頭痛 体 が だるい 熱 は ない。 寒気がするのに熱はない!考えられる2つの原因

体温が低い原因とは?頭痛や吐き気が起こる?病気の可能性は?だるい

頭痛 体 が だるい 熱 は ない

熱っぽいのに熱がない、どうしたら治るだろう と考える人は多いと思います。 ただ、そういう場合は何が原因でそうなっているのかある程度把握していないと、対処するのは難しいのです。 まず自分はどれに当てはまっているのか見て考えていきましょう。 花粉症などのアレルギー まずはアレルギーです。 食物アレルギーや、花粉症などに罹っていると、熱がなくても熱っぽい症状が出る場合があります。 何かを食べたり、ある時期になると熱っぽいのに熱がなかったり、だるかったり、そんな症状が出ていた覚えはありませんか?くしゃみや鼻水、花粉症なら目なんかも痒くなる場合があります。 私も花粉症の時期がくると、だるくて熱っぽくなります。 くしゃみや鼻水も風邪の前兆のようで、結構だるいんですよね。 体を冷やし過ぎている 夏場などで部屋を涼しくしたり、冷たい物を多く食べたりすると、自律神経が乱れて体が冷えすぎてしまうことがあるようです。 その際にだるくなったり、熱っぽく感じます。 また、 汗をかいたことで普段よりも体温が低くなることもあります。 冷えというのは自分では気付かないことがあります。 冷えた部屋でなんだかだるくて熱っぽいからと、体をさらに冷やそうとしないようにしましょう。 自律神経失調症 上記に書きました、体を冷やすのとはまた違い、 日頃のストレスや睡眠不足、運動不足や過度なダイエットで生活習慣が乱れると自律神経に乱れが出てしまうことがあります。 もっというと 自律神経の交換神経と副交感神経のバランスが崩れてしまっているのです。 自律神経のバランスが崩れると、体が火照ったり、逆に熱をあまり生み出さなくなることもあります。 また、 血液の循環に障害が起こるため、肩こり、頭痛、腰痛、消化不良なども引き起こることがあるのです。 交感神経と副交感神経とは ・交感神経は、心身を緊張させて、興奮状態に導きます ・副交感神経は、心身をリラックスさせて鎮静状態に導きます 自律神経は血管や内臓の働きを支配しておりますので、この二つの役割がバランスよくあることが理想的なんです。 よくテレビで言われる 自律神経の乱れとは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れたことをさします。 風邪のひき始め 熱っぽいのに熱がない、しかしそれは 後から熱が上がっていく可能性があります。 体調を崩しかけているということです。 体がだるく感じたり、熱っぽいのにまだ熱がなかったりします。 こういう場合は 体を早めに休めるのが一番なのですが、忙しいとなかなかそうもいかないですよね。 熱っぽいのに熱がない時の対処法 ある程度原因はわかりましたね。 後はそれに対処するだけです。 自分の体のことですので、知っておいて損はないですよ。 自分の身体を守れるのは自分だけですからね、それをしっかり意識して対処していきましょう。 アレルギーを予防する アレルギーだとわかっているのなら、予防しましょう。 食物アレルギーの方はそれを食べないようにする。 花粉症の方はマスクなどをつけたり、抑えておく薬を飲んでおくなどしましょう。 予防をすることで、治るとはいかずとも酷くなることはないでしょう。 しかしアレルギーなのかわからない、そういうこともあるでしょう。 私も具合が悪くなることがあったけれど、アレルギーだと気付かなかったことがあります。 そういう場合は、 病院でアレルギー検査をして調べると良いでしょう。 ただしこのアレルギー検査、血液検査の場合は注射で血液とるので注射嫌いな人は心構えをしておいた方が良いです。 また、 私が行った病院では平日の朝でないとアレルギー検査はできませんでした。 理由はその日に回収車へ渡さなきゃいけないからだそうです。 しかも、アレルギー検査は アレルギー反応が起こっていない状態では保険適用外になり、全額負担になります。 本人にアレルギー症状の自覚があった時だけ、保険適用内になるので、調べるだけでは金額が高くなっています。 ですが、 一回やってしまえば様々なアレルギーの結果が出ます。 気になる方は、一度やってみても良いでしょう。 またあらかじめなんとなくわかっている人も、検査して改めて確認しておくのも良いです。 他のアレルギーもあるかもしれませんからね。 ・お風呂にゆっくりと浸かる ・アロマキャンドルを焚く ・マッサージをする、またはしてもらう ・絵や写真を鑑賞して心を落ち着かせる ・リラックスできる音楽を聴く ・自然が多いところでの散歩 上記のことを意識していくと良いでしょう。 そんな時間がないのなら、 一度深呼吸をして心を落ち着かせるだけでも断然違います。 ただし、 コーヒーなどカフェインが含まれるものは、自律神経を乱してしまうのであまりオススメできません。 また、SNSや動画、スマホやパソコンなどの電気機器はブルーライトを発しています。 これを見続けると交感神経を強めてしまうので、リラックスしたいときに見るのは控えましょう。 逆に、 副交感神経が優位になりすぎることもあります。 その場合は 軽く運動をすると、交感神経の働きを強めることができます。 適度な疲労感の後、ぐっすりと眠れば程よく自律神経のバランスをとることができるようになっていきます。 これらのことを続けていっても治らないのであれば、一度生活習慣の見直しをしていくと良いですね。 早寝早起き、朝昼晩の三食を決まった時間に食べるのは、とても大切なことです。 以上のことを心掛けるようにしましょう。 熱を下げる準備をしておく 風邪のひき始め、熱が上がっていくとわかっているのなら、熱を下げる準備をしておくと良いでしょう。 心構えと準備をしておけば、熱を出してもゆっくり休めます。 薬だけに頼るのではなく、レトルトのお粥を買っておくとか、冷えピタやスポーツドリンクを揃えておくと良いでしょう。 風邪はほとんどがウイルス性です。 ウイルスに効く薬は少なく、風邪薬も熱や喉の痛み、鼻水を和らげる働きをします。 薬を飲んだ方が楽になりますが、原因のウイルスそのものをやっつけてくれるわけではありません。 最後には自分の免疫力でウイルスと戦うしかないのです。 私がよくやるのは、 お風呂にゆっくり浸かって体を温めることです。 風邪のひき始めで、まだ体がそこまで辛くないのならオススメします。 理由として熱が上がるのは、体温を上げて免疫を活性化させてウイルスを排除するためです。 そのため 熱の上がり始めなど寒く感じるのは、もっと体温を上げようとしているからです。 体がまだ辛くないうちは、お風呂に浸かって体温を上げるのが良いのです。 ただし 動けない、そこまでの体力がないと思ったら無理せず、食べ物や飲み物、温かい格好や布団にくるまるなどして体を温めるようにしましょう。 その他に考えられる対処法 どれも当てはまらなかったし、それはもうやっている。 他の様々なサイトを見てもわからない。 というのであれば、病院で診てもらいましょう。 このまま見当違いのことをやるよりは、確実です。 放っておいても治る可能性もありますが、治らないことの方が多いのです。

次の

熱中症 翌日に症状がでると危険?熱、吐き気、だるい時の対処は?

頭痛 体 が だるい 熱 は ない

体のだるさというものは、誰でも感じたことがあるはずです。 2、3日の休養で回復するようであればほとんどの場合、心配することはありません。 しかし、休養してもだるい、激しい運動をしたわけではないのに体がだるい、という時は、さまざまな病気の前ぶれであることがあります。 医師の診察を受け、原因を解明することが大切です。 「だるい」の原因はさまざま 過度な運動や労働など、体を使いすぎた後に起こるだるさ 2~3日の休養で回復するのが特徴です。 心配することはありませんが、ゆっくり休むことが大切です。 何もする気になれないだるさ 例えば、本を読んだり、テレビを見たりすることすらおっくうになってしまうようなだるさはありますか? これは精神的な原因、つまりうつ状態にあるため起こるだるさと考えられています。 本人は本当にだるくてつらいのですが、他人にはやる気がないだけのようにみられがちなのが特徴です。 感染に伴うだるさ ちょっとした階段の昇り降りなどでもだるいと感じる場合があります。 このようなだるさは貧血や心臓病によるものだと考えられます。 貧血にはいろいろな種類がありますが、赤血球に含まれる血色素(ヘモグロビン)が足りなくなる貧血です。 血色素が不足すると、酸素が十分に運ばれなくなり、そのためいろいろな貧血症状が出てくるのです。 従って筋肉への酸素の供給が不足すると、思うように体が動かず、階段の昇り降りなどでもだるいと感じるのです。 また、中高年の場合は心筋症、弁膜症、心筋梗塞の前ぶれのこともあります。 血液を全身に循環させている心臓のポンプの能力が低下するために、だるく、体を動かすと息切れがします。 血液の成分変化によるだるさ 身の置きどころのないような、どうしようもないようなだるさであれば、肝臓病によるだるさでしょう。 肝臓は「沈黙の臓器」とよばれ、だるさが唯一の自覚症状といえます。 このサインを見逃さないようにしましょう。 従って血液中の成分に変化が生じ、その変化に伴って体のだるさが現れてきているといえるでしょう。 肝臓病のほかに、ある種の血圧降下剤や漢方薬を長期にわたってのみつづけてきたような場合も、血液中の成分に変化が起き、それによってだるさを生じることがあります。 薬の副作用によって、力を発揮したり筋肉が収縮するときに必要な血液成分であるカリウムやカルシウムが減少し、体にだるさを覚えます。 特に高齢者に起こりやすいので、日ごろから注意するようにしてください。 栄養の低下によるだるさ 食事によって摂取した栄養が体にうまく供給できないことがあります。 うまく供給できない理由としては、糖尿病やがんなどの病気にかかっていることが考えられます。 糖尿病では、摂取したエネルギー源が体内で活発に活動しないため、だるさを感じるのです。 これと同時に、喉が渇いたりやせたりするようなことがあったら、糖尿病を疑ってみましょう。 また、がんによる場合もあります。 これは、がん細胞が体内の栄養分を奪ってしまうために起こるだるさだといわれています。 だるい、という自覚症状ががんの早期発見にもつながる可能性がありますから、やはり注意が必要でしょう。 だるさを伴う病気としては他にもいくつかあります。 発熱を伴う場合 肺炎、膠原病(慢性関節リュウマチ)が考えられます。 食欲不振があるとき 胃がんの可能性もあります。 頭痛や肩こりがひどい時 疲れ目(眼精疲労)が原因です。 下半身のむくみが見られる場合 心臓の病気が考えられます。 顔やまぶたのむくみ 甲状腺機能低下症が考えられます。 40~50歳代の女性で 頭痛や肩こり、ほてりなどを伴う場合・・・更年期障害が考えられます。 休養しても回復しない時…病院で検査を受けよう だるい、と思ったら、まずは休んでみましょう。 2~3日の休養で治るようならば、過労やちょっとしたストレスによるところが多いようです。 しかし、休養してもだるさがとれず、チェックポイントに思い当たる点があれば、ただちに検査を受けましょう。 検査を受けるかどうかのポイントは次の点です。

次の

頭痛と関節痛が併発する原因は?熱なしの場合に考えられる病気は?

頭痛 体 が だるい 熱 は ない

発熱があるかどうか• 吐き気があるかどうか• 頭痛があるかどうか• 朝だけでなくだるさが1日中続く、またはずっと続く• だるさが耐え難い場合 病気の場合には発熱や吐き気、頭痛など症状が現れる場合や、だるさが朝だけではなく1日中続いたり、そのだるさが耐え難いほどのものであるなど、病気のサインが隠れています。 まずは病気なのかどうかを判断して、病気である可能性がある方は医療機関を受診するようにしましょう。 朝から体がだるい4つの原因と対処法とは? 朝から体がだるいと感じるのには実にさまざまな原因があります。 しかしそのほとんどが、病気を除けば、何らかの原因によって睡眠の質が低下したこと、または偏った食生活が最大の原因です。 睡眠は非常にデリケートなものなので、毎日の食生活や生活リズムなどによってすぐに質が落ちてしまいます。 その結果朝にだるいと感じてしまったり、体が重く感じてしまったりします。 まずは一体どのようなことが私達の睡眠の質を低下させているのか、主な6つの原因とその対処法ををご紹介いたします。 みなさん自身の日々の生活と照らし合わせながら見てみてください。 【原因1】食生活の乱れ 体のだるさに大きく関係するのが食生活の乱れです。 インスタント食品やレトルト食品、ファーストフードなどばかり食べていたり、スナック菓子や炭酸飲料など間食が多かったりすると、栄養バランスが偏り、体にさらまざまな影響を及ぼしてしまいます。 「栄養バランスが乱れていますよ」という1つのサインが「体のだるさ」なのです。 食生活の乱れは不足、と過剰摂取の2つに分けることができます。 では、一体どのような栄養素が不足しがちなのか、または過剰摂取しがちなのかを見ていきましょう。 現代人に不足しがちな栄養素 ビタミンB群、ビタミンC、ミネラル(鉄分・カルシウム・マグネシウムなど)など ビタミンは糖質をブドウ糖に分解する時に必要なビタミンB1などを始め、食事によって取った栄養素を体内に吸収しやすくしたり、免疫力を向上させ病気を予防したり、血液の流れをスムーズにしたり、人間が生命維持をする上で必要不可欠な栄養素です。 ビタミンが不足すると栄養素が吸収できなかったり、病気にかかりやすくなったり、何より体調不良を起こしやすくなり、体がだるいと感じてしまいます。 中でも現代人が過剰摂取しやすく、体がだるい原因となりやすいものが、炭水化物や甘いものに多く含まれる「糖質」、コーヒーに多く含まれる「カフェイン」、「アルコール」です。 また栄養素ではありませんが、「水分」を積極的に取る人が少なくなっている昨今、「水分」も不足しやすいものの一つです。 糖質は、取ると元気になるため、体のだるさを甘いものをはじめ糖質の摂取によって乗り切ろうとする人が多いと思います。 しかし、摂取しすぎると血糖値が急激に上がり、そこからインスリンが大量分泌されるため、一気に血糖値が乱高下します。 これにより体のだるさや急激な眠気を感じることがあるのです。 また、糖質が体内に吸収されるためには「ブドウ糖」に分解しなければなりません。 その際に多くのビタミンB群を使ってしまうため、ビタミン不足になりやすくなります。 そのため、適度な糖質を取る分には問題ありませんが、とりすぎには注意するようにしましょう。 また、血液やリンパ液がさらさらとスムーズに流れるのも水分のおかげです。 例えば血液の半分は血漿(けっしょう)と呼ばれる液体で出来ており、そのほとんどが水分によって出来ています。 この水分が不足してしまうと、血液やリンパ液がどろどろになり、血行やリンパ液の流れが悪くなってしまいます。 結果として体中がだるくなったり、むくみやすくなったり、体中がこりやすくなってしまいます。 そのため、毎日積極的に水分を取っていくことが大切です。 入眠時間と起床時間を一定にする• 朝起きたら朝日を浴びる この二点を徹底し、自分自身の生活リズムをしっかり守るようにしましょう。 【原因3】過度なストレス ストレスは睡眠に大きな影響を及ぼします。 なぜなら、強いストレスを受けると脳はさまざまな事を考えます。 そのため興奮ホルモンであるノルアドレナリンやドーパミンが分泌されやすく、覚醒状態が続きます。 結果として覚醒状態にあるため眠れなかったり、眠りについたとしても質の高い睡眠が取れずに次の日に体のだるさや重さを感じてしまいやすくなります。 この過度なストレスが続くと「うつ病」や「自律神経失調症」などの原因になってしまうため、心身共に体を休める意味でも、会社を休んで長時間の睡眠を取ることで解消される場合があります。 寝付けないからと言って寝酒をするのは逆効果になるので、絶対にやめましょう。 【原因4】病気 体のだるさを感じてしまうのは「食生活の乱れ」や「生活リズムの乱れ」「過度なストレス」だけではありません。 何らかの病気が原因で朝に体がだるいと感じる可能性もあります。 しかし、ほとんどの病気は、先程ご紹介したとおり、発熱や頭痛、吐き気、めまいなどの症状を伴ったり、だるさが朝だけではなく1日中、または毎日続いたりします。 また、体のだるさがひどくて耐え難い場合なども病気が原因かもしれません。 このように少しでも異常を感じたら、自分自身で「これは大丈夫」と判断するのではなく、医療機関を受診するようにしましょう。 では、一体どのような病気が朝に体のだるさをもたらす原因となりうるのでしょうか。 ここでは朝に体のだるさを感じる主な病気をご紹介いたします。 低血圧・低体温 よく「私低血圧だから、朝が弱いんだよね…」と言う人がいると思います。 低血圧であるということは、それだけ血液を体内に送る力が弱いということです。 そのため低血圧の人は血行が悪くなりやすく、冷え症などにより、体温が一般平均体温よりも低くなります。 そのため低血圧の人は低体温になりやすく、さらには一般の人よりも起床時に交感神経が作用しにくくなるため、朝にだるさを感じやすくなってしまいます。 また、低体温であるが故に、起床時に代謝がなかなか上がらず体内でエネルギーが生まれにくくなります。 それにより、起床してから活力が湧かず、体がだるく感じてしまいやすくなるのです。 低血圧や低体温になってしまう根本的な原因は運動不足や不規則な生活リズムや食生活などが挙げられます。 また、次のような対策を取ることで改善が期待できますので、ぜひ試してみてください。 朝食をきちんと取る 朝に食欲が湧かないことから、栄養バランスが乱れやすいため、しっかりと朝食を取るように心がける。 精神疾患 「うつ病」や「自律神経失調症」を患うと、「早く目覚めてしまった」「なかなか寝付けない」はたまた「寝すぎてしまう」など、さまざまな睡眠障害を誘発してしまいます。 結果として睡眠不足になってしまったり、寝すぎて逆に体がだるくなってしまったり、質の良い睡眠を取りにくい状態になってしまいます。 最近では、普段は健康な人であっても1ヶ月にある一定期間だけ体のだるさが取れずに、長時間寝続けてしまったりする「非定型うつ病」というものも話題となっています。 このような精神疾患の疑いがある場合には、長時間の睡眠を取ったり、さらに「何もしない」ことが特に重要です。 また、ただ寝るだけではなく、体をリラックスさせたり、「何もしていない」自分を認めてあげるなど、精神の安定を図りながら質の高い睡眠をいかに取るかが重要です。 更年期障害 更年期障害は、女性は40代後半〜50代前半、男性は45歳〜50代前後の時期に現れるさまざまな障害のことです。 だるさや肩こり、動悸、疲れやすいなど、さまざまな障害が現れます。 その一つの原因が「筋力低下」と「ホルモンバランスの変化」です。 筋力低下により、体中の血行が悪くなり、それが原因で朝になると体がだるい、特に足がだるいと感じてしまう方が多いようです。 また、女性の場合には更年期に女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が少なくなるため、自律神経が乱れてきます。 自律神経と睡眠には密接な関わりがあり、朝スッキリと目覚めるためには、副交感神経が優位な状態から、早く交感神経が優位な状態になり、覚醒する必要があります。 その自律神経が乱れてしまうため、その切替が上手くいかずに、朝にだるいと感じてしまうのです。 このような、加齢による更年期障害により、朝から体がだるいと感じてしまいやすい方も多いようです。 糖尿病 糖尿病は非常に症状がわかりづらい病気として知られています。 その中で1つ大きな症状として挙げられるのが「体のだるさ」です。 特に朝や起床時に体がだるくてしかたがない状態が続いている場合には、糖尿病を疑った方がいいかもしれません。 糖尿病はいわゆる糖質の取り過ぎによって、血糖値が異常に上昇する状態を続けた場合に起こる病気です。 通常は食事をすると血糖値が上がり、インスリンが分泌されることにより血糖値が下がります。 しかし血糖値の異常な上昇を繰り返していると、次第にインスリンによって血糖値を下げる働きが弱くなり、血糖値が下がりにくい状態になってしまいます。 人間は血糖値が上がった状態では「体のだるさ」を感じるように出来ているため、糖尿病の人は常に体のだるさを感じるようになってしまいます。 また、体がだるいだけではなく、糖尿病には「喉が乾きやすい」「食べても痩せる」「トイレが近い」などの症状もあります。 規則正しい生活リズムや食生活を送っているにもかかわらず朝方にだるくてしかたがない、また食べても食べても痩せてしまうという症状がある人は、一度医療機関を受診してみたほうが良いかもしれません。 まとめ ご紹介したように、朝からの体のだるさは「食生活の乱れ」「生活リズムの乱れ」が原因で起こるだけではなく、糖尿病や更年期障害など重大な病気のサインである可能性もあります。 まだここでご紹介した以外にも体のだるさを伴う病気はたくさんあります。 このような病気の可能性をしっかりと見極めながら、もし病気かなと感じたらすぐに医療機関を受診するようにしましょう。

次の