金特、走力上限UPを持っているイベキャラです。 貴重なスナイパーとしても使用可能です。 得意練習の組み合わせも優秀です。 イベントの内容自体も優秀です。 比較的体力管理もしやすく使いやすいキャラです。 比較的体力管理もしやすく使いやすいキャラです。 イベントの内容自体も優秀です。

次の

【パワプロ】鳴響(めいきょう)高校の野手テンプレとオススメデッキ

パワプロ 査定効率 野手

皆さんは鳴響高校での野手育成は、いいイメージありますか? 私はあまりいいイメージはありません。 楽譜や役割のを考えたうえでのデッキ構成など、なかなかいい組み合わせが見つからないということはありませんか? 今回はそんな鳴響高校の野手のテンプレデッキについて提案していきたいと思います。 上限アップ3人編成デッキ 今回は3人の上限アップイベキャラを入れてデッキを組んでみました。 デッキは走力・肩力上限は外しています。 4上限デッキは現状難しいと思い3上限でデッキを考えてみました。 野手5人+相棒1人デッキ 冴木 *アイコンタクト* 佐倉 霧崎 *ヒートアップ* 猛田 *つるべ打ち* 納見 *つるべ打ち* 岸田 *つるべ打ち* *コンプボーナス・星の数は変動します* イベキャラのLvは45以上で想定しています。 佐倉 後 限• ダッグトレーニングが行える。 練習後に少量だが回復できる。 体力回復量がイベント含めてかなり多い。 岸田 前 限• ダッグ練習でかなりの精神ボーナス。 軽くて高査定の金特。 ミート上限値+2アップ。 納見 後 常• ダッグ練習で技術pt獲得。 気迫ヘッドが高査定。 イベントでの獲得経験値が高い。 霧崎 前 常• ダッグ練習での筋力pt獲得。 試合経験点UP効果(Lv45以上のみ)。 捕球上限値+2アップ。 金特殊能力不確定。 猛田 前 常• ダッグ練習で精神pt獲得。 金特が最大2種類取れる。 金特『勝負師』が査定効率が悪い。 金特不確定(勝負師)。 初期評価が低いのでダッグ練習の発生が遅い+楽譜獲得が遅くなる。 冴木 後 限• ダッグ練習で精神ptと技術ptを獲得。 守備力 上限値+2up。 楽譜が青音符系統のものなので編成上完走しにくい。 特に メリットのポイントを 青い 太字 なっています。 デメリットのポイントを 赤太字にしています。 ダッグでもらえる同系統の色の音符(緑・紫)で固めている為、楽譜の完走率が高い。 メンタル3人編成と相棒 キャラの佐倉を入れることにより高確率で回復しつつ楽譜の完走が狙える。 9000点以上のスコアも同時に狙い立ち回る。 ダッグ練習での獲得楽譜について 鳴響高校での大きな特徴である楽譜システム。 時にはその効果で様々に補助してくれ、完走の際は指定のコツの習得と体力回復までしてくれますが、そのためにはキャラクター初期音符の色が重要です。 ここは特に注意です。 例えば楽譜獲得3回目獲得のダッグ(霧崎)で6回目にダッグ(佐倉)を行ってしまうと金特がもらえる、楽譜がダブってしまいます。 完走率を上げるコツは焦らず、評価が上がって音符が2つ配置されている状態で演奏しましょう。 メンタル3人+佐倉の編成 この編成は、最大限楽譜の完走率を高めるための理論です。 序盤は特に冴木優先で評価を上げて打撃とメンタルのダッグを発生をできる状態にします。 納見、猛田は初期評価が低いがイベントも多く並行して練習だけで気づいたら上がっていることが多いです。 楽譜の内容をダッグ関連だけに絞れば楽譜の色が紫・緑中心なので、メンタルダッグ練習と佐倉の練習後イベントで 回復しながら効率よく音符の回収ができて、楽譜の完走率が上がります。 佐倉との遊ぶコマンドを使ったイベントですが、私は早めに楽譜完走して余っているターンで使ったり、 完走が間に合わない楽譜の時に使ったりしています。 並行してスコア9000点以上を狙ってみる 【セクション1】 楽譜の完走より、イベキャラの多いところで評価を上げたり、佐倉と練習して評価を最初のうちに上げておくなどを気を付けながら立ち回る。 【セクション3】 Wダッグ以上や佐倉とのダッグを狙いつつ楽譜の完走を目指す。 【セクション4】 楽譜の完走を優先して立ち回る。 完走ができなさそうな楽譜は早めに見切り、完走を目指した方がよいです。 このデッキの評価と デメリット• 精神ボーナスと技術ボーナスを持ったキャラが中心なので、 筋力と敏捷ポイントをダッグ練習で稼ぎにくい。 金特は不確定要素が強い、(猛田・霧崎)それに加えてシナリオ金特も失敗要素が強い。 楽譜演奏を後半に固めることで完走率の改善。 イベントは前3後3なので安定性はある。 しかし 猛田・納見はイベント数が多いから、招き猫無しでは完走できない場合も発生する。 9000点達成テンプレデッキ(ミート上限アップ入り) 今回のテーマとして安定した9000点の達成と上限キャラをミートだけに絞ったデッキでの提案となります。 前章と立ち回りや被っているキャラクターの解説は前章をご確認ください。 打撃メンタルデッキ(相棒入り) イベキャラのLvは45以上で想定しています。 【エプロン】 志藤 前 限• ミート上限値アップ+2。 体力回復イベントが多い。 固有キャラで最初から音符2つ。 金特が不確定で必要経験点大。 ケンシロウ 前 限• ダッグ練習で筋力ボーナス。 2種類得意練習(打撃・筋力)• ミート上限値+2アップ。 金特が不確定で必要経験点大。 神成 後 常• ダッグ練習で精神pt獲得。 メンタルダッグ練習要員。 Lv45で試合経験点UP効果。 納見とのコンボ。 特に メリットのポイントを 青い 太字 なっています。 デメリットのポイントを 赤太字にしています。 このデッキの メリット• ミート上限値アップのみの編成なので 敏捷ポイントを節約して他のパラメータに割り振れる。 メンタルダッグが多い編成なので回復しつつ経験点獲得ができる。

次の

【パワプロアプリ】野手キャラ最強ランキング|最新版

パワプロ 査定効率 野手

まずそもそもなんだが、、、 俺は査定があんまり好きじゃない!! いや、確かに査定って重要だとは思うよ。 それがあることでチームランクも上がってくし、見栄え的にも良いからね。 でもなんか査定ばっかり考えると、 皆おなーじようなキャラクターになっちゃうんだよね。 だからなんかちょっと査定しか考えないのもどうなのかなーって思ってたわけさ。 ボックス見てたらムチャクチャ効率悪いことしてる疑惑が発覚 でも、なんかちょっと今まで作ってた選手ボックス見てたらちょっと気になることが出てきてしまいまして…。 ちょっとこれ見てくれますか?? こいつです。 なんかよく見ると 総経験点が9500近くあるんすよね。 なのに全然日の目が見れないような場所で並んでてびっくりしたわけです。 その上のヘッビなんて総経験点5980しかないのに9500よりも上に並んでるわけで、 これもしかして 流石に査定効率無視しすぎてたんじゃないか…!?とか焦ってます。 と、いうことで今回は 敢えて査定効率をガチ意識した、査定厨になった気持ちで記事を書いていこうかなと。 野手査定について書いていくから、査定の優先順位についてあんまり知らない人は参考にしてみてね! スポンサーリンク 今回はこんな感じでスタート。 持ち物は 体力が回復するアイテム2つ。 イベキャラは 大空(パワヒコツ) 浦賀(査定効率良いらしい魔術師狙い) バネキ(経験点稼ぎ・金原下位コツ) 金原(切込隊長・バウンサー要員) 才賀(パワヒ広角打法など充実した青特・一球入魂)で、助っ人が ノウミサン(気迫ヘッド・精神要員) こんな感じでセッティングしてます。 それから今回は 「完全査定狙い」で行くので、 を参考にしながらやっていくよ〜〜〜。 パワーに関しては優先度高いのはうっすら知ってたけど、 弾道3だけ先に上げとくってのは面白いな。 それから査定効率が良いとされる キャッチャー・アベヒ・パワヒ・広角打法・打球ノビ・チャンス・対左投手・ケガしにくさをコツを取得しながら優先して取得。 細かいデータはゲームウィズさんに載ってるから省くけど、僕ら査定初心者は 取りあえずこいつらのコツをゲットしまくって青特取れば良いって話だ! ちなみに上らの青特以外にも 代打・サヨナラ・満塁男・インコース・内野安打・本塁生還・ハイ(ロー)ボールヒッターはコツがなくても取った方が良いらしい。 なので今回は基礎能力以外にもこいつらにも目を向けていくことにする。 金特は今まで通りと変わらず狙えるものは狙ってく 金特は取れるだけ取っておく戦略は今までと変えずに行く。 中でも査定効率が良いとされているのが 気迫ヘッド・重戦車・代打の神様・精神的支柱・高(低)球必打・内角必打・メッタ打ち・ヒートアップ・魔術師・大番狂わせ・鉄の壁らしい。 今回は 鳴響の金特イベントからヒートアップ、浦賀から魔術師、ノウミサンから気迫ヘッドを特に狙ってサクセス開始! なんとセクション2で天才覚醒してしまった。。。 まずは冒頭で紹介したように 弾道とパワーをガツガツ上げてく。 筋力ポイントを使う奴が序盤に多くなってるから 覇堂高校のテーマとかを使って筋力の底上げをしていくー。 鳴響の楽譜は ヒートアップ一択。 これがないと査定が上がらんのやで。 サクセス終了!結果はなんとS8!!! ということで(天才になっちゃったからだけど) 初の S8!! 細かな流れとして、あれから試合は全勝利、ドラフト1位、 バネキ評価はMAXだけど イベント完走できず(芸術的流し打ちは捨てた) そして何より ヒートアップ取れなかったってのが反省点。 バウンサーの音符が1つ足らず。。。 天才になったところで運を使ってしまった感がやばい。 あと初めて査定厨になってみて思ったのが 「どこまで基礎能力あげれば良いんだ?」ってこと。 実際基礎能力はやろうと思えばもっと上げることも出来たと思うんだけど、 青特の回収もしなきゃってところでちょっと迷ったな。 貰えた総経験点は実は意外としょぼかった件 最後にこれ。 今回S8になれたんですけど 実は総経験点1位になれなかったんですよね。 これは過去のスクショ分なんで今回のは反映されてないんですが、依然として1位は このキノコです。 ってことは逆にいうと普段は査定効率全く考えてないってことだから、この時にもしガチ査定狙いでやってたら S8よりも上狙えてたかも……ってことかもしれない。 天才覚醒してあんまり見えなかったけれど、 実は普段から頑張ったらもうワンランク、ツーランク上の査定が狙えるんだなぁとか感じたサクセスでした。 たらればですけどね。 笑 ということで、今回は査定狙いでサクセスしてみたら 意外と狙えばできるもんだと感じたサクセスでした。 次からはまたいつも通り作りたい選手作ってくけどな!!!!笑 スポンサーリンク.

次の