年金 手帳 再 発行 即日。 厚生年金、年金手帳は即日再発行できる!必要なものは?親や家族、代理人では不可!委任状の書き方や用紙に決まりは?|kirrinのネタ帳

年金手帳を紛失したら?再発行の申請先/手続き方法/必要日数など

年金 手帳 再 発行 即日

com) 年金事務所で手続きをすれば、即日再交付してもらえるケースが多いようです。 しかし、年金事務所によっては即日交付するにあたっての理由が必要になったり、翌日以降に郵送対応となったり、対応はさまざまです。 まずは年金事務所に確認をしましょう。 再交付にあたっての必要書類は、下記の通りです。 年金手帳再交付申請書• 顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど) 年金手帳再交付申請書は、日本年金機構のホームページからダウンロードが可能です。 年金事務所でも手に入りますが、申請書には基礎年金番号あるいはマイナンバーの記入が必要なため、基礎年金番号が分かるもの、あるいはマイナンバーカードを持参しましょう。 年金事務所は全国に300ヵ所ほどあります。 受付時間は、平日 月曜から金曜 午前8時30分~午後5時15分です。 年金事務所では、午後7時まで時間延長をしたり、第2土曜日に週末相談を実施したりしていますが、その時間帯では再交付の受付はしてもらえません。 通常の受付時間帯に足を運ぶようにしましょう。 急ぎじゃない場合はこちら。 被保険者ごとの申請窓口とかかる時間 (写真=PIXTA) 再交付の申請窓口は、国民年金の被保険者ごとに異なります。 自営業やフリーランス、無職の方など(第1号被保険者) 申請窓口は、市役所や区役所の年金係です。 年金係で受付を行い、年金事務所から年金手帳が郵送されます。 手帳が手元に届くまで1ヵ月ほどかかります。 厚生年金加入の会社員(第2号被保険者) 勤務先の所在地を管轄する年金事務所で直接手続きをします。 あるいは、勤務先の会社に年金手帳紛失を申し出て、会社の担当者が再交付手続きを行うことも可能です。 本人が直接年金事務所で手続きをすれば、即日交付してもらえるケースもありますが、勤務先の担当者が手続きをすると、年金手帳は郵送されるため、1ヵ月ほどかかることもあります。 ただし、窓口で急ぎであることを伝えると1~2週間で対応してくれる年金事務所もあるようです。 com) 年金手帳の再交付は、郵送や電子申請でも可能です。 郵送する場合は、年金手帳再交付申請書を被保険者ごとの担当部署まで送付しましょう。 郵送先は、第1号被保険者の方は、市役所、区役所などの年金係、第2号被保険者の方は、勤務先の所在地を管轄している年金事務所、あるいは事務センターです。 事務センターとは、年金事務の郵送受付を行なっている機関で、日本年金機構のホームページで送付先を確認できます。 対応日数については、次の通りです。 第1号被保険者:年金手帳が自宅に届くまで約1ヵ月• 第2号被保険者:年金事務所に郵送した場合は、送付先の年金事務所によって対応方法が異なるため、所要時間も異なります。 1週間ほどで届く場合もあれば、1ヵ月ほどかかる場合もあります。 なお、事務センターに郵送すると1ヵ月ほどかかります。 com) 次に、電子申請の場合です。 電子申請には、事前準備が必要。 利用するにあたり、アプリケーションのインストールと電子証明書の取得が必須となります。 電子証明書とは、電子署名を行う際に必要で、電子署名と電子証明書は印鑑と印鑑証明書のようなものです。 電子証明書を取得するには、認証局と呼ばれる機関に交付の申込みを行います。 電子証明書は、ICカード形式のものなどがあり、交付には1~2週間かかりますし、料金もかかります。 これらを準備した上で、電子申請を行いましょう。 申請したデータは担当の年金事務所や事務センターに送信されるので、年金手帳が手元に届くまでの時間は郵送の場合とそれほど変わらないでしょう。 電子申請のシステムを使ったことがない方にとっては、最も時間と手間がかかる手続きとなるため、窓口で申請するか郵送で申請するのが現実的な方法だといえます。 再交付手数料は無料 年金手帳を再交付するにあたって、手数料はかかりません。 com) 年金手帳の再交付には基礎年金番号が必要です。 しかし、基礎年金番号がわからないこともあるでしょう。 そんな時はねんきんネットに登録しておくと便利です。 ねんきんネットにアクセスすれば基礎年金番号はすぐにわかりますし、ご自身の年金納付状況も確認できます。 ねんきんネットは、ねんきん定期便に記載されているアクセスキーを使って登録が可能です。 アクセスキーには有効期限があり、ねんきん定期便到着後3ヵ月です。 期限切れの場合は、ねんきんネットからユーザーIDの交付を申込み、交付されたユーザーIDで登録を行います。 また、マイナンバーで行政手続きができるマイナポータルからもログインできるようになりました。 マイナンバーカードを読み取るための媒体が必要ですが、マイナンバー読み取り機能が搭載されたAndroidのスマホもありますから、対応しているスマホを持っている人は、マイナンバーから登録してみてはいかがでしょうか。 いつでもどこでも自分の年金の状況が確認できるねんきんネットは、将来の資金計画を立てるときなどにも役に立つはず。 まだ登録していない人は、これを機にぜひ登録してみてください。 文・前田菜緒(CFP・1級ファイナンシャルプランナー) 【こちらの記事もおすすめ】 > > > > >.

次の

年金手帳を即日再発行する方法とは?郵送申請でかかる時間は?

年金 手帳 再 発行 即日

スポンサーリンク 年金手帳が紛失した場合再発行できる? 紛失した 年金手帳の再発行できます。 第1号~第3号の被保険者すべてが再発行の受付をしています。 次に、年金手帳はどこの場所で再発行できる場所についてみていきましょう。 紛失した年金手帳を再発行できる場所は? 紛失した年金事務所を再発行できる場所は、ご自身の 所轄の年金事務所で再発行できます。 市役所(年金課)の場所では再発行できないのでご注意ください。 もし市役所の年金課に行っても、年金事務所に行ってと言われるのでご注意ください。 紛失した年金手帳の手続き方法 年金事務所で 年金交付申請書をという紙があるので、それを書いて窓口に提出します。 窓口で年金手帳を紛失した旨を話せば、用意してくれます。 手続きした場合、当日または後日受取、または郵送という形でおくられます。 急いだ場合でも、郵送の場合はわりと時間はかかると思います。 紛失したときの年金手帳を再発行に持っていくもの 年金事務所に年金手帳を再発行する場合、持ち物はこちらです。 ・身分証明書 本人証明ができる身分証明書 免許証・パスポート・健康保険証・マイナンバーカードなど 即時発行して欲しい場合は、必ず必要となります。 ・印鑑 一応持っていくとOK ・ 基礎年金がわかるもの 国民年金の納付書(たまにくる年金のお知らせのはがき)などあると手続きがスムーズになります。 ・ 年金証書 すでに年金が受給されている場合、年金証書があると手続きが楽にです。 基礎年金番号がわかるもの 納付書や年金証書 を持っていくとスムーズに手続きできますが、なくても時間はかかりますが大丈夫です。 スポンサーリンク 紛失した年金手帳は代理人は再発行できる? 忙しくて年金事務所に行けない場合、奥さんなどの代理人にお願いしたい場合もありますよね。 紛失した年金手帳を代理人が再発行できるかというと、 紛失しても代理人の再発行はできます。 場所は所轄の年金事務所で大丈夫ですよ。 その場合には委任状が必要で、後日新しい年金手帳が送られてきます。 ・事業主・事業主の代理事務員 事業主を通して年金の申請書を提出した人 ・法定代理人 法定代理人とわかる書類が必要 ・社会労務士・社会労務士の代理の人 主に年金手帳の即日発行は「専門家」や「企業」的な人なら大丈夫です。 そのため大概個人で再発行する場合は、郵送が一般的になります。 ただ代理人にお願いする場合は、持ち物が増えます。 代理人の年金手帳の再発行に必要な書類は? 代理人が申請者の紛失した年金手帳を再発行するには、下記の持ち物が必要となります。 ・ 委任状 様式は任意 ・本人の印鑑・認印 委任状に押されたもの ・代理人(年金再発行者)の身分証明書 免許書やパスポートなど顔写真があるもの ・基礎年金番号がわかるもの 無くてもOK 委任状がない場合、再発行してくれない可能性が高いです。 念のために代理人の身分証明書ももっていくと安心です 年金手帳の委任状の書き方 委任状は自分で用意します。 役所や年金事務所など委任状の紙はないからです(と思われます) もし委任状の作り方・書き方がわからない場合は、委任状のテンプレート・ひな形のサイトがあるのでmそれに書いて提出すると便利ですよ。 A4ぐらいで印刷するとよいですよ。 プリンターがない場合は、セブンイレブンのプリントサービスで簡単に印刷できます。 年金手帳の再発行の料金 紛失した年金手帳の再発行の料金は基本かからず、 無料で再発行できます。 まとめ 年金手帳は再発行で来て、場所は年金事務所で紛失したときの手続きができます。 代理人が行く場合は、委任状は必須だと思うので年金事務所に行くときは、必要なものを用意してみてくださいね。

次の

年金手帳について。年金手帳は即日発行可能性でしょうか?今年大...

年金 手帳 再 発行 即日

(写真=PIXTA) 年金手帳は、被保険者本人が「年金手帳再交付申請書」を提出することで再発行してもらえます。 再発行の手続きは、電子申請、郵送、窓口持参の3種類。 再発行申請書の提出先は加入する年金の制度によって異なり、住所地の市区町村役場、勤務する事業所、勤務する事業所の所在地を管轄する年金事務所、被保険者であった最後の事業所あるいは住所地を管轄する年金事務所などがあります。 3種類の再発行手続きについて、簡単に紹介しますね。 電子申請手続き 電子申請(e-Gov)は、自宅のパソコンからオンラインで再発行の申請を行えます。 窓口に行く時間が取れない人には便利ですね。 利用にはパソコンの環境設定が必要になりますので、自分が利用できるかどうか、e-Govサイトで確認してみましょう。 郵送手続き 郵送手続きは、日本年金機構のサイトから「年金手帳再交付申請書」をダウンロードし、必要事項を記入します。 郵送先は、基本的には最寄りの事務センターです。 国民年金第1号被保険者または、任意加入被保険者の場合は、住んでいる地域の市区町村役場になります。 郵送時の封筒には、送付先事務センター名と郵便番号を記入するだけで届きますよ。 窓口の手続き 年金事務所の窓口で再発行申請手続きをすると、年金手帳を即日再発行してもらうことができます。 ただし、即日発行できるのは本人、あるいは一定の条件を満たす代理人による申し出に限られています。 代理人として認められているのは、事業主・事業主の代理となる事務員のほか、社会保険労務士・社会保険労務士の代理となる人、法定代理人です。 会社に手続きをしてもらう場合は、事業主の代理となる事務員(多くの会社では総務の人)が、手続きをしてくれます。 窓口で即日発行しない限り、年金手帳は郵送で再発行 (写真=PIXTA) 年金手帳の再発行手続きに必要な書類は、手続き方法によって異なります。 どの手続きでも必要なのは、「年金手帳再交付申請書」とマイナンバーの記載。 申請書は、日本年金機構のサイトからダウンロードが可能ですし、年金事務所や市区町村役場で入手することもできます。 会社の総務部にストックがある場合もあるので、会社経由で手続きを行う場合は聞いてみるといいでしょう。 電子申請(e-Gov)の場合は、申請書のほかに、本人確認のための電子証明書が必要です。 郵送の場合は、添付書類は特に必要ありません。 記入例は日本年金機構サイトで確認できるので、迷った場合は参考にしましょう。 窓口で即日発行してもらいたい場合は、申請者が本人であることが確認できる身分証明書を忘れないようにしましょう。 本人確認ができる主な書類は、個人番号カード(顔写真つき)、運転免許証、パスポートなどがあります。 健康保険証を身分証明書にする場合は、金融機関の預金通帳なども必要です。 法定代理人に申請してもらう場合は、戸籍謄本、法定代理人の本人確認ができる書類、日本年金機構が送付した基礎年金番号がわかる書類が必要になります。 郵送で再発行する場合は?最寄りの事務センターの調べ方 (写真=PIXTA) 年金手帳は、普段使わないので存在を忘れがちですが、人生の節目に必ず登場する大切なもの。 年金手帳の紛失に気づいたら、すぐに再発行の手続きをしておきましょう。 再発行に手数料はかかりません。 もちろん、氏名や住所が変わったら、すみやかに変更の手続きをしておくことも忘れずに。 誕生月には、日本年金機構から「ねんきん定期便」が届きます。 未納月の確認と一緒に、手帳の確認もしておきたいですね。 文・藤原洋子(ファイナンシャル・プランナー) iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみる 圧倒的な商品数と無料ロボアドバイザーの利用で自分に合った商品が選べる 運用コストを抑えた商品ラインナップと無料のウェブセミナーが充実 簡単な質問に答えるだけでポートフォリオを提案してくれるファンドナビが便利 創業100年の歴史と実績がある老舗、厳選ラインナップで商品が選びやすい お客様満足度94.

次の