ご清栄 意味。 ご清栄、ご盛栄?お喜びお慶び?ビジネス文書、正しい言葉の使い方

「ご清栄」の意味とは!ビジネスでの個人や会社への使い方や使い分けを解説

ご清栄 意味

ご清祥(ごせいしょう) ご清祥・ご健勝・ご清栄の違いや使い方を分かるために「ご清祥」の概要を紹介します。 「ご清祥(ごせいしょう)」は手紙やメールの挨拶でよく使われる表現の言葉です。 「ご清祥」と似た言葉に、「ご健勝」と「ご清栄」があります。 「清祥(せいしょう)」は、手紙文で、相手が健康で幸せに暮らしていることを喜ぶ挨拶の語になります。 「ご清祥」は、一般的には個人に対して使います。 組織に対して使っても決して間違いではない言葉ですが、ビジネスシーンでは「繁栄」という意味が含まれる「ご清栄」の方が相応しい表現となります。 次に、ご清栄とご健勝のこと・ご清祥、ご健勝、ご清栄の例文・病院や病気の人に使うとき、などの紹介をします。 ご健勝・ご清栄 ご清祥・ご健勝・ご清栄の違いや使い方を分かるために「ご健勝」と「ご清栄」の概要を紹介します。 「ご健勝(ごけんしょう)」は、相手の健康を願う言葉になります。 個人宛に対して使うことができる言葉です。 「健勝」は、体が丈夫で元気なさま・すこやか、を意味しています。 「ご健勝」は、ビジネス文書・手紙・挨拶・スピーチの締め、などで相手の健康を気遣う文章として使います。 「ご健勝」は、お祝いの席のスピーチで使用することの多い言葉ですね。 「ご健勝」という言葉は、目下・目上など関係なく使うことができます。 個人に対して使う言葉なので、組織に対して「ご健勝」は使いません。 「ご健勝」を使う時には、明らかに元気がない人・相手が体調を崩している・怪我をしている、などへの使用は控えることです。 「ご健勝」は、高齢の人や病気の人に対して使う時も注意が必要です。 「ご清栄(ごせいえい)」は、相手の生活や健康、繁栄を願う言葉になります。 「清栄」とは、清く栄えることを意味しています。 「ご清栄」は、相手の健康と繁栄を喜ぶという意味合いになるため、「個人」と「組織」に対して使うことのできる言葉です。 次に、使い方・例文・ご清祥、ご健勝、ご清栄、を病院や病気の人に使うとき、などの紹介をします。 ご清祥・ご健勝・ご清栄の例文 ご清祥・ご健勝・ご清栄の意味が分かれば間違って使うことはありません。 次に、ご清祥・ご健勝・ご清栄の例文を紹介します。 ご清祥・ご健勝・ご清栄の例文があれば、病院や病気の人に使う時に役立ちます。 「ご清祥」の例文には、 ・〇〇様におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 ・皆様のご清祥とご多幸をお祈り申し上げます。 「ご健勝」の例文には、 ・皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・皆様のご健勝をお祈りいたします。 「ご清栄」の例文には、 ・貴社におかれましては益々のご清栄のこととお慶び申し上げます。 ・貴社ますますご清栄のこととお慶びもうしあげます。 「ご清祥」・「ご健勝」・「ご清栄」は、相手の繁栄や活躍、健康、幸福などを喜ぶ慶賀の挨拶なので、病院や病気の人には避けた方が良い言葉です。

次の

「貴院ますますご清栄,病院」に関するQ&A

ご清栄 意味

「ご清祥」の読み方と意味 「ご清祥」の読み方は「ごせいしょう」 「ご清祥」は「 ごせいしょう」と読みます。 「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。 「祥」は音読みだと「ショウ」、訓読みだと「さち」「きざし」と読みます。 「祥」は「めでたいこと」「さいわい」「めでたいことの前触れ」を意味しています。 「ご清祥」の意味は「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」 「ご清祥」は、 「相手方の健康であることを祈り、幸せに暮らしていることを喜ぶ」といった意味合いの言葉になります。 「清祥(せいしょう)」は、「手紙文で、相手が健康で幸せに暮らしていることを喜ぶ挨拶の語」です。 敬語表現にするには「清祥」に尊敬を表す接頭語「ご」をつけて、「ご清祥」とします。 「ご清祥」の使い方 「ご清祥」は手紙やメール、またかしこまった場面での挨拶で使われる 「ご清祥」は手紙やメール、またスピーチなどの挨拶として使用することがほとんどです。 手紙を書くときに、最初から用件を書いてしまうのはNGです。 最初はまず頭語と呼ばれる「拝啓」を書くのが基本となります。 その次に「新春の候」「盛夏の候」といった時候の挨拶を入れます。 そしてそのあとに、相手の繁栄・活躍・健康・幸福を喜ぶといった意味の慶賀の挨拶を入れます。 慶賀の挨拶には、「ご清祥」「ご清栄」「ご健勝」などがあります。 慶賀の挨拶は、相手方の発展や幸せをこちらが喜んでいることを伝える挨拶になります。 慶賀の挨拶はたくさんあるので様々なパターンで組み合わせることができます。 「ご清祥」は、個人に対しても組織に対しても使うことのできる言葉ですが、個人に対して使うことが多いです。 「時下ますますご清祥」は「今よりも一層の健康と幸福」という意味 「ご清祥」の中でも「時下ますますご清祥」というフレーズはよく使われます。 「時下(じか)」は、「この頃」「現在」「今のところ」を意味しています。 「時下」は、主に書き言葉として使います。 手紙などで時候の挨拶を何て書けばいいか迷った時に、「時下」と置き換えることができます。 「時下」は季節に関係なくいつでも使うことのできる言葉です。 「ますます」は、「程度が一層甚だしくなるさま」「前よりも一層」「いよいよ」という意味の副詞になります。 「ますます」は今後の状態を表すときに使う言葉で、あとに続く言葉を強調する効果を持ちます。 また「ますます」は漢字で「益々」と書くことができます。 つまり「時下ますますご清祥」は、 「今よりも一層の健康と幸福」といった意味になります。 「時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」といったように使うことが多いです。 「ご清祥」は組織に対して使っても決して間違いではない言葉ですが、ビジネスシーンでは「繁栄」という意味が含まれる「ご清栄」の方が相応しい表現となります。 「ご清栄」の意味は「手紙文などで相手の無事、健康と繁栄を喜ぶ挨拶の語」 「清栄」とは、「清く栄えること」を意味しています。 「ご清栄」は、 手紙文などで相手の無事、健康と繁栄を喜ぶ挨拶の語です。 「清」は音読みだと「セイ」「ショウ」、訓読みだと「きよい」と読みます。 「清」は「心や行いがきよく正しい」「きよらか」「けがれがなくすがすがしい」を意味しています。 「栄」は音読みだと「エイ」、訓読みだと「さかえる」「はえる」と読みます。 「栄」は「物事がさかえる」「ほまれ」「名誉」を意味しています。 「ご清栄」は、相手の健康と繁栄を喜ぶという意味合いになるため、個人だけでなく組織に対しても使うことのできる言葉になります。 「ご清栄」の例文 「ご清栄」の例文を紹介します。 ・皆様におかれましてはいよいよご清栄のことと、お慶び申し上げます。 ・拝啓 立秋の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 ・桃の節句も過ぎ、すっかり春めいてまいりましたが、ますますご清祥の趣、お喜び申し上げます。 ・新緑の候、ますますご清栄のことと慶賀の至りに存じます。 ・御社におかれましては、いっそうご清栄の由、何よりに存じます。 ・花粉症には辛い季節となりました。 皆様におかれましてはますますご清栄の由、慶賀の至りに存じます。 「ご健勝」はビジネス文書や手紙、挨拶やスピーチの締めで相手の健康を気遣う文章として使用します。 「ご健勝」は結婚式などのお祝いの席のスピーチでも使用することの多い言葉です。 「ご健勝」は目下や目上など関係なく使うことができますが、個人に対して使う言葉なので組織に対しては使いません。 また、「ご健勝」は明らかに元気がない人、相手が体調を崩していたり、怪我に見舞われていることを知っている場合は使用するのは控えた方が良いです。 このような場合は「お身体の具合はいかがでしょう」「ご無理なさらず、お大事にしてください」といった言葉が適しています。 「ご健勝」は、特に高齢の方や、病気の方に関しては気をつけましょう。 元気であることを確実に知っていれば「ご健勝」でも問題ないですが、そうでない場合は「立夏の候〜」「陽春の候」といった時候の挨拶だけに留めておくことが良いです。 「ご健勝」の例文 「ご健勝」の例文を紹介します。 ・時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 ・皆様におかれましては、ますますのご健勝のことと存じます。 ・皆様のご健勝とますますのご活躍をお祈り申し上げます。 ・末筆ではございますが、今後の皆さまのご健勝とご多幸をお祈りしております。 ・残暑の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 「ご清祥」のその他の類語 「ご清祥」の他にも、主に書き言葉として、特に手紙やメールでの挨拶文として用いられる言葉はたくさんあります。 挨拶文のレパートリーを知っておくと、様々な使い分けができるのでぜひ覚えておきましょう。 ご繁栄 「繁栄(はんえい)」は、 「豊かにさかえること」「さかえて発展すること」を意味しています。 「ご繁栄」は、商売繁盛で豊かに過ごすことを願っているというニュアンスになります。 「ご繁栄」は、個人に対しても組織に対しても使うことのできる言葉です。 例文 ・今後ともよろしくお願いいたします。 末筆ではございますが、貴社の更なるご繁栄を心よりお祈り申し上げます。 ・拝啓 寒さ厳しき折、貴社におかれましては益々のご繁栄のこととお慶び申し上げます。 ご多幸 「多幸(たこう)」は、 「とても幸せであること」「幸の多いこと」を意味しています。 「ご多幸」は「幸せが多い」と書くことから、相手が幸せであることを願って使うお祝いを意味する表現です。 また 「ご多幸」は、最初の挨拶ではなく、結びの言葉として使われます。 「ご多幸をお祈り申し上げます」「ご多幸を祈念いたします」「ご多幸をお祈りしています」といったように使います。 「ご多幸」は、目上の相手に対しても目下の相手に対しても使うことができます。 「ご多幸」は「幸せであることを願う」というプラスな意味なので、結婚式などのスピーチでも多く使われます。 また、転居や転職で別れるときのお礼の挨拶として使われることも多いです。 この場合の「ご多幸」は、「これからもお幸せにお過ごしください」「あなたの幸せを祈っています」といったニュアンスになります。 ・皆様のご多幸を祈り、本年も変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。 ・お二人のご多幸とご健康を心よりお祈り申し上げます。 ご盛栄 「盛栄(せいえい)」は、 「商売などが盛んになること」「栄えること」を意味しています。 「ご盛栄」は相手方の商売が順調であることや栄えていることを祝うための丁寧な表現です。 「ご盛栄」は、基本的に組織に対して使う言葉ですが、個人であっても商売をしている相手であれば使用しても問題ありません。 ・貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ・春暖の候、皆様におかれましては、ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。 ご発展 「発展」は、 「物事の勢いなどが伸び広がって盛んになること」「物事がより進んだ段階に移っていくこと」を意味しています。 「ご発展」は、「今よりも良い方向へ進んでいく」「どんどん良くなっていく」といったプラスな意味合いで、縁起の良い言葉とされています。 「ご発展」は、主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。 例文 ・貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。 ・末筆ながら、貴社ますますのご繁栄とご発展をお祈りいたします。 ・末筆ながら貴社のますますのご発展をご祈念いたしますとともに、今後とも変わらぬお引き立てのほどお願い申しあげます。 ご隆昌 「隆昌(りゅうしょう)」は、 「勢いの盛んなこと」「栄えること」を意味しています。 「ご隆昌」には「相手を褒め称える」というニュアンスが含まれるので、取引先とのメールや手紙でのやりとりの際に使うことができる言葉になります。 ただ「ご隆昌」は「調子の良いこと」を意味しているので、取引先の状況によっては使用するのに相応しくない場合があるので注意しましょう。 「ご隆昌」は「経済的に一層発展し、繁栄している」という意味合いになるので、主に組織に対して使います。 例文 ・貴社ますますご隆昌の趣、大慶至極に存じます。 ・立冬の候、貴社ますますご隆昌のこととお喜び申し上げます。 ご隆盛 「隆盛(りゅうせい)」は、 「勢いが盛んなこと」「大いにさかえること」を意味しています。 「ご隆盛」は、「多いに勢い盛んに栄え、経済的に豊かである」という意味合いで、相手方の繁栄している現在の状況を喜び称えるお祝いの挨拶です。 「ご隆盛」は主に組織に対して使う言葉ですが、個人に対しても使うことができます。 例文 ・貴社ますますご隆盛の趣お慶び申し上げます。 ・初秋のみぎり、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配にあずかり、厚くお礼申し上げます。 ご活躍 「活躍」は、 「めざましく活動すること」「勢いよく躍りはねること」を意味しています。 「ご活躍」は、目上の相手に対して使うことのできる言葉ですが、「ご活躍を期待しております」という言い回しは目上の相手に対しては相応しくありません。 「期待している」は「あてにしている」といったニュアンスで少々上から目線の言い方になってしまうためです。 「ご活躍」は、転居や転職で別れるときのお礼の挨拶としても使われることが多いです。 このような場合は「新しい場所でも今後のご活躍を期待しています」といったニュアンスになります。 「ご活躍」の使い方としては「ご活躍を祈念しております」「ご活躍をお祈りしています」といったようになります。 「ご活躍」は、個人に対しても組織に対しても使うことができます。 例文 ・新天地におかれましても、益々のご活躍をお祈り申し上げます。

次の

「ご清祥」の読み方、意味、使い方、例文!類語「ご清栄」「ご健勝」との違い

ご清栄 意味

スポンサーリンク 「ご清栄」の意味と使い方は? まずは、 「ご清栄」の意味と使い方について見ていきましょう。 「ご清栄(せいえい)」は手紙などで用いるあいさつで、 相手の健康や幸せ、発展と繁栄を祝ったり願ったりする表現です。 個人宛でなく、企業や組織などの団体に対して使う言葉であり、ビジネス文書においては、冒頭のあいさつでよく目にする表現方法だと思います。 きよらかで澄んでいることを意味する「清」と、さかえて名声が高いことを表す「栄」の組み合わせです。 「ご清栄」は、 ビジネスレターなど企業間で使える定番のあいさつのひとつと言えますね。 「ご清栄」の類語と例文を教えて? 次に 「ご清栄」の類語をご紹介します。 いずれも相手の健康や繁栄を願うあいさつで用いる言葉ですが、少しずつ意味が異なります。 ご健勝(けんしょう)• ご多幸• ご清祥(せいしょう) これらは相手の健康や幸せを願う言葉で個人に対して使います。 ご盛栄(せいえい)• ご繁栄• ご発展• ご隆昌(りゅうしょう) これらは会社や組織の繁栄、商売繁盛を表す言葉で企業間や組織、団体に対して使います。 他に 「ご活躍」なども仲間の言葉と言えますね。 「ご活躍」は個人に対して使いますが、目上の人には失礼にあたるため控えましょう。 では「ご清栄」を使った例文を見ていきましょう。 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 拝啓 師走の候、貴社におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 類語の例文も確認しておきましょう。 〇〇様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 ご家族皆様のご健勝とご多幸をお祈りいたします。 盛夏の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。 貴店のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。 末筆ながら、〇〇グループ様の一層のご隆昌をお祈りいたします。 〇〇さんのますますのご活躍を期待しております。 ちなみに 「お慶び」は 「お喜び」をさらに丁寧にした表現です。 特別にかしこまった場面でなければ「お喜び」を使ってもさしつかえありません。 「ご健勝」との違いと使い分け方は? 最後に 「ご清栄」と 「ご健勝」の違いや使い分け方について見ていきましょう。 「健勝」とはすこやかで元気であることを意味します。 「ご健勝をお祈りいたします」と言うと、相手の健康を気遣い、願う表現になり個人に対して使う言葉で、目上の人にも使えますね。 「ご清栄」は健康だけでなく組織の繁栄も喜び、願う言葉で、個人でなく企業間や組織、団体に対して使う言葉です。 ちなみに 「ご健勝」と似た言葉に 「ご清祥」があります。 こちらは、相手の健康に加えて幸せも願う表現で、文書において個人に対して使います。 相手の幸せや発展を願う時、ビジネスシーン特有の表現がたくさんあります。 一見、似たような言葉でも、いつどれを使っても良いというわけではありません。 言葉の意味や使い方のバリエーションを知って、個人でも会社でも、適切な対応をしたいものですね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「ご清栄」の 詳しい意味と正しい使い方、そして「ご健勝」との違いや使い分け方について詳しくご紹介しました。 日本語には同じような意味合いを持つ表現方法がたくさんあるのでその都度、使う場面や場所、使う相手をしっかりと見極めて正しい表現方法で伝えたいものですね。 使う言葉ひとつで相手に不快な気分にさせてしまうこともあるので普段から表現方法に関しては理解を深めておきたいものです。 あとは言葉を使う相手の年代も関係してくるので細かいことですが、そういう場合も正しい敬語を使いたいですよね。

次の