日航 機 墜落 事故 陰謀。 「日航123便墜落事故 真実と真相」「524人の命乞い」小田周二

日航機墜落事故

日航 機 墜落 事故 陰謀

どうも筆者です。 飛行機は大人になった今でも 怖さは拭えずできるなら乗りたくはありません。 2018年現在、あの忌まわしい航空機事故 日本国内で発生した航空機事故で最多、 単独機の航空事故としては世界でも最多の死者数を出したと言われる 『日航機123便墜落事故』が起きてから33年の節目を迎えます。 筆者は、事故当時ヘリで救出される模様が テレビで映し出されていた川上慶子さんと同じ年代でしたので 同じ年頃の子がとんでもない目に遇っている。。 と 息ができなくなり、胸がとても苦しくなった記憶があります。 2018年8月16日に放送される番組『直撃!シンソウ坂上』で 33年を経た今、日航機墜落事故がピックアップされるとのことで あの彼女たちのことを思い出し現在がとても気になった。 そしてこの事故、事件が風化してしまわないように 振り返ってみることにします。 Content• 日航機墜落事故の生存者女性4人の現在・その後は? 日航機墜落事故が起きたのは、第72代中曽根内閣の時代 1985年(昭和60年)8月12日。 18:12に羽田空港を飛び立った伊丹空港行きのJAL123便が 飛び立った44分後、18:56に群馬県多野郡上野村の御巣鷹の尾根に墜落。 乗員乗客524名。 そのうちの520名が死亡し、生存者は4名。 そしてそのすべてが女性になります。 現在67歳。 当日は家族5人で搭乗されていらっしゃいましたが 助かったのは、博子さん(当時34歳)と娘さんの美紀子さん(当時8歳)のお2人。 現在は、東京都内の母方のご実家で暮らしていらっしゃるとのことです。 お母様とおなじく東京都内にて暮らしていらっしゃるとのことです。 事故後、島根県で祖母と兄(搭乗していなかった)と3人で 暮らしていらっしゃたとのことです。 その後、スキューバダイビングをするためアメリカに渡った際に 出会った方と国際結婚。 その方が現在のご主人になります。 事故後も日本航空事故関連のお仕事を務めていらっしゃいました。 その後、定年まで勤め上げ、日本航空を退職し 59歳の現在、大阪府内でご家族の元で主婦として 暮らしていらっしゃるのだとか。 安全教育セミナーなども開かれていたとのことです。 (画像引用元:Wikipedia) また、理由としては以下の用に推察されており、 墜落時の衝撃は100~数百Gと推定され、これらの部分に搭乗していた乗員・乗客はほぼ即死したとされる。 胴体後部は墜落時の衝撃で分離、山の稜線を飛び越え付近の沢に落下した。 この部分の衝撃は数十Gと推定され、搭乗者のほとんどはその衝撃によって致命的な傷害を受けたが、4名の乗客が奇跡的に生存した。 生存者は着座の姿勢や人体に接した周囲の物体などの状況が、衝撃をやわらげる働きをしたため生還できたものと考えられた (引用元:Wikipedia) 身体の柔らかい、子供、女性。 そして、最後尾でかつ中心寄りの座席であったことなどが 墜落の衝撃から逃れられた要因のひとつではないかと言われています。

次の

【日本航空123便墜落事故】陰謀論が飛び交う驚愕の内容とは!死去した著名人や搭乗予定だった人達とは?

日航 機 墜落 事故 陰謀

1985年8月12日の日航123便墜落事故について、事故当日、相模湾で、海上自衛隊が実施していた、誘導ミサイルの検証実験中の事故に巻き込まれたために発生したと考えられます。 生存者の方の証言、クルーが酸素マスクを着用しないで、20分程度、高度約7000㍍を維持したまま、操縦を継続したこと、機内を撮影した写真等から、日航機内に、頑強な垂直尾翼を破壊するような空気の流れは発生しなかったと思われます。 異常事態直後、機長は、気圧の事には言及せずに、「まずい、何か、分かったぞ。 」と発言した上で、「ギア、見て、ギア」と指示したのは、減圧兆候が見受けられなかったためであり、作動したのは、客室高度警報音ではなく、車輪の異常を報せる離陸警報音であったと考えられます。 日航機は、機体を安定させるために車輪を出し、山梨県大月市上空で、右旋回をしながら高度を下げ、横田基地への緊急着陸体制に入っていましたが、地上での二次災害を回避するためとして、断念したと思われます。 山腹への不時着でありながら、事故直後には、衝撃が緩和された後部座席を中心に多数の方が生存し、結果的に、4名の方が救出されたのですから、最後まで諦めなかったクルーの姿勢は、高く評価させるべきであると考えます。 長野県川上村梓山地区に住む女性からの通報、米軍及び航空自衛隊員からの連絡により、事故直後には、現場は、特定されていたと思われます。 事故翌朝、午前8時49分に、空挺部隊 習志野 が、現場に降下していますけれども、もっと、早く救助活動を行っていれば、多くの方の命を救うことは、可能であったと考えられます。 元CA キャビン・アテンダント(客室乗務員)の者が 某書籍を書いて出版 あいも変わらず!ほざき?続けている のでね。 弊害で、困り続けているのでね。 CAは、機体での機内に搭乗勤務での事実 で~も~ね~ 航空力学関連 航空法関連 科学技術関連 機体 構造等に関しては、操縦士とか整備員 以下! 整備員関連職種者の中で 陰謀説論を信じていたり 力説?等の 者は、まず・・・殆ど、いない!なのでね。 機体の飛行中での速度は?その際の風の強さは? その状況下で、他の飛翔物が命中?衝突をして ペンキ塗り立て? みたくに、別色の塗料が付着するのか?という事ですよ。 CA での職種者は、そういう事も 知らず?解らず? でも、私は CA 女なら~誰でも成れる?という訳ではない エリート?職種をしている プライドの高さ でも!基本的には、機体に搭乗勤務ではなく 潤滑油(グリス オイル)洗浄油等で汚れて汚い!整備員は 客室乗務員よりも 格下?ランク 水準での格付け?とかね。 CA よりも 整備ミス!等でも 責任重大!CAよりも 機体には大関係であり、機体への愛機心 CA以上!での整備員 表現の自由 言論の自由 出版の自由 陰謀説論へのアンチ意見は 国家権力?での手先、仲間?などと 多数決で し続けている 陰謀説論者での派閥等 多数決での結果は、常時 真実であり事実?なのかな・・・ ま~小数?等でもね。 CAの中には 良い?タイプの方も 居るのですがね。 (極稀にね) 日本航空は内外で複数の墜落事故を起こしていますが、「8月12日」ということから123便事故(日航ジャンボ機墜落事故)のことなのでしょう。 この事故に関する唯一で最大の陰謀は、一部のライターが仕組んだ「ウソでも何でも政府に反抗する内容を本を無責任に衝撃的に書いて、自著の売り上げを伸ばして金儲けをする」というものです。 この陰謀により、今でも自著の売り上げを伸ばしてボロ儲けしているライターがいるのは事実です。 そしてこの陰謀にまんまとはまって、騙されている被害者が沢山います。 その被害者の特徴は、自分がそのような陰謀に騙されている被害者である事に気付いていないことです。 貴方も心当たりはありませんか? 2017年8月の全日空機のトラブルは、偶然同じ日の同じ時刻の便で起きただけのことです。

次の

中曽根元総理が知る日航機墜落事故の真実とは?墓場まで発言の真意を調査!

日航 機 墜落 事故 陰謀

相模湾上空で垂直尾翼を失い、制御不能のまま飛行して群馬県御巣鷹山に墜落。 垂直尾翼の破片の大半が相模湾に落下、今も海中に没したまま分析不能なことから、米軍機の誤射によって墜落した「米軍撃墜説」「テロによる犯行説」「核兵器運搬の証拠隠滅説」「 UFO撃墜説」などが囁かれ続けてきた。 しかし21世紀に入り、そのジャンボ機の破片が伊豆で発見されたという珍事件をご存知だろうか? 今回はこの情報に関してよく知る者から聞いた、本当にあった封印された不思議な話を紹介しよう。 「……あれはその、ちょうど今くらいの季節かな。 山の水(貯水タンク)を見に行った時なんだけどさ、ついでにわらびなんかがあったらいいな、なんて思ってね。 そんでばあさんも行くなんて言ってたけども、雨の後だし、足元が危ないから俺が行くよ、なんて言って出かけたのさ。 そしたらあんなもん見つけちゃったもんだからさ、本当にびっくりでさ」 そう語るのは、南伊豆のある地域で暮らす農民・Tさん(78)。 Tさんは今を遡ること約10年前、自宅裏の山深い場所に設置した山水用の貯水槽を確認すべく、山へと入っていったのだという。 その日は、数日前から霧雨が続き、水が濁っていた。 しかしそれでいて、水の勢いがなかったことから、不審に思い確認しようとしたという。 「秋の落ち葉が多い時期なんかもそうだけども、雨が続くとさ。 ここいらはすぐにタンクにゴミや落ち葉なんかが詰まっちゃって、駄目になるんだよ。 だからその日も、どうせそんなことだろうって思って入ったんだけどもさ……」 自宅の庭から続く細い林道から、地元民でも来ないような獣道をおよそ20分、Tさんは貯水タンクを目指した。 だが、そのすぐそばに着いたときに、彼はある異変に気づく。 降り続いた雨のため、貯水タンクよりも上の方にある山肌が崩れ、多くの樹木や土砂などで、タンクの周囲が荒れ果てた状態となっていたのだ。 「こりゃあ、参ったなーって思ったさ。 だって結構な大きさの枝だのなんなのが、ガーって崩れて埋め尽くしてるんだから。 でも文句も言ってられやしないから、1個ずつ片付けていったわけ。 石だの枝だのをさ。 そしたらね、なんか変なもんも落っこちてるのよ」 山肌の崩落により崩れ、折り重なるようにタンクの周囲を埋め尽くす枝葉や土砂に混ざる形で、Tさんは、見慣れぬものを目にする。 それは、ところどころ鈍い輝きを持った、大きな金属片のようなものであった。 「最初はなんだかわからなかったよ。 あんなところ、農機も入らん場所だからさ。 それでもって片付けた後に(山を)下ってきて、近所の人らに話したの。 そしたら、『おめえ、そらジャンボ機の部品でねえか?』なんて(彼らが)言うもんだからさ、駐在さんに届けてね、みんなで見に行ったわけ。 そしたらやっぱりそうなんだろう、って」 1985(昭和60)年8月12日月曜日、日本航空、東京・羽田発の大阪・伊丹行の123便が、群馬県多野郡上野村にある高天原山の尾根に激突・墜落した、いわゆる『日本航空123便墜落事故』。 乗員乗客524名のうち、死亡者数は520名に上り、国内航空機事故では過去最多の犠牲者を生んだ。 この事故は、その後に回収されたフライトレコーダーの記録などから、相模湾上空で「謎の爆発音」が発生し、その後、伊豆半島南部にある河津町・下田市上空を旋回するようにして通過、富士山方面へと向かったことが判明している。 だが、この事故の際に機体から落下したと思しき部品の一部を、時を経て21世紀に入ってから、はからずもTさんは発見してしまったのである。 「これはとんでもねえもんを見つけてしまったなって思ったよ。 なにせ、ああいう事故だったからさ、俺も当時は相当驚かされたんだわ。 それがね、まさかうちの裏の山なんかで部品が出てくるなんて、夢にも思わねえもの。 何年も経ってるのにさ。 逆になんで今まで見つからなかったんだ? って思ったりしてね」.

次の