連絡 とれる くん。 連絡とれるくん

連絡とれるくん pc ダウンロード

連絡 とれる くん

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 例えば、内線アプリ、外線アプリと複数の電話アプリを使用している場合、この連絡とれるくんをハブとし電話を架電することができます。 名刺管理機能もついており、Office365連携もできるうえ、高価ではないのでコストパフォーマンスは高いです。 改善してほしいポイントは何でしょうか? 個人的にはあまり改善してほしい点はない。 履歴が残らないケースがあるがこれはどちらかというと電話(iOS)の問題なのでアプリで改善は難しい。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 内線アプリ、外線アプリと複数の電話アプリを使用していると、複数の電話帳を運用することになり管理が煩雑になっていた。 連絡とれるくんを使用することで、ハブ機能となり管理が1本化できた。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 会社で公式に使っており、web版、アプリ版とありますが、アプリ版が便利なのでよく使っています。 標準の機能なのかわかりませんが、電話帳機能に在席がわかる機能がついていたりして便利です。 名刺管理機能もついているので統合的な人脈情報管理アプリとして使えます。 改善してほしいポイントは何でしょうか? まあ特にないですが、あえて言うなら名刺の画像取り込みのときに、名刺にメモなど入れているとうまく取り込めてなくて、それに気づかず名刺捨ててしまったりしてて大変な目にあったことがあります。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 1つのアプリで統合的に管理できるので、いろいろ名刺管理アプリを探してた時期もありましたが、これ一本で十分だなと思いこれで管理しています。 使うかわからない名刺が溜まってどうしようということがなくなりました。 あと、人に連絡とるときはとりあえずアプリ開くというふうになりました。 会社にいれば大体の場所もわかるため便利です。 検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください ・アドレス帳の人の居場所がわかる機能(標準機能かはわかりません) ・名刺管理機能(画像取り込み) この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 営業や経営幹部に支給している会社スマホの電話帳として利用しています。 電話帳のデータは一元化されてクラウド上に存在するので、電話帳のメンテナンス、共有が便利になりました。 電話帳ごとに閲覧・編集権限を付けられるので、全従業員がアクセスできる内線用の電話帳、特定部署のみがアクセスできる取引先の電話帳といったように使い分けが可能です。 改善してほしいポイントは何でしょうか? 本製品は名刺管理機能を持っていることは承知していますが、当社では名刺管理は別のツールを使用しているので、他サービスとのデータ連携の仕組みがあると良いです。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? これまでは定期的に電話帳データをシステム部門から配布し、各自で電話帳を手動で更新してもらっていましたがその作業が不要になりました。 また、電話帳の更新漏れにより、連絡先がわからない、古い番号にかけてしまった、といったトラブルも減りました。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 社内の各担当者の集めた名刺データを手軽に登録し共有できることで、現在のテレワーク環境において、非常に利便性が上がっています。 改善してほしいポイントは何でしょうか? 名刺データの修正作業の精度をあと一歩高めていただければと思います。 特に装飾の入った特異な名刺などでは読み間違いが発生しているようです。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 現在の新型コロナウイルスによるテレワーク環境下で、会社に行けない日々が続いていますが、共有プロジェクトをすすめるにあたり他の担当者が入手した名刺データの活用が必須となりますが、クラウドに登録されてることでCRMとしての機能がまっとうできてると思います。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 異なった属性の連絡先を一元管理するときは便利だと思います。 またクラウド型の管理ソフトなので、外出先から操作できるのも魅力です。 改善してほしいポイントは何でしょうか? 改善してほしいのは初期設定費用です。 得意先または同僚の多い会社であれば5万円を出してもいいですが、個人企業の人は勿体ない気がします。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? とにかく連絡先の管理には便利です。 スキャナーで名刺が登録できるので入力の手間が省けます。 また連絡先は簡単に見つかるので、急ぎの仕事のときは助かります。 検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください スマートフォンさえあれば、いつでもどこでも連絡先を調べることができる点です。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? お客様や社員のアドレス、電話番号などを個人管理ではなく社内全体で共有できる。 また名刺の写真を保存できるのも良い。 改善してほしいポイントは何でしょうか? Smart PBXとの連携で使用しているが、通話履歴が削除ができない。 連絡先を開くときにアプリの入れ替えが行われるので動作性が良くない。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 出張に行っている社員にトークで文章が送れたのでのは便利。 電話しなくても用事を済ますことができたが、このトーク機能はオプションかな。 このアプリ単体でのメリットはあまりない。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 連絡先を一元管理できるのが基本機能ですが、スマホのアプリから写真を撮ってからのOCRでの取り込みができるので非情に便利。 電話帳と名刺管理の境目がなく社内での情報共有が進みます。 改善してほしいポイントは何でしょうか? 概ね不満はないが、sansan連携などで取り込んだ名刺をツリー化する機能があるが、うまく階層表示されない。 うまく体系化できる機能があればもっと良いと思う。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 社外の電話番号、メールアドレスを個人ではなく会社として管理できるので、個人の名刺管理の手間が非常に減った。 また、お客様への連絡の際も連絡先がわからず困る場面もあったが、周りの人に連絡先を聞き回らなくても連絡とれるくんで解決できるようになり、対応がスピーディーになった。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? アプリとして使用しています。 私用携帯電話へ社用の電話回線を追加しており、その電話回線と連携して電話帳を使用できます。 アプリ切り替えによる場合はパスワード入力を省略できると、より便利です。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 社用携帯電話ではなく、私用携帯電話への社用電話回線追加という手段を取っています。 もともと通話アプリにWeb電話帳を連携していましたが、本アプリを導入したことにより電話帳をアプリ上からも編集可能となりました。 外出の多いメンバーはWeb電話帳での編集を面倒に感じており、アプリから編集できることで使用頻度を高めることができたようです。 この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか? 個人の連絡先編集がwebで簡単にできるため、各スマートフォンにすぐに反映される。 その逆で各スマートフォンで登録すれば、webに反映されるため、便利。 また、社内共通の電話帳が一括で集中管理ができる。 改善してほしいポイントは何でしょうか? スマートフォンの性能が低いためか、電話帳を開くのに遅い。 通話履歴はフリックしないと更新されない。 ネット接続されていない状態では、電話帳が使用できなくなる。 どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか? 登録する件数が多くなり、部署別に電話帳を管理できるようになった。 着信できない場合などにメッセージ応答ができるようになった。

次の

連絡とれるくんの評判、評価、レビュー

連絡 とれる くん

非常時に必要な「安否確認」を日常利用の「連絡とれるくん」とコラボレーションさせることで従業員や管理者にとって、より使いやすい安否確認の形を実現しました。 また、地震や災害時の安否確認はもとより、パンデミックやロックダウンの際の従業員への一斉通知、回答集計を行うことも可能となります。 ・連絡とれるくんで「安否状況」が見える! 普段お使いの「連絡とれるくん」で回答状況が見えるようになり自部署の状況も一目瞭然。 トーク機能や、普段業務で利用しているビジネスチャットと連携し、連絡をとりあうことも可能です。 また、回答結果が表示されることで未回答社員へのリマインドにもつながります。 ・別システムだと起こりがちなメンテナンス漏れによる従業員へ通知が届かない状態を防ぐ! 管理者は「連絡とれるくん」の従業員データのみを更新すればOK。 従業員情報の2重管理の手間から解放されます。 < サービスイメージ > <画面イメージ> < 安否確認オプションの基本機能 > ・震度5強以上など閾値を超えた地震が発生した際に、自動的に安否確認を開始。 ・連絡とれるくんの従業員情報を元にメール送信、アプリでの通知を実施。 ・従業員の安否確認の回答状況を自動で集計。 ・従業員の安否状況を「連絡とれるくん」上に表示。 ・追加で確認が必要な質問がある場合、絞り込みなどを実施し一斉通報することが可能。 《連絡とれるくんについて》 「連絡とれるくん」は、主に「電話」「チャット」「メール」「名刺」の連絡先をクラウドで一括管理できるサービスです。 テレワークやリモートワークの際に発生するコミュニケーションの低下防ぐこともできるコミュニケーションポータルです。 現在、Web電話帳サービスで国内市場シェアNo. 6年連続国内シェアNo. 1のコミュニケーションポータル「連絡とれるくん」をはじめ、自社オフィス「CaMP」での実証実験、世の中の働き方改革調査などを通じ、導入企業のワークインフラを改善し、企業文化の変革や企業価値の向上を目指します。 《 株式会社Phone Appli会社概要 》 代表取締役社長 :石原 洋介 所在地 :〒105-0001 東京都港区 虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル8階 設立 :2008年1月 資本金 :398,365,710円 業務内容 :連絡とれるくん(コミュニケーションポータル)、居場所わかるくん等クラウドサービス・Salesforce AppExchangeのアプリケーション企画・開発・販売/Cisco Unified Communications Managerはじめ各種IP-PBX対応アプリケーションの開発・運用 URL :.

次の

連絡とれるくん

連絡 とれる くん

こちらから「名刺管理サービス」の資料を一括でダウンロードできます。 とに同意の上、資料をダウンロードしてください。 サービス概要 「連絡とれるくん」は、社員やお客様の連絡先や名刺情報をクラウドで一元管理。 連絡先を一つにまとめるクラウド電話帳サービスです。 「Web電話帳」「名刺管理」「着信表示」「ビジネスチャット」などの機能を搭載。 フリーアドレスやリモートワークをはじめとする、時間と場所にとらわれない働き方のコミュニケーション円滑化にも貢献。 主なポイント• Web電話帳でどこでも連絡先を確認 社内外の連絡先情報をクラウド一元管理。 Web電話帳での社員やお客様の検索し、連絡先情報から適切なコミュニケーションツールを選択して簡単に連絡することが可能です。 名刺情報をクラウドで一元管理・社内で共有 スマホで名刺を撮影するだけで名刺情報として格納。 全社・部署・ユーザー単位で閲覧範囲を設定して共有することもできます。 スマホの紛失・盗難時も情報漏えいの心配なし 大切な連絡先データはスマホ本体ではなく、クラウド上にあるので万一紛失や盗難が発生しても情報漏えいにはつながりません。 また、連絡とれるくんに登録があれば、スマホ内に登録されていない電話番号からの着信も発信元の連絡先が表示されます。 業務上のコミュニケーション手段としては、電話やメールだけでなく、チャットやSNSなどコミュニケーションツールが増えています。 さらに、働き方改革の一環で、ロケーションにとらわれない仕事の実現手段として、コミュニケーションツールの多様化はますます進んでいきます。 そうなると、例えば、ある人にチャットで連絡しようとした際に、チャットはTeamsなのかLINEworksなのか、アカウント名は何なのか、連絡するのも一苦労になります。 「連絡とれるくん」を利用すれば、連絡をとりたい相手はどの手段で連絡がとれるかがわかりますし、そこにアカウント名も記載されていますので、連絡に困ることはありません。 さらに、連絡したい方法として、Skypeのようなツール名を選択すると、自動的にSkypeが立ち上がって連絡が取れるようになります。 一つ目は、着信情報を表示できる点です。 スマートフォンの連絡先に発信元の情報がなくても、クラウドから発信元情報を取得しますので、着信時は誰が電話をかけてきたのか把握できるようになります。 二つ目は、情報漏えいリスクを低減できる点です。 スマートフォンを業務で利用している場合は、連絡帳に登録した取引先などの個人情報漏えいが懸念されますが、「連絡とれるくん」では、スマートフォンの内部には連絡先情報を持つ必要がありませんので、万一紛失や盗難が発生しても、漏えいには至りません。 三つ目は、他のアプリケーションと連携できる点です。 例えば、電話番号をクリックすると、クラウドPBXである「Arcstar SmartPBX」のアプリを立ち上げて電話を発信したり、ファイル共有サービスのboxとアプリケーション連携すると、box内の資料を検索し、作成者に聞きたいことがあれば、「連絡とれるくん」から連絡手段を選んで連絡する、といった使い方もできます。 従来のオフィス環境では、「あの人はこの場所にいるはず」、あるいは「このメーリングリストに連絡すればつながるはず」と場所や組織を頼りに連絡していました。 しかし、フリーアドレス化などが進むと、そのような連絡はできなくなりますので、個人とピンポイントで連絡する仕組みが必要になります。 「連絡とれるくん」を導入すると、誰にどの連絡手段でコンタクトすればよいかがわかりますので、個人間でのコミュニケーションが加速します。 もちろん、名刺情報や連絡先情報を社内で共有する手段、外出先でも取引先情報を確認するための手段や情報漏えいリスクを低減する手段としても多くご利用いただいています。 未来の働き方の実現に向けて、スマートフォンの内線化や「連絡とれるくん」による連絡先情報のクラウド化を導入いただきました。 同社では以前より社員にスマートフォンを貸し出していたものの、これまでは、教室や先生などの連絡先情報はPCや紙ベースで管理していたので、人事異動の際には新しい担当の教室の60~70拠点の連絡先情報を各自が都度スマートフォンに登録する必要があり、比較的に異動が多いという同社では、稼働の負担になるという課題がありました。 そこで、「連絡とれるくん」を導入いただいたことで、教室や先生の連絡先情報はクラウド上で一括管理し、人事異動などで担当者が変更した際も、管理者が変更手続きをするだけで、各自の登録作業がなくなり、効率的に利用できるようになりました。 さらに、スマートフォンには連絡先の情報を持つ必要がなくなるので、紛失や盗難に伴う情報漏洩リスクを解消できる点も評価いただきました。 このように、フリーアドレス化やリモートワークなど新しい働き方の環境整備において、「連絡とれるくん」は様々な課題を解決する手段にもなると考えています。 連絡とれるくん 導入事例詳細(株式会社公文教育研究会) Web電話帳• とに同意の上、資料をダウンロードしてください。 例えば、フリーアドレス化などに取り組むお客様から、誰がどこにいるのかわからないので、「社員がどこにいるのか把握したい」という要望をいただくことが増えてきました。 そこで、新たなオプションサービスとして「居場所わかるくん」の提供を開始しました。 「居場所わかるくん」を利用すると、無線通信による位置把握で、オフィスのどこに誰がいるのか、オフィスマップを見ながら把握できるようになります。 そうすると、この人は会議室にいるので「電話ではなくチャットでの連絡にしよう」と、より適切な手段でコミュニケーションが行えるようになります。 また、居場所の把握は工場における安全管理や、オフィスの備品管理などに応用できますので、IoTの活用も踏まえながら、連絡手段の裾野拡大にも取り組んでいきたいと考えます。 金額は税別です。 会社概要 会社名 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社 代表者名 庄司 哲也 資本金 2,309億円 所在地 〒100-8019 東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー.

次の