木場 弘子。 木場弘子のオフィシャル・ホームページ〜講演内容〜

木場弘子のプロフィール/写真/画像

木場 弘子

木場:これまでの2回の取材を通じ、ヤンマーさんのイメージが大きく変わってきました。 今年から、新しいブランドステートメント「A SUSTAINABLE FUTURE ASF 」を掲げていらっしゃいますが、100年の間に培われてきたブランドイメージを刷新するのは、大きな決断だったのではないでしょうか。 山岡:皆さんから愛されていたキャラクター「ヤン坊マー坊」は、私と同じ1959年生まれ。 私自身もヤンマーという企業も、彼らと一緒に成長してきたと言えると思います。 ただ、その間に事業の多角化、グローバル化が進み、ヤンマーが持っているコアバリューと「ヤン坊マー坊」のイメージがかけ離れてしまった。 そこで100周年を機に思い切って「ヤン坊マー坊」からの脱却を決めたのです。 振り返ってみると、私が社長に就任した1998年は、バブル経済が崩壊し景気が非常に低迷していた時期です。 苦境の中で会社を立て直すために、さまざまな改革を行いました。 そんな厳しい局面でも縮小傾向に向かわず、バブル崩壊を乗り越えられたのは、社員の皆さんの底力があったからだと感じています。 だから100周年を迎えるときも、自信を持って次の100年を見据えることができました。 木場:ASFには、自社のテクノロジーを活用しエネルギー問題や食料問題など地球規模での課題を解決したいという決意が感じられます。 経営者としてどのような思いを込めましたか。 山岡:創業精神の一つ「燃料報国」を現代社会に照らし合わせて考え、「自然も人間も豊かである、つまり少ないエネルギーで豊かな社会を実現する」というメッセージだと読み解きました。 そこから我々が目指すASFには「省エネルギーな暮らしを実現する社会」「安心して仕事・生活ができる社会」「食の恵みを安心して享受できる社会」「ワクワクできる心豊かな体験に満ちた社会」という4つの社会の実現に貢献したいとの思いを込めました。 木場:ヤンマー100年史の「発刊にあたって」で、兵庫県篠山の村に御社の発動機とともに動力ポンプが初めて導入されたときのエピソードが紹介されています。 田に勢いよく水が流れ出す様子を、正装した村人たちが見守る写真が掲載されていて感動しました。 創業当時から、ASFの「安心して仕事・生活ができる」ことや新しい豊かさによる「ワクワク」を提供していたのですね。 山岡:私も、「ワクワク」という言葉は、ASFの決め手だと思っています。 100周年記念事業として、創業者である祖父の生誕の地・滋賀県の長浜に創設した「ヤンマーミュージアム」は、100年の感謝を示すとともに、「ワクワク」を感じてもらえるよう体験型施設にしています。 2016年度のグッドデザイン賞はじめさまざまな賞を頂きました。 木場:事業領域以外に、人材育成や文化醸成の面でもさまざまな活動を展開しているのは、初代・孫吉氏の理念に基づくものなのですね。 山岡:もともと祖父は、事業で得た収益を社会に還元したいとの思いから、長浜で高校や大学に進学できない子どもたちに経済的援助をしていました。 それを組織化したのが1950年設立の「山岡育英会」です。 既に5400人以上が巣立ちました。 最近は、グローバルにも目を向けタイでサッカーと勉学の両立を目指す学生を支援するなど、国内外でさまざまな人材育成事業を行っています。 ASFの実現は、祖父が晩年、座右の銘にしていた「美しき世界は感謝の心から」にも通じると思っています。 山岡:ブラジルに現地法人を設立した当初、運営が上手くいかなかったのですが、皆でサッカーを始めたらコミュニケーションがスムーズになったそうです。 そこで、現地の人たちに日本に来てもらい、尼崎の工場で研修を受ける代わりにサッカーを教えてもらおうとつくったのがサッカーチームの始まりです。 今は、かたちを変え「ヤンマー・グローバルカップ」という社内サッカー大会を開催しています。 国内外からグループ企業のチームが参加する大会で、次回は、昨年M&Aによりヤンマーグループに加わったスペインのヒモインサ社のチームも出場して、社内のコミュニケーションをグローバルに活性化できればと考えています。 言葉や国籍、宗教、文化の違いを超え皆で共通のゴールに向かって進むのは、事業活動と同じだと思っています。 私も毎週、仲間たちとサッカーを楽しんでいますが、本当に優れたサッカーチームは一人ひとりの選手が自分で判断してベストなプレーをします。 会社もそうありたいですね。 従業員それぞれが自主的に考え動き、今日はいい仕事をしたなと思ってもらえるような「サッカー型」組織を目指します。 木場:サッカーは世界中で楽しまれているスポーツですから、グローバルな事業展開にも役立つことでしょうね。 2013年の前回大会で優勝した時には「レース艇を支える伴走艇にヤンマーエンジンが搭載されていたからこそ」とチームから賞賛されましたね。 山岡:世界ナンバーワンのセーリングチームに認められたことは本当に光栄です。 ORACLE TEAM USAの伴走艇に、ヤンマー製8LV型ディーゼルエンジンとZTドライブシステムを提供することで、常にレースを支えるとともにチームパフォーマンス向上のサポートをしています。 過酷なコンディションでも発揮されるスピード、パワー、耐久性は日本の漁師さんたちに鍛えられたお陰なんですよ。 山岡:社員一人ひとりが意識を変え行動を変えるために、社内への浸透は非常に重要ですが、状況まだ道半ばでより力を入れる必要があると思っています。 でも、取引先からは「すごく変わった」とよく言われ良い手ごたえを感じています。 顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)は密接に関わりますから、社外の反響が高まるにつれて社内の反響も徐々に高まっていくと期待しています。 木場:働いている皆さんに、この会社にいて良かったと思ってもらえることが重要ですね。 従業員はグループ全体で約1万8000人。 ヤンマーらしさをどのように捉えていますか。 山岡:いい意味でも悪い意味でも「人がいい」。 その人の良さからか、2位に甘んじている事業領域が多いのです。 この点は直したい。 ヤンマーに機会があるビジネス領域を精査したところ、可能性のある領域が300分野にものぼることがわかりました。 まずは優先順位をおいた26分野に注力しながら、勝ち切る強さを身に着けることが大事だと考えています。 木場:数字の1位というより、お客さまのニーズに応えつつ「気がつけば1位」が理想でしょうか。 山岡:そうですね。 お客さまはもちろん従業員にとっても、心をワクワクさせる会社にしたい。 それを実現していく中で1位になれればいいですね。 ヤンマーの事業領域の多くは生命の根幹を担う分野です。 みんなが普段目にしないところで役に立っている、そういう会社でありたいと思っています。 そのためには、常に先進的・未来志向で新しい価値を創造し続ける必要があると思います。 そうでなければ企業の存在価値は無くなってしまいます。 「100年企業」と言っても単なる大阪の老舗企業のようなイメージを持たれるのは絶対避けたい。 ASFは、100年先も世の中の役に立つ存在であり続けるためのステートメント。 必ずやり遂げます。 木場:おじいさまである初代の精神を引き継ぎ、100年の間に培われたヤンマーさんらしさを失わず、目指すべき4つの社会の実現に期待しております。 楽しいお時間、ありがとうございました。

次の

木場弘子

木場 弘子

経歴 千葉大学教育学部を卒業後、1987年TBSにアナウンサーとして入社。 在局中は同局初の女性スポーツキャスターとして、 「筑紫哲也ニュース23」など多数のスポーツ番組を担当。 1992年 プロ野球・与田剛氏 現・楽天投手コーチ との結婚を機にフリーランスに。 妻、母、キャスターの三役をこなす存在として、テレビ出演、コメンテーター、モデレーター、 講演など多方面で活躍。 教育や環境・エネルギーに関わる活動が多く、エネルギー施設等への 取材は50を超え、最もヘルメットを被っている女性キャスターとして現場主義がモットー。 また、各界TOPへのインタビューは300人を超える。 2001年より千葉大学教育学部非常勤講師、千葉県浦安市の教育委員。 2006年、千葉大学教育学部初の特命教授。 2007年、洞爺湖サミット・クールアースアンバサダー、同年、第1次安倍政権で規制改革会議、 2009年、福田、麻生政権で教育再生懇談会メンバーとなる。 生活者の視点を大切に現在、7つの省庁で審議会のメンバー等を務め、今年2月に文部科学省の 「中央教育審議会」のメンバーに。 6月には株式会社国際石油開発帝石の社外監査役に就任。 「予防医学指導士」の資格を持つ。 2013年より千葉大学客員教授。 日本港湾協会理事。 講演テーマ <ビジネス研修><モチベーション> 『魅力的なコミュニケーションで作るWin-Winな関係!~インタビュー取材を例に~』 コミュニケーションの基本は、相手を分かろうとする気持ち、そして、相手に分かってもらおうと する努力。 この二つが双方向に上手くかみ合ってこそ、円滑なコミュニケーションが得られるもの。 企業トップや総理大臣、閣僚、スポーツ選手など300人を超える方々に インタビューをさせて頂いた際のエピソードを交えお話し致します。 「体験に無駄なし」「チャンスを最大限に生かす」「目先の利益にとらわれない」 「自分に付加価値をつける」「環境を変えるのは自分」など様々なキーワードを基に 具体的なご提案をいたします。 現在、7つの省庁で審議会に参加している経験から 短時間でいかに自分の考えを明確に伝えるのか、わかりやすく解説いたします。 まとめの「コミュニケーションの基本7か条」は好評で最近の講演会アンケートでは 各所9割の方に「ためになった」とご回答頂いております。 <女性活躍><人権&ダイバーシティ> 『子連れキャスター走る!』 『未来を拓く 主役は私~女性活躍社会実現のために~』 男女雇用機会均等法元年に就職し、TBSにて女性初のスポーツキャスターとなった木場が、 いかにして、男性社会の中で協調し自分の立ち位置を確立してきたのか。 また、プロ野球選手との結婚 第1号 後も子育てをしながら、どのようなスタンスで ワークライフバランスの実現に努めたか。 夫が3度自由契約になるなど逆境から いかに自分のスタンスで仕事に取り組んできたのか。 現在、千葉大学で教鞭を取る他、多くの省庁の審議会に参加する立場から 「環境を変えられるのは自分だけ!」という強いメッセージをお送り致します。 職場や家庭での円滑なコミュニケーションについて一緒に考えて参りましょう! <安全大会> 『ヘルメットキャスター走る!』 企業の安全大会向けの講演です。 国交省の交通政策審議会の委員をしている 立場から港や空港などの様々なインフラ施設を視察。 また、多くのエネルギー施設への取材を重ねてきた木場が現場におけるコミュニケーションの 重要性についてお話しいたします。 これまでのインタビュー事例などをご紹介しながら、 円滑なコミュニケーションによって生活や職場環境の改善していくヒントをご提案いたします。 50を超える施設でヘルメットを被った「ヘルメットキャスター」木場ならではの講演です。 <環境・エネルギー> 『子どもたちの未来のために考えたいエネルギーや環境のこと』 『身近に感じるエネルギー・環境問題』 環境問題が喫緊の課題となった今、私たち一人一人がどのような取り組みをしていけば良いのか。 女性キャスターとしては、1番?多くヘルメットを被り50を超える様々なエネルギー施設に 取材に行った経験を交えながら一般の方に分かりやすく具体的なお話をさせて頂きます。 また、経産省の省エネ委員会や環境省の温暖化防止国民運動の委員会などエネルギー問題への 対策を議論する立場から世界の、そして日本のエネルギー事情をご理解して頂いた上で、 環境問題を身近に感じて頂けるよう工夫しています。 次世代教育のための複数の女性向けセミナー でのアンケート結果で「ためになった」との回答が99%を超え、大変反響の大きい講演です! 明日からの行動につながるような動機づけに力を入れています。 <教育・子育て> 『のびのび子育てのススメ』 出産時、長男がICUに入るなど、波乱の幕開けとなった木場の子育て。 そんな自身の体験から 今の孤独なお母さん方に、のびのびとお子さんを育てるための幾つかの提案をさせて頂きます。 「子どもは元気ならそれでいい」「孤独な子育てからの脱却」「格好つけずに親の姿を見せる」 「子どもが頑張ったプロセスを大切に」「環境を変えるのは自分」など実体験を踏まえ お話いたします。 母親としての立場に加え、今年2月からは文部科学省の中教審にも籍を置き 教育行政に関わっている立場、地元・浦安市で教育委員会に8年間在籍していた立場、 そして、未来の教員である千葉大学教育学部の学生さんに講義をしてきた立場から多角的に 教育・子育てについてお話します!自身の苦労話、近所のママ友や商店街のおばちゃんなど 様々な方とのエピソードに泣き笑い。 元気が出る講演です! <地域連携&防災> 『魅力的なコミュニケーションで築く地域社会との繋がり』 最近、お問い合わせの多いテーマです。 隣近所との繋がりが希薄な昨今。 まず、木場が自身の子育てで苦労した末にマンションの縦長屋のママたちに助けられた事例を紹介。 人は一人では何もできない。 小さな壁を越えて助け合える存在になれば様々な課題を 克服していける・・・。 そんな経験をご紹介しつつ、コミュニケーションにおけるいくつかの ヒントをご提案いたします。 東日本大震災では浦安市で被災した木場が感じた、 ハード面だけでなく、ソフト面での備えについて生活者としての視点を大切にお話しいたします。 他方、国の審議会で防災についての議論に参加してきた経験も交え、 多角的に防災や地域の繋がりの重要性について考えます。 ・普段うかがうことの出来ないお話を、あちらこちらに笑いを入れながら テンポ良くお話して下さり、あっという間に時間が経ってしまいました。 すっかり木場さんのファンになってしまいました。 ・女性が自分らしく、生き生きと人生を送るヒントが、たくさんあったと思います。 いかに働くか、いかに育児をするか考えさせる内容だったと思います。 ・軽妙なトーク、知らず知らずのうちに男女共同参画の基本に触れた内容となっており、 引き込まれていきました。 最後の7カ条のまとめはとても参考になりました。 ・スポーツキャスターと言えば華やかなイメージの世界でしたが、 表に出ない苦労があんなにあるとは。 認識を新たにしました。 女性の部下に是非聞かせたかったです。

次の

木場弘子

木場 弘子

木場:これまでの2回の取材を通じ、ヤンマーさんのイメージが大きく変わってきました。 今年から、新しいブランドステートメント「A SUSTAINABLE FUTURE ASF 」を掲げていらっしゃいますが、100年の間に培われてきたブランドイメージを刷新するのは、大きな決断だったのではないでしょうか。 山岡:皆さんから愛されていたキャラクター「ヤン坊マー坊」は、私と同じ1959年生まれ。 私自身もヤンマーという企業も、彼らと一緒に成長してきたと言えると思います。 ただ、その間に事業の多角化、グローバル化が進み、ヤンマーが持っているコアバリューと「ヤン坊マー坊」のイメージがかけ離れてしまった。 そこで100周年を機に思い切って「ヤン坊マー坊」からの脱却を決めたのです。 振り返ってみると、私が社長に就任した1998年は、バブル経済が崩壊し景気が非常に低迷していた時期です。 苦境の中で会社を立て直すために、さまざまな改革を行いました。 そんな厳しい局面でも縮小傾向に向かわず、バブル崩壊を乗り越えられたのは、社員の皆さんの底力があったからだと感じています。 だから100周年を迎えるときも、自信を持って次の100年を見据えることができました。 木場:ASFには、自社のテクノロジーを活用しエネルギー問題や食料問題など地球規模での課題を解決したいという決意が感じられます。 経営者としてどのような思いを込めましたか。 山岡:創業精神の一つ「燃料報国」を現代社会に照らし合わせて考え、「自然も人間も豊かである、つまり少ないエネルギーで豊かな社会を実現する」というメッセージだと読み解きました。 そこから我々が目指すASFには「省エネルギーな暮らしを実現する社会」「安心して仕事・生活ができる社会」「食の恵みを安心して享受できる社会」「ワクワクできる心豊かな体験に満ちた社会」という4つの社会の実現に貢献したいとの思いを込めました。 木場:ヤンマー100年史の「発刊にあたって」で、兵庫県篠山の村に御社の発動機とともに動力ポンプが初めて導入されたときのエピソードが紹介されています。 田に勢いよく水が流れ出す様子を、正装した村人たちが見守る写真が掲載されていて感動しました。 創業当時から、ASFの「安心して仕事・生活ができる」ことや新しい豊かさによる「ワクワク」を提供していたのですね。 山岡:私も、「ワクワク」という言葉は、ASFの決め手だと思っています。 100周年記念事業として、創業者である祖父の生誕の地・滋賀県の長浜に創設した「ヤンマーミュージアム」は、100年の感謝を示すとともに、「ワクワク」を感じてもらえるよう体験型施設にしています。 2016年度のグッドデザイン賞はじめさまざまな賞を頂きました。 木場:事業領域以外に、人材育成や文化醸成の面でもさまざまな活動を展開しているのは、初代・孫吉氏の理念に基づくものなのですね。 山岡:もともと祖父は、事業で得た収益を社会に還元したいとの思いから、長浜で高校や大学に進学できない子どもたちに経済的援助をしていました。 それを組織化したのが1950年設立の「山岡育英会」です。 既に5400人以上が巣立ちました。 最近は、グローバルにも目を向けタイでサッカーと勉学の両立を目指す学生を支援するなど、国内外でさまざまな人材育成事業を行っています。 ASFの実現は、祖父が晩年、座右の銘にしていた「美しき世界は感謝の心から」にも通じると思っています。 山岡:ブラジルに現地法人を設立した当初、運営が上手くいかなかったのですが、皆でサッカーを始めたらコミュニケーションがスムーズになったそうです。 そこで、現地の人たちに日本に来てもらい、尼崎の工場で研修を受ける代わりにサッカーを教えてもらおうとつくったのがサッカーチームの始まりです。 今は、かたちを変え「ヤンマー・グローバルカップ」という社内サッカー大会を開催しています。 国内外からグループ企業のチームが参加する大会で、次回は、昨年M&Aによりヤンマーグループに加わったスペインのヒモインサ社のチームも出場して、社内のコミュニケーションをグローバルに活性化できればと考えています。 言葉や国籍、宗教、文化の違いを超え皆で共通のゴールに向かって進むのは、事業活動と同じだと思っています。 私も毎週、仲間たちとサッカーを楽しんでいますが、本当に優れたサッカーチームは一人ひとりの選手が自分で判断してベストなプレーをします。 会社もそうありたいですね。 従業員それぞれが自主的に考え動き、今日はいい仕事をしたなと思ってもらえるような「サッカー型」組織を目指します。 木場:サッカーは世界中で楽しまれているスポーツですから、グローバルな事業展開にも役立つことでしょうね。 2013年の前回大会で優勝した時には「レース艇を支える伴走艇にヤンマーエンジンが搭載されていたからこそ」とチームから賞賛されましたね。 山岡:世界ナンバーワンのセーリングチームに認められたことは本当に光栄です。 ORACLE TEAM USAの伴走艇に、ヤンマー製8LV型ディーゼルエンジンとZTドライブシステムを提供することで、常にレースを支えるとともにチームパフォーマンス向上のサポートをしています。 過酷なコンディションでも発揮されるスピード、パワー、耐久性は日本の漁師さんたちに鍛えられたお陰なんですよ。 山岡:社員一人ひとりが意識を変え行動を変えるために、社内への浸透は非常に重要ですが、状況まだ道半ばでより力を入れる必要があると思っています。 でも、取引先からは「すごく変わった」とよく言われ良い手ごたえを感じています。 顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)は密接に関わりますから、社外の反響が高まるにつれて社内の反響も徐々に高まっていくと期待しています。 木場:働いている皆さんに、この会社にいて良かったと思ってもらえることが重要ですね。 従業員はグループ全体で約1万8000人。 ヤンマーらしさをどのように捉えていますか。 山岡:いい意味でも悪い意味でも「人がいい」。 その人の良さからか、2位に甘んじている事業領域が多いのです。 この点は直したい。 ヤンマーに機会があるビジネス領域を精査したところ、可能性のある領域が300分野にものぼることがわかりました。 まずは優先順位をおいた26分野に注力しながら、勝ち切る強さを身に着けることが大事だと考えています。 木場:数字の1位というより、お客さまのニーズに応えつつ「気がつけば1位」が理想でしょうか。 山岡:そうですね。 お客さまはもちろん従業員にとっても、心をワクワクさせる会社にしたい。 それを実現していく中で1位になれればいいですね。 ヤンマーの事業領域の多くは生命の根幹を担う分野です。 みんなが普段目にしないところで役に立っている、そういう会社でありたいと思っています。 そのためには、常に先進的・未来志向で新しい価値を創造し続ける必要があると思います。 そうでなければ企業の存在価値は無くなってしまいます。 「100年企業」と言っても単なる大阪の老舗企業のようなイメージを持たれるのは絶対避けたい。 ASFは、100年先も世の中の役に立つ存在であり続けるためのステートメント。 必ずやり遂げます。 木場:おじいさまである初代の精神を引き継ぎ、100年の間に培われたヤンマーさんらしさを失わず、目指すべき4つの社会の実現に期待しております。 楽しいお時間、ありがとうございました。

次の