アンチ エイジング 株式 会社。 松浦清 (実業家)

アンチエイジングコスメ|プロシェンヌ化粧品の発売元|株式会社ビューティーセラピーマジック

アンチ エイジング 株式 会社

英語版原本には日本語表記はありません。 リアルタイム更新ではありません。 同社発行の市場リサーチレポート及びリサーチサービスに関するお問い合わせは弊社までお願い致します。 でご確認いただけます。 【レポートの概要】 Anti-Aging market is an important part of Cosmetics industry, and is considered as one of the swiftly growing markets in India. Now-a-days, environmental aggression has made people extremely conscious about their skin. Many people begin to show signs of premature aging as early as their thirties due to oxidative stress, sun exposure, or unhealthy lifestyle. Smoking and sun damage are the two major factors that lead to premature aging. Indian Anti-Aging industry has reported a tremendous growth in the recent years, and is presenting ample opportunities to the industry players. With favorable demographics and rising awareness, Indian Anti-Aging market is poised to scale newer acmes. In the report, the Indian Anti-Aging market is segmented on the basis of type of product categories, and regionally. Based on product category, the market is segregated into moisturizers, serums, wrinkle cream, eye treatment cream, night cream, and others. The report is an outcome of our exhaustive primary research, which involved surveying more than 500 consumers across tier I and II cities of India to understand the buying behavior, preference, brands, purchasing channels and many more. The survey targeted population between 20 and 50 years old which includes students, working class and housewives. Besides this, report involved extensive interviews with Marketing Heads, Business Development Managers, Regional Sales Manager of leading brands in Anti-Ageing market to gain insights in terms of trends in anti-ageing product, market breakup, regional market etc. Our industry analysts studied all the facets of the Indian Anti-Aging market to portray a crystal clear picture of current as well as the expected market outlook. Regulatory framework for Anti-Aging products is also highlighted in the report for the clarity of the manufacturers. It further highlights the competitive landscape of the Indian Anti-Aging market, describing the business, presence, product and price offering of major industry players. A list of distributors of Anti-Aging products is also provided in the report. Research Methodology 2. Anti-Aging Products — An Introduction 3. Indian Anti-Aging Market Outlook to 2022 3. Market Segmentation 3. Wrinkle Cream 3. Eye Treatment Cream 3. Moisturizers 3. Night Cream 3. Others 3. Dermatology Vs OTC Market 3. Regional Segmentation of Market 4. Growth Inhibitors 5. Consumer Buying Behavior Analysis 5. Need Analysis 5. Brand Preference 5. Product Usage Pattern 5. Awareness Media 5. Buying Channel 5. Buyers Price-points 6. Target Customer Segment 6. By Age-Group 6. By Income-Group 6. By Skin-type 7. Potential Population for Anti-Aging Products 8. Import Regulations 8. Route to Earmark Presence in Indian Market 9. Competitive Landscape 10. Retail Segment 10. Lotus Herbal 10. Olay 10. Oriflame 10. Vichy 10. Dermatology Segment 10. A-Derma 10. Auriga 11. Cosmeceuticals are the latest addition to the cosmetic industry, and are defined as beauty products that claim to have a medicinal value. The cosmetic segment has witnessed an exponential growth in India. Growth of cosmeceutical product is driven by increasing expenditure on cosmeceutical products due to increasing aging population, changing consumer lifestyle, wider choice of cosmeceutical products, and continuous innovation. Cosmeceuticals segment also highlight the growth potential, as demand is increasing for premium cosmeceuticals in the expanding... The Asian Dermatology Devices market is estimated to grow at a CAGR of 11. China holds a larger share in the Dermatology devices market around 28. The Asian Dermatology Devices market holds a high potential for growth in future due to a number of forces favoring this market. These include increasing number of people suffering from skin disorders, demand for devices at a lower cost and increasing awareness aesthetic procedures. However, price sensitive market is having an adverse effect on the dermatology devices market. In this report, the Asian Dermatology devices... Cosmeceuticals have become the fastest growing segment of the Cosmetics and Personal Care Industry. These products are described as cosmetic products with drug-like benefits and are the recent addition to the Cosmetics Industry. For centuries, cosmetics have been used to increase the overall appearance of the user. Over time it appeared that these products could serve another purpose. Rather than covering up imperfections or addressing only the symptoms of an issue, attention has shifted towards resolving the root cause of the issue through the use of pharmacology in conjunction with cosmetics. It is anticipated that the global cosmeceuticals market will... The advent of cosmeceuticals has revolutionized the Cosmetic and Personal Care Industry. These beauty products have the ability to resolve the cause of imperfections rather than covering them. Due to this ability, the share of cosmeceuticals is incessantly increasing in the Cosmetics and Personal Care Industry. The growth of the market is majorly driven by rising desire of people to maintain healthy skin without using chemicals. The common ingredients used in the preparation of cosmeceuticals are investigated in detail in the report. Dermatology devices are speedily gaining popularity not only due to their major role in aesthetic but also the rising cases of skin disorders such as vascular and pigmented lesions, skin cancer, acne problems and others in different regions of the world. Increasing dependence on different aesthetic procedures to achieve youthful skin is becoming a widely adopted practice in different countries. In such a scenario, enormous opportunity lies for industry participants to tap the fast growing market. Inclining consumer awareness... The skin care industry is a part of the FMCG sector, and is considered as one of the rapidly growing dynamic markets in India. Now-a-days, environmental aggression made the people very conscious about their skin care, as the skin is the largest organ in the human body and the most exposed to external conditions. The common skin problems faced by Indian people are skin darkening, patchy skin, acne spots and sunburns. Moreover, the awareness about the harmful effects of UV rays and other climatic factors on skin leads the consumer to be more specified about the cosmetic products as per... The report focuses on Alternative medicines, which includes AYUSH medicines and herbal products. Herbal products category includes the detail study about herbal hair care market, herbal skin care market, herbal oral care, herbal Chyawanprash, herbal balm and herbal digestives. Additionally, the report also covers sub segmentation for each herbal products market in India. The report covers recent trends and developments in India alternative... About lingerie India is one of the most attractive retail targets globally and represents a huge untapped market for lingerie. The term lingerie is mainly used for fashionable and alluring undergarments. Novelty, an evolving fashion industry, and growing need for comfort have resulted in increased demand for lingerie across geographies. The concept of online lingerie stores has enhanced the growth prospects of the lingerie market as it offers a wide range of international and private labels on a single platform. Executive Summary The report titled "Asia-Pacific Baby Hygiene Industry Outlook to 2020 - Rising Expenditure on Baby Hygiene with Better Health and Safety Standards to Drive Growth" provides a comprehensive analysis on the performance of baby hygiene products in the Asia-Pacific Region. The revenues of the Industry have been segmented country wise on the basis of personal and sanitary care baby products. Under each segment, aspect such as market size on the basis of revenue has been computed from the sales of Baby Diapers, Wipes, Soap, Shampoo, Lotion and Creams, Hair and Massage Oil, Toothbrush, Toothpaste and Others. The report... About Skin Lightening Products Women are seeking radiant, luminous skin with no dark spots, sun damage, or acne scars. In order to achieve flawless skin, consumers are investing in skin brightening products. Skin brightening products help in brightening and lightening the complexion, as well as simultaneously smoothing and firming the skin. For instance, Bare Minerals' Millicent Mineral Brightening Treatment and Shiseido's White Lucent Brightening Massage Cream are some of the skin brightening products available in the market. Covered in this...

次の

「アンチエイジング」に関連する株(銘柄)

アンチ エイジング 株式 会社

松浦 靖士: 大学を卒業後、AFLACに入社し、マーケティングや営業を担当していましたが、実家が代々事業を営んでいたということもあり、私自身、いつか独立をしたいと考えていました。 そのため、コロンビア大学のビジネススクールに入り、MBAを取得しました。 帰国後、コンサルタント会社を経て、イタリアのラグジュアリーブランドの輸入元として起業し、事業をスタートさせました。 その後、ダイヤモンドを扱うアメリカのオンラインジュエリーブランドの日本法人を立ち上げるなど、ブランドの輸入元という形で会社をしばらく運営していました。 また、当時は投資ファンドの経営者も兼任するなど、30代は多くの会社経営者として、様々な事業にチャレンジしていましたね。 しかし、会社の売買などを通して利益を上げることを続けていく中で、もう少し地に足を着けた事業をやりたいと思うようになりました。 それでいくつか事業を考えていた中で、テレビ通販最大手の企業にヘッドハントされた際、通販のマーケットの大きさや成長を目の当たりにし、通販業界に入ることを決めたのです。 通販はいかにリピートを増やすかということが重要ですので、それを軸に商材を考えていった結果、化粧品にたどり着き、プレミアアンチエイジングを創業しました。 松浦 靖士: 商売というのは、どんなものでも商材があれば成り立つものですので、新しい商材を扱うことに大きな抵抗はありませんでした。 ただ、時代の変化と共に人々の価値観が変わってくるという点で、むしろジュエリーといった商材に限界を感じていたという面もありました。 と言いますのも、今、日本は、着飾ったり、有名ブランドを持ったりすることで自分の価値を高めようというよりも、より内面的・本質的なものへ価値を求める風潮に変わってきています。 弊社のブランド『D. 』も、今でこそ知名度が上がりましたが、開発当初から有名だったわけではありません。 それでも、販売1年で化粧品の口コミサイト『 cosme』で1位を獲得できたのです。 そして人気ブロガーさんなど、トレンドに敏感なインフルエンサーの方々に注目され、一気に人気に火が付きました。 松浦 靖士: 現在の従業員数は18名ほどです。 少人数で運営できるということも、私がこの業界を選んだ理由の1つですね。 社員1人あたりの売上が高い方が、管理がしやすいという側面があります。 少人数ということで皆がチームワークを大切にしながら仕事に取り組んでいます。 ただ、1人1人の役割が大きくなりますので、自らの役割を理解して遂行するスキルが必要になります。 弊社の社員は、自分を俯瞰し、全体の中で自らがどう動くべきかをきちんと理解しています。 各々が持つ役割は、会社が成長していく中で常に変化していきます。 ですので、どのタイミングで自分が何をするべきかということを、自発的に考えられるということが非常に重要になると思います。 同社の看板商品『D. 』シリーズ。 御社の強みについてお聞かせください。 松浦 靖士: 私はいつもミーティングで「ルーティンを疑え」と言っています。 毎日行うルーティンワークですが、本当に正しいことをしているのだろうかと振り返ることが重要です。 そこが変わるならば、自分のしていることも変えないといけません。 私も昨日言っていたことが間違いだと思えば、たとえそれが翌日でも意見を訂正します。 そこを恥ずかしいと思ってはいけません。 その代わり、過ちに気づいたらすぐに訂正することは大切です。 例えば、筋肉はトレーニングをして一度壊すことで、再度、より強い筋肉が作られますよね。 それと同じで、ルーティンを疑い、それを壊して新しいものを作っていくことで組織が強くなっていくのです。 私自身、「こうしたらいいと思う」といった改善案やアドバイスなどをすぐに出せるのも、常にルーティンを疑っているからだと思っています。 そうしたマインドこそが弊社の強みだと言えますね。 松浦 靖士: 現在、台湾・香港・中国でテストマーケティングを行っているところです。 ただ、中国に関しては、弊社の関与しているルートとは無関係のところで、日本国内で弊社の商品を買われた方を通して商品が流通し、認知が進んできてしまっているという状況がありますので、販路を整えて展開していく必要があると考えています。 アジアではメイドインジャパンのスキンケア商品への信頼が厚いので、今後まずはアジアを中心に展開していきたいと思います。 しかし、中国の巨大なマーケットで広告を打とうとすれば、それなりに現地の広告事情やノウハウ、予算などが必要になります。 顧客の購買行動も日本とは異なりますし、そういったリサーチにはまだ少し時間がかかるかと思います。 まずは日本国内で様々な広告を打ってノウハウを蓄積させつつ、体力をつけてから本格的に進出をしていくべきだと考えています。 松浦 靖士: 弊社の場合、トレンドを知るという意味でも、まず情報収集力が必要な要素として挙げられます。 今の時代、同業種間だけではなく、異業種間でもビジネスが繋がることが多くなりました。 プライベートの時にもアンテナを張ることで、様々な場面でそういった繋がりを見つけることができます。 情報収集に必要なコミュニケーション能力を持っているということも大切ですね。 もうひとつは、専門知識や専門力を持っている人材です。 各々の役割を果たすためにも、専門力をいかに磨くかということは重要なポイントになります。 自分の専門分野などは、形や数字に落とし込める部分でもあります。 「何ができるのか」ということを目に見える形で表現できるので、履歴書でもそこを注視していますね。

次の

「アンチエイジング」に関連する株(銘柄)

アンチ エイジング 株式 会社

松浦 靖士: 大学を卒業後、AFLACに入社し、マーケティングや営業を担当していましたが、実家が代々事業を営んでいたということもあり、私自身、いつか独立をしたいと考えていました。 そのため、コロンビア大学のビジネススクールに入り、MBAを取得しました。 帰国後、コンサルタント会社を経て、イタリアのラグジュアリーブランドの輸入元として起業し、事業をスタートさせました。 その後、ダイヤモンドを扱うアメリカのオンラインジュエリーブランドの日本法人を立ち上げるなど、ブランドの輸入元という形で会社をしばらく運営していました。 また、当時は投資ファンドの経営者も兼任するなど、30代は多くの会社経営者として、様々な事業にチャレンジしていましたね。 しかし、会社の売買などを通して利益を上げることを続けていく中で、もう少し地に足を着けた事業をやりたいと思うようになりました。 それでいくつか事業を考えていた中で、テレビ通販最大手の企業にヘッドハントされた際、通販のマーケットの大きさや成長を目の当たりにし、通販業界に入ることを決めたのです。 通販はいかにリピートを増やすかということが重要ですので、それを軸に商材を考えていった結果、化粧品にたどり着き、プレミアアンチエイジングを創業しました。 松浦 靖士: 商売というのは、どんなものでも商材があれば成り立つものですので、新しい商材を扱うことに大きな抵抗はありませんでした。 ただ、時代の変化と共に人々の価値観が変わってくるという点で、むしろジュエリーといった商材に限界を感じていたという面もありました。 と言いますのも、今、日本は、着飾ったり、有名ブランドを持ったりすることで自分の価値を高めようというよりも、より内面的・本質的なものへ価値を求める風潮に変わってきています。 弊社のブランド『D. 』も、今でこそ知名度が上がりましたが、開発当初から有名だったわけではありません。 それでも、販売1年で化粧品の口コミサイト『 cosme』で1位を獲得できたのです。 そして人気ブロガーさんなど、トレンドに敏感なインフルエンサーの方々に注目され、一気に人気に火が付きました。 松浦 靖士: 現在の従業員数は18名ほどです。 少人数で運営できるということも、私がこの業界を選んだ理由の1つですね。 社員1人あたりの売上が高い方が、管理がしやすいという側面があります。 少人数ということで皆がチームワークを大切にしながら仕事に取り組んでいます。 ただ、1人1人の役割が大きくなりますので、自らの役割を理解して遂行するスキルが必要になります。 弊社の社員は、自分を俯瞰し、全体の中で自らがどう動くべきかをきちんと理解しています。 各々が持つ役割は、会社が成長していく中で常に変化していきます。 ですので、どのタイミングで自分が何をするべきかということを、自発的に考えられるということが非常に重要になると思います。 同社の看板商品『D. 』シリーズ。 御社の強みについてお聞かせください。 松浦 靖士: 私はいつもミーティングで「ルーティンを疑え」と言っています。 毎日行うルーティンワークですが、本当に正しいことをしているのだろうかと振り返ることが重要です。 そこが変わるならば、自分のしていることも変えないといけません。 私も昨日言っていたことが間違いだと思えば、たとえそれが翌日でも意見を訂正します。 そこを恥ずかしいと思ってはいけません。 その代わり、過ちに気づいたらすぐに訂正することは大切です。 例えば、筋肉はトレーニングをして一度壊すことで、再度、より強い筋肉が作られますよね。 それと同じで、ルーティンを疑い、それを壊して新しいものを作っていくことで組織が強くなっていくのです。 私自身、「こうしたらいいと思う」といった改善案やアドバイスなどをすぐに出せるのも、常にルーティンを疑っているからだと思っています。 そうしたマインドこそが弊社の強みだと言えますね。 松浦 靖士: 現在、台湾・香港・中国でテストマーケティングを行っているところです。 ただ、中国に関しては、弊社の関与しているルートとは無関係のところで、日本国内で弊社の商品を買われた方を通して商品が流通し、認知が進んできてしまっているという状況がありますので、販路を整えて展開していく必要があると考えています。 アジアではメイドインジャパンのスキンケア商品への信頼が厚いので、今後まずはアジアを中心に展開していきたいと思います。 しかし、中国の巨大なマーケットで広告を打とうとすれば、それなりに現地の広告事情やノウハウ、予算などが必要になります。 顧客の購買行動も日本とは異なりますし、そういったリサーチにはまだ少し時間がかかるかと思います。 まずは日本国内で様々な広告を打ってノウハウを蓄積させつつ、体力をつけてから本格的に進出をしていくべきだと考えています。 松浦 靖士: 弊社の場合、トレンドを知るという意味でも、まず情報収集力が必要な要素として挙げられます。 今の時代、同業種間だけではなく、異業種間でもビジネスが繋がることが多くなりました。 プライベートの時にもアンテナを張ることで、様々な場面でそういった繋がりを見つけることができます。 情報収集に必要なコミュニケーション能力を持っているということも大切ですね。 もうひとつは、専門知識や専門力を持っている人材です。 各々の役割を果たすためにも、専門力をいかに磨くかということは重要なポイントになります。 自分の専門分野などは、形や数字に落とし込める部分でもあります。 「何ができるのか」ということを目に見える形で表現できるので、履歴書でもそこを注視していますね。

次の