ザノン フィクション 花子 と 先生。 『ザ・ノンフィクション』二人の妻を持つ男の「自由」とは「家族のカタチ ~ふたりのお母さんがいる家~」(2020/06/01 18:54)|サイゾーウーマン

ザ・ノンフィクション

ザノン フィクション 花子 と 先生

8月11日放送回は「新・漂流家族 2019夏~美奈子と夫と8人の子供~前編」と題し、彼らの生活や、子どもたちとの関係が明らかにされた。 林下さんとの間に第6子も誕生したが、13年に離婚し、美奈子は6人の子どもを抱えるシングルマザーに。 その後、佐々木さんと4度目の結婚に至り、17年に第7子、18年に第8子を出産。 ちなみに佐々木さんは初婚。 『ザ・ノンフィクション』では今年2月放送の「新・漂流家族」でも、美奈子と義人さんの生活に密着しており、今回はその続編。 夫婦喧嘩の原因は「育児方針」で、今、直面しているのは義人さんと、19歳の長男・星音(しおん)くん、17歳の長女・乃愛琉(のえる)ちゃんとの確執。 2人とも高校を中退しており、星音くんに至っては家を飛び出していた。 そんな星音くんを温かく迎え入れたい美奈子と、「家に戻ってきても逆効果」と厳しい態度を見せる義人さん。 美奈子は番組スタッフに、「(長男は)一人で生きていける力はまだないのかなって私は思っちゃうけど、甘いのかな?」「今は助けてあげたい」などと吐露。 これに対し、インターネット上では次のようなコメントが寄せられている。 「正直、美奈子は甘い。 義人は乱暴だけど正論を言ってる」 「美奈子は自分のせいで子どもたちに壮絶な人生歩ませてること、わかってる?」 「長男や長女からすれば今までに何人も父親が変わって、不信感を持つのは当たり前。 美奈子は悲劇のヒロインぶってないでしっかりしろよ」 「それにしたって義人怖すぎ。 すぐ怒鳴るし、あんな義理の父親とは誰だって打ち解けられないでしょ」 「長男と長女がガリガリに痩せてたことがすごく気になった……。 それだけでいたたまれない気持ち」 「一番の被害者はやっぱり子どもたち」.

次の

『ザ・ノンフィクション』美奈子に批判の声も…自身の結婚のため長男に進学希望“断念”

ザノン フィクション 花子 と 先生

愛知県・岡崎市の山の中に、小さな寺がある。 そこはかつて「平成の駆け込み寺」と呼ばれ、非行や虐待、いじめ、薬物依存など、様々な理由から親元で暮らせなくなった子供達の「居場所」だった。 今回の主人公は、その寺で壮絶な思春期を過ごしたショウとタクマ。 非行グループに属していたショウは、バイクの窃盗を繰り返し、13歳にして少年鑑別所に送致される寸前だった。 兄貴分のタクマもまた「九州の中学生ヤクザ」と異名を取るほどのワル。 二人の出会いは11年前、寺の住職である廣中邦充さんの元にショウが預けられた日に遡る。 廣中さんは20年間に渡り、問題を抱える子供たちを無償で預かり、更生に導いてきた。 子供たちからは「おじさん」と呼ばれ、第二の父親の様な存在だ。 おじさんや仲間たちから温かく迎えられ、ショウは少しずつ落ち着きを取り戻していくが、ある日事件が起きる・・・ 一方、子供達の精神的な支えであった廣中さんは、ステージ4の肺がんに侵され、その後、脳転移が発覚。 強靭な精神力で病と闘いながら、最期まで子供たちに手を差し伸べ続ける。 ショウとタクマ、そして熱血和尚と悩める子供たちの心の触れ合いを捉え続けた、11年間の映像記録。

次の

【ザ・ノンフィクション】神回まとめ!きらら超え名作動画を発掘しよ

ザノン フィクション 花子 と 先生

8月11日放送回は「新・漂流家族 2019夏~美奈子と夫と8人の子供~前編」と題し、彼らの生活や、子どもたちとの関係が明らかにされた。 林下さんとの間に第6子も誕生したが、13年に離婚し、美奈子は6人の子どもを抱えるシングルマザーに。 その後、佐々木さんと4度目の結婚に至り、17年に第7子、18年に第8子を出産。 ちなみに佐々木さんは初婚。 『ザ・ノンフィクション』では今年2月放送の「新・漂流家族」でも、美奈子と義人さんの生活に密着しており、今回はその続編。 夫婦喧嘩の原因は「育児方針」で、今、直面しているのは義人さんと、19歳の長男・星音(しおん)くん、17歳の長女・乃愛琉(のえる)ちゃんとの確執。 2人とも高校を中退しており、星音くんに至っては家を飛び出していた。 そんな星音くんを温かく迎え入れたい美奈子と、「家に戻ってきても逆効果」と厳しい態度を見せる義人さん。 美奈子は番組スタッフに、「(長男は)一人で生きていける力はまだないのかなって私は思っちゃうけど、甘いのかな?」「今は助けてあげたい」などと吐露。 これに対し、インターネット上では次のようなコメントが寄せられている。 「正直、美奈子は甘い。 義人は乱暴だけど正論を言ってる」 「美奈子は自分のせいで子どもたちに壮絶な人生歩ませてること、わかってる?」 「長男や長女からすれば今までに何人も父親が変わって、不信感を持つのは当たり前。 美奈子は悲劇のヒロインぶってないでしっかりしろよ」 「それにしたって義人怖すぎ。 すぐ怒鳴るし、あんな義理の父親とは誰だって打ち解けられないでしょ」 「長男と長女がガリガリに痩せてたことがすごく気になった……。 それだけでいたたまれない気持ち」 「一番の被害者はやっぱり子どもたち」.

次の