外貨預金 おすすめ通貨。 外貨預金するなら、今だとどこの通貨がおすすめなの?

外貨預金は知らないと大損する?本当におすすめな資産運用とは

外貨預金 おすすめ通貨

低金利が続く日本で、預金金利での貯蓄は厳しい。 100万円預けても1年間で100円程度の金利では、引き出し時のATMの手数料でマイナスになりかねない。 そこで、国外の高金利通貨への預金「外貨預金」が注目されるのだが、おすすめの外貨預金はあるだろうか? 外貨預金の目的別おすすめ銀行 外貨預金を預け入れる金融機関として、目的別に国内銀行を挙げてみる。 外貨預金を比較する上で基準としたのは 1.金利の高低 2.為替手数料の多少 3.取り扱い通貨数 4.付帯サービス。 安定感 となる。 あくまでも参考であり、実際の投資はご自身の判断で行っていただきたい。 為替手数料が安く金利も狙える「GMOあおぞらネット銀行」 GMOインターネットグループのGMOクリック証券とあおぞら銀行が連携し、高金利を可能にしたインターネット銀行。 あおぞら銀行が持つ銀行経営ノウハウとインターネット+金融事業の技術力を合わせた銀行だ。 為替手数料ゼロもあり、比較的金利が高い「東京スター銀行」 第二地方銀行の東京相和銀行の営業を譲り受け、免許を新たに取得し2001年より営業開始した。 住宅ローンなどに強い。 外貨預金は米ドル預入ゼロ円でいて、普通預金金利が0. 取り扱い通貨が米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、ニュージンランドドル、南アフリカドルと少なめなのがやや弱点。 為替手数料が安く金利も比較的高い「住信SBIネット銀行」 三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資する、ネット専業銀行。 為替手数料は米ドルでは0. 04円、普通預金の金利が0. ほかの通貨は、一般的な為替手数料と金利が設定されている。 超短期の定期預金が利用できる「楽天銀行」 楽天銀行は米ドルの為替手数料0. 25円、普通預金金利が年0. 外貨での入金ではなく、日本円の場合は厚遇するなど、特徴的な商品を用意する。 円普通預金からの為替手数料が全通貨ゼロの「じぶん銀行」 三菱UFJ銀行とKDDIが共同出資するインターネット銀行。 スマホやタブレットなどモバイル端末からの操作がしやすいなど、通信会社由来の特徴がある。 外貨預金では円普通預金から外貨預金への預入の場合、全通貨(米ドル、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドル、韓国ウォン、中国元、ブラジルレアル、南アフリカランド)の為替手数料がゼロ円。 AI外貨自動積立やAI外貨予測といったサービスも特徴。 500円から積み立ても可。 預入為替手数料がゼロの「イオン銀行」 親しみやすい、米ドル、豪ドル、ニュージーランドドルの3通貨に特化、円からの預入は3通貨とも為替手数料がゼロ円。 引き出し時も0. 5円で済む。 ユニークなのは決まった預入時期に500円から積み立てができる「外貨普通預金積立」。 購入時期を気にせず、預入時の買い付けコストを分散できるので、初心者も始めやすい外貨預金サービスになっている。 知名度と安心感で選ぶなら「三菱UFJ銀行」 圧倒的な知名度と安心感をもつ三菱UFJ銀行。 米ドルで為替手数料0. 25円、普通預金金利0.

次の

外貨預金をおすすめできない3つの理由を図解してみた

外貨預金 おすすめ通貨

「外貨預金」を考える上で、迷うのは「どの通貨にするか」ですよね。 以前の記事で、外貨預金の概要とそのメリットとデメリットについて解説してきました。 上記記事では私は外貨預金はおすすめしないとし、その理由も執筆しました。 今回の記事では、 「それでも外貨預金をしたい」 「どの通貨がおすすめなのか?」 という方に向けて執筆していきたいと思います。 おすすめの通貨はやはり米ドル? まず、外貨預金取引ができる通貨は以下の通りです。 米ドル• ユーロ• 豪ドル(オーストラリアドル)• 英ポンド• NZドル(ニュージーランドドル)• 南アフリカランド• カナダドル• スイスフラン それぞれの通貨の概要を記載していきます。 米ドル(USD) (2019年10月時点)• 政策金利:1. 75% 〜 2. 米国GDP:世界1位 世界の基軸通貨である米ドル。 流通量が世界一、価格変動も安定的でリスクは限定的となっています。 人気通貨であり中長期の投資向きとなっています。 米国は経常収支赤字国であり米ドル安の圧力を常に受けています。 直近のFRBの利上げ実行により金利は先進国で最も高くなっています。 2019年7月迄は漸進的な利上げが行われていましたが、現在は景気の軟化対策として再び利下げに転じています。 しかし、現在は10年ものでも1. 昨年と比較すると米ドルへの投資妙味は落ちてきているといえるでしょう。 ユーロ(EUR) (2019年10月時点)• 政策金利:-0. 5% 2002年に欧州の基軸通貨として導入されたユーロ。 世界通貨流通量は上記のドルに次いで2位であり、価格変動は比較的安定的です。 ユーロ圏は経常収支黒字地域なので常に「 ユーロ高」の圧力が発生。 政策金利が低く、EU加盟国の信用不安が解消されていないことや、 ユーロ圏の政治的な統一が実現されておらず長期投資には向きません。 ギリシャやPIIGSを含めた国の財政問題が火種としてまだ残っているのには注意した方が良いでしょう。 2017年〜2018年の段階では長期化していた金融緩和からの出口を模索する動きが出ていました、 しかし、2019年9月にFRBに続く形で政策金利の引き下げが行われ-0. 世界的な金利引き下げによる景気対策の流れはしばらく潮流となっていくでしょう。 finance. yahoo. [シドニー 27日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)のデベル副総裁は27日、豪政策金利が0.5%まで引き下げられた場合、中銀は非伝統的金融政策を検討するとの見方を示した。 ただ、それほどまで大胆な政策調整が必要にならないことを願うと語った。 引用: 一昔前とは違い、もう豪ドルでさえも高金利通貨とはいえない水準なのです。 またオーストラリアは資源大国です。 通貨価値も資源価格(鉄鉱石、石炭、原油などの鉱物・エネルギー価格)により上下する点は理解しておく必要があります。 更にオーストラリアの貿易構造は中国に依存しております。 中国経済減速時に豪ドルの価格も大きく影響を受けることになりますので、中国の動向も常にチェックしておかなければならないでしょう。 政策金利:0. 英国GDP:世界5位 G4通貨として米ドル、ユーロ、円に次いだ4番目のイギリスの通貨。 米ドルやユーロと比べ流通量が少ないため値動きが激しく1日で対円レートが2〜3円動くこともあります。 金利も低く、長期投資よりも短期投資で人気が高く、為替差益を狙いとする投資家が多いです。 ブレクジットの際は1日で対円レートがなんと20円近く下落しました。 ブレクジット イギリスが欧州連合(EU)から離脱すること。 英国(Great Britain)と退出・離脱(exit)を組み合わせた造語。 ブレグジットという言葉は、リスボン条約改正をめぐって、イギリスと欧州連合各国との歩調が合わないことや、PIIGSに代表されるような、財政の悪化した国々が出現してきたことで生まれたという見方が多い。 ちなみに、イギリスの首相であるデーヴィッド・キャメロンは、2017年までに欧州連合離脱の是非を問う国民投票を行うことを明言している。 なお、ブレグジットと似た言葉に「グレグジット」があるが、これはギリシャのユーロ圏離脱の意である。 (引用:) 英国の経常収支は赤字なので月末は取引の多く、 「ユーロ高」「ポンド安」になりやすい傾向にあります。 世界的な利下げ傾向のなか政策金利は0. 政策金利:1. NZGDP:世界52位 ニュージーランドの通貨。 以前までは豪ドル並び高金利でしたが、政策金利は低くなっており、 米ドルの利上げにより高金利の代表格の座から退きました。 現在は更に政策金利を引き下げており1. 資源大国のオーストラリアの豪ドルとは異なり、ニュージーランドの場合は農業国ですので、 食糧価格が通貨価格変動の一つの大きな指標となります。 南アフリカランド(ZAR) (2019年10月時点)• 政策金利:6. 南アGDP:世界33位 まだまだ新興国・南アフリカの通貨であるランド。 リスクが高い分、金利も高い通貨として日本でも大人気です。 まだまだリスクが高い故に、国債格付けにてムーディーズではかろうじて投資適格級となっています。 ランドの通貨流通量は少なく、その分ボラティリティの高い価格変動が起こっております。 金利が高い裏にはリスクがあることを理解しておくべき通貨と言えるでしょう。 テクニカル分析でも雲を抜けきることができず、75ヶ月移動平均線にで常に跳ね返されています。 高金利で貰える金利でも結局レートが下落してはトータルで損失となってしまいます。 高金利だからといって安易に飛びつかない方が良いでしょう。 南アフリカの状況については以下の記事も参考にしてみてください。 カナダドル(CAD) (2019年10月時点)• 政策金利:1. カナダGDP:世界10位 カナダの通貨であり金利は米ドル・豪ドルを下回る水準となっています。 豪ドルが資源大国通貨として紹介しましたが、カナダドルに関しては原油産出国であり「原油価格」が一つの大きな指針になります。 これは、米国との貿易問題が再燃すれば通貨への下押し圧力となってしまうことを指します。 カナダはG7の一角であり、世界でも政治的・経済的にも安定していると言われる優秀な国です。 (米国と近い位置にいるのも経済的には有利) 利上げサイクルに突入し始めた頃であり、少しずつ投資家からの人気を集め始めています。 スイスフラン(CHF) スイスの通貨です。 スイス中央銀行が低い政策金利を設定しており、預金金利はなんと日本より低い水準となっています。 その結果、「リスク回避」のための資産の置き場所となっています。 これは日本円と同様ですね。 おすすめの外貨預金・通貨ポートフォリオ 個人的な見解となりますが、私が推奨する通貨ポートフォリオは以下の通りです。 日本銀行の金融緩和も限界に近付いており、そろそろ出口が必要となってきます。 この出口が近く頃に、円が強くなる局面が来る可能性が高いかと思います。 円が強くなるのは一瞬そしてこれが最後であり、その後は日本の財政懸念が顕在化するでしょう。 米国の景気拡大期はリーマンショクが発生してからすでに9年が経過しており、直近では株価も大きな調整がありました。 世界の景気拡大期の「 後期」が現在であることを考えるとリスク回避はしておいた方が良いです。 結果的にリスク回避通貨:スイスフランを保有しておくことで安全圏に移動したほうがよいと言えます。 英ポンドは値動きが激しいですが、ブレグジットの影響は織り込み済みの価格となっており、 珍しく長期的な上昇を見込むことができる水準にきているとみています。 この記事のまとめと、おすすめの投資方法 【2019年】外貨預金・おすすめ通貨は結局どれ?各国通貨を徹底比較!... では、 各国の通貨とその特徴、おすすめポートフォリオを紹介してきました。 この記事はあくまで外貨での預金をどうしてもしたいと考えている人に向けて書いた記事です。 私個人としては、外貨預金よりも利回りがよく納得のいくリスクリターンがあげられる優れた投資先が存在することを経験則的に理解しているため、 外貨預金で資産運用をすることはありません。 そもそも論なのですが、外貨預金で運用するにしてもFXを活用するにしても、為替で儲けようと考える以上はゼロサムゲームの中で勝というということに他なりません。 あなたが為替で収益を上げている以上、世界の誰かは損失を被っています。 為替の世界で、全員が勝つということはありえないのです。 他者を出し抜いて自らが収益を上げるという構造上、為替は運用というよりもギャンブルの域を出ないと言えます。 一方、株式や不動産はこの限りではありません。 株式市場全体の値上がりにより、特定の株式市場に投資する全ての人が収益を得ることもあります。 資産運用において株式投資の方が正当性を得やすいのは、この原則が存在するからです。 海外に投資を行う醍醐味は、やはり一国の経済の成長を享受するということですから、 外貨で資産を持つくらいなら、更にその外貨を通じて成長力ある国の「株式」や「不動産」へと投資していく方が遥かに合理的なのです。 私は、新興国を中心に海外株を攻め、このような為替差益に留まらず株式市場の値上がりも享受する投資を行っています。 また、昨今では、この株式投資に加え、これから大きく成長が見込むことができる新興国不動産も始めました。 投資先はバングラデシュなのですが、こちらはまさに、いよいよ経済成長が急加速することが高い確度で見込める国。 何よりも何もない平地に新しい街ができていく様子、人々の活気的な生活、そのような状況をみているだけでも面白いです。 (投資した人は定期的に状況が動画でみれます) バングラデシュに興味が湧いた人は、ぜひセミナー(勉強会)に一度でも足を運んでみると良いかと思います。 投資の勧誘はなく(勉強会なので当然ですが)、こんな世界があるのだな、と感心するかと思います。 さて、今日は外貨預金についての基本的な考え方を解説しました。 皆さんの助けになれば幸いです。

次の

外貨普通預金おすすめ比較

外貨預金 おすすめ通貨

普通預金の金利は過去最低! 日銀のマイナス金利の導入決定後、三大メガバンク、ゆうちょ銀行と大手銀行はすべて普通預金金利を0. 普通預金金利0. 元本保証で安心感はありますが、三大メガバンクやゆうちょ銀行に預けておいてもお金は全く増えない状況となっているので、少しでも金利のいいところに預けたいところです。 外貨預金や外貨定期預金の金利は高い? 銀行ではよく外貨預金や外貨定期預金のキャンペーンをやっていて、国内ではありえないほどの金利が提示されているので気になってる方も多いのでは? ただ、そもそも銀行での外貨預金は下記の4つのポイントからおすすめできる金融商品ではありません。 元本保証ではない(円ベースでは)• 為替手数料が高い• 金利も金融機関に取られている• ペイオフの対象ではない 参考 外貨預金は預金という名前がついてるので勘違いされやすいですが、 外貨ベースでは元本保証ですが、円ベースでは元本は保証されていませんし、ペイオフの対象外です。 銀行の外貨預金や外貨定期預金では、為替手数料は高いですし金利も抑えられています。 外貨預金や外貨定期預金のキャンペーンはお得なの? 銀行では外貨預金や外貨定期預金のキャンペーンとして、非常に高い金利となっていたり、為替手数料を割り引くなどを行っています。 高い金利となっているものは、適用金利が短いものが多く、その期間が終わると通常の外貨普通預金や定期預金の金利に戻るのでお得感はなく、非常に高い為替手数料を取られるので、為替の状況によってはマイナスとなる可能性があります。 また、為替手数料を割り引くキャンペーンも、預入時の手数料は割引が行われますが、 預け入れた外貨を日本円に戻す時には通常の為替手数料が取られるので、トータルコストで考えると結局高い手数料を支払うこととなります。 外貨預金や外貨定期預金のキャンペーンは一見お得に見えますが、得られる利益と日本円から外貨、外貨から日本円にするときに為替手数料が結局どのくらいになるのかを差し引いたトータルリターンを算出して、本当にお得なのかを確認する必要があります。 外貨の高金利を得るのはFXの方がお得 外貨の高金利を享受できる方法としては、FXを利用して外貨に投資するほうがお得で、 FXではレバレッジ1倍で取引することによって外貨預金と同じリスクで取引することができます。 参考 FXは怖いと思ってる方もいるかもしれませんが、FXの最大の特徴であるレバレッジは預けているお金の25倍までの取引ができるので、レバレッジを上げれば上げるほどハイリスクとなりギャンブル的な取引ができるのですが、レバレッジを低くすればそれだけリスクを減らすことができます。 参考 FXもペイオフ対象ではありませんが、信託保全によってもしFX会社が破たんしても 投資家の資産は全額保護されることになっています。 デメリットといえば、外貨ベースでも元本は保証されていませんが、外貨預金でも結局円高となれば元本は保証されませんので、リスクは同じということになります。 また、 一括投資ではなくドルコスト平均法により積立てれば、リスクを軽減させることができるので下記も参考にしてみてください。 参考 ドルコスト平均法でFXでも外貨預金のように自動で積立投資ができる「積立FX」というサービスがあるので、こちらを利用すると利便性は上がります。 参考 おすすめの通貨は米ドル?豪ドル? では、外貨の高金利を得たい場合どの通貨に投資するのがいいでしょうか? 取引できるメジャー通貨と高金利通貨は下記のような通貨が投資対象になります。 米ドル• ユーロ• 英ポンド• カナダドル• 豪ドル(オーストラリアドル)• NZドル(ニュージーランドドル)• 南アフリカランド• トルコリラ それぞれどんな特徴があるか見ていきましょう。 米ドル• 政策金利:2. 00%(2018年8月)• GDP:世界第1位です。 世界の基軸通貨として流動性が高いため、他の通貨と比べて急変が起きにくい通貨で、外貨投資では人気が高い通貨で、金利が上昇傾向にあるため中長期の投資にも向いている通貨です。 参考 ユーロ• 政策金利:0. ただ、 対円で考えると円安・円高がはっきりしているので、為替差益狙いのデイトレードやスイングトレードなどでは売買しやすいと言われています。 英ポンド• 政策金利:0. GDP:世界第5位 ユーロと比べて流通量が少ないことから値動きが激しく、 長期投資よりは短期投資(スキャルピングやデイトレード)で人気が高い通貨で為替差益狙いの対象になりやすい通貨です。 金利も低いですし、長期投資でスワップポイント狙いの通貨としてはあまり適してはいません。 カナダドル• 政策金利:1. GDP:世界第10位 カナダは、米国の隣国の国でG7(主要先進7ヵ国)の一員として世界でも政治的にも経済的にも安定した国と言われています。 また、世界第二位の広大な国土を有し、世界有数の資源国としての魅力も持ち合わせているカナダは、 利上げサイクルに突入し投資対象としての魅力が徐々に出てきている通貨です。 地理的に米国の隣国ということもあり、経済的にもつながりが強く、米国経済の影響を受けやすい特徴があります。 参考 豪ドル(オーストラリアドル)• 政策金利:1. GDP:世界第13位 高金利追加として人気が高い豪ドルですが、最近は政策金利が過去と比較すると低いレベルで横這いとなっています。 資源通貨とも呼ばれ、鉄鉱石、石炭、原油などの鉱物資源が豊富で、鉱物・エネルギーの価格変動に影響を受けやすい通貨で、中国との貿易が盛んなため中国の景気にも影響を受けます。 参考 NZドル(ニュージーランドドル)• 政策金利:1. GDP:世界第52位 豪ドルと同じく高金利の代表格でしたが、豪ドル同様に政策金利は低いレベルで横這いとなっています。 NZドル円は豪ドル円と似たような値動きをするケースも多いですが、オーストラリアとは違って農業国のニュージーランドでは、食糧価格に連動する傾向が見られます。 参考 南アフリカランド• 政策金利:6. また、流通量が少ないため変動率が高く、政治、経済ともに不安定なため、取引するにはリスクが高い通貨だということは認識しておく必要があります。 参考 トルコリラ• 政策金利:17. GDP:世界第17位 政策金利が頭一つ抜けて高く、高金利通貨として人気が高い通貨ですが、国債格付けでは大手3社で投資不適格級となっています。 南アフリカランド同様に流通量が少ないため変動率が高く、高いインフレ率など経済、地政学面でのリスクが高い通貨で、通貨下落が止まらず、外貨投資初心者の方は避けておくのが無難です。 参考 おすすめの通貨は? 中長期の視点で投資すると考えると、比較的安定的な値動きが期待できる取引量が多い通貨で、低金利の日本円を売って高金利の通貨を買うのがおすすめです。 取引量が多い通貨は、市場参加者が多く、1つの市場参加者だけでは値を大きく動かすことは難しいため、比較的安定的な値動きをし易いです。 世界で取引量が多い通貨のTOP10、および各国の政策金利は下記の様になっています。 通貨 割合 政策金利 米ドル 87. 次に国債の格付けが高い、オーストラリアやカナダ、ニュージーランドあたりが政策金利も先進国の中では高いのでおすすめですが、オーストラリアとニュージーランドの政策金利は横ばい傾向となっているので、カナダという選択肢も面白いかもしれません。 また、南アフリカやトルコのような高金利通貨に投資したくなるところですが、為替レートはかなり激しく動きますので、初心者の方は手を出さない方が無難です。 まとめ 三大メガバンクやゆうちょ銀行の普通預金金利が0. 外貨に投資するのにおすすめな通貨は、中長期の視点で投資すると考えると、比較的安定的な値動きが期待できる取引量が多い通貨で、低金利の日本円を売って高金利の通貨を買うのがおすすめです。 その中でも特に基軸通貨である 米ドルは、為替レートは比較的安定的な値動きをし、政策金利が上昇傾向にあるためおすすめです。 次に国債の格付けが高い、オーストラリアやカナダ、ニュージーランドあたりが政策金利も先進国の中では高いのでおすすめですが、オーストラリアとニュージーランドの政策金利は横ばい傾向となっているので、カナダという選択肢も面白いかもしれません。 ただ、銀行で扱っている外貨預金や外貨定期預金は投資家にとって不利な条件で取引をすることになりますので、 外貨投資を行うなら外貨預金とリスクがほとんど変わらないレバレッジ1倍でFXを利用した外貨投資をおすすめします。 また、レバレッジ1倍でFXでも外貨預金のように 自動積立ができるサービスが登場しましたので、こちらを利用すると利便性は上がります。 参考 外貨の自動積立サービス「積立FX」はSBIFXトレードだけのサービスです!• 三大メガバンクに預けても0. 労働人口が減少している日本では円を持っていること自体リスクとなりえる• SBIFXトレードなら レバレッジ1倍で米ドル円を120円から投資できる 今なら口座開設すればFX取引が体験できるように 500円もらえます! もちろん口座開設・維持費は無料ですのでこの機会にぜひ試してみてください。 >> (公式サイト).

次の