旅行業界 今後。 ブライダル業界の今後はどうなる?

旅行会社のマーケティングや戦略を見直すべき時~現状の課題を見る

旅行業界 今後

今や、 観光関連産業は第一線で日本経済を支える産業として将来を担っており、旅行業界は就活生にも注目の業界の一つです。 JTB、楽天、近畿日本ツーリスト、エイチ・アイ・エスは旅行業界の大手4社として名をはせています。 帝国データバンクは8月に「2018年の国内旅行業者の経営実態調査」を発表し、国内旅行業者の2018年の売上高合計(2016年~2018年の売上高が判明した2881社)は前年比1. 6%増の4兆6758億円となったと伝えています。 JTBやエイチ・アイ・エス(HIS)、日本旅行などの大手旅行会社を中心に増収となったそうです。 観光業界は、当然ながら、近年話題性の高い市場とも深く関連しています。 またこの頃はデジタル化や災害対策にも注力している業界です。 この記事では、旅行業界、観光産業を取り巻く現状や、日本の旅行業界における大手4社の存在と特徴、将来的な課題や今後の展望について解説します。 旅行業界の最新動向 近年の旅行業界は、 毎年過去最高を更新するレベルで推移する市場の拡大や、一時は下火であった国内旅行の回復傾向によって将来性のある業界として注目されています。 2018年にが発表したデータによれば、日本における観光消費額は20兆円規模であり、前年比でもプラスの結果となっています。 どんな仕事? 旅行会社は宿泊施設や航空会社、鉄道会社から部屋や座席を仕入れ、ツアープランを組んで顧客に販売します。 近年では Online Travel Agent と呼ばれる無店舗型のオンライン旅行会社が増加しており、大手旅行会社では店舗の展開とともにwebサイトを利用した販売も行っているケースが増えています。 旅行会社における職種としては、 旅行の企画にあたるツアープランナー、顧客と対面して営業活動に従事するカウンターセールス、ツアーに同行して案内業務を担うツアーコンダクターなどがあります。 旅行会社によって取り扱っている宿泊施設や航空会社が異なるのは、それぞれが自社のコネクションを発揮して仕入れるためで、旅行会社では宿泊施設やレジャー施設、インフラ各社と緊密に連携をとり 顧客に1つでも多くのプランや選択肢を提供できるよう努めています。 旅行業と旅行業者代理業の違い旅行業では 旅行の企画をし、旅行業者代理業では企画されたツアーやプランの販売をします。 旅行業の営業には、または管轄都道府県への申請、および営業保証金の供託が必要で、企画できる規模によって3つの登録種別があります。 第1種旅行業では海外、国内を対象とする旅行全般の企画作成や実施、 第2種旅行業では国内における企画作成や実施、 第3種旅行業では国内における、一定の条件を満たす企画作成や実施ができます。 一方、 旅行業者代理業は旅行業者と契約をし、ツアーやプランの販売を代理することによって営業しており、成約時の仲介手数料が主な利益となります。 旅行業者代理業では都道府県知事への申請のみで業を営むことが可能で供託金は不要となっています。 JTBは国内外の旅行取扱額トップを誇る国内最大手の旅行会社で、 旅行取扱額全体では1兆円以上の収益をあげています。 元々は顧客をメインターゲットとした旅行事業を運営していましたが、事業が軌道に乗ってからは国内旅行の取扱数を増やしており、国内外の旅行全般において圧倒的な存在感を示しています。 国内最大級のECサイトを運営する 楽天では国内旅行を中心とした旅行商品を取り扱っています。 他サービスと連携したマーケティングはさまざまや事業を手がける楽天ならではの強みといえるでしょう。 一方、 エイチ・アイ・エスは海外旅行に特化した旅行事業を手掛けています。 また、ホテル事業や格安SIM業界への参入も行っており、 今後は他業界のサービスと連携した旅行商品やサービスを提供していくことが予想されています。 旅行業界を取り巻く環境 近年では客数の増加やそれにともなう市場の拡大によって盛り上がりを見せている旅行業界ですが、日本人、外国人の旅行に対する意識には変化が見られるようです。 以下では、旅行業界を取り巻く現状と旅行業界の将来について解説します。 日本人は旅行したくてもお金はかけたくない 平成の大不況と言われていた時代に比べると国内経済は上向きになっているものの、 デフレ状態を脱したとは言いがたい状況が続いており、経済状況は日本人の旅行に関する動向にも影響を与えています。 が発表している旅行・観光消費動向調査によれば旅行に関する消費動向についてはわずかに上昇傾向にはありますが依然横ばいに推移しており、 1回あたりの旅行に費やす金額の平均値は減少傾向にあります。 これらの傾向からは 旅行への意識の高まりはあるものの、出費は抑えたいという日本人の旅行に関する消費動向が見えてきます。 訪日外国人は増えてる! 2011年の上半期には東日本大震災の影響で落ち込んだ観光客数も現在では完全に回復し毎年大幅な増加を記録しています。 ビザ発給要件の緩和や円安相場も相まって 客数、消費額とともに過去最高を更新するレベルでの推移が続いており今後の伸びにも期待できるでしょう。 また、観光客が増加している大きな要因の1つにが主導する ・キャンペーンがあります。 ・キャンペーンでは、民官が一丸となって向けプロモーションや訪日客の観光消費拡大のためのさまざまな施策に取り組んでおり、元々は客数1,000万人を目指して始まったキャンペーンでしたが、努力の甲斐あって客数は2016年には2,000万人を突破し、2018年には3,000万人を突破するなど、その数値を大きく伸ばしています。 今後はどうなる? 世界的にインターネット社会へと移り変わる時代の中で旅行業界においても積極的に オンライン化を取り入れる動きが生まれています。 ではオンラインのみで航空券や宿泊プランの比較検討、予約手配まで完結でき、 実店舗に足を運ぶ必要がないことや営業時間に縛られず旅行のプランニングができることが好評を集めています。 また、では 店舗の維持費や人件費などのコストを抑えられるため、より安価な宿泊プランやツアープランの提供が可能になるというメリットもあります。 価格という点では各社が最安値の価格競争を繰り広げる一方で、プライベートカスタムツアーや長期間の豪華クルーズ周遊など、富裕層や時間的、金銭的に余裕のあるご老人をメインターゲットとした 高価なプランも増加しています。 ターゲット層を絞った旅行企画が旅行業界のマーケティングにおいては増加傾向にあり、今後も 価格の二極化が進む可能性が高いといえるでしょう。 必要性が高まる訪日外国人対応策 が調査した宿泊旅行についての統計では2015年時点で 年間5億泊以上の宿泊が旅行者によって行われており、そのうち6,561万泊は旅行客によるものであると発表されています。 旅行者のみの 宿泊数は前年比で46%増となっており、年を追うごとに旅行者による宿泊施設の利用が増加していることがわかります。 各旅行会社では、年々増加する旅行者が訪日旅行をより快適に楽しめるようさまざまな対応策に取り組んでいます。 JTB:訪日外国人向けパッケージ「サンライズツアー」 JTBでは観光客向けのパッケージである サンライズツアーのリニューアルを行っています。 より多くのにニーズに合わせたツアー提供するために、1964年に販売を開始したサンライズツアーの内容見直しを行い、それぞれの観光地を巡るツアーについて1日プランや半日プラン、ナイトツアーなど所要時間や時間帯を複数のプランから選択できるようにしています。 また、 ウォーキングツアーやトレインツアー、バスツアーといったように利用する交通機関もニーズに合わせて選択できるようになっています。 楽天:観光情報アプリと連動したプリペイドSIM 楽天では向けに 日本国内で利用可能なプリペイドSIMを現地のコンビニエンスストアや空港で販売しています。 さらにこのプリペイドSIMは観光情報アプリと連動しており、訪日前や訪日時の情報収集にこのアプリを利用することで、通信可能量がアップチャージされるというサービスを提供しています。 また、写真に特化したサービスで人気を集める「Instagram」でのプロモーションにも力を入れており、ポータルサイトや人気SNSを活用したマーケティングによりさらなる客の取り込みをねらいとしています。 エイチ・アイ・エス:中国人をターゲットにチャンネル エイチ・アイ・エスでは客の中でも最も多くの割合を占める 中国人にねらいを絞り、・の中国人向けに、情報を提供するチャンネルの充実を図っています。 中国のと連携し、中国国内でプロモーションやフリーペーパーを発行しています。 これにより、ブランドイメージを定着させたり、訪日旅行の魅力を伝えたりしています。 旅行業界はインバウンドがポイント 年々増加する客や市場の拡大、2020年に開催される東京オリンピックにともなう客のさらなる増加を見越して、 旅行業界では特に市場をメインターゲットとした施策が注目を集めています。 今後の旅行業界では、さらなる市場規模の拡大やビジネスモデルの多様化が期待されています。 業界を取り巻く環境や消費動向にもポジティブな影響が表れるでしょう。

次の

【2020】旅行業界の今後は?課題や動向、将来性について解説

旅行業界 今後

(1)旅行業界の仕組み 旅行会社は、旅行者のために交通機関や宿泊施設の手配を行ったり、パッケージ旅行のプラン作成や販売などを行ったりする。 旅行業と旅行業者代理業の違い 旅行会社は法律で、「旅行業」と「旅行業者代理業」の2つに分かれている。 旅行業者は、海外・国内の旅行を企画できる「第1種」、国内旅行のみの企画ができる「第2種」、一定の条件下で国内旅行を企画できる「第3種」にさらに分類される。 一方、旅行業者代理業は、旅行業者と代理契約を結び、ツアーなどの旅行商品を代理販売する。 販売の流れ 旅行会社は、ホテルや航空会社などから部屋や座席を仕入れ、ツアーというかたちにまとめる。 そして、自社の店舗やインターネットサイト、旅行代理店を通して旅行者に販売する仕組みだ。 旅行の企画を立てる過程でレジャー施設と協力する機会も多く、各地域の特産物を作るメーカーや地方自治体とも緊密な連携が求められることもある。 インターネットでの販売に注力する動きが活発化 最近、旅行業界では、インターネット専業の旅行会社が売り上げを伸ばしている。 というのも、店舗の維持費や人件費を抑えられることから、リーズナブルな価格帯の旅行を提供できるからだ。 そこで、店舗営業を中心とする従来型の旅行会社も自社サイトを充実させ、ネットでの販売に注力する動きが活発化している。 店舗で扱う付加価値の高いツアーと差別化をはかりながら、インターネット専業会社に対抗できる価格帯の旅行商品を扱って、売り上げ拡大に取り組んでいる。 前年に比べて6. 5パーセント増えた。 このうち、日本人の延べ宿泊者数は4億3846万人泊で、前年より2. 3パーセント増。 一方、外国人の延べ宿泊者数は6561万人泊で、前年より46. 4パーセントも増えた。 国籍別に見ると、第1位は中国(1629万人泊)、第2位は台湾(1049万人泊)、第3位は韓国(674万人泊)という順位だ。 ビジット・ジャパン事業 訪日外国人が増えた理由のひとつは、2003年に端を発した「ビジット・ジャパン事業」だ。 観光庁などが中心となり、海外消費者に向けた宣伝活動や、旅行会社への働きかけを強化したことで客足が伸びた。 また、円安も強力な追い風となった。 2011年には1ドル=75円台まで上昇した円相場は2013年初頭から円安傾向に転じ、2015年6月には125円台になった。 これにより、外国人にとって日本は手頃な旅行先となったのだ。 訪日外国人の増減と為替の相関は強い。 また、格安航空会社(LCCとも呼ばれる)による安価な座席供給量の増加、大型クルーズ船の寄港の増加、消費税免税制度の拡充なども、訪日外国人の増加に一役買っている。 必要性が高まる外国人対応策 そこで今後ますます必要になるのが、外国人対応策だ。 各社は英語版や中国語版のホームページやパンフレットなどを作成したり、外国語に対応できるスタッフを増やしたり、宗教や戒律による食事の制約に対応したレストランを案内したりなどの取り組みをすすめている。 日本人を対象とした着地型観光 日本人を対象とした分野では、「着地型観光」によって観光客を増やそうとする取り組みが活発だ。 着地型観光とは、旅行者を受け入れる地域が主体となり、地元お勧めの観光資源を盛り込んで企画した観光プログラムのこと。 農作物の収穫や伝統行事への参加など、従来定番の観光では味わえない「体験」を用意するプログラムが人気となっている。 (3)旅行業界のトピックス 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を控え、外国人旅行客への対応はますますホットな話題となるだろう。 外国人の地方への誘導 東京~大阪間は「ゴールデンルート」と呼ばれており、訪日外国人からの人気が高い。 しかし、今後も訪日外国人が増えると、この地域で受け入れられる人数の限界を超えるとみられている。 そこで、ゴールデンルート以外の地方へと外国人を誘導することが必要だ。 例えば、愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、石川県、富山県、福井県、長野県、滋賀県の9県は合同で「昇竜道プロジェクト」を立ち上げ、外国人にとって魅力的な地方観光ルートを新たに作ろうとしている。 ビッグデータの活用 スマートフォンの情報提供アプリなどを通じ、訪日外国人が日本滞在中にたどったルートや、関心を持った施設などの情報を取得。 それらをビッグデータを活用して分析することで、新たな観光資源の発掘や、より良い旅行ルートの提案に生かそうとする試みも始まっている。 (4)ほかの業界とのつながり IT系企業(情報システム系) 外国語の翻訳や観光情報提供サービス、ビッグデータによる顧客分析など、さまざまな分野で、協業の可能性が増加している。 航空・空港 パッケージ旅行を企画するため、航空会社から座席を仕入れる。 まとめて仕入れることで、消費者に格安な航空券を提供できる。 ホテル 国内外のホテルと契約を結び、宿泊用の部屋をパッケージ旅行に組み込む。 最近ではホテルの稼働率が上がり、部屋が押さえにくくなるケースが増加。 鉄道 国内旅行を企画する際には、鉄道会社とのやりとりが不可欠。 鉄道会社が旅行会社を経営するケースもある。 地方自治体 地方自治体と協力しながら、各地の観光資源を発掘して国内外の旅行者に向けて発信する機会が今後増えそうだ。 延べ宿泊数)。 うち、日本人宿泊者数は3億9881万人泊、外国人宿泊者数は1842万人泊だった。 これに対し、2015年の延べ宿泊者数は5億408万人泊で、日本人宿泊者数は4億3846万人泊(2011年より10パーセント増)、外国人宿泊者数は6561万人泊(同256パーセント増)。 景気回復などによって日本人宿泊者数は徐々に伸びているが、それ以上に外国人宿泊者数はすさまじい勢いで増加している。

次の

就職活動の業界分析。旅行業界編|就活市場

旅行業界 今後

旅行業界を取り巻く現状は、大きな変化が起きている段階にあります。 2020年のオリンピックや、景気の変動、政府の観光立国を目指す動き、インターネットを利用した旅行向けサービスの発達などたくさんの要因を挙げることが出来ます。 旅行業界を志望する以上、今までの旅行業界のことを学ぶだけでは不十分です。 現在の旅行業界が置かれている状況を正しく理解し、将来の流れを予測出来る人材が求められます。 今後、旅行業界の変化を予測するためにも、現状の旅行業界を学んでおきましょう。 格安航空券が生まれる 飛行機が生まれておよそ100年あまりが経ち、移動手段としてとても身近なものになっています。 飛行機が身近なものに成るに連れて、海外旅行も手軽に行けるようになり、国内でも飛行機が移動手段の選択肢に入るようになりました。 飛行機が移動手段として身近になったことで、生まれたのが格安航空券です。 一昔前は、飛行機内で受ける機内サービスも含めての飛行機での旅でしたが、飛行機が身近になることで、そういった機内サービスを必ずしも受けたいというニーズも減少しました。 また、移動手段の費用を少しでも減らして、旅行先でお金を使いたいと考る顧客が増えたことも起因します。 そういった顧客のニーズに加えて、燃料や機材といった技術的な進歩によるコスト削減や、航空会社の努力もあり、格安航空券が普及し始めたと考えられます。 国内旅行の需要が増える 外国人旅行客を増やすために、日本の観光地の魅力を発信する旅行会社や地方自治体が増えています。 そういった動きが影響し、日本人も国内の観光地に改めて興味を持ち、国内旅行への需要も増えていくことが今後も予想されます。 格安航空券が、広く普及され始めたことも、国内旅行の需要を高める切っ掛けになっています。 国内旅行で、飛行機を利用する顧客が少なかった中で、安く短い時間で移動できるようになることで新しい選択肢として、認知され始めています。 移動手段を安く済ませることで、食事や宿泊施設にお金を回せるようになるなど、旅行の楽しみ方に幅が出来ているのも、国内旅行の良さを再確認させることに繋がっています。 旅行会社としても、顧客が持つ国内旅行に対する柔軟な要望に答えていかなければなりません。 旅行会社では、柔軟な発想も求められてくることになるでしょう。 自分は旅行業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう 自分の適性や性格が、旅行業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか? そんな時は、を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。 My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が旅行業界に向いているタイプか、診断してみましょう。 によると、2016年の旅行会社数は前年の9,884社を上回り、1万100社となったようです。 そのため、他社との競争より激しくなることが考えられます。 どう他社とは違ったサービスが行えるのかが課題となりそうです。 特に商用客よりも観光客の増加が著しく、これは東京オリンピックの効果が高いのではと予想できます。 オリンピック後もリピーターとして旅行に来てもらえるような工夫が必要でしょう。 国民が利用しやすい旅行プランやお得を感じやすい旅行プランの作成が必要と考えられます。 上記で触れたように、東京オリンピックを控えていることから、訪日外国人の数は増える一方だと予想され、2020年まで業績はうなぎ上りだと考えられます。 ただ、問題はその後です。 オリンピックを終える同時に訪日外国人の数が下降するのでは?というのは容易に想像できますよね。 旅行会社数が増えたのは一時的なオリンピック効果で、2020年以降は減少する可能性があります。 観光先進国を目指す 日本の政府では、観光立国を掲げ、世界的な観光先進国を目指しています。 現状では2020年のオリンピック以降、訪日外国人の動向は予測することが出来ません。 しかし、政府として観光立国を目指している以上、業界としての将来性を期待することも出来るかもしれません。 政府として観光先進国を目指していくことがわかっているため、日本の観光業界に属している企業もそれぞれの対策を講じることになります。 就職活動では、今後の旅行業界の激しい流れの中で、企業全体でどのような方針や対策を打ち出しているのか、企業説明会などで見極める必要があります。 今までの事業での売り上げや企業実績だけに目を配るのではなく、企業が持つ将来への展望に注目しましょう。 ITを活用できるかが将来性の鍵 旅行業界での将来性を知る意味で、ITを活用することが出来ているのかは、将来性の鍵を握っています。 実際に、旅行業界の売上高を見ても、大手の会社が並ぶ中で、ITを利用した事業を行う企業の名前を確認できます。 ITを活用することで、旅行がより身近で便利になることは容易に想像できます。 外国人旅行客も、ITを活用することで気軽に日本の情報へアクセス出来るようになり、言語の壁もなくすことが期待できます。 国内旅行についても、今までの当たり前だった旅行方法から、ITを利用した新しい旅行方法が生まれ始めています。 ITを利用することで、今までの常識だったことが、全く変わってしまうことは、どの業界でも起こり得ます。 旅行業界では、この変化の波がすぐそこまで来ています。 旅行業界を志望する時にも、ITを活用する将来をイメージすることは、高い評価を得るために重要になってきます。 旅行業界の仕事内容 旅行会社を街で見かけた際によく見るのが、店頭での旅行プランの販売ではないでしょうか。 店頭販売以外にも、旅行会社では様々な形で商品を販売しています。 しかし、目に見える仕事以外にも、旅行業界には様々な仕事があります。 旅行業界への就職を目指すのであれば、どういった仕事があるのか理解したうえで、就活に臨みましょう。 以下に、旅行業界ではどういった仕事が主におこなわれているのか、それぞれの仕事について詳しくまとめました。 業界研究や志望動機作成などの参考にするのもいいでしょう。 店頭での販売 旅行会社では、快適な旅になるようなプランを作成し、販売をおこないます。 旅行が好きな人であれば、自分で1からすべての計画を作成し、移動手段や宿泊先を決めるのもお手の物かもしれません。 しかし、普段からあまり旅行に慣れていない人からすると、準備として何をすればいいのか難しいと感じてしまいます。 そういった要望に応じて、出発から帰宅までのパッケージツアーを作成することで、誰でも旅行を楽しむことが出来るようにしているのが、旅行会社です。 また、移動手段や、宿泊先も旅行会社が一括で用意することで、価格を抑えることが出来るというメリットもあります。 旅行パックの企画 よくテレビなどでも取り上げられる、日帰り旅行のプランや宿泊旅行のプランなどを、旅行業界ではパッケージツアーと呼びます。 このパッケージツアーの企画や発注などをおこなうのも、旅行会社の仕事のひとつです。 通常の宿泊や交通施設について顧客側が手配する手配旅行と違い、パッケージツアーでは旅行会社が、旅程の管理や損害賠償などの責任を追うことになります。 そのため、安全かつ顧客のニーズにあった企画を立案できるかどうか、それを実行できる交通会社や宿泊施設はあるかといった事前の調査も重要です。 そういう点を踏まえると、旅行パックの企画立案・調整・手配は、旅行業界にとって特に重要な仕事と言えるでしょう。 営業 旅行業界における営業も、通常の企業の営業と大きくは変わりません。 違いがあるとすれば、旅行会社の場合カウンターでの応対が主となる「カウンター仕事」と、一般企業や学校法人が取引先となる「法人営業」の2つの形態がある点です。 カウンター仕事の場合、旅行パックを販売するだけでなくプランそのものの提案をおこなうこともあります。 それ以上に、宿泊先や交通機関などへの予約発注もおこなわなくてはいけないため、一般的なカウンター営業とは仕事内容も大きく異なります。 また法人営業の場合、主に視察・研修旅行や公務旅行などの社員向け旅行だけでなく、修学旅行も含めた教育旅行と呼ばれる旅行の営業・受注・手配もおこなわなくてはいけません。 ガイド 観光旅行というと、ツアーガイドが先導して観光先を回るイメージがあるのではないでしょうか。 近年でこそツアーガイドがいる旅行は見かけなくなりつつある印象ですが、それはあくまで旅行プランやガイドの仕事が変化しているからです。 ツアーガイドは観光案内だけでなく、ツアー参加者を空港や駅へ送迎するのみの仕事であったり、半日や数時間だけのガイドで終わる仕事もあります。 また観光案内だけでなく、参加者の安全確認や旅程管理、旅行中に発生したトラブルへの対応などもツアーガイドの対応すべき仕事になります。 そのため、ツアーガイドには時間管理能力の高さとあわせて、トラブルへの対応力や旅行先についての知識もあわせて求められます。 旅行業界の現状と課題を知り業界研究を進めよう.

次の