ピカチュウ メタモン。 メタモン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

kvd-i.antenna.gr: ポケモンセンターオリジナル ぬいぐるみ へんしん! メタモン ピカチュウ: おもちゃ

ピカチュウ メタモン

基本 ロブ・マン 脚本 ・マン ・マン 配給 開 上映時間 分 の時点でにてが決定しており、に先行開、翌週の10日に全で開された、「」を元にしたである。 関連作のは本作が初。 配給はここ最近、などのにおけるを積極的に行う、は「」や「 版 」「 」など関連作を手掛ける。 また内での配給が担当のになっており、この3社体制は同年開の「」でもする。 ちなみに発表前はが配給を担当する予定になっていたが、諸事情により変更され、変更以来以外で離れていたとェンの関係が再び表に出るようになった。 、脚本は「記」「・テ」のロブ・マン。 脚本には「」「」などを手掛ける・マン、「」のが参加する。 気になるのを担当するのは「」で知名度の高い・ノルズがも兼任する。 「ちゃんといが同じだとなんてこった、あのがになりやがった!! これでに肩並べられる!! 」 この内定に対してはにてとしているようだ。 某2社が この他版の新規として、の後見人であるのダ役をが担当。 版では役を「」にてコ・レル演ずるホルトのを担当したばかりの、のをでも出演している、役が「」の出演が記憶に新しいが担当する。 ちなみにの起用は、本作開時に先に出演した作品のがまだ開期間中ということもあり、発表は開直後まで隠されていた。 またとはどちらものに度々出演する繋がりがあり、飯豊とは共に同じ出身繋がり 加えて言えば当時共にをした担当Pとも同じ。 反響 初となるということもあり、今までにない新しいのは大きな反を呼んだ。 特に、に開されたでは、項垂れるのしわしわ顔がキモとになるなど、開前からの尽きない作品となっていた(詳細は「 」を参照)。 いざ開されると、では開2週に全動員に。 また、の行収入でもを獲得するなど、中で大を記録している。 これはをとしたでは最高のなんだとか。 同年にはくもの発売が決定したものの、盤は及び収録のは現時点で発売予定がなく、音もビーアスだったから5. にされているなど、盤からは少々がなされている。 本編流出!? 北での開が差し迫った 、上にというのが開された。 これに対し、・ノルズはにてとき、まさか本当にが流出してしまったのでは……と多くのを騒がせた。 が、その正体は 1時間43分の間、ひたすらが踊り続けるであった。 どうやらのの一貫だったようである。 ちなみに、このは0万回以上再生されている。 主要キャスト 内は版の。 - ・ノルズ()• - ・()• - キャス・()• ダ警部補 - 関連動画 関連静画 関連商品 関連リンク• 関連項目•

次の

名探偵ピカチュウ(映画)

ピカチュウ メタモン

画面の端々に様々なポケモンが出てくるから、吹き替えで見て正解だった。 字幕なんか読んでられん -- 名無しさん 2019-05-17 21:48:17• プリンやコダックも吹替だとアニメの時と同じ声なんだよな。 字幕版の時の鳴き方も好きだけど -- 名無しさん 2019-05-17 22:23:01• 登場人物の所にハリー(ティムの親父さん)も入れたいところだな…もちろんネタバレは抜きの方向で -- 名無しさん 2019-05-17 23:17:14• この映画のポケモンの「生き物っぷり」を見ていると、六体も手持ちでポケモンを傍にするポケモントレーナー凄いと思う -- 名無しさん 2019-05-18 01:17:25• ってゲームの方の記事はないんだな あっちも名作だからやっておこうね! -- 名無しさん 2019-05-18 02:18:29• 乳首丸出しおじさん、見た目厳つかったり、リザードンにドーピングしたりしてるけど全てリザードンが大好きな気持ちを拗らせた結果なのが最高に愛おしい -- 名無しさん 2019-05-18 02:27:27• 終盤のシーンで アレされてるとはいえ あのポケモンのヤバさと万能さに気づかされる -- 名無しさん 2019-05-18 03:18:07• これでゲームの方も続編出ないかなー -- 名無しさん 2019-05-18 05:51:15• 吹き替えで演じた俳優の人たち、危惧してたほど悪くなかったわ。 ピカチュウはおっさんというには若々しい印象を受けたけど、これはこれでって感じ -- 名無しさん 2019-05-18 07:07:26• 主役とヒロインの吹き替えがまさかのドライブと恐竜バイオレットの人だったとは驚いたわ -- 名無しさん 2019-05-18 07:22:22• メタモン最強説 -- 名無しさん 2019-05-18 08:23:08• ゲームのほうの記事もできないかな? -- 名無しさん 2019-05-18 10:38:05• ちゃんとやれば日本原作の実写化は成功する。 それを証明した作品。 -- 名無しさん 2019-05-18 13:06:20• 吹き替えに芸能人起用で結構叩かれてたけどアフレコ経験あるだけあってそこまで違和感なかったな。 むしろ全体的にしっとりした空気の中バリバリのアニメ演技だった梶裕貴の方が浮いてた気がする…… -- 名無しさん 2019-05-18 14:28:24• 個人的にコダックの三白眼は上手くやったと思った。 瞳を小さくするのではなく、逆に瞳を目立たなくして瞳孔が目立つようにするとは -- 名無しさん 2019-05-18 19:19:17• 改造ゲッコウガ、コダックの念力受けてたから変幻自在だな。 -- 名無しさん 2019-05-18 19:37:46• 字幕版のコダックくん明らかに喋ってて笑う -- 名無しさん 2019-05-18 19:50:47• 原作リスペクトも多かったけどバリヤードは特に監督のイチオシだったみたいだし殊更拘りが感じられた -- 名無しさん 2019-05-18 21:34:57• エンディングムービーは秀逸だよなぁ…… -- 名無しさん 2019-05-18 21:40:34• 中盤の地殻変動は巨大生物大好きなおれとしては最高だった -- 名無しさん 2019-05-18 22:41:56• アニメのオマージュも結構あったよな、マイク持っているプリンやとんでもない力を持つコダックとか -- 名無しさん 2019-05-19 00:49:25• ピカチュウの10万歩目指してるって、ポケットピカチュウかな…… -- 名無しさん 2019-05-19 17:36:47• 色々とあってバリヤードの映像化に約2年もかかってるとか。 それくらいのこだわりがないと、成功は難しいんだろうなぁ -- 名無しさん 2019-05-19 18:21:33• 嬉泣きそうだった...。 -- 名無しさん 2019-05-19 19:01:17• ぶっちゃけシナリオ面だと総集編かと思うくらい駆け足気味で、個人的には少し期待はずれなところはあったんだけど、とにかく「ポケモンが生きてる世界」の演出が素晴らしい -- 名無しさん 2019-05-19 22:44:48• 率直な疑問なんだがこういうのは実写化というのだろうか? しかし、生の人間が絡んでくると色々とスーパーマサラ人の事を考えてしまうな。 -- 名無しさん 2019-05-20 10:18:51• メタモンの恐ろしさをこれでもかというぐらい教えてくれた作品。 完全にターミネーター2ですよ、博士 -- 名無しさん 2019-05-20 10:24:02• ゲームだとメタモンは対峙した相手にしか変身できないからな…まぁ今作のメタモンも違法強化されてるらしいが -- 名無しさん 2019-05-21 01:15:53• アニメでも可愛いコメディタッチの役どころ多いからなあメタモン。 今作のは昔ロケット団のポケモンが言ってた「ポケモンが悪いことするのは主人が悪いことするから」ってのもあるんだろうけど。 -- 名無しさん 2019-05-21 10:22:23• 落ち着いて人間にも理解を示しかけてるミューツーを描いた後にイキってた頃のリメイク予告を出される -- 名無しさん 2019-05-21 10:37:19• てっきり悪役がハワードで会長が主人公の味方かと思ったら… -- 名無しさん 2019-05-21 22:02:37• たぶん。 ところで劇中内でアニメ ポケモンのアメリカ版OPも流れてましたよね。 -- 名無しさん 2019-05-22 00:38:21• ドダイトスも凄かったな。 ドダイトス自身は特に何かしたわけじゃないが、まさかあんなことになっていたとはね… -- 名無しさん 2019-05-25 10:23:45• 色々なポケモンが出てきて本当に満足。 機械に捕獲される場面はポケモン映画らしくてクスッと来た -- 名無しさん 2019-05-26 09:58:28• 黒幕の野望はケモナーの理想郷である。 -- 名無しさん 2019-05-26 21:41:00• ゲーチスの思想をより悪い方向にブラッシュアップさせたようなラスボスだったな -- 名無しさん 2019-06-01 10:15:12• そういやむしタイプはバチュルがモブで出たくらいか。 まあこの映画でリアルアレンジされたら虫が苦手な人にはキツイだろうしな…。 -- 名無しさん 2019-06-01 10:57:24• 字幕で見たけどコダックは英語でサイダックなんやろなぁという事は良く分かっ。 時々入るゲーム調のピコピコBGMこれが大好き -- 名無しさん 2019-06-08 23:49:45• 最後の後始末の付け方、ちょっと強引かと思ったけど、息子の「エスパーは毒に強いからじゃない?」の考察は目からハートのウロコだった -- 名無しさん 2019-06-10 23:44:05• 初代でたった一人で、似たようなことを成し遂げたマサキがすごかったんだな -- 名無しさん 2019-06-11 09:02:17• Rって要するに『はかいのいでんし』だよな -- 名無しさん 2019-06-11 18:20:03• ドダイトス君、君ゴジラの方にゲスト出演してなかった? -- 名無しさん 2019-06-11 19:48:21• 荒らしコメントを削除しました -- 名無しさん 2019-06-12 20:26:53• あのサイズのドダイトスはダイマックスの伏線だった可能性…… -- 名無しさん 2019-06-12 20:32:30• 剣盾の街並みの表現は全体的にこの映画っぽかったね -- 名無しさん 2019-12-09 10:54:06• -- 名無しさん 2020-01-29 09:02:23• メタモンってUSUMでも警官に化けてるイベントがあったし、設定上はどの作品でも普通に人間にも化けられるんじゃね? -- 名無しさん 2020-04-18 12:58:11• 世界で馴染み深いから大谷さんにしたんだろうけど、個人的にはゲームのようにピカチュウの鳴き声としての声も西島さんがやって欲しかった -- 名無しさん 2020-04-18 13:32:47• あれ?大川さんが「ピカピカ」って鳴くんじゃないの? -- 名無しさん 2020-04-18 13:56:29• テレビ東京が関わってないから5月22日に金曜ロードSHOW! でノーカットで放送されるぞ -- 名無しさん 2020-04-24 08:49:48• 今日ついに放送だぞ -- 名無しさん 2020-05-22 18:18:26• ハワード・ミュウツー -- 名無しさん 2020-05-22 23:05:09• EDムービーめちゃくちゃいいじゃん! -- 名無しさん 2020-05-22 23:20:06• メタモンの連続変身はT-1000と究極カーズが合わさったような絶望だったわ -- 名無しさん 2020-05-23 00:55:54• いやーいいもん見れた -- 名無しさん 2020-05-23 08:58:03• これでボクはミュウスリーだっピ!(ネタバレ) -- 名無しさん 2020-05-23 11:00:51• シナリオは尺の都合もあるから駆け足すぎる部分とか気になったけど、ポケモンが生きる世界観の再現のすごさとやっぱりエンドロールで120点あげたいくらいの出来だった。 -- 名無しさん 2020-05-23 14:47:29• 公開当時の王様のブランチのレイノルズへのインタビューでデッドプールの台詞を喋るピカチュウの動画を見せられた話があったけど、映画制作部はいったい何を喋らせたんだろうなあw -- 名無しさん 2020-05-23 21:36:55• 20年前にカントーから逃げてきたって事は逆襲の個体と同じって事なのかね?まあ、ファンサービスの一つなんだろうけど、安易に新しく作り出したってしなかったり、TVSP同様、科学には弱かったりに愛を感じる -- 名無しさん 2020-05-23 23:56:58• ルビサファ以降のポケモンはよく知らないけど、それでも「面白い」と思えたのはやっぱり製作側の愛があるからこそ、だと思った。 あの血清Rは映画オリジナル設定かな、って勘違いしてたが 笑 -- 名無しさん 2020-05-24 21:32:11• ピカチュウもソニックも、実写化するとフサフサボディになるのは、向こうの文化とか流行なんだろうか -- 名無しさん 2020-05-24 21:46:53• ゲーム本編で名有りキャラ以外で4匹以上連れてるのはせいぜいチャンピオンロードのエリトレぐらいなのにも説得力が生まれた映画。 上でも言われてるけど、あんな凄い生き物何匹も持てんわ -- 名無しさん 2020-05-25 11:42:48• なんか黒幕の思想というか行動がローズに似てたな。 実際はこちらの方が先発だが。 -- 名無しさん 2020-05-25 22:17:44• (ホチキスが落ちる音) -- 名無しさん 2020-05-28 21:49:12.

次の

メタモン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ピカチュウ メタモン

48 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(すごいなぁ。 おっきな庭にたくさんのボールが転がってる。 あっ、あのでっかい水溜まりはなんだろう) メタモン「……」オドオド ピカチュウ(話には聞いてたけどほんとにすごいや。 なんだか別の空間にきちゃったみたい)キョロキョロ ピカチュウ(あ、そういえばあのポケモンとは初対面なんだっけ。 『わからないことはあいつに聞けよ』って飼い主が言ってたけど……) メタモン「……」ビクビク ピカチュウ(うわっ、おもっきしこっち見てる。 93 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(……眼をあわせた以上はぼくから声かけなきゃいけないよね。 何日間かこのポケモンとここで過ごすみたいだから度外視するわけにいかないし) ピカチュウ(ぼくよりここ慣れてるみたいだし……後々のことを考えるとここはやっぱ話かけるべきだよね。 53 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「あ、いや、きみとは初めて顔をあわすから一応自己紹介しておいた方がいいかなぁって」 メタモン「は、はい。 18 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(なんか調子狂うなぁ……。 ファイト、ぼく。 がんばって) ピカチュウ「はじめまして。 ぼく、ピカチュウ。 ニンゲンのポケモンになったばかりでここのこと、まだよく知らないんだ。 迷惑かけるかもしれないけどよろしくね」ニコッ メタモン「はい、よろ、よろしくお願いします。 ピカチュウさん」 ピカチュウ「ぼく、そんなに話し上手じゃないけど、仲良くしてたらうれしいな」 メタモン「はい。 13 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(……ぼく、もしかしてこわがられてる? そんなに凶暴な顔つきしてるのかなぁ。 自分だとわからないんだよね。 でもわざわざ『ぼくってこわい?』なんて聞くのも不自然だし、うーん……) メタモン「な、なんでしょうか……?」ビクビク ピカチュウ「ううん、なんでもないよ。 80 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「男の子?それとも女の子?ごめんね、見た目じゃその、判断しにくくて」 メタモン「……」 ピカチュウ(まずいこと聞いちゃったのかな……?) メタモン「性別はありません……」 ピカチュウ「えっ?じゃあどっちでもないってこと?」 メタモン「は、はい」 ピカチュウ「そうなんだ、すごい。 78 ID:z4RZwUJWO メタモン「わたしもそうですし、あとは無機質のポケモンはほとんどが性別不明ですが……」 ピカチュウ「あっ、そういえば一部の珍しいポケモンなんかも性別が判明してないんだよね。 聞いたことあるよ」 メタモン「は、はい」 ピカチュウ「よろしくね。 90 ID:z4RZwUJWO メタモン「それで……」 ピカチュウ「?」 メタモン「わたし、なにをすればいいんですか?」ビクビク ピカチュウ「えっ?」 メタモン「その……へんしんした方がいいですか……?」 ピカチュウ「あ、うん。 きみっていろんなポケモンに姿をかえれるんだよね。 せっかくだから見てみたいな」 メタモン「は、はい。 29 ID:z4RZwUJWO メタモン「ピカチュウさんにへんしんしてみました……」オドオド ピカチュウ「わぁっ、すっごーい!ぼくがもう1匹いるみたい」 メタモン「……」ビクビク ピカチュウ「シッポや耳までぼくそのものなんだ。 メタモンちゃんってすごいね」 メタモン「は、はい……」 ピカチュウ「あっ、でも眼はちっちゃいままなんだ。 58 ID:z4RZwUJWO メタモン「すみません……」 ピカチュウ「あっ、いや、別に怒ってないんだ。 ごめん、言い方が悪かったね」 メタモン「いいんです。 貶されるのは慣れてますから……」 ピカチュウ(そんなつもりで言ったわけじゃないのに。 50 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「今度は別のポケモンにへんしんしてみせてよ。 たとえば……そうそう、ロコンとか」 メタモン「……すみません。 それは無理なんです……」 ピカチュウ「えっ……」 メタモン「わたし、対象が眼の前にいないとへんしんできないんです。 わたしだけじゃなくて全てのメタモンがそうですけど……」 ピカチュウ「そっか。 だからぼくに化けたんだね」 メタモン「はい……。 82 ID:z4RZwUJWO メタモン「ありがとうございます……」 ピカチュウ(ネガティブなコだなぁ……。 おちおち余計なことも言えないや……) メタモン「ですが一応……」 ピカチュウ「えっ?な、なに?」 メタモン「わたし元々メスに化ける機会が多いので、メスのピカチュウさんにならへんしんできます。 そっちに姿をかえる方が慣れてますから」 ピカチュウ「ほんと?じゃあお願いしてもいいかな?」 メタモン「は、はい。 12 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「うわぁ、ほんとになれるんだね。 シッポが見事に割れてる」 メタモン「そんなにじろじろ見ないでください……」 ピカチュウ「ご、ごめん」 メタモン「じゃあその……このままヤりますか……?」 ピカチュウ「なにを?」 メタモン「こ、こづ、子作り……」ボソボソ ピカチュウ「ごめん、聞こえなかった。 82 ID:z4RZwUJWO メタモン「い、いえ、なにも……」 ピカチュウ「そんなに怯えないでよ。 ただ聞き返しただけじゃない」 メタモン「そうですよね、はい……」 ピカチュウ(なにを言いかけてたのかな?まあいいや。 ちょっとだけ打ち解けることができたしここを案内してもらおう) ピカチュウ「メタモンちゃん、へんしん見せてくれてありがとう。 43 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「だって元の姿の方が動きやすいでしょ?」 メタモン「そりゃまぁ、そうですが……」 ピカチュウ「また今度へんしん見せてね」ニコッ メタモン「……」 ピカチュウ「戻らないの?」 メタモン「あっ、はい。 49 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(いいもの見せてもらえてよかった。 へんしんかぁ。 メタモンちゃんならではの能力だね。 ぼくには到底マネっこできそうにないや) メタモン「あの……」オドオド ピカチュウ「メタモンちゃん。 外に出ない?ちょうどお庭があるし」 メタモン「は、はい。 わたしでよければ」 ピカチュウ「ほんと?ありがとう。 じゃあ案内してくれる?」 メタモン「わかりました。 08 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「あの水溜まりみたいなやつはなに?」 メタモン「あれはプールといって、ここに預けられたポケモンたちが水遊びする場所です」 ピカチュウ「プール?」 メタモン「は、はい」 ピカチュウ「へぇっ。 わざわざ川に行かなくても水を飲めるんだ。 便利だねー」 メタモン「い、一応水を飲む場所は別にありますからあそこの水を飲んだら怒られると思います……」 ピカチュウ「あ、そうなんだ。 教えてくれてありがとう。 83 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「ねぇ、きみはここ詳しいんだよね? ってことは預けられること多いの?」 メタモン「はい。 なんせこの姿なもので……」 ピカチュウ「それってどういう意味?」 メタモン「……」 ピカチュウ「あっ、言いたくないならいいんだよ。 ごめんね」 メタモン「いえ……」 ピカチュウ「でも不思議だよね。 どうしてニンゲンはぼくときみを一緒に預けたのかな? ただたんに交流を深めさせるためなのかなぁ。 33 ID:z4RZwUJWO メタモン「……ご主人様は深い理由があってピカチュウさんをわたしと一緒にしたんだと思います」 ピカチュウ「深い理由って?」 メタモン「……」 ピカチュウ「なにか目的があってここに連れてきたってこと?」 メタモン「は、はい……」ビクビク ピカチュウ「きみは知ってるの?」 メタモン「えぇ、まぁ……」 ピカチュウ(気になるけどここで問いつめたら泣いちゃうかもしれないよね。 90 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「そっか。 また教えてね。 それよりメタモンちゃん、ボール遊びしようよ」 メタモン「えっ、で、ですが……」 ピカチュウ「あっ、もしかして嫌い?」 メタモン「いえ、そういうわけじゃないんですが……」 ピカチュウ「じゃあ遊ぼうよ。 あっち行こう」タッタッタッ メタモン「……?」 ピカチュウ「メタモンちゃん、早くぅ」 メタモン「は、はい。 いっぱい身体動かせて楽しかった」ニコッ メタモン「は、はい」 ピカチュウ「次はぼくがメタモンちゃんに付き合うよ。 またあとで遊ぼう」ニコッ メタモン「……」 ピカチュウ「あっ、ぼく、なんだかオシッコしたくなっちゃった。 さっき水飲んだからかな。 ここでしちゃっていいの?」 メタモン「こ、ここじゃまずいですからお庭の樹のところでしてきてください」 ピカチュウ「わかった。 25 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(星空がきれいだなぁ。 メタモンちゃんと一緒に見上げるのもいいかも)チーーーー ピカチュウ(メタモンちゃん、ほんの少しだけぼくに心開いてくれたのかな? 相変わらずオドオドしてるけど)チーーーー ピカチュウ(んっ?声が聞こえる。 近くからだ) 育てやの爺「おおあんたか!ピカチュウとメタモンは元気じゃぞ! 2匹の仲はまずまずのようじゃ」 ピカチュウ(あ、ニンゲンが様子を見にきたんだ。 ってことはもしかして引き取るのかなぁ。 ぼく、もうちょっとメタモンちゃんと一緒にいたいのに……)チーーーー ピカチュウ「すっきりした。 16 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「メタモンちゃん、夜空がきれいだよ。 一緒に見に行こうよ」 メタモン「いえ、わたしはいいです……」 ピカチュウ「ぼくの特性気になる?大丈夫だよ。 ですけど遠慮しておきます……」 ピカチュウ「そんなこと言わないで。 行こうよ。 33 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「早くぅ。 ニンゲンがきちゃうよ」 メタモン「……?」 ピカチュウ「メタモンちゃん、見に行こうよ」 メタモン「……」 メタモン「……わかりました。 95 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「身体軽いんだね」 メタモン「き、気持ち悪くないですか?やっぱり降りましょうか……?」 ピカチュウ「全然気持ち悪くないよ。 しっかり掴まっててね」 メタモン「は、はい」ピトッ ピカチュウ(ひんやりしてるなぁ、メタモンちゃんって。 94 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「ほら、きれいでしょ?今日は満月が見えるし」 メタモン「そうですね」 ピカチュウ(誰かと一緒に見る星空って楽しいな。 あっ、流れ星) ピカチュウ「メタモンちゃん、今の流れ星気づいた?」 メタモン「い、いえ。 53 ID:z4RZwUJWO メタモン「わたしのことはその……呼び捨てで呼んでくれて構いません。 いえ、むしろ次からは呼び捨てで呼んでもらえませんか?」 ピカチュウ「どうして?」 メタモン「ちょっと恥ずかしくて……。 わたしをちゃんづけで呼んだのはピカチュウさんが初めてですし……」 ピカチュウ「メタモンくんよりメタモンちゃんの方がしっくりくるんだけどなぁ。 かわいらしくていいかなってぼく的に思ったんだけど……」 メタモン「や、やめてください。 88 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「呼び捨てかぁ……」 メタモン「あっ、もちろんあなたのことは今まで通りピカチュウさんって呼びますから」 ピカチュウ「えぇっ?余計呼びにくくなっちゃうよ」 メタモン「いいんです。 39 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「……わかったよ。 じゃあ……メタモン……ちゃん」 メタモン「ピカチュウさん、ひどい……」ウルウル ピカチュウ「わあぁっ!徐々に慣らしていくから泣かないで!」 メタモン「はい……」 ピカチュウ(な、なんか疲れちゃった。 なるべく今日はぼくから話すのはやめよう) メタモン「……」ピトッ ピカチュウ「!」 ピカチュウ(メタモンちゃん……ううん、メタモンがぼくの背中に自分から身を寄せてる。 01 ID:z4RZwUJWO メタモン「あの、ピカチュウさん……」 ピカチュウ「なに?」 メタモン「さきほど『ニンゲンがきちゃう』って言ってましたよね……?」 ピカチュウ「うん。 オシッコしてる時にね、ニンゲンの話し声が聞こえたの」 メタモン「! な、なんて言ってたかわかります?」 ピカチュウ「んっとねぇ、確か『あんたのポケモンは元気だ。 2匹の仲はまずまずだぞ』ってここのニンゲンが言ってたよ。 58 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「ぼくたちもうニンゲンのもとに帰るのかなぁ。 やだなぁ。 せっかくきみと仲良くなれたところなのに」 メタモン「まだしばらくは大丈夫だと思います……」 ピカチュウ「えっ?ほんと?」 メタモン「は、はい。 ピカチュウさんとわたし、もうしばらくはここにいることになると思います」 ピカチュウ「そうなんだ、よかったぁ。 59 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(よかったぁ。 10 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「そっかぁ。 よかったね」ニコッ メタモン「はい。 そろそろ戻りませんか?」 ピカチュウ「そうだね。 流れ星も見れたことだし」 メタモン「乗せていただいて感謝します」モゾモゾ ピカチュウ「どうして降りるの?」 メタモン「帰りは自分で戻れますから。 47 ID:z4RZwUJWO メタモン「……」 ピカチュウ「なんだか疲れちゃった。 ぼく、もう寝るね。 きみは?」 メタモン「わたしは……」 ピカチュウ「寝るなら一緒に寝ようよ。 86 ID:z4RZwUJWO メタモン「ピカチュウさん。 わたし今、メスのあなたに姿をかえました……」 ピカチュウ「う、うん。 昼間も見せてもらったし、いまさら驚かないけど……」 メタモン「メスに化けたんですよメスに。 あなたにとっては異性なんですよ……?」 ピカチュウ「え、でもきみ、元々性別ないんじゃ……」 メタモン「でも今は立派なメスのピカチュウです。 ……ピカチュウさん、この姿を見てなんとも思わないんですか?」 ピカチュウ「さっきからなにが言いたいのさ。 35 ID:z4RZwUJWO メタモン「他になにか……感じませんか?」 ピカチュウ「他って言われても……」 ピカチュウ(珍しく口数が多くなったと思ったらいきなり質問責めされるし……。 一体どうしたんだろう……?) ピカチュウ「……」 メタモン「……」 メタモン「……ごめんなさい。 純真なピカチュウさんにできるわけないですよね……。 58 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(メタモンちゃん、身体がふるえてる……。 どういうことなの? ぼく、ワケがわからないよ……) ピカチュウ「……」 ピカチュウ(無理にこっちに誘わない方がいいのかな) ピカチュウ「……おやすみ、メタモンちゃん。 よく寝たぁ。 59 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「ね、寝相悪いんだね」 メタモン「はい?……あっ!」ガバッ メタモン「ご、ごめんなさい。 つい出来心で……」 ピカチュウ「別にいいけどどいてもらってもいいかな?起きあがりにくくて」 メタモン「はい……」モゾモゾモゾ メタモン「ごめんなさい……ほんとにごめんなさい……どうか許してください……」 ピカチュウ「怒ってないって。 45 ID:z4RZwUJWO 育てやの爺「おー、お前さんたち仲がええのう」ガラガラ 育てやの爺「メタモンよ。 トレーナーがお呼びじゃ。 一緒にきてくれんかの」 メタモン「!!」 ピカチュウ「どうしたの?」ヒソヒソ メタモン「ああぁっ……」ブルブル ピカチュウ「メタモンちゃん……?」 育てやの爺「早くきてくれ。 19 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(ニンゲンがきたってことは様子でも見にきたのかな。 でもなんでメタモンちゃんだけ?ぼくは?) ピカチュウ(そうだ。 庭から見えるかも。 06 ID:z4RZwUJWO 育てやの爺「おぬしも大変じゃのう……」ガラガラ メタモン「……」モゾモゾモゾ ピカチュウ「や、やあ。 おそかったね」ニコッ メタモン「……」 育てやの爺「ピカチュウよ。 05 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(こんな時なのに催してきちゃった……)ソワソワ ピカチュウ「ちょっとオシッコしてくるね」 メタモン「……」 ピカチュウ「じゃ、じゃあまたあとでね」タッタッタッ ピカチュウ(もれるもれる)ガサゴソ ピカチュウ(はぁっ、危なかったぁ。 44 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「……」チーーーーー ピカチュウ(メタモンちゃん、叱られて相当参ってるみたい。 でもメタモンちゃんが怒鳴られる意味が本当にわからない。 あのコがなにをしたっていうの?)チーーーーー ピカチュウ(今、ぼくがメタモンちゃんにしてあげられることはなんだろう……)チーーーーー ピカチュウ「……」チーーーーー ピカチュウ「……なんとかして元気づけてあげなくちゃ。 昨日の夜は少しずつぼくに心を開いてくれたんだ。 ここまできて夜までずっと沈黙なんて嫌だし。 06 ID:z4RZwUJWO メタモン「……遊びたかったらピカチュウさんだけ遊んでください。 わたしは結構です……」 ピカチュウ「そんなこと言わないで、ねっ? あ、そうだ。 昨日遊んでくれたお礼に今日はぼくがメタモンちゃんの遊びに付き合うよ。 約束は守らないとね」 メタモン「ピカチュウさん、どうかわたしのことはほっといてください……」 ピカチュウ「しょげ返ってる姿を目の当たりにして、そんな薄情なことできるわけないじゃない。 ぼく、なにかしてあげたいんだ。 きみに。 19 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「じっとしてるよりは絶対にいいと思うの。 だから、ねっ?一緒に遊ぼ」ニッコリ メタモン「ピカチュウさぁん……」ウルウル ピカチュウ「なにして遊ぼっか?きみが決めていいよ」 メタモン「わたしが……?」 ピカチュウ「うん。 なんでもいいよ。 43 ID:z4RZwUJWO メタモン「本当に、わたしが決めてもいいんですか……?」 ピカチュウ「うん」 メタモン「……ピカチュウさん、怒ったり軽蔑しないって約束してもらえますか?」 ピカチュウ「もちろん。 93 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「こ、子作り?小突きあいじゃなくて?」 メタモン「ち、ちがいます……。 今日こそやらないとまたご主人様に殴られます……」ビクビク ピカチュウ「メタモンちゃん。 よくわからないんだけど……子作りってなに?」 メタモン「……そのままの意味です。 12 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(ますます意味不明になってきちゃった……) ピカチュウ「で、でもさ、ぼく全然やり方しらないよ? そもそもどんな遊びすらもわかんないし」 メタモン「だ、大丈夫です。 99 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「ぼくにもできそうなの?」 メタモン「は、はい。 純情で純粋なピカチュウさんにこんなことをお願いするのはすごく気がひけるんですが……」 ピカチュウ(よっぽど危険な遊びなのかな……? でもなんでも付き合うって言っちゃったし、断りにくいよね……) ピカチュウ「ぼくにできることならやるけど……」 メタモン「すみません、ごめんなさい。 ほんとにごめんなさい……」 ピカチュウ「ううん。 61 ID:z4RZwUJWO メタモン「は、はい。 えっとですね……」オドオド メタモン「結論から言いますね。 今からわたしとピカチュウさんがあることをして……タマゴを作ります。 12 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「つまり、ぼくがきみとタマゴを作るの」 メタモン「はい……」 ピカチュウ「えっ、でもどうやって作るの?なにか道具を使うとか?」キョロキョロ メタモン「道具はいりません。 ただですね……」オドオド ピカチュウ(そんなに難しいのかな。 56 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(子となるもと?ピチュー?メタモンちゃんがタマゴを産む?) ピカチュウ「???」 メタモン「い、嫌ならいいです。 わたしが体罰を受ければすむ話ですし……」 ピカチュウ「う、ううん、嫌じゃないよ。 ただ、難しい話だから頭がこんがらがっちゃって……」 メタモン「わたしもこうして1から説明したのはピカチュウさんが初めてです……。 18 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(全然理解できてないけどやるしかないよね。 ここで拒否したらぼくのせいでメタモンちゃんが……) ピカチュウ「わかった、メタモンちゃん。 協力するよ、ぼく」 メタモン「ほ、ほんとですか?」 ピカチュウ「うん。 でもぼく、タマゴのことはなにも知識がないの。 だからメタモンちゃん、ゆっくり丁寧に教えてくれる?」 メタモン「は、はい。 がんばります。 ピカチュウさん、ほんとにありがとうございます……ごめんなさい……」 ピカチュウ「謝らなくていいってば。 97 ID:z4RZwUJWO メタモン「ピ、ピカチュウさん、1つだけ質問させてくださいね……」 ピカチュウ「うん、いいよ」 メタモン「ありがとうございます。 ピカチュウさん、最近なにか身体に異変など……あったりしました?」 ピカチュウ「異変?」 メタモン「はい……」 ピカチュウ「ちょっと待ってね。 ……うーん、特にかわったところはないよ。 正常だと思う」 メタモン「わ、わかりました」 ピカチュウ「メタモンちゃん、早くやろうよ」 メタモン「え、ええ。 74 ID:z4RZwUJWO メタモン「ピカチュウさん、足を広げて……座ってもらえますか?」 ピカチュウ「うん。 こう?」 メタモン「は、はい。 一応へんしんしておきます……」ドロォ ピカチュウ「あっ、ぼくの女の子バージョン?」 メタモン「こっちの方がピカチュウさんも抵抗ないと思いますので……」 ピカチュウ「? ぼくはこのままでいいの?」 メタモン「は、はい。 25 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ「な、なにしてるの?離してよ」 メタモン「あっ……痛い…ですか?」 ピカチュウ「そうじゃないけど……いきなりすぎて恥ずかしいよ……」 メタモン「ピカチュウさん、初めてなんですね。 29 ID:z4RZwUJWO ピカチュウ(やだぁ、恥ずかしい……) メタモン「わたしにはない香りを持ってるんですね……」クンクン ピカチュウ「い、嫌だぁ……」 メタモン「お日様の香り……ポケモンらしい毛皮の香り……。 41 ID:z4RZwUJWO メタモン「……初めてです。 こんな気持ちになったのは」 ピカチュウ「……?」 メタモン「わたし、今までは仕方なくというか、無理矢理させられてばかりで愛情なんて少しも感じたことがなかったのに……」 メタモン「……わたし、もっとピカチュウさんとエッチがしたい、もっとピカチュウさんと触れ合いたいです」 ピカチュウ「メタモンちゃん……?」 メタモン「あなたが初めてです。 わたしをこんな気持ちにさせてくれたのは。 67 ID:z4RZwUJWO メタモン「わたし……こんなに積極的になれたのは今回が生まれて初めてです……。 好きです、ピカチュウさん……」ギュッ ピカチュウ「ど、どうしたの急に」 メタモン「わたし……がんばります。 ピカチュウさんのために……精一杯がんばってみせます……」ニコッ ピカチュウ「!!」 ピカチュウ(わ、笑った。 メタモンちゃんが笑った……。 70 ID:z4RZwUJWO メタモン「いきますよ、ピカチュウさん」パクッ ピカチュウ「ぁっ……!」 メタモン「やわらかくておいしい……」ジュルジュル ピカチュウ「やぁんっ……そんなとこ、舐めないでよぉ……」 メタモン「あっ……ピカチュウさん、もしかして……」ニギッ ピカチュウ「ふあぁっ……」 メタモン「やっぱり。 シッポが敏感なんですね。 性感帯って言った方が正しいんですかね……?」ジュルジュル ピカチュウ「なに…言ってるのぉ……。 なに?この気持ちは……)ムクムクムク ピカチュウ「!!」 メタモン「うれしい。 08 ID:z4RZwUJWO メタモン「……」ジュルジュル ピカチュウ「っ……!」ジタバタ メタモン「かわいい……」チュッ チューーーー ピカチュウ「ひぅっ……!」 尖端に口づけされて敏感に反応するピカチュウ。 76 ID:z4RZwUJWO メタモン「わたし……もっとピカチュウさんの味を堪能したいです……」 ピカチュウ「ぼくの味……?」 メタモン「もしダメって言われてもわたし、やります……」 ピカチュウ(メ、メタモンちゃんの眼がこわい……。 32 ID:z4RZwUJWO メタモン「『ぼくにできることならなんでも』って言ってくれたじゃないですか……」 ピカチュウ「わ、わかったよぉ。 75 ID:z4RZwUJWO メタモン「だ、大丈夫ですか……?」 ピカチュウ「おしりの穴舐められて平気なポケモンがどこにいるの!」 メタモン「……わたしは奉仕するのは慣れっこですから」ペロペロペロ ピカチュウ「ぁっ、やあぁっ、ふあああぁぁん……」 メタモン「すごくかわいいです、ピカチュウさん……」ペロペロペロ ピカチュウ「ダメ…だよぉ……」グググッ ピカチュウ(くすぐったくて力が出ない……。 84 ID:z4RZwUJWO メタモン「もっと聞きたいです……」ジュルジュル ピカチュウ「ひゃああぁっ……」 すぐ上にある陰嚢をしゃぶられて声を抑えられない。 96 ID:z4RZwUJWO メタモン「ピカチュウさん、わたし……エッチをするのがこんなに楽しく感じるのは今まで一度もありませんでした。 あなたに出会えてよかった……」ニュプッ ピカチュウ「ぁっ……」 小さな指がピカチュウのおしりの穴を刺激する。 13 ID:z4RZwUJWO メタモン「あっ……抜いてって指のことだったんですか……? ご、ごめんなさい、てっきりあっちの方かと……」ニュプッニュプッ 申し訳なさそうに謝るメタモンだが、穴にインサートした指の前後運動は休まず続けている。 ピカチュウ「!!」 ピカチュウ(な、なんかやばいよ。 37 ID:z4RZwUJWO メタモン「ほ、ほんとですか?」 ピカチュウ「……」コクッコクッ ピカチュウ「だから早く……」 メタモン「わ、わかりました。 今度は最後までちゃんとやります……」ジュルジュル ピカチュウ「ちょっ……!ち、ちがうってばあ!」ジタバタ メタモン「……大丈夫です。 ポンプのようにドピュッドピュッと飛び出した液体は、メタモンの咥内を何度も叩きつける。 思いっきり出た感じだったし。 あれっ?じゃあ出たのは一体……) ピカチュウ「メ、メタモンちゃん……」ビクビク メタモン「ピカチュウさん……相当興奮してたんですね」 ピカチュウ「えっ!?そ、そんなことないよ。 この白濁した液体が、ピカチュウさんの子種、つまりはタマゴを作るために欠かせないものです」 ピカチュウ「子種……?」 メタモン「はい。 でも抑えられなくて……」 メタモン「だ、大丈夫です。 わたしが一方的にやったことですし……」ごっくん ピカチュウ「! ダメだよ飲みこんじゃ!」 メタモン「口に出されたのはきちんと飲むのがわたしの役目ですから……。 でも今回は……おいしくいただけました」 ピカチュウ「やめてよ……。 ただ、すごく恥ずかしかったかな……」 メタモン「そうですか……。 満足してもらえないなんてわたし、まだまだですね……。 ピカチュウさん、きてください」 ピカチュウ「……」ゴクリ メタモン「早く……」くぱぁ 姿をかえているメタモンはあらわになった女陰を指で広げ、ピカチュウを性の世界へと誘う。 やるからそんな眼で見ないで……」 メタモン「では……」くぱぁ ピカチュウ(メタモンちゃんってぼくとちがって大胆だなぁ。 ああ見えて実は結構心がしっかりしてるのかもしれないね。 なんかドキドキするよ」 メタモン「ピカチュウさんの思うようにしてみてください」 ピカチュウ(そう言われてもなぁ……。 なんにもにおわないよ。 無臭だよ」クンクン ピカチュウ「メタモンちゃんこそぼくのにおい嗅いでたけど……ほんとは臭かったでしょ?」 メタモン「とんでもない。 言ったじゃないですか。 メタモン「あぁっ……」 ピカチュウ(な、なにこれ。 心行くまで愛撫してください……」 ピカチュウ「じゃあちょっとだけ……」 ピカチュウ(んっ?この突起物はなんだろう?)クリッ メタモン「ぁんっ!」ビクッ! ピカチュウ「あっ!ご、ごめん。 下にあるこっちの穴って、ひょっとしておしりの穴?」 メタモン「は、はい……」 ピカチュウ「……」 ピカチュウ(さっきされたお返ししちゃえ)ズブリ ピカチュウは淫らな穴に指を突っこんだ。 メタモン「っ……!」 ピカチュウ(うわぁっ。 興奮してるのかな、ぼく) ピカチュウ「メタモンちゃん。 ぼくもやりたい」 メタモン「なにをですか……?」 ピカチュウ「きみがやってたこと。 ピカチュウ「メタモンちゃん……」ペロペロペロ メタモン「ぁっ、くうっ……やあぁんっ……!」 ピカチュウ(あっ、ぼくが出した液が塗られてたんだっけ。 えへへっ」 メタモン「と、途中でやめないでください……」 ピカチュウ「うん、わかった。 もっとメタモンちゃんの声を聞きたい」 満面の笑みを浮かべるピカチュウ。 おしりの穴に黄色い指を出し入れしながら舌先で膣口を重点的に攻める。 分泌される淫汁がピカチュウの唾液と混じり、膣からとろとろと流れる。 ピカチュウ(すごいなぁ。 どんどん出てくる)ペロリ ピカチュウ(……あまいミツみたい。 無臭なのに味がする。 興奮してるのかな……? ボッキってこのことをいうの?」 メタモン「おそらく……。 すごく見たいです……」ゴクリ ピカチュウ「うん。 サンドとかサンドパンみたいな手だとこういうことできないもんね。 まぁでも……指があるせいでぼくにへんしんしたメタモンちゃんにおしりいじめられたんだけど……)ホジホジ チューーー メタモン「ぁひっ……!」ドロオォ ピカチュウ「あっ……」 メタモン「す、すみません。 つい気が緩んでしまいました……。 せっかくだからきみの中、いじってみたい」グニュグニュ メタモン「くすぐったい……」 ピカチュウ「柔らかいなぁ。 でも気持ちよさそうに眠ってるあなたの寝顔を見てたら良心が痛んで……」 ピカチュウ「……」 メタモン「……危うく取り返しのつかない事態を招くところでしたが、わたしに何度も優しく接してくれたピカチュウさんを思い出して、 なんとか踏みとどまることができました」 ピカチュウ「そうだったんだ……。 でも、それならどうしてぼくのそばで寝てたの?」 メタモン「眠気に襲われてしまいましてつい、そのまま……。 ですが、純潔のピカチュウさんを汚さずにすんてよかったです。 きみが飼い主のニンゲンに暴行されてたこと……」 メタモン「いいんです。 わたしでよかったらいくらでも奉仕します」モゾモゾモゾ ピカチュウ「よかったぁ。 拒絶されたらどうしようかと思っちゃった」 メタモン「わたしが断るわけないじゃないですか。 ピカチュウさんのならむしろ喜んで……。 ぼく、ありのままのメタモンちゃんにやってほしい」 メタモン「ピカチュウさん……!」 ピカチュウ「メタモンちゃん、おくちあけてくれる?」ドキドキ メタモン「は、はい。 どうぞ。 メタモン「おいしそう……」ジュルリ ピカチュウ「きて。 ピカチュウ「はぁーっ、気持ちいい……」 快感に酔いしれるピカチュウは思わず声をもらす。 メタモンの丁寧な前戯はその後もしばらく続いた。 なあに?」 メタモン「いよいよこの時がきました……」 ピカチュウ「?」 メタモン「ここまできたらわたし……もう引き下がりません。 最後までやりたいんです」 ピカチュウ(メタモンちゃんの中…かぁ。 わたしの身体、すごく柔軟性がありますから少しずつなら痛みも感じないと思います」 ピカチュウ「わ、わかった。 メタモン「わたしたち……やっと1つになれましたね」 ピカチュウ(気持ちいい……。 メタモンの体内で激しく前後する幼茎からグチュグチュと卑猥な音がたつ。 メタモン「ピカチュウさんと出会って考え方が一転しました。 ピカチュウ(あぁもう無理……。 メタモン「……」ムギュッ ピカチュウ「あひぃっ……!」 液体を注がれたメタモンの体内は、受け入れた性器から一滴残さず子種を搾りあげていた。 いいんです、これで。 まぁ……ご主人様に渡すはめになってしまうのが残念でならないのですが……」 ピカチュウ(こどものぼくがタマゴを作る手助けをしたなんて、なんか変な感じ) メタモン「……とりあえず身体洗いましょうか。 今日のピカチュウさんとのことは深く胸に刻んで、これからもがんばります。 本当に……本当に心から感謝してます」 ピカチュウ「ぼく、なにかメタモンちゃんのためになること、できたかな……?」 メタモン「はい。 またいつかやりたいな、メタモンちゃんと子作り」 メタモン「ええ。 そんなことより、お前さんたちに朗報じゃ」 ピカチュウ(朗報?) 育てやの爺「おぬしらの飼い主であるトレーナーがの、しばらく長旅に出るそうじゃ。 じゃから『もうしばらく預かっててほしい』とのことじゃ。 お前さんたちはすごく仲がいいようじゃしな」ニヤリ ピカチュウ(ってことは、もうしばらくはメタモンちゃんと一緒にいれるんだ……) 育てやの爺「では、確かに伝えたぞ。 ゆっくりしていきなさいよ。 読んでくれた人、保守・支援してくれた人ありがとうございました。

次の