マスク で 肌荒れ。 マスクが原因で肌荒れに?それでもマスクは必須な場合

マスクで肌荒れしない方法は?肌荒れ防止対策まとめ! | monjiroBLOG

マスク で 肌荒れ

マスクをしていたら乾燥がひどくなった気がします このようにマスクによる肌荒れは、さまざまな症状として表れることがわかります。 ここからは、マスクで肌荒れする原因についてお話ししたいと思います。 引用:、 マスクで肌荒れするのは素材によるアレルギーが原因?! 口コミで多かった意見として「マスクの素材が合わない」というものが上がりました。 多くの使い捨てマスクは化繊を使った不織布で出来ていることから、化繊アレルギーの方は痒みや赤みが症状として表れやすくなります。 また、耳にかける紐にゴムが使われているマスクをゴムアレルギーの方が付けると、アレルギー症状が出ることがあります。 「今までアレルギーなんて気にしてなかったけど、マスクで肌荒れしてアレルギーだって判明した」という方も少なくありませんよ。 そのマスク、顔に合ってる?サイズの合わないマスクで肌荒れが! マスクで肌荒れする原因として、サイズの合わないマスクによる摩擦で肌荒れすることが上げられます。 ちょっとした体形の変化で、今まで付けていた下着がきつくなったりゆるくなったりして体に痒みや赤みが出たことはありませんか? マスクも同じで、マスクの跡が残るほど顔に対して小さすぎるマスクは肌に密着して摩擦が起きやすくなります。 逆にすき間が空いてしまうほど大きすぎるマスクは、風邪・インフルエンザ予防や花粉症対策に向かないのでマスクとしての機能を果たしません。 また、マスクが大きすぎると耳や鼻、頬骨などにマスクが当たりやすくなり摩擦が起きることがあります。 「少しの間だし大丈夫でしょ」と適当にマスクを選ぶと、マスクを外した時に肌荒れが…なんてことも考えられますよ。 一部出典: マスクの中はニキビ・吹き出物など肌荒れの温床?! マスクによる肌荒れは痒みや赤みが出るだけではありません。 マスクをすると覆われている鼻や頬、あごにニキビ・吹き出物が出やすくなると、口コミでも意見が上がっています。 マスクの中は自分の吐いた息によって水蒸気で満たされて、湿度が高い状態になります。 夏場に汗で蒸れて、あせもが出来たり体の部位によってはニキビ・吹き出物が出来たりしたことはありませんか? マスクの中は夏場の蒸れた状態と同じような環境になるため、ニキビ・吹き出物が出来やすくなると言えるのです。 また、女性の場合メイクした状態でマスクをすることがありますが、ファンデーションや日焼け止めは多くの油分をベースに作られているため、毛穴をふさいでニキビ・吹き出物が出来やすい肌状態へと導いてしまいます。 更に、使い捨てマスクを一日中付けっぱなしにしたりガーゼマスクを洗わずに繰り返し使ったりしてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなりニキビ・吹き出物の原因菌であるアクネ菌も増えやすくなります。 「マスクをしたらニキビが出来て、ニキビがはずかしくてマスクが外せないから全然治らない」という悪循環に陥る方も少なくありません。 一部出典: マスクでうるおうはウソ?!乾燥による肌荒れに要注意 「マスクをしていると肌がうるおうから冬場は特に欠かせない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でも、マスクでうるおうのは鼻やのどだけで、肌は逆に乾燥してしまうのです。 先にもお話ししましたように、マスクをすると自分の吐いた息でマスク内に水蒸気が充満します。 この水蒸気が肌に付いた状態で、マスクを外したりマスクと顔の間に隙間が出来たりすると水蒸気が一気に蒸発して肌の水分を奪ってしまいます。 マスク内の水蒸気で肌がうるおったように感じますが、実は乾燥を促してしまうことに繋がりますから注意したいですね。 一部出典: マスクで肌荒れしないためのマスクの選び方&使い方のコツ マスクで肌荒れする原因がわかったところで、ここからは肌荒れしないためのマスク選びのポイントとマスクの使い方のコツをご紹介したいと思います。 ガーゼ素材のマスクで肌荒れとお別れ! 化繊アレルギーや不織布などの素材で痒みや赤みが出る方にはガーゼ素材のマスクがおすすめです。 使い捨て出来る不織布マスクと違い、手洗いする手間はありますが肌への当たりは圧倒的にやさしく肌荒れしにくいと口コミでも評判になっています。 仕事でマスクを付けなければいけないという方は使い捨ての不織布マスクを使う必要がありますが、風邪・インフルエンザ予防や花粉症対策でマスクをしたい方にはガーゼ素材のマスクをおすすめします。 自分の顔に合ったサイズのマスクを選んで肌荒れの原因、摩擦を減らそう 顔のサイズに合ったマスクを選ぶことで肌とマスクの摩擦を減らして肌荒れを防ぐことが出来ます。 小さめサイズやキッズ用はもちろん、最近では力士やレスラーなど顔の大きい方に合うビッグサイズのマスクもあります。 自分にピッタリ合ったマスクを見つけて、正しい付け方を行うことで肌荒れだけでなく風邪・インフルエンザ予防や花粉症対策にも効果を発揮してくれますよ。 一部出典: ニキビ・吹き出物、乾燥などによる肌荒れには内側ガーゼ&こまめに交換がおすすめ マスクを付けるとニキビ・吹き出物が出来る方や乾燥する方には肌に当たる内側にガーゼを仕込むことをおすすめします。 自分の吐いた息による水蒸気で蒸れてニキビ・吹き出物が出来やすい状態になることを防いだり蒸発する前に水蒸気をガーゼが吸収してくれたりする効果が期待できます。 「ガーゼを仕込むのが面倒…」という方には肌に当たる内側がガーゼになっているマスクもありますので試してみてくださいね。 また、マスクを付けっぱなしにすることで雑菌が繁殖しニキビ・吹き出物が出来やすくなりますから、マスクを付けっぱなしにせず外せる時は外したりこまめに新しいマスクと交換したりすることも肌を清潔に保つことに繋がるのでおすすめです。 一部出典: マスクによる乾燥などの肌荒れには肌にやさしい保湿アイテムや保湿マスクが効果的 マスクを付けることで乾燥を感じる方には低刺激で保湿効果の高いアイテムを選んでみましょう。 マスクで肌荒れして敏感になった肌にスピーディーかつやさしく働きかけ、ターンオーバーを整える効果が期待出来る医薬品や医薬部外品のアイテムがおすすめです。 また、のどや鼻をうるおす保湿マスクも乾燥で肌荒れしてしまう方に試してほしいマスクです。 かなり保湿効果が高いのでメイク崩れしてしまう可能性がありますが、ナチュラルメイクや日焼け止めだけでも大丈夫な場面でマスクをする時におすすめのマスクです。 肌荒れしにくいマスクおすすめ4選 マスクの選び方や使い方をご紹介したところで、ここからはおすすめマスクをご紹介したいと思います。 ぜひマスク探しの参考にしてみてくださいね。 マスクで肌荒れしている時におすすめの肌にやさしいガーゼマスク アレルギーやニキビ・吹き出物、乾燥などが気になる方におすすめのガーゼマスクと内側がガーゼになっているマスクをご紹介します。 画像: 中川政七商店 やわらか立体ガーゼマスク 中川政七商店は享保元年(1716)に奈良で創業された、老舗の麻織物をメインに全国のこだわりの名品を扱う雑貨店です。 やわらか立体ガーゼマスクは、医療用にも使われるガーゼで作られたマスクで肌荒れした肌にやさしい当たりが特徴です。 不織布マスクとくらべて花粉などのカット率は低いですが、マスクで肌荒れした肌におすすめです。 小さめサイズもありますから自分にピッタリ合ったマスクを選ぶことが出来ます。 画像、出典: DCMブランド 内側ガーゼマスク 大手ホームセンターのDCMホールディングスのDCMブランドは「こんないいものがこの価格で」をモットーに開発されているPBブランドです。 内側ガーゼマスクは、文字通りマスクの内側がガーゼになっていて蒸れにくく肌荒れしにくいのが特徴です。 花粉・ウイルスを99%カットするフィルターを採用なのでオールシーズン使え、衛生的に持ち運べる個包装な上にコスパのいいマスクです。 画像、出典: 乾燥や摩擦で肌荒れした肌にやさしいマスク 続いて肌を摩擦や乾燥から守る効果が期待出来るマスクをご紹介したいと思います。 アラクス PITTA MASK アラクスのPITTA MASKは、これまでの不織布などの化繊ではなく肌への密着度が高くやわらかい肌触りのポリウレタン素材のマスクです。 高い通気性があり、顔の凹凸に沿って密着して花粉などをカットする作りでも息苦しくないので快適に過ごせます。 繰り返し洗って使えるので衛生的ですから、使い捨ての不織布マスクで摩擦が起きて肌荒れした方におすすめです。 画像、出典: ゴーウェル ハイテク保湿マスク 快適 トラベルグッズを販売するゴーウェルのハイテク保湿マスク 快適は、マスクの中に保湿シートを内蔵したマスクです。 砂漠より乾燥すると言われている飛行機内で付けることを想定して開発されているので、とにかく高い保湿効果が特徴です。 マスクで乾燥したくない人におすすめです。 画像、出典: マスクで肌荒れ…試してほしいスキンケア法 マスクで肌荒れしやすい方におすすめのマスクをご紹介したところで、ここからはマスクで肌荒れした肌に試してほしいスキンケアをご紹介したいと思います。 今、使っているスキンケアアイテムでも応用できますので今日から始めてみてくださいね。 マスクで肌荒れした時のクレンジング・洗顔は、とにかくやさしく! クレンジング・洗顔は肌をこすらないように行うというのは皆さんご存知ですよね。 マスクで肌荒れしている時には、いつも以上にやさしくクレンジング・洗顔を行うように心掛けましょう。 痒みや赤みが出たりニキビ・吹き出物が出来たりしている状態の肌は、かなり敏感になっていて少しの刺激でも炎症したり状態が悪化したりする可能性があります。 クレンジング力の強いクレンジングオイルよりミルクやクリームタイプがおすすめですが、オイルでもいつもより多めにして短時間で終わらせ、しっかりすすぐことをおすすめします。 洗顔も泡をしっかり立てて洗う時間を短くすることで、洗浄剤が肌に触れる時間を短縮して肌への刺激を最小限にしましょう。 洗う時間が短くても汚れが落ちるよう、メイクや日焼け止めはいつもより軽めを意識したり洗顔でも落とせるものを使ったりすることをおすすめします。 スキンケアのフルコース、マスクで肌荒れしている時はお休みしよう 先にもお話ししましたように、マスクで肌荒れしている肌はとにかく敏感でいつものスキンケアが合わなくなることも。 特に、美白アイテムは肌が敏感な状態だと刺激になりやすいのでマスクで肌荒れしている時にはホワイトニングケアはお休みすることをおすすめします。 パックなどのスペシャルケアも肌が落ち着いてから行うようにして、化粧水と乳液・クリームだけのシンプルケアで肌の状態を整えましょう。 マスクで肌荒れしたらメイクは最小限が鉄則! 先にもお話ししましたように、マスクで肌荒れしている時にはクレンジング・洗顔はやさしく行うことがおすすめなので、落としやすいことを前提にしてメイクは薄くすることをおすすめします。 また、マスクを付けることでニキビ・吹き出物が出来やすい方も毛穴をふさいだり雑菌が増えたりする原因になりますからメイクは最小限を心掛けましょう。 お仕事によってはフルメイクでなければいけない方もいらっしゃいますが、ナチュラルメイクや日焼け止めだけでも可能であればマスクで肌荒れしている時には肌への負担を考えたメイクをおすすめします。 マスクで肌荒れした時におすすめしたい保湿アイテム3選 マスクで肌荒れした時のスキンケア法をお話ししたところで、おすすめのスキンケアアイテムをご紹介したいと思います。 マスクによる肌荒れで敏感になった状態でも使えるアイテムを厳選したので、参考にしてみてくださいね。 マスクで肌荒れしたら小林製薬 Saiki(さいき)がおすすめ 小林製薬のさいきは、乾燥による肌荒れを治療することを目的に開発された医薬品シリーズです。 一時的な保湿と違い、「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きで肌の新陳代謝を促すヘパリン類似物質を配合しています。 医薬品ならではの効き目の早さと大手メーカーのコスパの良さが魅力の保湿アイテムです。 画像、出典: マスクで肌荒れした時はDECENCIA(ディセンシア)つつむ 大手化粧品メーカーのポーラとオルビスの共同開発で誕生したディセンシアは、敏感肌に悩む方に支持されている化粧品ブランドです。 ディセンシアつつむは外部刺激から徹底的に肌を守り、敏感肌に不足しがちなうるおいを与えながら肌を整えるベーシックケアシリーズです。 うるおいを与えながら肌のターンオーバーを整える独自の特許技術で、マスクで荒れた肌もやさしく美肌へと導いてくれます。 おすすめはジェントルクリームウォッシュ。 モコモコの濃密泡がマスクで荒れた肌をやさしく洗い上げてくれます。 画像、出典: マスクで肌荒れしてしまったら資生堂 d プログラム 敏感肌研究40年の資生堂によるd プログラムは「ときどき敏感肌からなりたい肌へ」をモットーにしたアイテムで多くの女性から支持されています。 マスクによる肌荒れで乾燥が気になる方にはモイストプログラム、ニキビ・吹き出物で悩む方にはアクネケアプログラムと悩みや肌状態に合わせて選べるのもうれしいポイントです。 特におすすめなのが薬用ベースメイクシリーズ。 2種類の有効成分配合で、肌荒れしてファンデーションを塗りたくない時もメイクしながら肌荒れケアしてくれる魅力的なアイテムです。 画像、出典: まとめ マスクで肌荒れ!マスクの選び方と使い方のコツ&スキンケア法、いかがでしたでしょうか。 風邪・インフルエンザ予防や花粉症対策、自分が風邪を引いて咳が出てしまう時のエチケットとしてマスクは欠かせないアイテムです。 マスクの正しい選び方や使い方を知って肌荒れせずに上手にマスクと付き合っていきたいですね。

次の

マスクが原因!口周りのニキビや肌荒れの治し方を紹介します

マスク で 肌荒れ

読みたいページへジャンプ• 毎日のマスクで肌荒れはする? 結論から言うと、 毎日のマスクでの肌荒れは、何かしら自分に合っていないのが原因です。 ちゃんと自分に合ったものを使えば肌荒れはせず、むしろお肌へのメリットの方が大きいです。 また、自身の肌質によっても合うマスク、合わないマスク」などがあるのでその点も気を付けるべきです。 毎日のマスクによる肌荒れの原因 それでは、そんな肌荒れの原因を1つずつ解説していきます。 マスクの材質 最近では、使い捨てマスクとして不織布マスクを利用することが増えました。 ですが、 不織布が意外と硬く、肌に摩擦が起こりやすいもの。 摩擦による刺激は肌のバリア機能を低下させ、肌の乾燥や肌荒れの原因になります。 マスクの形状 顔の大きさが人それぞれなように、マスクもサイズが様々です。 自分の顔のサイズに合ったものを着用しないと 摩擦や押しつけられたような痕が残ることもあります。 小さすぎて、頬の真ん中くらいまでしかないようなマスクも、頬への摩擦でかぶれたりすることがあるので注意です。 マスクによる乾燥 でぷれ 毎日のマスクによる肌荒れの症状 毎日のマスク着用による肌荒れの原因を説明したところで、次は肌荒れの内容を紹介していきます。 マスクによる肌荒れも、原因が違えば症状も違うのでしっかりと把握しておきましょう。 かゆみ マスクに付着した花粉やホコリ、汚れが肌の刺激となり、かゆみを引き起こします。 かゆみによって赤く炎症を起こして、その後に肌荒れに繋がることも多々あります。 かぶれ(接触皮膚炎) 上記の、肌のかゆみが悪化すると肌のかぶれ(接触皮膚炎)になります。 口周りが赤くただれて粉をふくことと、軽度のかゆみがあり、熱めのお湯で洗顔するとヒリヒリと刺激が現れます。 かぶれを放置すると、肌に赤みが残った状態が続いてしまうので危険です。 ニキビ マスク着用によって、鼻から顎にかけてがマスクで覆われます。 水蒸気による乾燥• マスク、ゴムによる摩擦• マスクの接触面の皮脂が吸着 などなど、 マスクはニキビの天敵に近いほど相性が悪いです。 口唇ヘルペス あまり知られていませんが、 口唇ヘルペスにも繋がります。 肌が乾燥すると表面のバリア機能が低下して、細菌やウイルスが侵入しやすくなってしまうのです。 そうなると、口唇ヘルペスなどができやすくなり、湿疹も起こりやすくなります。 口周りに雑菌があるという点では、ニキビと症状は似ています。 毎日のマスクによる肌荒れの5つの対策 マスクによる肌荒れの原因と症状を把握したところで、 ここからは具体的な対処法を解説していきます。 原因や症状によって、対処法は変わるので自分の肌荒れがどれにあてはまるのかしっかりとチェックしてみてください。 マスクをはずす時間を作る 休憩時間や、仕事中でもマスクを着用しなくても良い場面では、 意識してマスクをはずす時間を作るようにしましょう。 常に着用している場合と比べ、肌への負担が少なくなるとともに、通気性を高めることでニキビ予防にもつながります。 ただし、マスクを外した直後は肌表面の水分が蒸発するので、乾燥しやすい状態です。 出来ることなら、 午前と午後の休憩時間に軽く保湿をした方がいいです。 肌に優しい、敏感肌用の保湿クリームを使用しましょう。 マスクにガーゼを挟む マスクと顔の間にガーゼを挟むのも、肌荒れ防止に有効な方法です。 これは、吐息により排出された水分をガーゼに吸い取らせることで、マスク内側の湿度を下げてムレを防ぐからです。 ウイルス対策でマスクを着用するときは、ガーゼ素材のマスクより効果が高い不織布マスクを選ぶ人が多い傾向にあります。 素材そのものが水分をいくらか吸うガーゼ素材のマスクと比べ、不織布マスクは蒸れやすい素材のため、特にガーゼを挟む方法は効果的です。 間に入ったガーゼが肌とマスクの摩擦も防ぎますので、こすれによる肌荒れの対策にもなります。 内側に挟むガーゼは、着用するマスクと同じくらいのサイズが望ましいです。 長時間マスクを使用するときは、複数枚のガーゼを用意しておきましょう。 挟んでいるガーゼが湿ってきたら、交換することでいつでも使用感が良い状態で過ごせます。 洗って使いまわせるので使い捨てのもったいなさがありません。 さらに、 マスクの在庫不足で手に入らない場合も、ガーゼのみを交換すればいいのでコスパの面でもいいですよ。 自分に合ったサイズのマスクを選ぶ マスクは、 自分の顔のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。 選ぶ際のポイントとしては• 鼻に頬、フェイスラインに隙間が出来ない• それ以外は肌との接触する面積が小さい• 話してもマスクがずれることがないもの これらを最優先事項において、自分に合ったマスクを選びましょう。 できるだけ刺激の少ないマスクを選ぶ マスクは肌に直接触れるものです。 敏感肌やアレルギー体質など肌が弱い人は、マスクをするだけで肌に負担をかけることになります。 そのため、 肌荒れを防ぎたいならマスクの素材にこだわりましょう。 一般に、不織布マスクよりもガーゼ素材のマスクのほうが肌に優しく、肌荒れを起こしにくい傾向があります。 ガーゼ素材であれば、何度も洗って使用できるため、常に清潔な状態で着用することも可能。 とはいえ、毎日洗ってしっかり干して乾かすのを手間に感じる人もいるかと思います。 毎日の使用が難しいようであれば、 肌の調子が悪いと感じたときだけでもガーゼ素材のマスクにするなど、使い分けをしましょう。 マスクの素材にも、不織布よりも肌に優しい.

次の

マスクの肌荒れ防止対策5選!また、「肌荒れしないマスク」が話題沸騰中!!

マスク で 肌荒れ

1.マスクの着用で肌荒れする主な原因 マスク着用時の肌荒れの主な原因として想定されるものを、3つご紹介します。 1-1. マスクによる摩擦 マスクをつけていればそれが必ず肌にあたるので、あたった部分がこすれて(摩擦)肌荒れの原因となっていることが考えられます。 ゴムひも部分がこすれる場合も同様です。 物理的な摩擦を与えることは、肌のや肌荒れの原因になることもあるといわれています。 とくに顔の大きさに合っていないマスクをしていると、マスクがずれやすくなったり、強く肌に擦れやすくなったりすることも考えられます。 1-2. マスクの繊維が肌に合わない マスクにも種類が多くあり、使っている素材もさまざまなので、その繊維が肌に合っていないと肌荒れを引き起こすこともあります。 家庭用のマスクは、大きく分けて ガーゼマスクと 不織布(ふしょくふ)マスクの2つに分類できるでしょう。 小学校の給食当番で使っていた方も多いであろう「ガーゼマスク」と、多く流通している「不織布マスク(使い捨てマスク)」です。 マスクをつけていると肌荒れすると思う方は、ご自身のマスクの繊維を確認してみてください。 その素材が自分の肌に合っていない可能性も考えられます。 2.肌荒れ対策!マスクを選ぶ5つのポイント せっかくマスクを使うのであれば、肌荒れは防ぎたいものですよね。 しかし、マスクを選ぶときになにか注意していることがある、という方は意外と多くないかもしれません。 ここでは、マスクを選ぶ際に意識したいポイントを、5つご紹介します。 マスクの選び方にまで気を配り、賢く活用しましょう。 2-1. マスクの素材を確認する 一般的に広く使用されている不織布マスクの魅力は、使い捨てなので毎日清潔が保て、洗う手間などがないことです。 ただ中には、その繊維が肌に合わないという方もいらっしゃるでしょう。 顔にあたる部分だけ綿()素材になっているマスクなどもありますので、その場合は上手に活用してみることをおすすめします。 中途半端なサイズだと口を動かす度にずれてしまうので、マスクと同じくらいの大きさを買う、または大きめサイズを買って切ると良いでしょう。 (切るときは清潔なハサミで切りましょう) 2-3.ガーゼマスクを使う どうしても肌に合う使い捨てマスクがないという方は、最初からガーゼマスクを使ってみるのも選択肢の一つです。 使い捨てではないので毎日洗うという手間はかかりますが、今までずっと使い捨てのマスクを使用していた方は一度試してみてみるのもおすすめです。 洗わずに日をまたいで使うことは控えましょう。 洗うときは洗濯機だと手間が減らせますが、ほつれが気になる場合はネットに入れたり、手洗いすることをおすすめします。 ・素材をチェック 使い捨てマスクを選ぶときと同様に、事前にマスクの繊維・素材を確認しましょう。 サイドにギャザーが入っている、立体的なつくりが特徴。 やわらかく気持ちのよいつけ心地です。 男性用・女性用・子ども用の3サイズ展開なので、ご家族での使用もおすすめ。 2-4. 顔にフィットするサイズのマスクを選ぶ マスクは、顔に自然とフィットするサイズを選ぶとよいでしょう。 サイズがしっかり合っていて、マスクと顔に隙間が少ないものを選ぶのがおすすめです。 サイズが大きすぎると、隙間ができてマスクとしての役割を果たせなくなるかもしれませんし、反対に小さすぎると摩擦が起きやすくなります。 マスクをつけたら、鏡を見て横方向からもフィット感を確かめてみましょう。 2-5. ゴム(ひも)部分は太めを選ぶ 頬や耳元が肌荒れする場合は、マスクの口元部分ではなくゴム部分のひもがこすれることが原因となることもあります。 やわらかく太めのひもを採用しているマスクを選ぶなど、工夫をしてみるとよいでしょう。 3-1. 長時間マスクしたままは避ける マスクを長時間つけっぱなしにしていると、蒸れによって雑菌が繁殖し、肌荒れの原因の1つになることもあります。 また、肌にマスクがあたると摩擦が起き、これが肌荒れの一因になることも考えられます。 マスクをつけていると肌荒れをしやすいという方は、長時間同じマスクを着用し続けるのを避けましょう。 ある程度の時間着けたら、なるべく新しいマスクに替えることをおすすめします。 3-2. 外したマスクを清潔に扱う 食事のときなどに、一時的にマスクを外すタイミングもありますよね。 その際は、着用していたマスクをデスクの上にそのまま置いたり、カバンの中にぐしゃっと入れないようにしましょう。 机の上や鞄の中は汚れている場合もあり、清潔な場所だとはいえません。 マスクを外している間にさらにマスクに雑菌がついてしまい、再度着用するときに肌に雑菌が付いてしまうこともあります。 そのため、外したマスクは清潔に扱うように心がけましょう。 4.肌荒れを防ぐために!マスクシーズンのスキンケアポイント どれだけ自分に合うマスクを選んでも、肌にあてている以上、最低限の摩擦は避けられません。 そこで、マスクをつけているシーズンは、いつも以上に自宅でのスキンケアに気を配る必要があります。 女性はもちろん、男性もきちんとをして肌をすこやかに保ちましょう。 この章では、スキンケアのポイントを4つご紹介します。 4-1. ナチュラルメイクを心がける クレンジングや洗顔の際に起きる摩擦の影響を考えると、マスクを使用している期間はなるべくナチュラルメイクにすることをおすすめします。 しっかりメイクであればあるほど、夜にオフするときの摩擦などは避けて通れないものだからです。 これ以上余計に肌に摩擦を与えないためにも、特にはナチュラルにして、シーンに応じてきちんと感を出したい場合は、目元のポイントメイクなどでメリハリをつけるなどして、上手に工夫をしてみてください。 4-2. 洗顔とクレンジングは丁寧&こすりすぎないように行う クレンジングと洗顔を行うとき、余計な力でごしごしこするように洗うのは控えたいところです。 クレンジングで丁寧にメイクを落としたら、はしっかり泡立て、泡で汚れを浮かせるように洗い落としましょう。 また、熱すぎるお湯だと必要なまで落としてしまうこともあるといわれています。 「ちょっとぬるいかな?」と思うくらいのぬるま湯がおすすめです。 4-3. 化粧水はハンドプレスしてつける 化粧水をコットンでつけるか手でつけるかは、好みで選んでいたいて問題ありません。 どちらのつけ方にもメリットがあります。 メーカーが推奨しているつけ方を優先にしたうえで、特に指定がないといった場合などは、手でつけるのもよいでしょう。 手に十分な量の化粧水を取ったら、肌を包み込むようにハンドプレスして、やさしくなじませます。 ここでも、摩擦が起きないように丁寧に行うことを意識しましょう! 4-4. 口周りの保湿は入念に行う マスクが特にあたりやすい口周りは、いつもより念入りに保湿することをおすすめします。 保湿には、水分と油分の両方が必要です。 化粧水で水分を与えたら、美容液や乳液(または)をつけて油分も補いましょう。 こすりすぎないようにするべきなのはいうまでもありませんが、口元の皮膚は顔の他の部位に比べて特に薄いといわれています。 指の腹を使って包み込むようなイメージで、繊細な口元を保湿しましょう。 5.肌荒れを防ぐ!肌らぶ編集部おすすめ保湿化粧品 最後に、肌荒れを防ぎたいという方に肌らぶ編集部からおすすめしたい、保湿化粧品のシリーズをご紹介します。 今回は初めての方でも使いやすいよう、が販売されているシリーズをピックアップしました。 気になるものがあれば、ぜひ試してみてください。

次の