ポルチオ 英語。 「膣イキ手法」を実践した結果:膣でイカせる方法を公開します。

ポルチオとは?不感症の女の子でも中イキ出来る究極の性感帯

ポルチオ 英語

Contents• セックス時の痛み3類型 女性がセックスの際に感じる痛みには、トラウマや思い込み、病気やケガなどを除いて主に次の3つのタイプがあるかと思います。 膣内の摩擦• 膣の緊張と膣への圧迫• 子宮口への衝撃 まずは摩擦で痛いというのは、言葉の通り指先で引っ掻くように膣壁を強く擦られたり、十分に膣内が潤っていないのに挿入されたりすることで、膣内に大きな摩擦が生じて痛みを感じるということです。 いわゆる「ガシマン」が非難の的となるのは、この摩擦による強い痛みを伴う指責めだからだと言えるでしょう。 逆に言えば一見激しく見えても痛みを伴わない指責めはこの引っ掻くような動きをしていないということでもありますね。 次に膣の緊張と圧迫。 これは十分に膣がほぐれていないのに、許容できる以上の大きさのものを挿入されたときに生じる痛みです。 例えば指が1本しか入る余地がないのに指を2本押し込まれたり、前戯にほとんど時間を割かずにいきなりモノを挿入されたりして痛みを感じるのがこのパターンです。 濡れていない・ほぐれていない状態でも潤滑剤等を使用することで一応挿入すること自体は出来ますが、それは摩擦による痛みを軽減しているだけで、 そもそもの膣壁自体は緊張状態で固いままですから、無理に広げられることで強い痛みや圧迫感を感じてしまうことになります。 さすがに爪を伸ばしっぱなしでガリガリ擦ってくる男性というのは少ないでしょうから、実際に女性が感じる痛みは先に挙げた摩擦よりもこの膣の緊張状態を原因としていることが多いのではないかと思います。 緊張と圧迫による痛みは摩擦とは異なり膣壁自体に傷はつきにくいので、出血を伴う痛みのように客観的に見て明らかなものではないかもしれません。 それ故に表情や声で伝えなければ相手に理解されにくいという辛さがあると思います。 (酷い場合には裂傷となることがありますが) このような痛みは女性の体格と密接な関係があると思われることでしょう。 しかし、比較的身長が高く体が大きい女性でも性器は小さく痛みを感じやすいということがあります。 このあたりは個人差もあるし、正直自分も痛みを与えてしまうことがあるので気をつけないといけないと思っています。 ここまでは経験のある女性も多いと思いますし、男性でも想像に難くないものだと思います。 また、対策についても時間をかけた優しい愛撫をすることで多少なりとも痛みを軽減することが出来るかと思います。 一方で意外と女性自身が気付いていない痛みが、次の子宮口の位置と相手の愛撫のミスマッチによって起こる痛みです。 以下ではポルチオ(子宮口)とその位置・痛みについて書いていきます。 ポルチオとは何なのか? ポルチオとはラテン語で子宮口(子宮膣部)を表す言葉です。 (医学用語や体の器官を表す単語はラテン語起源が多いですよね) ポルチオとか子宮口といった言葉にあまり馴染みがない方の為に簡単に図示すると、以下の通りです。 見辛い場合は保健体育の教科書を思い出していただくと良いかと思います。 子宮口とは膣と子宮頚部の境目の部分を指します。 当たり前ですが子宮側からすると出口ですし、膣側からすると入口です。 医学・解剖学的にはもっと厳密な定義がなされ、より細かい専門用語があるかと思いますが、ここではひとまず簡単に考えて下さい。 ポルチオ=強い快感? ポルチオ周辺はPスポットという性感帯として捉えられたり、呼称されたりしている場合もあります。 そして「ポルチオ性感開発」とか「ポルチオオーガズム」というのは、厳密には子宮口の周辺を愛撫することで通常の中イキよりも遥かに強い快感を呼び覚ますことが出来る、激しくイケる、という文脈で語られることが多いです。 おそらくAVなどでもポルチオ開発というキーワードやテーマの作品が増えたり、もしくは女性誌などで取り上げられることが増えたりして、それらを見聞きしたことがある女性にはポルチオ性感には「打ち震えるような快感」「頭が真っ白で天国に行くような激しい快感」というイメージがあるのではないでしょうか。 そういうこともあってか、たまにポルチオ開発されてみたいという風に仰る女性がいます。 実際にはそんなに単純なことではないし、中イキは全ての女性が身体的な刺激のみで達成できるものではないので、その一種であるポルチオオーガズムも簡単に起こることではありません。 中にはポルチオ周辺を愛撫することによって感度が上がり中イキできるものだと考えている女性もいるかもしれませんが、そもそもそれで感度や興奮度が高まる人は最初から膣内感度が平均程度に高い人です。 ポルチオの位置 次にポルチオの位置についてもう少し分かりやすく説明します。 (ただし、図はあくまでもイメージなので正確な情報は解剖学の資料等を参考にしてください) ポルチオは女性の膣内の奥の方にあります。 下図をご覧いただけば、いわゆるGスポットが膣壁上部の浅い所にあるとされるのに対して、とても深いところに位置しているのがお分かりになるでしょう。 子宮口に指などで触れてみた感触は「タコの吸盤みたい」などと表現されるようです。 タコの吸盤をまじまじと触ったことが無いので似ているかどうかは分かりませんが、実際に触ると少し固い感じがするとは思います。 女性が感じると次第にこの子宮口が少し下に降りてくる(ように感じられる)とか、さらに感じると膣の変動に伴って子宮口が少し縮んで弾力性を帯びるとも言われています。 おそらく男性が認識しやすいのはこのような状態の時ではないかと思います。 ただし、人によっては膣の入口から子宮口までの距離が短く、いとも簡単に指で触れることができる場合もあります。 Pスポット(ポルチオ周辺)と呼称される理由 ポルチオという言葉を医学や言語学を取っ掛かりにして知ったという方はあまり多くないと思います。 どちらかというと先述のように「ポルチオセックス」とか「ポルチオ開発」といったワードを含むアダルト動画などから知った人が多いのではないでしょうか。 そして中にはポルチオではなく「Pスポット」という言葉を先に知った人もいるかもしれません。 何故ポルチオ周辺とか、Pスポットという表現がなされるかというと、簡単に言えば愛撫することで強い快感を呼び覚ます可能性があるのは子宮口の周辺部分であって、子宮口そのものに真正面から触れると快感どころか痛みを感じることの方が多いからです。 だから、子宮口そのものは性感帯ではないので、激しくしたりしないでね、という意味が込められているわけですね。 中には子宮口自体に触れたり軽くつついても痛みを感じない女性がいたり、興奮状態が極まって痛みを感じにくくなっている女性などもいますが、 基本的に子宮口そのものに正面から直接的な衝撃が伝わると女性は痛がるものです。 さて、ここまで書けば何となく察しがついたかもしれませんが、 意外と女性が何が起こっているのか自覚しにくい痛みのパターンとは、指やペニスを挿入されたときに、それが正面から子宮口にぶつかっているというパターンです。 子宮口の位置は人によって違う 簡単な図示では子宮口は膣奥の中央ど真ん中にあるのかと思われるかもしれませんが、子宮口の位置は人によって違うように思われます。 人によっては少し上下に寄っていたり、左右に寄っていたり、その両方であったりします。 また、膣の深さによっては想像よりも浅い場所にあったり、その逆の場合もあります。 そしてこれが女性によって深い挿入を好むタイプと嫌うタイプに分かれたり、セックス時に痛みを感じやすかったりそうでなかったりする原因の一つであると考えられます。 下図は極端なイメージですが、全ての女性の膣内において同じ位置・真ん中に子宮口があるわけではないということです。 この子宮口の位置について何か明確な尺度や科学的な証拠があるのかと言われると私は今のところキャッチアップできていないのですが、正直触った感覚として明らかに個人差があるとしか言いようがありません。 幸運にも普通に挿入されるだけで一番良い所が刺激されるという女性もいれば、言葉で知っていても思い描く位置に子宮口が見当たらず、どのように刺激したり衝撃を避けたりすればよいか分からない女性もいることでしょう。 特に「膣の奥に気持ち良い性感帯があるらしい」というような曖昧な情報だけでは、奥の方を刺激しているのに気持ち良いと感じない、それどころか痛いと思ってしまうのではないでしょうか。 実際に触れてみた感覚としては下側や右側に寄っていることはしばしばあっても、あまり左側や上側に寄っていることは無いように感じますが、あくまで私が触れたタイミングでの位置関係でしかありませんし、そのあたりもまた今後色々と気づくことになるのかもしれません。 挿入時に毎回鈍痛が走るのは何故? 先に述べたように、子宮口に真正面から直接刺激が加わると、女性は痛みや不快感を覚えることが多いです。 そして子宮口の位置は女性によって微妙に異なるので、同じ刺激に対しても痛みを感じる人とそうでない人に分かれるのです。 挿入時に膣奥に痛みが無いという人は、奥に衝撃が伝わっていないか、正面からの刺激ではなくポルチオ周辺に刺激が与えられている状態だと考えられます。 何をしても鈍痛が走るという女性は、膣内の子宮口が比較的接触を受けやすい位置にあり、かつほぼ真正面に位置しているので、挿入時に子宮口への直撃を受けやすい可能性があります。 セックス時に真っすぐ突かれても最初から気持ち良いという女性は、膣感度が高いのもさることながら、子宮口の上か下、(もしくは珍しいと思いますが左か右)に丁度モノが当たるような位置関係になっているのではないかと思います。 何故女性は子宮口の痛みを認識しにくいか 膣感度がまだ高くない状態にある女性は、基本的に膣内のどこを触られているという感覚があまりありません。 上下左右、奥・手前、そのどれもが分からないことも珍しくはないでしょう。 本来膣内というのはそれほど感覚が敏感なところではないので、そこに意識が向いていない限りはどのように触れられているか分からないのも無理はありません。 少しずつその感覚が分かるようになる前に強い痛みを経験してしまうと、どうしても挿入されること自体が痛みであると思ってしまうでしょう。 それに子宮口やポルチオというワードをAVなどで見知っていても実際にはよく分からないかもしれません。 たとえ保健体育や医学の教科書などで女性の膣内の画像などを見る機会があっても、それを自分の身体に当てはめて考える人は少数ですよね。 従ってエッチな知識がある人だったり、研究熱心な人だったり、男性から触りながら説明されたりしない限りは女性が自分の膣内でどこがGスポットだとか、子宮口だということをはっきりと認識することは少ないでしょう。 痛みの原因を知れば対処できるかも 今更ですが何故今回の記事で子宮口の位置と痛みについて書いたかというと、痛みの正体が子宮口への直接的な刺激にあると気付いていない女性が少なからずいるように思えたからです。 全ての女性がそうではありませんが、挿入時にいつも痛みを感じたり、奥を刺激されると鈍痛を感じるという方の中には、明らかにポルチオへの衝撃が原因である場合があります。 ですが本人は原因が分からないまま漠然と「奥の方を突かれると痛い」とか、「挿入されると痛い」という認識を持ってしまい、セックス=痛いというネガティブな条件付けがなされてしまうようです。 しかし、もしもポルチオの位置は大体どの辺りかという知識があったり、どういう風に触られると痛くなるかを知っていれば、対処できそうだと思いませんか? セックスが痛く苦しいと思うのではなく、痛みや苦しさには何らかの原因があり、それを避けるようにすれば少しずつセックスへのマイナスイメージを克服していけそうだと思いませんか? というわけで、以下ではセックス時にポルチオへの直接的な刺激で生じる痛みへの対策を簡単に書いていきます。 セックスでポルチオ直撃の痛みを避ける体位 子宮口への直撃が痛みの原因だと考えられる女性には、まずはその痛みを避けて「セックスは痛くて苦しい」という固定観念を少しずつ和らげていくようにしてみてはどうかと思います。 簡単に言えば下の画像の上図の状態から、左の図もしくは右の図の状態に持って行けるようにするのです。 セックス時の体位は寝バック(もしくはピストン運動をしないバック)と突き上げない騎上位をお勧めします。 男性側に上手く子宮口周辺を狙って効果的に刺激を与えるテクニックがあれば、もっとたくさんの体位が挙げられますが、ここでは2つに絞って書いておきます。 寝バックを好む女性が意外と多いのは、体位の関係上子宮口への直撃を避けやすいため、痛みよりも快感を得やすいからだと考えられます。 また、寝バックは明らかな開脚姿勢ではないので、開脚姿勢での自慰経験がない女性にとっても違和感が少なく快感に集中できるということも挙げられるかと思います。 このように提案してみると、 女性から「寝バックはおしりが大きいから難しい」と言われてしまうことがあります。 実際に寝バックは少し難しく、女性のお尻のサイズや男性の性器の長さにも影響されます。 その場合はピストン運動をしないバックをパートナーに提案してみてはいかがでしょうか。 そのときはバックの態勢で 女性が痛くないと感じられるポジションに調整した後で、男性に「ピストンよりもグリグリと押し込むような動きが好き」と告げてみてはどうかと思います。 次に、突き上げない騎上位が挙げられます。 突き上げないというか、上下運動を避けた騎上位です。 すなわち、女性側が痛みを感じない位置にコントロールして、上下ではなく前後に動くことでペニスが子宮口を直撃するのを避けつつ、子宮口周辺を自分のペースで刺激するという体位です。 特に女性が主体的に動くことで興奮を得られるタイプなのであれば、こちらを選択して試してみると良いと思います。 終わりに 以上、女性が意外と気づかない挿入時の痛みの正体=子宮口の位置の話でした。 かなり至らない部分が目立ちますが、お目こぼしを 笑 とても簡単な説明記事になりましたが、今後も何か書き忘れていたことを思い出したり、女性からの意見などを参考に加筆修正を出来ればと考えています。 先述のように意外と子宮口に過度な負担がかかっていることが痛みの原因だと気付かないまま、「セックスの時は毎回痛い」「自分は痛みしか感じられない」と思い込んでいる女性がしばしばいるように感じます。 大したことは書けませんが、読んでくれた女性がその思い違いに気づいてくれれば良いなと思っています。 この記事をご覧の女性も色々な理由で気持ち良さを得られずにいるかもしれませんが・・・とりあえず身体に意識を向けて、少し角度を変えれば克服できるかもしれないことから試してみましょうよ。 上記の痛みの原因等がご自分に当てはまらないけれど毎回性交痛を経験するという方は、信頼できる医師に相談してみたほうが良いと思います。

次の

女性には4種類のオーガズムがある!あなたはいくつ経験済み?

ポルチオ 英語

Contents• セックス時の痛み3類型 女性がセックスの際に感じる痛みには、トラウマや思い込み、病気やケガなどを除いて主に次の3つのタイプがあるかと思います。 膣内の摩擦• 膣の緊張と膣への圧迫• 子宮口への衝撃 まずは摩擦で痛いというのは、言葉の通り指先で引っ掻くように膣壁を強く擦られたり、十分に膣内が潤っていないのに挿入されたりすることで、膣内に大きな摩擦が生じて痛みを感じるということです。 いわゆる「ガシマン」が非難の的となるのは、この摩擦による強い痛みを伴う指責めだからだと言えるでしょう。 逆に言えば一見激しく見えても痛みを伴わない指責めはこの引っ掻くような動きをしていないということでもありますね。 次に膣の緊張と圧迫。 これは十分に膣がほぐれていないのに、許容できる以上の大きさのものを挿入されたときに生じる痛みです。 例えば指が1本しか入る余地がないのに指を2本押し込まれたり、前戯にほとんど時間を割かずにいきなりモノを挿入されたりして痛みを感じるのがこのパターンです。 濡れていない・ほぐれていない状態でも潤滑剤等を使用することで一応挿入すること自体は出来ますが、それは摩擦による痛みを軽減しているだけで、 そもそもの膣壁自体は緊張状態で固いままですから、無理に広げられることで強い痛みや圧迫感を感じてしまうことになります。 さすがに爪を伸ばしっぱなしでガリガリ擦ってくる男性というのは少ないでしょうから、実際に女性が感じる痛みは先に挙げた摩擦よりもこの膣の緊張状態を原因としていることが多いのではないかと思います。 緊張と圧迫による痛みは摩擦とは異なり膣壁自体に傷はつきにくいので、出血を伴う痛みのように客観的に見て明らかなものではないかもしれません。 それ故に表情や声で伝えなければ相手に理解されにくいという辛さがあると思います。 (酷い場合には裂傷となることがありますが) このような痛みは女性の体格と密接な関係があると思われることでしょう。 しかし、比較的身長が高く体が大きい女性でも性器は小さく痛みを感じやすいということがあります。 このあたりは個人差もあるし、正直自分も痛みを与えてしまうことがあるので気をつけないといけないと思っています。 ここまでは経験のある女性も多いと思いますし、男性でも想像に難くないものだと思います。 また、対策についても時間をかけた優しい愛撫をすることで多少なりとも痛みを軽減することが出来るかと思います。 一方で意外と女性自身が気付いていない痛みが、次の子宮口の位置と相手の愛撫のミスマッチによって起こる痛みです。 以下ではポルチオ(子宮口)とその位置・痛みについて書いていきます。 ポルチオとは何なのか? ポルチオとはラテン語で子宮口(子宮膣部)を表す言葉です。 (医学用語や体の器官を表す単語はラテン語起源が多いですよね) ポルチオとか子宮口といった言葉にあまり馴染みがない方の為に簡単に図示すると、以下の通りです。 見辛い場合は保健体育の教科書を思い出していただくと良いかと思います。 子宮口とは膣と子宮頚部の境目の部分を指します。 当たり前ですが子宮側からすると出口ですし、膣側からすると入口です。 医学・解剖学的にはもっと厳密な定義がなされ、より細かい専門用語があるかと思いますが、ここではひとまず簡単に考えて下さい。 ポルチオ=強い快感? ポルチオ周辺はPスポットという性感帯として捉えられたり、呼称されたりしている場合もあります。 そして「ポルチオ性感開発」とか「ポルチオオーガズム」というのは、厳密には子宮口の周辺を愛撫することで通常の中イキよりも遥かに強い快感を呼び覚ますことが出来る、激しくイケる、という文脈で語られることが多いです。 おそらくAVなどでもポルチオ開発というキーワードやテーマの作品が増えたり、もしくは女性誌などで取り上げられることが増えたりして、それらを見聞きしたことがある女性にはポルチオ性感には「打ち震えるような快感」「頭が真っ白で天国に行くような激しい快感」というイメージがあるのではないでしょうか。 そういうこともあってか、たまにポルチオ開発されてみたいという風に仰る女性がいます。 実際にはそんなに単純なことではないし、中イキは全ての女性が身体的な刺激のみで達成できるものではないので、その一種であるポルチオオーガズムも簡単に起こることではありません。 中にはポルチオ周辺を愛撫することによって感度が上がり中イキできるものだと考えている女性もいるかもしれませんが、そもそもそれで感度や興奮度が高まる人は最初から膣内感度が平均程度に高い人です。 ポルチオの位置 次にポルチオの位置についてもう少し分かりやすく説明します。 (ただし、図はあくまでもイメージなので正確な情報は解剖学の資料等を参考にしてください) ポルチオは女性の膣内の奥の方にあります。 下図をご覧いただけば、いわゆるGスポットが膣壁上部の浅い所にあるとされるのに対して、とても深いところに位置しているのがお分かりになるでしょう。 子宮口に指などで触れてみた感触は「タコの吸盤みたい」などと表現されるようです。 タコの吸盤をまじまじと触ったことが無いので似ているかどうかは分かりませんが、実際に触ると少し固い感じがするとは思います。 女性が感じると次第にこの子宮口が少し下に降りてくる(ように感じられる)とか、さらに感じると膣の変動に伴って子宮口が少し縮んで弾力性を帯びるとも言われています。 おそらく男性が認識しやすいのはこのような状態の時ではないかと思います。 ただし、人によっては膣の入口から子宮口までの距離が短く、いとも簡単に指で触れることができる場合もあります。 Pスポット(ポルチオ周辺)と呼称される理由 ポルチオという言葉を医学や言語学を取っ掛かりにして知ったという方はあまり多くないと思います。 どちらかというと先述のように「ポルチオセックス」とか「ポルチオ開発」といったワードを含むアダルト動画などから知った人が多いのではないでしょうか。 そして中にはポルチオではなく「Pスポット」という言葉を先に知った人もいるかもしれません。 何故ポルチオ周辺とか、Pスポットという表現がなされるかというと、簡単に言えば愛撫することで強い快感を呼び覚ます可能性があるのは子宮口の周辺部分であって、子宮口そのものに真正面から触れると快感どころか痛みを感じることの方が多いからです。 だから、子宮口そのものは性感帯ではないので、激しくしたりしないでね、という意味が込められているわけですね。 中には子宮口自体に触れたり軽くつついても痛みを感じない女性がいたり、興奮状態が極まって痛みを感じにくくなっている女性などもいますが、 基本的に子宮口そのものに正面から直接的な衝撃が伝わると女性は痛がるものです。 さて、ここまで書けば何となく察しがついたかもしれませんが、 意外と女性が何が起こっているのか自覚しにくい痛みのパターンとは、指やペニスを挿入されたときに、それが正面から子宮口にぶつかっているというパターンです。 子宮口の位置は人によって違う 簡単な図示では子宮口は膣奥の中央ど真ん中にあるのかと思われるかもしれませんが、子宮口の位置は人によって違うように思われます。 人によっては少し上下に寄っていたり、左右に寄っていたり、その両方であったりします。 また、膣の深さによっては想像よりも浅い場所にあったり、その逆の場合もあります。 そしてこれが女性によって深い挿入を好むタイプと嫌うタイプに分かれたり、セックス時に痛みを感じやすかったりそうでなかったりする原因の一つであると考えられます。 下図は極端なイメージですが、全ての女性の膣内において同じ位置・真ん中に子宮口があるわけではないということです。 この子宮口の位置について何か明確な尺度や科学的な証拠があるのかと言われると私は今のところキャッチアップできていないのですが、正直触った感覚として明らかに個人差があるとしか言いようがありません。 幸運にも普通に挿入されるだけで一番良い所が刺激されるという女性もいれば、言葉で知っていても思い描く位置に子宮口が見当たらず、どのように刺激したり衝撃を避けたりすればよいか分からない女性もいることでしょう。 特に「膣の奥に気持ち良い性感帯があるらしい」というような曖昧な情報だけでは、奥の方を刺激しているのに気持ち良いと感じない、それどころか痛いと思ってしまうのではないでしょうか。 実際に触れてみた感覚としては下側や右側に寄っていることはしばしばあっても、あまり左側や上側に寄っていることは無いように感じますが、あくまで私が触れたタイミングでの位置関係でしかありませんし、そのあたりもまた今後色々と気づくことになるのかもしれません。 挿入時に毎回鈍痛が走るのは何故? 先に述べたように、子宮口に真正面から直接刺激が加わると、女性は痛みや不快感を覚えることが多いです。 そして子宮口の位置は女性によって微妙に異なるので、同じ刺激に対しても痛みを感じる人とそうでない人に分かれるのです。 挿入時に膣奥に痛みが無いという人は、奥に衝撃が伝わっていないか、正面からの刺激ではなくポルチオ周辺に刺激が与えられている状態だと考えられます。 何をしても鈍痛が走るという女性は、膣内の子宮口が比較的接触を受けやすい位置にあり、かつほぼ真正面に位置しているので、挿入時に子宮口への直撃を受けやすい可能性があります。 セックス時に真っすぐ突かれても最初から気持ち良いという女性は、膣感度が高いのもさることながら、子宮口の上か下、(もしくは珍しいと思いますが左か右)に丁度モノが当たるような位置関係になっているのではないかと思います。 何故女性は子宮口の痛みを認識しにくいか 膣感度がまだ高くない状態にある女性は、基本的に膣内のどこを触られているという感覚があまりありません。 上下左右、奥・手前、そのどれもが分からないことも珍しくはないでしょう。 本来膣内というのはそれほど感覚が敏感なところではないので、そこに意識が向いていない限りはどのように触れられているか分からないのも無理はありません。 少しずつその感覚が分かるようになる前に強い痛みを経験してしまうと、どうしても挿入されること自体が痛みであると思ってしまうでしょう。 それに子宮口やポルチオというワードをAVなどで見知っていても実際にはよく分からないかもしれません。 たとえ保健体育や医学の教科書などで女性の膣内の画像などを見る機会があっても、それを自分の身体に当てはめて考える人は少数ですよね。 従ってエッチな知識がある人だったり、研究熱心な人だったり、男性から触りながら説明されたりしない限りは女性が自分の膣内でどこがGスポットだとか、子宮口だということをはっきりと認識することは少ないでしょう。 痛みの原因を知れば対処できるかも 今更ですが何故今回の記事で子宮口の位置と痛みについて書いたかというと、痛みの正体が子宮口への直接的な刺激にあると気付いていない女性が少なからずいるように思えたからです。 全ての女性がそうではありませんが、挿入時にいつも痛みを感じたり、奥を刺激されると鈍痛を感じるという方の中には、明らかにポルチオへの衝撃が原因である場合があります。 ですが本人は原因が分からないまま漠然と「奥の方を突かれると痛い」とか、「挿入されると痛い」という認識を持ってしまい、セックス=痛いというネガティブな条件付けがなされてしまうようです。 しかし、もしもポルチオの位置は大体どの辺りかという知識があったり、どういう風に触られると痛くなるかを知っていれば、対処できそうだと思いませんか? セックスが痛く苦しいと思うのではなく、痛みや苦しさには何らかの原因があり、それを避けるようにすれば少しずつセックスへのマイナスイメージを克服していけそうだと思いませんか? というわけで、以下ではセックス時にポルチオへの直接的な刺激で生じる痛みへの対策を簡単に書いていきます。 セックスでポルチオ直撃の痛みを避ける体位 子宮口への直撃が痛みの原因だと考えられる女性には、まずはその痛みを避けて「セックスは痛くて苦しい」という固定観念を少しずつ和らげていくようにしてみてはどうかと思います。 簡単に言えば下の画像の上図の状態から、左の図もしくは右の図の状態に持って行けるようにするのです。 セックス時の体位は寝バック(もしくはピストン運動をしないバック)と突き上げない騎上位をお勧めします。 男性側に上手く子宮口周辺を狙って効果的に刺激を与えるテクニックがあれば、もっとたくさんの体位が挙げられますが、ここでは2つに絞って書いておきます。 寝バックを好む女性が意外と多いのは、体位の関係上子宮口への直撃を避けやすいため、痛みよりも快感を得やすいからだと考えられます。 また、寝バックは明らかな開脚姿勢ではないので、開脚姿勢での自慰経験がない女性にとっても違和感が少なく快感に集中できるということも挙げられるかと思います。 このように提案してみると、 女性から「寝バックはおしりが大きいから難しい」と言われてしまうことがあります。 実際に寝バックは少し難しく、女性のお尻のサイズや男性の性器の長さにも影響されます。 その場合はピストン運動をしないバックをパートナーに提案してみてはいかがでしょうか。 そのときはバックの態勢で 女性が痛くないと感じられるポジションに調整した後で、男性に「ピストンよりもグリグリと押し込むような動きが好き」と告げてみてはどうかと思います。 次に、突き上げない騎上位が挙げられます。 突き上げないというか、上下運動を避けた騎上位です。 すなわち、女性側が痛みを感じない位置にコントロールして、上下ではなく前後に動くことでペニスが子宮口を直撃するのを避けつつ、子宮口周辺を自分のペースで刺激するという体位です。 特に女性が主体的に動くことで興奮を得られるタイプなのであれば、こちらを選択して試してみると良いと思います。 終わりに 以上、女性が意外と気づかない挿入時の痛みの正体=子宮口の位置の話でした。 かなり至らない部分が目立ちますが、お目こぼしを 笑 とても簡単な説明記事になりましたが、今後も何か書き忘れていたことを思い出したり、女性からの意見などを参考に加筆修正を出来ればと考えています。 先述のように意外と子宮口に過度な負担がかかっていることが痛みの原因だと気付かないまま、「セックスの時は毎回痛い」「自分は痛みしか感じられない」と思い込んでいる女性がしばしばいるように感じます。 大したことは書けませんが、読んでくれた女性がその思い違いに気づいてくれれば良いなと思っています。 この記事をご覧の女性も色々な理由で気持ち良さを得られずにいるかもしれませんが・・・とりあえず身体に意識を向けて、少し角度を変えれば克服できるかもしれないことから試してみましょうよ。 上記の痛みの原因等がご自分に当てはまらないけれど毎回性交痛を経験するという方は、信頼できる医師に相談してみたほうが良いと思います。

次の

「膣イキ手法」を実践した結果:膣でイカせる方法を公開します。

ポルチオ 英語

From:山田 弘(日曜日の23時12分。 自宅のソファーより) 「女性をガンガンとイキ狂わせたい」そう決心した私は、自宅にこもり、セックステクニックに関する資料や、書籍、サイトを見まくっていました。 なるほど。 なるほど。 セックステクニックは色々ありますが、一番女性が感じる性感帯は、「膣」でのオーガズム、つまり「膣イキ」だと書かれています。 これは、どの資料も大体共通していました。 なるほど、膣イキか。 ヨシッ!!それじゃあ。 早速、勉強して試してみようか!!! といった軽い気持ちでスタートしたレポートですが、かなり真面目で濃い内容になりました。 膣イキを女性に試した結果報告レポート この報告レポートでは: ・女性を膣イキさせるために、私が使った具体的なロジックを公開します。 ・膣イキ手法を、実際に試してみて気が付いた点をシェアします。 それでは、最初に、、、 膣イキは難しいのか? 多くの男性が誤解、、、 「膣イキ」させるのは難しいと考えている男性は少なくありません。 私自身もそうでした。 簡単に言えば、クリトリスではイカせられるけど、膣ではイカせられない。 きっと同じような男性が多いのではないでしょうか? 私が、実際に「膣イキ」を試してみて感じたのは、膣でイカせることは難しくないということです。 正しい方法を使えば、あなたも結果を出せて当然だと思います。 それと、「膣イキ」が難しいと感じてしまう一番の原因は、方法を知らないことだと思います。 例えば、 クリトリスの場合には、適当に愛撫してもイカせることは、それほど難しくありません。 しかし、膣の場合には正しい方法を知らないと、イカせるのは難しいです。 闇雲に膣内を愛撫しても「膣イキ」にまでは、なかなか到達しないのです。 結論としては正しい方法を知ることと、何人かの女性に試してコツを掴むことが重要だと思いました。 それでは遂に、、、 私が女性を「膣イキ」させるために使った具体的なロジックを公開します 手法名は「膣イキ記憶術」というやり方です。 これは、、、 ・膣イキしたことのない女性を、膣イキさせること、 ・膣イキの快感を女性に記憶させ、膣イキしやすい状態にする この2つを狙った手法です。 この「膣イキ記憶術」には2つのロジックがあります。 1.膣内性感育成法(膣内の性感を育てること) 2.性感増幅法(性感を増幅させること) この2つです。 これを行うことで、女性の身体に膣を刺激されるのは気持ちいことだと記憶させ、女性を何度も膣でイカせることが目的です。 ただし、これら2つのロジックは、それぞれを別々に行うものではありません。 基本的には膣内性感育成法を行いつつ、そこに性感増幅法を合わせていくという感じになります。 膣内にある5つの性感帯 膣内性感育成法を理解するには、まずは膣内にある5つの性感帯を知る必要があります。 ・Gスポット ・ポルチオ ・Aスポット ・Pスポット ・裏Gスポット。 この5つです。 そして、これらの性感帯を育成するための重要ポイントは、 5つの性感帯、それぞれに適した専用の方法を使うことです。 なぜなら、膣内の5つの性感帯は、、、 ・膣内に存在する位置 ・指やペニスの届きやすさ ・敏感さ これらがすべてバラバラです。 ですから、一つとして同じ方法で育成させることは不可能でしょう。 それぞれの性感帯に適した育成法を使うことで、女性の身体に膣イキを記憶させていきます。 以上が、膣イキロジックの簡単な解説でした。 膣内にある5つの性感帯の特徴は理解できましたか? ここからあなたには2つの選択肢があります。 選択肢1:このサイトの情報を参考に1人で試してみる。 セックステクニックに詳しい方なら、ある程度成功するかもしれませんが、時間がかかると思いますし、正しい方法に行きつくまでに試行錯誤が必要だと思います。 選択肢2:私の師匠のやり方を試すという選択肢。 こちらの選択肢がオススメです。 あなたが「膣イキ手法をマスター」するには、速くて、手軽で、かつ利口な方法です。 あなたが「膣イキ」させられるように、シンプルで分かりやすいノウハウを既に準備しています。 それをわざわざ一からやり直す必要がありますか? 「動画ノウハウ」というかたちで、「具体的な手順」「指の動かし方」「詳細なポイント」「順番や力加減」などをわかりやすく学ぶことができます。 それが、、、長寺さんのノウハウ教材 このノウハウ教材の内容は、、、 前半では、ペニスを使って5つの性感帯(Gスポット ・ポルチオ ・Aスポット ・Pスポット ・裏Gスポット)をイキやすいように育成する方法とイカせ方を解説しています。 後半では、指を使って、5つの性感帯を育成する方法、イカせる方法を解説しています。 ですから、この教材を見ることで、「具体的な手順」「指の動かし方」「詳細なポイント」「順番や力加減」などをしっかり学ぶことができます。 講師:長寺忠浩のプロフィール セックステクニックの学校「刺激LIFE」を主宰し、10年近くHOWTOセックスを教える活動を行う。 過去に、販売やプロデュースしたセックステクニックの講師を紹介すると、、、 一条正都(AV男優)・川本英雄 AV男優 ・木村健太 AV男優 ・上條徳祥(AV男優)・大滝保 催眠療法士 ・ドルショック竹下 漫画家 ・ケニー(AV監督)・TAKA(AV男優)・北川瞳(AV女優)・しみけん(AV男優)・大槻ひびき(AV女優)・池田径(AV男優)・橘なお(AV女優)・大橋俊之(セックスコンサルタント)・葉山美希(元ナンバーワン風俗嬢)・翔田千里 (AV女優)・谷口雅彦(セックスカウンセラー)・竹下なな ヨガインストラクター ・高橋実 マッサージ師 ・茂木健二 整体師 ・古賀宏(催眠心理カウンセラー)・ピエールひろまろ(ハーバード催眠スクール学長)・伊藤小百合 結婚相談所シャルウィ代表 ・影山蓮(ナンパ師)・倖田李梨(AV女優)などなど、数多くの作品に関わる 「膣イキ記憶術・パーフェクトビデオ」の2つの特徴 このノウハウは、他のノウハウとは違う2つの特徴があります。 この2点に特化したノウハウです。 膣以外のノウハウは解説していません。 膣に特化している分非常に詳細に解説しています。 ですから、あなたが「膣イキ」を実現させたいのであれば、これ以上ピッタリなノウハウは他にないでしょう。 つまり、・Gスポット ・ポルチオ ・Aスポット ・Pスポット ・裏Gスポットの5つの性感帯、その全ての攻略方法、イカせる手法、開発する手法を知ることができるのです。 それでは価格を発表したいと思います。 さて、このノウハウ「膣イキ記憶術・パーフェクトビデオ」に、一体どれくらいの価値があるのでしょうか? 少しだけ考えてください。 「膣イキさせる方法」「膣を育成する方法」を解説しているものは、ほとんど存在しません。 そもそも、教えられる人がほとんどいないのです。 それだけ貴重なノウハウなので、価格は安くはありません。 もし、あなたが自力で「膣イキ記憶術」と同じようなスキルを身に付けようと思った場合にいくらかかるでしょうか? 何年間も勉強し、何百人もの女性に試しても、そのスキルを身に付けられる保証はありません。 おそらく数百万円かけたとしても到達することは難しいでしょう。 開発者の長寺忠浩は、セックステクニックの普及を職業としています。 さらに、AV男優や、AV女優、セックスマスター達のノウハウを世に広めてきました。 つまり、10年近くセックスの勉強を続け、さらに、数多くのセックスマスター達との交流によって、セックスの知識を蓄積してきました。 つまり、セックステクニックの研究を重ね、10年近くかけて到達したノウハウなのです。 もし、この「膣イキ記憶術・パーフェクトビデオ」を風俗一回分の金額で手に入れらるとしたら、どうでしょうか。 かなり安く手に入れたことになるのではないでしょうか? このノウハウの価格は、19,800円です。 風俗一回分と、同じくらいの金額で、10年分の知識を手に入れることができます。 さらに、、、 豪華な無料特典をお付けします。 無料動画特典3 講師:元AV女優 神波多一花「羞恥心を与えて快感を高めるクンニの6ステップ」 収録時間:10分32秒 さらに、、、 もし、ご満足いただけなかった場合は、返金保証をお付けします。 今回あなたが、「膣イキ記憶術・パーフェクトビデオ」を申し込むに当たり、全額返金保証をお付けします。 もし、この方法に、ご満足いただけなかった場合には、全額返金いたします。 あなたのセックスが変わらないなんてことは、ありえないとは思いますが、それでも個人差などはありますので、返金保障があればより安心してもらえると思います。 万が一にも、ご満足いただけなかった場合には、遠慮無く返金を申し出てください。 このページ下に表示されているボタンをクリックし、今スグに手に入れてください。 クレジットカード決済がご利用いただけます。 ネットの繋がったパソコンで見る場合にはダウンロード版、DVDプレイヤーで見る方は配送版を選択する場合が多いです。 ダウンロード版を選択すれば自宅に商品が届く事はございません。 パソコン上からダウンロードできます。 個人情報の保護も徹底しております。 そのため、ご安心してご購入いただけます。 また、中のDVDケースにも商品名は記載されません。 万一、ご家族がDVDを開封したとしても、再生するまで内容がわからないようになっています。 ご理解ください。 【返金手順】 お申し込み後、内容が気にいらなかった場合には、ご購入60日後から3年60日後の期間中にお電話にて「返金希望」とお伝えください。 「ご購入者氏名」「ご購入日」「返金口座情報」をお聞きしますので、確認後10日以内に振込みします。 その際に教材内容の理解度や、正しい方法を行っているのかのヒアリングを行いアドバイスをする場合もあります。 返金はお一人様1回1商品限りとなります。 それ以上経ってからの申請は保証適用外となります。 最後に、、、 あなたの前に、2つの選択肢があります。 一つは、このままご自身で「膣イキ」ノウハウを探求していく道です。 このページを参考にして、何十人、何百人も女性に試していけば、「膣イキ」ノウハウをマスターできると思います。 ただ、結構な時間とお金が必要になるでしょう。 そしてもう一つは、セックステクニックを長年研究してきた師匠のノウハウを試すという道です。 別の言い方で言えば、時間とお金、経験を買うということです。 この方法を実行するということで、あなたの時間は大幅に短縮されるでしょう。 それに、より的確なテクニックを知ることができるのです。 そして、あなたは知った手法を、すぐに実践することができるでしょう。 どちらの道が正しいのかは、あなた自身が知っているはずです。 あなたにとって正しいと思う道を選択をしてください。 あなたのことを心から応援しています。

次の