躁うつ病 接し方。 躁うつ病の人とのつきあい方(友人・家族)

うつの人に言ってはいけない言葉・かける言葉・接し方 [うつ病] All About

躁うつ病 接し方

気持ちが落ち込んでいたり、イライラしていると、何気ない言葉で傷つくこともあります。 うつ病でタブーとなる言葉とは、具体的にどんな言葉だと思いますか? 気持ちが落ち込んでいたり、イライラしている時は相手のちょっとした言葉にカチンとくることもあるかと思います。 例えば「あなた何してるの?」「まだなの?」といった言葉に思わずムッとする事もあるかもしれませんが、多くの場合、その気持ちは引きずらないでしょう。 しかし、うつ病で気持ちが落ち込んでいる人は相手の言葉に過敏になっている事が少なくありません。 場合によっては、相手を思いやって言った言葉が逆に相手を追い込んでしまう事もあります。 ではいったい、どんな言葉が相手を傷つけてしまうのでしょうか? うつの人に言ってはいけないタブーの言葉と、その理由について解説します。 <目次>• うつ病の人に言ってはいけない言葉1:うつを軽視する言葉 うつになると、自分の大切な人に愛情を求める一方、相手から拒絶されないか不安な気持ちもあります。 相手の言葉をネガティブに受け止めやすいのも、うつ病的な思考パターンです。 うつを軽く見るような発言は相手の病状に無頓着あるいは無責任な発言になり、「自分の事を全然分かっていない!」といった気持ちに相手をさせやすいものです。 以下のような言葉は軽い気持ちで言わないようにしましょう。 誰でも時には気分が落ち込むもの• たいした問題ではない• 世の中にはあなたよりもっと困っている人がいるのよ• いったいどうしちゃったの?• カラオケにでも行かない? 落ち込んだ時はそれが一番! うつ病の人にかけてはいけない言葉2:感情的な言葉 うつ病になると欲求のレベルが低下しがちです。 せっかく美味しい物を作ってあげても食べてくれない、あるいは夜、誘ってみてもあっさり拒絶されてしまう。 また、何をするにも億劫になり、場合によっては怠けているだけのように見えてしまうかもしれません。 さらに、うつの人は自責の念が強く、自信を失っていることが多いので、以下のような感情的な言葉は抑えましょう。 せっかくあなたの為に作ってあげたのに……• いい加減にして!• 私を困らせたいだけなの?• 役立たず• あっちへ行って• だらだらしていないで、何かしたら? また、うつになると、不安やイライラが強くなりがちです。 場合によっては壁に物を投げつけてしまう、あるいは、ふとしたことから感情を爆発させてしまうかもしれません。 その時は共に冷静さを失わないよう、相手と直に向き合うのは避け、相手の感情が落ち着くまで、そっとしておきたいものです。 うつ病の人にかけてはいけない言葉3:励ましの言葉 うつになると、頑張りたくても頑張れなくなることも、うつ病の辛さの一つです。 意外な事に、うつ病では励ましの言葉もよくありません。 脳内が病的になった結果、頑張りたくても頑張れなくなってしまうのが、うつ病なのです。 頑張れないことに悩んでいる相手に励ましの言葉をかければ、かえって相手を追い詰めてしまう可能性があります。 以下のような言葉には十分ご注意ください。 頑張って!• たまには笑顔を見せて• 元気を出して うつ病の相手への接し方・かけるべき言葉・傷つけない付き合い方 まず、相手の話を十分に聞くということをしっかり考えて頂きたいです。 うつになると気持ちが不安定になり、自分の周りのいろいろなことをネガティブに感じやすくなります。 相手がたとえグチをこぼすだけであっても、話すことによって相手の心の緊張が軽減する事は、聞く側はしっかり認識しておきたいです。 そして、相手が話している間は、なるべく口を挟まないなど、相手が話しやすいように持っていきましょう。 かけるべき言葉を知りたい方が多いと思いますが、相手を励ましたいときは、言葉よりむしろ、相手の背中をさするなどスキンシップが良いと思います。 以上のような事を家族やパートナーの方が注意していても、時には何気ない言葉で相手が傷ついてしまうかもしれません。 また、病気の経過にも個人差があり、場合によっては2歩前進して1歩後退的な時期もあるかもしれません。 でも治療を続けていくうちに多くの場合、症状は改善していきます。 あせりは禁物です。 気長に相手を見守っていける態勢を家族やパートナーの方はご考慮ください。 なお、うつ病になってしまった時は、自殺のリスクがあることは決して忘れないでください。 もし自殺をほのめかすようなことがあれば、それは緊急事態とご留意ください。 決して軽く考えず、相手の様子に十分注意を払い、すぐに主治医に報告するか、精神科(神経科)を受診するなど、迅速なる対処をお願いします。 【関連記事】•

次の

[事例1

躁うつ病 接し方

精神系:憂鬱な気分、やる気が出ない、食欲が湧かない、常にイライラする、思考力が低下するなど 新体系:眠れない、疲れやすい、体がだるい、頭痛や肩こり、吐き気、動機など 〈うつ病の原因〉 原因を1つに絞ることは難しく、「大事な人との死別」「職場や家庭での人間関係」「生活環境の変化」などによる精神的ストレスが蓄積して起こるケースや、「出産」「遺伝」「慢性的な疾患」などの身体要因のケース、また正義感が強い性格のため、几帳面、完璧主義、仕事に熱中しすぎてしまう性格が原因となって、知らない間に発症していたケースもあります。 〈うつ病の治療法・接し方〉 うつ病を治療するには「身体を休める」「薬物治療」「カウンセリング」という3つを併用します。 回復に向かっていると思っても再発の可能性も否めないため、職場では、笑顔で接することや仕事で慌てることがあれば声をかける、相手を否定しないなどの寛容な対応が必要です。 躁うつ病の特徴・原因・接し方 〈躁うつ病特徴・症状〉 常に抑うつ状態になるうつ病に対して、「躁うつ病」というものもあります。 「躁」とは気分が高揚している状態を指しますので、気分が高まったり抑うつ状態のどんよりした気分になったりの繰り返しとなるため、障害であることが分からない第三者から見ると「単なる気分屋」と捉えられてしまうことが多くあります。 抑うつの状態から、ハイテンションになったり、怒りっぽくなる、活動的になる、注意が散漫になるといった真逆の状態になることから「双極性障害」とも呼ばれます。 〈躁うつ病の原因〉 躁うつ病を発症するハッキリした原因は分かっていませんが、現在までの研究では遺伝子を起因としている可能性が高いとされています。 また、もともと潜在的な発症リスクがある人がストレスや環境変化により発症するというケースもあり、未だ研究が続けられています。 〈躁うつ病の治療法・接し方〉 躁うつ病も薬物投与などによる医学療法と、カウンセリングなど精神療法が推奨されます。 症状が重い場合は入院治療というケースもあります。 職場では適度に声がけを行って本人に安心してもらうことや、責任感の強さから無理に業務を抱え込まないよう配慮することなどが求められます。 また、本人が躁うつ病とは自覚していないケースもあるため支援機関への相談も検討したほうが良いでしょう。 新型うつ病の特徴・原因・接し方 〈新型うつ病の特徴・症状〉 うつ病と躁うつ病のどれとも違うのが「新型うつ病」で、非定型うつ病とも言われ、判断が非常に難しいと言われています。 症状も人により様々で、過食や過眠、無責任になる、強い自己顕示、傷つきやすいなどの症状が現れることもあります。 また、仕事には行かないのに好きな旅行には積極的に行くなど自己中心的な行動をとる場合もあります。 現在、うつ病として診断書が出されるものの正式な精神疾患として認められていないため、周りから見ると単なる性格の問題と考えられてしまうケースも少なくありません。 〈新型うつ病の原因〉 症状が様々であれば、原因も特定のものに絞ることはできません。 主なところでは苦痛から逃避したいと思う出来事を起因とすることが多く、例えば、仕事で失敗して上司から叱責を受けたり、仕事が上手くいかないために職場環境や業務フロー、上司などのせいにしがちになり、そのまま発症することもあります。 〈新型うつ病の治療法・接し方〉 新型うつ病も薬物療法と精神療法が主な治療法となりますが、原因や症状が様々なため、心理療法が効果的だとする意見もあります。 職場における基本的な対応としては、否定しない、認めるということが必要になり、本人とある程度の距離感を保つことも必要という専門家の意見もあります。 どちらにしても自分自身で新型うつ病と自覚していないケースも多々あることから、既存社員に関しては産業医などへの相談、新たに雇用する場合は就労支援を行う機関との連携を行うほうが良いでしょう。 実は曖昧な「うつ」の定義と雇用者側ができること うつ病は症状や治療法が様々であるため、一般の人がうつ病であると定義したり判断することは難しいです。 うつ病は古くから定義が曖昧とされてきた経緯もありますし、特に近年話題になり始めた新型うつ病は、専門家の診断基準自体が存在しておらず、名称自体も単にマスコミが書き立てた病名であって正式なものではありません。 そのため、精神医学の業界では「DSM-5」という精神疾患や障害の分類マニュアルにあたるものがあり、事実上、国際的に診断の基準書として扱われています。 そのDSM-5の中でも精神疾患や障害の分類は多く分かれていますので、うつの可能性があれば、まずは専門家や医師へ相談するのが望ましいと言えるでしょう。 精神障害者の症状は個人性が高く、一定ではありませんので、特に精神障害者雇用の現場では個々の特性に合わせた柔軟な配慮が必要です。 あくまで一例ですが、主に以下のような取り組みを検討してみると良いでしょう。 ・プライドを傷つけないよう業務量を調整する ・労働時間や休みを本人と話し合って決める ・相談しやすい雰囲気を作る ・笑顔で接するようにする ・本人に指示を出す人は一人に絞る ・長所は言葉にして伝える ・業務や目標などの計画を一緒に作る まとめ 厚生労働省のの調査によると、精神障害者の離職理由として最も多いのは「職場の雰囲気・人間関係」となっています。 その他にも「給与や待遇」「仕事内容が自分に合わない」といったことも理由に挙げています。 また、障害者職業総合センターの調査では、就業後3か月時点の定着率は身体障害77. 8%、知的障害85. 3%、精神障害69. 9%となり、1年経過後の定着率では身体障害60. 8%、知的障害68. 0%、精神障害49. 3%となり、特に精神障害者の定着率が大きく落ちることが分かっています。 これらのデータから障害者の雇用促進のためには障害について理解し、支援体制を整えるのが重要ということが分かります。 職場定着率は一般募集か精神者求人枠という求人の種類、障害を開示したかどうか、支援制度の利用の有無などでも変わるとの調査結果もあり、やはり企業独自の考え方だけで障害者雇用を始めるべきではありません。 特に見た目では分かりづらいうつ病を抱えた方を雇用する場合、支援機関のサポートやトライアル雇用制度の導入、ジョブコーチなどを取り入れて、社内全体で寛容に受け入れを行う体制や職場環境を整えていく必要もあるのではないでしょうか。 お問い合わせ• 関連する記事• 2019. 31 「術後うつ」という病気があるのをご存知でしょうか。 これは手術後に発症するうつ病を指し、手術による身体的負担と不安や心細さといった精神的負担が主な要因[…]• 2019. 13 「ゲーム障害」という疾病が正式に認定されるのをご存知でしょうか。 ゲームに没頭することで依存性が起こる病気で、世間では「ゲーム依存」と呼ばれていたりも[…]• 2020. 05 昔から精神障害者の就活は難しいと言われていますが、理由をご存知でしょうか。 「精神障害に対して企業側の偏見や誤解がある」 「精神障害があるため就職して[…]• 2019. 09 一時話題になることも多かった拒食症や過食症。 テレビで過酷な体験談が紹介されることもあり、何となく摂食障害について知っているという方も多いでしょう。 し[…]• 2019. 24 発達障害関連の記事や書籍では、稀に「カサンドラ症候群」という名称を目にすることがあります。 一見、発達障害の症状や関連する疾患の一部かと思えますが、実[…]• 2019. 02 労働環境に馴染めずメンタルを崩してしまう方が増えた昨今、精神科を受診する方やSNSなどで「うつ病で休職をした」という声が散見されます。 うつ病休職者の[…].

次の

躁うつ病の症状と原因

躁うつ病 接し方

Contents• こんにちは、としぶんです(。 わたしは双極性障害(躁うつ病)の妻を日々サポートしながら日々生活していますが、同じようにサポートしている人や双極性障害でお悩みの方から 「奥さんはどんな生活なさってますか?」 「どのようにサポートされてるんですか?」 というご意見をよく頂きます。 ここでは双極性障害の妻の日内変動とわたしがサポートするうえでの注意している部分などをお伝えします。 午前中は抑うつ症状、日中は電池が切れます 双極性障害の妻は、双極性障害の方ならよくご理解されていると思いますが、躁転しないように気分があがらないようなお薬を飲んでいます。 そのため一年を通してみれば、ほぼほぼ「うつ状態」で過ごしていると言えます。 うつ病の方からお聞きしていると、午前中は抑うつ状態で重い気分に支配されてしまい、何もやる気が起こらないようですね。 妻が朝、お弁当を作ることは「死闘」 わたしの妻も、ほかのうつ病の人と同じような感じです。 子供のお弁当を子供のリクエスト通りにしたい妻は、何とかその時間には起床するようにしていますが、 薬の影響で強いうつ状態であるといえます。 ホントに「何とか起きてる」という状態で、わたしは先に起きて家事をしているのですが、「おはよう」の一言も言えないくらいですから。 うつ病で悩む人からすれば、「朝起きて、お弁当作るなんてスゴイ」と聞きますが周りでみているわたしからしても 「死闘」ですね。 だからサポート側は、双極性障害で治療中の人やうつ病の人は、「朝起きるだけでも死闘なんだ」と理解しなければなりません。 双極性障害治療中やうつ病の人は「朝は苦手なんだ」と理解することから ほとんどの一般の人は、午前中の抑うつ状態が長い期間になってくると 「いつもダラダラ寝ている」 「たまには早く起きたら!」 なんて言葉を言ってしまいます。 わたしもサポート側の人間なんで、このような気持ちは理解できるのですが、やはり 「病気なんだ」「眠るのが治療なんだ」と自分に言い聞かせなければならないでしょう。 わたしの妻は朝起きてくるときはいつでも、「ムスッ」としているように見えますから、サポートしている側からすれば「気分が悪いんなら寝てれば」と思いがちです。 わたしもそのように感じることはないと言えません。 でも「お弁当作り」が妻にできることならば、それは辛くてもすればいいかなと思ってます。 わたしもお弁当作りは手伝いますが、ほぼ会話もなく黙々と作っているのにも慣れましたね。 日中はほぼ電池切れを起こしている妻 平日は毎朝、8時過ぎぐらいには子供たちも学校へ行きます。 「元気に送りだしてやりたい」と妻は考えているのだろうと思います。 お弁当を作り、いつも玄関まで子供を送り出しています。 しかし午前中はここで電池切れ。 もうわたしに一言も発せずに、部屋に戻って横になります。 電池切れというか、最初から電池が充電されていない状況でお弁当作りをしていると言ってもいいでしょうね。 だから「再度充電する」作業が必要なんです。 あまり朝起きずに、日に当たらなければ睡眠ホルモンの分泌が低下すると言われますので、双極性障害やうつ病治療中の人でも朝は一度は起きてカーテンを開けるなどは必要でしょうね。 ただ妻のように動けないのであれば、無理せずゆっくりしたほうがいいのかもしれません。 もちろん病気を抱えている人でも無理せざるを得ない人もいますけどね。 ツイッターでも「無理しないように」とリプすると、「無理しないと生きていけません」と返ってくることがあります。 最近ではあまり「無理しないように」とも言わないようにしています。 ただ理解せずに「また寝るの?」などとも言わないようにだけは注意しなければなりませんね。 午後から夕方にかけて改善の傾向が 午後からの妻は、自分の昼食は自分で用意して食べることができます。 が、子供が帰宅する夕方までは、ゆっくり過ごすことが多いですね。 ご飯を食べて、また寝ていることもありますが、気分の良い日には掃除機をかけるぐらいのことはしています。 夕方になると少しずつ気分も回復してくる様子で、会話なども普通に行えるようになっていることが多いです。 笑顔も普通に見られます。 我が家の夕食は19時ごろで、家族みんなで夕食を摂るのが普通になっています。 この時間には家族の会話にも参加していますから、この時間くらいが一番調子がいいのかもしれません。 ただし電池が切れるのは早く、21時~22時ごろには就寝しています。 その前にお風呂に入り、子供よりも先に寝ていることが主ですね。 双極性障害の妻の日常は妻のペースが必要 こんな感じが現在の妻の日常です。 躁転しないようにコントロールしないといけませんので、妻のペースで過ごせるように配慮しています。 双極性障害の人もサポートしている人も、躁転することはかなり恐怖だと思っているのではないでしょうか。 わたしが今、妻のサポートをしているのはある意味、躁転することが恐怖だからだと言っても過言ではありません。 妻が躁転してハイテンションになったときの様子はこちらの記事に詳しく書いています。 双極性障害の人には「温かく無関心」で日常を乗り越える 幸いのところ、激しく躁転するようなことはここ数年ではありませんので、眠ることは多いものの、穏やかに過ごせているといえます。 もちろん躁転してしまえば、わたしはもはや入院しかないと思っていますので、わたしも本人もできる限りそうならないように過ごしているのです。 でも妻のペースで過ごすのは、正直なかなか辛い場面も少なくありません。 「病気だから」「治療だから」と言っても、なかなかそれを受け入れることができない精神状態のときが、わたしにもあるんです。 とはいえ、こちらがイライラしているばかりでは、こちらの精神衛生上良くありませんからやはり「無関心」がいいのかと感じています。 とはいえ、 ただ無関心では妻の状況にも気付けないといけないので、「温かく無関心」が一番だと思います。 それでも軽躁のときがあり、振り回されるようなこともあるのですが、それでも自分の息抜きも考えながらサポートに取り組むようにしています。 何より一人の時間を大切にするようにしていますので、今のところわたし自身が爆発するようなストレスにはならないかなあと。 たまにツイッターにおいて毒を吐くことがありますが、それは受け止めてくれる方もおられますから、素直に甘えさせていただいています。 ツイッターはホントに感謝ですね。

次の