49 日 法要 の 挨拶。 四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します|終活ねっとのお坊さん

忌明けとは?忌明けの宴を開く「四十九日法要(49日)」の迎え方 [法事・法要の手順] All About

49 日 法要 の 挨拶

【四十九日の挨拶状・忌明けの挨拶状について】 (1)四十九日・忌明けとは 仏教では、亡くなってから四十九日までの間、七日ごとに七回の法要があります。 一般的には初七日を除く法要は遺族だけで行なわれますが、49日目にあたる日を「満中陰」と呼び、この四十九日の法要をもって忌明けとされます。 四十九日の法要には親族・友人・知人たちも参列し、僧侶による読経のあと、焼香や会食が行なわれます。 (2)忌明けに際し、遺族が行うこと 葬儀の際に、香典やお供物などを頂いた場合にはそのお返しとして香典返しを行ないます。 香典返しは忌明けの日の頃に、忌明けの挨拶状(お礼状)とともに贈ることが多いようです。 なおキリスト教では、1ヶ月目の追悼ミサの頃(プロテスタントでは昇天記念日)に、神式では、五十日祭の頃に行なわれます。 」は用いません。 用紙・はがき Q. 用紙は? 葬儀会社に、香典返しの品物の手配と一緒に挨拶状の印刷を依頼する場合には、ハガキ、またはカードや専用の用紙に印刷して封筒に入れる等の形をとるケースが多いようです。 丁寧な形をとる場合には奉書紙を用い、縦書きとなります。 パソコンで自作する場合には、最近は弔事用の少し趣のある用紙が市販されていますので、控えめな色やデザインの用紙を用いると良いでしょう。 薄墨にする? 薄墨とは墨を薄めたような灰色の墨色のことを言います。 香典袋の表書きを書く際に四十九日まで用います。 「涙で墨が薄まるほど悲しい気持ち」を表すものです。 薄墨を使うのは四十九日までで、 忌明けが過ぎると香典袋も普通の濃さの黒い墨で書くことになります。 (四十九日の挨拶状・忌明けの挨拶状を出すのは四十九日を過ぎてからのため)この慣例にならい、本来は濃い墨(つまり黒インク)で作成するのですが、地域によっては忌明けの挨拶状を印刷する際にも薄墨を用いることがあります。 なお、宛名書きには黒いインクのペンまたは筆を用います。 パソコンで宛名印刷をする際にも黒インクを使うようにします。 」は用いません。 用紙・はがき Q. 用紙は? 葬儀会社に挨拶状の印刷を依頼する場合には、ハガキ、またはカードや専用の用紙に印刷して封筒に入れる等の形をとるケースが多いようです。 丁寧な形をとる場合には奉書紙を用い、縦書きとなります。 パソコンで自作する場合には、最近は弔事用の少し趣のある用紙が市販されていますので、控えめな色やデザインの用紙を用いると良いでしょう。 薄墨にする? 薄墨とは墨を薄めたような灰色の墨色のことを言います。 香典袋の表書きを書く際に四十九日まで用います。 「涙で墨が薄まるほど悲しい気持ち」を表すものです。 薄墨を使うのは四十九日までで、 忌明けが過ぎると香典袋も普通の濃さの黒い墨で書くことになります。 (四十九日の挨拶状・忌明けの挨拶状を出すのは四十九日を過ぎてからのため)この慣例にならい、本来は濃い墨(つまり黒インク)で作成するのですが、地域によっては忌明けの挨拶状を印刷する際にも薄墨を用いることがあります。 なお、宛名書きには黒いインクのペンまたは筆を用います。 パソコンで宛名印刷をする際にも黒インクを使うようにします。 拝啓 今年は例年になく暑い日が続いています。 さて先日は母の葬儀に際し、ご多忙中にも関わらずお心遣いを頂きまして有難うございました。 何かと慌ただしく時間ばかり過ぎてしまい、行き届かぬ点が多々ありましたこと、心より詫び申し上げます。 お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。 どうぞご受納ください ) 葬儀には、山崎さんや西本さんたちも顔を見せて下さり、大変有り難く心強く思っております。 家族からもくれぐれもよろしくとのことでした。 どうぞこれからも変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 本来であれば直接お愛してお礼申し上げるべきところ、略儀ながら書中にてお礼を申し上げご挨拶に代えさせていただきます。 ありがとうございました。

次の

四十九日のお返しの挨拶状の書き方・例文とマナー

49 日 法要 の 挨拶

【四十九日の挨拶状・忌明けの挨拶状について】 (1)四十九日・忌明けとは 仏教では、亡くなってから四十九日までの間、七日ごとに七回の法要があります。 一般的には初七日を除く法要は遺族だけで行なわれますが、49日目にあたる日を「満中陰」と呼び、この四十九日の法要をもって忌明けとされます。 四十九日の法要には親族・友人・知人たちも参列し、僧侶による読経のあと、焼香や会食が行なわれます。 (2)忌明けに際し、遺族が行うこと 葬儀の際に、香典やお供物などを頂いた場合にはそのお返しとして香典返しを行ないます。 香典返しは忌明けの日の頃に、忌明けの挨拶状(お礼状)とともに贈ることが多いようです。 なおキリスト教では、1ヶ月目の追悼ミサの頃(プロテスタントでは昇天記念日)に、神式では、五十日祭の頃に行なわれます。 」は用いません。 用紙・はがき Q. 用紙は? 葬儀会社に、香典返しの品物の手配と一緒に挨拶状の印刷を依頼する場合には、ハガキ、またはカードや専用の用紙に印刷して封筒に入れる等の形をとるケースが多いようです。 丁寧な形をとる場合には奉書紙を用い、縦書きとなります。 パソコンで自作する場合には、最近は弔事用の少し趣のある用紙が市販されていますので、控えめな色やデザインの用紙を用いると良いでしょう。 薄墨にする? 薄墨とは墨を薄めたような灰色の墨色のことを言います。 香典袋の表書きを書く際に四十九日まで用います。 「涙で墨が薄まるほど悲しい気持ち」を表すものです。 薄墨を使うのは四十九日までで、 忌明けが過ぎると香典袋も普通の濃さの黒い墨で書くことになります。 (四十九日の挨拶状・忌明けの挨拶状を出すのは四十九日を過ぎてからのため)この慣例にならい、本来は濃い墨(つまり黒インク)で作成するのですが、地域によっては忌明けの挨拶状を印刷する際にも薄墨を用いることがあります。 なお、宛名書きには黒いインクのペンまたは筆を用います。 パソコンで宛名印刷をする際にも黒インクを使うようにします。 」は用いません。 用紙・はがき Q. 用紙は? 葬儀会社に挨拶状の印刷を依頼する場合には、ハガキ、またはカードや専用の用紙に印刷して封筒に入れる等の形をとるケースが多いようです。 丁寧な形をとる場合には奉書紙を用い、縦書きとなります。 パソコンで自作する場合には、最近は弔事用の少し趣のある用紙が市販されていますので、控えめな色やデザインの用紙を用いると良いでしょう。 薄墨にする? 薄墨とは墨を薄めたような灰色の墨色のことを言います。 香典袋の表書きを書く際に四十九日まで用います。 「涙で墨が薄まるほど悲しい気持ち」を表すものです。 薄墨を使うのは四十九日までで、 忌明けが過ぎると香典袋も普通の濃さの黒い墨で書くことになります。 (四十九日の挨拶状・忌明けの挨拶状を出すのは四十九日を過ぎてからのため)この慣例にならい、本来は濃い墨(つまり黒インク)で作成するのですが、地域によっては忌明けの挨拶状を印刷する際にも薄墨を用いることがあります。 なお、宛名書きには黒いインクのペンまたは筆を用います。 パソコンで宛名印刷をする際にも黒インクを使うようにします。 拝啓 今年は例年になく暑い日が続いています。 さて先日は母の葬儀に際し、ご多忙中にも関わらずお心遣いを頂きまして有難うございました。 何かと慌ただしく時間ばかり過ぎてしまい、行き届かぬ点が多々ありましたこと、心より詫び申し上げます。 お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。 どうぞご受納ください ) 葬儀には、山崎さんや西本さんたちも顔を見せて下さり、大変有り難く心強く思っております。 家族からもくれぐれもよろしくとのことでした。 どうぞこれからも変わらぬご厚誼のほどよろしくお願い申し上げます。 本来であれば直接お愛してお礼申し上げるべきところ、略儀ながら書中にてお礼を申し上げご挨拶に代えさせていただきます。 ありがとうございました。

次の

忌明けとは?忌明けの宴を開く「四十九日法要(49日)」の迎え方 [法事・法要の手順] All About

49 日 法要 の 挨拶

法事は日本人にとっては関わることの多い行事の一つですが、日常とはかけ離れていることから、法事の作法や挨拶など苦手な人は少なくありません。 ここでは法事に立ち会った時に恥をかかないように、基本的な作法や挨拶の仕方などを詳しく解説します。 法事:法要は法事の一部 ここで法要について少し説明しておきますと、法要とは亡くなった人を偲んで行われる行事のことで、お坊さんによる読経と遺族のお焼香などの一連の儀式のことをいいます。 また法事は法要と、法要の後のおとき(食事会)を含めたものをいいます。 つまり法要は法事の一部と考えると良いでしょう。 法要には忌日(きじつ)法要と、年忌法要がありますが、ここでは四十九日の法要についてお話します。 仏教の世界では、人は亡くなって四十九日迄は、7日毎に閻魔大王の裁きを受けると言われています。 四十九日の法要の意味 法事とは、法要と法要の後の「おとき」を含めての一連の儀式のことを言います。 したがって法要が終り、法要の席から「おとき」の席に移った時、献杯の前に必ず親族の挨拶があります。 ここでは「おとき」前の親族の挨拶の例文を紹介します。 食事の前の挨拶:初めは感謝から 法事のおときの前に行う親族の挨拶は、通夜式・告別式・四十九日の法事と、故人のために時間をつくってくれた参列に対するお礼の気持ちを言葉にする事が大事です。 特に挨拶の初めには、参列者への「感謝」を前面に出しましょう。 無事に納骨も済ませることができ、皆さまには本当に感謝しております。 通夜式・告別式に続き、本日もまたお忙しい中をお時間をつくっていただき本当にありがとうございました。 無事に納骨も済ませることができましたのも、皆さまのおかげとおもっております。 故人もきっと心から感謝していることとおもいます。 本当にありがとうございました。 食事の前の挨拶:締めの言葉 法事の「おとき」の前に行う挨拶は、余り長いと参列者に失礼になります。 挨拶が終わらないとお膳に箸をつけることができないですし、親族の挨拶の後に、献杯の音頭を取ってくれる人の挨拶もあるからです。 そうは言っても、ひととおりの要点は言わなくてはなりません。 挨拶の初めは「感謝」を前面に出したら、挨拶の締めは参列者への「今後とも変わらないお付き合い」を強調しましょう。 例文:故人は日頃から、「人間は一人では生きていけない生き物である、周りの人への感謝を忘れてはいけない」と申しておりました。 このたびの通夜式・告別式・今日の法事と、皆さまからいただいた多大なご厚意は、故人の申していたとおりだと痛感いたしました。 今後ともぜひ変わらないお力ぞへをいただけますよう心からお願いいたします。 本日はささやかな膳を用意させていただきました。 お時間の許す限りご歓談いただきたくおもいます。 本日は本当にありがとうございました。 法事(49日の場合)の挨拶:献杯について 献杯の挨拶:故人の兄の場合 故人がある程度の年齢で亡くなった場合、その兄弟が「献杯」の挨拶をすることはよくあることです。 ここでは兄弟による献杯の挨拶の例文を紹介します。 本日で閻魔大王さまの判決が下り、弟も無事に黄泉の国へと旅立った事でしょう。 弟が安心できるよう、残された家族も一生懸命頑張って行くとおもいますが、お集まりの皆さまの今後とも変わらないお力添えがまだまだ必要でございます。 ぜひ変わらないご鞭撻をお願いいたします。 では献杯させていただきます。 ご唱和ください、献杯。 本日はお集まりいただき本当にありがとうございました。 本日をもって忌日明けとなり、兄も仏さまになって無事に彼岸に辿り着いたとおもっております。 残された家族もまだまだ皆様のお力添えが必要でございます。 今後とも一層のご鞭撻をお願いたしまして献杯させていただきます。 ご唱和ください、献杯。 このたびは訃報を聞きただただ驚きと無念さとで、言葉を失いました。 わたしにとって本当にかけがえのない友でした。 そして心安らかにお過ごしください。 それでは献杯いたします。 ご唱和ください。 周忌別の法事の挨拶の例 ここでは故人が父親である場合の息子の挨拶を紹介します。 今「孝行したい時には親はなし」という諺を思い出しております。 今更ながら父の存在の大きさに気付かされております。 父の生前中、お集まりの皆さまには本当にお世話になりました。 皆様への「感謝を忘れるな」というのが父の遺言でもありました。 微力なわたしには、皆様への感謝を形にすることはなかなかできないとおもいますが、精一杯頑張って生きてまいります。 どうか父同様に、わたしたち残された家族にも、変わらないご力添えを頂けますよう心よりお願いいたします。 ささやかな膳を用意させていただきました。 時間の許す限り、父を偲んでいただけたら嬉しいです。 本日は本当にありがとうございました。 49日の法事:献杯(叔父)の挨拶 若くして事故や病気で亡くなった場合の法事での挨拶は中々辛いものですが、避けてはとおれません。 ここでは故人が「甥」である場合の「叔父」としての立場での献杯の挨拶を紹介します。 その間お集まりの皆さまには本当にお世話になったと感謝しております。 短い生涯ではありましたが、精一杯生きた彼を褒めてやりたいとおもっております。 ささやかな膳を用意いたしました。 本日はお集まり下さいまして本当に有難うございました。 それでは献杯したいとおもいます。 ご唱和をお願いします。 献杯(友人)の挨拶例文 一周忌からは年忌法要となりますが、一周忌の法事における施主の挨拶は、49日の法事とはまた違った挨拶が求められます。 一周忌では、49日の法事よりも規模も小さく少人数になります。 挨拶も簡単に済ませるケースが多いです。 49日の法事では、法要の前の挨拶は僧侶がする事が多いですが、ここでは施主が法要の前の挨拶をするケースを紹介します。 (最初に参列者に向かってお辞儀をし)「本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。 (僧侶の方を向き)住職様(方丈様)よろしくお願いいたします。 法要後の施主の挨拶 一周忌の法要が終わったら、また施主が次のような挨拶をします。 こうして故人にゆかりある方々に参列していただけましたこと、故人もきっと心より感謝しているとおもいます。 ありがとうございました。 ささやかではありますが「おとき」の膳を用意させていただきました。 大変恐縮ですが少し席を変えていただくことになりますが、よろしくお願いいたします。 迎えのマイクロバスが待機しておりますので、ご利用していただき会場へ移動していただきたくおもいます。 三周忌の法事の施主の挨拶:法要前 三周忌法要は三回忌要とも言い、一周忌法要よりも法事の規模はさらに縮小し、人数も少なくなります。 参列者はごく親しい身内だけになりますので、法事の挨拶は施主がほとんどをやるようになり、堅苦しい挨拶は省く場合が多くなります。 一周忌と同じように、法要の読経が終わると施主が挨拶をします。 「住職様ありがとうございます。 お墓でもまたよろしくお願いいたします。 」 「ご参列の皆さまには、お忙しい中集まっていただきましてありがとうございます。 これよりお墓参りをしていただき、その後「おとき」の会場に移動していただくことになります。 よろしくお願いいたします。 」 三周忌の法事の挨拶:「おとき」の前の挨拶 三周忌ともなると、法事もこじんまりとしますし、参列者もごく身近な親族だけになります。 挨拶も日頃のお付き合いの感謝などを述べながら、四十九日の法事から一周忌そして三周忌の法事と、何度も時間を割いてくれたことへの感謝を述べるようにします。 あっという間の二年(法事は実年より一年早くするので)だった気がしますが、皆様には法事の他に「初彼岸」や「初盆」など何度もご迷惑をおかけしました。 本当にありがとうございました。 おかげさまでこうして三周忌も無事に終えることができました。 本日はささやかではありますが、お時間の許す限り故人を偲んでいただけたらと思い、ゆっくりくつろげる席を用意させていただきました。 七周忌の法事の施主の挨拶:法要前 七周忌の法事の規模は、三周忌よりもさらに縮小されます。 ほとんどの家庭で近親者だけで執り行うようになりますが、供養だからといって七周忌までは、故人のごく親しい人や親戚に参列を乞う場合もあります。 ここではそういう場合の例文を紹介します。 本日は本当に故人に親しい人だけにお集まりいただいておりまして、何かと行き届かない点もあるかとおもいますが、故人に免じてお許しいただけたらとおもいます。 このあと方丈さまにお経を上げていただき、そのあとお墓参りをしていただいて、引き続き「おとき」の席に移動していただく予定です。 よろしくお願いいたします。 七周忌の法事の挨拶:「おとき」の前 七周忌の「おとき」の前の施主の挨拶は、ごく簡単に済ませましょう。 七周忌ともなると、参列者は故人に特別に親しい人のみとなりますので、堅苦しい挨拶よりも、日頃の厚情への感謝を述べる程度にした方がよいからです。 例文は次のようなものがおすすめです。 この間皆さま方にはご迷惑をおかけしたり、お力になっていただいたり、感謝以外の言葉が見つかりません。 本当にありがとうございました。 無事に七周忌も済ませることができました。 これからは家族で菩提を弔って行く積りですが、今後ともぜひ変わらないお導きをお願いいたします。 ささやかな席ですが、飲み物は充分用意いたしました。 参列者の法事の挨拶の例文 法事で香典を渡す時も黙って渡すよりも、簡単に一言添えて渡すのが礼儀です。 この場合の例文を紹介します。 例文1: 本当に気持ちばかりですが、仏前に供えてください。 例文2: 線香代です。 仏前に供えてください。 法事での挨拶をわきまえて上がる品格 普通に生きていたら、生涯で一度も法事への参列を経験しない、という人は少ないでしょう。 そんな時に人柄が一番出るのが「挨拶」です。 場面場面で適切に挨拶をこなすことができるということは、常識人として合格と言えます。 法事での挨拶は、人の生き死にという「究極の場」での言葉のやり取りですから、社会秩序の基本的な部分でもあります。 いろいろの場面での挨拶を紹介しました。 社交の場での参考にしてください。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の