美腸スープ。 【スッキリ】美腸スープ<2品>まとめ!電子レンジだけで作るあつしさんのレンチンレシピ。黒酢香るポークサワーオイスタースープ・の作り方(3月22日)

美腸スープはダイエットに最適!?レシピをマスターして毎朝快腸生活

美腸スープ

「やせる」ことは過程であり、決して人生の目的ではありません。 目指すべきは身体と心が健康で満ち足りた状態の自分。 美肌キープ、アンチエイジング、ウェイトコントロールはその大切な要素です。 なりたい自分に近づく、でも無理な努力はしない。 毎日の生活に等身大で取り入れられて、気がついたらダイエットも完了している、3つのとっておきスープレシピをどうぞ。 コロコロの具がかわいい。 毎朝食べたい、やさしいおだしのポトフ 繊維とミネラルの多い根菜類は、ぜひ毎日の食事に取り入れたい具材。 たっぷり煮込んでだしでやさしく味をまとめ、さわやかな青じそでアクセントをつけます。 かたまり肉をサイコロ型に切って存在感をアップ。 朝、このスープとパンでも満足感たっぷりです。 青じそはみじん切りにする。 豚肉は塩をもみ込む。 2いためる なべを熱して豚肉を入れ、中火で3分いため、焼き色がついたらじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツの順に加えて1分ほどいためる。 3煮る Aを加え、煮立ったらふたをして弱火にし、10分ほど煮る。 豚肉に火が通ったら火を止め、青じそを加えてまぜる。 元気がないときこそ、強いスープを。 きのことほたての酸辣湯 体力が落ちていていたり、心配事があったりで、どうにも食欲がないとき。 やさしい食べ物で胃腸をいたわっても回復しないのなら、逆にパワーにあふれる食べ物で自然の波動を身体にチャージしてみて。 辛みと酸味を、うまみの強いほたてときのこでさらにパワフルに。 きのこは石づきを除き、しめじは小さくほぐし、えのきだけは長さを半分に切り、しいたけは四つ割りにする。 2いためて煮る なべにごま油を熱し、きのこ、ほたてを入れて中火で2分ほどいため、Aを加える。 煮立ったら弱火にして5分ほど煮る。 3仕上げる かたくり粉を同量の水でといて2に加えまぜ、卵を割りほぐして回し入れる。 フワッと浮き上がってきたら、酢を加えてさっとまぜる。 器に盛り、万能ねぎを散らしてラー油を振る。 シンプルにしょうがを効かせて。 手羽先とかぶのコラーゲンスープ 美肌といえばコラーゲン。 煮込んだ手羽先はいちばん手軽なコラーゲン補給源として活用したいもの。 火が通りやすいのに煮崩れにくいかぶは、コトコトと煮て味をたっぷりしみこませてください。 毎日、朝にも夜にも食べたい、飽きのこない味つけです。 キャベツは2等分のくし形に切る。 2焼く フライパンにごま油大さじ1、しょうがを入れて弱火でいため、香りが立ったら手羽先を加えて中火で焼く。 焼き色がついたらA、かぶを加える。 3煮る 煮立ったらキャベツを加えてふたをし、弱めの中火で10分ほど煮る。 Bで調味し、仕上げにごま油少々をたらす。 器に盛って黒こしょうを振る。

次の

腸活レシピ26選|腸の大掃除!ダイエットにも効果的な簡単腸活レシピまとめ

美腸スープ

「やせる」ことは過程であり、決して人生の目的ではありません。 目指すべきは身体と心が健康で満ち足りた状態の自分。 美肌キープ、アンチエイジング、ウェイトコントロールはその大切な要素です。 なりたい自分に近づく、でも無理な努力はしない。 毎日の生活に等身大で取り入れられて、気がついたらダイエットも完了している、3つのとっておきスープレシピをどうぞ。 コロコロの具がかわいい。 毎朝食べたい、やさしいおだしのポトフ 繊維とミネラルの多い根菜類は、ぜひ毎日の食事に取り入れたい具材。 たっぷり煮込んでだしでやさしく味をまとめ、さわやかな青じそでアクセントをつけます。 かたまり肉をサイコロ型に切って存在感をアップ。 朝、このスープとパンでも満足感たっぷりです。 青じそはみじん切りにする。 豚肉は塩をもみ込む。 2いためる なべを熱して豚肉を入れ、中火で3分いため、焼き色がついたらじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、キャベツの順に加えて1分ほどいためる。 3煮る Aを加え、煮立ったらふたをして弱火にし、10分ほど煮る。 豚肉に火が通ったら火を止め、青じそを加えてまぜる。 元気がないときこそ、強いスープを。 きのことほたての酸辣湯 体力が落ちていていたり、心配事があったりで、どうにも食欲がないとき。 やさしい食べ物で胃腸をいたわっても回復しないのなら、逆にパワーにあふれる食べ物で自然の波動を身体にチャージしてみて。 辛みと酸味を、うまみの強いほたてときのこでさらにパワフルに。 きのこは石づきを除き、しめじは小さくほぐし、えのきだけは長さを半分に切り、しいたけは四つ割りにする。 2いためて煮る なべにごま油を熱し、きのこ、ほたてを入れて中火で2分ほどいため、Aを加える。 煮立ったら弱火にして5分ほど煮る。 3仕上げる かたくり粉を同量の水でといて2に加えまぜ、卵を割りほぐして回し入れる。 フワッと浮き上がってきたら、酢を加えてさっとまぜる。 器に盛り、万能ねぎを散らしてラー油を振る。 シンプルにしょうがを効かせて。 手羽先とかぶのコラーゲンスープ 美肌といえばコラーゲン。 煮込んだ手羽先はいちばん手軽なコラーゲン補給源として活用したいもの。 火が通りやすいのに煮崩れにくいかぶは、コトコトと煮て味をたっぷりしみこませてください。 毎日、朝にも夜にも食べたい、飽きのこない味つけです。 キャベツは2等分のくし形に切る。 2焼く フライパンにごま油大さじ1、しょうがを入れて弱火でいため、香りが立ったら手羽先を加えて中火で焼く。 焼き色がついたらA、かぶを加える。 3煮る 煮立ったらキャベツを加えてふたをし、弱めの中火で10分ほど煮る。 Bで調味し、仕上げにごま油少々をたらす。 器に盛って黒こしょうを振る。

次の

腸活レシピ26選|腸の大掃除!ダイエットにも効果的な簡単腸活レシピまとめ

美腸スープ

熱した鍋に、ごま油(大さじ1)をひき、あらみじんのにんにく(2片)、千切りのしょうが(10g)を炒めます。 続いて 長ネギを入れます。 斜め切りにし、 青い部分も含め、1本全部入れます。 ネギに火が通ったら、水600mlを入れ、3分ほど加熱します。 殻付きエビ(200g)、しいたけ(4個)、なめこ(100g)、まいたけ(100g)を入れ、一煮立ちさせます。 最後に、顆粒昆布だし(大さじ1)、塩(少々)、酒(大さじ1)、酒(大さじ2)、塩こうじ(大さじ2)で味を調えます。 黒酢(大さじ3)を鍋に入れて、完成です。 黒酢を大さじ3杯使うスープ。 旬の食材を使い、きのこがたっぷり! とても身体に良さそうな食材が揃っていますね。 Atsuhiポイント エビの殻も!ネギは1本まるごと使う 美腸スープの達人Atsushiさん。 エビの殻もそのまま使う!というのがポイントです。 また、 ネギも1本まるごと全部使います。 ねぎの白い部分は淡色野菜で、青い部分は緑黄色野菜だということです。 青い部分はとても栄養価が高いんだそう。 青い部分も全部入れるのがポイントです。 今回は黒酢がメインでしっかり利かせたい、とAtsushiさん。 Atsushiポイントは「 黒酢は多め」 黒酢が大さじ3杯も入ります。 黒酢は魔法調味料なんだそう。 消化吸収の助けになるということです。 冬はつい暴飲暴食になりがちですね。 黒酢を利用することで、消化が良くなるとのこと。 たった10分で完成!「 エビときのこの黒酢スープ」 黒酢はアミノ酸が豊富で、旨味がアップする、とAtsushiさん。 美味しくなって旨味がアップするので、さらにスープを美味しくしてくれるということです。 また、 黒酢は血糖値を上げにくくしてくれるということで、ダイエットにもすごく良いんだそう。 「エビときのこの黒酢スープ」 お味は? たった10分で完成した「 エビときのこの黒酢スープ」 スタジオで食べていました。 美味しい!全然違う、と、こちらのスープも大絶賛。 エビをまるごと、というのは少し驚きましたが、殻ごと食べられるということです。 煮込んだ時間はたった10分ですが、 柔らかくなっていて食べやすいんだそう。 食物繊維とカルシウムがたっぷりなので、腸にすごく良いです、とAtsushiさん。 スープはほんのりと甘く、とても良い甘さで食べやすい、ということです。 なめこときのこからとろみが出るということで、味も良く、食べ応えもある様子。 黒酢を大さじ3杯使っているのに、酸っぱさを感じない、ととても美味しいようです。 水卜アナも、「食材を入れる順番によって、野菜の良さがいかされ、食感もよくなりとても美味しくなると良い勉強になりました」と話していました。 黒酢のスープも大絶賛でした。 食感がよく、腹持ちが良い、とのこと。 こちらのスープには、 えのきやしめじでもOKということです。 きのこは食物繊維が豊富で、とても腸に良いのでおススメ、とAtsushiさん。 まさに魔法の美腸スープですね! エビときのこの黒酢スープ カロリー 1食分 エビときのこの黒酢スープ ・エネルギー 150kcal ・たんぱく質 15g ・炭水化物 11. 9g かなりボリュームがあり、栄養価も高いスープ。 きのこがたくさん入っていて、エビも殻ごと、ということで、食べ応えもあり、腹持ちも良いようです。 味もとても美味しく、黒酢がとても合っていると大好評でした。 今回は、 エビときのこの黒酢スープを紹介してくれました。 ダイエットに効果大の上、腹持ちがよく、美味しいという魔法のスープ。 「 エビときのこの黒酢スープ」 今回は、 黒酢がメインだということです。 調理時間たったの10分! 今回のポイントは、 エビも殻ごと全部入れるのがポイント。 また、 長ネギもまるごと1本、青い部分もしっかり使います。 一番のポイントは黒酢! 仕上げに大さじ3杯の黒酢を入れます。 エビときのこの黒酢スープ ・エネルギー 150kcal ・たんぱく質 15g ・炭水化物 11. 9g かなりボリュームがあり、栄養価も高いスープ。 きのこがたくさん入っていて、エビも殻ごと、ということで、食べ応えもあり、腹持ちも良いようです。 味もとても美味しく、黒酢がとても合っていると大好評でした。 鍋1つで簡単。 10分でできる魔法の美腸スープ。 とても簡単で、美味しそうでした。 ぜひ作ってみようと思います。

次の