生理 食べ物。 【2020年】生理中の食事はなにがいい?生理痛(PMS)対策になる食べ物・飲み物を解説

【専門家が監修】生理中に食べたい食事

生理 食べ物

生理中の貧血を改善する方法 生理中は出血をしてしまうため、もともと貧血の多い女性ではさらに貧血が悪化してしまいます。 貧血になると、気分が悪くなったり、寝起きが悪くなるなど日常生活に支障をきたすこともあります。 また、貧血が酷くなると倒れることもあり、その場合には脳への影響や倒れるときにケガをするおそれもあり、とても危険です。 このような貧血は「仕方のないこと」ではありません。 普段の食事や行動を改善することで貧血の症状を緩和したり、貧血にならないようにすることは可能です。 今回は生理中に貧血にならないための方法を紹介します。 貧血に効果的な食べ物を食べる 貧血に効果的な食べ物は鉄分が多く含まれているものやミネラルやビタミンが豊富な食べ物です。 【1】黒ごま 生理前から多く食べたいのは黒ごまです。 黒ごまは食事の主役ではありませんが、ご飯にかけたり、副菜に振りかけるなどして1回の食事で大さじ1杯は食べましょう。 黒ごまは小さな種子ですが、含まれている栄養価は非常に高く、鉄分やカルシウムの他、ビタミンも豊富です。 疲れたときに食べると疲労回復にもなります。 ただし、ごまは硬いからで覆われているので、そのまま食べるよりもすりつぶしたものを摂取するようにしましょう。 【2】緑黄色野菜 ピーマン、ほうれん草、ニンジンなどの色の強い野菜も貧血の予防には最適です。 生のままではあまり量が食べられないので、スープにしたり野菜炒めにして食べるようにしましょう。 緑黄色野菜は油と相性のよいものが多いため、炒めても栄養が壊れることはありません。 とくにニンジンは出血を少なくする作用もあるといわれる食べ物です。 積極的に摂取しましょう。 【3】アスパラガスと枝豆 アスパラガスと枝豆は、鉄分ではなく葉酸が豊富な食べ物です。 葉酸というと妊婦に有効な成分として知られていますが、生理中に失った血液を増やすためにも有効な成分です。 抗酸化力が高く、疲労しにくくなります。 【4】たまご 万能食品と言われるたまごは、造血にも効果があります。 体力の少ない女性でもたまごを食べると元気になったり、活力が増します。 たまごは古来から精がつく食べ物としても有名でした。 たまごは日頃から一日1個以上食べるようにし、生理前1週間からは1日2個から3個程度食べると良いでしょう。 食べ方は基本的にどのようにしても大丈夫ですが、出来るだけ生で食べることをおすすめします。 もっとも良い食べ方は卵かけご飯です。 生理の出血を増やす食べ物を避ける 生理中には失った血液をすばやく増やす食べ物が有効ですが、一方で生理中の出血を少なくすることも大切です。 生理前に食べると出血が多くなるものは意外と多く、これらを毎日の食事から減らすことは難しいかも知れません。 しかし少なくとも、生理前の一週間だけでも気をつけると次の出血が少なくなることがわかっています。 【a】動物性タンパク質 肉や乳製品を摂取すると生理の出血が増えることがわかっています。 例えば、焼肉やステーキ、チーズやヨーグルトなどです。 生理前1週間は極力、これらの動物性タンパク質を控えるようにしましょう。 生理中に出血が酷い人の場合にはとくに注意が必要です。 チーズやヨーグルトは体に良いものという印象があるので毎日摂取している人も多いようですが、乳製品を毎日食べることは出血量を増やすことになります。 貧血が心配な人は、生理中の出血が増えることでより貧血になりやすくなるので、出来るだけ食べないようにしましょう。 【b】豆乳などの大豆製品 豆乳にはイソフラボンと呼ばれる女性ホルモンと同じような働きをする成分が含まれています。 このため、女性の健康に良いと言われるものですが、中には豆乳によって生理の出血が増える人がいます。 実はイソフラボンを摂取しても女性ホルモンとして働く女性は半分しかおらず、あとの半分はイソフラボンを使えずそのまま排泄しているだけと言われています。 そのため、全ての人が生理前に豆乳を飲むことを制限する必要はありませんが、豆乳を飲んで出血が増えたという人は飲まない方が無難です。

次の

生理不順の改善に良い食べ物と悪い食べ物まとめ

生理 食べ物

生理中のめまいは貧血からおこるものがあります。 立ちくらみやめまいや眠気に悩まされる方も多くいます。 生理中は鉄分不足となります。 鉄分は血液中の赤血球の酸素を運ぶ作用がある為、貧血を緩和させることが可能です。 鉄分には【ヘム鉄・非ヘム鉄】というものがあります。 体内の吸収があまり高くない非ヘム鉄には【ビタミンC】を多く含む食材と摂取をすると良好です。 ビタミンCを多く含む食材はピーマンやブロッコリーの緑黄色野菜があります。 生理中のめまいに効果のある食べ物はレバーです。 レバーが苦手という女性は、ほうれん草・小松菜・カツオ・イワシ・マグロ等も良好な食べ物です。 生理中のめまいに効果のある飲み物はアサイージュースです。 アサイーはプルーンの10倍の鉄分を含みますので生理中のめまいを緩和させることができる飲み物といえます。 女性は生理がある為、貧血になる傾向があります。 ヘム鉄が摂取できるサプリメントを飲んで貧血対策をする人もいますがその際にはきちんと食べ物も摂ることも必要といえます。 生理中のむくみに効く食べ物と飲み物 生理前から生理中は【プロゲステン】というホルモンの分泌が非常に活発になり体がむくみます。 プロゲステンは、妊娠する際に必要な水分や栄養を体に溜めて子宮に着床させる働きがあります。 この症状が生理中にも表れます。 生理中は体がむくんでしまうので、特にダイエット中の人は太ってしまったかも・・・と不安になることがあるかもしれませんがこの症状はホルモンによるものなので深刻に捉える必要はありません。 生理中のむくみに効果のある食べ物はモロヘイヤ・かぶ・かぼちゃです。 こちらは熱に弱い食べ物ですので生で召し上がることをオススメ致します。 リンパの流れを促進する【ビタミンE】が含まれるアボカドやナッツもむくみを緩和させる効果があります。 生理中のむくみに効果のある飲み物は麦茶・ごぼう茶・黒豆茶です。 生理中の腹痛に効く食べ物と飲み物 生理中の腹痛はとても辛いものです。 痛みがひどいと気持ちも落ち込んでしまい憂鬱になってしまうこともあります。 人により痛みの表れ方が異なります。 日々の生活習慣により生理痛が悪化してしまうことがあります。 ストレスや冷えにより生理中のお腹の痛みが悪化してしまうことがあります。 辛い生理中の腹痛はお薬を服用しても緩和できますが、食べ物や飲み物でもお腹の痛みを和らげることができます。 生理中のお腹の痛みに効果のある食べ物は生姜です。 生姜は体を温める作用がある為、非常にオススメの食べ物です。 冬だけではなく冷房を使用する夏も体を冷やしてしまうので暑い日であっても摂取することをオススメします。 ネギや白菜等の食べ物も体を温める作用があるのでオススメです。 生理中のお腹の痛みに効果のある飲み物はごぼう茶です。 ごぼうも体を温める作用があります。 痛みのあるときはホットで飲むと良いでしょう。 生理中に避けるべき食べ物と飲み物 生理中は摂取をする食べ物に気をつけることで辛い症状を改善できる傾向があります。 お薬やサプリで症状を抑える女性もいます。 しかしながら、食べ物に気を配り、生理中の痛みや気持ちの落ち込みなどを改善することも取り入れてみてはいかかでしょうか? 生理中に避けるべき食べ物は肉類です。 貧血気味になるので肉を摂取する女性もいらっしゃいます。 しかしながら、肉類は動物性タンパク質は生理痛みを引き起こす作用のある【プロスタグランジンE2】が分泌されており血管を収縮してしまう作用がある為、摂り過ぎてしまうと生理痛が悪化します。 肉類の摂取量は注意が必要となります。 次に白砂糖です。 体を冷やす作用がある白砂糖は血行を悪くさせる働きがあります。 ホルモンバランスも乱すので生理痛みを悪化させます。 次にチョコレートです。 チョコレートにはカフェインが含まれています。 カフェインは体を冷やす働きがあります。 板チョコのミルクチョコレート1枚にも30mgのカフェインが含まれています。 生理中は甘い食べ物を摂取したくなりますが避けましょう。 避けるべき飲み物 生理中に避けるべき飲み物をご紹介致します。 カフェインを含んだ飲み物は避けましょう。 カフェインは体を冷やす作用があります。 子宮や卵巣を冷やしてしまうと生理痛みが悪化してしまいます。 牛乳は動物性タンパク質が含まれていますのでエストロゲンの分泌が増加をして生理痛が起きやすくなります。 アルコール類は出血を促進する作用があります。 摂取する際は注意が必要となります。 生理中は味覚が鈍る為、いつもよりもアルコールを摂取してしまう傾向があります。 また、生理中はアルコール分解機能も鈍る為、悪酔いする傾向があります。 少量でも気分が悪くなることがありますので生理中のアルコール摂取は控えるまたはごく少量にすると良いでしょう。 妊活中の生理痛に良い食べ物 妊活中は食生活や普段の生活において特別なことをする必要はありません。 しかしながら、避けなくてはいけないことは、【冷えとストレス】です。 妊活中に生理になってしまうと落胆して気持ちが落ち込んでしまうこともあります。 しかしながら、子宮の状態を良好にする為には妊活中に効果のある食べ物や飲み物を摂ることが望ましいといえます。 妊活中に効果のある食べ物はビタミンAを含んでいるレバー・モロヘイヤ・うなぎがあります。 また、ビタミンBを含んでいるカツオ・牡蠣・鮭も効果があります。 ビタミンCを含んでいるグレープフルーツや鉄分を含んでいる煮干、あさり、牛モモなどを積極的に摂り入れると良好です。 その他の食べ物は、とろろ昆布やアーモンドも妊活に効果のある食べ物です。 妊活中に効果のある飲み物としてはルイボスティーがあります。 ルイボスティーの効果は卵子の質を良好にして排卵の周期を安定にする働きがあります。 漢方薬としても広く知られているたんぽぽ茶もオススメです。 女性や妊婦には必要な【葉酸】が豊富に含まれており卵胞の発達を助けて、子宮内の血液循環を良好にします。 黒豆茶も非常に妊活には良好な飲み物でです。 大豆には女性ホルモンの働きを助けるイソフラボンという成分が含まれています。 また、体も温まるので妊活には適した飲み物です。 生理中の食べ物や飲み物には注意が必要 生理中は体調が優れないことがあり憂鬱になってしまうこともあると思います。 貧血や女性ホルモンの乱れから起きるものだけではありません。 日々の生活の中で摂取するものも関係してきます。 食べ物や飲み物で痛みの緩和や改善も充分に可能です。 生理中の症状は人により様々です。 生理は冷えやストレスで痛みや気分の落ち込みやめまいを悪化させるので常に気をつけて日々の生活を送りましょう。 生理前から生理中は日頃の食べ物と飲み物に気を配り、避けるべきものは摂取しないことをオススメします。 摂取するもので生理中の体調が良くなる可能性は非常に高いでしょう。 こちらの記事で紹介した生理中に避けるべき食べ物と飲み物を是非、参考にしてみて下さい。

次の

生理中に食べると良いものは?

生理 食べ物

生理の時期は憂鬱な気分になります。 加えて生理痛がひどいと仕事に行くのにも、遊びに出かけるのもおっくうになってしまいますよね。 生理痛とはいっても人それぞれ痛みの表れ方が異なると思います。 ほとんど痛みが出ない方もいれば、起き上がるのも辛いほど激しい痛みが出てくる方もいます。 痛みが酷い場合は月経困難症と呼ばれる病気と診断されることも。 生理痛が起こる原因はいくつか考えられるのですが、 生活習慣によって悪化させているケースも少なくありません。 生理痛対策として効果的なのは生理痛を引き起こしている原因を知ることです。 そしてそれを改善できるような生活習慣に少しずつ変えていきましょう。 生理痛がひどいとお薬を飲んで痛みを和らげる方もいますが、食べ物でも緩和することができます。 生理痛対策に役立つ食べ物と、生理痛を悪化させる食べ物について紹介していきますので参考にしてみてください。 生理痛が起こる原因を知っておくと対策を取るのにも役立つと思いますよ。 生理活性物質の分泌量が多い プロスタグランジンはホルモンの一種なのですが、この分泌量が増えると生理痛が起こる、痛みがひどくなると言われています。 妊娠が成立しなかったときに生理が起こるのですが、妊娠に備えて蓄えていた血液を子宮から排泄しようと働くのがこのプロスタグランジンです。 このプロスタグランジンの分泌量が多いと子宮の収縮が激しくなるので、それに伴って痛みが強く出てくるようになります。 プロスタグランジンが厄介なのは、生理痛を引き起こすだけでなく• 腰痛 といった、下腹部以外の部分の痛みも誘発してしまう点です。 子宮の発達が未熟である 下記のような場合は、子宮の子宮の発達が未熟であり子宮の出口も狭いのです。 生理を迎えたばかりの女の子• 出産経験のない若い女性 は、そのため経血がスムーズに排泄されにくくなるため、子宮を強く収縮させて血液を排泄しようとします。 これが生理痛を引き起こしているのです。 それを押し出すために先ほど述べたホルモンであるプロスタグランジンが多く分泌されるようになるため、子宮が強く収縮して痛みが出てくるのです。 ストレスで生理痛が酷くなる 強くストレスを受けると、ホルモンの分泌をコントロールしている自律神経の働きが鈍化します。 それに伴って血流が悪くなってしまって冷えが起こり、生理痛をひきおこし、悪化させてしまうのです。 薬に頼らず生理痛を緩和しよう!生理痛対策におすすめの食べ物 生理痛を引き起こす原因がわかったら、今度はその対策を考えてみましょう。 生理痛緩和には食べ物もおすすめです。 生理痛緩和に効果のある食べ物を紹介していきますね。 生理痛の原因、冷えを改善する!体を温めてくれる食べ物 冷えによって生理痛が酷くなりますので、食べ物で体を温めてあげましょう。 生姜 温め食材として超有名。 お味噌汁、おかずでもなんにでも生姜を入れれば体を温める食べ物に変わります。 生姜をすりおろすのが面倒なときは生姜パウダーを使うと楽ですよ。 冬野菜や根菜類 野菜全般は美容と健康に良いと思われていますが、種類によっては体を冷やしてしまいます。 ネギ といった冬野菜や寒い地域で主に取れる野菜は、体を温めてくれます。 逆にトマトやナス、きゅうりといった夏野菜は体を冷やすのでおすすめできません。 あとは、• ゴボウ• レンコン などの根菜類も体を温めてくれますよ。 果物、ナッツ 果物の中でも、• あんず• オレンジ• サクランボ• グレープフルーツ などは体を温めてくれます。 またナッツ類はビタミンEが豊富で血流を良くしてくれます。 良質なたんぱく質を意識して食べよう! 人間の体はたんぱく質でできていますので、それが不足すると体の機能に不調が出やすくなってしまいます。 生理痛緩和のためにも良質なたんぱく質を意識して食べるようにしましょう。 鶏肉や羊の肉 肉にもいろいろな種類がありますが、質の良いたんぱく源となり体を温めてくれるのは鶏肉、羊の肉です。 青魚 魚を食べるなら• さんま• いわし といったDHCやEPAを多く含む青魚がおすすめ。 青魚は血液をサラサラにしてくれる不飽和脂肪酸がたっぷりと含まれていますので、冷え改善にも働きかけてくれます。 乱れたホルモンバランスを整えてくれるビタミンB群も豊富に含んでいます。 大豆製品 日本人に馴染みの深い味噌、醤油、納豆は全て大豆を原料としてできています。 大豆は良質のたんぱく源であるだけでなく、 女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボンが含まれています。 ホルモンバランスが乱れると生理痛が起こしたり、悪化しやすくなりますので豆乳などの大豆製品からエストロゲンを補給してホルモンバランスを整えましょう。 不足しがちな鉄分を補給しよう! 女性は生理があるので鉄分が不足しがちです。 血液不足が冷えや生理痛悪化につながりますので鉄分を日ごろの食事でしっかりと補給するようにしましょう。 プルーン 乾燥したプルーンや濃縮エキスが販売されています。 ヨーグルトに混ぜて食べると鉄分補給と便秘改善に役立ちます。 レバー レバーも鉄分がたっぷり含まれています。 臭みがあって苦手という方も多いのですが、十分血抜きをする、牛乳で洗うなどして臭みを取ると食べやすくなりますよ。 ひじき 副菜として登場回数の多いひじきも鉄分がたっぷり。 まとめて作っておいて常備菜にしておくといいですよ。 飲み物で生理痛を緩和する 食べ物だけでなく飲み物でも生理痛緩和に効果的なものがあります。 ココア 体を温めてくれるだけでなく、香りによるリラックス効果が得られます。 ストレスがたまっているときや疲れているときに飲んでみましょう。 ハーブティー ハーブティーは美容と健康に良さそうな印象がありますが、それぞれ異なる効能を持っているため種類選びに注意が必要です。 生理痛緩和には数あるハーブティーの中でも• カモミール• ラズベリーリーフ• サフラワー がおすすめです。 少量のアルコール 適度なアルコールは体を温めてくれます。 アルコールでも• 赤ワイン• 日本酒 は体を温めてくれます。 アイスよりもホットで飲んだ方が温め効果が高まりますよ。 食生活の改善が難しい場合はサプリメントを取り入れよう! 不足しがちな栄養素を食事だけで補うことはなかなか難しいですね。 そんなときはサプリメントの力を借りましょう。 数あるサプリメントの中でも特にオススメなのが ムーンラック!• 鉄分の補給に有効な「クエン酸第一鉄ナトリウム」• PMSや生理中のツライ時期を支えるハーブ「チェストベリー」 を始め、8つの成分が配合されており、重くてツライ生理を和らげてくれます。 しかし、砂糖や脂肪分、食品添加物を取りすぎると血液をドロドロにしてしまいます。 血流を滞らせて、生理痛も悪化の要因となってしまいます。 みんな大好きチョコレート 疲れて甘い物が食べたくなったときについつまんでしまうのがチョコレートではないでしょうか。 チョコレートはあの香りをかいでいるだけでも高い癒し効果が得られますね。 ところがチョコレートには、カフェインが含まれています。 カフェインは体を冷やす働きがあるため、生理中に取ってしまうと生理痛悪化の原因になってしまいます。 どうしても甘い物が食べたくなった、チョコレートが食べくなったときはココアで代用するといいでしょう。 コーヒー、紅茶、緑茶などのカフェイン飲料 先ほどチョコレートでも述べたように、カフェインは体を冷やしてしまいます。 ですのでカフェインの含まれる、• コーヒー• 緑茶 生理中は極力飲まないようにするのが望ましいです。 どうしても飲みたいときはノンカフェインのコーヒーや紅茶を飲むようにしたり、コーヒーや紅茶に温め食材の生姜をプラスすることで、体が冷えにくくなりますよ。 冷たい食べ物、飲み物 冷えは生理痛を悪化させる原因です。 体を冷やさないためにも冷たい物や飲み物を極力食べない、飲まないように努めましょう。 暑い時期はアイスクリームやかき氷がおいしい季節ですが、食べすぎると体を冷やします。 食べるのを我慢するのはつらいのですが、• 食べるても少量にとどめる• 温かい飲み物と合わせて食べる などして体を冷やさないように配慮しましょう。 乳製品の摂り過ぎはNG! エストロゲンを増やす乳製品も生理痛の悪化につながると言われています。 チーズ 少量なら問題ありませんが、 大量に食べすぎるとホルモンバランスを乱して生理痛を悪化させてしまいますので、注意しましょう。 少量はOKだけど基本的にダメ!アルコール 先ほど、ワインや日本酒を少量飲むことは体を温めるとご説明しましたが、適量を超えたアルコール摂取は基本的にNGです。 アルコールを分解する際には、ビタミンBとマグネシウムが消費されてしまいます。 ビタミンBはホルモンバランスが乱れやすくなり、貧血予防になるマグネシウムが消費されてしまうと、生理痛が重くなることがあります。 生理中は体の代謝機能が低下しているので、アルコールを分解する肝臓の負担も大きくなります。 その上でアルコールを摂取すると、悪酔いしやすくなるので、生理中のアルコールは控えた方がいいかもしれません。 食べ物、飲み物を変えれば生理痛も改善できる! 今まで酷い生理痛に悩まされていた方、生理痛を酷くしている原因に思い当たる節があったのではないでしょうか。 生理痛は生活習慣次第で軽くすることができます。 まずは食べる物、飲むものから変えて体を温めて、ホルモンバランスを整えてあげましょう。 もちろん特定の食材ばかり偏って食べていると体に必要な栄養が不足することになります。 そうなれば体調を崩しやすくなり生理痛が改善しないだけでなく、他の不調が見られるようになるかもしれないのです。 基本は何でもバランスよく食べることです。 後は生理痛を緩和する食べ物を意識して摂り、悪化させる食べ物に気を付けることです。 これでひどい生理痛もだんだんと和らいでくるはずですよ。

次の