ベンじい。 おじいちゃんが主役の映画オススメを厳選しました

[B!] ベンじい on Twitter: 世界一と言われるほど美味しいホテルオークラ特性フレンチトースト。実はレシピが公開されていて、これまた衝撃的な美味しさ。調理は時間30分。 家でこのクオリティ作れたら絶対モテる。自…

ベンじい

「恋愛とか仕事とか、人生ちょっと疲れたな」という時、たまにはおじいちゃんが主役の映画を観てみませんか? 人生の大先輩からの、名言格言をもらえるかもしれませんよ。 ということで、おじいさんが主役のオススメ映画をまとめました。 楽しい話だけじゃなく悲しい話も混じっていますが、ぜひチェックしてみてください。 マイ・インターン ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイトを経営・管理する会社のCEOとして充実した日々を過ごしていた。 仕事と家庭を両立するパーフェクトな女性像そのものの彼女はまさに勝ち組だったが、ある日、試練が訪れる。 同じころ、シニアインターンとして、40歳も年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)がジュールズの会社に来ることになり……。 これは元気が出るハッピー映画の代表ですね! 年をとろうがいつまでも素敵でいたい。 そう思わせてくれます。 アンハサウェイとデニーロの友情のような家族愛のようなものが最高です。 年上の包容力を感じます。 定番ですが、、元気が欲しい時にぜひ観ていただきたい1本です! ストレイト・ストーリー 1994年にNYタイムズに掲載された実話を基に、「ツイン・ピークス」のデヴィッド・リンチ監督がユーモアとペーソス溢れるタッチで描いた感動作。 アメリカ・アイオワ州ローレンスに住む73歳のガンコな老人アルヴィン・ストレイト。 ある日、彼のもとに、76歳の兄が心臓発作で倒れたという知らせが入る。 10年来仲違いをしていた兄に会うため、アルヴィンは周囲の反対を押し切り、たったひとりで時速8kmのトラクターに乗って旅に出ることを決意する。 これは私のお気に入り映画でも紹介した映画です。 とても好きな、のんびり癒される映画です。 ただ、動画サービスで配信されているのを見たことがないので、レンタルか購入するしかないかもしれませんが… 機会があれば、まったりしたい時にぜひ観ていただきたい1本です。 手紙は憶えている 90歳のゼヴ(クリストファー・プラマー)は、妻を亡くしたことさえ忘れるほど物忘れが進んでいた。 ある日、彼に友人マックス(マーティン・ランドー)が1通の手紙を託し、家族を殺したドイツ人兵士への復讐(ふくしゅう)を依頼する。 自分と同じくアウシュビッツ収容所の生き残りで体が不自由な友人のために、ゼヴは単身でリベンジを果たそうとするが……。 これも悲しい、後味の良くない衝撃の映画です。 あらすじにも出ているので書いちゃいますが、おじいちゃんが復讐のために旅に出る話です。 記憶も曖昧で旅の目的も忘れてしまうような身体で頑張る姿は応援したくなります…最後の頑張りが復讐という時点で悲しい話ですが。 これはフラットな気持ちの時に観ていただきたい1本です。

次の

ベンディードールキット おじいさん:おもちゃ:百町森

ベンじい

2 列王記上 20章28節 ときに、ひとりの神の人が近づいて来て、イスラエルの王に言った。 「【主】はこう仰せられる。 『アラムが、主は山の神であって、低地の神でない、と言っているので、わたしはこのおびただしい大軍を全部あなたの手に渡す。 それによって、 あなたがたは、わたしこそ【主】であることを知るであろう。 20章は大きく三つの部分に分かれます。 最も重要なのは 3 の部分です。 そこには「偶像礼拝」がどういうことか、その本質を見せられます。 1 01節~25節 ベン・ハダデの最初の攻撃 2 26節~34節 ベン・ハダデの再攻撃 3 35節~43節 アハブの死の預言 1. ベン・ハダデと「契約を結んだ」アハブ• アラムの王ベン・ハダデがサマリヤを包囲し、攻めたことが記されています。 それはおびただしい軍勢で、北イスラエルの王アハブはベン・ハダデの要求をそのまま呑むより致し方ありませんでした。 強気に出たベン・ハダデはさらなる要求を突き付けましたとき、ひとりの預言者が主から遣わされ、「このおびたたじい大軍をあなたの手に引き渡す。 あにたは、わたしこそ、主であることを知る」とアハブに語りました。 この預言通り、アハブはアラムを打って、大損害を与えました。 しかし、翌年、再び、ガリラヤ湖の東附近にあるアフェクで戦いのために互いに対峙します。 その時にも、あるひとりの神の人がアハブのもとに遣わされて言います。 「わたしはこのおびただしい大軍を全部あなたの手に渡す。 それによって、あなたがたは、わたしこそ【主】であることを知るであろう。 実際、そのようになりました。 ベン・ハダデは降伏しますが、アハブはなんと彼を殺すことなく、寛大に処置しただけでなく、契約を結んで、彼を去らせたのでした。 このアハブの処置は主のみこころを損ねたのです。 預言のことばに「不機嫌になり、激しく怒った」アハブ• 20章の最後にあるアハブについての記述は、アハブがどういう者であるかをよく表しています。 ある教会に通っているひとりの女性が結婚のことで相談したいということで、その教会の牧師と話をすることになりました。 それからその彼女は教会に来ることがなくなりました。 事の真相は、彼女は自分の結婚のことで、牧師に自分の結婚についての考えに同意してほしかっただけでした。 ですから、それが受け入れられなかったとき、彼女はその教会を去ったのです。 この問題の根底には、「偶像礼拝むというものがどういうことかを如実に表しています。 つまり、形のなっている偶像を拝むことが偶像礼拝なのではなく、あくまでも、自分中心な思いや生き方そのものが偶像礼拝なのです。 自分の思いや考えが受け入れられないことで、アハズのように「不機嫌になり、激しく怒る」という気持ちや行為を取るとき、それは立派な偶像礼拝なのです。 偶像の本質はどこまでも「自分のため」であり、その目的のために神も利用されるのです。 アハブとの戦いは主の戦いであり、そこにおける勝利はどこまでも神自身のものでした。 したがって、敵の所有しているものはすべて主のものです。 にもかかわらず、アハブはベン・アダムを殺すことでそのいのちを主にささげることをせずに、自分の将来の利益を考えて彼と契約を結びました。 主が「わたしが聖絶しようとした者をあなたが逃がした」というのは正しいのです。 かつて、イスラエルの初代の王サウルは、アマレクとの戦いにおいて聖絶せよと主から言われましたが、サウル王はアマレクの王アガクを生かし、また、価値あると思われるものを残しておきました。 そのことは預言者サムエルによって非難されたばかりが、主はサウルを王位から退かせられました。 アハブのベン・アダデに対する処置は、人間的に考えるならば、一見心優しい処置と言えます。 しかしそこには、何が自分にとって益となるがか常に計算されているのです。 それが偶像礼拝という罪です。 この罪の代償は死であり、彼のみならず、やがてし北イスラエル全体の罪として神のさばきをもたらすことになるのです。

次の

[B!] ベンじい on Twitter: そこでの三種の神器が、 1 雲の上の心地 「コールマン インフィニティチェア」 2 キャンドルの灯り 「BALMUDA The Lantern」 3 BOSEの360度スピーカー 「So…

ベンじい

「恋愛とか仕事とか、人生ちょっと疲れたな」という時、たまにはおじいちゃんが主役の映画を観てみませんか? 人生の大先輩からの、名言格言をもらえるかもしれませんよ。 ということで、おじいさんが主役のオススメ映画をまとめました。 楽しい話だけじゃなく悲しい話も混じっていますが、ぜひチェックしてみてください。 マイ・インターン ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイトを経営・管理する会社のCEOとして充実した日々を過ごしていた。 仕事と家庭を両立するパーフェクトな女性像そのものの彼女はまさに勝ち組だったが、ある日、試練が訪れる。 同じころ、シニアインターンとして、40歳も年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)がジュールズの会社に来ることになり……。 これは元気が出るハッピー映画の代表ですね! 年をとろうがいつまでも素敵でいたい。 そう思わせてくれます。 アンハサウェイとデニーロの友情のような家族愛のようなものが最高です。 年上の包容力を感じます。 定番ですが、、元気が欲しい時にぜひ観ていただきたい1本です! ストレイト・ストーリー 1994年にNYタイムズに掲載された実話を基に、「ツイン・ピークス」のデヴィッド・リンチ監督がユーモアとペーソス溢れるタッチで描いた感動作。 アメリカ・アイオワ州ローレンスに住む73歳のガンコな老人アルヴィン・ストレイト。 ある日、彼のもとに、76歳の兄が心臓発作で倒れたという知らせが入る。 10年来仲違いをしていた兄に会うため、アルヴィンは周囲の反対を押し切り、たったひとりで時速8kmのトラクターに乗って旅に出ることを決意する。 これは私のお気に入り映画でも紹介した映画です。 とても好きな、のんびり癒される映画です。 ただ、動画サービスで配信されているのを見たことがないので、レンタルか購入するしかないかもしれませんが… 機会があれば、まったりしたい時にぜひ観ていただきたい1本です。 手紙は憶えている 90歳のゼヴ(クリストファー・プラマー)は、妻を亡くしたことさえ忘れるほど物忘れが進んでいた。 ある日、彼に友人マックス(マーティン・ランドー)が1通の手紙を託し、家族を殺したドイツ人兵士への復讐(ふくしゅう)を依頼する。 自分と同じくアウシュビッツ収容所の生き残りで体が不自由な友人のために、ゼヴは単身でリベンジを果たそうとするが……。 これも悲しい、後味の良くない衝撃の映画です。 あらすじにも出ているので書いちゃいますが、おじいちゃんが復讐のために旅に出る話です。 記憶も曖昧で旅の目的も忘れてしまうような身体で頑張る姿は応援したくなります…最後の頑張りが復讐という時点で悲しい話ですが。 これはフラットな気持ちの時に観ていただきたい1本です。

次の