パチンコ 借金 いくら。 借金っていくらからヤバいか、教えます

パチンコ/スロットの月平均負け額

パチンコ 借金 いくら

旦那が仕事中にパチンコ 大負けしてとうとう借金 旦那が仕事で出た後、午前中に家事に済ませ午後からたまにパチンコ屋に行ってました。 それも旦那に内緒だったので、勝っても負けても夕方には自宅に必ず帰っていました。 ある日、私は朝からパチンコ屋に出掛けたのですが、その日はかなり負けてしまったのです。 それまでも負けた時は貯金を使っていました。 負けては取り戻しに又パチンコ屋へ行く。 そんな事を繰り返しているうちに貯金は底をついてしまい、やっと私は我に返りました。 使ってしまった貯金は200万。 それも半年近くで消えてしまったのです。 旦那には絶対に言えず、車検代が必要になった時はかなり焦りました。 色々考えた私は、借金をするしかないと思いました。 主婦でも借りれる消費者金融を調べ、私は20万を即日キャッシングしました。 そして月々、1万円の返済をしていく事になりました。 パチンコで借金しても旦那にはばれないのか? パチンコ屋に通ってる事すら旦那に内緒にしていたし、貯金も使いこんだ事なんて口が避けても言えず、もちろん借金の事も内緒です。 生活費からやり繰りして返済するお金を用意しているので大変ですが、主婦の私でもお金を借りる事が出来たのは良かったと思います。 もしもあの時借りれなければ、車検代をどうする事も出来ず全部バレて離婚されていたかもしれません。 パチンコの事は反省していて、これからは地道に返済していき、パートに出て貯金を又コツコツ貯めるしかないと思いました。 夫婦でパチンコにハマって借金地獄 パチンコを初めてしばらくは勝っていることが多かったので生活費として利益が出ていました。 結婚し妊娠した為仕事もやめて暇な時間ができたので昼間にパチンコに行くようになりました。 旦那さんもパチンコをする人だったので、パチンコをすることに特に問題はなく仕事終わりの旦那さんも合流し一緒にするというのが日常になっていました。 一緒にできる事だったのもあり、旦那さんも消費者金融にかりてまでするようになり最初は少額でしたが、その借りたお金を返すためにパチンコで勝負という傾向になっていました。 当時最終的に300万円の借金になっていました。 今はパチンコも行きませんし、当時の借金も利息の払い過ぎという過払い請求により0です。 暇な時間があるということもパチンコへ行ってしまう原因 1000円だけとかいう気持ちで行き、1000円負けるともう1000円入れたらくるかもという気持ちから1000円のつもりが出るのを信じてお金を入れ続けてしまいます。 そうなると給料(生活費)に余裕がないのにお金をパチンコにつぎ込んでしまうため、生活費が減ってしまいます。 なんとか生活費を稼がないとという気持ちになりますが、所持金が無い為、借金をしてしまいます。 負けているというより取り戻さないとという気持ちとプラスにしないとという気持ちになります。 そして、暇な時間があるということもパチンコへ行ってしまう原因だと今は思います。 負け続けていても、たまに勝ってしまうのでその時の金額が10万円とは勝つとまた麻痺してしまってました。 勝った時の感覚があるので負けていてもまたいつか取り戻せると思いやり続け、負けで終わると最終的に損だと思ってしまっているところもありました 私は絶望の借金地獄の悩みから解放されました.

次の

妻がパチンコ・スロットで借金を作っていた!売春の可能性も?

パチンコ 借金 いくら

」 女性は美容関連にお金を使いますが、男性は趣味にお金を使う傾向があります。 友人が「毎月、3万円はゴルフに使っているせいで生活が苦しい」と言っているのを聞いて、趣味毎に必要となるお金と、最も金銭的負担の少ない趣味について考えてみました。 コインによっては1年で200倍以上に値上がり したり、とパチスロやパチンコより夢があり、億万長者も増えています。 光り続けるジャグラーの裏ものより面白い!?仮想通貨については、以下の記事が詳しいです。 パチンコ人口は、釣り人口も、ゴルフ人口も、それぞれ約1000万人もいるため、この3つの趣味にかかるお金について知っておくと、会話で役立ちますし、新たに趣味を始める場合の参考になりますし、また旦那や妻が、その趣味に「いくらお金を使っているか?」の参考になりそうですね。 パチンコをしている人は、1995年には2900万人もいたそうですが、現在では1000万人をきっているそうです。 それでも1000万人近くの人がパチンコをしているわけで、そう考えると多いですよね。 ちなみに、日本のランニング人口や登山・ハイキング人口は約1000万人ほどで、ダイビング人口は400〜500万人だそうです。 釣り人口やゴルフ人口も1000万人程度のようですね。 さて、パチンコやスロットと聞くと「ギャンブル。 お金がなくなる。 ギャンブル依存症になり借金ができる。 」という怖い危険なイメージがありますよね。 パチンコやパチスロをしている人と会話すると「1ヵ月で20万円負けた」とか「この前は1日で15万円勝った」とか聞きますし、パチンコをやらない人からすると「1日で、そんなにお金が動くなんて恐い。 危ない」と感じられますよね。 本当は、株やFXの方が「1日で1000万円失った」とか「3時間で4億円儲かった」とかもあるため、動く金額は、それら投資の方が大きいのですが・・。 では、いったい、パチンコやパチスロには、いくらくらいお金がかかるのでしょうか。 ギャンブルだから運次第?いいや、そんなことはありません。 完全に運任せのギャンブルであれば、運が良いお客さんが多いパチンコ屋さんは赤字で潰れてしまいます。 でも、そんなことはありえませんよね。 そのため1日単位では、運次第で20万円も客が勝つことがあるし、10万円も客が負けることもありますが、長期的には運という要素・・確率が収縮され、「だいだい、どのくらい客が負けるか?(店が儲かるか?)」がわかることになっています。 店が儲かりすぎないように(客が負けすぎないように)なっているわけですね。 スロット(スロットマシーン)には機械割というものがあり、機械割から計算すると、1時間、スロットを打てば、理論的には客は約2000円程負けることになります。 もちろん短期的には1時間で1万円以上勝つこともありますが、何度も何時間も打っていれば、だいたい1時間に2000円負け程度に落ち着く仕様にスロット台はなっているわけですね。 パチンコは仕組みは違いますが、だいたい1時間でー2000円くらいなのは変わらないでしょう。 土日休みの人が、1ヵ月の間、平日の夜に10回(計20時間)、休日に4回(計20時間)、パチンコorスロットに行ったとします。 すると1ヵ月で計40時間、パチンコorスロットを打っている計算になります。 1時間で2000円のお金がなくなるので、1ヵ月で8万円のお金がなくなる計算になります。 もちろん、運次第では1ヶ月で40万円勝つ月もあるし、1ヶ月で20万円負けてしまう月もあるでしょう。 ただ、それを毎月、毎月と続けていると、そのうち確率が収縮してきて、月平均で見ると1ヵ月で8万円ほどの負け額になるわけです。 いろいろと調べてみると、やはり月に4万円〜8万円くらいパチンコにお金を使っている人が多いようでした。 個人的な感覚でも、そのくらいは使っている人が多いだろうな〜という感じです。 年間で50万円から100万円をパチンコに費やしているわけですね。 1ヶ月に4万円も8万円も、趣味のためにお金がなくなるなら、かなり厳しいですよね。 ただ、パチンコやスロットはギャンブルであるため「とにかく恐い!」と思っている人もいるかもしれませんが、理論的には{1時間に2000円のお金がかかる趣味}というわけで、パチンコやスロットを打つ時間次第ではありますが、毎年、毎年、底なしのように何千万円もお金が必要で・・・というものではない、というわけです。 エステやネイルに行けば1時間に2000円以上のお金がかかりますよね。 ただ、パチンコの場合は、1時間とか短時間では終わらないせいで、1時間に2000円のお金がどんどんなくなっていくせいで、月に4万円も8万円もお金を使ってしまう・・というわけです。 そしてパチンコやスロットの恐いところは、ギャンブルであるため、「もしぶかしたら、次は勝てるかも!」と思ってしまうせいで、どんどんお金をつぎ込んでしまう可能性がある部分でしょう。 月に8万円負けている人が「次こそは、勝てるかもしれない」と思った場合、どうなるでしょうか。 その人は、もうお金がないために生活費に手をつけるでしょう。 そのせいで妻と喧嘩になるかもしれません。 また、それでもお金がなければ借金をするかもしれません。 「勝って返せばいいんだよ」と考えて。 普通の人は、月に4万円も趣味にお金を使えば、生活が苦しくなってしまいますよね。 それが6万円も8万円にもなると、生活に支障が生じ始めそうです。 パチンコやスロットが原因で借金をしている人も多いかもしれません。 日本には、大手消費者金融のキャッシング利用者が約1000万人もいるそうです。 その中には、パチンコやスロットが原因でキャッシングを行っている人も相当数いるかもしれませんね。 確かに、パチンコやパチスロでは{期待値に基づいた正攻法の立ち回り}をすることで長期的に勝ち続けることも可能だと個人的には思っているのですが、それをストイックに続け、結果を出し続けるには専業で取り組み、時間・エネルギーの多くを費やさないと難しいと感じます。 そして、そこまでストイックに立ち回るならば大変な時間と労力がかかるのに、勝てるようになってもトータルで見れば時給は1000円程度になるでしょうか。 そこから交通費がかかります。 ですので「これなら、他の投資やビジネスをした方が割がいい」と思うことになって、他のことをすることになると思われます。 実際、スロプロやパチスロからデイトレーダーやFXなどの投資家に転向した人も少なくないようです。 昼間は普通に仕事をしている私達が、パチンコやパチスロで勝つのは簡単ではなさそうですね。 そういう意味では、パチンコやパチスロは1時間に2000円のお金がかかる高額な趣味だ!と割りきり、勝つことを放棄して、諦めて、楽しみや、息抜きのためだけに行うのも良さそうです。 勝つことを放棄し、「1時間に2000円のお金がかかる高額な趣味を、私は今、楽しみや、息抜きのためにやっている」と思いながらパチンコやスロットを打っていれば、熱くなってしまい、お金がないのにお金をつぎ込んでしまったり、借金してでも負けた分を取り返そうとすることはなくなりそうですね。 パチンコやパチスロは1時間に2000円のお金がかかる高額な趣味!勝つことを放棄し楽しみや、息抜きのためにやろう。 そうすることでトータルの負け額は逆に少なくなる そして、趣味だと割りきって、勝つことを放棄してしまえば、レートの低いパチンコやスロットでも楽しめるようになり、するとパチンコやスロットという趣味にかかるお金が、月に1〜2万円程度に抑えられることになりそうです。 勝つこと・・・お金が増えることを放棄し、趣味とわりきれば、レートの低いパチンコやパチスロを打って楽しむことも出来そうですね。 レートの低いパチンコやパチスロは、ゲームセンターでお金を使うようなものになるため、ギャンブル依存症や借金とも無縁になれそうです。 ただ、生活費を脅かすほどの大金・・数万円もの大金がかかっており、数万円が数時間で動くからこそ、興奮できて熱くなれて、本気になれて、楽しい!という側面もありますよね。 そうでなければ「時間の無駄だから打たないよ」という人も多いかもしれません。 そんな場合は、他の趣味を楽しんでみるのも良いかもしれません。 釣りや、ゴルフも楽しいですよ。 また、副業や投資を趣味にするのもお勧めです。 例えばアフィリエイト(ユーチューブ含む)など固定費やランニングコストのかからない副業であれば、「副業をするせいでお金が減っていく」ということはありませんので、{お金のかからない趣味}になりえます。 (アフィリエイト初心者の方へ)にあるとおりですね。 さらには、上手くいけば月に2万円とか3万円程度のお小遣いを稼げることになるかもしれません。 他にも、株式投資やFX、不動産投資や、太陽光発電への投資、高利回りのソーシャルレンディング投資などもお勧めです。 例えばFXは、スマホ1台であれば出来るシンプルな投資で、通勤中や昼休みにスマホで取引し「昨日は2000円負けた」とか「今日は5000円勝った」などと楽しんでいる人も多くいますよね。 私もFXをやっていますが、パチンコやスロットより楽しいですね。 パチンコやスロットと同じく、簡単に勝てるものではありませんが、結局、パチンコ店の取り分が大きいせいで、多くの人が負けるパチンコやスロットよりかは、勝てる確率も、勝てる額も大きいのがFXの特徴と言えるでしょう。 パチンコやスロットより、お金が増える可能性が高く、やってみると面白いため、パチンコやスロットから、投資家へと転向していく人も多いですよね。 パチンコやスロットを辞める方法の1つは、もっと面白い【投資】を始めることみたい。 そういう意味では、副業や投資も趣味としてお勧めですね。 さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。 感謝しています。 〜追記2〜 私は以前、パチンコやスロットに、ドハマりしていたのですが、現在は、ほとんどしていません。 理由は、もっと楽しくて、もっと稼げる副業や投資があるからです。 」 バス子「日本にはパチンコ屋さんが多いし、周りにしている人も多いから、1度はパチンコにハマってしまう人も多いようね。 」 仙人「ギャンブル依存症や借金には気をつけるんじゃよ。 関連記事としては、(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)もお勧めじゃよ。

次の

パチンコで借金地獄は人生崩壊への道!私の体験談をブログで語るよ|きにぶろぐ.com

パチンコ 借金 いくら

意外なパチンコの借金の統計データ 他の人達が、パチンコでいくら借金をしているのか、チェックする際に2ch 5ch を見る人も多いかと思います。 そこので、生々しい話を見て、「あっ、自分よりも酷い人はいっぱいいるんだな」と思って、少し安心していませんか? ただ、客観的なデータを見てみると、実際は、そうでもないことが分かって来ます。 公益財団法人 日工組社会安全研究財団が平成30年 2018年 3月に発表したによると、「ギャンブルやパチンコ・パスチロのための借金」という質問項目に対して以下のような回答がありました。 ギャンブルのための借金はない:1602名• 10万円未満:5名• 10万円~20万円未満:5名• 20万円~40万円未満:5名• 40万円~60万円未満:4名• 60万円~80万円未満:2名• 80万円~100万円未満:6名• 100万円~200万円未満:7名• 200万円~300万円未満;4名• 300万円~400万円未満:3名• わからない:9名• つまり、パチンコで借金がある人は、かなり少数派ということになりますね。 借金まみれになるパターンにハマっていませんか? 私も、パチンコで借金まみれになった人の話はかなり聞いて来ましたが、借金が増えてしまうパターンは大体決まっています。 パチンコを始めるきっかけ自体は人によって様々です。 社会人になって親元を離れ、自由になった気持ちから趣味で始めた• 主婦で家事や育児ばかりの生活に疲れて、ストレス発散のために始めた みなさん、気軽な気持ちでパチンコを始めるんですね。 また、最初はビギナーズラックという感じで、意外に少しだけ儲かってしまうこともよくある話です。 本当はそこで止めておけば良いのですが、 「もうちょっと儲かるんじゃないか」と思って、続けていたら、すぐに手元のお金がなくなります。 そしたら、1~2万円だけお金を借りるんですね。 もちろん、最初は、金額も少ないし、すぐに返済してやると思う訳です。 でも、そのお金は、パチンコですぐになくなる。 そうすると、 「この失ったお金を何とか取り戻したい」と思いながら、消費者金融に足が向かっていき、さらに5万円借りる しかし、パチンコやっていたら、それぐらいのお金なんて、すぐなくなります。 そしたら、 「今度こそ」と思いながら、借金を繰り返していく・・・ 実は、これこそ、パチンコ依存症の典型的なパターンなのです。 もし、今のパチンコによる借金が数十万円程度だとしても、 パチンコ依存症の状態になっていると、あなたの借金はさらに増えてしまう可能性が高いので、注意が必要です。 パチンコの借金生活が続くと・・・ もし、パチンコの借金がいくらであるかに関わらず、あなたがパチンコ依存症のパターンにハマっているのであれば、出来るだけ早めに対処をしなければなりません。 なぜなら、今のパチンコの借金生活が続くと、以下のような問題が起こって来るからです。 家族や恋人との関係が険悪になる パチンコで借金をしている人の中には、そのことを家族や彼氏・彼女に内緒にしている人が圧倒的に多いです。 しかし、いくら内緒にしていても、 パチンコの借金が膨らみ続けると、いつかはバレます。 夫婦間であれば、夫婦の信頼関係が大きく傷つき、下手をすれば離婚です。 恋人同士であれば、別れ話になったり、結婚は出来なくなったりする可能性は極めて高いでしょう。 仕事がうまくいかなくなる パチンコで負けが続くと、負けたことばかりを考えるようになって、仕事に集中できなくなります。 パチンコ依存症になると、 仕事に対する情熱、やる気、向上心がどんどん失われてしまうのです。 そしたら、当然、ミスも増えますし、会社からの評価も下がってしまいます。 信用情報が悪くなる パチンコの借金が増え続けると、いつしか返済が出来なくなります。 一度でも滞納をしてしまうと、信用情報機関に延滞情報が登録され、滞納の状態を解消しても、 約5年間は、滞納していたという情報が残り続けてしまうんですね。 そして、その期間は、新たな借入れが出来ない可能性が高くなるのです。 また、滞納はしなくても、消費者金融からは年収の三分の一を超えた金額を借りることは出来なくなります。 信用情報機関では他社からの借入れ金額も記録され続けているので、その借金が影響して、他のローンの審査への影響が出てしまいます。 つまり、せっかく、住宅ローンや車のローンを組もうとしても、出来なくなり、あなたの人生設計が大きく崩れてしまうのです。 闇金に手を出してしまう 銀行や消費者金融からお金を借りれなくなる、けれども、パチンコはしたいという人が、次に取る行動は何だと思いますか? それは、闇金です。 逆に、闇金業者にとって、 パチンコ依存症で苦しむあなたは絶好のターゲットです。 もちろん、闇金からお金を借りたら、高い金利で利息を取られて、厳しい取り立てを受けることになってしまいます。 最悪は自殺や犯罪に発展するケースも あまり、社会的には大っぴらになっていませんが、パチンコで借金まみれになると、人生に絶望をして自殺をしてしまう方もいらっしゃいます。 闇金に引っ掛かって執拗な取り立てに遭って死に追い込まれるケースもあります。 また、パチンコのお金を調達するために、強盗をしてしまう事件も時々発生しています。 ここまでのケースは稀でありますが、 パチンコの依存症の行きつく果ては、本当に悲惨であることは知っておいた方が良いでしょう。 パチンコの借金を減らす方法 パチンコ依存症になっている人は、今の生活を早くリセットして、新しい出発をしていく必要があります。 そのために、パチンコ依存症自体を治していくことも大切です。 ただ、それと同時に パチンコで出来た借金を出来るだけ早く減らす必要があります。 実は、今のあなたの借金はいくらであろうと、弁護士や司法書士に相談して返すことは十分可能です。 具体的には債務整理という手続きを行いますが、• 任意整理:将来的に掛かる利息をカットして、残債を3年~5年で返済• 個人再生:住宅ローンだけは残して、他の借金を約5分の1に減額• 自己破産:すべての借金をチャラにする という方法があります。 パチンコが借金の原因になっている人は自己破産が出来ないという噂話もありますが、実際は、そういったケースも自己破産をして借金をチャラにしてしもらうことは十分可能です。 ですから、あまりネット上の意見には惑わされることなく、早めに法律の専門家に相談されることをお勧めいたします。 カテゴリー• 115• 187•

次の