ナミヤ 雑貨 店 の 奇蹟 つまらない。 山田涼介主演、西田敏行&尾野真千子ら豪華共演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』地上波初放送

映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ナミヤ 雑貨 店 の 奇蹟 つまらない

もくじ• 映画ナミヤ雑貨店の奇跡はつまらない? 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』東野圭吾の同名小説を原作とした日本映画。 2017年9月23日公開。 時は2012年、一軒の雑貨店に逃げ込んだ敦也たち3人はひょんなことから時空を超え1980年の住人と手紙を交わすようになるのです。 ちなみにこの【ナミヤ雑貨店の奇蹟】は舞台でも何度も公演されるほどの人気作品で、 中国ではジャッキーチェーンさんが主演を務めるなど映画公開前から注目されていた作品です。 私は映画館とDVDでも見ましたが、当時同様お店には 「絶対に泣ける映画」と書いてあり、かなり期待して見た作品です。 西田敏行さんも出演されているのでこれは間違いない映画だなと思ってました…最初は…。 しかも、過去と未来が繋がる不思議な雑貨屋さんと聞いたので原作は読んでいないものの 『不思議な雑貨屋さん』というワードに惹かれてしまったのを覚えています…(笑) では、ネットではどんな評判なのか見ていきましょう! 映画ナミヤ雑貨店の奇蹟がひどい駄作と言われる理由は? 今日はナミヤ雑貨店の奇蹟観た 原作読了済みだけど東野圭吾作品の映像化は完全なハズレみたいなのがない気がする。 ではどこがつまらないといわれているのかについて紹介していきたいと思います。 最近は実力派俳優でははなく、どのドラマや映画でも人気アイドルを起用することが多くなってきていますよね。 山田涼介さんもその一人で、 当時数多くのドラマに主演として抜擢されており、映画でも実写版【暗殺教室】で注目のアイドルでした。 映画が公開された2017年には実写版【鋼の錬金術師】にも出演されていますし、何かと騒がれましたよね…(笑) 演技力については良くも悪くもないという意見が多く、個人的には実写版に出演されているのは勿体ないな~と感じています。 実写版って何かと地雷みたいなものですよね…(笑) 実際に映画総評サイトでは ・Yahoo :3. 6 ・映画. com:3. 3 ・Firmarks:3. 4 と低くもなく高くもない評価でした。 実際に行った際は女性のお客さんが多く感じていましたが、 約7割の方が女性だったと言われています。 ちなみに2019年には『マスカレード・ホテル』や『パラレルラブストーリー』なのが公開されていますが、 パラレルラブストーリーは小説を読んでいないと難しい内容となっており、映画の短い時間では伝えきれないほど内容の濃い作品。 ですが、東野圭吾さんは誰もが知っている 福山雅治さん主演の『ガリレオ』や 阿部寛さん主演の『新参者』なども手掛けている方なので、熱狂的ファンも多くいる人気の小説家です。 映画ナミヤ雑貨店の奇蹟の評判や感想について 映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」鑑賞 2012年、昔悩み相談をしていたナミヤ雑貨店の空き家に、企業家を襲った3人の若者が忍び込んだ。 彼らの前に投函されて来る手紙は1980年から届くものだった。 山下達郎様の音楽が使われているパートは残念。 それ以外のエピソード、それらが繋がっていく様は感動的。 — マサじい wota1234 実際にネットでは様々な意見がありましたが個人的には期待していた分残念な作品でした。 当時映画館で視聴したんですが、 キャッチコピーで 『東野圭吾史上もっとも泣ける感動作品』とも言われており、西田さんも出演されているので期待値maxでした… 冒頭から悪ガキ三人組が職質から逃げているはずなのに、懐中電灯をむやみやたらにつけるなど違和感を感じることばかり… 火事の場面もかなり不自然に感じたのは私だけでしょうか?(笑) 東野圭吾さんにしては珍しいファンタジー作品だったのかなと思いますが少し残念。 ネットでは感動した方もいるで原作を読んでいる方ほど、楽しむことのできた作品だったのかなと思います。

次の

映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』の感想!80年代を感じさせてくれる感動ストーリー

ナミヤ 雑貨 店 の 奇蹟 つまらない

帰りに盗難車が動かなくなり近くのナミヤ雑貨店という廃屋に逃げ込むが郵便口に差出人「月のうさぎ」から封筒が届きます。 婚約者の男性が重い病という事でそばにいたいが彼は自分にオリンピックを目指してほしいと願っているので悩んでいるといった内容でした。 このナミヤ雑貨店は過去と繋がっており悩み事が郵便口に届けられ返事を書いて牛乳ポストに入れると相談者が取りに来る不思議な物語。 この事はすぐに判明します。 ナミヤ雑貨店、店主の波矢雄次が悩み相談を受け持ち返事は牛乳ポストに入れておくといった記事が古い雑誌に書かれていたのです。 返事が届くのが早過ぎたり中にいると時間が止まってる事に気付き三人はすぐに理解します。 また相談してきた相手は携帯電話を知りませんでした。 悪事をはたらいた三人だが相談事に一生懸命考えてる姿がなんかクスっとしてしまい少しほっこりします。 「月のうさぎ」の好きな音楽や最近みた映画からどうやら日本が出場をボイコットした年だと分かり、どうせ頑張ってもオリンピックに出れないから婚約者のそばにいるよう書くが最後にはもう返事は結構ですと言われます。 一生懸命考え返事を書いた三人はいじけてしまうが最終的には感謝されることになる。 「魚屋ミュージシャン」からの相談は、プロのミュージシャンを目指すか魚屋を継ぐかで迷ってる内容。 三人はそんなの趣味にしておいてさっさと魚屋を継げと返事を書き限界を感じていた松岡克郎は継ぐ事にするが最後にナミヤ雑貨店の前で作曲した「再生」をハーモニカで吹きます。 結局父親から継ぐ事を反対されプロのミュージシャンを目指した彼は列車の中でナミヤ雑貨店の手紙を見ると今まで反対されていたのに「あなたの曲はひとを救う、無駄にならない」と書かれていました。 それは何故か? 松岡克郎(魚屋ミュージシャン)は施設の「丸光園」で「再生」を演奏するとセリという女性が気に入ります。 夜、丸光園で火事になってしまい松岡はセリの弟を助けようとして自分が死んでしまうのです。 何年か経ち天才アーティストとなったセリは弟の命の恩人でもある松岡の「再生」を歌っているのです。 なので施設出身でもある敦也・翔太・幸平は松岡がハーモニカで吹いた曲が「再生」だと気付きミュージシャンになる事を勧める返事を書いたのです。 ネット上に波矢雄次の33回忌に1日だけ相談を受け付ける記事がアップされ、その日が今日である事に敦也・翔太・幸平は気が付きます。 自分が死んでから何十年先にも相談事が持ち込まれる夢を見た波矢雄次が自分の33回忌に相談窓口を1日だけ復活する事を知らせて欲しいと息子の貴之に頼み、その貴之も胃癌で入院している時に子供の駿吾に父親の願いを頼んだのです。 駿御は祖父から続いている伝言の約束を守るためネット上に書き込んだのである。 入院している波矢は1日だけナミヤ雑貨店に戻ります。 自分の母親が無理心中をはかった事がわかり、自殺未遂をしてしまった丸光園の人から手紙があります。 この人は波矢が入院する前に相談があった「グリーンリバー」の娘である。 川辺ミドリ(グリーンリバー)は妻子ある男性の子供を身籠ってしまいどうしたらいいか悩んでいました。 しばらくして無理心中をはかった記事を目にした波矢は自分が余計な事を言ってしまったのではと悩んでいました。 波矢はその時、子供を幸せにする覚悟があるかが大事だという返事を書いていました。 自殺未遂をして入院しているところへセリが波矢の手紙を持って行き見せます。 無理心中ではなく子供を幸せにする覚悟を持ったから産んだのでありあれは事故なのだとセリは説明します。 セリは自分の弟を助けるために死んでしまった松岡のためにも償い続け生きている。 そんなセリの言葉に勇気を貰い必死に生きて今現在、天才アーティストとなったセリのマネージャーをしているのです。 波矢は最後に白紙で届いた手紙に返事を書いて人生を終えます。 「結末」ナミヤ雑貨店の奇蹟 「迷える子犬」からの相談。 会社に勤めているが夜ホステスもやっているという彼女は会社を辞めようか悩んでいました。 敦也はホステスをやっていた母親の男から暴力をうけていたために絶対に反対であり、バブルがくる事を教えそれを信じた「迷える子犬」は会社を経営し見事に莫大な富を得ます。 丸光園出身の「迷える子犬」武藤晴海は幼馴染の「月のうさぎ」北沢静子からナミヤ雑貨店で相談した話を聞き自分も相談したのでした。 現在の春美は社長として立派にやっているが弱者を簡単に切るような経営をしていました。 1日だけナミヤ雑貨店が復活する記事を読んだ春美はお礼の手紙を書こうと実家に帰ったのだが3人の男に強盗に入られます。 この3人とは敦也・翔太・幸平であり、その時、丸光園を買収してそこにラブホテルを建てる計画の噂がありました。 そんなつもりはないと言う春美だが弱者を切る事は有名であり3人は信じませんでした。 春美は丸光園の危機を救おうと必死でお金をためていたのでした。 強盗に入った女社長のバックの中から手紙を発見し読んでみるとそこには波矢宛のお礼が書かれた手紙が入っていました。 自分等がアドバイスをした「迷える子犬」がこの女社長だと気付いたのです。 また試しに白紙の手紙を送った事があり波矢雄次から最後の手紙の返事が届いていました。 そこには白紙だったら今からどんな事でも描けると書いてあり3人は自主するのです。 丸光園を作った園長の姉、暁子の恋人が波矢雄次でありすべてが「丸光園」と繋がっていたのです。

次の

「過去最高にひどい映画」ナミヤ雑貨店の奇蹟 サトウキビさんの映画レビュー(感想・評価)

ナミヤ 雑貨 店 の 奇蹟 つまらない

この記事では、映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』を見た感想をまとめています。 映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』は、東野圭吾さんの同名の小説を原作としています あまり小説が売れないこの時代に、すでに900万人が読んでいるので 間違いなくベストセラーの映画化といえるでしょう 私自身、この小説をすでに読んでいたので、試写会にあたったときはうれしかったですねー それと同時に、同じくこの小説を読んでいたのに、仕事の関係で試写会に行けなかった妻が 非情にくやしそうにしていましたよ^^ それだけ、面白かったんですよ、『ナミヤ雑貨店の奇跡』は。 では、そんな映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』の感想などを始めていきましょうか その点、ご容赦ください 目次• 映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』のあらすじ まずは、『ナミヤ雑貨店の奇跡』とはどういったものかについて こういった作品になります 夜の街を疾走する3人の青年たち。 彼らが一夜を明かすために逃げ込んだ無人の空き家に、突然差し込まれた1通の手紙。 慌てて空き家をあとにする3人だったが、いくら走ってもなぜかまた同じ場所に戻って来てしまう。 彼らはまだ知らなかった。 この空き家が、かつて多くの人たちを救った特別な雑貨店だったことを。 html)より引用 映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』のキャスト 次にキャストに関してですが、こんな感じになっています• 矢口敦也(山田涼介):逃亡中の3人の青年のリーダー格• 小林翔太(村上虹郎):3人の青年の1人• 麻生幸平(筧一郎):3人の青年の1人• 浪矢雄治(西田敏行):ナミヤ雑貨店の店長• 浪矢貴之(萩原聖人):浪矢雄治の息子• 皆月暁子(成海璃子):浪矢雄治のかつての恋人• 松岡克郎(林遣都):ナミヤ雑貨店への相談者の1人• 松岡健夫(小林薫):松岡克郎の父• セリ(大人・門脇麦、子ども時代・鈴木梨央):かつて松岡克郎に弟を助けられた歌手• 田村晴美(尾野真千子):ナミヤ雑貨店への相談者の1人• 田村秀代(吉行和子):田村晴美の育ての親• 山下リオ(川辺映子):ナミヤ雑貨店への相談者だった母を持つ女性• 皆月良和(PANTA):丸光園の2代目の園長• 刈谷(手塚とおる):丸光園の後継者 かなり多いですね でも、ジャンルの特性上どうしても人数は多くならざるを得ませんし また一人欠けるだけで、物語が成り立たなくなっていくので これぐらいは必要なんですよ 映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』の感想 静かな群像劇 『ナミヤ雑貨店の奇跡』のジャンルは、2つが混ざり合ったものになっています 1つは、時間の流れが狂い、本来あるはずのなかった時間がつながってしまったという タイムトラベルもの もう1つは、一人一人は点々としていた様々な人のエピソードが 3人の青年たちがナミヤ雑貨店に来たことによって、少しずつつながっていき 大きな物語をつくっていくという群像劇になります とはいっても、タイムトラベルものもずばりそのものではないですし また、群像劇もただの群像劇ではありません 極めて静かな群像劇といった方が正確でしょうね 群像劇といえば、どちらかというとにぎやかな方が多いですよね 例えば、スリリングな展開が面白い恩田陸さんの『ドミノ』なんかもそうですし 少しずつ盛り上がっていく源 孝志『大停電の夜に』もそうだし。 ファンタジーよりな『バッカーノ』だってそうです。 でも、『ナミヤ雑貨店の奇跡』は、非常に静か 深い悩みをもっている人が出してくる手紙の相談にのること また、3人の青年たちが、ナミヤ雑貨店で起こることを通して 心の奥底でくすぶっていた怒りや悲しみに、本当に向き合っていくこと そういったことたちを描く作品ですからね 心を揺さぶってくるストーリー そんな静かな雰囲気の作品なんですが、逆に見ている人間の心は結構揺さぶってくる作品ですよ 広範囲の年代に、その原因を変えて 大人になってしまった私なんかだと 親の老いを感じ、その人生の終わりがイメージできてしまったがためでしょうかね 今までがんばってきた人間の最後に こんな仕打ちしなくてもいいじゃないと気分が下げられたり あるいは、本当の最後の最後にこんなことが起こってくれたのかと 逆に気分が高揚したりして 思いっきり一喜一憂させられちゃいましたね いやもう、これに関しては、なんもかんも西田敏行の真に迫った演技がわるいです^^ 一方、もっと若い方なんかだと、そういったところでは、あまり心が動かないかもしれません でもその代わりに、3人の青年たちの姿を見て、心揺さぶられるんじゃないかなと思うんです これは無理とか、現実はこんなもんといった斜に構えた青年たちが ナミヤ雑貨店で起こる奇跡によって、それまで心の中でくすぶっていた怒りや思いなどを表に出していく姿は 同じような境遇でないにしても、共感できるでしょうからね 映像化はすごい良かったと思う 『ナミヤ雑貨店の奇跡』は、人間模様を描いたドラマ作品ではありますが そういった作品の中では、結構映像化が難しかったと思うんです それでも、映像化してたのは良かったですね というのも、大きなメリットがあるから 映画が終わってから帰り道で、同じく試写会を見ていた男性が彼女に対して 「小説の方はよくわからなかったけど、映画だとよくわかった」といったことを言っていたんですよ 確かに、群像劇は人数も多いですし 両方の時代に現れる人物なんかもいるので 文字だと難しいところはありますよね 私も読んでいて 「あれ?この人はだれだっけ?」 ということありましたし^^ でも、映像なら顔がありますからね そういった複雑なことは防げて、スムーズに頭に入ってきてよかったかも もちろん小説には小説の良さがあって できたら映画を見た人にも読んでいただきたいのですけど でも、その登場キャラの相関図的なものがわかりやすいのは、断然映画の方だと言い切れますね ただまぁ、映像化の全部が全部成功したというわけじゃないんですよ 中盤に 「なぜ急に踊るし」 って絶対ツッコまないわけにはいかないシーンもありますからね このシーンは、小説版(文庫のP136あたり)と違う描き方がされているんですよ 映像化するということで、違いを出したかったんでしょうけど ちょっと勇み足が過ぎるかなって思っちゃいましたね でも、それ以外は映像化で問題があるわけではないですし 逆に頭を整理しながら見ることができるという大きなメリットがある以上 やっぱり映像化は良かったと言えるでしょうね 口コミに代えて周りの雰囲気を 最後に、口コミに代えて周りで見ていた人たちの雰囲気を、箇条書きで書いていきますね 私の感想ばかりよりも、どんな風な映画か伝わると思いますので• 序盤30分ぐらいはちょっと退屈そうな雰囲気が漂ってた• 中盤以降は、みな集中しているのがわかる• 「グスッ」とか「ズズッ」って音が中盤以降聞こえる• エンディングテーマが流れるシーンで立ち上がる人が極めて少なかった• 「面白かった」「凝っていた」といった好意的なことを言う人を何人も見た だいたい感じたのは、こんな感じですね この中で、エンディングに関しては、少し卑怯でしたね 本編でも関連があった、『リボーン』を山下達郎さんが歌っていくんですもん あんなん誰だった最後まできいちゃいますよ^^ 控えめに言っても、最高でした 終わりに というわけで、映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』の感想などを書いてきました 最初の方はどうなることかと思いましたけど 見終わったらやっぱり見て良かったと思える映画でしたね 好きなジャンルだし、俳優さんたち熱演しているしで面白かったですから あと、1980年代の空気も感じられたのも、個人的に大きかったかも 以上、映画『ナミヤ雑貨店の奇跡』の感想!試写会に行ってきました、でした.

次の