アメリカコロナ。 米国でコロナウイルスの検査に行ったら35万円。請求額に息も絶え絶え

アメリカで学生が「新型コロナパーティー」。最初に感染した人が賞金を獲得するルールだった

アメリカコロナ

ハリウッドのコロナパニックの幕開けがトム・ハンクス夫妻とは、何とも妙な巡り合わせだ(写真:Axelle/Bauer-Griffin/GettyImages) ウイルスは、差別をしない。 金持ちでも、有名人でも、「最もナイスな人」でも、完璧に避けるのは不可能だ。 トム・ハンクス夫妻のコロナ感染発表は、そんな当たり前の現実をハリウッドに突きつけることになった。 ハンクス夫妻が感染を知ったのは、彼が新作の撮影準備をしていたオーストラリア。 彼のインスタグラム投稿によると、彼と妻リタ・ウィルソンは、「風邪をひいたようなだるさを感じた」ことから、「今の世界の状況を見ても正しいことをしよう」と、検査をしてもらった。 結果、陽性反応が出て、夫妻は指示に従い、隔離されることになったという。 ハンクスが撮影に入ろうとしていたのは、バズ・ラーマンが監督するエルビス・プレスリーの伝記映画。 これを受けて、製作配給のワーナー・ブラザースはすぐ、プロダクションの一時中止を決めた。 発覚までに何人のクルーやキャストがハンクスと接触をもったのかは、明らかにされていない。 ウィルソンも、つい最近、シドニーのオペラハウスやブリスベンのホテルで歌ったほか、インタビュー番組の出演でテレビ局を訪れている。 アメリカを襲う「コロナウイルス」 このニュースがテレビで流れる直前には、トランプ大統領がアメリカ国民に向けて生放送で新型コロナについてのスピーチを行っていた。 その中で、トランプはまだこれを「外国からのウイルス」と呼んでいたのだが、直後にアメリカで最も愛される俳優が真摯な告白をしたことで、そんなごまかしは一気にばれてしまった。 NBAは今シーズンの試合をすべてキャンセルする旨を伝えた(画像:NBAツイッター より) さらに、ほぼ時を同じくして、プロバスケットボールチーム、ユタ・ジャズに所属する選手の感染がわかり、NBAは今シーズンの試合をすべてキャンセルするという、大胆な決断をしたのである。 これはもう正真正銘、アメリカの問題。 誰もがたちまちそれを実感したのが、この瞬間だったのだ。 この急速な展開は、それまで様子見モードだったハリウッドを、突然、真っ青にした。

次の

米国でコロナウイルスの検査に行ったら35万円。請求額に息も絶え絶え

アメリカコロナ

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)のパンデミック(世界的な大流行)が続くなか、アメリカでは感染者の数が3万人を突破。 中国を除けば、イタリアに次いで2番目に多い数に達している。 本誌の計算では、アメリカの感染者数(または人口に対する感染者の割合)は今や、当初の感染拡大の中心地だった中国を上回る。 中国の人口はアメリカの5倍近いが、COVID-19の感染者数はアメリカの3倍強にとどまっている。 この数字はどのような意味を持つのだろうか? ジョンズ・ホプキンズ大学によれば、2019年12月に中国・湖北省の武漢市で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されて以降、世界全体ではこれまでに35万1731人の感染者が確認されている。 このうち人口14億人の中国では、3カ月間で8万1000人の感染が報告されており、3200人以上が死亡している。 それに比べて人口3億2900万人のアメリカでは、1月21日にワシントン州で初の感染者が確認されてから2カ月で、感染者の数は3万5241人に増加。 死亡した人の数は400人を超えている。 こうしたデータを早まって深読みすべきではないと専門家は指摘する。 国によって、検査率も感染拡大の進行度合いも異なるからだ。 サセックス大学グローバルヘルス政策センター所長のステファン・エルベ教授は、本誌にこう語った。 「異なる国同士の医療データを比較する上では注意が必要だ。 国によって新型コロナウイルスの検査をいつ、誰が、どのように行うかは大きく違う」 <検査能力の拡充が追いつかない> ともあれ、真っ先にCOVID-19が流行した中国では3月半ばに感染拡大のピークを迎え、18日には初めて、国内で発生した新たな感染例がゼロになったと発表された。 成功の要因は何か。 「幅広い、積極的かつ強制的なソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保、武漢の場合は都市封鎖)を行ったことが、中国の感染拡大の抑制に大きく貢献した」と、オックスフォード大学サイード・ビジネススクールのピーター・ドロバック博士(感染症と公衆衛生が専門)は言う。 「それだけではない。 大規模な検査の実施、感染経路の追跡、感染者の隔離に加えて、医療制度をかつてないほどに強化したことも、きわめて重要な意味を持った」 「こうした介入を行うのには社会的にも経済的にもかなりのコストがかかる。 だが今の中国や韓国を選ぶか、それとも今のイタリアを選ぶかと問われたら、大半の人は前者を選ぶだろう」とドロバックは言う。 対照的に、こうした措置を取っていないアメリカでは「急激に感染者数が増えている」と彼は言う。

次の

なぜアメリカは新型コロナの犠牲者が世界最多となったのか

アメリカコロナ

スミス氏らはここ数週間、学生や若者たちが、参加者が新型コロナウイルス陽性であることを知りながらパーティーを開いているということを耳にしていたという。 「最初は噂かと思っていました。 しかし調査をした結果、医師だけではなく州も同じ情報を共有していることが確認できました」と、スミス氏は説明する。 企画した学生は「新型コロナパーティー」をゲームとして開き、新型コロナ陽性者を意図的に招いてお互いに感染させようとしていた、とタスカルーサ市議会議員のソーニャ・マッキンストリー氏はに語っている。 「彼らはお金を賭け、そして新型コロナウイルスに感染しようとしました。 最初に感染した人がお金をもらうことになっていました。 考えられられないような行為です」 タスカルーサ市にはアラバマ大学を含めていくつかの学校があるが、パーティーを企画した学生がどの学校に通っているかは明らかになっていない。 州のによると、アラバマでこれまでに3万9604人の感染が確認され、961人が亡くなっている。 アメリカ全体での感染者はを超えている。 アラバマ州はで、新型コロナウイルスに感染した場合に14日間の自主隔離を義務付けており、違反した場合は軽犯罪に問われて最大500ドル(約5万3000円)の罰金が。 またタスカルーサ市は30日、公共の場ではマスクなどで顔を覆う条例を満場一致で。 パーティー参加者の中には、ウイルス拡散の目的を知らずに参加して、家族や友人を命の危険にさらしてしまった人もいるかもしれず、憤りを感じるとマッキンストリー氏は。

次の