岩永琴子。 【虚構推理】とってもウザくて可愛い?岩永琴子のうざ可愛いシーンランキングベスト5

虚構推理 (きょこうすいり)とは【ピクシブ百科事典】

岩永琴子

うざかわランキング第1位『私が現在の彼女です!』 岩永琴子はかつて桜川九郎に片思いをしていました。 しかし、恋人であった弓原紗季との関係がトントン拍子に進んでいき、琴子に勝ち目はありませんでした。 しかし、桜川九郎が本物の化物にすら恐れられる存在であったことが露呈したことから破局。 その後、琴子は何故か、九郎の彼女のポジションに収まり、紗季は警察に就職し鋼人七瀬の事件を巡る中で琴子と出会うことになります。 うざムーブ琴子 紗季は琴子の事を知りませんでしたが、琴子は紗季の事を良く知っていました。 なんたって琴子にとって紗季は最強の敵となる恐れのある存在だから。 琴子は紗季を助けた形になりますが、琴子はそれが先だと分かると紗季の周りをぐるぐる回るうざムーブで紗季をイラつかせます。 しかも、『紗季さんなら助けるんじゃなかったと言い出します』 鉄拳制裁される琴子 紗季は琴子と全く面識がなかったため、何者であるかを尋ねます。 あと、うざかったので一発殴っています。 そう聞かれた琴子は待ってましたと言わんばかりに『桜川九郎先輩の現在の彼女です!』とどや顔で主張します。 その後、琴子には鉄拳が飛びます。 うざかわランキング第2位『ピンピンしてますから!』 12月25日、クリスマスだと言うのに岩永琴子は自宅で寝込んでいました。 風邪をひいてしまったようですが、それは虚構!ブラフ!九郎は琴子のことを基本的に雑に扱いますが、人のいい九郎が風邪をひいたと知れば付きっ切りで看病してくれる。 本当は風邪などひいていないが、寝込んだ振りをすれば全力でいちゃいちゃ出来るという計画でした。 怪異たちから大人気の琴子 しかし、怪異たちの知恵の神である琴子は怪異たちから非常に好かれています。 九郎には好かれてないが、怪異たちから大人気の琴子が風邪を引いたとなればお見舞い、そして看病せずにはいられません。 落ち武者くんが先陣を切り、他の物の怪たちを集め看病すると言い出します。 ばれちゃった… こんな絶好の機会をこんなことで逃すわけにはいかない琴子は、落ち武者たちに帰れと命じます。 しかし、そこでうっかり『ピンピンしてますから!』と言ってしまい、当然のように九郎に聞かれてバレてしまいます。 うざかわランキング第3位『怒りのベアハッグ』 鋼人七瀬を追う過程で九郎と再会を果たした元恋人の弓原紗季と岩永琴子でしたが、琴子にしてみれば今後最大の脅威となりえる紗季と九郎を引き合わせる気はこれっぽっちもありませんでした。 しかし、出会ってしまってはしょうがないので恋人アピールをして何とかして九郎と紗季を近づけさせないようにします。 ビビる紗季 かつて化物と遭遇し、さらには自分の恋人がその化物をさらに超える存在であることがトラウマとなっている紗季は鋼人七瀬や琴子を信奉する怪異たちを目の当たりにしてビビっていました。 琴子らにとって怪異は全く珍しいものではありませんが、敵視する先がビビっているというなら恐怖を煽らずにはいられません。 琴子の言葉にビビった紗季は、思わず琴子に抱き付きます。 怒りのベアハッグ でもそれは琴子のブラフ。 抱き付いてきた先に「いい大人が何を怖がっているんですか?」と紗季を煽ります。 そんな琴子のうざ行動に腹を立てた紗季は、そのまま琴子に怒りのベアハッグをお見舞いします。 うざかわランキング第4位『看過されて温まる琴子』 鋼人七瀬に関わる一件で、岩永琴子は九郎の元恋人の弓原紗季と出会うことになります。 紗季は九郎とは破局したものの、その理由は九郎が化物にすら恐れられる存在だったことが原因であり、紗季は九郎のことを吹っ切ることが出来ていません。 そんな紗季は琴子にとって目の上のたんこぶであり、露骨な恋人アピールを繰り返し、何とか紗季と九郎を近づけさせないようにします。 琴子、嘘がバレる しかし、5年も付き合った元恋人の紗季は『琴子が九郎の好みから外れている』ことや『証拠写真の表情』から、琴子の好意が半ば一方的なものであることをすぐに看過します。 さらに九郎が行動を共にしていないことから置いてけぼりをくらったこと、メールの文面から結構容赦なく雑に扱われていることも看過します。 琴子、反撃されて温まる ただ、紗季にしてみれば琴子が九郎を化物だと知った上で恋人だと主張していることや、善人で他人をないがしろにしたりしない九郎が、琴子に対しては遠慮のない行動をしていることは複雑でありました。 そんな琴子に煽られた紗季は、琴子に対して反撃を繰り出します。 結構痛いところを反撃された琴子は温まって売り言葉に買い言葉を繰り返します。 うざかわランキング第5位『紗季に妖怪を差し向ける行為』 怪異たちの相談役である琴子は鋼人七瀬の正体を突き止めます。 しかし、鋼人七瀬は通常の方法では対処できない存在であることも分かってしまいます。 鋼人七瀬を倒すためには情報が必要で、その情報を得るためには恋人の元カノである弓原紗季とコンタクトを取るのが一番手っ取り早い方法でした。 しかし、出来ることなら紗季を頼りたくはないのが本心でした。 妖怪を差し向ける琴子 結局は紗季とコンタクトを取ることにした琴子は妖怪を差し向けてファミレスに呼び出します。 琴子は連絡先を知らないので、こんな連絡手段位しかありませんが、いきなり目の前に妖怪が現れた紗季にしてみればトラウマを抉られる行為でした。 一方、ファミレスで待機していた琴子は鋼人七瀬が現れたという報を聞いて現場に向かいます。 そして、紗季への連絡手段は嫌がらせも兼ねて妖怪に言伝を頼むことにしました。 琴子、予想外 しかし、鋼人七瀬のたどり着いたすぐ後に紗季も現れます。 本当はファミレスで待っていてもらうつもりでしたが、紗季の立場からすればその場にとどまると言う選択肢はあるはずもなく、結局九郎と紗季の再会を止めることは出来なくなりました。 【虚構推理】岩永琴子うざかわランキングまとめ 虚構推理では怪異や空想上の生き物が当然のように現れ、通常のミステリーと違い真実を追求するのではなく、虚構で他人を納得させる解決がとられます。 そんな斬新な作品ですが、探偵役……というかペテン師役の主人公、岩永琴子もうざ可愛くて魅力のあるキャラクターです。 とてもうざ可愛いので、このうざ可愛さをアニメでも見てみたいですね。 虚構推理のアニメは2020年の冬から放送されます!.

次の

虚構推理 (きょこうすいり)とは【ピクシブ百科事典】

岩永琴子

家はかなり由緒ある名家で、 琴子は岩永家のお嬢様です。 体が小さく見た目も幼いのでとても大学生には見えません。 よく中学生くらいに間違われます。 性格はかなり積極的。 とくに好きになった男性にはとても積極的です。 そして恋敵には対抗心をむき出しにします。 そんな琴子は 頭の回転がとても速く、洞察力や観察力、論理的思考や表現力にすぐれた女性です。 従来のミステリー作品の場合、主人公は正しい答えを導くのが役割です。 しかし「虚構推理」は、虚構により生まれた相手を虚構を持って退治するという内容のストーリーです。 琴子は問題を解決するために、虚構、つまり嘘を積み重ねて事実のように思わせていくことで人々を納得させ、敵を倒すという手法をとります。 嘘を積み重ねて人を説得するためには、洞察力や観察力、論理的思考が必要です。 琴子はその能力に長けており、事件のクライマックスでの4つの推理はとても見応えがあります。 「虚構推理」琴子と九郎の関係 琴子が九郎に猛アプローチ そんな琴子が九郎に出会ったのは琴子が15歳、九郎が20歳のときでした。 琴子は桜川九郎に一目惚れします。 でも九郎には弓原紗季(ゆみはらさき)という彼女がいました。 琴子が幼く見えるのに対して、九郎より1歳年上のサキは美人系。 タイプがまったく違います。 琴子には勝ち目があるようには思えませんでした。 しかしある事件をきっかけでサキは九郎と別れる決心をします。 ・ 九郎がサキと別れたことを知った琴子は九郎に猛アプローチ。 半ば強引に九郎と付き合い始めるのでした。 だから「虚構推理」での 琴子と九郎は恋人の関係です。 琴子と九郎は本当に恋人同士? 琴子と九郎は一応付き合っているようですが、気持ちは琴子の一方的なもののようです。 琴子は九郎への愛を隠そうとはしませんし、積極的にスキンシップを取りたがります。 でも九郎は琴子を冷たくあしらうことが多いですし、琴子にスキを見せようとはしません。 九郎は元カノのサキに琴子が彼女であることが「心底嫌だ」と話していたくらいです。 マンガを読んでいても九郎が琴子を好きな理由がよくわからないのですが、かといって嫌いというわけではなく、微妙な距離感で2人の交際は続いているようです。 サキは年齢を重ね、以前よりさらに魅力的な女性になっていました。 琴子と九郎は付き合っているといっても、九郎の態度はいつも冷たく、琴子を適当にあしらっていることが多いです。 そんな琴子はサキを見て焦りを募らせます。 サキは自分から別れたとは言え、今だに九郎のことが完全に忘れられずにいます。 琴子はサキに敵意を剥き出しにします。 そして九郎とサキを再会させてはいけないと思うのですが、鋼人七瀬事件解決には九郎の力が必要です。 また事件解決にはサキが持っている警察の情報が必要です。 結局九郎とサキは久しぶりに再会することになり、3人で鋼人七瀬事件に挑むことになります。 岩永琴子の過去の事件とは? 琴子は11歳の時ある事件に巻き込まれました。 その事件がのちの琴子の運命を大きく変えることになります。 琴子の過去の事件について解説します。 琴子が巻き込まれた事件 琴子には妖怪やあやかし、怪異の姿を見ることができます。 それには過去に巻き込まれた事件が大きく関係しています。 琴子は11歳の時、怪異たちに連れさられました。 そして自分たちの「 知恵の神」になってほしいとお願いされました。 妖怪や怪異たちは知能が低く、争いが起こったときにそれをとりなしてくれる存在が必要でした。 琴子はこれを了承し、彼らの知恵の神になります。 それ以来怪異たちは争いごとや問題が起きると、解決策を求めて琴子のもとに訪れるようになります。 岩永琴子が一眼一足の理由 知恵の神になったために一眼一足に 琴子は妖怪たちの「知恵の神」になる代わりに右目と左足を失います。 公園のベンチでうたた寝しているところを発見された時には、すでに一眼一足になっていました。 なぜ片目と片足を失ったのか? それは 片目と片足を奪うことで、琴子を神にするという妖怪たちの考えがあったようです。 一眼や一足の神は多くの言い伝えにあると言われています。 例えば古事記には「 クエビコ」という一足の神が登場します。 歩くことはできませんが、知恵の神様として古事記に描かれています。 同様に一足または一眼の神は海外にもあり、そもそも神の条件として描かれていることも多いといいます。 これらの言い伝えにあるように琴子は妖怪たちに右目と左足を奪われ、彼らの神となりました。 知恵の神になった琴子にメリットは? では妖怪たちの知恵の神になった琴子に何かいいことはあるのでしょうか? 一眼一足を失ったのですから、それなりのものがあってもいいですよね! 妖怪たちはどこかで何が起きたなど、琴子が知りたい情報を教えてくれたり。 また琴子が知りたいことを調べてくれたり、お願い事を聞いてくれたり。 妖怪たちはありとあらゆる面で琴子の力になってくれます。 本作品の鋼人七瀬事件でも、七瀬かりんが死んだ現場で仕事をしていた作業員の霊を呼び出し、七瀬かりんが死んだ時の様子を聞き出すことができました。 本作中では他にも琴子が妖怪たちに助けてもらったり、逆に助けてあげたり、と妖怪たちと接する場面がたくさんが描かれています。 そう考えると琴子にとって一眼一足を失ったことは決して悪いことばかりではないようです。 「虚構推理」の岩永琴子は桜川九郎と同じ大学に通う大学生• 琴子と九郎は恋人の関係• 琴子は11歳の時妖怪にさらわれ、彼らの「知恵の神」になった• 「知恵の神」になることと引き換えで、一眼一足になった 言葉で説明するのはむずかしいですが「虚構推理」はとにかく風変わりな作品です。 妖怪は普通に出てくるし、推理も嘘を積み重ねていくというメチャクチャなものだし。 でもハマります!おもしろいです。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

コトブキヤオンラインショップ岩永琴子: フィギュア

岩永琴子

出典 : Amazon. jp 講談社の月刊誌「少年マガジンR」でコミカライズされ、アニメ化も決定した人気ミステリー小説 『虚構推理』。 そんな『虚構推理』から、怪異や妖怪たちに「知恵の神」として頼られる主人公、 岩永琴子の情報をまとめてみました。 虚構推理とは? 出典 : Amazon. jp 『虚構推理』は講談社ノベルズから刊行された 城平京による ミステリー小説です。 2015年からは 片瀬茶柴作画による コミカライズの連載が開始しました。 さらに 2020年1月からは アニメが放送予定。 この作品はいわゆる 怪異ミステリー物の作品で、 怪異や 妖怪が起こした事件を主人公の 岩永琴子(いわながことこ)や相方の 桜川九郎(さくらがわくろう)が解決する物語です。 岩永琴子の基本情報 出典 : Amazon. jp 怪異と親しくし、怪異が絡んだ事件をいくつも解決に導いてきた主人公、岩永琴子。 はたからは幼い容姿のかわいい女の子にしか見えない彼女は、いったいどんな主人公なのでしょうか。 まずは、そんな岩永琴子の詳しい基本情報をまとめてみました。 岩永琴子のプロフィール 岩永琴子は作中でかなり身分の高い 名家である岩永家の お嬢様です。 見た目は幼く、大学生になってからも中学生に間違えられるほど。 彼女も自分の幼い容姿を気にしているようです。 初登場時の年齢は 15歳。 11歳の頃に 怪異に連れ去られ、2週間もの間、行方不明になってったことがあり、そのときから 怪異や霊が見える体質になりました。 それ以降、怪異や霊に頼られるようになり、トラブルの解決を請け負うようになりました。 岩永琴子の性格 岩永琴子の性格は、普段は毅然としていながらも色恋が絡むと喜怒哀楽が激しくなる傾向があります。 また他人に対してかなり強引な一面もあるため、トラブル解決のために仕方なく巻き込まれる者も出てきます。 岩永琴子の声優 出典 : Amazon. jp アニメ『虚構推理』で岩永琴子の声を担当するのは、声優の 鬼頭明里(きとうあかり)さんです。 鬼頭明里さんの所属事務所は「プロ・フィット」。 声優以外にも歌手として活動されています。 代表作は『グランクレスト戦記』のシルーカ・メレテス役や『鬼滅の刃』の竈門禰豆子(かまどねずこ)役などです。 岩永琴子の力 出典 : Amazon. jp 岩永琴子は11歳の頃、怪異に連れ去られた経験がありましたが、そのとき怪異たちと契約を交わし 「知恵の神」になりました。 怪異にはそれほど高い知能はなく、争い事やトラブルが絶えません。 「知恵の神」とは、その 仲裁役のようなものです。 そして彼女は「知恵の神」となるその代償として 右眼と左脚を失ってしまいました。 右眼と左脚を失ったシーンは作中に描かれていませんが、彼女が公園のベンチで発見されたときには既に欠損していたようです。 それ以来、岩永琴子は 義眼と 義足をつけて生活しています。 「知恵の神」の役割 「知恵の神」と言うと、岩永琴子に何らかの力が宿ったかのように聞こえてしまいますが、 岩永琴子自身が特別な力を持っているわけではありません。 彼女は「知恵の神」になることで全国から、 さまざまな怪異から相談を持ちかけられるようになったのです。

次の