石田歩。 石田流が優勢?(▲9六角は定跡か)

石田流の出だしは▲7六歩△3四歩▲7五歩! 注意したいポイントは?

石田歩

角交換されると、玉が飛車の横利きをさえぎって8八の銀が一瞬浮き駒になってしまうためです。 ここからの戦いを第9図より記していきます。 テーマ図は8手目とまだ始まったばかりですが、ここに至るまでに考えられる有力な早石田対策がありますので、それを簡単に紹介します。 石田流の基本的なことについて 無難な駒組みをすれば早石田を受ける方法はいくらでもあります。 しかし、石田流の理想形である石田流本組みに組まれてしまうと仕掛けが難しくなり、中盤戦で作戦負けになりやすいです。 そこで、本ページでは石田流本組み(=参考1図)に組ませないための駒組みをしています。 また、参考2図は升田式石田流と呼ばれる、角交換型の石田流です。 角を手持ちにしてあるほうが、本組みよりも比較的仕掛けやすく、こちらは居飛車側も不満のない戦いが繰り広げられます。 参考1図は形勢自体にほとんど差はなく、後手番なら参考1図でも問題ありません。 しかし、先手番の場合は仕掛けることを前提に駒組みを行うのが望ましいので先手不満です。 馬を作りあった形は後手に分があります。 角交換になりやすい将棋ですから、当然隙にもなりやすいです。 結果図の局面は一局の将棋としか言いようがありませんが、振り飛車としては不満のない戦いができそうです。 居飛車だけ馬を作ることができれば当然優勢になりますが、なかなか都合良くはいきません。 細かいですが、居玉を避けている意味もあります。 この筋は気をつけましょう。 このまま局面が落ち着くと馬を作っている分だけ先手良いですから、後手は飛車と馬を刺し違えにきます。 交換になったとしても、やはり飛車2枚を手持ちにする居飛車の方が少し有利ですが、7七の桂頭を攻めてくるので、これをどのように対処するかが問題です。 上手く受けるか捌くかしないと、形勢を損ねる原因になります。 ただし、依然先手は不安定な陣形で形勢自体は難しいでしょう。 後手陣の急所である玉頭を攻めるため駒組みを進めますが、結果図の局面は馬を作られて、決して先手良いとは言えない局面です。 ただし、ギリギリの戦いですから腕に自信がないと指しこなすのは大変です。 これも一局の将棋には変わりないですが、せっかくの先手番で消極的です。 これで龍でも作ることに成功すれば、早石田なんか全く気にする必要なくなります。 しかし、角道が通っていていつでも角交換できる状態の場合は、まず上手くいきません。 飛車交換は打ち込みの隙が先手の方が多いのでやりにくいです。 ただし、この順は攻めが上手くいかないだけであって、決して先手の形勢が悪くなるわけではありません。 進んだ結果図の局面は、角と銀の交換になっており先手優勢となります。 ただし、形勢自体は互角に近いです。 一目無理攻めですが、この変化もなかなか手ごわいです。 一瞬ながら8八の銀が浮いていて、先手の弱点になっているのがおわかりいただけるかと思います。 第10図の局面と似ていますが、こうなると少し後手の攻めの条件が良くなっています。 逃げる手もありますが、取ってしまうのがわかりやすいです。 手順は長いですが、後手の攻めはハッキリしているので受けやすいかと思います。 あまり飛車を逃げまわすと、かえって形勢を損ねてしまうので、その辺りだけ注意しましょう。 結果図の局面、金と飛車の交換になるのは先手にとって不満はありません(と金と飛車の交換はまずいですが)。 先手攻め合い勝ちが見込めます。 これを放置したまま、先手から戦いを起こすのは損で、右の金と銀が働かないまま王様の寄せ合いになってしまう恐れがあるためです。 いかにこの2枚の金銀を使うかがポイント。 そこで、右の金・銀で3四の飛車を押さえ込みにいくイメージで指しましょう。 ここから徐々に盛り上がっていきます。 先手は指す手に困りません。

次の

後手早石田対策

石田歩

角交換されると、玉が飛車の横利きをさえぎって8八の銀が一瞬浮き駒になってしまうためです。 ここからの戦いを第9図より記していきます。 テーマ図は8手目とまだ始まったばかりですが、ここに至るまでに考えられる有力な早石田対策がありますので、それを簡単に紹介します。 石田流の基本的なことについて 無難な駒組みをすれば早石田を受ける方法はいくらでもあります。 しかし、石田流の理想形である石田流本組みに組まれてしまうと仕掛けが難しくなり、中盤戦で作戦負けになりやすいです。 そこで、本ページでは石田流本組み(=参考1図)に組ませないための駒組みをしています。 また、参考2図は升田式石田流と呼ばれる、角交換型の石田流です。 角を手持ちにしてあるほうが、本組みよりも比較的仕掛けやすく、こちらは居飛車側も不満のない戦いが繰り広げられます。 参考1図は形勢自体にほとんど差はなく、後手番なら参考1図でも問題ありません。 しかし、先手番の場合は仕掛けることを前提に駒組みを行うのが望ましいので先手不満です。 馬を作りあった形は後手に分があります。 角交換になりやすい将棋ですから、当然隙にもなりやすいです。 結果図の局面は一局の将棋としか言いようがありませんが、振り飛車としては不満のない戦いができそうです。 居飛車だけ馬を作ることができれば当然優勢になりますが、なかなか都合良くはいきません。 細かいですが、居玉を避けている意味もあります。 この筋は気をつけましょう。 このまま局面が落ち着くと馬を作っている分だけ先手良いですから、後手は飛車と馬を刺し違えにきます。 交換になったとしても、やはり飛車2枚を手持ちにする居飛車の方が少し有利ですが、7七の桂頭を攻めてくるので、これをどのように対処するかが問題です。 上手く受けるか捌くかしないと、形勢を損ねる原因になります。 ただし、依然先手は不安定な陣形で形勢自体は難しいでしょう。 後手陣の急所である玉頭を攻めるため駒組みを進めますが、結果図の局面は馬を作られて、決して先手良いとは言えない局面です。 ただし、ギリギリの戦いですから腕に自信がないと指しこなすのは大変です。 これも一局の将棋には変わりないですが、せっかくの先手番で消極的です。 これで龍でも作ることに成功すれば、早石田なんか全く気にする必要なくなります。 しかし、角道が通っていていつでも角交換できる状態の場合は、まず上手くいきません。 飛車交換は打ち込みの隙が先手の方が多いのでやりにくいです。 ただし、この順は攻めが上手くいかないだけであって、決して先手の形勢が悪くなるわけではありません。 進んだ結果図の局面は、角と銀の交換になっており先手優勢となります。 ただし、形勢自体は互角に近いです。 一目無理攻めですが、この変化もなかなか手ごわいです。 一瞬ながら8八の銀が浮いていて、先手の弱点になっているのがおわかりいただけるかと思います。 第10図の局面と似ていますが、こうなると少し後手の攻めの条件が良くなっています。 逃げる手もありますが、取ってしまうのがわかりやすいです。 手順は長いですが、後手の攻めはハッキリしているので受けやすいかと思います。 あまり飛車を逃げまわすと、かえって形勢を損ねてしまうので、その辺りだけ注意しましょう。 結果図の局面、金と飛車の交換になるのは先手にとって不満はありません(と金と飛車の交換はまずいですが)。 先手攻め合い勝ちが見込めます。 これを放置したまま、先手から戦いを起こすのは損で、右の金と銀が働かないまま王様の寄せ合いになってしまう恐れがあるためです。 いかにこの2枚の金銀を使うかがポイント。 そこで、右の金・銀で3四の飛車を押さえ込みにいくイメージで指しましょう。 ここから徐々に盛り上がっていきます。 先手は指す手に困りません。

次の

石田流

石田歩

将棋世界2002年1月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。 この日も、特別対局室で丸山名人が行方六段と対戦している。 戦型は十八番の「横歩取り」。 両者慎重に指し進めて、1図となった。 ここから先手は一気に転落する。 慎重な人だから、こういう手を指すときは、良しと読み切ってもさらに念を入れるところ。 早かったのは調べ済みだったからか。 必死になって43分も考えたが、手遅れだった。 先手の飛角が窮屈でどうにもならない。 一連の手順を見ると「石田流」を破るとき、似た筋があるのを思い出す。 これはその応用編であった。 というところで、丸山名人らしい手が出た。 普通の棋士が似たことをやると、ふるえた感じで、かえって差が縮まってしまうのだが、丸山名人がやると「激辛」という手になり、確実に勝ちにつながる。 盤上、行方陣の駒のいくつかが斜めになっていた。 (中略) 一とおり見て回り、特別対局室を覗くと異様な雰囲気である。 行方玉に一手すきがかかっている。 私はそっと座ると、行方六段が投げた。 丸山名人は顔を横向きに天井を見上げ無言。 行方君も口をきかない。 2、3分もそんな気まずい時間があった。 ただ、盤上の行方陣の駒は、前よりひどく、あっち向きこっち向きと、とっちらかっていた。 控え室のモニターテレビだと、それがよくわかり、一同「行方君らしいね。 やってられるか、の気持ちが読み取れる」と笑っていた。 —————- 通常の石田流では8七に銀がいないので、純粋な石田流破りではないが、この場合、8七に銀がいなくても同じ手順で石田流が崩壊してしまう。 —————- 私は石田流が大好きだが、このような強烈な石田流崩しを見て心が暗くならないわけがない。

次の